ここから本文です
  • 1

    *****

    キリスト教の教会ははスパイの拠点、日本の隅々まで監視しているアメリカのGHQのスパイである。
    それをなくさない限り本当の日本の独立はない。
    次のホームページを見よ。
    http://www.eonet.ne.jp/~kaiken/

  • <<
  • 234 210
  • >>
  • 234(最新)

    ETH20411 12月2日 01:46

    オイラ、信仰心なし、
    だって、坊主、お布施、自分から言わないんだぜー。相場を言わないんだぜー。
    おいら、じゃ「100円で」と言おうとしたけど、兄貴二人に怒られた、

  • まー、信仰心の深さなんて、貧乏、不幸、人生苦しみに比例してるだけだろ。
    なんとか上人を敬ったとか、米国の黒人が教会で祈ってたてのも、ものすごい苦しいからだろ。
    そんだけ、貧しい自分を客観視して、宗教にたよらず、行動おこしましょうよ。

  • (使徒の働き19:1~7)

    1:アポロがコリントにいた間に、パウロは奥地を通ってエペソに来た。
      そして幾人かの弟子に出会って、
    2:「信じたとき、聖霊を受けましたか」と尋ねると、彼らは、「いいえ、
      聖霊の与えられることは、聞きもしませんでした」と答えた。
    3:「では、どんなバプテスマを受けたのですか」と言うと、「ヨハネの
      バプテスマです」と答えた。
    4:そこで、パウロは、「ヨハネは、自分のあとに来られるイエスを信じる
      ように人々に告げて、悔い改めのバプテスマを授けたのです」と言った。
    5:これを聞いた人々は、主イエスの御名によってバプテスマを受けた。
    6:パウロが彼らの上に手を置いたとき、聖霊が彼らに臨まれ、彼らは
      異言を語ったり、預言をしたりした。
    7:その人々は、みなで12人ほどであった。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~

    「呪いを倍の祝福に変える方法」
    https://www.youtube.com/watch?v=Nj-44LPCwX0

  • しかし、ほんとうのところ
    何を信じているのか
    わかりませんね。

    いろいろ検索してみると
    心配になってくる気持ち
    わからないでもないです。

    キリスト教とは関係ない
    のは確か。

  • >>227

    それに、

    どこどこの教会で洗礼受けて
    聖霊のバプテスマを受けたかって
    聞いたことも書いてあるのを
    見たこともないから
    違うような気がする。

    聖霊を受けて
    異言で祈ってる?

    キリストを救い主と信じたら
    聖霊が内に住んでくださる
    ってことだから
    他の神々は
    その人の心にはない状態
    行事もできないはず。
    信仰の自由がないということは
    お気の毒。
    復活、永遠の命は・・・
    救い、命に関わることだから、
    どうなってしまうのでしょう。

    霊・肉・魂

    霊に聖霊様が住んでくださる
    神の宮

    天地創造
    人類も全て
    全能の神様がお造りになったから
    日本人は云々はない。
    みな神様の被造物。

    誰が私のところに
    おすすめスレッドって
    ここのスレを出したのか
    よくわからないけど、
    気になったから
    書いてみた。

  • >>226

    違うと思いますよ。
    神道でしょ、あの家は。

    他の神と両方は、生ける神は許してませんから、
    有り得ないことです。


  • 現在の天皇が病気に時、美智子が 教会でお祈りしていたのは有名。

    皇太子の妻 まさこ が ロスチャイルド家で ホームステイしていたのは有名。

    もはや 日本の天皇・皇室は キリスト教徒に支配されているのですよ。

  • 戦後、GHQ特命により、皇室の内部改革(侍女及び次官にキリスト教徒を使用する)を徐々に徐々に行い、日本国體の中枢を骨抜きにしてしまった。その結果が現今の皇室内部の内紛だ。
     また、「教育は国家百年の計」というように、教育は将来の其の国を背負って立つ人間を育ててゆくところだ、特にGHQの日本弱体化政策の中心は日本の教育を西洋化してしまうことにあり、戦前の全ての教育を排斥し、歴史観をゆがめて、自らが思うように教科書を作らせ、それを実践する組織として日本教職員組合をGHQの資金によって作らせたのである。その結果教育現場に措いた、日教組の教師の教育によって、建国以来2650年以上に及ぶ日本固有の文明文化を否定する教育が行われ、日の丸の国旗、君が代の国家を歌うことも禁止され、それのみならず日本の唱歌・童謡を学校教育から排斥するという、日本建国以来2650年以上に及ぶ精神的文明文化を破壊する教育をしてきたのでる。その結果が、今の日本の姿であり、心の貧困であり、自己中心主義であり、日本国體の衰退であり、GHQの思うが儘の日本へと作り替えることに手助けをしてきたのである。

  • 戦後、GHQ特命により、皇室の内部改革(侍女及び次官にキリスト教徒を使用する)を徐々に徐々に行い、日本国體の中枢を骨抜きにしてしまった。その結果が現今の皇室内部の内紛だ。
     また、「教育は国家百年の計」というように、教育は将来の其の国を背負って立つ人間を育ててゆくところだ、特にGHQの日本弱体化政策の中心は日本の教育を西洋化してしまうことにあり、戦前の全ての教育を排斥し、歴史観をゆがめて、自らが思うように教科書を作らせ、それを実践する組織として日本教職員組合をGHQの資金によって作らせたのである。その結果教育現場に措いた、日教組の教師の教育によって、建国以来2650年以上に及ぶ日本固有の文明文化を否定する教育が行われ、日の丸の国旗、君が代の国家を歌うことも禁止され、それのみならず日本の唱歌・童謡を学校教育から排斥するという、日本建国以来2650年以上に及ぶ精神的文明文化を破壊する教育をしてきたのでる。その結果が、今の日本の姿であり、心の貧困であり、自己中心主義であり、日本国體の衰退であり、GHQの思うが儘の日本へと作り替えることに手助けをしてきたのである。

  • 戦後、GHQ特命により、皇室の内部改革(侍女及び次官にキリスト教徒を使用する)を徐々に徐々に行い、日本国體の中枢を骨抜きにしてしまった。その結果が現今の皇室内部の内紛だ。
     また、「教育は国家百年の計」というように、教育は将来の其の国を背負って立つ人間を育ててゆくところだ、特にGHQの日本弱体化政策の中心は日本の教育を西洋化してしまうことにあり、戦前の全ての教育を排斥し、歴史観をゆがめて、自らが思うように教科書を作らせ、それを実践する組織として日本教職員組合をGHQの資金によって作らせたのである。その結果教育現場に措いた、日教組の教師の教育によって、建国以来2650年以上に及ぶ日本固有の文明文化を否定する教育が行われ、日の丸の国旗、君が代の国家を歌うことも禁止され、それのみならず日本の唱歌・童謡を学校教育から排斥するという、日本建国以来2650年以上に及ぶ精神的文明文化を破壊する教育をしてきたのでる。その結果が、今の日本の姿であり、心の貧困であり、自己中心主義であり、日本国體の衰退であり、GHQの思うが儘の日本へと作り替えることに手助けをしてきたのである。

  • 戦後、GHQ特命により、皇室の内部改革(侍女及び次官にキリスト教徒を使用する)を徐々に徐々に行い、日本国體の中枢を骨抜きにしてしまった。その結果が現今の皇室内部の内紛だ。
     また、「教育は国家百年の計」というように、教育は将来の其の国を背負って立つ人間を育ててゆくところだ、特にGHQの日本弱体化政策の中心は日本の教育を西洋化してしまうことにあり、戦前の全ての教育を排斥し、歴史観をゆがめて、自らが思うように教科書を作らせ、それを実践する組織として日本教職員組合をGHQの資金によって作らせたのである。その結果教育現場に措いた、日教組の教師の教育によって、建国以来2650年以上に及ぶ日本固有の文明文化を否定する教育が行われ、日の丸の国旗、君が代の国家を歌うことも禁止され、それのみならず日本の唱歌・童謡を学校教育から排斥するという、日本建国以来2650年以上に及ぶ精神的文明文化を破壊する教育をしてきたのでる。その結果が、今の日本の姿であり、心の貧困であり、自己中心主義であり、日本国體の衰退であり、GHQの思うが儘の日本へと作り替えることに手助けをしてきたのである。

  • 戦後、GHQ特命により、皇室の内部改革(侍女及び次官にキリスト教徒を使用する)を徐々に徐々に行い、日本国體の中枢を骨抜きにしてしまった。その結果が現今の皇室内部の内紛だ。
     また、「教育は国家百年の計」というように、教育は将来の其の国を背負って立つ人間を育ててゆくところだ、特にGHQの日本弱体化政策の中心は日本の教育を西洋化してしまうことにあり、戦前の全ての教育を排斥し、歴史観をゆがめて、自らが思うように教科書を作らせ、それを実践する組織として日本教職員組合をGHQの資金によって作らせたのである。その結果教育現場に措いた、日教組の教師の教育によって、建国以来2650年以上に及ぶ日本固有の文明文化を否定する教育が行われ、日の丸の国旗、君が代の国家を歌うことも禁止され、それのみならず日本の唱歌・童謡を学校教育から排斥するという、日本建国以来2650年以上に及ぶ精神的文明文化を破壊する教育をしてきたのでる。その結果が、今の日本の姿であり、心の貧困であり、自己中心主義であり、日本国體の衰退であり、GHQの思うが儘の日本へと作り替えることに手助けをしてきたのである。

  • 戦後、GHQ特命により、皇室の内部改革(侍女及び次官にキリスト教徒を使用する)を徐々に徐々に行い、日本国體の中枢を骨抜きにしてしまった。その結果が現今の皇室内部の内紛だ。
     また、「教育は国家百年の計」というように、教育は将来の其の国を背負って立つ人間を育ててゆくところだ、特にGHQの日本弱体化政策の中心は日本の教育を西洋化してしまうことにあり、戦前の全ての教育を排斥し、歴史観をゆがめて、自らが思うように教科書を作らせ、それを実践する組織として日本教職員組合をGHQの資金によって作らせたのである。その結果教育現場に措いた、日教組の教師の教育によって、建国以来2650年以上に及ぶ日本固有の文明文化を否定する教育が行われ、日の丸の国旗、君が代の国家を歌うことも禁止され、それのみならず日本の唱歌・童謡を学校教育から排斥するという、日本建国以来2650年以上に及ぶ精神的文明文化を破壊する教育をしてきたのでる。その結果が、今の日本の姿であり、心の貧困であり、自己中心主義であり、日本国體の衰退であり、GHQの思うが儘の日本へと作り替えることに手助けをしてきたのである。

  •  戦後、GHQ特命により、皇室の内部改革(侍女及び次官にキリスト教徒を使用する)を徐々に徐々に行い、日本国體の中枢を骨抜きにしてしまった。その結果が現今の皇室内部の内紛だ。
     また、「教育は国家百年の計」というように、教育は将来の其の国を背負って立つ人間を育ててゆくところだ、特にGHQの日本弱体化政策の中心は日本の教育を西洋化してしまうことにあり、戦前の全ての教育を排斥し、歴史観をゆがめて、自らが思うように教科書を作らせ、それを実践する組織として日本教職員組合をGHQの資金によって作らせたのである。その結果教育現場に措いた、日教組の教師の教育によって、建国以来2650年以上に及ぶ日本固有の文明文化を否定する教育が行われ、日の丸の国旗、君が代の国家を歌うことも禁止され、それのみならず日本の唱歌・童謡を学校教育から排斥するという、日本建国以来2650年以上に及ぶ精神的文明文化を破壊する教育をしてきたのでる。その結果が、今の日本の姿であり、心の貧困であり、自己中心主義であり、日本国體の衰退であり、GHQの思うが儘の日本へと作り替えることに手助けをしてきたのである。

  •  戦後、GHQ特命により、皇室の内部改革(侍女及び次官にキリスト教徒を使用する)を徐々に徐々に行い、日本国體の中枢を骨抜きにしてしまった。その結果が現今の皇室内部の内紛だ。
     また、「教育は国家百年の計」というように、教育は将来の其の国を背負って立つ人間を育ててゆくところだ、特にGHQの日本弱体化政策の中心は日本の教育を西洋化してしまうことにあり、戦前の全ての教育を排斥し、歴史観をゆがめて、自らが思うように教科書を作らせ、それを実践する組織として日本教職員組合をGHQの資金によって作らせたのである。その結果教育現場に措いた、日教組の教師の教育によって、建国以来2650年以上に及ぶ日本固有の文明文化を否定する教育が行われ、日の丸の国旗、君が代の国家を歌うことも禁止され、それのみならず日本の唱歌・童謡を学校教育から排斥するという、日本建国以来2650年以上に及ぶ精神的文明文化を破壊する教育をしてきたのでる。その結果が、今の日本の姿であり、心の貧困であり、自己中心主義であり、日本国體の衰退であり、GHQの思うが儘の日本へと作り替えることに手助けをしてきたのである。

  •  戦後、GHQ特命により、皇室の内部改革(侍女及び次官にキリスト教徒を使用する)を徐々に徐々に行い、日本国體の中枢を骨抜きにしてしまった。その結果が現今の皇室内部の内紛だ。
     また、「教育は国家百年の計」というように、教育は将来の其の国を背負って立つ人間を育ててゆくところだ、特にGHQの日本弱体化政策の中心は日本の教育を西洋化してしまうことにあり、戦前の全ての教育を排斥し、歴史観をゆがめて、自らが思うように教科書を作らせ、それを実践する組織として日本教職員組合をGHQの資金によって作らせたのである。その結果教育現場に措いた、日教組の教師の教育によって、建国以来2650年以上に及ぶ日本固有の文明文化を否定する教育が行われ、日の丸の国旗、君が代の国家を歌うことも禁止され、それのみならず日本の唱歌・童謡を学校教育から排斥するという、日本建国以来2650年以上に及ぶ精神的文明文化を破壊する教育をしてきたのでる。その結果が、今の日本の姿であり、心の貧困であり、自己中心主義であり、日本国體の衰退であり、GHQの思うが儘の日本へと作り替えることに手助けをしてきたのである。

  •  戦後、GHQ特命により、皇室の内部改革(侍女及び次官にキリスト教徒を使用する)を徐々に徐々に行い、日本国體の中枢を骨抜きにしてしまった。その結果が現今の皇室内部の内紛だ。
     また、「教育は国家百年の計」というように、教育は将来の其の国を背負って立つ人間を育ててゆくところだ、特にGHQの日本弱体化政策の中心は日本の教育を西洋化してしまうことにあり、戦前の全ての教育を排斥し、歴史観をゆがめて、自らが思うように教科書を作らせ、それを実践する組織として日本教職員組合をGHQの資金によって作らせたのである。その結果教育現場に措いた、日教組の教師の教育によって、建国以来2650年以上に及ぶ日本固有の文明文化を否定する教育が行われ、日の丸の国旗、君が代の国家を歌うことも禁止され、それのみならず日本の唱歌・童謡を学校教育から排斥するという、日本建国以来2650年以上に及ぶ精神的文明文化を破壊する教育をしてきたのでる。その結果が、今の日本の姿であり、心の貧困であり、自己中心主義であり、日本国體の衰退であり、GHQの思うが儘の日本へと作り替えることに手助けをしてきたのである。

  • <<
  • 234 210
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順