ここから本文です
  • 1

    *****

    私はフランス好きの第一人者を自負する者です。
    このトピに特別なテーマはない。誰が書き込みしても構わない。
    例えば次のようにな人に向いてる。

     ・怒りをぶつけたい人
     ・誰かに何かを自慢したい人
     ・Hな会話をしたい人
     ・暇な人
     ・内輪な会話をしたい人
     ・愛の告白をしたい人
     ・宣戦布告をしたい人
     ・逆境に強くなりたい人
     ・失恋した人
     ・(屁)理屈の好きな人

    投稿するにあたって必ずレス2を参照し書かれている取り決めを厳守、了解して頂きたい。
    また一定の人には特典を用意しておいた。同じくレス2を参照しなさい。
    一応断っておくが、ここはフランスカテ、嫌なこともエスプリ(ブラックユーモア)だと思って気軽に受け止めなさい。
    (レス2に続く)

  • <<
  • 40694 40674
  • >>
  • 40694(最新)

    revetreal 11月15日 14:58

    何か最近、値上がりを押さえて容量が減ってる食品が多いですね。
    いつの間にかブルガリアヨーグルトは500グラムから450に減ってますし
    今日ベビーチーズ買ったら小さくなってました。
    雪印の6Pヨーグルトも薄くなってましたし。

    まー、年を取るに従って量も食べられなくなるし
    少なめのほうがありがたいことはいいんですど。

    あと、ミカンとかは、大粒よりも小粒のほうが安いし
    自分的にも小さいほうがおいしく感じます。
    最近近くの小さい、本当に小さい食料品屋の300円の小さいみかんが
    ぷりぷりしておいしいことがわかって買ってます。

     和製かーん

  • >>40691

    フルーチェは今日もまた作りましたが、いつも何種類か買ってきます。
    イチゴ、ピーチ、オレンジ、ブルーベリーくらいだったでしょうか。
    この食感とか味とか、ぷるぷるして本当においしくて、最近目覚めたという感じです。

    あっという間に11月も半ばになってしまいました。
    少し前からもうクリスマスの雰囲気になってまして
    自分も焦り気味に治療院にクリスマスグッズをいくつか飾りました。
    ツリーは小さいのでもどうするか考え中です。

    水と空気が合わないのは辛いですね。
    大事な体の構成要素ですからね。
    自分は名古屋にいても田舎に帰ると何となく調子よくなったりしますし。

    今年の紅白の司会者も発表になりましたし
    どんどん年末モードで進むんでしょうね。
    温かい冬だといいんですけど。

     和製かーん

  • フルーチェ懐かしい!
    夫も大好きで(笑) たまに食べたい!と
    つい先日存在を思い出して言ってました。
    イチゴや桃が大好きです。
    新しいラインナップあるのかな?
    10年くらいご無沙汰できるが
    日本にいる間に買いに行ってみようかと思い出ます。

  • >>40690

    「ハロウィーン」うちの子供が幼い頃もまださほど騒がなかったし あのばか騒ぎはまだ10年に満たないですよね。
    私も何が嬉しいのかわかりません。フランスも ゾンビウォークで盛り上がるようになったのは
    ごくごく近年 それもごくごく一部の若者だけです。 秋になればハロウィーン関連商品よりクリスマス商品が並び出しますし
    ハロウィーンより 彼らには 翌日11/1の万聖節(トゥサン)が重要ですからね。
    秋のバカンスでもあるし。

    フランスはバカンスが
    多く 飛行機に乗れば直ぐに他国にも出かけられ
    大分 様々な国を訪問できありがたかったです。
    勿論 フランス国内の様々なエリアも旅ができましたし。

    今の国も身体が丈夫なら楽しめるのでしょうが
    何せ一番進んで一番衛生的と思われる都市にいても 体調絶不調かつ 喘息も増悪。
    しかも今のように一月も入院ですから 「水が合わない」を実感中です。

    イメージで好きではなかった国ですが
    心底「無理」になりつつあります。

    日本のマスコミに取り上げられるより
    人々は 優しいし、文化的な人もいるし、
    日本よりずっと進化している部分もありますが、
    生理的な理由だから 致し方ない

    子供を欧州に置いてきたので
    また欧州に戻りたい。
    念仏のように 毎日心で唱えています(笑)


    そうそう 同窓会といえば
    今入院している病院のナースさんの一人が小学校時代の同級生でした。
    一番しんどい時だったので
    ほっとしました。

  • >>40689

    心不全とは大変ではないですか!
    回復に向かっているということで何よりです。
    風邪をひくと気持ちも滅入りますし体の免疫も弱って他の病気を呼びがちになるんでしょうね。

    ここのところずーっと曇りばかりが続いてますね。
    少し前まで夏の晴天が当たり前だったのに、
    天気が悪いとテンションも下がり気味です。
    来週からは最低気温も一桁台になるっていってました。

    先日小学校のときの同窓会の通知が来ました。
    正月なんですけど、参加しようと思ってます。
    今参加しないと次は60歳くらいだろうから、記念ですね。

    最近よくフルーチェを食べてます。
    100円ショップのやつは量も少ないので
    一人分にはちょうどいいサイズで。
    他にも簡単に作れるプリンとかはまってます。

    それにしてもいつの頃からかハロウィーンが大変な賑わいですね。
    自分には全然ぴんとこないんですけど
    世間の盛り上がりかたを見るとかなり浸透しているみたいです。
    収穫祭だから、農家の自分も関係あるのかな。

     和製かーん

  • >>40687

    体調のほうは大丈夫ですか?

    自分も人生の折り返し地点をとうに過ぎて1年ごとに体調の変化を感じます。
    体調をす崩さないのが一番なんですが
    一度悪くすると、なっかなか戻りにくくなってます。
    風邪で咳が続くと、胸の筋肉痛くなりますし、
    裏側の背中もがちがちに、続いて首にも来ますし。
    一通り悪くなってやっと直る感じです。

    名古屋のほうでは、ちょっとスーパーにいかないうちに
    殆ど青みかん消えてました。
    買ってきたのは青っぽさが1/3くらいしかないものです。

    それにしてもあっという間に夏が終わって、
    もうおせちとかのニュースも流れてきて、早いです。

    そういえば、こっちで初めてIKEAが出来たみたいで
    テレビをつけるとそのことばかり流れてます。
    おしゃれな家具やお値打ちな食べ物あるそうですね。
    家族連れとか押し寄せているみたいで、パワーがすごいです。

     和製かーん

  • 病院で過ごして数日目。
    親に青みかん届けてもらい
    合間に一つ二つ食べるのが楽しみです。

  • 今日本です。
    大好きな青みかん 私も堪能中です。
    柑橘類の酸味は私の元気の源。
    食べられることに感謝です。

    カフェあたりで つまみもなく
    頂戴するなら
    やはり 軽めのワインを私もチョイスするかなあ。
    ボルドーも 勿論 様々な性質のものがあり
    アペロ向きのものも十分ありますが
    イメージ先行で 料理に合わせたい人も
    少なくないのかもしれませんね。

    私はブルゴーニュやサンセールのワインで好みのものが多いみたい。
    最近ようやく自覚してきました。

    実は 体調が芳しくなく
    当分日本です♪

    かの国には 戻りたいとは思いませんが
    旦那と離れるのは寂しいし
    このまま 再び欧州の地を踏まずに
    終わりたくはない。
    がんばろ!っと。


    てことで
    たまに 愚痴吐きにくるかも♪

  • >>40684

    そうですねぇ、自分は酸っぱいのが大好きなんですが、案外少数派なんですよね。
    常に冷蔵庫にあると幸せな気分になれますね。

    あっという間に10月になってしまいました。
    本当にお盆を過ぎたら早いですね。

    ところで
    先日フランスの頃の友達がらみの用事があって東京神楽坂のほうにいってきました。
    テレビで幾度となく見ていましたが
    実際現地に立つと感動しますね。

    街は綺麗だし若者が多いし、
    何より裏道も綺麗。
    店も一件一件がコンパクトにやる気ある感じです。
    坂が思った以上に急だったのはおもしろかったです。
    ブルゴーニュやブルターニュというカフェは満員で入れませんでした。

    フランスの仲間ということもあって
    食事ではシャンパンと白ワインを、カフェでは赤ワイン(cote de Rhone)を注文しました。
    cote de Rhoneはフランスの日本レストランでバイトしていたときによく飲んでいたもので
    しっかり味覚は覚えていたみたいです。

    ワインで一番すきなのは、渋いボルドーなんですが
    あんまし皆飲みませんね。

     和製かーん

  • >>40683

    また「青みかん」の季節なんですね~。
    私も近々日本に帰るので楽しみです。
    この「青みかん」を毎年話題にするようになって もう何年でしょうね!?

