ここから本文です
  • <<
  • 145 121
  • >>
  • ◆教育勅語を暗記して育った皇民が、侵略や虐殺をするのは不可能ですね。
         ↓
    ~~~~~
    【教育勅語の口語文訳】
     私は、私達の祖先が、遠大な理想のもとに、道義国家の実現をめざして、日本の国をおはじめになったものと信じます。そして、国民は忠孝両全の道を全うして、全国民が心を合わせて努力した結果、今日に至るまで、見事な成果をあげて参りましたことは、もとより日本のすぐれた国柄の賜物といわねばなりませんが、私は教育の根本もまた、道義立国の達成にあると信じます。 

      国民の皆さんは、子は親に孝養を尽くし、兄弟・姉妹は互いに力を合わせて助け合い、夫婦は仲睦まじく解け合い、友人は胸襟を開いて信じ合い、そして自分の言動を慎み、全ての人々に愛の手を差し伸べ、学問を怠らず、職業に専念し、知識を養い、人格を磨き、さらに進んで、社会公共のために貢献し、また、法律や、秩序を守ることは勿論のこと、非常事態の発生の場合は、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません。そして、これらのことは、善良な国民としての当然の努めであるばかりでなく、また、私達の祖先が、今日まで身をもって示し残された伝統的美風を、さらにいっそう明らかにすることでもあります。

      このような国民の歩むべき道は、祖先の教訓として、私達子孫の守らなければならないところであると共に、この教えは、昔も今も変わらぬ正しい道であり、また日本ばかりでなく、外国で行っても、間違いのない道でありますから、私もまた国民の皆さんと共に、祖父の教えを胸に抱いて、立派な日本人となるように、心から念願するものであります。

    ~国民道徳協会訳文による~


    【教育勅語の十二の徳目】
    孝行(こうこう) 親に孝養をつくしましょう
    友愛(ゆうあい) 兄弟・姉妹は仲良くしましょう
    夫婦(ふうふ)ノ(の)和(わ)
    夫婦はいつも仲むつまじくしましょう
    朋友(ほうゆう)ノ(の)信(しん) 友だちはお互いに信じあって付き合いましょう
    謙遜(けんそん) 自分の言動をつつしみましょう
    博愛(はくあい) 広く全ての人に愛の手をさしのべましょう
    修学(しゅうがく)習業(しゅうぎょう) 勉学に励み職業を身につけましょう
    智能(ちのう)啓発(けいはつ) 知識を養い才能を伸ばしましょう
    徳器(とくき)成就(じょうじゅ) 人格の向上につとめましょう
    公益(こうえき)世務(せいむ) 広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう
    遵法(じゅんぽう) 法律や規則を守り社会の秩序に従いましょう
    義勇(ぎゆう) 正しい勇気をもって国のため真心を尽くしましょう
    ~~~~~
    http://www.meijijingu.or.jp/about/3-4.html
    教育勅語
    http://www.h6.dion.ne.jp/~chusan55/kobore8/4132chokugo.htm

  • ~~~~~
    朝日新聞『慰安婦検証』 与野党が批判の大合唱
    産経新聞 8月9日(土)8時18分配信

     30年以上の時を経て慰安婦報道の誤報をようやく認めた朝日新聞の姿勢に対し、永田町では与野党を問わず怒りと不満の声が上がった。長年誤りを認めなかった影響で「慰安婦は強制連行された」という誤解は国内外に浸透。国家、国民、先祖、子孫の名誉を著しく汚す大失態だけに、「記事の取り消し」だけで片付けられるような雰囲気ではない。

     「記事によって大勢の人が怒り、苦しみ、悲しんできた。日韓関係にも大きな影響を与えた。朝日は権威ある大新聞。訂正記事が載るまでみんな信じていた」

     自民党の石破茂幹事長は6日夜のBSフジの番組でこう述べ、国内外の信頼を踏みにじった朝日への落胆を隠さなかった。

     朝日に同情的な韓国メディアの報道ぶりに関しては「韓国にしてみれば日本を批判する大きな論拠が朝日の記事だった。それが『間違いでした』といわれ、一種のびっくり状態になっている」と話した。

     今後の対応については「国権の最高機関で議論が行われるのは当たり前だ。報道機関への弾圧という話でとらえてはならない」と述べ、国会で検証を行う可能性にも言及した。

     東京都の舛添要一知事は7日、首相官邸で記者団に「全くの虚偽報道であるということを反省するのは当然だ。そういうことが日韓関係をゆがめた一つの理由だ」と答え、朝日に猛省を求めた。

     怒りが収まらないのは野党も同じだ。

     民主党の大畠章宏幹事長は7日の記者会見で「国民の知る権利は民主主義の原点だが、事実と異なるものが報道されたら国民も誤ってしまい、民主主義の根幹が揺らぐ」と強調。松原仁国対委員長も6日の記者会見で「周知した間違った事実を訂正するための大きな努力をしていただきたい」と訴えた。

     9月の新党結成を目指す日本維新の会と結いの党の幹部も6日の記者会見で朝日批判を展開した。

     維新の小沢鋭仁国会議員団幹事長は「三十数年の時を経て訂正された記事の影響は極めて大きかった。国会の場で議論をするのは当然だ」と指摘。結いの小野次郎幹事長も「いつの時点で記事の問題点に気づいていたのかを究明しなければならない。(誤った記事が掲載された以上に)記事をずっと保ってきたことの方が責任は大きく、影響は計り知れない」と続けた。

     誤報記事の根拠となった人物の証言をめぐっては、以前から信頼性が疑われていた。にもかかわらず、なぜ訂正に30年以上の月日が必要だったのか…。この“謎”の解明を求めるのは小野氏だけではない。

     みんなの党の浅尾慶一郎代表は7日、記者団に「分かっていて(訂正を)遅らせたのか、そうではなかったのかも含めて答える必要性がある。また、事実と違うことをどういう理由で載せたのか。そこに意図があったのか、なかったかについても朝日は言っていない」と強調した。

     慰安婦問題を精力的に追及してきた次世代の党の山田宏幹事長は6日の記者会見で「もっと早く決着をつけてほしかった。とかく新聞社は政治家に対して厳しくあたるが、自社に対しても厳しくあたっていただきたい」と述べ、さらなる社内での検証を求めた。

     「『強制連行』という話は日本国民、もっと言えば子供や孫たち全員に対して汚名を着せた」

     日本維新の会の橋下徹代表は7日の囲み取材でこう指摘した上で、次のように朝日側に注文した。

     「国際版を毎日刷って、『強制連行はありませんでした』『日本はちゃんと反省はするけれども、強制連行はなかったのだから、性奴隷と評価するのはやめてほしい』ということを赤字覚悟で世界各国に配信していくしかない」
    ~~~~~
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140809-00000502-san-pol

  • ~~~~~
    民衆の離反
    劉震雲によれば1942年から1943年にかけて河南省では水旱蝗湯(すいかんこうとう)と呼ばれる水害、干ばつ、イナゴの発生、および湯恩伯による重税により、300万人あまりが餓死した。(オドリック・ウーによれば死者300万人、土地を捨てた者300万人、救援を待つ飢えた人々は1,500万人を数え、河南の西部、南部、東部の順に伝染病の被害があったことも指摘している)この状態が続けば河南省は全滅していたが、1943年の冬から1944年の春までの間に日本人が河南の被災地区に入り多くの軍糧を放出して多くの人々の命を救った。(ウーによれば飢饉の数年間、日本側は各地の食糧倉庫から食糧を放出し、飢えた人々に食糧を調達していた)河南省の人々は日本軍を支持し、日本軍のために道案内、日本軍側前線に対する後方支援、担架の担ぎ手を引き受けるのみならず、軍隊に入り日本軍による中国軍の武装解除を助けるなどした者の数は数え切れない程だった。

    1944年春、日本軍は河南省の掃討を決定した(一号作戦)。そのための兵力は約6万人であった。この時、河南戦区の蒋鼎文司令官は河南省の主席とともに農民から彼らの生産手段である耕牛さえ徴発して運送手段に充てることを強行しはじめた。これは農民に耐え難いことであった。農民は猟銃、青龍刀、鉄の鍬で自らを武装すると兵士の武器を取りあげはじめ、最後には中隊ごと次々と軍隊の武装を解除させるまでに発展した。推定では、河南の戦闘において数週間の内に、約5万人の中国兵士が自らの同胞に武装解除させられた。すべての農村において武装暴動が起きていた。日本軍に敗れた中国兵がいたるところで民衆によって襲撃、惨殺、あるいは掠奪され、武器は勿論、衣服までも剥ぎ取られた。3週間以内で日本軍はすべての目標を占領し、南方への鉄道も日本軍の手に落ちた。この結果30万の中国軍は全滅した。
    ~~~~~
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E6%B2%B3%E6%B1%BA%E5%A3%8A%E4%BA%8B%E4%BB%B6#.E6.B0.91.E8.A1.86.E3.81.AE.E9.9B.A2.E5.8F.8D

    ◆恩を仇で返す愚劣な韓国人よりは、中国人の方がまともですね。

  • ~~~~~
    黄河決壊事件(こうがけっかいじけん)は日中戦争初期の1938年6月に、中国国民党軍が日本軍の進撃を止める目的で起こした黄河の氾濫である。事件当時は黄河決潰事件と表記された。中国では花园口决堤事件(花園口決堤事件)と呼ばれる。犠牲者は数十万人に達し、農作物に与えた被害も住民を苦しめた。

    (中略)

    洪水
    商震将軍は蒋介石から日本軍前衛部隊の背後を突く形での堤防爆破を命じられたが、国民党軍の撤退が終わるまで爆破を延期していた。この間、蒋介石は爆破が行われたかについて何度も問い合わせを行っている。

    6月7日には中牟付近で爆破が行われたが、この作業は失敗し、場所を花園口(zh)に変更して作業が進められ、6月9日午前9時に作業が終了し黄河の水は堤防の外に流出した。氾濫は河南省・安徽省・江蘇省にまたがる54,000平方kmの領域に及んだ。

    水没範囲は11都市と4000村に及び、3省の農地が農作物ごと破壊され、水死者は100万人、被害者は600万人と言われるが被害の程度については諸説ある。

    日本軍の対応
    国民党軍は開封陥落直前に約8kmに渡って黄河の堤防破壊を行い、雨期に入る開封一帯を水没させた。6月9日に続いて6月11日夜にも隴海線中牟の西方20Kmの地点で黄河の堤防3ヵ所が破壊され、2、3日前の雨で増水した水が堰を切って奔流しつつあったため、12日午後5時に日本軍の2部隊が堤防修理に出動し、開封治安維持会からも50名以上が自発的に応援に出た。洪水は中牟を中心として幅約20Kmにわたり、5m弱の高さを持った中牟城壁は30cm程度を残すだけとなった。幸い線路が高い所に位置していたため、住民は線路伝いに徒歩で東方に避難した。日本軍は筏船百数十艘を出して住民とともに救助活動を行い、同時に氾濫した水を中牟付近から別の地域に誘導するために堤防と河道を築いた。この惨状の中で日本軍には犠牲者・被害共にほとんどなかった。

    国民党軍は現場に近づく日本軍に攻撃を加えたほか、日本軍が住民と共同で行っていた防水作業を妨害した(日本軍の地上部隊は住民とともに土嚢による防水作業を行い、日本軍の航空機も氾濫した地区において麻袋をパラシュートにより投下してこれを支援したが、決壊地点の対岸にいた中国軍遊撃隊が麻袋の投下開始直後からその航空機と地上で防水作業中の住民に激しい射撃を加えたこともあった)。

    日本軍に救助された避難民は開封方面1万、朱仙鎮、通許方面5万、尉氏方面2万、その他数万であった。

    (中略)

    影響
    日本軍は武漢三鎮への進撃を一時停止せざるを得なかったが、進路変更により漢口作戦の発令から2ヵ月後の10月26日には武漢三鎮を占領した。

    黄河決壊による被害は「堅壁清野」という焦土作戦とともに、中国民衆をさらに苦しめることになった。農作物にも大きな被害を与え、さらに国民党側による食料調達(徴発)の為、農民は厳しい搾取を受けることとなった。もともと渤海に流れ込んでいた黄河が流れを変え東南方に氾濫し、いわゆる新黄河となって揚子江流域鎮江附近から黄海に注ぐようになったことで、それまで黄河によって潤されていた北支の田畑は夏になると乾燥して水飢饉となり、反対に中支の新黄河流域地方は毎年洪水に苦しめられることになった。黄河の流れは南側へ変わり黄海に注ぐようになったが、堤防が1946年から1947年にかけて再建されたことで1938年以前の流域に戻っている。堤防破壊の後遺症として1942年に河南省で干ばつが起こった際に飢饉が発生し、道端には凍死者と餓死者があふれ、飢えから屍肉が食べられたと伝えられる。
    ~~~~~
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E6%B2%B3%E6%B1%BA%E5%A3%8A%E4%BA%8B%E4%BB%B6

  • ◆日本人なら誰でも知っている「桃太郎」は、大和魂(勧善懲悪)のお手本だった。
    まんが日本昔ばなし 「桃太郎」
    http://www.youtube.com/watch?v=rRcnVJ3z8_k

  • ◆大東亜戦争では皇軍がアジア各地の植民地を解放したので、人種差別主義の米国が発狂しました。
    ◆発狂米軍は、野戦病院や都市の非戦闘員を爆撃、原爆を投下して老若男女を大虐殺しました。
    空襲で破壊された日本の大都市
    http://www.youtube.com/watch?v=VSck8fQS1tQ&feature=related
    ◆犯罪者が自分を正当化するためには、被害者を悪者にするしかありません。
    ◆↓米国が反日デマを捏造した証拠。 (5:28~5:44)
    日本とパラオ ~歴史を越えた友情~
    http://www.youtube.com/watch?v=cTRfPNEPR-A&feature=related
    ~~~~~
    アメリカの信託統治時代、歴史の授業ではアメリカで作られた教科書が使われ、日本人による「パラオ人虐殺事件」などが掲載された反日的歴史教科書もあったが、パラオの年長者が「そんな話はない」とにべもなく否定したため、この疑わしい史実はパラオには浸透しなかった。
    ~~~~~
    ◆米国は、日本、中国、韓国、北朝鮮の出鱈目な反日史観の黒幕です。
    ◆アジア諸国の連帯は米国が邪魔をします、軍需産業のお得意様ですから。
    ◆日本と隣国との友好接近は、領土問題や反日デマで邪魔をします。
    ◆日本政府に突然約束を破らせて、拉致問題をこじらせたのも米国の干渉だろう。
    ◆正義の基準は共存共栄、「大東亜共栄圏」も「八紘一宇」も正義です。
    ◆悪の基準はエゴイズム、「人種差別的植民地主義」も殺人強盗的革命も悪です。
    ◆大東亜戦争は悪と戦った大日本帝国の方に正義があります。
      ・・・ だからこそ、↓
    ■皇軍はアジア各地で歓迎され、今も感謝されています。
    大東亜戦争の真実  ~「全亜細亜の救世主」
    http://www.youtube.com/watch?v=UdpaTT5EYI0&feature=channel
    反日勢力が日本国民に知られたくない【大東亜戦争】世界の声 ~「神の軍隊がやってきた」
    http://www.youtube.com/watch?v=pJ9AH6zgd-o
    日本人は心優しき侍/世界から感謝される日本【独立アジアの光】 ~「日本兵士を讃える歌」
    http://www.youtube.com/watch?v=RntUs2gjM3g&feature=related

  • ☆抜刀隊☆1~6番まで歌詞付き・昭和天皇の模写☆
    http://www.youtube.com/watch?v=UJv0SRpdY3A

    ◆大和魂の本質は、勧善懲悪。
    ◆邪悪な人は、道徳教育に反対したり勧善懲悪を嘲笑したりしますが、聖徳太子の時代から見ても勧善懲悪は日本古来の伝統です。

    十七条憲法
    書き下し文(部分)
    六に曰く、悪しきを懲らし善(ほまれ)を勧むるは、古の良き典(のり)なり。(略)
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E4%B8%83%E6%9D%A1%E6%86%B2%E6%B3%95#.E6.9B.B8.E3.81.8D.E4.B8.8B.E3.81.97.E6.96.87.EF.BC.88.E9.83.A8.E5.88.86.EF.BC.89

    ◆勧善懲悪は大和魂の本質、邪悪な連中が日本を恐がる訳だ。
         ↓
    ◆【暗闇に棲む悪霊】は、光が恐い。
    ◆【中国の悪党】は、日の丸が恐い。
    ◆【韓国の愚民】は、旭日旗が恐い。
    ◆【米国の狂人】は、日本国が恐い。
    ◆【悪魔から嫌われる人】は、神の民。

    ◆[Demon living in the darkness] is afraid of light.
    ◆[Chinese villain] is afraid of the Japanese flag.
    ◆[Korean ignorant masses] is afraid of the sun flag.
    ◆[American maniac] is afraid of Japan.
    ◆[Person disliked by the devil] is people of God.

