ここから本文です
  • 創価学会の勧誘の仕方や、創価学会が公明党を利用して政治に口出しするなど、宗教団体として何かおかしいと思いませんか。
    過去を振り返れば、藤原弘達氏の著作「創価学会を斬る」の出版妨害をして、民主主義社会の基本である言論出版の自由を妨害して、民主主義社会に挑戦した創価学会。
    そんな創価学会を徹底批判してください。
    そんな創価学会と創価学会と言えば必ず名前が出て来る創価学会のボス池田大作について、皆さんのご意見を投稿してください。

    仏教団体とは思えないような内容が書かれている創価学会機関誌聖教新聞。
    創価学会員の数が多いので公衆の面前では創価学会について思っていることも、つい言えなくなってしまうことがあるかもしれません。
    それほど創価学会は一般の人から恐れられている宗教団体です。
    誰しも嫌がらせは受けたくないですからね。

    そんな時に、ここがお役に立ちます。
    創価学会についてた批判を自由に行えるのがこのスレッドです。
    遠慮なく創価学会批判をしてください。

  • <<
  • 58 1
  • >>
  • 最新のコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • 創価学会に入って幸せになった人などいるのでしょうか。
    ほとんどの創価学会員は、創価学会にお金を貢がされるだけ貢がされて、見返りなどほとんどないのが実態ではないですか。
    創価学会は2兆円もの資産を持つとも言われています。
    それらの資産はすべて信者たちから巻き上げたお金が元になっています。
    仏教団体が巨額な資金を持って何に使うかと言えば、豪華な学館の建設や池田大作が名誉博士号を貰うための寄付やその他もろもろです。
    創価学会は今や金ヅルとしての価値が世間から認められ、金の力に物を言わせて、創価学会への批判や反論をさせないようにしているのが現在の状況です。
    大手の新聞社も放送局も創価学会が大の得意先となったため、あからさまな創価学会への批判ができなくなりました。

    創価学会はそれを狙って、聖教新聞を創価学会で印刷せず、大手の新聞社にその印刷を委託しているのです。
    創価学会のマスコミ支配の一端です。
    創価学会の世論誘導は巧妙です。
    さも大義名分を建ててはいますが、実際には創価学会の利益が一番の理由になっています。
    それは公明党の政策でも同じです。
    創価学会が産業を支配しようと、その目的で軽減税率などを主張しているのです。
    軽減税率の対象物品は意図的に選ばれます。
    そこに創価学会の意思が働くことは想像するまでもない事です。

    創価学会の意図を政治に反映させる道具が公明党です。
    公明党が軽減税率を主張するのも、そのほうが創価学会にとって経済を支配するのに都合が良いからです。
    創価学会の危険性は、集団が徒党を組み経済政治を動かそうとしているところにあります。
    創価学会を警戒してください。
    創価学会に気を許してはいけません。
    あなたの未来のために。

  • とうとう創価学会員で毎日掲示板に他人の悪口を投稿していたバスターと呼ばれる老人が掲示板を追放されたようです。
    あれほど毎日投稿していたにもかかわらず、大半の投稿は削除され、その創価学会員の老人によって作成されたスレッドも大半削除されてしまいました。
    還暦を過ぎた老人がどうしてそんなに掲示板で特定の反創価学会派の人たちを長年に渡って中傷してきたのでしょうか。
    仏教の教えを何一つ理解していなかったからに他ならないと思います。
    もし仏教の教えを少しでも理解していたなら、そのような誹謗中傷行為を長年に渡って繰り返していたりしなかったでしょう。
    掲示板を追放されるまで、そのような中傷行為を止めなかったバスターと呼ばれていた還暦を過ぎた老人創価学会員。
    創価学会と言う宗教団体の教えに問題がなかったと言えるでしょうか。
    創価学会員であることをことさら強調していたバスターと呼ばれた老人創価学会員。
    創価学会に没頭するがゆえに、してはいけないことを繰り返していたのだと思います。
    創価学会が悪いのか、その老人創価学会員が悪いのか、問題だらけなのが創価学会です。

  • 掲示板に投稿している他の投稿者に対して、変態とか墓穴、ネカマ 詐欺犯 などと呼ぶなど、それでも仏教団体を自称する創価学会を信心している人のすることでしょうか。
    そんな投稿を繰返している創価学会員は他人を中傷する投稿をしているときには、仏教の教えなどきれいさっぱり頭からは消え去っているのでしょう。
    創価学会員には仏教心がないと言われる所以です。

    毎日いくらお題目を上げようと、日常生活の行動において仏教の教えに反していたのでは何の意味もありません。
    創価学会員にはお題目を上げた回数を自慢する人がよくいます。
    そう言う人に限って、仏の教えなどまったくと言って良いほどわきまえていない物です。
    ヤフー掲示板で他人の事をひたすら中傷し貶めているのは、決まってお題目の回数を自慢して投稿している創価学会員です。

    何度お題目を上げようとそんなことは何の意味もないことです。
    お題目は何度も回数あげれば良いという物ではありません。
    1度だけでも忘れない程度にお題目をあげて仏教心をわすれないようにして、仏の心で日常生活を送れば良いのです。
    もし仏教の教えを会得している人なら、他人を変態とか墓穴とかネカマ、詐欺師などと中傷する投稿をしたりはしないでしょう。
    ヤフー掲示板にもそんな他人を中傷する言葉を繰返し書き連ねて他の投稿者を中傷し貶めようとしている創価学会員がいますが、そのひとは何万回お題目を唱えようと、そのお題目は単なる時間つぶしでしかありません。

    仏教の教えを真に理解するためには、お題目など何万回も唱える必要などないのです。
    そんなことを自慢している創価学会員に限って、きくぞう創価学会員のように他人に迷惑を掛けることを何とも思っていない自己中心的な人が多いと言うことを忘れてはならないでしょう。

  • みんなではなく、創価学会だけのために働くのが公明党候補者です。
    公明党の政治家は創価学会に首根っこを押さえられています。
    創価学会に逆らうと、次の選挙では当選できないもしくは候補者から外されます。
    結果、公明党の候補者は創価学会の言いなりにならざるをえないのです。
    そうやって公明党を支配することで創価学会は政治に口出ししています。

    日本国憲法では、宗教団体による政治権力の行使が禁じられていることは意外に知られていません。
    つまり、創価学会と公明党のような関係を民主主義に反する行為だと憲法立案者が考えて、その規定が設けられたのでしょう。
    公明党が憲法違反の政党だと言われる所以です。

    創価学会のためにだけ働く政治家を議会に送り出すために創価学会によって作られた政党が公明党です。
    公明党の政治家は決してみんなのためには働きません。
    公明党の政治家は創価学会のためだけに働くのです。
    それなのに創価学会員の甘い言葉に騙されて、公明党の候補者に投稿するという愚かな行為をしてしまわないようにしたいものです。

  • 創価学会員に公明党に投票するように支持するだけならまだしも、創価学会外部の人にまで創価学会員を使って公明党に投票するように勧誘するのは大変迷惑な行為です。
    今まで友人だとも思っていなかった創価学会員から選挙が近づくといかにも友人だと言わんばかりの馴れ馴れしい電話が掛ってきた経験のある人も多いのではないでしょうか。

    普段、友人づきあいなどしていないのに、選挙前になると突然友人面した創価学会員から電話が掛ってくると言うことはよくあることです。
    「あなただれでしたっけ」と戸惑っていると、電話口の向こうで、「守口君お久しぶり、学校で同じクラスにいたきくぞうだよ」
    こちらは「はあーー」ってところです。
    しばらく学校の頃の話をアレやコレや話したかと思うと、おもむろに今度の選挙大切な選挙なんだとかのたまって、公明党とは言わず公明党の候補者の名前だけを語って、○○さんは僕も応援しているんだけど私たちのために働いてくれる人だから守口君もぜひ投稿してなどと公明党候補者への投稿を依頼する。

    あとで言われた名前の候補者を調べたら公明党の候補者だったという経験をした人も多いはずです。
    忙しいときに突然電話してきて、学校の同級生だというので、つまらない話につきあわされたあげく、公明党の候補者に投票するように勧誘することが目的の電話だと最後に解るわけです。
    創価学会の勧誘行為は大変迷惑な物です。

  • なかには掲示板に投稿している創価学会員ではない人に対して、異常なくらい執着し、そのひとのについてあれやこれや過去投稿をあげつらって、特定の個人にストーカー行為をしている創価学会員がいます。
    いくら創価学会が批判されるからと言って、異常な投稿です。
    創価学会にはそんな嫌がらせ行為を繰返す人がいるから、世間からは白い目で見られることになります。
    世間の人が創価学会は嫌がらせ行為をする団体なんだと恐れるのは無理もありません。
    掲示板で、創価学会員だと自称する人物が、他の投稿者のことを変態 墓穴魔などと喚いて嫌がらせをするために日夜投稿しているのですから。

並べ替え:
古い順
新しい順