    私はフランスで季節を感じ入るお気に入りのフルーツがいくつかあったのですが
    これで最後かも!?と感じ入る暇もなくフランスをあとにしたので
    悔やまれてなりません

    その中にクレモンティーヌがあります。
    日本のみかんより香りが強く
    街中で誰かが食べているだけで こちらまで元気になれる香り。
    これからも 欧州には繰り返し訪問はすると思いますが
    果物の季節に合わせてピンポイントで出かけられるわけでもありませんから
    少々寂しくもあります。

    スイカのカットは今ではフランスのどんなスーパーでも定番です。
    モノプリでもauchan等の大型スーパーでも カットフルーツコーナーがありますよ

    今の国にきてからは
    スイカはもっぱらジュースです。
    効率よく成分を摂取できるし種はないし
    楽です^^

    同窓会!18名は少ないですね
    うまくお付き合いができていた人には
    楽しい同窓生でしょうけれど
    在学中に辛い思いをした人にとっては
    少人数は逃げ場がないかも・・・。

    そういう我が子 フランスの1軒目の学校は1学年
    10名いなかったです。 そして6か国から集っていました。

  • 今しか買えない青いみかんを今年初めて買いました。
    この酸っぱさが何とも言えずおいしいです。
    冷蔵庫にネットに入った青みかんがあると何とも言えぬ幸せ感になりますね。

    ところで外国人の人が、スイカのカット切りが信じられない
    試食かと思って食べそうになるといっていたを聞きましたが
    すっかり慣れたカット切りのスイカは確かに最初は違和感があったような・・・。
    今では必須の存在でありますが。

    最近フルーチェにはまってます。
    ダイソーとかの100円ショップのフルーチェは小さめで150CCの牛乳でいいので
    食べきりサイズとしては具合がいいですね。

     和製かーん

  • >>40681

    私の場合は中学校は一学年18名の本当にこぢんまりした学校で皆家族みたいでしたから
    その同窓会は大変嬉しく出席してますが。
    (といっても最後に集まったのはもう10年くらい前)

    高校のほうは、全く思い入れがなく
    案内をもらってもいまだ参加したことありません。
    田舎に帰るタイミングが合わないということもありますが。

    共通の話題というのは大変大事で
    友達が結婚して子供が出来た時点で
    別の人種になった気がしました。
    子供の話題がメインになりますから
    どうしてもついていけなくなって。

    私達くらいの年齢になると
    皆抱えている物が違いますからね。
    現役を退いた定年くらいになると
    同窓会が懐かしく思えるのかもしれませんね。

     和製かーん

  • >>40680

    snsの盛んな時代になって驚くことは増えました。
    えええ なんでこの人とこの人が知り合いなの!?と。
    同じ業界で仕事をする人とか同じ自治体で生活するとかなら理解できるのですが
    時に国を越えて共通の知人がいたりするのも珍しくなく
    世界は思ったより小さいんだな・・・と感慨深くもちょっと恐ろしくもなります^^;

    訃報・・・そうですよね。
    次々に親の世代が他界していくようになりましたし(親の兄弟等)
    同窓生でも 他界された方の話をたまに聞くので
    確かに いろいろ考えることも増えました。

    そういえば「同窓会」の案内なるものを拝見したのですが
    「会いたい」という人が全くいない事実にオドロキました。
    いえ、仲良かった人は個別に会っているので あえて古い付き合いを
    紐とかなくてもいいかな・・・と。

    同窓会に喜んで出てくるか否かで その人のリア充か否かがわかる・・・と
    いう人もいますが
    リア充とは言えませんけれど
    今の生活で事足りるというか 先の話に繋がりますが
    「共有できる話題」がどう考えても無さそうなので
    今更いいのかな・・・と。
    故郷に戻って老後を過ごす予定もないですし。

    カーンさんは 同窓会とか嬉しいですか?

  • >>40679

    そうそう、うかつにフランスの話題を出すと引かれる可能性がありますね。
    話題を共有出来る友達は本当に貴重です。

    ガンで亡くなった女性はおそらく同じ人でしょう。
    パリではいろんな意味でかなり有名な人でしたから。

    当時バブル時代に向こうで仕事をしていたときには
    誰と誰が知り合いというのはしょっちゅうの話で
    数万人といってもすぐにつながっていたような感じはします。

    ところで当たり前のことかもしれませんが
    近しい人やそうでない人の訃報を耳にするようになりました。
    年齢的にも仕方ないことなんでしょうけど
    健康で自由に動けるということは本当に貴重なことでありますね。

    この掲示板も17年ですね。長い!

     和製かーん

  • >>40677

    「共有できる」お知り合いの存在は大きいですよね。
    フランスの話を 第三者にむやみにすると「すかしている」と判断されますからね~(笑)

    そういえば 大分前になりますが
    カーンさんの御世話になった女性が癌で他界なさったお話されていましたよね。

    そのお話を伺ってから 大分時間が経過した頃
    お知り合いになった方から 多分その方のお話を聞いたことがあります。
    パリに住まう日本人は数万人単位でいるはずですが
    案外狭いのかもしれませんね・・・・

    間に1~2人介すれば 知人の知人くらいにカーンさんがいらっしゃるかもしれないな・・・と
    そのとき思いました・・・・ことを 今ふと思い出しましたよ。

  • 今年は例年に比べて秋への変化が大変早く感じられます。
    朝晩は8月終わりくらいから涼しく
    エアコンを切ることが多々ありましたし
    9月の今日などはずーっと3連休雨模様らしく台風も強いのが近づいているみたいで。

    本来は今くらいから稲刈りをやる予定が
    天候のせいで育ちが悪く月末まで延びました。

     和製かーん

  • それは慌ただしいことでしたね。
    自分はもうパリに住まなくなって随分経ちますが
    未だにずーっと住みたく、引かれている本当に不思議な街というのか。

    施術中には音楽と雰囲気の映像をいろいろと流しています。
    最近はパリの観光バスから撮影した映像が楽しいです。
    オープンの二階建てバスから有名どころを回るため大体見覚えのある風景で楽しいです。

    ところでパリで知り合った友人が毎月施術を受けに来てくれるのですが
    そのときには思う存分思いの丈を話せています。
    思いを共有出来る相手が居るというのは本当にありがたいですね。

     和製かーん

  • 今回の欧州滞在はほとんど移動ばかりで
    半月滞在の内パリにいられたのは
    たった数日。
    再会したいお相手とも会えず終いでした。

    数ヶ月ぶりですが
    変わらぬ風景が迎えてくれ
    未だに住んでいる。
    今の国には旅をしていた錯覚さえ覚え
    不思議な感覚でした。

    乾いた空気 朝夕の冷えた空気
    居るだけで心地よく
    また絶対に住みたいと強く念じました(笑)

    ベタですが、 エッフェル塔は何故
    見慣れても テンションを上げてくれるのでしょうか?

    ◎フランス好きを自負する者達の集う場所◎ 今回の欧州滞在はほとんど移動ばかりで 半月滞在の内パリにいられたのは たった数日。 再会したいお相手

  • 今日、秋篠宮家の眞子様と小室さんの婚約会見を見るともなく見たんだけど
    ちょっとというかだいぶ感慨深いものがありました。

    紀子様の会見もハッキリ覚えてますが
    当時の自分がすーっと思い出されて
    あー、あれから眞子様と同じ年の年月が流れてるんだなーと。

    小津安二郎監督の映画を観てるみたいで大変心地よい会見でした。
    会見の中身がどうこうというより
    頻繁にアイコンタクトしていた二人の姿が
    フレッシュすぎて
    ずーっと見ていたかったですね。

     和製かーん

  • >>40673

    ”パリに立ち寄り中”というのがすごいですね。
    グローバルワイドですね。

    日本は8月終わりから9月になって一気に気温が下がりましたね。
    エアコンを使う頻度も減りましたし
    朝晩はひんやりと過ごしやすく嬉しいです。

    うちは農家なので
    母がいなくなって手伝いに帰ることで
    兄弟達と話すことが格段に増えましたね。

    それと
    最後に母親が入院したとき
    ここ数年入退院の繰り返しでしのいできたせいもあって
    よもやこれが最後だとは
    母親も父親も思ってなかったみたいです。

    だから身の回りの整理とか考えてもなかったと思います。
    不吉なこととして思考を避けていたんでしょうか。

    息を引き取った母親を家に連れて帰ったときには
    母親の生きていた形跡がそのままで
    父親の記憶も混乱して
    数日間の記憶がごちゃごちゃになってましたし
    言うことが支離滅裂でしたね。

    夫婦がお互い依存するというのは当たり前のことではありますが
    片方がこの世を去ったとき
    残された方もまた難しいですね。

    父親をみていると
    残された寿命はそう長くはないだろうし
    何を心のよりどころとして生きるのだろうかと思います。

    最近、たいやきが食べたくてしようがありません。
    というか、味覚があんこを欲しているといいますか。

     和製かーん

  • <<
  • 40694 40674
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン