ここから本文です
  • 1

    *****

     20世紀までの西洋の物質文明は戦争の歴史だった。

     21世紀からは東洋思想の物心互具の法華経思想で救われる。

     ただし、既存の法華の宗教集団では救われない。

     次のホームページをご覧下さい。

     http://www.eonet.ne.jp/~kaiken/

  • <<
  • 212 192
  • >>
  • 東洋思想とは儒教・仏教・日本国の神道の三道一致の思想だ。
    今からおよそ五百年前に、一条兼良禅閤は、「日本書紀纂疏」に、次の如く言っている。
    「・・・・・・・三器を伝ふるを以て天子と為す。又、三器は儒佛二教の宗詮也。孔丘の言に曰く、仁者は憂ひず、知者は惑はず、勇者は懼れずと。子思の中庸の書、之(の知仁勇)を以て三達徳と謂ふ。聖人の道大なりと雖、而も博く究めて之を言へば、此の三者に過ぎず。鏡は研蚩を照す、即ち智の用也。玉は温潤を含む、即ち仁の徳也。剣は能く剛く利し、即ち勇の義也。佛教に三因佛性と言うは、法身也、般若也、解脱也。法身は即ち真如の徳、正因佛性の開発。報身は即ち般若の徳、了因佛性の開発。応身は即ち解脱の徳、縁因佛性の開発なり。此の如き三身、本有の徳を發得す。鏡の能く照すは般若也。玉の能く潔きは法身也。剣の能く断つは解脱也。儒宗の三徳、天性に本づき、佛教の三因も本有に具はる。統べて之を言へば一心を離れず、一心は衆生の心なり。天孫三器を以て吾が身に随へて下土に降る者は、顕れては王法、隠れては佛法、一切群生をして普く此の秘を悟らしむる而巳。」
    と。これ儒教、佛教の極致が、三種の神器の意と一致していることをいっているのです。

  • 東洋思想とは儒教・仏教・日本国の神道の三道一致の思想だ。
    今からおよそ五百年前に、一条兼良禅閤は、「日本書紀纂疏」に、次の如く言っている。
    「・・・・・・・三器を伝ふるを以て天子と為す。又、三器は儒佛二教の宗詮也。孔丘の言に曰く、仁者は憂ひず、知者は惑はず、勇者は懼れずと。子思の中庸の書、之(の知仁勇)を以て三達徳と謂ふ。聖人の道大なりと雖、而も博く究めて之を言へば、此の三者に過ぎず。鏡は研蚩を照す、即ち智の用也。玉は温潤を含む、即ち仁の徳也。剣は能く剛く利し、即ち勇の義也。佛教に三因佛性と言うは、法身也、般若也、解脱也。法身は即ち真如の徳、正因佛性の開発。報身は即ち般若の徳、了因佛性の開発。応身は即ち解脱の徳、縁因佛性の開発なり。此の如き三身、本有の徳を發得す。鏡の能く照すは般若也。玉の能く潔きは法身也。剣の能く断つは解脱也。儒宗の三徳、天性に本づき、佛教の三因も本有に具はる。統べて之を言へば一心を離れず、一心は衆生の心なり。天孫三器を以て吾が身に随へて下土に降る者は、顕れては王法、隠れては佛法、一切群生をして普く此の秘を悟らしむる而巳。」
    と。これ儒教、佛教の極致が、三種の神器の意と一致していることをいっているのです。

  • 東洋思想とは儒教・仏教・日本国の神道の三道一致の思想だ。
    今からおよそ五百年前に、一条兼良禅閤は、「日本書紀纂疏」に、次の如く言っている。
    「・・・・・・・三器を伝ふるを以て天子と為す。又、三器は儒佛二教の宗詮也。孔丘の言に曰く、仁者は憂ひず、知者は惑はず、勇者は懼れずと。子思の中庸の書、之(の知仁勇)を以て三達徳と謂ふ。聖人の道大なりと雖、而も博く究めて之を言へば、此の三者に過ぎず。鏡は研蚩を照す、即ち智の用也。玉は温潤を含む、即ち仁の徳也。剣は能く剛く利し、即ち勇の義也。佛教に三因佛性と言うは、法身也、般若也、解脱也。法身は即ち真如の徳、正因佛性の開発。報身は即ち般若の徳、了因佛性の開発。応身は即ち解脱の徳、縁因佛性の開発なり。此の如き三身、本有の徳を發得す。鏡の能く照すは般若也。玉の能く潔きは法身也。剣の能く断つは解脱也。儒宗の三徳、天性に本づき、佛教の三因も本有に具はる。統べて之を言へば一心を離れず、一心は衆生の心なり。天孫三器を以て吾が身に随へて下土に降る者は、顕れては王法、隠れては佛法、一切群生をして普く此の秘を悟らしむる而巳。」
    と。これ儒教、佛教の極致が、三種の神器の意と一致していることをいっているのです。

  • 東洋思想とは儒教・仏教・日本国の神道の三道一致の思想だ。
    今からおよそ五百年前に、一条兼良禅閤は、「日本書紀纂疏」に、次の如く言っている。
    「・・・・・・・三器を伝ふるを以て天子と為す。又、三器は儒佛二教の宗詮也。孔丘の言に曰く、仁者は憂ひず、知者は惑はず、勇者は懼れずと。子思の中庸の書、之(の知仁勇)を以て三達徳と謂ふ。聖人の道大なりと雖、而も博く究めて之を言へば、此の三者に過ぎず。鏡は研蚩を照す、即ち智の用也。玉は温潤を含む、即ち仁の徳也。剣は能く剛く利し、即ち勇の義也。佛教に三因佛性と言うは、法身也、般若也、解脱也。法身は即ち真如の徳、正因佛性の開発。報身は即ち般若の徳、了因佛性の開発。応身は即ち解脱の徳、縁因佛性の開発なり。此の如き三身、本有の徳を發得す。鏡の能く照すは般若也。玉の能く潔きは法身也。剣の能く断つは解脱也。儒宗の三徳、天性に本づき、佛教の三因も本有に具はる。統べて之を言へば一心を離れず、一心は衆生の心なり。天孫三器を以て吾が身に随へて下土に降る者は、顕れては王法、隠れては佛法、一切群生をして普く此の秘を悟らしむる而巳。」
    と。これ儒教、佛教の極致が、三種の神器の意と一致していることをいっているのです。

  • 東洋思想とは儒教・仏教・日本国の神道の三道一致の思想だ。
    今からおよそ五百年前に、一条兼良禅閤は、「日本書紀纂疏」に、次の如く言っている。
    「・・・・・・・三器を伝ふるを以て天子と為す。又、三器は儒佛二教の宗詮也。孔丘の言に曰く、仁者は憂ひず、知者は惑はず、勇者は懼れずと。子思の中庸の書、之(の知仁勇)を以て三達徳と謂ふ。聖人の道大なりと雖、而も博く究めて之を言へば、此の三者に過ぎず。鏡は研蚩を照す、即ち智の用也。玉は温潤を含む、即ち仁の徳也。剣は能く剛く利し、即ち勇の義也。佛教に三因佛性と言うは、法身也、般若也、解脱也。法身は即ち真如の徳、正因佛性の開発。報身は即ち般若の徳、了因佛性の開発。応身は即ち解脱の徳、縁因佛性の開発なり。此の如き三身、本有の徳を發得す。鏡の能く照すは般若也。玉の能く潔きは法身也。剣の能く断つは解脱也。儒宗の三徳、天性に本づき、佛教の三因も本有に具はる。統べて之を言へば一心を離れず、一心は衆生の心なり。天孫三器を以て吾が身に随へて下土に降る者は、顕れては王法、隠れては佛法、一切群生をして普く此の秘を悟らしむる而巳。」
    と。これ儒教、佛教の極致が、三種の神器の意と一致していることをいっているのです。

  • 東洋思想とは儒教・仏教・日本国の神道の三道一致の思想だ。
    今からおよそ五百年前に、一条兼良禅閤は、「日本書紀纂疏」に、次の如く言っている。
    「・・・・・・・三器を伝ふるを以て天子と為す。又、三器は儒佛二教の宗詮也。孔丘の言に曰く、仁者は憂ひず、知者は惑はず、勇者は懼れずと。子思の中庸の書、之(の知仁勇)を以て三達徳と謂ふ。聖人の道大なりと雖、而も博く究めて之を言へば、此の三者に過ぎず。鏡は研蚩を照す、即ち智の用也。玉は温潤を含む、即ち仁の徳也。剣は能く剛く利し、即ち勇の義也。佛教に三因佛性と言うは、法身也、般若也、解脱也。法身は即ち真如の徳、正因佛性の開発。報身は即ち般若の徳、了因佛性の開発。応身は即ち解脱の徳、縁因佛性の開発なり。此の如き三身、本有の徳を發得す。鏡の能く照すは般若也。玉の能く潔きは法身也。剣の能く断つは解脱也。儒宗の三徳、天性に本づき、佛教の三因も本有に具はる。統べて之を言へば一心を離れず、一心は衆生の心なり。天孫三器を以て吾が身に随へて下土に降る者は、顕れては王法、隠れては佛法、一切群生をして普く此の秘を悟らしむる而巳。」
    と。これ儒教、佛教の極致が、三種の神器の意と一致していることをいっているのです。

  • 東洋思想とは儒教・仏教・日本国の神道の三道一致の思想だ。
    今からおよそ五百年前に、一条兼良禅閤は、「日本書紀纂疏」に、次の如く言っている。
    「・・・・・・・三器を伝ふるを以て天子と為す。又、三器は儒佛二教の宗詮也。孔丘の言に曰く、仁者は憂ひず、知者は惑はず、勇者は懼れずと。子思の中庸の書、之(の知仁勇)を以て三達徳と謂ふ。聖人の道大なりと雖、而も博く究めて之を言へば、此の三者に過ぎず。鏡は研蚩を照す、即ち智の用也。玉は温潤を含む、即ち仁の徳也。剣は能く剛く利し、即ち勇の義也。佛教に三因佛性と言うは、法身也、般若也、解脱也。法身は即ち真如の徳、正因佛性の開発。報身は即ち般若の徳、了因佛性の開発。応身は即ち解脱の徳、縁因佛性の開発なり。此の如き三身、本有の徳を發得す。鏡の能く照すは般若也。玉の能く潔きは法身也。剣の能く断つは解脱也。儒宗の三徳、天性に本づき、佛教の三因も本有に具はる。統べて之を言へば一心を離れず、一心は衆生の心なり。天孫三器を以て吾が身に随へて下土に降る者は、顕れては王法、隠れては佛法、一切群生をして普く此の秘を悟らしむる而巳。」
    と。これ儒教、佛教の極致が、三種の神器の意と一致していることをいっているのです。

  • 東洋思想とは儒教・仏教・日本国の神道の三道一致の思想だ。
    今からおよそ五百年前に、一条兼良禅閤は、「日本書紀纂疏」に、次の如く言っている。
    「・・・・・・・三器を伝ふるを以て天子と為す。又、三器は儒佛二教の宗詮也。孔丘の言に曰く、仁者は憂ひず、知者は惑はず、勇者は懼れずと。子思の中庸の書、之(の知仁勇)を以て三達徳と謂ふ。聖人の道大なりと雖、而も博く究めて之を言へば、此の三者に過ぎず。鏡は研蚩を照す、即ち智の用也。玉は温潤を含む、即ち仁の徳也。剣は能く剛く利し、即ち勇の義也。佛教に三因佛性と言うは、法身也、般若也、解脱也。法身は即ち真如の徳、正因佛性の開発。報身は即ち般若の徳、了因佛性の開発。応身は即ち解脱の徳、縁因佛性の開発なり。此の如き三身、本有の徳を發得す。鏡の能く照すは般若也。玉の能く潔きは法身也。剣の能く断つは解脱也。儒宗の三徳、天性に本づき、佛教の三因も本有に具はる。統べて之を言へば一心を離れず、一心は衆生の心なり。天孫三器を以て吾が身に随へて下土に降る者は、顕れては王法、隠れては佛法、一切群生をして普く此の秘を悟らしむる而巳。」
    と。これ儒教、佛教の極致が、三種の神器の意と一致していることをいっているのです。

  • 東洋思想とは儒教・仏教・日本国の神道の三道一致の思想だ。
    今からおよそ五百年前に、一条兼良禅閤は、「日本書紀纂疏」に、次の如く言っている。
    「・・・・・・・三器を伝ふるを以て天子と為す。又、三器は儒佛二教の宗詮也。孔丘の言に曰く、仁者は憂ひず、知者は惑はず、勇者は懼れずと。子思の中庸の書、之(の知仁勇)を以て三達徳と謂ふ。聖人の道大なりと雖、而も博く究めて之を言へば、此の三者に過ぎず。鏡は研蚩を照す、即ち智の用也。玉は温潤を含む、即ち仁の徳也。剣は能く剛く利し、即ち勇の義也。佛教に三因佛性と言うは、法身也、般若也、解脱也。法身は即ち真如の徳、正因佛性の開発。報身は即ち般若の徳、了因佛性の開発。応身は即ち解脱の徳、縁因佛性の開発なり。此の如き三身、本有の徳を發得す。鏡の能く照すは般若也。玉の能く潔きは法身也。剣の能く断つは解脱也。儒宗の三徳、天性に本づき、佛教の三因も本有に具はる。統べて之を言へば一心を離れず、一心は衆生の心なり。天孫三器を以て吾が身に随へて下土に降る者は、顕れては王法、隠れては佛法、一切群生をして普く此の秘を悟らしむる而巳。」
    と。これ儒教、佛教の極致が、三種の神器の意と一致していることをいっているのです。

  • 東洋思想とは中華人民共和国の思想ではないよ。あんな馬鹿の国の思想で世界救済など出来るはずがないし、されたらたまらないよ。早くあの国も分裂すればよいのにね。中国の歴史は国家分裂の歴史だからね。す遠くない内に分裂するよ。内戦状態になり、民族同士に殺し合いが始まる。中国の過去の歴史の繰り返しだもんね。

    東洋思想とは儒教・仏教・日本国の神道の三道一致の思想だ。
    今からおよそ五百年前に、一条兼良禅閤は、「日本書紀纂疏」に、次の如く言っている。
    「・・・・・・・三器を伝ふるを以て天子と為す。又、三器は儒佛二教の宗詮也。孔丘の言に曰く、仁者は憂ひず、知者は惑はず、勇者は懼れずと。子思の中庸の書、之(の知仁勇)を以て三達徳と謂ふ。聖人の道大なりと雖、而も博く究めて之を言へば、此の三者に過ぎず。鏡は研蚩を照す、即ち智の用也。玉は温潤を含む、即ち仁の徳也。剣は能く剛く利し、即ち勇の義也。佛教に三因佛性と言うは、法身也、般若也、解脱也。法身は即ち真如の徳、正因佛性の開発。報身は即ち般若の徳、了因佛性の開発。応身は即ち解脱の徳、縁因佛性の開発なり。此の如き三身、本有の徳を發得す。鏡の能く照すは般若也。玉の能く潔きは法身也。剣の能く断つは解脱也。儒宗の三徳、天性に本づき、佛教の三因も本有に具はる。統べて之を言へば一心を離れず、一心は衆生の心なり。天孫三器を以て吾が身に随へて下土に降る者は、顕れては王法、隠れては佛法、一切群生をして普く此の秘を悟らしむる而巳。」
    と。これ儒教、佛教の極致が、三種の神器の意と一致していることをいっているのです。

  • 東洋思想とは中華人民共和国の思想ではないよ。あんな馬鹿の国の思想で世界救済など出来るはずがないし、されたらたまらないよ。早くあの国も分裂すればよいのにね。中国の歴史は国家分裂の歴史だからね。す遠くない内に分裂するよ。内戦状態になり、民族同士に殺し合いが始まる。中国の過去の歴史の繰り返しだもんね。

