ここから本文です
  • <<
  • 5 1
  • >>
  • バスターが社会のマナーや規則に違反するはみ出し者になったのは、ひとえに創価学会と言うカルト宗教にのめり込んだというのが大きな理由だが、そもそも創価学会員になったからと言って、バスターのような迷惑者になる人たちばかりではない。
    なぜバスターは社会規範を無視するならず者になったのだろうか。
    バスターはことあるごとに自慢したがる癖がある。
    そのようなおごり高ぶった歪んだ自尊心が、自分さえ良ければ他人がどうなろうと構わないというバスターの自己中心的な性格を形成し、他人に迷惑を掛けてもしバスターの歪んだ自尊心さえ満たされれば良いという身勝手な考えをバスターが持つに至った原因ではないかと思う。

    そのようなバスターを心がけが悪い人という。

  • バスターは創価学会員だと言うことを自称しているが、バスターは創価学会員だから駄目なんだと言うのではなく、バスターが創価学会員でないとしても、それ以前の問題として,バスターはその人間性に問題がある。

    創価学会員の中にも善良で良い人は大勢いる。
    バスターは創価学会員でなかったとしても、とても人前に出せるような恥ずかしくない人物ではないだろう。

    それ故、バスターは創価学会員からも厳しく批判されているのだ。

並べ替え:
古い順
新しい順