ここから本文です
  • <<
  • 1439 1418
  • >>
  • 罪過の中に死んでいたこの私たちをキリストとともに生かし、--あなたがたが救われたのは、ただ恵みによるのです。--
    キリスト・イエスにおいて、ともによみがえらせ、ともに天の所にすわらせてくださいました。
                           (エペソ 2:5~6)

    この世に生きていると同時に、天国、天の所にすわらせてくださった。
    もう座っているということになり、
    生きたまま天国を味わわせてくださり、主のみそばで生きている。
    幻のような不確かなこの世においても、キリストとともによみがえらせ、
    永遠のいのちをもつキリストとともに天と地で生きる。

  • 古い掲示板を覗いていたら、思い出した

    ここの掲示板。

    まだあるかなと、捜してみたら
    ありましたね。

    ちょっと、上げときまひょ。

    あ。みなさん、
    雨、だいじょうぶですか?
    さっき、警報がなってびっくりした。
    スマホ、ラジカセ、テレビ緊急を知らせる
    音、、でかい。

    避難場所とか書いてあったけど、
    今雨やんでるし、だいじょうぶみたい。

    死後?

    あたらしい世界に生まれることかな。
    この世にいる間に、次の世のすばらしさを
    味わえるようです。

  • >>1435

    > >主を恐れることによって、人は悪を離れる。(箴言16:6)
    >
    > これは言えてるな。
    > キリスト教を国教にしてる国は、これで国民を黙らせているんだよな。

    いや、神の愛だろう。

    (箴言3:11、12)
    わが子よ。主の懲らしめをないがしろにするな。
    その叱責をいとうな。
    父がわが子をしかるように、
    主は愛する者をしかる。

    (Ⅱテモテ 2:25、26)
    反対する人たちを柔和な心で訓戒しなさい。もしかすると、神は彼らに悔い改めの心を
    与えて真理を悟らせてくださるでしょう。
    それで、悪魔に捕らえられて思うままにされている人々でも、目ざめてそのわなをのが
    れることもあるでしょう。
    >
    > そう言えば、
    > 栃ノ心が優勝したな。
    > 彼はグルジアだから、国民のほとんどがキリスト教だな。
    > 相撲の神を祀って、悩まなければいいがな。

    霊的な次元で、何かが起こってるかもしれない。
    気持ちの問題以前に、霊対霊の・・

    栃ノ心は、何を信じてるか知らないから
    どうなってるかわからないが。

    大きい体で、力持ちだから、この世界に来たのだろうけど、
    ゴルフの・・で、殴られたり、膝を怪我したり、
    たいへんな目にあってる。
    モンゴル勢ばかりが目立ってたから、
    みんな喜んでるみたいだが、

    長年くすぶっていたマグマのように、
    あちこちから、問題があふれ出てきそうだね。

  • >>1434

    >主を恐れることによって、人は悪を離れる。(箴言16:6)

    これは言えてるな。
    キリスト教を国教にしてる国は、これで国民を黙らせているんだよな。

    そう言えば、
    栃ノ心が優勝したな。
    彼はグルジアだから、国民のほとんどがキリスト教だな。
    相撲の神を祀って、悩まなければいいがな。

    死後とはどういうものか、神とはなにか? >主を恐れることによって、人は悪を離れる。(箴言16:6)  これは言えてるな。 キリスト教を

  • (箴言16:3~6)
    あなたのしようとすることを主にゆだねよ。
    そうすれば、あなたの計画はゆるがない。
    主はすべてのものを、ご自分の目的のために造り、
    悪者さえもわざわいの日のために造られた。
    主はすべて心おごる者を忌みきらわれる。
    確かに、この者は罰を免れない。
    恵みとまことによって、咎は贖われる。
    主を恐れることによって、人は悪を離れる。

  • >>1431

    > ひとつだけ。
    >
    > サタンとかベルゼブブも作られたの?

    逆、質問。
    ちゃありーさんは、どう思う?

    元々、御使いだったのが、神様に反逆したから、
    天国から追い出された。
    手下の御使いたちも、悪魔、悪霊となって
    この世で悪事を働いている。

    あんないい人が、なんでこうなるの?
    っていう事がよくあるが、どこに属しているかに
    かかってくる。
    (サタン、悪霊がうようよいるこの世の中)
    神の国の住民(信じること)になってないと、
    危険。
    死んだあと入るところというよりも、
    信じる者が、神の子どもとされる特権が与えられる
    と言われるように、信じると同時に、
    この世にいるが、天国にも属しているということで、
    守り、祝福してくださる。
    神に似たものとなるように、
    栄光から栄光へ変えられていく。
    神様による教育が始まる。

    (Ⅱテモテ3:15~17)
    聖書はあなたに知恵を与えてキリスト・イエスに対する信仰による救いを
    受けさせることができるのです。
    聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練との
    ために有益です。
    それは、神の人が、すべての良い働きのためにふさわしい十分に整えられ
    た者となるためです。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~
    サタンについて書かれてあるところは、

    (黙示録20:2~3)
    彼は、悪魔であり、サタンである竜、あの古い蛇を捕らえ、これを千年の間縛って、底知れぬ所に投げ込んで、そこを閉じ、その上に封印して、千年の終わるまでは、それが諸国の民を惑わすことのないようにした。サタンは、そのあとでしばらくの間、解き放されなければならない。

    (黙示録20:7~10)
    しかし千年の終わりに、サタンはその牢から解き放され、
    地の四方にある民、すなわち、ゴグとマゴグを惑わすために出て行き、戦いのために彼らを召集する。彼らの数は海辺の砂のようである。
    彼らは、地上の広い平地に上って来て、聖徒たちの陣営と愛された都とを取り囲んだ。すると、天から火が降って来て、彼らを焼き尽くした。
    そして、彼らを惑わした悪魔は火と硫黄との池に投げ込まれた。そこは獣も、にせ預言者もいる所で、彼らは永遠に昼も夜も苦しみを受ける。
    ~~~~~~~~~~~~

    (箴言16:4)
    主はすべてのものを、ご自分の目的のために造り、
    悪者さえもわざわいの日のために造られた。

  • >>1428

    >では、
    >あなたは、誰が造ったと思いますか?

    あ?
    そりゃ~神が造ったに決まってるじゃん♪

    >創造主は、どんな目的でどんなものを造っておられるのか、
    > 被造物には、わかりません。
    >すべて益に変えられる方ですから、
    > 何か意味があるのでしょう。

    俺自身も神に造られていて、
    こーやってジュンに説教するのも
    何か神の意志が働いてるんだからな。
    俺の言葉一つ一つに意味があるんだから、
    しっかり聞いておくんだぞ!

  • >>1427

    > そうか・・・
    > すべては神がお造りになったと言う訳だな。
    > アフリカあたりの伝染病も
    > やはり、神の造ったウイルスによるものだったか・・・
    > 恐ろしい話だよな。

    では、
    あなたは、誰が造ったと思いますか?

    創造主は、どんな目的でどんなものを造っておられるのか、
    被造物には、わかりません。
    すべて益に変えられる方ですから、
    何か意味があるのでしょう。

    病原菌を治す薬の開発も、神様のおかげ。
    人間に気付かれないように、教えておられるように
    思います。天国では、病も病原菌もないようですから。

    (箴言16:3~6)
    あなたのしようとすることを主にゆだねよ。
    そうすれば、あなたの計画はゆるがない。
    主はすべてのものを、ご自分の目的のために造り、
    悪者さえもわざわいの日のために造られた。
    主はすべて心おごる者を忌みきらわれる。
    確かに、この者は罰を免れない。
    恵みとまことによって、咎は贖われる。
    主を恐れることによって、人は悪を離れる。

  • >>1423

    そうか・・・
    すべては神がお造りになったと言う訳だな。
    アフリカあたりの伝染病も
    やはり、神の造ったウイルスによるものだったか・・・
    恐ろしい話だよな。

    死後とはどういうものか、神とはなにか? そうか・・・ すべては神がお造りになったと言う訳だな。 アフリカあたりの伝染病も やはり、神の造った

  • その後、仲間が「助けてくれ!!」と言っている外人の姿を神様から見せられ、
    臨在したから行ってこいって感じで、都合よくその方面に牧師たちに交じって
    旅行の計画がたてられたので、あっという間に行って帰ってきた。
    一週間ほどの旅、授業の一環として。
    その国の学校に行ったり、泊めてもらった神学校の生徒たちと交流があった。
    その中のひとりだったようで、神が霊的な次元で、励まし助けておられたようです。
    神様だけで何でもできるのですが、人を通していろんなことを行い、神様とは
    どういう方であるか、どのように救い、励ましておられるか、いろんな場面を
    体験させ、限りある人間ではなく、何事も神様が働かれるということを学ぶように
    という感じでした。
    人間は、自分で計画を立て、神をそっちのけで忙しそうにしていると。
    そういうところばかりではないが、

    神様に協力するという感じで、
    神様の計画にそって進んでいって、神の力が注がれる瞬間、
    丁度いいタイミングで、動かなければならない。
    それを読み取ることも大切。

    ~~~~~~~~~~~
    それとは、気付かないままでも、どこかに運ばれていたりしますが、
    いつも神様が働いておられるので、安心して進んでいけます。

  • 「御声がいいか、隣在がいいか?」と問われて御声と答えたが、

    「隣在がいいよ」と言われて、
    なら、それにする、と答えた途端、

    わ。何?これって、感じがして、
    「大丈夫、心配いらない」と言われてからもう何年もたった。

    「臨在」は、異言が出た頃から超自然なことが起き始めて
    いた。本にも臨在とか普通に書いてある。

    それも、臨在なんだろうけど、

    段階があるようで・・・

    進んでいくとさらに強く。

    あのときは、水だけの12日断食をするように言われ、
    終わった後、さらにおかゆと水以外は食べられない日が
    もう12日間加わって、終わるころに言われた。
    臨在と言われた。

    その前は、1週間断食、3日間断食、と言われるままに、何度も
    仲間と二人で行い、

    膠原病の病の癒しのときも、一週間断食だった。
    何度か、続いていたので、それは、結構楽にやれた。
    神様が言ったことは、必ず成就した。

    家にあるものも、異教のものやその他、かなり捨てて、
    腹の中も空っぽにすることで、心も浄化されるような
    感じだった。
    霊的にも、心も体も空っぽにして、ある程度整えてから、
    臨在されたようだ。

    さっき、ある人のスレッドをちらっとみて、
    思い出したので、

    書いてみた。

  • >>1417

    > 中学生の時、歴史の教科書で、南無阿弥陀仏と記載され、称えているので、死後、必ず極楽浄土に行きます。

    あるとき、人に無理やり唱えさせられて、家に帰ったら
    家族が40度の熱を出して苦しんでいた。
    それから、どんなに強要されてもしないことに
    決めた。

    霊的に違う場所には気をつけないといけない。
    支配されてしまっている人には、
    霊的な攻撃はないと思う。

    捕らわれ人には、解放を・・・

  • >>1422

    創造できるのは神様だけ。
    無から言葉ひとつで造られた。

    むかでとか、ゴキブリは人からみたら、
    気持ちの悪いものでも、
    様々な種類を創造しておられます。

    (創世記1:24、25)
    神は仰せられた。「地が、種類にしたがって、生き物を生ぜよ。家畜や、はうもの、
    野の獣を、種類にしたがって。」そのようになった。
    神は種類にしたがって野の獣を、種類にしたがって家畜を、種類にしたがって地の
    のすべてのはうすべてのものを造られた。神はそれを見て良しとされた。

  • >>1421

    >これほど見事な、美しい、完全なものを造ることが出来るのは、
    > 神以外にはありえないのです。

    美しくないものは、誰が創ったのよ?
    ムカデとかゴキブリとか、
    人間を苦しめる害虫とかウイルスも、神が創ったのかな?

    死後とはどういうものか、神とはなにか? >これほど見事な、美しい、完全なものを造ることが出来るのは、 > 神以外にはありえないのです。  美

  • ジム・アーウィン (宇宙飛行士、アポロ15号で月面着陸)の言葉

    「宇宙空間から地球の姿を見たとき、この地球が宇宙において全く特別の
    存在であることがわかりました。
    そのとき、これは神の直接の創造物以外ではありえないと思ったのです。
    これほど見事な、美しい、完全なものを造ることが出来るのは、
    神以外にはありえないのです。
    結局、科学は宗教に対立するものではなく、科学は神の手がいかに
    働いているかを、少しずつ見つけ出していく過程なのです。」


    宇宙で神様と出会った後、彼は宇宙全体が神の手の内にあることを知り、
    人々にイエス・キリストを伝える牧師になった。

    ~~~~~~~~~~~~~~~

    (ガラテヤ 3:6~9)
    6:アブラハムは神を信じ、それが彼の義とみなされました。それと同じことです。
    7:ですから、信仰による人々こそアブラハムの子孫だと知りなさい。
    8:聖書は、神が異邦人をその信仰によって義と認めてくださることを、前から
      知っていたので、アブラハムに対し、「あなたによってすべての国民が祝福される」
      と前もって福音を告げたのです。
    9:そういうわけで、信仰による人々が、信仰の人アブラハムとともに、祝福を受ける
      のです。

  • >>1417

    .

          流石 カルトの見本だわ  ^^v


    > 中学生の時、歴史の教科書で、南無阿弥陀仏と記載され、称えているので、死後、必ず極楽浄土に行きます。

    .

  • (創世記18:17~19)
    17:主はこう考えられた。「わたしがしようとしていることを、アブラハムに隠して
       おくべきだろうか。
    18:アブラハムは必ず大いなる強い国民となり、地のすべての国々は、彼によって
       祝福される。
    19:わたしが彼を選び出したのは、彼らがその子らと、彼の後の家族とに命じて主の道
       を守らせ、正義と公正とを行わせるために、主が、アブラハムについて約束したこ
       とを、彼の上に成就するためである。」

  • <<
  • 1439 1418
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順