    東洋思想とは儒教・仏教・日本国の神道の三道一致の思想だ。
    今からおよそ五百年前に、一条兼良禅閤は、「日本書紀纂疏」に、次の如く言っている。
    「・・・・・・・三器を伝ふるを以て天子と為す。又、三器は儒佛二教の宗詮也。孔丘の言に曰く、仁者は憂ひず、知者は惑はず、勇者は懼れずと。子思の中庸の書、之(の知仁勇)を以て三達徳と謂ふ。聖人の道大なりと雖、而も博く究めて之を言へば、此の三者に過ぎず。鏡は研蚩を照す、即ち智の用也。玉は温潤を含む、即ち仁の徳也。剣は能く剛く利し、即ち勇の義也。佛教に三因佛性と言うは、法身也、般若也、解脱也。法身は即ち真如の徳、正因佛性の開発。報身は即ち般若の徳、了因佛性の開発。応身は即ち解脱の徳、縁因佛性の開発なり。此の如き三身、本有の徳を發得す。鏡の能く照すは般若也。玉の能く潔きは法身也。剣の能く断つは解脱也。儒宗の三徳、天性に本づき、佛教の三因も本有に具はる。統べて之を言へば一心を離れず、一心は衆生の心なり。天孫三器を以て吾が身に随へて下土に降る者は、顕れては王法、隠れては佛法、一切群生をして普く此の秘を悟らしむる而巳。」
    と。これ儒教、佛教の極致が、三種の神器の意と一致していることをいっているのです。

  • 東洋思想とは中華人民共和国の思想ではないよ。あんな馬鹿の国の思想で世界救済など出来るはずがないし、されたらたまらないよ。早くあの国も分裂すればよいのにね。中国の歴史は国家分裂の歴史だからね。す遠くない内に分裂するよ。内戦状態になり、民族同士に殺し合いが始まる。中国の過去の歴史の繰り返しだもんね。

    東洋思想とは儒教・仏教・日本国の神道の三道一致の思想だ。
    今からおよそ五百年前に、一条兼良禅閤は、「日本書紀纂疏」に、次の如く言っている。
    「・・・・・・・三器を伝ふるを以て天子と為す。又、三器は儒佛二教の宗詮也。孔丘の言に曰く、仁者は憂ひず、知者は惑はず、勇者は懼れずと。子思の中庸の書、之(の知仁勇)を以て三達徳と謂ふ。聖人の道大なりと雖、而も博く究めて之を言へば、此の三者に過ぎず。鏡は研蚩を照す、即ち智の用也。玉は温潤を含む、即ち仁の徳也。剣は能く剛く利し、即ち勇の義也。佛教に三因佛性と言うは、法身也、般若也、解脱也。法身は即ち真如の徳、正因佛性の開発。報身は即ち般若の徳、了因佛性の開発。応身は即ち解脱の徳、縁因佛性の開発なり。此の如き三身、本有の徳を發得す。鏡の能く照すは般若也。玉の能く潔きは法身也。剣の能く断つは解脱也。儒宗の三徳、天性に本づき、佛教の三因も本有に具はる。統べて之を言へば一心を離れず、一心は衆生の心なり。天孫三器を以て吾が身に随へて下土に降る者は、顕れては王法、隠れては佛法、一切群生をして普く此の秘を悟らしむる而巳。」
    と。これ儒教、佛教の極致が、三種の神器の意と一致していることをいっているのです。

  • 東洋思想とは中華人民共和国の思想ではないよ。あんな馬鹿の国の思想で世界救済など出来るはずがないし、されたらたまらないよ。早くあの国も分裂すればよいのにね。中国の歴史は国家分裂の歴史だからね。す遠くない内に分裂するよ。内戦状態になり、民族同士に殺し合いが始まる。中国の過去の歴史の繰り返しだもんね。

    東洋思想とは儒教・仏教・日本国の神道の三道一致の思想だ。
    今からおよそ五百年前に、一条兼良禅閤は、「日本書紀纂疏」に、次の如く言っている。
    「・・・・・・・三器を伝ふるを以て天子と為す。又、三器は儒佛二教の宗詮也。孔丘の言に曰く、仁者は憂ひず、知者は惑はず、勇者は懼れずと。子思の中庸の書、之(の知仁勇)を以て三達徳と謂ふ。聖人の道大なりと雖、而も博く究めて之を言へば、此の三者に過ぎず。鏡は研蚩を照す、即ち智の用也。玉は温潤を含む、即ち仁の徳也。剣は能く剛く利し、即ち勇の義也。佛教に三因佛性と言うは、法身也、般若也、解脱也。法身は即ち真如の徳、正因佛性の開発。報身は即ち般若の徳、了因佛性の開発。応身は即ち解脱の徳、縁因佛性の開発なり。此の如き三身、本有の徳を發得す。鏡の能く照すは般若也。玉の能く潔きは法身也。剣の能く断つは解脱也。儒宗の三徳、天性に本づき、佛教の三因も本有に具はる。統べて之を言へば一心を離れず、一心は衆生の心なり。天孫三器を以て吾が身に随へて下土に降る者は、顕れては王法、隠れては佛法、一切群生をして普く此の秘を悟らしむる而巳。」
    と。これ儒教、佛教の極致が、三種の神器の意と一致していることをいっているのです。

  • 東洋思想とは中華人民共和国の思想ではないよ。あんな馬鹿の国の思想で世界救済など出来るはずがないし、されたらたまらないよ。早くあの国も分裂すればよいのにね。中国の歴史は国家分裂の歴史だからね。す遠くない内に分裂するよ。内戦状態になり、民族同士に殺し合いが始まる。中国の過去の歴史の繰り返しだもんね。

    東洋思想とは儒教・仏教・日本国の神道の三道一致の思想だ。
    今からおよそ五百年前に、一条兼良禅閤は、「日本書紀纂疏」に、次の如く言っている。
    「・・・・・・・三器を伝ふるを以て天子と為す。又、三器は儒佛二教の宗詮也。孔丘の言に曰く、仁者は憂ひず、知者は惑はず、勇者は懼れずと。子思の中庸の書、之(の知仁勇)を以て三達徳と謂ふ。聖人の道大なりと雖、而も博く究めて之を言へば、此の三者に過ぎず。鏡は研蚩を照す、即ち智の用也。玉は温潤を含む、即ち仁の徳也。剣は能く剛く利し、即ち勇の義也。佛教に三因佛性と言うは、法身也、般若也、解脱也。法身は即ち真如の徳、正因佛性の開発。報身は即ち般若の徳、了因佛性の開発。応身は即ち解脱の徳、縁因佛性の開発なり。此の如き三身、本有の徳を發得す。鏡の能く照すは般若也。玉の能く潔きは法身也。剣の能く断つは解脱也。儒宗の三徳、天性に本づき、佛教の三因も本有に具はる。統べて之を言へば一心を離れず、一心は衆生の心なり。天孫三器を以て吾が身に随へて下土に降る者は、顕れては王法、隠れては佛法、一切群生をして普く此の秘を悟らしむる而巳。」
    と。これ儒教、佛教の極致が、三種の神器の意と一致していることをいっているのです。

  • 東洋思想とは中華人民共和国の思想ではないよ。あんな馬鹿の国の思想で世界救済など出来るはずがないし、されたらたまらないよ。早くあの国も分裂すればよいのにね。中国の歴史は国家分裂の歴史だからね。す遠くない内に分裂するよ。内戦状態になり、民族同士に殺し合いが始まる。中国の過去の歴史の繰り返しだもんね。

    東洋思想とは儒教・仏教・日本国の神道の三道一致の思想だ。
    今からおよそ五百年前に、一条兼良禅閤は、「日本書紀纂疏」に、次の如く言っている。
    「・・・・・・・三器を伝ふるを以て天子と為す。又、三器は儒佛二教の宗詮也。孔丘の言に曰く、仁者は憂ひず、知者は惑はず、勇者は懼れずと。子思の中庸の書、之(の知仁勇)を以て三達徳と謂ふ。聖人の道大なりと雖、而も博く究めて之を言へば、此の三者に過ぎず。鏡は研蚩を照す、即ち智の用也。玉は温潤を含む、即ち仁の徳也。剣は能く剛く利し、即ち勇の義也。佛教に三因佛性と言うは、法身也、般若也、解脱也。法身は即ち真如の徳、正因佛性の開発。報身は即ち般若の徳、了因佛性の開発。応身は即ち解脱の徳、縁因佛性の開発なり。此の如き三身、本有の徳を發得す。鏡の能く照すは般若也。玉の能く潔きは法身也。剣の能く断つは解脱也。儒宗の三徳、天性に本づき、佛教の三因も本有に具はる。統べて之を言へば一心を離れず、一心は衆生の心なり。天孫三器を以て吾が身に随へて下土に降る者は、顕れては王法、隠れては佛法、一切群生をして普く此の秘を悟らしむる而巳。」
    と。これ儒教、佛教の極致が、三種の神器の意と一致していることをいっているのです。

  • 東洋思想とは中華人民共和国の思想ではないよ。あんな馬鹿の国の思想で世界救済など出来るはずがないし、されたらたまらないよ。早くあの国も分裂すればよいのにね。中国の歴史は国家分裂の歴史だからね。す遠くない内に分裂するよ。内戦状態になり、民族同士に殺し合いが始まる。中国の過去の歴史の繰り返しだもんね。

    東洋思想とは儒教・仏教・日本国の神道の三道一致の思想だ。
    今からおよそ五百年前に、一条兼良禅閤は、「日本書紀纂疏」に、次の如く言っている。
    「・・・・・・・三器を伝ふるを以て天子と為す。又、三器は儒佛二教の宗詮也。孔丘の言に曰く、仁者は憂ひず、知者は惑はず、勇者は懼れずと。子思の中庸の書、之(の知仁勇)を以て三達徳と謂ふ。聖人の道大なりと雖、而も博く究めて之を言へば、此の三者に過ぎず。鏡は研蚩を照す、即ち智の用也。玉は温潤を含む、即ち仁の徳也。剣は能く剛く利し、即ち勇の義也。佛教に三因佛性と言うは、法身也、般若也、解脱也。法身は即ち真如の徳、正因佛性の開発。報身は即ち般若の徳、了因佛性の開発。応身は即ち解脱の徳、縁因佛性の開発なり。此の如き三身、本有の徳を發得す。鏡の能く照すは般若也。玉の能く潔きは法身也。剣の能く断つは解脱也。儒宗の三徳、天性に本づき、佛教の三因も本有に具はる。統べて之を言へば一心を離れず、一心は衆生の心なり。天孫三器を以て吾が身に随へて下土に降る者は、顕れては王法、隠れては佛法、一切群生をして普く此の秘を悟らしむる而巳。」
    と。これ儒教、佛教の極致が、三種の神器の意と一致していることをいっているのです。

  •  20世紀までの西洋の物質文明は戦争の歴史だった。
     21世紀からは東洋思想の物心互具の法華経思想で救われる。
     ただし、既存の法華の宗教集団では救われない。
    今からおよそ五百年前に、一条兼良禅閤は、「日本書紀纂疏」に、次の如く言っている。
    「・・・・・・・三器を伝ふるを以て天子と為す。又、三器は儒佛二教の宗詮也。孔丘の言に曰く、仁者は憂ひず、知者は惑はず、勇者は懼れずと。子思の中庸の書、之(の知仁勇)を以て三達徳と謂ふ。聖人の道大なりと雖、而も博く究めて之を言へば、此の三者に過ぎず。鏡は研蚩を照す、即ち智の用也。玉は温潤を含む、即ち仁の徳也。剣は能く剛く利し、即ち勇の義也。佛教に三因佛性と言うは、法身也、般若也、解脱也。法身は即ち真如の徳、正因佛性の開発。報身は即ち般若の徳、了因佛性の開発。応身は即ち解脱の徳、縁因佛性の開発なり。此の如き三身、本有の徳を發得す。鏡の能く照すは般若也。玉の能く潔きは法身也。剣の能く断つは解脱也。儒宗の三徳、天性に本づき、佛教の三因も本有に具はる。統べて之を言へば一心を離れず、一心は衆生の心なり。天孫三器を以て吾が身に随へて下土に降る者は、顕れては王法、隠れては佛法、一切群生をして普く此の秘を悟らしむる而巳。」
    と。これ儒教、佛教の極致が、三種の神器の意と一致していることをいっているのです。

  •  20世紀までの西洋の物質文明は戦争の歴史だった。
     21世紀からは東洋思想の物心互具の法華経思想で救われる。
     ただし、既存の法華の宗教集団では救われない。
    今からおよそ五百年前に、一条兼良禅閤は、「日本書紀纂疏」に、次の如く言っている。
    「・・・・・・・三器を伝ふるを以て天子と為す。又、三器は儒佛二教の宗詮也。孔丘の言に曰く、仁者は憂ひず、知者は惑はず、勇者は懼れずと。子思の中庸の書、之(の知仁勇)を以て三達徳と謂ふ。聖人の道大なりと雖、而も博く究めて之を言へば、此の三者に過ぎず。鏡は研蚩を照す、即ち智の用也。玉は温潤を含む、即ち仁の徳也。剣は能く剛く利し、即ち勇の義也。佛教に三因佛性と言うは、法身也、般若也、解脱也。法身は即ち真如の徳、正因佛性の開発。報身は即ち般若の徳、了因佛性の開発。応身は即ち解脱の徳、縁因佛性の開発なり。此の如き三身、本有の徳を發得す。鏡の能く照すは般若也。玉の能く潔きは法身也。剣の能く断つは解脱也。儒宗の三徳、天性に本づき、佛教の三因も本有に具はる。統べて之を言へば一心を離れず、一心は衆生の心なり。天孫三器を以て吾が身に随へて下土に降る者は、顕れては王法、隠れては佛法、一切群生をして普く此の秘を悟らしむる而巳。」
    と。これ儒教、佛教の極致が、三種の神器の意と一致していることをいっているのです。

  •  20世紀までの西洋の物質文明は戦争の歴史だった。
     21世紀からは東洋思想の物心互具の法華経思想で救われる。
     ただし、既存の法華の宗教集団では救われない。
    今からおよそ五百年前に、一条兼良禅閤は、「日本書紀纂疏」に、次の如く言っている。
    「・・・・・・・三器を伝ふるを以て天子と為す。又、三器は儒佛二教の宗詮也。孔丘の言に曰く、仁者は憂ひず、知者は惑はず、勇者は懼れずと。子思の中庸の書、之(の知仁勇)を以て三達徳と謂ふ。聖人の道大なりと雖、而も博く究めて之を言へば、此の三者に過ぎず。鏡は研蚩を照す、即ち智の用也。玉は温潤を含む、即ち仁の徳也。剣は能く剛く利し、即ち勇の義也。佛教に三因佛性と言うは、法身也、般若也、解脱也。法身は即ち真如の徳、正因佛性の開発。報身は即ち般若の徳、了因佛性の開発。応身は即ち解脱の徳、縁因佛性の開発なり。此の如き三身、本有の徳を發得す。鏡の能く照すは般若也。玉の能く潔きは法身也。剣の能く断つは解脱也。儒宗の三徳、天性に本づき、佛教の三因も本有に具はる。統べて之を言へば一心を離れず、一心は衆生の心なり。天孫三器を以て吾が身に随へて下土に降る者は、顕れては王法、隠れては佛法、一切群生をして普く此の秘を悟らしむる而巳。」
    と。これ儒教、佛教の極致が、三種の神器の意と一致していることをいっているのです。

  •  「父母に孝に兄弟に友に夫婦相和し朋友相信じ恭倹己を持し博愛衆に及ぼし」は『愛』の根本なり。

     「学を修め業を習ひ以て智能を啓発し徳器を成就し」は『正義』の根本なり。

     「進んで公益を広め世務を開き常に国憲を重じ国法に遵ひ一旦緩急あれば義勇公に奉し以て天壌無窮の皇運を扶翼すべし」は『力』の根本なり。

  • <<
  • 212 192
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順