ここから本文です
  • 1

    *****

    韓国人の中には、現実をまったく理解していない人が多い。よく聞くのが「韓国人は世界一優秀だ」「半万年の独立国」「日本がいなくても立派な独立国としてやっていけた」等。馬鹿を言ってもらっては困る。まったくそんなことを平気で言って恥ずかしくないのだろうか。


    ここいらに出入りしている韓国人の何人かも文化や経済で図々しくも日本より上だと主張したりしてみる。日本のコピーが溢れ未だにIMF管理下の国が笑わしてもらっては困る。そんな韓国人に現実の冷酷さを改めてわからせてあげましょう。

  • <<
  • 38908 38889
  • >>
  • 38908(最新)

    檀根 3月24日 23:09

    >>38906

    日本を訪れるなら知っておくべき!知らないと日本人に白い目で見られるぞ=中国報道
    サーチナ
    中国人旅行客のマナーが世界各国で問題視されることが増えているが、中国国内では海外旅行に出国する中国人に向けて渡航先でのマナーに留意するよう前もって周知する取り組みや、マナーの悪い旅行客をブラックリストに掲載する取り組みが行われている。渡航先で気をつけるべきことを事前に周知することは非常に良い取り組みと言えるが、中国メディアの今日頭条はこのほど、日本旅行で中国人旅行客が「絶対に留意しなければならない事」について説明する記事を掲載した。記事はまず日本のタクシー料金について例を取り上げ、初乗り料金が中国よりはるかに高く、また加算料金も同様に高いと紹介し、「中国人旅行客にとってタクシーは非常に高いため、例え急いでいるときでもタクシーを利用しないほうがベター」と説明。中国の一部都市ではタクシー初乗り料金が7元(約115円)であることを考えると、こうしたアドバイスは中国人旅行客に対してとても有用な情報だと言える。また喫煙の際には、必ず指摘された喫煙所で喫煙しなければならないと説明し、「歩きタバコは絶対にしてはならず、もし禁煙エリアで喫煙すると、罰金を科されるか、日本人に白い目で見られることになる」とアドバイスした。中国の場合、高速鉄道の車両内やファミリーレストランなど喫煙を禁じる場所はあるにはあるが、屋外では自由に喫煙できる。そのほか記事は「日本人をジロジロ見てはいけない」、「買い物の際に受け取った紙幣の真贋を確認することは失礼にあたる」などのアドバイスも掲載。こうしたアドバイスのほとんどは「日本人の民度」と、それに基づく日本社会の秩序に関するものだ。日本人の民度は高く、日本社会には秩序があるがゆえに、中国人旅行客が中国国内と同じ感覚で行動すると痛い目に合うという内容だ。日本旅行で留意しなければならないことは、中国人にとっては細かすぎるように感じるらしいが、お互いのためにも中国人旅行客には日本のルールを遵守してもらいたいところだ。

  • 日本は、アウェーでUAEに勝ちましたね!

    なんと、大韓民国は中国にサッカーで負けるとはね。

    ついにサッカーまで弱くなっちまったのか?w

  • >>38902

    これじゃ日本に勝てない!サッカーに親しむ日本の子、マラソンで嘔吐する中国の子=中国報道
    サーチナ
    FIFAクラブワールドカップ決勝で、開催国代表として大会に出場した鹿島アントラーズがヨーロッパ代表のレアル・マドリードに善戦したことは世界に大きな衝撃を与えた。サッカー人気の高い中国でも、鹿島アントラーズの戦いぶりは大きな驚きを以って受け止められ、「日本と中国のサッカーにおける実力差」が改めてクローズアップされている。中国メディアの今日頭条は22日、中国サッカー代表は今後20年間は日本に敵わないと主張しつつ、「中国が現在抱える課題を解決しない限り、100年経っても日本には勝てない」と主張する記事を掲載した。記事はまず、日本ではサッカーに親しむ「子ども」たちが非常に多いことを指摘し、日本と中国のサッカーにおける実力差は「青少年に対するサッカー普及度の差」であると主張。日本の小学校や中学校では体育の時間や部活動などでサッカーが広く親しまれており、青少年の全国大会まで存在することを伝えた。一方、中国ではサッカーにかぎらず、スポーツに取り組む子どもたちが非常に少なく、「青少年の90%は懸垂が3回以上できない」、「長距離走中に嘔吐する」など、子どもたちの体力低下は深刻だと指摘。それにもかかわらず、多くの小中学校では子どもたちが「サッカーやバスケットボールなどのスポーツに取り組むことを禁止している」と紹介し、それは「生徒たちの学業面における成績こそ学校の評価につながるから」だと論じた。また記事は、「中国サッカーが日本に追い付くためには、学校にサッカーを普及させることが必要」という声が4-5年も前から高まっていることを指摘する一方で、学校側が行った措置は「中国サッカー協会や政府の体育部門の関係者が視察に来るときだけ、サッカー教室を開く」という有様だと伝えた。こうした「形式主義」では当然サッカーが強くなるわけがないと指摘し、青少年がサッカーに親しむ環境作りを阻害する「形式主義」を改善しない限り、中国サッカーは100年経っても日本には勝てないと論じた。


  • こんなこと言ってるから、Jewが怒るんだよなw

    ナチスのホロコーストと、慰安婦問題が比肩するレベルだってw 

    世界の誰もそんな戯言本気で聞かねえわw



    少女像を訪れたホン・ジュンピョ「大統領になったら、慰安婦合意を破棄する」

    自由韓国党の大統領候補であるホン・ジュンピョ慶尚南道知事が22日、釜山東区、日本領事館前の少女像を訪問して頭を下げて礼をした後、少女像を眺めている。/写真=聯合ニュース

    「ナチスに比肩する反人倫犯罪、合意の対象じゃない」
    「10億円じゃなく、10兆円くれると言ってもダメ」

    自由韓国党の大統領候補であるホン・ジュンピョ慶尚南道知事は22日、釜山東区、日本領事館前の少女像を訪問して、「慰安婦問題はナチスのユダヤ人虐殺に比肩する、反人倫的犯罪」、「このような犯罪は合意の対象にならない」と述べた。

    ホン知事は同日午後、少女像を訪問して献花と黙祷をした後、「政府が10億円?いや10兆円をくれるとしても合意してはならない」と政府の韓日慰安婦合意に反対の立場を明らかにした。ホン知事は「私たちが記憶しなければならない辛い歴史」だとして、「それをお金で取引するということは、外交ではない。闇取引に過ぎない」と強調した。

    再交渉するかどうかを問う記者の質問には、「再交渉することもなく、交渉対象でもない」、「私が大統領になれば合意を破棄するだろう」と答えた。それとともに「そのような問題は、私たち国民が記憶しなければならない問題であって、それを合意対象にするということは、まったく間違っている」と付け加えた。

    ソース:アジアトゥデイ 2017. 03. 22. 15:56(機械翻訳)
    http://www.asiatoday.co.kr/view.php?key=20170322010014457


  • 海外華僑もこういう感じなんだな。日本製品ならこれやらないんだけどなw


    「これは韓国の商品? なら購入しない」
    2017年03月22日08時56分
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]


    韓国と中国のTHAAD葛藤でカリフォルニア州南部の中国人も韓国製品に対する拒否感が大きくなり、関連商品の販売が低調であることが分かった。写真はある韓国化粧品ショップの商品ショーケースの様子。
    韓国と中国のTHAAD葛藤でカリフォルニア州南部の中国人も韓国製品に対する拒否感が大きくなり、関連商品の販売が低調であることが分かった。

    「一部の韓国商品は店頭から一切撤去して台湾や日本の商品を代わりに陳列しているほどです」

    中国と韓国が高高度ミサイル防衛体系(THAAD)配備をめぐって展開している外交戦の「流弾」が海外の韓国人ショップの元にも飛び込んできている。

    ロサンゼルス(LA)地域でも中国系による韓国製品不買の動きが拡散の兆しを示しているためだ。LA地域の代表的なチャイナタウンであるモントレーパークとアルハンブラ、サンガブリエル近隣のコスメショップでは韓国製のマスクパックや保湿クリーム、エッセンスなどが中国人から冷遇されていて、一部の客は直接・間接的に感情表示までしていることが分かった。

    該当の商品を納品しているL社代表は「販売量が、昨年の秋に比べて、多く見積もって60%急減したことを把握している」とし「『まさか米国まで影響が及ぶなんてことは…』とそれほど気を使っていなかったが、中国人が情報共有を通じて団結した動きを見せているのは怖いくらい」と実状を伝えた。

    一部ショップは韓国商品のディスプレイを減らして台湾や日本など他のアジアの商品でショーケースを整える一方、韓流の代名詞となった韓国化粧品のモデルの写真を取り外したり見えにくい所に配置したりしているほどだ。

    サンガブリエルのAブランドチェーン店のマネジャーL氏は「中国から20年前に移民し、13年間ショップで働いているが、最近のように厳しい場合はなかった」とし「特に、40~50代以上の中国人客の一部は、買い物中に『これは韓国の商品?』と確認し、すぐに店を出ていく場合もある」と説明した。

    アルハンブラで総合化粧品を販売しているあるストアマネージャーは「規模が大きいことに加え、客が中国人だけではないため大きな心配はしていないが、韓国商品に関する良くない雰囲気がある点に注意して様子を見ている」とし「ただ、政治的な問題が解消されればすぐに解決すると思う」と話した。

    だが、現在の状況に「対策」はない状態だ。途絶えた客足を取り戻すためには、根本的にTHAADをめぐる葛藤が政治外交的に解消されるのを待つしかないというのが大半の意見だ。

    中国コミュニティのこのような集団的な動きの背景には、SNSが大きな役割を果たしている。中国人は主に「WeChat」などメッセンジャーサービスを通じてTHAADの進展状況、韓国旅行、ロッテ免税店関連の便りをやりとりしているという。

    ロングビーチに住んでいる中国人ソーニャ・チェンさん(43)は「たとえ米国に住んでいても、本土で直面している困難や政治外交的な不当について、ニュース報道やチャットサイト、フェイスブック等を通して知っている」とし「THAADが中国本土を脅かす可能性があるという点は、中国人にとっても自尊心が大きく傷つけられることで、本土の家族に対する義理感情を刺激したのではないかと思う」と伝えた。

    化粧品だけでなく、中国マーケットでもよく見られた韓国製菓類の販売も一部低調なことが明らかになり、業界内の懸念が高まっている。

    一方、中国人の間で人気を呼んでいるLAコリアンタウンの主要な韓国料理店は、昨年末に比べてもまだ売上で目立った動きはないことが明らかになった。だが、THAAD配備による中国系米国人の韓国製品および韓流公演に対する不買の動きが加速する場合、関連対策が至急必要になるものとみられる。



  • 朝鮮とSWAPしてくれるような主要先進国は無いよw 

    しかし、国の舵取りを間違えるということはけっこう切実な問題を引き起こすなぁw


    「サード」で冷たくなった韓中…通貨スワップ延長「霧の中」

    64兆の規模の韓中通貨スワップ、10月に契約終了

    専門家「ユイルホ - 肖捷の面会の霧散は、新しい政権を念頭に置いたもの」

    (世宗=ニュース1)イフンチョル記者

    韓国と中国の関係が、サード(THAAD・高高度ミサイル防衛システム)の配置の問題で冷え込んた中で、10月の満期を控えた両国間の通貨スワップの契約延長の合意が履行されるか注目が集まっている。

    21日、企画財政部と韓国銀行によると、2014年10月11日に契約の延長に合意した韓中通貨スワップは、10月10日に3年契約が終了する。

    韓中通貨スワップは、64兆ウォン-3600億元規模で、韓国が結んだ通貨スワップのうち最大の規模だ。

    両国は今年満期を控えて、昨年通貨スワップ契約を延長することに暫定合意した。
    契約期間や規模などは、今後協議することにしたのだ。

    しかし先週末、ドイツで開かれた主要20カ国(G20)財務相会議で、ユイルホ副首相兼企画財政部長官と、中国の肖捷・財政部長(財務長官)の出会いが失敗に終わるなどの異常気流が検出されており、政府も緊張している。

    中国側は、私たちの両者面談の要請に、「スケジュールが難しい」と日程上の言い訳を理由にしたが、事実上はサード問題が影響を及ぼしたというのが大半の意見だ。

    昨年中国がG20会議開催国の状況で、主要国の面談要請が殺到したにもかかわらず、ユイルホ副首相と当時の桜継偉・中国財務相の両者議論が行われたのとは全く違った雰囲気だ。

    専門家たちは、サード配置決定後、中国の迂回的な経済・文化の分野での報復が発生するなど、両国関係が疎遠になったことと無関係ではないと指摘した。

    民間研究所の中国専門家は、「中国はサードで私たちの政府の要人にずっと会おうとしないようだ」とし「ユ副首相は任期も残り少ないし、サード配置を決定した現政権の要人だから」と述べた。

    彼は、「(中国の立場では)二ヶ月あれば(韓国に)新しい政府が入って新しい副首相が任命されるため、(ユ副首相に会っても)実効性のある結果を得るのは難しいと判断したとみられる」と付け加えた。

    違う国策研究機関の中国専門家は、「韓国と中国は、経済長官会議で頻繁に会っていた関係」とし「本当にスケジュールのために会わなかったのかは分からない」と述べた。

    通貨当局側もこのような異常気流が、今後の通貨スワップの交渉など両国の経済関係に拡散するのではないか神経を尖らせている。

    韓国銀行の関係者は、「サードのような政治・外交的な状況が交渉に影響を与えるのか与えないのかは、今後を見ないといけない」とし「有効期限も十分に残っている状況なので、今の段階で無理に乗り出すのは適切ではないと見る」と述べた。

    通常、通貨スワップ契約の場合、満期2〜3ヶ月前から契約延長についての議論が行われるが、現在のサード葛藤状況のなかで通貨スワップ交渉しても役に立たないという分析だ。

    企画財政部の関係者は、「新しい政府になれば、新政府がどうしても言わなければならない事項があって、それに添ったフローチャートだろう」とだけ述べた。

    引用ソース
    http://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=421&aid=0002622901&date=20170321&type=1&rankingSectionId=101&rankingSeq=3

  • >>38900

    日本人は中国人が嫌い? でも日本に学ぶべきなのだ=中国メディア
    サーチナ
    日本と中国は隣国同士であり、日本はかつて中国から多大なる影響を受けてきた。だが日中双方には異なる点も多く、日本人と中国人の生活習慣や文化は似て非なるものだ。ゆえに比較はしやすいのだが、相手から学ぶのは難しい。特に嫌われている相手から学ぶのは難しいものだ。どうしたってこちらも感情的になりがちでなかなか素直に聞き入られないもの。しかし中国メディアの国捜は7日、「一部調査では9割もの日本人が中国に良い印象を抱いていないというが、それでも日本には中国人が学ぶべき点が数多く存在することは認めなければならない」と報じた。記事が「中国人が学ぶべき点」としてまず挙げたのは「日本人が礼儀正しく、礼節を重視する点」だ。同メディアが礼儀について取り上げたことは中国で礼儀が問題視されることが多いからと言えるだろう。古代中国には礼儀や礼節を重んじる文化が存在したはずだが、風化してしまったのだろうか。また、礼儀と関係する点として、「日本人の民度」も学ぶべき点として挙げており、「日本人の民度は列に並ぶという行動からよく見て取れる」と指摘し、「中国人は列に割り込んでばかりで恥ずかしくないのだろうか」と疑問を投げかけた。さらに、日本人の「勤労の精神」も中国人にとっては学ぶべき対象であり、日本人の仕事ぶりを見ていたら「中国人は仕事が辛いなど」とはとても言えないと論じた。そのほか記事は、日本の清潔さ、秩序ある交通事情も中国人は日本人から学ぶべきであると指摘している。記事が挙げている点はいずれも、日本を訪れた中国人旅行客が驚き、感嘆する点と一致している。中国人にとって印象深いことなのだろうが、民度や勤労の精神などは簡単に真似できるものではない。ただ学ぶ姿勢があるかないかで、本人の所作も変わるというもの。なにかしらの効果は出てくるはずだ。



  • この4年間の朴政権の反日は、何一つ経済効果を生むこともなかったからなw

    せっかく10億円を日本かもぎとったのに、全然問題解決が進展しないしw


    一部韓国国民、慰安婦支援団体などの過度な行為に不満

    2017.03.21


     日韓両国の関係はもはや修復不能なほどこじれている。歴史問題も解決の糸口が見えたかと思えば、すぐに「反日」の名のもとに大規模な抗議行動が行われ、元の木阿弥となるの繰り返しだ。韓国の国民に、過度な「反日」について意見を求めた。

     慰安婦支援団体や過激な政治団体の目に余る行為を苦々しく思っている人は多い。

     「大使館や領事館前に慰安婦像を設置する行為が国際条約違反なのは明白なのに、警察や行政も『反日無罪』で手を出せないのが情けない」(50代男性・会社役員)

     「日本国旗を燃やしたり、(日本の国鳥である)キジの首を刎ねたり、調子に乗って幼稚な反日をやり過ぎた結果、日本に嫌韓が根付いてしまった」(40代女性・主婦)

     「経済的に困窮する高齢者がわずかなカネをもらい、誰も賛同しない反日デモに動員されるケースがある。いったい何のためのデモなのか」(70代男性・無職)

  • >>38892

    日本の治安の良さは「あり得ない!」、中国人が日本の治安の良さを実感する事例とは
    サーチナ
    日本の治安の良さは世界的に有名である。窃盗などの事件がないわけではないが、米国や2016年五輪の開催地であるブラジルなどと比べれば、日本は圧倒的に犯罪が非常に少ない国と言えるだろう。日本の治安の良さには隣国の中国人も驚きのようで、多くの中国人が日本に来るとその治安の良さは「あり得ないほど」だと感じるようだ。中国メディアの未来網はこのほど、中国人が日本の治安の良さを実感する事例を紹介する記事を掲載した。1つ目は、「日本の家には防犯の鉄柵がない」ことだ。中国では窓からベランダに至るまですべての開口部に柵をつけるのが普通だ。日本人からするとまるで牢獄の中にいるように感じてしまうが、空き巣被害の多い中国では必須アイテムだ。2つ目は「長財布を後ろポケットに入れている」こと。中国では財布を見せて歩くことは、財布を取ってくださいと言っているようなもので、あり得ないことのようだ。3つ目は「電車で熟睡してもカバンが盗まれない」こと。中国人からすると日本人は隙だらけの不思議な民族のようだ。4つ目は「どこにでも自販機がある」こと。お金と商品の入った箱が屋外に設置されているのに、なぜ泥棒に目をつけられないのか不思議で仕方ないという。5つ目は「無人の直売所」。日本の信用を前提にした商売は中国では成り立たないことが分かる。6つ目は、利用者が自主返還することを前提とした「無料の雨傘レンタル」、次いで「スーパーに荷物ロッカーがない」ことを挙げた。中国のスーパーでは、万引き防止のためカバンを持ち込めず、ロッカーに―預けることを要求するスーパーは少なくない。そして出口でも係員が購入物とレシートをチェックすることもあり、中国でいかに万引きが多いか分かるだろう。8つ目は「レストランで貴重品を置いて席を離れられる」こと、9つ目に「子供が自分で登下校している」こと、最後は、「女性の夜の独り歩きも安心」なことだった。



  • 先進国の合同軍事訓練に、ゴミ朝鮮は仲間に入れてもらえませんw



    安倍 - オランド、海洋安全保障連帯…来月日仏英米合同軍事訓練

    【ソウル=ニューシス】キム・ヘギョン記者

    安倍晋三日本首相とフランソワ・オランド仏大統領は20日(現地時間)、パリで首脳会談を行い、海洋安全保障における連帯を深めることで意見を一致したと日本経済新聞、NHKなどが報じた。

    ヨーロッパ4カ国を歴訪中の安倍首相はこの日、パリエリゼ宮でオランド大統領と約40分間会談を行った。
    両国首脳は会談で、中国の海洋進出を念頭に、日本の海上自衛隊とフランス軍の艦艇が共同訓練を実施するなど、緊密に連携することで意見を一致させた。

    具体的には来る4月末、フランス海軍の練習艦隊が日本を訪問し、米国、英国と西太平洋で本格的に共同訓練を実施する。
    この地域でこれらの4つの国が大規模な軍事訓練に出るのは今回が初めてである。

    関係者によると、フランスの練習艦隊「ジャンヌダルク」がインド洋を経由して、南シナ海を経て、共同訓練に参加する予定である。
    フランス艦隊は中国が軍事拠点化を推進する南シナ海を航行することによって、航行の自由を国際社会にアピールするなど、中国を牽制するという目的である。
    中国は昨年末、西太平洋に空母遼寧号を進出させるなど海洋進出を強化している。