    ◆[在黑暗状态居住的魔鬼]光令人害怕。
    ◆[中国的恶徒]日本国旗可怕。
    ◆[韩国的愚蠢市民]旭日旗子可怕。
    ◆[美国的狂人]日本国令人害怕。
    ◆[被魔鬼讨厌的人]神的人。

    ◆【어두운 곳에 서무악령】은, 빛이 무섭다.
    ◆【중국의 악당】은, 일장기가 무섭다.
    ◆【한국의 우민】은, 욱일기가 무섭다.
    ◆【미국의 광인】은, 일본이 무섭다.
    ◆【악마로부터 미움받는 사람】은, 유태 민족.

    [ ● ] 対日恐怖症 Phobia to Japan 对日本恐惧症 대일 공포증

  • 反日勢力が日本国民に知られたくない【大東亜戦争】世界の声
    http://www.youtube.com/watch?v=pJ9AH6zgd-o
    「神の軍隊がやってきた」 "神的军队来临了"

    ◆大和魂の本質は、勧善懲悪。
    ◆邪悪な人は、道徳教育に反対したり勧善懲悪を嘲笑したりしますが、聖徳太子の時代から見ても勧善懲悪は日本古来の伝統です。

    十七条憲法
    書き下し文(部分)
    六に曰く、悪しきを懲らし善(ほまれ)を勧むるは、古の良き典(のり)なり。(略)
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E4%B8%83%E6%9D%A1%E6%86%B2%E6%B3%95#.E6.9B.B8.E3.81.8D.E4.B8.8B.E3.81.97.E6.96.87.EF.BC.88.E9.83.A8.E5.88.86.EF.BC.89

    ◆勧善懲悪は大和魂の本質、邪悪な者が日本を恐がる訳だ。
         ↓
    ◆【暗闇に棲む悪霊】は、光が恐い。
    ◆【中国の悪党】は、日の丸が恐い。
    ◆【韓国の愚民】は、旭日旗が恐い。
    ◆【米国の狂人】は、日本国が恐い。
    ◆【悪魔から嫌われる人】は、神の民。

    ◆[Demon living in the darkness] is afraid of light.
    ◆[Chinese villain] is afraid of the Japanese flag.
    ◆[Korean ignorant masses] is afraid of the sun flag.
    ◆[American maniac] is afraid of Japan.
    ◆[Person disliked by the devil] is people of God.

    ◆[在黑暗状态居住的魔鬼]光令人害怕。
    ◆[中国的恶徒]日本国旗可怕。
    ◆[韩国的愚蠢市民]旭日旗子可怕。
    ◆[美国的狂人]日本国令人害怕。
    ◆[被魔鬼讨厌的人]神的人。

    ◆【어두운 곳에 서무악령】은, 빛이 무섭다.
    ◆【중국의 악당】은, 일장기가 무섭다.
    ◆【한국의 우민】은, 욱일기가 무섭다.
    ◆【미국의 광인】은, 일본이 무섭다.
    ◆【악마로부터 미움받는 사람】은, 유태 민족.

    [ ● ] 対日恐怖症 Phobia to Japan 对日本恐惧症 대일 공포증

  • ◆中国民衆は日本軍を熱烈に歓迎した。
    ◆ The Chinese people welcomed the Japanese military ardently.
    ◆ 中国民众热烈欢迎了日本军。
    ◆ 중국 민중은 일본군을 열렬하게 환영했다.

    ーーーーー
    ◆下記文中の「●●」は「支」+「那」です、そのままでは投稿できません。
    ~~~~~
    本当の人民解放軍は日本軍だった

     また中国軍と日本軍の性格を大ざっぱにみるなら、次のように言うことができます。
     中国軍が通った地は至る所、はげたかの大軍が通ったように略奪されました。さらに彼らは占領地域を去るとき、日本軍に何も残さないようにするため、「焦土(しょうど)作戦」を取りました。
     つまり退却のたびに、道路や工場、橋、潅漑施設、その他の施設を次々に破壊したのです。そのため中国軍が通るところすべてが荒廃していきました。彼らの行動の特徴は、略奪と破壊だったのです。
     それによって中国経済は破壊され、農業も工業も壊滅的被害を受け、人民は苦しむばかりとなっていました。とくに悲惨だったのは、民衆の大半を占める農民たちでした。
     一方、そのあとにやって来た日本軍は、当初から農民たちの救済と、中国経済の再建に取り組んだのです。日本軍が占領した地域は、中国本土の人口の約四〇%、また耕地面積の五四%に及びましたが、日本はすぐにその地域での農業再建、道路や潅漑施設の復興、工場の再建などに取り組みました。
     日本は中国の住民の救済、治安維持、戦災復興などに取り組んだので、それまで軍隊とは匪賊にすぎないと思っていた中国民衆は驚き、日本軍を熱烈に歓迎しました。統率がとれ、略奪や悪事を働かず、民衆を救う軍隊というものを、彼らは生まれて初めて見たからです。
     本当の「人民解放軍」は中国軍ではなく、日本軍だったのです。
     日本が占領地域でとくに力を入れたのは、農民の救済でした。日本政府はすでに一九三八年に中国での農業復興の計画を発表し、実行に移しています。それは日本・満州・●●(中国)の三国が相携えて、互助関係を築くことを目的としたものでした。
     それにより、日本の占領地域での農業は飛躍的に増大しました。日本人技術者が中国農民に、日本の農業技術を提供していったからです。もちろん戦時下のため、悪戦苦闘はありましたが、それでも日本の努力は多くのところで実を結んでいました。

     農業だけでなく、軽工業、重工業などの再建にも取り組みました。日本はまた中国に鉄道を敷き、病院を建てました。疫病の多かった中国の衛生事情の改善にも努めました。さらに、絶望視されていた中国の製糸業を復興させたのも、日本の対中国投資によるものです。
     日本は、満州や、朝鮮、台湾などで行なっていた近代化建設事業を、中国でも、すでに日中戦争のさなかから始めていたのです。それによって占領地域のインフラ整備、産業の復興が行なわれました。
     日本政府の推計によると、一九三八年から終戦の四五年までの日本の対中国投資の累計は、約四七億円にも達していました。当時の日本の国家予算は約二〇億円ですから、どれだけ巨額かわかるでしょう。
     これは戦争に使ったお金ではありません。中国の国土と経済の復興に使ったお金なのです。このように、中国軍が各地を焦土化し、同胞を虫けらのように殺していたときに、日本は中国民衆の救済と、中国の近代化のために働き続けていました。
     中国人民の本当の敵は、日本軍ではなく、中国軍だったのです。中国軍は、蒋介石の国民党軍も、毛沢東の共産軍も、その頭の中にあったのは中国人民のことではなく、権力奪取のみでした。しかし日本は、なんとか中国を救おうと奔走していたのです。
     ですから、中国の老人でこの時代のことを体験した人々の中には、親日的な人々が大勢います。ふだんは中国政府の叫ぶ反日イデオロギーの中で大きな声では発言できませんが、彼らは当時の日本人が中国人にしてくれたことを知っているのです。戦後、日本人が中国大陸から引き揚げてくるとき、多くの日本人が帰りそこなって、そこに取り残されました(いわゆる中国残留孤児)。しかしそのとき、残留日本人を助けてくれた中国人たちがかなりいました。そうした中国人の多くは、戦時中の中国兵がいかに悪かったか、また日本軍が中国の民衆を助けたことを、よく知っていたので、日本人を助けてくれたのです。
    ~~~~~
    http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/rekishi05.htm

    ◆戦後も、日本は中国を支え続けています。
    対中ODA実績概要
    http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/data/chiiki/china.html

  • ◆皇軍は、害意と武器を持つ敵兵を攻撃するが、武器を持たない民間人を攻撃しない。
    ◆China軍は、害意も武器も持たない民間人を攻撃して侵略する。
    ◆韓国軍は、武器を使えない老人、女、子供を攻撃して虐殺する。

    ◆The Imperial Army attacks an enemy having malicious intent and a weapon, but does not attack the private citizen who does not have a weapon.
    ◆The China forces attack a private citizen having neither the malicious intent nor the weapon and invade it.
    ◆The Korean military attacks an old man, a woman, the child who cannot use the weapon and slaughters it.

    ◆皇帝军攻击有恶意和武器的敌兵,但是不攻击没有武器的一般市民。
    ◆China军攻击不是恶意武器有的一般市民,侵略。
    ◆韩国军攻击不能用武器的老人,女人,小孩,虐杀。

    ◆황군은, 해의와 무기를 가지는 적병을 공격하지만, 무기를 가지지 않는 민간인을 공격하지 않는다.
    ◆China군은, 해의도 무기도 가지지 않는 민간인을 공격해 침략한다.
    ◆한국군은, 무기를 사용할 수 없는 노인, 여자, 아이를 공격해 학살한다.

    ◆武士道  侵略道  虐殺道

  • <<
  • 145 121
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順