ここから本文です
  • <<
  • 35 16
  • >>
  • ~~~~~
     【スティーブンスの発言】
     明治41年3月22日、サンフランシスコに居住する朝鮮人張仁煥らは、米国に帰国した韓国外交顧問ドーハム・スティーブンスの発言を記した新聞記事に激怒します。記事は次のような談話を載せていました。
     
     「朝鮮王朝、朝鮮政府は腐敗堕落しており、国民は搾取をされている。その国民は暗愚である。これでは独立国たる資格はなく、先進的な日本の統治を受けなければロシアの植民地となっただろう。伊藤統監の統治政策は朝鮮人にとって有益で、朝鮮人は反対していない」。
     
     これは韓国の状況を知る者ならば、誰もが抱く常識的な見解です。張らはスティーブンスに発言の撤回を求めますが、これを拒否されました。そして、張はスティーブンスの殺害を決意。3月23日、駅に向かったスティーブンスは張らに銃殺されました。この事件を知ったウラジオストク居住朝鮮人安重根は、伊藤博文がスティーブンスにこのような発言をさせたと考えました。そして、諸悪の根源を絶つとして伊藤博文の暗殺を決意しました。
     
     【伊藤博文暗殺】
     明治42年(1909年)6月、伊藤博文は韓国統監を辞任します。10月26日、前韓国統監伊藤博文は日露戦争後の交渉のため、ロシア蔵相コフツォフとの会談に向かいます。そして満州ハルピン駅で下車した際、安重根に銃で7発撃たれ、そのうち3発を受けて亡くなられました。午前10時、享年68歳でした。
     日本国中が「伊藤博文暗殺事件」に激怒します。大韓帝国は日本の報復に震え上がりました。李容九は驚愕し、「韓国を滅ぼすものは天か」と嘆きました。伊藤博文は明治政府最高の政治家であり、天皇陛下の信任も厚い一流の人物です。彼を暗殺したのですから、日本が報復攻撃に出ることも十分に考えられました。日本軍はロシア軍に勝利したアジア最強の軍事大国です。戦えば大韓帝国は間違いなく滅亡します。
     10月27日、韓国皇帝純宗は直ちに「公はわが国に忠実正義をもって臨み、骨を長白山に埋めて、韓国の文明発達に尽くすと揚言していた。実に伊藤はわが国の慈父である」との声明を発表。伊藤博文に哀悼の意を示します。
     10月28日、明治天皇は韓国皇太子の教育係を岩倉具視とする勅命を発せられました。純宗は大変に喜び、「伊藤を失ったことは、わが国と言わず、日本のみならず、東洋の不幸である。日本の天皇は唯一の重臣にして大師の伊藤を亡くされた。それなのに伊藤を害した凶徒を出した国の皇太子を、あくまでも輔育する誠意を見せた。山よりも高く海よりも深い恩義ある日本皇室にどう感謝の意を表すべきだろうか」との声明を発表しました。
     11月4日、日比谷公園にて伊藤博文の国葬が行われました。同日、一進会は独立館にて伊藤博文の追悼会を催しました。
     
     【日韓併合】
     明治43年(1910年)2月4日、一進会は明治天皇と曾禰荒助統監、韓国皇帝、李完用首相に日韓合邦の上奏文、嘆願書を出しました。民間人までもが日本の報復を恐れ、いっそ先に併合されたほうが安全だと考えたのです。
     明治政府は逆に慎重な姿勢で事件に望みました。最早、大韓帝国の自主独立は望みません。このような国と同盟を結べるはずもないのです。いっそのこと、日本が韓国を併合したほうが良いという意見が主流となりました。しかし、列強は併合を侵略行為として反対するかもしれません。日本政府が恐れたのは列強の反応でした。
     欧米列強は日韓併合を正式な外交交渉によるものと認めました。すでに大韓帝国は大日本帝国の保護国であり、保護国が併合されることは当時の情勢では当たり前の事でした。むしろ、極東の安定のために早急に併合すべきとの意見さえ挙がり、大韓帝国時代の通商条約が継続されるならば問題はないとの結論に達したのです。
     こうして「日韓併合」は列強との合意の上で進められ、当時の国際法に抵触することなく合法的に実施されました。併合に反対する曾禰統監は更迭され、後任に寺内正毅が就任しました。
     
    ~~~~~
    http://www.geocities.jp/huckbeinboxer/kokubou006.html
    ◆安重根のテロは日韓併合を促進した。

  • ~~~~~
     【ハーグ密使事件と韓国皇帝高宗の退位】
     明治40年(1907年)6月、万国平和会議に際し、韓国皇帝高宗は三人の密使を派遣し、第二次日韓協約の無効を各国の公使に訴えました。密使は会議に出席しようとしたが、外交権が無いとして拒否されます。これを「ハーグ密使事件」と言います。
     激怒した日本政府が高宗を糾弾すると、高宗はそのような命令を下したことはないと述べます。高宗に裏切られたと激怒した伊藤博文は韓国に宣戦布告も辞さないという抗議文を出しました。
     7月6日、韓国で会議が開かれ、高宗は農商工部大臣宋秉畯から責任を追及されます。宋秉畯は明治14年、金■均と共に日本を視察した経験があります。妻は日本人であり、朝鮮屈指の知日家でした。
     高宗は国民の血税をハーグ密使事件に費やし、卑怯な振る舞いで伊藤統監の善意を裏切った。これまでも13度も狡猾な手段で日本を陥れようとし、それが失敗すると必ず重臣に罪を被せた。死罪となった重臣は数知れない。ハーグ密使事件で背信行為は14回目。大韓毎日申報に日本を非難する記事を書かせたことで背信行為は15回目である。伊藤統監は寛大だが、それにも限度がある。日本政府は皇帝の責任を追及するだろう。日本にて天皇陛下に謝罪するか、長谷川好道朝鮮軍司令官に謝罪するしかない。それとも日本に対し宣戦布告するつもりか。
     高宗はこうした諫言を受け入れず、宮廷の奥に逃げ隠れます。韓国政府は全ての責任は皇帝にあるとして、日本への謝罪のために皇帝に退位を求めました。李完用首相は朝鮮王室を守るには高宗の退位しかないと上奏。こうした会議の内容を知った韓国国民は、国賊李完用を殺害するべきと憤ります。
     一方、高宗は伊藤博文に退位の要求は不当だと訴えました。伊藤は事件の証拠が日本側に移っており、欧米も事件を知っているため責任を免れることは出来ないと高宗に伝えます。ただ、退位に関しては韓国国内の問題だから関与することは出来ないと述べました。
     7月18日、韓国で御前会議が開かれました。宋秉畯らは高宗が退位に応じない場合、自決しようと拳銃を持参しました。高宗が退位を拒むと、宋は高宗に自決を要求します。それしか朝鮮王室を守る道はないと最後の諫言を行いました。高宗が退位しなければ閣僚は自決して責任を取ります。しかし、それでは韓国は救われません。しかし、高宗が自決すれば韓国は救われます。高宗は震え上がり、次男純宗への譲位に応じました。
     明治40年7月20日、純宗が二代韓国皇帝に即位。同日、韓国で暴動が発生しました。李完用首相の邸宅も放火されました。7月24日、「第三次日韓協約」が締結されます。これによって旧式の韓国軍は解散され、新たに徴兵制を施行した近代的な軍隊を創設しようとしたのです。
     解雇された下士官らは民衆や儒学者らと結び、暴動を起こしました。一進会は親日派として暴徒に攻撃を受け、966人が殺害されました。一進会の会員は弁髪を切っていたため、他の朝鮮人と区別が付きやすかったのです。暴徒は総計14万人に及び、日本軍との軍事衝突は大小合わせて2800回以上に及びました。その結果、1万4000人の暴徒が討たれました。
    ~~~~~
    http://www.geocities.jp/huckbeinboxer/kokubou006.html
    ◆韓国皇帝高宗の背信行為。
    ◆韓国人は、箸にも棒にも掛からない。

    ※箸にも棒にも掛からない :=ひどすぎて、とりあつかうべき方法がない。(新選国語辞典)

  • ~~~~~
     【韓国の保護国化】
     日露戦争後も韓国の有力者は親ロシアに傾いていました。鴨緑江付近などは依然、ロシア軍の勢力下にあります。日本では韓国を保護国とし、改革を成功させてから独立させようとする案が挙がります。
     また、韓国を併合して日本の領土にすべきとの意見も挙がり、世論は分かれました。ルーズベルト米国大統領は韓国の保護国化を進めるべきとしました。イギリスも日本の対韓国政策に異議を挟まないとしました。
     列強の様子を見た上で、遂に日本政府は韓国の保護国化を決意。明治38年(1905年)11月、伊藤博文が全権大使となり、明治天皇の親書を携えて訪韓。高宗は伊藤博文に国家としての体面だけは残して欲しいと哀願したと云います。
     11月27日、韓国側は御前会議を開き、保護国化を拒むことを議決します。しかし、伊藤博文は韓国側の閣僚を説得し、日本の保護国化に賛同させました。高宗も保護国化に賛成し、韓国の国力を蓄えるための措置として保護国化が決まりました。これにより「第二次日韓協約(乙巳条約)」が締結され、韓国の外交権は日本に移りました。
     
     
     
     【初代韓国統監 伊藤博文】
     明治39年3月2日、伊藤博文は初代韓国統監に着任。日本は韓国を支配せず、保護国化によって近代化を促していく。それが伊藤の方針でした。この方針は日本国内で不満を生み、韓国本位で物事を考え過ぎると非難されました。
     

     【伊藤博文の心情】
     伊藤博文は韓国の自立を強く望んでいました。明治40年5月30日、韓国政府に対し、次のような檄文を叩きつけています。
     
     「凡そ国家は自ら独立するの要素なくして単に他国のみによりて立ち得るものに非す。今日の如くして進まむか、夫れ韓国を滅するものは他国に非ずして韓国自身ならむ乎。故に諸君は反復表裏なく専心一意韓国の為に謀らざるべからず。自分は諸君を助け、韓国をして自立せしめ得る様尽力しつゝあり、然るに韓人は日露戦争の如き大激戦を目撃するも尚覚醒せざるは何事ぞや。」
     
     「日本は朝鮮の独立を望み、彼の条約を締結せり。故に韓国を強いて独立国なりと言わしめたるは日本なり」
     
     「日清の役にて韓国は清国の覊絆を脱したり。ロシアの、手を韓国に伸ばすや、之を拒まず、韓国の独立を謀る者は却って之を嫌悪し、遂に日本をして韓国のために露国と干戈相見るのやむなきに至らしめたり。故に今日外交権を日本の掌中に収めるは当然なり、何となれば之を依然として韓国の手に存せんか、韓国はいつまでも列国の競争場となり」
     
     「それ韓国を滅するは他国にあらず、内外の形成を察知せず、無謀軽挙を事とする韓人なり」
     
    ~~~~~
    http://www.geocities.jp/huckbeinboxer/kokubou006.html
    ◆韓国は独立国になりたくなかったようですね。

  • (続き)~~~~~
     しかし、全員いかに努力奮戦するも衆寡敵すべくもあらず、刻一刻味方の減少するのみ、ついには繊弱なる同胞婦人に至るまで、戦死せる犠牲者の小銃、短銃を手にし、弾はかく込めるものぞ、銃はいかに射つものなるぞと教わりつつも戦線に加わり、無念骨髄に徹する敵に対し勇敢なる最後の抵抗を試み、ことごとく壮烈なる戦死を遂ぐ。かくてもはや人尽き、弾丸尽き、力尽き、人力のいかにすべきやうもなくなお生存の健気なる婦人または身働きの出来る戦傷者は、なんすれぞ敵の侮辱を受けるものかと、共に共に猛火の裡に身を躍らし、壮烈なる最期を遂げたり
     
     『大正9年6月13日付 「時事新報」』
     南北一里半東西二里半の尼港全市はペチカの煙突のみ焼け残り、一望荒廃、煉瓦造りの家屋は爆破され崩れ、木造家屋は跡方もなく焼失せり。電柱は往来に焼け落ちて、電線は鉄条網のごとく彼等の足に絡み、焼け跡には婦人の服、靴、鍋、子供の寝台など散乱せり。監獄は市の北部にあり。余等は直ちに焼け残れる一棟に入る。まず異臭鼻を突くに、一同思わず顔を背けざるを得ざりき。中は八室に別れ、腐敗せる握り飯の散乱せる壁に生々しき血液の飛び散れる、女の赤き扱帯の釘に懸かれるなど、見るからに凄惨を極む。最も落書の多かりしは二号室にて、「大正九年五月二十四日午後十二時を忘れるな」と記し、傍らに十二時を指せる時計の図を描きあり。また「曙や物思う身にほととぎす」「読む人のありてうれしき花の朝」等数句の俳句を記し、また「昨日は人と思えども、今日は我が身にかかる」「武士道」等の文字、白ペンキ塗りの壁に鉛筆を以て書かれあり。特に悲惨なるは、赤鉛筆にて五月十九日より六月二十三日までの暦日を数字にて表を作り、最初より二十四までは線を引きて消されあるもの、二十五日以下は消されず。これ二十四日夜、百四十名は監獄より曳き出されて、黒滝河畔に連れ行かれ、ことごとく刺し殺して河に投じられたるなり。
     記者一行は同胞の呻吟せしこの獄内に暫く低徊の後、出でて黒竜江河畔に赴く。造船工場の前におよそ二百坪の空地は一面に血潮に染められ、色既に黒し。これ皆我が同胞の血!
     縛めの縄にべっとり付着せる、また鮮血を拭いたる縮みのシャツ等、陸に引き揚げられ、舷におびただしき血潮の飛び散れるなど、眼も当てられぬ惨状なり。同胞が恨みを呑んで毒刃に殪れしこの汀!
     余等は一歩一歩同胞の血潮を踏まざれば進むを得ざるほどなり。
     余等はそれにより津野司令官を訪う。津野少将は涙を浮かべ「我が同胞は一名も残らずことごとく死にました。同情に堪えません。ただその中一人として卑劣な行いもなく、最後まで屑かったということだけは嬉しいです」と。
     
     『「明治大正国民史」 白柳秀湖著』
     「七百の同胞は老幼男女を問わず、悪獣の如き共産パルチザンの手にかかり、永く黒竜江上の煩鬼と化した。この時、彼等が無辜のわが居留民に対して加えた陵侮残虐の甚だしき、世界に人道の存する限り、如何なる歴史家も到底これを筆に上すに忍びないであらう」
    ~~~~~完
    http://www.geocities.jp/huckbeinboxer/kokubou007.html
    【共産主義者による日本人大虐殺 尼港事件(にこうじけん)】続き

    尼港事件(にこうじけん)
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%BC%E6%B8%AF%E4%BA%8B%E4%BB%B6

    尼港事件
    http://www.geocities.jp/kazenofukuokacity/page017.html
    尼港事件国内で沸騰する
    http://www.geocities.jp/kazenofukuokacity/page020.html

  • ~~~~~
    【共産主義者による日本人大虐殺 ニコライエフスク港事件】
     ロシアのニコライエフスクには守備隊を含む700余名の日本人が居住していました。ロシア、支●、朝鮮のボリシェビキ軍4000名は、連合国軍がシベリアから撤退するとニコライエフスクを包囲。講和条約を結ぶとして日本人守備隊を油断させ、その隙に港を襲撃。民間人に対して大量虐殺を行いました。
     大正9年(1920年)3月12日、守備隊は遂にボリシェビキ軍と交戦。その大半が戦死し、40余名が投獄されました。5月24日、捕らえられた140余名の日本人は黒竜江河畔にて全員処刑されました。共産主義者による初の日本人虐殺事件「ニコライエフスク港事件(尼港事件)」です。
     日本政府は雪解けの時期まで救援隊を送ることが出来ませんでした。石田副領事夫妻を含む民間人384名(女性184名)。軍人351名。計735名もの犠牲者を出しました。これは確認出来た犠牲者の数であり、他にも多数の日本人が殺害されたと思われます。
     ニコライエフスク港事件により、日本政府は強烈な反共産主義の意識を持ちました。ボリシェビキ軍が日本本土に上陸すれば、尼港事件以上の大虐殺が行われるでしょう。共産主義者はロマノフ王朝を滅ぼしました。彼等は間違いなく陛下の身辺に危害を加えます。日本の共産主義化を断じて許してはなりません。それまでのロシア南下の脅威に加え、日本政府は共産主義者とも戦うことになりました。
     
     『大正9年4月20日付 「大阪毎日新聞」 海軍士官の手記』
     彼等過激派の行動は偶然の突発にあらずして、徹底的画策の下に実行されたものとす。すなわち左のごとし。
     第一段行動として、露国資産階級の根本的壊滅に着手し、所在資本階級者の家屋を包囲し、資産の全部を公然と略奪したる後、老幼男女問わず家人ことごとくを家屋内に押しこめ、外部より各出口を厳重に閉塞し、これに放火し、容赦なく火中に鏖殺し尽くしたり。
     第二段の行動として、親日的知識階級に属する官公吏と私人とを問わず、容赦なく虐殺、奪掠、強姦など不法の極を尽くし、第三段行動として獰猛なる彼らの毒牙は着々我が同胞日本人に及びたるなり。
     ここにこれが実例を指摘せんとするに当り、惨虐なる暴戻ほとんど言うに忍びざるものあり、敢えてこれを書く所以のもの、すなわち犠牲者の尊き亡霊が全世界上、人道正義のため公言するものなり。深くこれを諒せよ。
     公然万衆の面前において暴徒悪漢群がり、同胞婦人を極端に辱かしめて獣欲を満し、なほ飽く処を知らず指を切り、腕を放ち、足を絶ち、かくて五体をバラバラに斬りきざむなど言外の屈辱を与え、残酷なる弄り殺しをなせり。
     またはなはだしきに至っては馬匹二頭を並べ、同胞男女の嫌ひなく両足を彼此の馬鞍に堅く結び付け、馬に一鞭を与えるや、両馬の逸奔すると同時に悲しむべし、同胞は見る見る五体八つ裂きとなり、至悲至惨の最後を遂ぐるを見て、悪魔は手を挙げ声を放ちて冷笑悪罵を浴びせ、群鬼歓呼してこれに和するに至っては、野獣にもあるまじき凶悪の蛮行にして言語に絶す。世界人類の公敵として天下誰か、これを許すものぞ、いはんや建国以来の民族血族においてをや。
     帝国居留民一同悲憤の涙を絞り、深く決する所あり。死なばもろとも、散らば桜と、一同老幼相携へ相扶け、やうやう身を以て領事館に避難し、その後市街における同胞日本人に属する全財産の掠奪はもちろん、放火、破壊その他暴状至らざるなし。しかりといへども軍人云わず領事館民と云わず飽くまで彼等と衝突を避くる事に注意し、切歯扼腕、堪忍自重す。しかるに彼等過激派はますます増長し、ついに領事館に向かって砲撃を加え、我が領事館は砲火のため火災を起こすに至り、もはや堪忍袋の緒も切れ万事休す。
     これまでなりと自覚するや、居留民男女を問わず一斉に蹶起して、自衛上敵対行動をとるに決し、男子と云う男子は総員武器を把って護衛軍隊と協心戮力、頑強に防戦し、また婦人も危険を厭わず、敵の毒手に斃れんよりは潔く軍人の死出の途づれ申さんと、一同双手をあげて決死賛同し、にはかに活動を開始す。
    ~~~~~(続く)
    http://www.geocities.jp/huckbeinboxer/kokubou007.html
    【共産主義者による日本人大虐殺 尼港事件(にこうじけん)】

  • ◆大東亜戦争では皇軍がアジア各地の植民地を解放したので、人種差別主義の米国が発狂しました。
    ◆発狂米軍は、野戦病院や都市の非戦闘員を爆撃、原爆を投下して老若男女を大虐殺しました。
    空襲で破壊された日本の大都市
    http://www.youtube.com/watch?v=VSck8fQS1tQ&feature=related
    ◆犯罪者が自分を正当化するためには、被害者を悪者にするしかありません。
    ◆↓米国が反日デマを捏造した証拠。 (5:28~5:44)
    日本とパラオ ~歴史を越えた友情~
    http://www.youtube.com/watch?v=cTRfPNEPR-A&feature=related
    ~~~~~
    アメリカの信託統治時代、歴史の授業ではアメリカで作られた教科書が使われ、日本人による「パラオ人虐殺事件」などが掲載された反日的歴史教科書もあったが、パラオの年長者が「そんな話はない」とにべもなく否定したため、この疑わしい史実はパラオには浸透しなかった。
    ~~~~~
    ◆米国は、日本、中国、韓国、北朝鮮の出鱈目な反日史観の黒幕です。
    ◆アジア諸国の連帯は米国が邪魔をします、軍需産業のお得意様ですから。
    ◆日本と隣国との友好接近は、領土問題や反日デマで邪魔をします。
    ◆日本政府に突然約束を破らせて、拉致問題をこじらせたのも米国の干渉だろう。
    ◆正義の基準は共存共栄、「大東亜共栄圏」も「八紘一宇」も正義です。
    ◆悪の基準はエゴイズム、「人種差別的植民地主義」も殺人強盗的革命も悪です。
    ◆大東亜戦争は悪と戦った大日本帝国の方に正義があります。
      ・・・ だからこそ、↓
    ■皇軍はアジア各地で歓迎され、今も感謝されています。
    大東亜戦争の真実  ~「全亜細亜の救世主」
    http://www.youtube.com/watch?v=UdpaTT5EYI0&feature=channel
    反日勢力が日本国民に知られたくない【大東亜戦争】世界の声 ~「神の軍隊がやってきた」
    http://www.youtube.com/watch?v=pJ9AH6zgd-o
    日本人は心優しき侍/世界から感謝される日本【独立アジアの光】 ~「日本兵士を讃える歌」
    http://www.youtube.com/watch?v=RntUs2gjM3g&feature=related

  • 【 正しい歴史認識 】
    ◆大日本帝国は韓国民衆を助けた。
    ◆大日本帝国は中国民衆を救った。
    ◆大日本帝国はアジア各地の植民地を解放した。

    [right history recognition]
    ◆ Great Japanese Empire helped the Korean people.
    ◆ Great Japanese Empire saved the Chinese people.
    ◆ Great Japanese Empire released colonies of Asian each place.

    [正确的历史认识]
    ◆ 大日本帝国帮助了韩国民众。
    ◆ 大日本帝国救了中国民众。
    ◆ 大日本帝国把亚洲各地的殖民地放掉了。

    【올바른 역사 인식】
    ◆ 대일본 제국은 한국민사람들을 도왔다.
    ◆ 대일본 제국은 중국 민중을 구했다.
    ◆ 대일본 제국은 아시아 각지의 식민지를 해방했다.

  • ■私の村は地獄になった
    ~~~~~
     虐殺を隠れて見ていた老人の話では、韓国兵は女性や子供を井戸に落とし、助けを求める声を無視して手榴弾を投げ込んだという。チャウは、盛り土をしただけの簡単な墓に家族の遺体を葬った。

     「殺されたのは女や子供ばかりだ。共産主義者なんかであるわけがない」と、チャウは言う。「韓国人は人間じゃない。目の前に現れたら、首を切り落としてやる」

     ベトナムで虐殺行為を犯したのは、韓国軍だけではない。アンリン郡から海岸沿いに北へ向かえば、六八年に米軍部隊が五百人以上の村人を虐殺したクアンガイ省ソンミ村がある。
    ~~~~~
    http://housai.iza.ne.jp/blog/entry/137289/

    ■「韓国人は人間じゃない。」

  • ■「実際に調査してください。」
    ~~~~~(続き)
    ⑩現在、多くの日本人女性が、韓国人や在日のプロパガンダに引っかかってこの運動に協力していますが、とんでもない話です。なぜなら、それは統一教会が今も行っている犯罪に加担することになるからです。繰り返しますが、私の姉みたいに、韓国に「商品」として送られた統一教会の日本女性信者はたくさんいます。もし私の話を疑うのでしたら、彼女たちがどんな悲惨な境遇でいるか実際に調査してください。彼女たちが事実上、奴隷にされていることが分かります。なぜこんな悲惨な話が日本のマスコミで報道されないのか、不思議で仕方ありません! 本当に、朝日や読売や毎日といった大新聞は、どうしてこんな現代の人身売買を世間に明らかにしないのですか!? 一体なぜですか!? どうしてテレビは日本人が被害にあっている実情を取り上げてくれないのですか!? 本当になぜですか? なぜなのですか?
    今この瞬間にも、多くの日本人の若い女性たちが、韓国の邪教に洗脳され、連れ去られ、一生、奴隷にされているのです! 私の姉を返してほしい!

    ⑪とりあえず、我が家が体験した悲惨な話をここで終わりにしたいと思います。
    私の体験談は、多くの日本女性にとって信じられない出来事でしょうが、すべて真実です!! 私は日本人女性を待ち受けている恐るべき罠の存在を世間に知らしめたいと考え、ここに書き込みました。
    おそらく在日の人や、韓国の大半の人は、まともな人なんだろうと思います。
    ですから私の話を聞いて、全員に対して偏見を持つようなことはやめてほしいと思います。しかし一部に、日本国と日本人に対して恐ろしい悪意を持ち、邪悪な行いを平気でする狂った人たちがいるのも事実です! そしてそういう行いがなぜか放置されているのも事実です。
    たぶん、私の発言を信じたくない人もいるでしょう。「証拠を出せ!」とか「どうせネタだろ!?」とか言われてまた傷つく思いはしたくありませんので、私はもうここには二度と現れるつもりはありません。信じる信じないは皆さんの自由だし、マスコミに出ない私の話を疑うのも結構ですが、しかしこれだけは言っておきます。すべて本当の話です!! 事実なんです!!
    ~~~~~
    http://members.at.infoseek.co.jp/nakapo/log_kaese.html
    http://mimizun.com/log/2ch/ms/1003978299/

    ◆統一教会は犯罪組織のようですね。
    ◆始めは良い言葉を並べて信用させ、信頼を得た後に嘘を教えて洗脳する。
    ◆外国の闇組織へ売られて、性奴隷、脅迫、暴行、死傷のケースもあるだろう。

    ■ 統一教会に騙された日本女性の実例 ■完

  • ■洗脳して人身売買
    ~~~~(続き)
    ⑦こうして私は失意を感じながら帰国しました。私は家族には、とてもではありませんが、姉の置かれた状況を正直に話すことは出来ませんでした。私の印象では、姉は呈のいい召使として韓国に売り飛ばされたように思えました。
    それからしばらく経った頃、姉から突然“親戚”の一人が日本に行くからめんどうみてやってほしいという連絡がありました。私も両親もうんざりしたのですが、断れませんでした。そして、粗野なプータロー風の若い男が来ました。
    その韓国人の男は、のっぺりした顔にまるでペンで一本の線を引いたような細い目をしていて、一見すると無表情に見えるのですが、感情の起伏が激しく、すぐに顔を茹でダコみたいに染めて怒鳴り散らしました。とくに食事中に膝を立てて、クチャクチャと物凄い音を立てて食べ、「キムチはないのか!?」とか「味が薄い!」などと、すぐに文句をつけてくるのには、あきれました。言うまでもなく、私はこの韓国人の男が嫌で嫌でたまりませんでした。ある時、「テンプラのつけ汁が薄すぎる! ケチってるな!? 客人であるオレ様を馬鹿にしてるのか!?」などと母に言いがかりをつけた時は、農薬でも飲ませてやろうかと真剣に考えたこともありました。そして、常々目つきがヘンだと思っていたら、ある晩、そいつは部屋に忍び込んできて、私の口を押さえ、レイプしようとしました。私は悲鳴を上げ、男の顔を引っかきました。私は男に力いっぱい殴られました。しかし、この件で激怒した父が男をたたき出してくれたので、結果的にホッとしました。

    ⑧そんな折、ソウルの留学生Aさんから、驚くような連絡が来ました。以下に、Aさんから聞いた話を要約して書きます。
    そもそもこの従軍慰安婦問題を社会的に提起したのは、「朝鮮と朝鮮人に公式謝罪と賠償をさせる」ことを運動の目標に掲げている「百人委員会」なる団体でした。この団体の在日韓国人と日本人主婦が、「被害者を探しに」韓国に行き、そして“被害者”を見つけて、裁判に訴えさせたそうです。しかし、その「性奴隷制度の被害者として最初に名乗りを挙げた勇気ある女性キム・ハクスン」なる人物は、実は日本軍兵士相手に売春して大金を稼いでいた単なる朝鮮人売春婦でした。しかし、この「百人委員会」は、そういった元売春婦ばかり探し出して、日本政府相手に訴えさせ、それを国内また国際的に宣伝し始めたのです。
    では、一体この「百人委員会」とはどんな団体なのか? 実は、統一教会の「アジア平和女性連合」という団体が母体となった二次団体だというのです! そしてその元売春婦の裁判を担当した●●●●弁護士も統一教会の信者であり、“被害者”を探しに韓国に出かけた日本人主婦もまた統一教会の人物だというのです!(むろん本人は否定しているそうです。しかしこれも統一教会の手口なのです。外部の人間に「統一教会の信者か?」と聞かれると「違う」で押し通せと命令されているのです)。彼らは「日本は悪魔の国で、メシアの国である韓国を苦しめた罪を償わなければならない」という統一教会の教義を信じて行動しているのです!

    ⑨そしてさらに、文鮮明と金日成が和解した92年以降は、この従軍慰安婦問題に朝鮮総連系の在日も運動に関わるようになり、北朝鮮の“ニセ慰安婦”が続々と現れ、「日本兵は慰安婦の首を日本刀で切り落として、それを煮て、煮汁を飲まされた」などと国際社会に言いふらしているのだそうです。
    では、そもそも統一教会がこの「性奴隷問題」をでっち上げたのなぜか? 理由は複合的で、日本と日本人の国際的信用を貶め、韓国に賠償金を払わせ、在日韓国朝鮮人の政治的立場を優位にし、さらに日本人女性を洗脳して「人身売買の商品」に仕立て上げるのが狙いだったのです! 日本女性に贖罪意識を植え付け、「自分が似た境遇になることで罪の償いをする」と信じ込ませるトリックが含まれていたのです! Aさんによると、事実、私の姉のように、このトリックですでに数千人の日本女性が統一教会の「人身売買の商品」に仕立て上げられ、とくに需要の多い韓国の田舎に売り飛ばされたそうです!
    私はこの話を聞いて、愕然としました。さらに(Aさんとは別の人から)あの辛淑玉も統一教会系の団体の講演などを引き受けていると聞いて、在日韓国朝鮮人という人たちが信用できなくなりました。どうやら、統一教会、その信者、朝鮮総連、在日人権運動家……等など、すべてグルだったのです! 本当は連中こそ、正義の仮面を被りながらその実、日本人女性を韓国の奴隷に仕立て上げるために活動している卑劣極まりない人たちなのです!
    ~~~(続く)
    http://mimizun.com/log/2ch/ms/1003978299/
    ■ 統一教会に騙された日本女性の実例 ■三

  • ■「強制連行なんて嘘に決まってる」・韓国人
    ~~~~~(続き)
    ④そして、姉は突然、ソウルの合同結婚式に参加すると言って、ついに我が家を去ってしまったのです。私は、姉を誘った在日韓国人の同級生に抗議しました。すると、彼女は一変して逆ギレしました。私が「あなた統一教会でしょ?」と詰め寄ると、彼女は「え? 何よ、それ?」しらばっくれました。しかし「あの文鮮明(ブンセンメイ)とかいう教祖、気持ち悪い人ね」と言うと、「な、なんですって!!!」と顔を真っ赤にして口から泡を吹いて喚き散らしました。
    やはり隠してはいますが、統一教会だったのです!
    それからしばらくは、家族で泣いてばかりでした。姉の身が心配でした。ほどなくして姉から連絡があり、韓国の田舎に嫁いだとのこと。とりあえずはほっとしました。しかし、すぐに姉から「お金を送ってほしい」「何々(大抵は電化製品)を送ってほしい」という手紙が頻繁に来るようになりました。どうやら、その田舎の“親戚”が姉を通じて我が家に「金をよこせ、物をよこせ」という要求をしているらしいのです。仕方がないので、家族は要求されるまま、送り続けました。
    一体、姉が韓国でどんな暮らしをしているのか疑問だったので、とりあえず私が姉の様子を確かめるために韓国に行くことになりました。その際、一人では危険だということで、八方手を尽くして、ソウル在住の日本人留学生Aさんを通訳兼ボディガードとして雇いました。

    ⑤私はそのAさんの案内で、姉の手紙に記されている住所をたよりに、韓国の田舎を訪れました。そこは日本の田舎とは大違いで、道も舗装されていなくて、とても前近代的な農村でした。その村の貧しい一軒に、姉がいました。姉は一応、私が来たことを喜んでくれました。まだ20代前半の姉の結婚相手は、40歳は超えているとみえる農家の後継ぎで、どう見ても無教養な田舎のブ男でした。その貧しい一家と私たちは、しばらく話をしました。私は失礼と思いながらも、結婚に対してやんわりと異議を唱え、姉に日本に返ってくれるように頼みました。途端、通訳のAさんは真っ青になりました。なんと、姉の結婚相手のブ男は「金を払ったんだから当然だ!」とうそぶき、下卑た笑みを浮かべながら「この倭女はいい体つきしているので、おれは得した」などと言っているというのです。私はその男に対し殺意さえ感じましたが、姉の身を案じて、黙って耐えるしかありませんでした。姉の返事も「日本人は韓国に償いをしなければならない」というもので、本人の話によると、朝から晩まで働いているそうです。通訳のAさんは、その一家の話を聞いて「ほとんど奴隷状態みたいですよ」と私に耳打ちしてくれました。

    ⑥結局、私たちは成す術もなく帰るしかありませんでした。ソウルの空港で別れるまで、Aさんは私にいろいろな話をしてくれました。例えば、ソウルには統一教会の日本人女性の奇妙な集団があって、朝早くから働いていることや、反日デモやパフォーマンスをしている(やらされている?)ことなどを教えてくれました。さらに、私が従軍慰安婦の話をすると、Aさんは、日本の植民地時代を経験した年配の韓国人から「強制連行なんて嘘に決まってる」という話を聞いたと語ってくれました。なんでも、あれは農村の貧しい一家が、生活のために自分の娘を朝鮮人の経営する売春業者に売り飛ばしたというのが真相で、それは日本を含め当時のアジアでは当たり前の現象であり、「日本軍がトラックを仕立てて娘を載せて拉致したなんて誰かの捏造だ、当時の誰もそんな光景を見ていないし、噂にも聞いたことがない」とその年配の韓国人は言ったというのです。私は「だとしたら、従軍慰安婦問題というのは誰かが何かの目的で作り上げたものかもしれませんね」と言うと、Aさんは統一教会がその問題を利用しているという私の話に引っかかるものを感じたらしく、「例の従軍慰安婦の訴訟を担当している●●弁護士に近い知人がいるから、今度聞いてみる」と言ってくれました。
    ~~~~~(続く)
    http://mimizun.com/log/2ch/ms/1003978299/

    ◆「日本軍がトラックを仕立てて娘を載せて拉致したなんて誰かの捏造だ、当時の誰もそんな光景を見ていないし、噂にも聞いたことがない」・韓国人
    ■ 統一教会に騙された日本女性の実例 ■続

  • ◆「従軍慰安婦の強制連行」は日本女性を苛める為に「統一教会」が捏造した反日デマです。
    ◆⑪までありますので、順番に・・・。
    ~~~~~
    ■■■韓国よ、私の姉を返せ!!!■■■

    ①すべての日本女性に対する心からの警告として、以下の体験記を記します。
    断っておきますが、私がこれから述べることは、すべて真実です!!
    私の姉、あの明るくて綺麗だった姉が、韓国と韓国人に関わってしまったせいで、事実上の奴隷として韓国に連れ去られてしまいました。
    と言うと、皆さんは「そんな馬鹿な!」と思われるでしょうが、実は驚くほど巧妙な手口で、すでに何千人という日本女性が同じ目にあっているのです!
    これからその卑劣な手口を明らかにし、すべての女性に対して注意を促したいと思います。繰り返しますが、ここで語ることは真実の体験ですので、茶化したり、「スレ終了」とか「スレ放置」とか書き込んで、全女性に対する私の心からの警告を妨害しないようにしていただきたいと切に希望します。
    あれはもう3年も前のことでした。
    「韓国の人と友達になったんだ」
    姉のこの一言がすべての始まりでした。当時、大学3年生の姉は、校内のベンチに座っているところを在日韓国人の同級生に話し掛けられ、すぐに仲良くなったのです。私もその人と何度か会ったことがあるのですが、最初に会った時は「礼儀正しくて感じのいい人だな」と思いました。なんでも彼女は平和運動をやっている団体に所属しているということでした。

    ②今思えば、この時に気付くべきでした。姉は彼女に誘われ、その団体の主宰している「カルチャー教室」に参加するようになりました。姉の話によると、なんでも「平和について学ぶ」とかいう講座で、ビデオを繰り返し見て、その後に講義を聴くものだったそうです。しかし、「平和について学ぶ」といっても、その内容は「日本人がいかに韓国人を苦しめたか」というものでした。そのような内容のビデオを延々と見て、その後に「日本人がいかにその罪を償っておらず、無責任な対応に終始しているか」という話を団体のスピーチ係から聞かされるのだそうです。
    ある日、姉は真っ青な顔で「日本軍は朝鮮の従軍慰安婦の人たち150人を並べて次々と首を切り落とし、その頭でスープを作って慰安婦たちに無理やり飲ませた……」と私に語りました。私もその話にショックを受けたのですが、同時に「なにか大げさだな」と疑問に思いました。
    そのカルチャー教室に出入りする内、次第に姉の様子が変わり始めました。姉は、「日本人に生まれてきたことが恥ずかしい」とか、「日本人は今すぐ韓国人に償いをしなくてはならない」とか、「日本の今の繁栄はすべて韓国の人たちの犠牲の上に成り立っている」とか、切羽詰った顔でそう繰り返すようになりました。そして学業そっちのけで韓国語の勉強を始めました。

    ③姉は「韓国に行って韓国語で韓国の人たちに謝りたい」と言っていました。私はそんな姉を見て「そこまでしなくても」と思いましたが、一方で「国際交流できていいなあ」というくらいにしか感じませんでした。ある日、姉から「あなたも韓国語を学びなさい」と言われました。「なぜ?」と訊くと、「韓国語は世界の共通語であり、人類史上もっとも優れた言語だから」と言うのです。私は「あれ?」と何か不審に思いました。そこで姉の部屋をこっそり調べてみると、「原理講論」という本や「堕落論」なるパンフレットなどがありました。それらの内容を読んで、思わず引きつりました。なんと「日本は悪魔に支配された国であり、世界の盟主である韓国を苦しめた罪人である」とか、「日本はエバの国で、アダムの国である韓国に尽くさなければならない」とか、「南北統一後の韓国がアジアの中心となり、ひいては世界の支配者となる」とか、そのような狂った内容が書き連ねてあったのです!
    このような気持ち悪い内容について、大学の先生に尋ねると、「そりゃ統一教会だ」と教えてくれました。そこで統一教会について調べ、両親とも相談して、脱会するよう姉に対して説得を始めました。しかし、すべては遅すぎました。
    姉は大学を中退して今すぐに韓国に行くと強硬に言い張りました。私たちが必死で引き止めると、「メシアであるお父様や、世界の盟主である韓国を侮辱する連中は悪魔だ!」などと逆に罵られました。私も両親も泣きました。
    ~~~~~(続く)
    http://mimizun.com/log/2ch/ms/1003978299/

    ◆日本を悪魔の国と教える統一教会の巣窟、大韓民国こそ悪魔の国です。
    ◆嘘を語って他人を苛める人間は、クズと言うより有害人種、悪魔の民です。
    ■ 統一教会に騙された日本女性の実例 ■始

  • ~~~~~
    ベトナム戦争時

    韓国の性政策

    ベトナム戦争に参戦するにあたり韓国政府は朝鮮戦争時と同様な「慰安隊」設置を計画したが、米軍の反対に遭い実現はしなかった(駐越韓国軍司令官)。このことがベトナムの民間女性に対する強姦事件が多発したことの一因になったとされる。

    韓国軍による性暴力

    韓国軍兵士はベトナム人女性を多数強姦し、フォンニィ・フォンニャットの虐殺においてはレイプ後、虐殺するケースが多かったとされる[42]。韓国軍兵士によるレイプによって妊娠したベトナム人女性が生んだ父のいない混血児たちをライダイハン(𤳆大韓)といい、その数は3万人にのぼるともいわれる。

    韓国軍が制圧した地区で殺害されなかった女性は、ほとんど慰安婦にされたといわれる
    ~~~~~
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E8%BB%8D%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6#.E5.BC.B7.E5.88.B6.E9.80.A3.E8.A1.8C

  • ~~~~~
    ■韓国軍慰安婦

    韓国軍慰安婦のケースでは韓国政府やアメリカ政府による強制があったとされている[25][2][3][30]。 韓国における慰安婦はアメリカ兵に残忍に殺害されることや、アメリカ兵によるとされる放火で命を落とすこともあった[30]。

    国連軍による性暴力と強制連行[編集]

    崔吉城は論文「朝鮮戦争における国連軍の性暴行と売春」において、朝鮮戦争時には敵国ではない韓国において国連軍がソウル市北部の村で日中、シェパードを連れて女性を捜索し、発見後に強姦に及んだり、またジープにのって民家を訪れ女性を強制連行して性暴力をはたらいたことや、韓国人兵士が韓国人女性に性暴力や性拷問をはたらいたことを紹介している[31]。性暴力をうけたのは女性だけでなく、10歳位の男子が×××××を強要され喉が破裂したこともあった[31]。

    北朝鮮人女性の強制連行[編集]

    朝鮮戦争中に韓国軍に逮捕された北朝鮮人女性は強制的に慰安婦にされることもあった[5]。

    韓国軍の北派工作員は北朝鮮で拉致と強姦により慰安婦をおいていた[3]。

    捕虜となった朝鮮人民軍女軍[32]、女性パルチザンゲリラ、そのほかに朝鮮人民軍や中国の人民志願軍の占領地内の住民である朝鮮人女性のうちまだ疎開しなかった女性などが、共産主義者を助けたとの名目で強制的に性奴隷にされた。
    ~~~~~
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E8%BB%8D%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6#.E5.BC.B7.E5.88.B6.E9.80.A3.E8.A1.8C

    ◆朝鮮戦争時の慰安婦?
         ↓
    従軍慰安婦問題が決着したハルモニの仰天発言
    http://www.youtube.com/watch?v=szbeSvxjme4

    ■韓国人の皆様は、慰安婦像の前で反省しましょう。 (笑)

