ここから本文です
  • 1

    *****

    ドレクスラー時代からの譜代ファンも
    ピペンを追いかけてきた外様ファンも、
    「Mr.テクニカルファウル」(誰も言ってないって!)のラシードファンも、
    それ以外の選手のファンも
    みんなここに書き込んでちょうだい!

    ちなみにオレはポートランドに住んでいたので、やっぱ地元出身のデイモンがひいきかな。

  • <<
  • 4965 4946
  • >>
  • 4965(最新)

    blazaersnoripu 12月13日 15:59

    【MEM戦】
    これ以上は酷くなりようがないだろうというレベルまで来ました。まともだったのはCJ一人だけ。
    今日の試合なんて良いところを探す方が難しい。ダメダメなディフェンスだけでなく、オフェンスも酷いです。特にインサイドは酷いの一言。4人でシュートを22本打って決まったのは3本でした。Nurkicそんなシュートは外せと言っても入っちゃうだろうというレイアップを何本も外します。あまりに酷いのでSwaniganまで使いましたが、シュート前にTOじゃどうしようもない。
    Harklessは連戦起用は無理なのかな?これ以上は酷くなりようがないということに期待する以外は何もありません。補強をしたいのですが、駒はないので他チームで干されている選手を手に入れるしかありません。カーメロはFAになったら駄目元で獲ってみるのもありだし、MINのトリバーなんか何故起用されないのか不明なので、要らないなら是非貰いたいです。2順目指名権で交換出来る選手が欲しいです。特にインサイドね。1順目は八村に取っておきましょう。

    ドラフトと言えば、2017年の新人は大豊作でしたが、PORは1順目指名権を3つも持っていたのに、15位と20位をトレードして10位でCollins、26位でSwaniganという勿体ない指名でした。あの時はウイングが不足していたので、そこに狙いを定めればクズマもアヌノビーの2人とも指名出来ました。CだってATLのCollinsやネッツのアレンなんかも指名可能でしたね。
    もし、この3人が居たら、セカンドユニットはTurner、Stauskas、Anunoby、Kuzum、Davis(ルーキー契約が多ければ再契約できたでしょう。アレンやコリンズでも可)でスターターは良いので一躍優勝候補でしたね。もちろん、たらればの世界ですけど、もう少しフロントが賢ければ、最低でもウイングのどちらか一人は獲れたでしょう。今更だけどね。

    次のTORは今最も強いチームです。今日のGSWにも圧勝です。最高と最低の状態のチームの対戦です。ダブルスコアで負けないようにするぐらいでしょうね。やる前から白旗です。

  • 【HOU戦】
    日々酷くなるセカンドユニット。スターターだけの勝負なら勝てるんだけどね。そうもいかないし、Collins何て開幕から試合ごとに下手になっている気がする。

    1Qの15点差もセカンドユニットに代えたらあっという間に追いつかれ、2Q初めには逆転される始末。スターター戻して何とか3点リードで前半を終えるも、後半も同じことの繰り返し。ベンチが全員マイナス二桁ではどうしようもないでしょう。Collins駄目だからもっと駄目なLeonardを使ってもね。

    HOUもハーデンとカペラだけなので、全然強くない。負けている理由がよくわかる試合でしたが、PORがもっと悪い。
    CP3は全米で酷く叩かれているけど、その通りの試合でしたね。これが普通の選手ならここまで酷く批判されることもないのだろうけど、何しろMAX契約の初年度で、35MM以上貰っている身ですから。ディフェンスの良いSF2人を放出してまでのMax契約ですから働いてもらわないと困るのですが、GMの大失敗でしょう。そもそもレギュラーシーズンは毎年必ず20-30試合は怪我で休むし、肝心なPOでも絶対に居なくなる選手ですからね。年齢を考えてもこの契約はHOUの首をしめるでしょうね。去年まではそれでも試合に出れれば結果を残してきたCP3ですが、何しろ今年はシュートが全く入らない。入らないから、引き付けて得意のアシストも出来ないし、パスミスも多い。今年もというよりも、これから先も駄目でしょうね。

  • 【MIN戦】
    怪我人も戻りベストの布陣。Harklessも8割方戻ってきたでしょうか、まだちょっとした動きで反応が遅れるので、ファールがかさみます。それでもスターターは去年の状態に近づきつつあります。後は質で勝負するCJの確率が上がることです。

    それに比べて開幕当初は思いのほか上手く行っていたセカンドユニットですが、化けの皮がはがれ始めました。計算出来るのはTurnerとStauskas位で、Collinsも伸び悩み、Curryはディフェンスが駄目、Laymanはやはり好調が続きません。これでまた使われなくなるかな?Leonardは論外ね。相手が目の前を通ってレイアップをしているのに、見てるだけだし、ボールを見失うなんてNBA選手として考えられない。
    セカンドユニットが良くてプラスマイナスゼロ、悪くてもマイナス5までに抑えてくれれば良いのですが、ディフェンスで期待出来ないので、シュートが入らないとマイナスが大きくなる布陣です。

    MIN戦も最後は何とか追いつきGコンビの3Pで勝ちましたが、内容はまだまだですね。次の4試合である程度今シーズンの目星が付きそうです。
    絶不調の@HOU、思いのほか勝っている@MEM、リーグ最高勝率のTOR、好調で前回不甲斐ない負けをHomeでした@LACです。五分ならまだ期待出来そうです。

  • vs MIN

    久々にゲームを見ましたが、良いゲームだったと思います。
    守備とRebをしっかりやれるとそうなりますね。
    TOが多かったのが苦戦の原因でしたが、
    神様は上手にゲームをコントロールするものです。
    最後はLillardの大活躍でしたね。
    今日みたいなゲームを続けて立て直していって欲しいところです。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • 【DAL戦】
    酷いですね。バスケはリズムのスポーツだからね。リズムが悪いと普段は簡単に入るようなシュートを外す。これは時間がかかりそうですね。

    理由は分かっているはずで、兎に角ディフェンスが酷い。スクリーンにかっかる、スイッチする。ミスマッチになる。簡単にフリーで3Pを打たせる。これの繰り返し。ミスマッチでもきちんとチェックに行かないと、行かなくてもどうせ抜かれるときは抜かれるのだから、抜かれても誰かはまだいるし、やられても大したことない。

    オフェンスもリズムが悪いから、イージーシュートが入らない。イージーなTOは多い。Nurkicなんてコールに文句ばかり言ってないで、決めるべきシュートをちゃんと決めろよ。ミスコミニュケーションも多い。エアボールとかダンクのミスとか考えられないようなミスが多過ぎる。

    当分駄目でしょうね。PHXあたりは流石に勝たせてくれるだろうが、他にはこれでは勝てません。

  • 色々と粗が見えてきましたが、序盤が好調で噛み合っていただけで、通常の状態というか開幕前の予想通りの展開になっている感じですね。


    これからは、こんな感じでしょうかね。
    とても優勝を狙えるような布陣では元々ないんで。


    ただ、今年も中途半端に勝って、プレイオフ一回戦で負けて、ドラフトは下位指名っていういつもの感じからは、少しは変化して欲しいもんです。

  • 【SAS戦】
    Turnerが一人居ないだけでセカンドユニットはオフェンスもディフェンスも完全崩壊です。本当にディフェンスしないよね。SAS全然強くないのにね!

  • 【ORL戦】
    エースのゴードンが不在の相手にHomeでやっと勝ちました。これで連敗は3でストップです。
    全てが少しづつ上手く行ってません。今日はLillardの3Pが入ったので何とか勝ちましたが、歯車が噛み合って勝った試合からはほど遠いです。

    CJのシュートは相変わらず入らないし、Aminuの3Pも駄目。復帰したHarklessは本調子からは程遠く、シュートは全く入らないし、PTも制限されています。Nurkicは何時まで経っても桜木君状態でレイアップが入らず自分でリバウンドを取るの繰り返し、それでもインサイドが弱いので居ないと困るし、TurnerはセカンドユニットでのPFは頑張っていますが、Leonardのディフェンスの酷さは相変わらずだし、フリーなのに意味不明なフェイクをするし、Collinsも最初は良かったけどこのところ停滞気味。Stauskasは好調なのに何故かあまり使ってもらえないし、駄目ですね。

    ディフェンスは兎に角3Pを抑えることでしょう。特に近年はC不在やCも3Pを打つチームばかりなので、そこをきっちりと抑えないとね。リバウンドは取れているし、インサイドでやられる方がまだましでしょう。

    今日の試合も最後、PORが唯一NBAで1位のFT%ですが、8本打って1本しか入らず、締めが甘く、あわやの試合にしてしまいました。こんな試合では5割以上のチームには勝てませんよ!

  • 【GSW戦&LAC戦】
    GSW戦はトンプソンとクックを抑えられずに負けました。このメンバー相手にこんな試合しかできないのではGSWには絶対に勝てないでしょう。オフボールでのスクリーンに簡単に掛かり過ぎだし、本当にディフェンスが出来ない。遠征は2勝4敗と負け越しで終わりました。最初の2試合でどちらか1つ勝てなかったのが痛いし、本調子でないながらも怪我人が戻りベストになったのに、カリーとグリーン不在のGSWにボロ負けではどうしようもありません。他のチームはちゃんと勝っているからね。

    今日のLAC戦が最低のクソ試合。まずオフェンスは入りもしない3Pを13本も打つLillardのアホとこの前の試合から3Pを14本打って1本も決まらないAminu!Aminuなんてシューターじゃないんだから入るまで打つなんてありえないでしょう?
    選手起用と戦術に問題がありますね。CJを中心に攻めれば良いのに、入らない3Pを連発し、好調と思われるStauskasを7分しか起用せず、Curryを23分も使うのは何故?遂にLaymanを外したのはシュートがワイドオープンなのに入らないし、ディフェンスが全く出来ないから理解出来るけどね。

    なんで前半の良い戦いが続けられないのか全くもって疑問だよね。相手のディフェンスが特別良くなった訳でもなく、Nurkicが怪我で居なくなったからでもなく、久しぶりに良かったセカンドユニットを生かす訳でもなく、13点差をものの数分で逆転されて打つ手なし。ディフェンスなんてスイッチしたら全部そこから簡単にやられるし、もっと打つ手はいくらでもあるだろう。

    このままズルズルと落ちそうです。今日しっかりHomeで勝ては仕切り直しになったのに最低の試合でした。

  • 【MIL戦】
    ボロ負けです。ここまで酷いと諦めも付きます。3Pは21%と全く入らないし、ディフェンスは中も外も好き放題やられ放題でした。

    やっとHarkless復帰したけど、動けないし、シュートタッチ悪いし、この試合で復帰させて良かったのという内容です。膝が痛くてもシュート練習はちゃんとやっていただろうにね?

    次はGSW戦です。何とか勝って5分で遠征を終えたいですね。カリーとグリーン不在で最近はさっぱり勝てません。今日もHomeでOKCに大敗です。
    デュラントに50点取られても良いけど、トンプソンは20点以下に抑えないとね。後はほっといても10点程度でしょう。今がチャンスです。

  • 【NYK戦】
    あぶなかったです。イーストで下位に低迷するNYK相手に何とか勝ちました。これで遠征は2勝2敗の5分に戻しました。

    GコンビはLillardの3Pの確率が悪い以外は働きましたが、怪我人の影響でベンチが不安な点は変わりません。Boldwinを使いましたが、PGとして起用するのでなければサイズはないし、シュート力が特別あるわけではないので、起用する意味はありません。Turnerと一緒でなく、LillardやCJと一緒に起用してPGをやらせる方が良いでしょうね。

    後は、もう少しディフェンスをしないと駄目です。特にNYKのようにインサイドがないチームに対しては3Pを打たせ過ぎ、決められ過ぎです。もっとペリメーターを意識したディフェンスが必要です。

    今日の試合も本当に負けなくて良かったという結果になりました。連戦のMILですが、前の試合はCJの大爆発で勝ちましたが、相手も対応してくるので厳しい試合となるでしょう。

  • カーメロなんて、絶対いらないですよ。

    なんでHOU解雇されたかって、ディフェンス悪いのは周知の事実までも、相変わらずボール止めて一対一やるわりには、FG率低いプレースタイルを改めない部分です。

    今のメロは、なかなか引き取り手は見つからないと思います。

    しかし、今年のPORは、今んとこは好調ですね。
    レイマンがスターターな戦力の中、結構頑張ってますね。

  • 【MIM&WAS戦】
    ベンチ陣で勝ってきたPORですが、怪我人が出て不安定な状況になってきました。Harklessが戻らないのであれば、補強を真剣に考えないといけないですね。カーメロでも良いんじゃないですか?ディフェンスは出来ないけどオフェンスはある程度計算出来るし、PORはそんなに走るチームではないし、Leonardより下手なディフェンスはNBAで見たことないし。新人2人はまだまだ使えないし、SwaniganもPTが貰えないから成長もクソもないし。

    MIN戦はPORも良くなかったけど、ウィギンスとタウンズが生き生きとしてました。特にウィギンスはボールは回ってくるし、SGに固定されるし、自分の得意なプレーに専念出来るのでよいでしょう。シボドーがスターターを酷使して壊さなければこれから調子を上げてくるチームになりますね。

    WAS戦はHomeの借りは返しましたが、この試合展開でガベージを作れないとはやはりベンチが不安になってきました。Simonsなんて使えないよ!1Qに20点差付けてベンチ出したら15-0のランを許していつの間にか5点差になるし、後半にスターターで25点離しても怖くてベンチを長く使えないので、PTが長くなり最後はヘロヘロです。残り6分でNurkicのこぼれ球をダンク1本のFGでは怪しいですね。

    次のNYK戦は落とせませんね。頑張りましょう。MIL戦はお休みしてカリーとグリーンの居ないGSWに勝ちましょう。今は普通のチームですよ。いつの間にかウエスト首位にPORがなっています?まあ今の時期関係ないけどね。

  • 【2019シーズン:15試合】
    15試合消化して10勝5敗と上出来のスタートだ。

    と言いたいところだがHOU戦とNOP線は敵のエースが不在だった事もあり敗戦。と閻魔帳に書いてある。
    実際には8勝7敗と誇れる数字にはならない。
    逃げ馬らしく今のうちにドンドン勝たないとゴール前ではボロボロになっているかも。
    逃げ馬はほとんどの場合、致命的な弱点を抱えている。その為の特殊な作戦である事を知っておく必要があるだろう。

    今シーズンの作戦は基本は変わらない。
    変わったのは得点源の分散がベンチメンバーに行った事。
    総得点は総じて上昇していると思う。

    采配面ではリーマンのスタメン起用に現れている。
    リーマンの能力値でスタメンです。
    リーマンを軽視する言動は絶対許しません。
    そんな気配であり、一種のバロメータとして機能している。

    ①ベンチメンバーはリーマンと同じぐらいシュートを撃って得点する事。
    ②守備面は難題だが、上手く誤魔化せ。

    一応の好成績が残っているのは120点を常時計上できる事になるだろうか。
    私は持続性は疑っているが。。。。

    懸念はすでに3戦を終えたLAL線に出ている。
    やはり弱点を衝かれたら、即死確定。

    LALはまだレブロン以外の選手が弱く発展途上のチーム。
    そのチームに成す術もなく惨敗している。
    バレたら終わりの手品のようだ。

    8勝7敗だとすると8位程度。
    13位のMINは7勝9敗。と差は少ない。
    昨年は終盤の望外の連勝で悪夢を脱したが、今年も前途多難だ。

    理由はハッキリしている。
    ビッグマンの獲得は必須だったが、それも出来なかった。異常である。
    PFにアミヌ。SFにリーマン。
    前段に致命的な欠陥商品を抱え、中段もこの高さではプロの世界では無理。
    守備面に見るべき点はない。

    言い変えると監督はこの陣容でよく勝っている。
    攻撃あるのみ。防御は誤魔化しに徹する事。
    唯一とも言うべき正解の方法だろう。

  • 【LAL戦】
    負けでの遠征スタートとなってしまいました。

    オフェンスは普通でしたね。勿体ないイージーシュートを何本か外した以外はね。Nurkicのレイアップは何故あんなに入らないのか意味不明。

    ディフェンスはレブロンにやられるのはある程度想定内でしたが、3Pが間違って5/6の高確率で入ったのはまぐれでしょう。3P30%のレブロンなら3Pは打たせて正解なのですが、今日は入っちゃいました。それより他の選手をもう少し抑えないとね。マギーに20点はやられ過ぎ、レブロンのヘルプに行かず打たせればいいのに中途半端なヘルプに行くからロブパスでダンクされる。何回同じシーンを見たかな?

    Harkless早く戻ってくれ!Aminu一人じゃもたないよ。

  • 【BOS戦】
    相性の悪いBOS戦でしたが、何とか逃げ切って勝ちました。負けなくて良かったというのが正直な感想です。

    前半終了時に17点差を付け、ちょっと楽勝ムードでした。Nurkicがレイアップを4連続ミスしなければ20点差は付けられた前半でした。
    後半に入ると一転して相手の3Pが決まりだすし、PORは不用意なTOばかりであっという間に点差を詰められます。ディフェンスでは相手のPFやCに対するペリメーターがずっと課題ですが、この試合も対応が出来ません。

    オフェンスではCurryとAminuの3Pに最後は救われた結果となりました。CJはあの試合だけでまたシュート入りませんね。Turnerは3P打っちゃダメでしょう。

    13試合が終わり10勝3敗と出だし好調です。但し、Homeが9、Awayが4でしたので、有利なスケジュールでした。次戦からは遠征6連戦です。LAL、MIN、WAS、NYK、MIL、GSWです。
    LALとWASにはHomeで痛い負けを喫していますので、借りを返したい所です。MINも漸くバトラーのトレード問題が終結しましたが、チームとして機能するには時間が掛かりそうです。NYKには地力の差で負けられません。この4チームから3勝はしたいですね。MILはHomeで上手く勝てましたが、依然として好調です。相手も対応してくるでしょうし、厳しい試合となりそうです。GSWは怪我人次第でしょう。カリーとグリーンが居なければ勝たないといけないでしょうね。
    最低でも3勝3敗の5分で帰ってきて貰いたいです。今のPORなら出来るはずです。

  • >>4945

    今日はRebとルーズボールの頑張りでしょうね。
    あとは出た選手が大方万遍なく働いています。
    LaymanとSwaniganは力不足ですが。

    弱点といわれているベンチも、
    得点ではリーグ9位ですか。
    今日は41点と、リーグでベンチ1位のLACとほぼ互角でした。
    フロントコート陣に怪我人が出なければ、
    意外に安定して星を伸ばしそうな気がします。

  • <<
  • 4965 4946
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!