    会談後の共同記者会見で安倍首相は、中国が海洋進出を強化しているインド洋と太平洋の「自由で開かれた海洋秩序の確保を通じて、地域の平和と安定を維持することが重要だ」と述べた。
    彼は「この地域の広大な海域を国際公共財として維持する」とし「このために日本とフランスが緊密に連携する」と強調した。

    両国首脳は原子力分野での協力を強化することでも意見を一致させた。
    特に民需用原子力研究開発分野の協力を拡大することにして、世耕弘成・日本経済産業相とセゴレーヌ・ロワイヤル・フランス環境大臣が原子力協力に関する文書に署名した。

    二人はまた米国ドナルド・トランプ政府の誕生で世界で保護貿易主義が台頭する中で、自由貿易の重要性を確認した。
    安倍首相は「日本と欧州連合(EU)の自由貿易協定(FTA)の経済連携協定(EPA)を早期妥結することにした」と強調した。

    一方で安倍首相は先に20日、ドイツのハノーバーでドイツのメルケル首相と会談し、保護主義の台頭が懸念される中、自由貿易を推進することが重要であるということで意見を一致させた。

  • こいつらが外交無礼だってwwww 子犬も笑うwww


    外交慣例無視した米国務長官の「無礼」

    レックス・ティラーソン米国務長官がソウルで韓米外相会談を終えて夕食をともにしなかったのは、韓国側が招待していなかったからだと説明して波紋を起こした。ティラーソン長官は18日、米マスコミのインタビューでこのように明らかにし、「夕食に招待していないことが一般に良くないように映ることを韓国側が最後の瞬間に気づいて「私は疲れて夕食をしなかった」との声明を出した」と述べた。

    果たして韓国は彼を夕食に招待していたのだろうか。外交部は明確な答えを出せないまま、「コミュニケーションの混乱」と遠回しに説明した。

    韓国がドナルド・トランプ政権初代国務長官の最初の訪韓を「誠心誠意で「準備したのは、誰もが知っている事実である。わざわざティラーソンとの夕食を避けたということは常識的にありえない。外交部は準備の過程で夕食を当然、日程に受け入れていた。外交部の説明が明快でないのは、米国の過ちだと指摘しにくい韓国の悩みが染み出ているためだ。

    百歩譲歩して、韓国が本当に招待していなかったとしても、相手国の長官がマスコミに公開することは、外交的に不適切である。また韓国側が「一歩遅れて世論を意識して嘘の釈明をした」というティラーソンの推測性の追加説明は、外交部が日本軍慰安婦少女像の問題などに使用していた「国際礼譲」と外交慣例に反する無礼な発言である。また、韓国は「ティラーソンは疲れて夕食をしなかった」との声明を出したことがない。何をするのかどうかは、主催国が定めるという発言も事情に合わない。閣僚級夕食会のような重要な外交行為が両者の調整もなしに一方的措置として行われるケースは世界のどこにもない。

    いくら寿命が2ヶ月しか残っていない時限付きの政府としても同盟国をこのように扱ってはならない。ティラーソンの無礼で未熟な発言は、複雑で敏感な国際問題を扱っていかなければならない米国務長官としての資質を疑わせる。

    ソース:京郷新聞&傾向ドットコム 2017.03.19 23:13:56(機械翻訳で)
    http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201703192213005&;;;code=990105


  • 人気者のまさお君の命が$600とはw ちょっと悲しいなw




    正男氏殺害の前日、被告に600ドル 北朝鮮の男から



    2017年3月20日 19時59分



     北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、実行犯の1人、インドネシア人のシティ・アイシャ被告(25)が事件前日に北朝鮮の男から約600ドル(約6万7千円)を受け取っていたと、インドネシア政府関係者が明らかにした。

     シティ被告は2月12日夜、マレーシアの首都クアラルンプールのホテルで友人の男女7人と誕生会を開き、「チャン」と呼ばれる男に金をもらったと話しているという。マレーシア警察によると、シティ被告の誕生日は同11日。

     600ドルは、インドネシアの首都ジャカルタの最低月給(高卒)の約2・4倍。クアラルンプールなら高級アパートの家賃1カ月分に相当する。チャンという男は、事件直前までシティ被告に付き添い、事件後に北朝鮮に帰国したとされるホン・ソンハク容疑者(32)とみられる。

  • ざまーみろい!

    いちいち「日本は嫌いだが・・・」「安倍は嫌いだが・・・」

    いらねーーーー!