  • ・・・~~~~~
    日本は悪者だと言うことが宣教ではない

     以前、私がこうしたことを語ると、ある日本人がかんかんに怒って、私に言ってきました。
     「悪が善を消すことはできる。しかし善は悪を消せない。日本統治時代に良いことがあったとしても、悪いことが少しでもあったならば、日本の統治は間違っていたのだ」
     しかし、私はそうは思いません。もし間違ったことがあったならば、それは個々に反省し、悔い改めればよいことです。
     私たちは全体的な見方を忘れてはいけないのです。「日本人は悪者だった」という見方は、非常に皮相的で、偏っています。私たちはそうしたレッテル張りから解放されなければなりません。
     私たちに与えられている神様からのメッセージは、「日本人よ、おまえは罪人だ」「悪者だ」ではありません。
     「日本人よ、あなたは神に愛されている」
     です。
     イエス様が人々にどのような接し方をされたかを、思い出してください。イエス様は、あの取税人のかしらザアカイに対してさえ、「おまえは罪人だ」とは一言も言われませんでした。むしろ、「この人もアブラハムの子なのだ」と言われました。神の愛の中にある人なのだと。
     またイエス様は、あの五人も夫を取り替えたサマリアの女に対して、「あなたは罪人だ」と一言も言われていません。むしろ彼女に、本当の信仰を説かれたのです。
     姦淫の現場を捕らえられて連れられてきた女に対しても、イエス様は「あなたは罪人だ」とは言われていません。むしろ「わたしは世の光です。わたしについてきなさい」と言われました。
     福音書を調べてみると、イエス様が、パリサイ派の人々や律法学者の偽善を責められたことはありました。しかし主がご自身のもとに来る人々に、
     「あなたは罪人だ」「悪者だ」
     と言われたことは一度もないことがわかります。イエス様は、そう言える立場にあるかたなのに、どんな人間に対しても、そう言うことがありませんでした。
     イエス様がある日、生まれつきの盲人の近くを通られたとき、弟子たちが質問しました。
     「イエス様、彼が盲目に生まれついたのは、彼自身が罪を犯したからですか。それとも両親が罪を犯したからですか」
     しかしイエス様は、
     「この人が罪を犯したのでも、両親でもない。神のわざがこの人に現われるためなのだ」
     と言って、彼の目を開かれました。イエス様は、誰をも「あなたは罪人だ」とは言われなかったのです。
     イエス様は人々に、ただ神の愛と、真の道を説かれました。これは非常に大切な点です。もしあなたが、人々に「あなたは罪人です」「悪者です」と説くことが福音宣教だと思っているなら、それは違います。
     私たちクリスチャンにとって大切なのは、日本人に対して「日本人は罪人だ」「悪者だ」と説くことではありません。むしろ大切なのは、
     「日本人よ、あなたは神様に愛されています」
     と言うことです。神が「ご自分のひとみのように」日本を愛し、世話し、守り、日本をいつくしんでくださった事実を伝えることなのです。

    ●●有政著
    ~~~~~○○○
    http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/rekishi02.htm
    ■「日本人よ、あなたは神に愛されている」

  • ・・・~~~~~
    真の日韓友好への道

     もちろん、日本の統治が完全だったというわけではありません。失策や失政もありました。また日本人の中には悪い人たちもいました。内地から来たといって威張っていた日本人もいなかったわけではありません。一方、朝鮮人の中にも悪い人たちもいました。
     しかし全般的にみれば、当時日本人と朝鮮人とは仲良く共に手を取り合って生きていたのです。もし歴史を虫メガネでみれば、小さな部分には、汚れもあったでしょう。けれども、私たちは全体的な姿にあらわれた良い事柄を決して忘れてはいけないのです。
     なぜ私は、こうした過去のことを長々と語ってきたのでしょうか。それは、過去について真実を知ることが、私たちの信仰生活にとっても、きわめて大切だからです。
     多くの人々が、「日本人は悪者だった」と言ってきました。教会でもそれが語られてきました。それを聞かされた私たちも、なんとなくそれを信じ込まされてきました。しかし、上に述べたように、実際にそれを体験した人々の証言によく耳を傾けることが非常に重要です。
     聖書の中にも、こう記されています。

     「昔の日々を思い出し、代々の年を思え。あなたの父に問え。彼はあなたに告げ知らせよう。長老たちに問え。彼らはあなたに話してくれよう。』」(申命記三二章七節)

     この箇所は、指導者モーセが、イスラエル民族に向かって語ったものです。
     イスラエル民族は、すでに出エジプトをし、シナイ半島の荒野を放浪していました。荒野の各地で宿営し、キャンプ生活をしていました。その生活は、決して楽なものではなく、辛いものだった。エジプトでの奴隷生活に比べれば、それははるかに良いものだったのに、ある人々は不平をこぼしていいました。
     「エジプトでは少なくとも、もっとおいしい物を食べられた。肉鍋もあったし、パンも腹一杯食べられた」
     また、こういう人々もいました。
     「モーセは、あの繁栄したエジプトから我々を連れだして、こんな荒野でのたれ死にさせようとしている。モーセは我々に悪を行なったのだ」
     彼らは、モーセは悪者だと非難したのです。しかしそのとき、モーセは皆の前に立って言ったのです。
     「あなたの父に問え。彼はあなたに告げ知らせよう。長老たちに問え。彼らはあなたに話してくれよう」
     と。あなたがたは風説に惑わされてはならない。当時の実体験を持つあなたがたの父や、長老たちに話を聞きなさいと。彼らの数は今では少なくなったけれども、彼らの言う言葉に耳を傾けることが大切だと言いました。そのときに真実がわかるからです。
     真実に立つことは、信仰生活の基盤です。日本人は悪者だ、という偏った見方、間違った罪責感は、日本のリバイバル(信仰の覚醒)の妨げになることを、どうか知ってください。
     健全な罪責感は、悔改めと神への信仰に導きます。しかし間違った罪責感は、日本人を神から遠ざけます。それは私たちの観念をゆがんだものとし、健全な信仰生活を邪魔するものです。
     ましてや、クリスチャンが「日本人は朝鮮にひどいことをした」「日本人は悪者だ」と、間違った罪責感を広めてはいけません。それは自ら首を絞めるようなものです。そんなことを言い広めるクリスチャンの説くことを、誰が信じるでしょうか。
     私は自分を日韓友好論者と思っています。日本と韓国は仲良くすべきです。しかし本当の友好は、相手が言ったことをよく調べもせずに謝ることで築けるものではありません。真実の歴史を認識して初めて築けるものです。
     たとえ向こうが、「日本人はひどいことをした」と言っても、その時ろくに調べもせずに「すみませんでした」と言ってはいけないのです。たとえばみなさんは、ある日突然、あなたのもとに人が来て、
     「あなたのおじいさんは、ドロボウをしたのです。償ってください」
     と言ったとしましょう。そのとき、どうしますか。ろくに調べもせずに「すみません」と謝るでしょうか。いや、やはり、まずきちんと調べるでしょう。本当にそんなことがあったのか。日韓の関係についても、まさしくそうなのです。
    (写真)
    日本は莫大なお金をつぎ込んで、朝鮮を近代国家に変えて
    いった。これは朝鮮に造られた水力発電所、水豊ダム。
    当時出力世界2位のダムで、朝鮮及び満州の電力をまかなった。
    ~~~~~・・・
    http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/rekishi02.htm
    ■「あなたのおじいさんは、ドロボウをしたのです。償ってください」??

  • ・・・~~~~~
    朝鮮のひとり立ちを助けた日本

     やがて日本が敗戦を迎え、朝鮮から日本人たちがみな去っていったとき、ひとりの人が韓国へ戻ってきました。彼の名は李承晩(イ・スンマン)。彼は、それまでハワイにいましたが、アメリカから韓国初代大統領の座を与えられ、韓国を支配するようになりました。
     もともと熱烈な反日主義者だった李承晩は、日韓併合時代中、ずっとアメリカに亡命していましたので、朝鮮における日本統治を体験していません。彼は日本統治を知らない。その彼が、韓国初代大統領の地位につくと、親日派の人々をすべて追放し、もはや反日でなければ韓国では生きられないようにしました。
     家庭でも学校でも職場でも、親日的発言はすべて禁止され、日本の悪口だけが許されるようになりました。虚偽と捏造によりゆがめられた歴史観が学校で教え込まれ、少年少女は、すさまじい反日教育の中で育てられていったたのです。
     そうやって、今日の韓国の反日主義が形成されました。北朝鮮の金日成の場合も同様です。今も北朝鮮、および韓国には言論の自由はありません。そして客観的な歴史教育もないのです。
     しかし少なくとも日本人は、自分の親や、おじいさんやおばあさんの世代の歴史をきちんと知っておく必要があります。日本はなぜ朝鮮を統治したのでしょうか。
     それはごく簡単にいえば、当時の朝鮮は、国家的な破産状態にあったからです。日本はその朝鮮に、助け舟を出したのです。
     これはちょうど、生活力を失った家庭に、国が生活保護を適用することにも似ていました。生活保護法では、その家庭がひとり立ちできるまで、国が保護を加え、援助をしていきます。また職員が生活や仕事に至るまで、事細かに指導していきます。
     同様に、かつて日本は朝鮮をひとり立ちできる国家にするために、朝鮮を統治していったのです。
     これは、朝鮮と日本との間の国際的合意のもとで行なわれたことでした。また、当時の世界の多くの国々が賛成し、承認したものでした。
     そして日本は、実際に朝鮮をひとり立ちできるまでに建て直したのです。恨まれるようなことをやったわけではありません。
     また、日本が朝鮮を統治したのは、ちょうどある会社が、破産状態にあった別の会社を吸収合併して建て直すことにも似ていました。いわば日本株式会社が、破産した朝鮮株式会社を吸収合併して建て直したのです。
     こうした吸収合併の際、日本株式会社は、朝鮮株式会社を経済的に支えるだけでなく、様々な人材を送り込んで技術や経営の指導にあたります。そうやって会社を建て直していくのです。それと同様のことが、朝鮮の国家再建においても行なわれました。
     実際、たとえば朝鮮殖産銀行の頭取として働いていた有賀光豊さんも、ふだんから、
     「朝鮮は、我々がお手伝いして立派な国に育て上げ、そのうえで本来の持ち主に返すべきだ」
     という信念で働いていました。息子の敏彦さんがそう述べています。朝鮮に経済的な自立をもたらし、やがてひとり立ちできるようになったら、独立国へ導いていこうと彼は願っていました。
     これは、当時朝鮮で働いていた多くの日本人たちの共通意識だったのです。韓国人の李萬甲さんも、日本統治時代を振り返ってこう語っています。
     「私が通っていた高等学校には、上村先生という日本人の先生がいらっしゃって、立派な方でした。先生は、韓国人の生徒たちが集まっている場で、よく言ってくださった言葉があります。それは、
     『君たちが独立するためには経済の力だ』
     という言葉でした」
     このように日本人は、朝鮮が力をつけて、やがて独立国家となれるよう、自立させるために働いていたのです。
    ~~~~~・・・
    http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/rekishi02.htm
    ■そして日本は、実際に朝鮮をひとり立ちできるまでに建て直したのです。

  • ・・・~~~~~ 
    日本人は不法なことをしないよう気づかっていた

     さらに、一番始めに述べました阿部元俊さんは、従軍慰安婦問題に関する質問に、こう答えています。
     「日本人が朝鮮の田舎に行って、若い娘たちを奪ってきたと言われますね。そんなことはあり得ないです。もしそんなことをしたら誘拐犯ですし、懲役刑を受けることになります。いや、法律の問題以前に、村の人たちにめちゃめちゃにやられてしまいますよ。……
     またそんなことがあれば、必ず私の耳にも入ってきたはずです。でも、そんな話も噂も一度も聞いたことがありません。これはね、当時朝鮮に住んでいた日本人の名誉にもかかわることです。……
     警察署長も朝鮮人でしたし、裁判所の判事、検事などにも朝鮮人がいました。朝鮮総督府では、局長、部長、課長にも朝鮮人がいました。もちろん警察官は、朝鮮人だろうと日本人だろうと同じ権限を持っていました。
     そういう状況下で女狩りが堂々と行なわれ、一人として問題にする者がいなかったなんて、あり得ないことです。全人口の一%にすぎない日本人が、そんなに悪いことをして安全に生きられたわけがないんです」
     阿部さんは、従軍慰安婦問題というのは、戦後になされた歴史捏造にすぎないと断言しているわけです。阿部さんはまた、戦時中の徴兵についてはこう語りました。
     「昭和一八年に、学徒動員となり、日本人学生たちは強制的に呼び出されて戦地に向かいました。……そんなときでも、大部分の朝鮮人は戦地に行く必要がありませんでした。正直な話、朝鮮人がうらやましかったですよ。『これは差別じゃないか』と言ったりもしたもんです。
     朝鮮人までが徴兵されるようになったのは、昭和一九年四月からのことでした。……自ら志願して戦地に行った朝鮮人たちもたくさんいました。……しかし志願ではなく戦死した人たちもいますし、……それを思うと本当に心が痛みます」

     以上、いろいろな方の証言をみてきました。いずれも、日本統治下の朝鮮を実体験された方々です。
     これらの証言からみえてくるものは、かつて日本人と朝鮮人が手を取り合って生きていた時代があった、ということです。庶民レベルでもごく普通に仲良くつき合っていました。また朝鮮総督府内でさえ、机を並べて日本人と朝鮮人が共に働いていたのです。
     日本が朝鮮を支配した三六年間において、両者の間に若干の衝突事件はありました。しかしそれらはきわめて散発的なものでした。規模も小さいものでした。日本統治下の台湾に比べれば、朝鮮の反日運動はきわめて少なかったのです。
     全体的にみれば、日本統治下の朝鮮において、日本人と朝鮮人の間には良好な関係が築かれていました。もちろん当時、日本と朝鮮は一体でしたから、戦争末期には朝鮮国内でも徴兵や徴用(労働に呼ばれること)が行なわれ、苦痛を感じた者たちも多くいました。
     しかし、それは日本人も同じだったのです。日本と朝鮮は運命共同体になっていました。
     だからこそ、朝鮮で徴兵制が敷かれる以前にも、朝鮮人の中には自ら志願して兵士となり、日本人と一緒に敵と戦おうという人たちが少なくなかったのです。その朝鮮人志願兵の倍率は、昭和一七年にはなんと採用数の六二倍にも達し、非常に狭き門でした。
     それほど多くの朝鮮人が、志願してまでも日本人と共に戦いたいと願ったのです。彼らの中には特攻隊の隊員となって散っていった人々もいました。このように朝鮮の人々と日本人が共に生きていた時代が過去にあったことを思うと、私は感無量の思いです。
     戦争末期の朝鮮は、たしかに苦しい時ではあったでしょう。しかし、日本の内地も同じでした。いや実際は、日本の内地より朝鮮のほうがはるかに恵まれていたのです。
     なぜなら日本の内地は、アメリカ軍の爆撃を受けて多くの都市が破壊されました。しかし朝鮮は、そうした攻撃を一切受けなかったからです。また、戦争末期の朝鮮の物資欠乏や苦しみでさえも、かつての李朝時代の朝鮮の悲惨さに比べれば、はるかに恵まれたものでした。
     また日本の統治がなければ、朝鮮半島は二〇世紀前半までにロシアか中国の領土となっていたでしょう。そして朝鮮民族も、朝鮮文化も消滅していたに違いないのです。
     志願兵となった朝鮮人兵士らは、そのことを理解したからこそ、日本人たちと共に戦地に赴いたのです。そうした事実を、今の韓国人はほとんど知りません。しかし私は、これは日本と朝鮮が手をたずさえ合って生きた「古き良き時代」といってもいいとさえ思っています。
    (写真)
    朝鮮ホテル(1940年、ソウル)
    左端の女性は舞踏家・崔承喜
    ~~~~~・・・
    http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/rekishi02.htm
    ■朝鮮人志願兵

  • <<
  • 35 16
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順