ここから本文です
  • 1

    *****

    ドレクスラー時代からの譜代ファンも
    ピペンを追いかけてきた外様ファンも、
    「Mr.テクニカルファウル」(誰も言ってないって!)のラシードファンも、
    それ以外の選手のファンも
    みんなここに書き込んでちょうだい!

    ちなみにオレはポートランドに住んでいたので、やっぱ地元出身のデイモンがひいきかな。

  • <<
  • 4829 4809
  • >>
  • 4829(最新)

    marvin 2月24日 13:33

    vs UTA

    見事に相手の連勝を止めました。
    守備の勝利ですね。誘ったTOが19。
    前回散々やられた3ptもしっかり抑え、
    散々取られたリバウンドもしっかりキープし、
    攻撃ではGobertを怖がらずに積極的に攻めました。

    以前
    「守備とリバウンド、ルーズボールをしっかりやれば
    自然と自分たちのペースになる」
    とのBJリーグ選手のコメントを書きましたが、
    それがしっかりできればこのチームは意外に強いのかもしれませんね。
    気持ちの問題、意思の継続。
    それがこのチームにおいては一番難しいのでしょうが。

  • いよいよ今日から再開ですね。
    先日はGS相手にいいゲームをできました。
    11連勝中のUTHとロードですが、
    またいいゲームを期待します。

    あとはカーリングの三位決定戦も楽しみです(笑)

  • 【GSW戦】
    オールスター前最後の1戦で、GSWに勝っちゃいました!上位には勝てないと言ったばかりですが、嬉しい誤算は大歓迎です。

    1Qの出だしが良かったです。1Q最後の数秒でTurnerのミスで5点を失い流れがGSWに行きそうでしたが、2Qで何とか踏ん張りました。

    デュラントに50点もやられましたが、カリーとトンプソンを17点に抑えたのが大きかったです。

    オフェンスでは、Gコンビで73点、10日に一度位しか顔を出さない良い時のNurkicが17点で3人で90点と得点の7割以上を占めました。

    これで良い気分でお休みになりますので、後半の初戦、Awayで11連勝中のUTA戦に向けて鋭気を養ってもらいたいものです。

  • 【SAC&UTA戦】
    昨年大黒柱のカズンズを放出して再建モードに突入したSACですが、今年は若手を起用すると言いながら、ヒルを放出してベテランのJJとシャンパードを獲り、ロースターにも最年長のカーターやランドルフが居る迷走チーム。最下位なのも納得です。Lillardが3Qまでに50点取って大勝です。

    一方のUTAは絶好調。序盤こそスクリーンからLillardにジャンプショットを決められてましたが、後半からはスイッチしてからのダブルチームでG陣を完全に抑え込みます。さばいてもインサイドにはゴーダットが控えているし、他の選手は外からは単発でしか入りません。完敗の試合でした。そのUTAは今日もSASに勝って10連勝で、勝ち越しになりました。

    これでPO争いは混沌としてきましたね。GSWとHOUは確定。SASは怪我人が多過ぎ、MINも一時の勢いはなくバトラーが居なければ普通のチーム。OKCとPORは好不調の波が激しく安定せず、DENは有望若手の宝庫でありミルサップ居なくても関係なし。NOPもミロチッチを獲得してカズンズの穴を埋め、LACは肝心な時に居ないグリフィンを放出して短期的には良くなりそうで、このチームの問題はHCだけ。UTAも10連勝で完全にPO争いに食い込んできました。この8チーム(実質は6チーム)で4つの枠を争うことになります。相当な潰しあいになりますが、上位に弱いPORと核のいないLACが脱落しそうですね。

    これから解雇やバイアウトによりFAになるベテランが沢山出てきますが、PORは空いているロースターを埋めようともしないのでしょうね。

  • 【CHA戦】
    Homeに戻りやっと連敗ストップ。それにしても17点差をこんなに簡単に追いつかれるかね?ケンバにやられ過ぎでしょう。外か中のどっちかは止めないと駄目!

    審判も酷いね。スクリーンがしっかり掛かっていても、ディフェンスが倒れたら全部オフェンスファールだからね。どこ見てんの?

