ここから本文です
  • 中国や、中国人のことについて、感情論抜きで、本当のことを知りたい方のために、在日15年の私が一所懸命ご案内します。最近の日本では中国は万悪の源といわんばかりに、いろいろな嫌中報道や記事があふれています。明日にも中国が崩壊するようなことを平気に言っている論客がゴロゴロいる中で、中国は崩壊するどころか、更に成長してきたという「奇跡」も、今や否定できようもありません。
    本当な中国はどうなっているのか、普通に理性のある日本人なら、今頃は反省しています。
    果たして中国は本当に世界を崩壊させる国なのか、中国の本質を正しくとらえることは、日本人がより賢く自国の利益を求める上でも、役に立つに違いありません。
     このタイトルを通じて、私の目線からみた中国の真相をでき限り、客観的に伝えていきたいと思いますが、ご意見があれば、是非遠慮なくご指摘ください。
    よろしくお願いします。

    ですから、率直な意見やご指摘は是非出してください。よろしくお願いします。

  • <<
  • 64 45
  • >>
  • 64(最新)

    ヨチヨチ 1月8日 19:37

    >>59

    >本国民は、靖国歴史観を信じるのは当たり前ですし、「犯我中華者、雖遠必誅」というのではありませんか。

    君も信じているのですか。

  • >>60

    >小説といっても、全く無根拠でもありません。私は遠藤先生のルーツを説明するために、彼女の体験をまとめた小説があることを言ったまでです。

    七歳の少女の体験ですか。まず、卡空か卡子か調べくて下さいよ。
    恩が知らずのバカ女しか見えないです。

  • >中国は、平和なのか、脅威なのか、まだ完全に定着した話ではありません。

    脅威ではありません。例の訓練です。大国として遠距離の能力を検証することは必要です。

  • >>57

    >ロシアとアメリカは常に日本を一周飛んでいます、日本の国民から警戒がありますか、

    日本はアメリカの保護の下に置かれています。警戒されないはずです。
    ロシアに対しては、警戒はしていると思いますが、ロシア脅威論は、もう定着した古い話です。
    中国は、平和なのか、脅威なのか、まだ完全に定着した話ではありません。
    確かにたくさん通過すれば、常態化にすれば、なれることもありますが、その時は、中国は脅威だという認識が定着した時だと思います。

    それが我が国の狙いですか。であれば、中国脅威論をなぜ気に食わないのですか。
    戦略目的と、やっていることと懸け離れていると言いたいです。

  • >>56

    >小説ですか、つまり無根拠のものと同然ですね。

    小説といっても、全く無根拠でもありません。私は遠藤先生のルーツを説明するために、彼女の体験をまとめた小説があることを言ったまでです。

  • >>58

    >考えは甘すぎます。根性を入れ换えるのは难しい、”狗改不了吃屎”です。

    ”狗改不了吃屎”と吐き捨てて、諦めますか?
    そういう根性無しの国民性だから、靖国歴史観のアマチュア達が未だに騒いでいるじゃないですか。
    中国からちゃんとした学者達が、国際的な学会で本格的に叩き潰さないと、一般の日本国民は、靖国歴史観を信じるのは当たり前ですし、「犯我中華者、雖遠必誅」というのではありませんか。
    南京大虐殺の言い訳している者を一人でもいいから、徹底的につぶして見せるべきです。

  • >>53

    >歴史問題について、私たちは、あまりにも道義的ばかりですぐに怒り心頭になりがちです。丁寧に緻密に専門性をもって、学術的に再起不能まで、殲滅してほしいです。そのためには、国の予算を動員して、しっかりした歴史研究者を育つことです。

    考えは甘すぎます。
    根性を入れ换えるのは难しい、”狗改不了吃屎”です。

  • >>55

    >こうして、日本の国民から警戒されることは、私たちにとってメリットのある話ですか。
    恐らく、中国脅威論の裏づけを与えてしまっているだけです。
    世界的に中国は脅威だと広まっている中、いつまでお金をばら撒いて強引に押し付けていくのでしょうか。
    自分の手で自分の首を絞っていると思いませんか。

    ロシアとアメリカは常に日本を一周飛んでいます、日本の国民から警戒がありますか、ロシアと米国が自分の手で自分の首を絞っていますか。慣れただけですよ。

  • >>54

    >作品は小説ですが、一定の加工はあると思います。しかし、本人はその体験で、反中国共産党になっ たと認めている以上は、それ以上事実を追及する必要はありますか。

    小説ですか、つまり無根拠のものと同然ですね。最近、明朝の妃様は香港に”穿越“に来たという劇があります、ちょっと面白いですよ。
    また、”共闘”も小説ですかね。

  • >>52

    >空母やら殲20は宮古海峡を通るのは公海内の無害通過で、何か行けないでしょうか。脅かすことは全くありません。前はそんなことがなかったと証明するだけと思います、常連で通過すれば、日本人もなにも言わないでしょう。

    こうして、日本の国民から警戒されることは、私たちにとってメリットのある話ですか。
    恐らく、中国脅威論の裏づけを与えてしまっているだけです。
    世界的に中国は脅威だと広まっている中、いつまでお金をばら撒いて強引に押し付けていくのでしょうか。
    自分の手で自分の首を絞っていると思いませんか。

  • >>52

    >遠藤氏は当時は7歳の少女でした、”卡空“に行けるかどうか疑問です。途聴道説の方が多いと思います。また、御宅は7歳のことはどのぐらいを覚えているか分かりませんが、遠藤は50歳のババで、本当に覚えているのでしょうか?

    遠藤 誉(えんどう ほまれ、1941年1月3日生れ)?ちょうど今日が誕生日ですね。
    作品は小説ですが、一定の加工はあると思います。しかし、本人はその体験で、反中国共産党になったと認めている以上は、それ以上事実を追及する必要はありますか。

  • >>52

    >一部、日本人(例えば、宮脇淳子教授)は満洲は清の父祖の土地で、清がなくなった時点に、満洲は無主の土地になった、そして日本軍がロシアから受け取った土地だと主張しています。

    もちろん、証拠と雄弁で言い負かすことから始まると思います。
    そもそも、清がなくなって消えたわけではなく、中華民国に受け継がれたわけですから、満州は中国の領土ということはできます。支離滅裂な論法でも、とことんと付き合って、追い詰めてやらなければなりません。
    私たちは、特に歴史については、詰めが甘いです。
    逃げ道がなくなって追い込んで、学術的に死刑を処するまで、追い詰めることが欠かせません。
    適当に逃がすから、禍根を残して、後々でわけの分からない言い訳をされます。
    歴史問題について、私たちは、あまりにも道義的ばかりですぐに怒り心頭になりがちです。丁寧に緻密に専門性をもって、学術的に再起不能まで、殲滅してほしいです。そのためには、国の予算を動員して、しっかりした歴史研究者を育つことです。

    靖国歴史観は、だたの負け犬の遠吠えでしかありません。ですが、遠吠えしている以上、殲滅しないと戦争はおわっていません。

  • >>51

    >ちゃー子(チャーズ)―中国革命戦をくぐり抜けた日本人少女〈上〉 文春文庫 文庫 – 1990/2
     2012年は再版じゃないですか
    この件について調べます。但し、長春包囲戦の時、”卡子”ではなくて”卡空“と言います、時間があったら張氏の《血紅雪白》を読んで下さい、また、台湾作家の龍応台も《大江大海1949》と書いてあります。この2つの本は反論がいました、特に有名なのは台湾作家李敖です。
    遠藤氏は当時は7歳の少女でした、”卡空“に行けるかどうか疑問です。途聴道説の方が多いと思います。また、御宅は7歳のことはどのぐらいを覚えているか分かりませんが、遠藤は50歳のババで、本当に覚えているのでしょうか?

    >今は、ネット、頻繁に人民解放軍の空母やら殲20とか脅かしていますけど、外交的に逆効果です。
     そのまま、軍国になることはないと思いますが、やり過ぎたらいつか本当にそうなってしまいます。

    空母やら殲20は宮古海峡を通るのは公海内の無害通過で、何か行けないでしょうか。脅かすことは全くありません。前はそんなことがなかったと証明するだけと思います、常連で通過すれば、日本人もなにも言わないでしょう。

    >歴史については、私たちは、ちゃんとした学者を集めて、ちゃんとした証拠を集め、立証していかなけ ればなりません。道義的に攻めてきたら、道義的に反撃します。証拠とか、研究とか詭弁している人に は、やはり証拠と雄弁で撃退しないといけません。証拠やら研究やら言い訳している人に対して、道  義的に感情的に謝罪を求めていては、アホらしくなりませんか。

    一部、日本人(例えば、宮脇淳子教授)は満洲は清の父祖の土地で、清がなくなった時点に、満洲は無主の土地になった、そして日本軍がロシアから受け取った土地だと主張しています。あなたはこの理論を認めますか。認めなければ、証拠と雄弁で撃退しないといけないと言いますか。

