ここから本文です
  • 最近のマスコミをはじめ、評論家という馬鹿どもや馬鹿な政治家たちは、憲法第9条を始め防衛についてすでに70年近く議論をしてきたにもかかわらず、いざ安倍首相が集団的自衛権の採用を言いだすと、今提出するのは゛前のめり”だとか”稚拙”だとかいう馬鹿どもがいる。
    何時になる丁度いい時期ということになるんだよ。
    中華思想の国、中国と朝鮮が戦争を仕掛けているし、もっと言えば、中華思想では日本が中国や朝鮮からすると、目の上のタンコブであって、日本国民を地球上から抹殺しようと言っているこの2国。それでも日本は我慢をしなきゃいけないのか!!!
    日本は第2次大戦で、戦争はしないようになればそれでいいのにもかかわらず、今では中国と朝鮮が、日本だけを狙った戦争をしかけていることは誰が見ても明らか。
    中国も朝鮮も、自由で民主主義で人権を認める国であれば、戦争をする必要はないんだよ。憲法9条も改正をしなくていいんだよ。
    ということは、中国と朝鮮が自由と民主主義と人権が認められるまでは、日本は集団的自衛権を持っておく必要があるんだよ。
    日本の左翼は、中国や朝鮮に踊らされていることを辞めないと、日本国を保つことはできないし、日本が今の中国や朝鮮の様な後進国になってもいいと言うのだろうか?

  • <<
  • 11 1
  • >>
  • 日本国は侵略戦争はしないが自衛戦争はする。日本国は侵略のための武力は持たないが自衛のための武力は有する。それだけ。簡潔。誰にも判りやすい。別の解釈はできない。某番組で
    憲法学者の竹田恒泰さんが仰ってました。スッと頭に入ってくる内容でした。

    ここにきて集団的自衛権に反対する者、慎重論を唱える者は日本や東南アジア諸国が晒されている危機をまったく理解できていないか、理解しようとしていないのか、理解してても中韓に肩入れしているのか(見返り期待してか戦後の負け犬教育を忠実に支持する頭か)そういう連中でしょう。

    公明党、野に下りなさい。今の日本にあなたたちは不要です。今の日本に悪影響しかもたらしません。党首自ら中国に出向いていって尻尾を振るような政党は今の日本にはいりません。

    自国を守る事に腐心する事は右翼思想とは言いません。国民としてあたりまえの考えです。
    自分の家にセキュリティシステムを設置するだけのことです。泥棒が出入りできる家など
    住めたものじゃないですよね。

    中韓のようなならずもの集団に対して「対話」など成立しません。「ゆすり」「恫喝」
    「捏造」と「嘘」を繰り返し、狙いを付けた国家の地位を貶め、その国家の財産を掠め取る
    のが常套手段なのです。そう、奴らは泥棒なのです。
    メディアにおいては工作員をマスコミに入り込ませ、或は評論家として或は大学などで教職
    に就かせた者をTV番組に出演させて「捏造」ネタによる他国の批判や自国の弁護と自国に
    都合のいい情報を徹底して流布するやり方を実践しています。
    ある意味、このような国益にならない侵入者を浄化(強制送還)するのも必要だと思います。
    そして日本人が日本国のために今何をすべきか、その先に真の平和と安寧を見いだす事が
    できるかを真剣に考えられる環境を作り出さなければなりません。

    安倍首相にはまずならず者達に対する先進j国・文明国としての毅然とした態度を今回の
    集団的自衛権の解釈見直しで示してもらいたい。これを断固支持する。

  • >>8

     確かに尖閣列島への中国の侵攻(漁民の上陸か?)は現実性を帯びてきていますネエ。

  • >>4

    例えばイランとイラクとかに出かけるとき、アメリカとともにと言うから、アメリカが嫌いな人がいるんで、戦争は嫌だとなるが、国連軍として出かければいいんですよ。その時、日本が最前線なんかに行けるわけがないですよ。
    軍隊の戦線のリードは、アメリカ軍とユーロ軍ですよ。
    ところが、日本が中国と朝鮮に戦争を吹きかけられた時、まずは日本が軍隊を出して、あとはアメリカ軍とユーロ軍、その他東南アジア軍にお願いをしないと、中国と朝鮮と日本は対等に戦えないことは火を見るより明らかですよ。
    この状態で、アメリカ軍やユーロ軍を最前線に出して、日本が後ろで酒でも飲んでおれるかということですよ。日本人としてそんな恥ずかしいことはできないし、そんなことをしたら、世界から貿易もしてもらえないことになるんですよ。
    結局、日本を戦争から守るためには、戦争をしないと言うことではなく、軍備をしておいて、自由主義国と連携が出来るような外交をするということです。
    何回もいいますが、中国も朝鮮も日本に戦争をしかけて来なければ軍備などしなくていいんですよ。日本の人は判ってるのかな?
    領土が取られたり、嘘の歴史の押しつけや、日本人をすべて抹殺するという報道がまかりとおっている中国と朝鮮には、何とか対抗をする軍備が必要であります。
    日本は、例え極右になっても、単独で戦争はできないに決まっているんだから、左翼の連中は今の崩壊しかかった中国と朝鮮に踊らされているだけだよ。
    中国が早く自由で民主主義で人権を認めた国になれば、日本は軍備をしなくてもいいくらいなんだよ。

  • >>4

    >そもそも例えば、アメリカがアフガニスタンやイランなど戦争状態になった時、日本人はアメリカとともに戦う心の準備があるのでしょうか?

    せんそうするきないし、やめたほうがよい。
    王制の頃はイランと友好的に付き合っていたよね。

  • >>2

      同感。こちらが侵略された場合に助けてもらう国であれば、その国の戦争の時に日本が助けるのは当然。その線引きが当然必要になるし、そもそも例えば、アメリカがアフガニスタンやイランなど戦争状態になった時、日本人はアメリカとともに戦う心の準備があるのでしょうか?

並べ替え:
古い順
新しい順