    トレードはVonlehを交渉権と交換にシカゴに出してお終い。動きたかったけど、Gコンビ以外は需要がなく、交渉が成立しなかったのが実情でしょう。
    長期高額契約の残るTurner、Leonard、Harklessを駒にしても誰も受けてはくれないのは当たり前。GMがインタビューでやれ長期でチームを見直すだのほざいていたが、全部お前がやった上記高額契約の所為だろう!早く辞めろよ。優勝を狙うチームなんてこんなロースターがあと3年以上も続いては無理だろ。

  • 【DET戦】
    嫌な予想が当たり遠征3連敗です。やはり昨日のBOS戦で前半の16点リードを守りきれず逆転負けしたのが響きました。昨日勝っていれば今日の試合も違った展開になったはずです。

    今日もGコンビにはほとんどダブルチームに来られ、オフェンスがふん詰まり状態です。インサイド陣はDavis、Aminu、Harklessではディフェンスは良いのですが、Gを抑えられた時の打開策がありません。昨日のBOS戦は課題のウイングとして偶々Harklessの3Pが入り機能しましたが、2日は続きません。

    トレード期限の9日まであと4日。今シーズンは動かないのか?動けないのか?適任のミロチッチはNOPへ、FAのモンローは地元NOPでなく、優勝の可能性のより高いBOSへ。今シーズンはPOに出ても1回戦負けでしょうから、来シーズンを見据えたトレードを模索するのも良いかも知れません。今シーズンどうしても優勝したいCLEはラブを出しませんかね?インサイドのディフェンス強化は必須のはずです。フライもトレードで出すようなので、インサイドは不出来のトンプソンだけになってしまいます。PORはGコンビ以外は全員出せるはずなので、3対1ぐらいで是非お願いしたいです。

    最近Laymanを試合の終盤で良く見ますが、酷いですね。良くこんなレベルの選手がNBAのロースターに居られると逆に感心します。これならD-リーグでなくBリーグの選手のほうがマシじゃないという位下手くそですね。

  • 【TOR&BOS戦】
    TOR戦はCHI戦と全く逆の展開で相手に1Qにやられて終了。それにしてもTORのチーム記録となる19本もの3Pはやられ過ぎでしょう。

    BOS戦は相手の主力が怪我で居ず、完全に勝てた試合でしたが、またNurkicで試合を落としました。残り3分で同点の場面から、ホーホードは外があるのは分かっているのに、全くチェックに行かずフリーで3Pを打たせて決められる。その後のオフェンスの場面では2連続オフェンスファールでTOではどうしようもない。プライムタイムでは絶対に使えない選手ということがはっきりしました。
    最後の5点差からLillardが3連続で決めて逆転したのは流石の勝負強さを発揮。最後のホーホードのブザーはまあしょうがない。

  • 【シーズン51試合】
    LACが今年のPOを諦めたのでPOレースが楽になった。
    あとはユタを警戒すればPOには行ける公算になった。
    ただし、ゲーム内容からしてPOは絶望的だ。相手がどこであれ1回戦突破は至難の業かと思う。

    残り30試合は東西のPOチームとの対戦でどの程度勝てるのか?
    見極めるぐらい。
    オールスターまでにロスター変更があるやなしや?が直近の見所か。

    他のチームは動くのか?さてさて。。。。

  • 【CHI戦】
    主力が欠場のCHI相手に、CJが大爆発して大勝です。
    50点とFGM18本がキャリアハイ。18/25のFG%が凄いです。1Qでほぼ試合を決めました。

    これで4連勝で東遠征に臨めます。

    モンローがPHXからバイアウトされました。数年前にFAになった時にはQFを出して獲ろうとした選手です。Leonardより酷い選手は居ません。解雇して安く獲れるなら獲りたいですね。でも、フロントは動かないのでしょう。

  • 【LAC戦】
    驚きのグリフィントレードで揺れ動くLAC相手に何とか勝ちました。オフェンスは良くないし、20点差付けても試合は決まらないのは毎度のこと。

    4Qに点差が一桁になったところでLillardを再投入して、コントロールバスケで何とか逃げ切りです。

    結果3連勝ですが、内容は良くなかった試合です。明日も連戦でHomeでCHI戦勝って4連勝しておきたいですね。次の遠征3連戦はTOR、BOS、DETで1つ勝てれば良い方でしょうなので、貯金は多い方が良いに決まってます。

  • 【NBAトレード戦線】
    CP3に逃げられ(グリフィンやジョーダンとの確執もあった?)、戦績が低迷したLACがエースのグリフィンを売ったようだ。(速報で真実か?やや未確定)

    チームの解体を意味するわけでジョーダンも売りに出されている可能性が高い。
    得点を計算できる選手ではない補完選手だ。

    LAC戦との直前で決まったトレード。何か違和感を感じるのは私だけだろうか?
    PORはやはりジョーダンを引き取るのではないか?
    オルシェイはジョーダンをLAC時代に推挙した本人である。