  • >>49

    >そうですか?大地の子は1995年に作られたが、恩を知らない遠藤の本は2012年出版でした。盗用の根拠はどこにありますか。

    ちゃー子(チャーズ)―中国革命戦をくぐり抜けた日本人少女〈上〉 文春文庫 文庫 – 1990/2
    2012年は再版じゃないですか

    一部パクリの可能性は高いと思います。ただ、盗用について議論するつもりありません。

    >これは彼らの自由と勝手です、我々は彼らに従って歴史も隠す必要がありません。一応独立人格を持っている人です、彼ら達の奴隷でもありません。

    戦後の日本は、歴史の認識ついては私も問題があると思います。
    但し、少なくても結果として、今の日本人は戦争を起こすような国民ではありません。少数の一部が戦争できようと努力していますが、本気で自分の命で戦争したい人は極わずかです。
    歴史は、ともあれ、時間は日本ではなく、私たちの味方です。
    焦って押し付ける必要はありません。ほっといっても、いつかは向こうから近寄っています。
    今は、ネット、頻繁に人民解放軍の空母やら殲20とか脅かしていますけど、外交的に逆効果です。
    そのまま、軍国になることはないと思いますが、やり過ぎたらいつか本当にそうなってしまいます。

    歴史については、私たちは、ちゃんとした学者を集めて、ちゃんとした証拠を集め、立証していかなければなりません。道義的に攻めてきたら、道義的に反撃します。証拠とか、研究とか詭弁している人には、やはり証拠と雄弁で撃退しないといけません。証拠やら研究やら言い訳している人に対して、道義的に感情的に謝罪を求めていては、アホらしくなりませんか。

    そういう喧嘩は、いつも堂々巡りで、終いには、汚い言葉で罵倒してうっぷんはらいになってしまい、日本のネット右翼の思いつぼにはまるだけです。正直見ていて歯がゆいです。
    むかつくなら、政府に事実解明にもっと予算を出せて、しっかり言い負かせるようにしてほしいです。

    素人同士で罵りあっては、あちらの思いつぼです。

  • >>42

    >2015年ごろは、日中友好を語るワシに、アホ馬鹿と罵った日本人がおった。
     2年経った今、どうやら、すっかり消えた。
     そして、今日のニュースで、日本人は、日中関係を悪いと思う人は、なんと40%台に激減したそうだ。
     まあ、どうやら、日中関係は、2015~2020年迄の警戒緩和というワシの軌道に乗ったようだ。

    日系は中国需要よりお金を儲かりました、それ以上いう必要がありますか、一応経済動物ですからね。
    2020年までは確かに賢明ですね、GDP超えされた憤怒が段々なくなりました。火山の噴火は確かに怖い
    が、暫く経ったら、受けるしかないと同様です。存在=合理。

  • >>28

    >大地の子という本をご存知ですか。日本の残留孤児の話で有名の小説です。
    >その小説は、遠藤先生の『卡子(チャーズ) 中国建国の残火』をひどく盗用した疑いらしいです。

    そうですか?大地の子は1995年に作られたが、恩を知らない遠藤の本は2012年出版でした。
    盗用の根拠はどこにありますか。
    取り合えず長野とかに行って調査して下さい。

    >今の日本人は、とにかく我が中国を怖がっています。

    これは彼らの自由と勝手です、我々は彼らに従って歴史も隠す必要がありません。一応独立人格を持っている人です、彼ら達の奴隷でもありません。
    勿論、世の中、遠藤、石平みたい、どんぶりの為に暴言をいう奴がいてもおかしくありません。お宅はまだ若いから、このトラップに落ちないようにと祈ります。

  • >>25

    延安はどこにあるか分かりますか。山西省と太行山を知っていますか。さすが商宝宝ですね、日本鬼子はこれを超えて飛んで行けますか。
    右翼はいつ毛沢東の皮肉の〝感謝論”を引用して侵略を正当だと強調しています。もし、この親筆の手紙があれば、そんな必要がありますか。二戦の歴史を見ると捏造が多いものです、イギリスの“マーティン上佐”事件はご存知ですか。
    日本軍は中国を滅国滅族したいです。中国の諺ですが、〝皮之不存,毛将焉附?”、私も知っていますが、偉い人は知らないですか。
    本当にイワシの頭も信じの商宝宝さんですね。

  • >だから、金持ちの味方ーあ自民党に票を入れるしかありません。

    貧乏人がどこに票を入れようとそれはそれでいいのですが、
    己で票を入れた党の悪口を言うのが解せないのです。
    政府が問題を起こすと、やれ自民党はけしからん、なってないと批判する。
    その党に票を入れたのは誰ですかと言いたいのです。
    票を入れたのなら、批判するのではなくむしろ弁護すべきでしょう。
    我ながら無責任極まりない国民性であります。

  • >>45

    朝鮮半島は戦争になりますか。
    タイで不倫旅行でお忙しいと思いますが、沈兄貴の意見を聞きたいですね。よろしくお願いします。

  • >>44

    >はずれも結構ありましたが、素直におめでとう一言申し上げます

    本当に素直なら、はずれなんかいうな。

  • <<
  • 64 45
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン