ここから本文です
  • 私はいつか必ず死ぬ。この運命から私は決して逃れられない。私がどんなに死にたくなかろうがあるいは死にたかろうがそれはあまり関係がないことである。なぜなら私がどう思おうと私はいつか必ず死ぬからである。

    私はいつか必ず心停止する。そして私は息を引き取る。だんだん冷たくなっていく私の遺体。数時間後には私は死後硬直する。私は棺に入れられ、翌日か翌々日には私の葬式が行われ、お経が唱えられる。葬儀の後、私は霊柩車で火葬場に運ばれ私の遺体は荼毘に付される。赤々と燃え上がる私の遺体。徐々に骨と灰になっていく。

    そして小一時間ほど経つと私の遺骨が火葬炉から出てくる。私の家族や友人が私の遺骨を箸で拾い、骨壷の中に入れる。そして私は無に消え去る。

    ああ、恐ろしい!恐ろしい!私がどんなに死にたかろうが死にたくなかろうが私はいつか必ず死に死後硬直し火葬されて遺骨になる。

    私はこの運命から決して逃れられない。ああ、どうすればよいのだろうか。

    怖くて怖くて仕方がない!!

  • <<
  • 67 38
  • >>
  • <<
  • 67 38
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!