    羨ましがってやがるぜ? ザマー見ろい!www


    士ね

  • >>38885

    警戒すべき! 日本は大陸間弾道ミサイルも核兵器も作れる=中国報道
    サーチナ
    「大陸間弾道ミサイル」はその名のとおり、大洋に隔てられた大陸間を飛翔できる弾道ミサイルのことだ。2015年時点でこのミサイルを保有しているのは米国、ロシア、中国の3カ国となっている。また、インドや北朝鮮も大陸間弾道ミサイルの開発を進めている。中国メディアの今日頭条が17日付で掲載した記事は、もし将来的に日本を刺激する大きな事件が生じれば、日本は大陸間弾道ミサイルを製造する可能性が高いと主張し、中国は警戒すべきであると論じている。記事は、現在日本はカーボン複合材料技術の開発に取り組んでいるが、これは弾道ミサイルが「大気圏再突入」する際に生じる空力加熱問題に対処するためであると説明。また、ある軍事専門家は「日本は現在有しているロケット技術を基礎として弾道ミサイルを開発する能力がある」と見ていると紹介した。さらに純粋に技術的な観点から分析すれば、日本は現在有しているロケット技術だけで短距離弾道ミサイルを製造できるだけでなく、大陸間弾道ミサイルさえも開発できるだろうと指摘。また、このミサイルが種子島宇宙センターと鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から発射されるなら、その威力は相当なものになるだろうと論じた。「もし将来日本を刺激する大きな事件」が具体的に何を意味するかを正確に推し量るすべはないが、中国では「日本には核兵器や弾道ミサイルを開発するだけの能力がある」と主張し、警戒を呼びかける声が根強く存在する。中国としては、過去に日本に侵略されただけあって日本が何を言っても信用できないというのが本音なのかも知れない。


  • それはそうだろw 今のこの国の政治家と話をしても何の意味も成果も無いんだからw



    韓経:G20から手ぶらで帰国した韓国副首相
    2017年03月20日09時01分
    [ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]


    主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を契機に推進された韓中会談は実現しなかった。THAAD(高高度防衛ミサイル)問題解決のきっかけを探る計画だったが成果はなかった。

    企画財政部によると、韓国政府は17-18日にドイツのバーデンバーデンで開催されたG20会議で柳一鎬(ユ・イルホ)副首相兼企画財政部長官と中国の肖捷財政相の会談を提案したが、中国側がこれを拒否した。柳副首相は会談で韓中経済協力を強調する計画だった。企画財政部の関係者は「中国側は日程が合わず会えないと話した」と説明した。中国は限韓令(韓流商品制限)、韓国観光禁止、THAAD敷地を提供したロッテに対する制裁など経済分野を中心に全方向で韓国に圧力を加えている。

    今回の肖捷財政相の会談拒否はTHAAD関連の中国の立場に変化がないことを表したと解釈される。

    柳副首相は18日、ドイツで中国との会談が不発に終わった後に開いた記者懇談会で「限韓令は実体はあっても法的実体がなく国家間で話すことができない状況」とし「中国にどう賢明にメッセージを伝えることができるか考えてみる」と述べた。政府は米国で来月開催される国際通貨基金(IMF)年次総会で韓中会談をまた推進する計画だ。

    柳副首相は17日、ムニューチン米財務長官と初めて会談した。企画財政部は今回の会談で韓国の経常黒字は為替レートのためでなく原油安、高齢化などの影響が大きいという点を説明した。また為替レートの変動性が急激に拡大する場合に限り市場安定措置を例外的に取っていると強調した。


  • 阿呆らしいw アメリカがそんな甘い国かよw



    THAAD配備したのに米国は韓米通貨スワップに消極的


    2017/03/20(月)
    韓国金融市場の『安全弁』が失踪した。国内外の不確実性がこれまで以上に高まった状況だが、日本に続き中国とも葛藤の溝が深まり、通貨スワップ契約が締結されるかどうか不透明になったためだ。通貨スワップは、外貨が不足して流動性危機に置かれた際、外貨準備高のように取り出して使うことができ『保険』と呼ばれる。これに対し基軸通貨国のアメリカと通貨スワップを締結して資本流出の変動性に対応しなければならないという声が高まっている。

    ■二国間通貨スワップ70%占める中国

    6日、企画財政部および韓国銀行によれば、韓国が二国間、多国間で締結した通貨スワップ規模は合計1,220億ドルだ。問題は中国依存度が過度に高いという点だ。実際、韓中通貨スワップ規模は韓国全体の二国間契約の70%に達する。多国間通貨スワップ協定であるチェンマイ・イニシアチブ(CMIM)基金(384億ドル)があるが、国際通貨基金(IMF)の議論と会員国の同意が必要で適時に使うことが難しい。

    差し当たり中国との通貨スワップ協定が10月に満了するが、延長されるどうかさえ不確かだ。昨年4月に満期を1年6か月控えてユ・イルホ経済副総理とジョウ・シャオ・チュアン(周小川)人民銀行総裁が両国通貨スワップの拡大、延長に合意したが、拘束力がない口頭合意に過ぎなかった。サード配備にスピードを出している政府は中国に具体的な通貨スワップ延長議論さえ取り出せずにいる状況だ。韓半島(朝鮮半島)サード(高高度ミサイル防衛体系)配備を問題にして報復措置を出している中国が、韓国を威嚇する『武器』として通貨スワップ協定を取り出す可能性は濃厚だ。

    すでに政府の一部でも中国と通貨スワップ延長契約が難しいという雰囲気が感知されている。ユ副総理も去る2月、サード配備が韓中通貨スワップに及ぼす影響を問うキム・テニョン共に民主党議員の質問に「現実的にそのような懸念をしなければならない」と答えた。

    建国大チェ・ペグン教授は「中国がますます報復の水準を高めて金融報復にまで出る可能性がある」とし「国内最大債権国である中国が通貨スワップ延長をしないと同時に債権大量売却または資金引き出しで効果を最大化することもあり得る」と指摘した。

    ■韓米通貨スワップ推進しなければ

    最善の代案はアメリカとの通貨スワップ契約が挙げられる。中国、日本と葛藤が日増しに激しくなる状況で経済的な打撃を最小化できる方案だ。

    ユ副総理も昨年2月「韓米通貨スワップを再び締結しなければならないのが正しいと思う」と韓米通貨スワップ再議論に火をつけた。しかし、1年が過ぎた今も具体的な議論は行われていない。何より通貨スワップに消極的なアメリカを説得することが甘くない。アメリカとしてはあえて国際決済通貨でないウォンをドルと対等交換する理由がない。新興国のモラルハザードを理由に反対する声も上がる。実際、アメリカは日本、イギリス、カナダ、スイス、ヨーロッパ連合(EU)の5か国とだけ通貨スワップ契約を締結している。

    政府の外交力不在も主要な問題と指摘された。パク・クネ大統領弾劾政局以後、国政空白が長期化し、米トランプ政権高位級とまともに接触さえ出来ずにいる。2008年に政府と韓銀がアメリカ高位級との強固な人脈を基に水面下の合意を引き出したのと対比される歩みだ。さらに中国の負担を冒してアメリカが望むサード配備を強行したのに、肝心の通貨スワップ締結を含む経済的実益は一つも得られなかった。

    http://www.fnnews.com/news/201703061740473482

  • >>38888

    別の記事。

    招かなかったのと、断られたのは大きな違いだなあw


    【米韓外相会談】そもそも韓国は夕食会に招かなかった… ティラーソン氏が明かす「体調不良説」に対して



    2017年3月19日 19時59分

    産経新聞

     【ソウル=加納宏幸】ティラーソン米国務長官が体調不良を理由に訪韓時の17日夜に予定された韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相との夕食会を断ったとの報道が韓国などであり、ティラーソン氏は「韓国側は私たちを夕食会に招いていない」と述べ、そもそも予定されていなかったことを明かした。

     米保守系ネットメディア「インディペンデント・ジャーナル・レビュー」のインタビューに答えた。

     ティラーソン氏は訪韓に先立ち訪日した際、岸田文雄外相との夕食会に臨んだ。ティラーソン氏は「(韓国側は)最後の瞬間になって夕食会がないのは一般向けに見かけが良くないと考え、私が疲れたことにした」との見方を示した。

     米主要メディアの同行取材を認めなかったことについては、大型機を使わないことによる費用節約が狙いだったと説明。仕事の時間を割いて機内で同行記者と話すのは「私のやり方ではない」と述べた。

  • <<
  • 38908 38889
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順