    正直なところ日本の公正取引委員会に相当する部署には捜査をお願いしたい(苦笑)。
    何かバランスシートに計上されない不正な利益供与の可能性あり。。。。

    PORの他ではユタとOKCの動きに直近は注目か。

  • 【DAL戦】
    3Qの途中までは接戦でしたが、3Q終盤から4Q中盤で一気に離しました。

    前半戦の立役者のNapierが最近少し調子落ちですが、代わりにDavisが頑張っています。特にオフェンスリバウンドは良いですね。

    Nurkicは好不調の波が激しすぎて、安定しません。これではプライムタイムには余程好調な時にしか起用出来ませんね。シュートセレクションが悪すぎるのと、あまりにもイージーレイアップを落としすぎ。ファールを吹いてもらえない。ディフェンスでファールを吹かれるだけで、もう駄目です。

    トレード期限まであと2週間あまりとなりました。LillardがHCとGMを飛び越えてアレンと具体的にどんな話をしたのでしょうか?それ次第では大きく動きがあるかも知れません。CJを出さずに、不良債権(コストパフォーマンスが悪い選手)のTurner、Harkless、Leonardを上手く処理して、インサイドとウイングが強化出来れば最高なのでしょうが、そんなに上手く行くわけないですね。

  • 【MIN戦】
    久しぶりの快勝でしたね。WOWWOWでの放映が楽しく観られます。

    Lillardもオールスターに初めて最初の12人枠で選出されました。今までの2回は誰かが怪我して欠場での代替出場でしたから。この5試合位のFG%なら文句の付けようがありません。

    ガードコンビが揃うとこういう試合が展開出来ます。ダメなのはNurkicだけ。レフリーのコールにイチイチ反応して、プレーに影響する。明らかにわざとファールするなどはNBAのスターターとして失格です。

    殿堂入りするようなレフリーが引退し、新しいレフリーが増えてきているので下手なのも多いです。特に今日も笛を吹いていた36番のレフリーは前回のPOR戦も含め酷いですね。笛を吹きたがるのでどうしてもファールが軽くなってしまいます。

    東遠征前の1月の残り3試合はきちっりと勝っておきたい相手ですね。特にLACは前回嫌なブザービーターを決められて負けてますので、きっちりと借りは返さないといけません。

  • 【DAL&DEN戦】

    DAL戦、やっとHomeで勝てるようになり、Home6連勝。まあ、相手がDALですからね。Awayでも勝たないといけない相手です。前半好調なLillardは後半は敢えてアシストに回ったように見受けられました。やっと怪我も治り、週間MVPを獲得し、エンジンが掛かってきたようです。楽勝の試合を最後接戦にして面白くするのはいつものことなので、演出だと思って観ています。

    DEN戦、この試合を勝てるようだと調子も本物で、勢いに乗れるのでしょうが、接戦を落としました。勝ってる試合だったのですが、最後の方のイージーショットのミス。FTのミス、TOで逆転を許しました。レフリーの笛もおかしかったですが、そんなのはよくあることでしょう。それよりCJのショットが入らない=確率が落ちてきているのが心配ですね。

    インサイドの選手達は本当にシュートが下手なので、オフェンスファール覚悟で、全部ダンクに行って下さい。酷いレイアップのミスはこれ以上見たくありません。

    そろそろトレード期限が迫り、噂が色々ありますが、ジョーダンとかは絶対に要らないので、GM繋がりで間違っても取らないように!

  • ホームで勝てるようになった途端に
    アウェイで勝てなくなりました(笑)。
    まあ、こんなものでしょう。

    次の4戦の戦いぶりが気になりますね。
    @DEN
    VS.MIN
    @DAL
    @LAC
    アウェイで同等、格下、
    ホームで格上チームとの対戦です。
    しっかりと良いゲームをし、
    2勝以上上げられれば〇、
    それ以下であればPOが心配ですね。

  • 【PHX&IND戦】
    Homeに戻りやっと連敗脱出です。

    PHX戦は3Qまではほぼ完璧なオフェンスで24点の大差を付けましたが、4Qに気を抜いたのかブッカーを中心に3Pを決められ、大分差を詰められ主力をコートに戻さなければなりませんでした。すんなりと終らないチームですね。

    IND戦、途中までは一進一退の展開でしたが、4Qに一気に抜け出しました。珍しく3Gが機能した試合でした。
    どのチームも同じでしょうが、PORのリズムが悪くなるのはTOとシュートセレクションの悪さからですね。具体的にはLillardの無理パス、NurkicのドリブルからのTOなど。シュートセレクションの悪さは①にTurnerの3P(お前は絶対にフリーでも3Pは打つなよ)②Nurkicのロング2とイージーレイアップのミス。

    今日の試合はDavisのオフェンスリバウンドの頑張りとQ終わりの2本の3Pブザービーターに助けられましたね。後はリバウンドは全員で珍しく頑張りました。

  • 酷い試合が続きます。
    【NOP&MIN戦】
    Lillardはいい加減に入らない3PとブロックされるかTO(どっちも一緒)のペネトレートを止めないと。スピードだけじゃないのはNapierやCJを見れば学習出来るはず。現状はNapierの方がチームオフェンスをコントロール出来ています。

    チームTOが特別多いわけではありませんが、不必要なTOが多過ぎです。Lillardの被ブロックはTOと同じですから、毎試合2桁TOをしているのと一緒です。誰が見ても無理だとと思うパスがあまりに多過ぎますね。

    チームの雰囲気とオフェンスを駄目にしているもう一人はNurkicでしょう。いつまで経っても改善しないFG%の悪さと手抜きリバウンドにディフェンス。フックはまだ良し、レイアップのイージーミスが多過ぎます。ダンク出来るなら全部ダンクに行けよ。リバウンドもタップばかりできちんとボックスアウトしてないから(さぼっているから)取れないんだよ!若さだけでかたずけられる問題ではないでしょう。

    やっぱり絶対にトレードが必要です。ミロチッチは将来のドラフト指名権で取れるようなので、Leonard(不良債権処理)と指名権で獲りましょう。
    センターはガソル弟をNurkic+Turnerで是非オファーしてもらいたい。相手がYESと言ってくれないかも知れないけどね。

  • 【トレードデッドライン 2月8日】
    オールスター戦も近くなりトレードデッドラインを迎える。
    今年も様々な噂が飛び交っているが実現しそうなトレードはない。

    MEMのガソル。その他 絶対に獲れない選手の噂が出ている。
    PORの試合内容は悪いのは周知の事実。POラインにいるのに本拠地のシートは空席だらけ。
    MEDIAも当然知っているわけで気の毒なファンの為に、リップサービスが横行しているようだ。

    選手を売る側のGMならPORとはトレードをしないだろう。
    ①引き抜きたいと思う良い選手が全くいない。
    ②チームはPOラインでドラフト交渉権の順位は下位であり魅力に欠ける。

    またFAの代理人も同じ事を考える。
    ③このチームの成績的な将来性は暗い
    ④チーム内不和は明らかで、役割も固定されていない。流動的。

    他チームではやはりOKCの動きが気になる。
    短期投資目線では下位のチームのユタとLACの動きは注目かもしれない。

    オールスターを迎えるころ、PORはトレードを含めて正念場を迎えそうだ。
    今年のPO当落。ダメなら来期以降の長期的プランの話がソロソロでておかしくない。

  • 【ATL戦】
    前回不覚にも敗戦した相手でしたが、今回は7人が2桁得点を取り、後半一気に引き離し大勝です。この相手なら前回もきちんと勝たないといけませんでした。

    【SAS戦】
    またもや相手の主力がおらず、前回惜敗した相手に何とか競り勝ちました。リバウンド争いでもう少し勝てれば、もっと楽に勝てましたね。Harkless久しぶりに働きました。NapierはLillard不在でスターターの時の方が働きますね。CJは前回の教訓を生かし、ペネトレートでなくフローターで最後行きました。入ったのはラッキーもありましたが、得点は得点です。
    SASは最後当たっているジノベリで来ると思ってましたが、オルドリッジで助かりました。彼のブザービーターなんか見たことないので入らないと思ってました。助かりました。

    【OKC戦】
    OKCはビック3?とアダムス以外は良く知らない選手も多く、抑えどころが決まっているので対応し易い相手だと思います。オフェンスが好調でチームFG53.1%、3P43.5%、FT80.8%なら打撃戦でも勝てますね。

    【HOU戦】
    追いつけそうで中々追いつけない展開。追いついていればまた違った結果もあったのでしょうが、後2-3点が遠かったですね。相手の3Pは比較的抑えたのですが、CP3に翻弄された試合となってしまいました。

    そのCP3ですが、試合が決まった後のレイアップはいただけませんでした。あそこはボールキープして終わりの試合です。NBAの暗黙のルールを破り珍しくLillardが試合後に文句を直接言ってましたね。
    誰もがNBA最高のPGと言います。でも彼中心のチームでは絶対に勝てない。いつどこで怪我で居なくなるか分からない選手を中心にチームを組み立てられません。LACでの結果が証明していますね。おそらくチャンピオンリングは手に出来ない選手なのでしょう。

  • <<
  • 4829 4809
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順