ここから本文です

なぜ、1964年のオリンピックが秋に開催されたのかわかりません。しかし、開会式の真っ青な空は未だ忘れられません。スポーツには真夏よりは秋が向いているんですが,その後のオリンピックはいつも真夏に行われています。夏休みを利用出来て集客が期待出来ると言うことらしいんですが。東京の昨今、真夏は厳しいです。

それにしても少年だった僕にも感動的なオリンピックでした。世界には色んな国があるんだなとか、色んな人種がいるんだなと言うことを実感しました。日本人の目が初めて世界に向いた大会でした。横浜も整備されて、戦災の跡地などが急激に整備されました。僕の子供の頃は焼け跡や米軍基地が目立ちました。

一昨日帰国したら真夏のような日々,今朝はちょっと涼しいですが晴れていて日中はまた気温が上がるとか。

僕は鮮明に1964年の10月10日を覚えております。

  • >>11104

    ZAPさん、無事お戻りになられたようで、また旅行記を楽しみにしています。
    確かに前回の五輪は10月10日からでしたが、今は7-8月と言うことで選手が大変ですね。10月10日決まったのは、最も気候が良く快晴率の最も高い日と言うことで選ばれたのを覚えています。しかし五輪が段々商業主義になり、競技種目(サッカーなど)によってはシーズンを中断してまでやるのに反対意見が強いらしく、自然に夏に行うようになってしまったようです。昔と違い五輪も権威が落ちてきたと言うところでしょうか?
    ではシシリーなどのお話をお聞かせください。

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