ここから本文です
現在位置:

ビックリ台湾!?

  • 4,002
  • 0
  • 2016/02/08 20:35
  • rss
  • 1

    *****

    台湾在住の方、旅行等で台湾に来られた事の有る方の、驚かれた事、面白いエピソード等なんでも投稿して下さい。但し、罵倒、誹謗、中傷に類する投稿は絶対にお断りです。
    台湾の方も、「日本人はこんな事に驚くの?」位の軽い気持ちで読んだり、投稿したりして下さい。

  • <<
  • 4002 3977
  • >>
  • 今こそ東北の恩返しの時だ!

    日本人の血が騒ぐ!

    死んだ女房が生きていたら相当な金額の募金をした筈だ。
    俺は女房に恥じない位の金額を打ち込んだ。
    きっと、女房もうなずいてくれてると思う。

    オームの時も、阪神淡路大震災の時も
    気前よく募金してたしなぁ!


    台湾の支援に協力しよう。
    そして、日本人の心意気を示そう!

    下記よりお金を振り込める・・・俺は振り込んだ。

    台湾南部地震緊急支援募金(Yahoo!基金)
    http://donation.yahoo.co.jp/detail/1630020/

    台湾の一般人の人だけの募金で200億円だ!
    恩返しは我々一般人の義援金で示して行こう。

  •  春節を過ぎると台湾も一挙に春めくそうだ。冬の台北は曇天の日が多いが台中は綺麗な晴れの日が続く。今日あたり、とにかくも春節の支度を終えて何処の家庭の冷蔵庫もギッシリと食品が詰め込まれているだろう。

  • >>3998

     いよいよ、中華圏の春節。「台湾は中国じゃない」という意見もあろうが、中華文化圏にあるのは否定できない。18日の大晦日から22日あたりまで、それぞれの親族・親戚を廻ってご馳走三昧と聞くから大変なもので、日本の物寂しい正月風景とは比べものにならない。金持ちの家のテーブルなんか凄いだろうな。

  • 今週からNTTと本式の掛け合いを始めたい。いちおう、手紙で問題点などを指摘し、さいごに、こう締めくくりたい。
    「…以上、当方の意見を申し上げましたが、ご面倒ながらご返事を戴きたくお願い申し上げます。ただ、こうした文書のやりとりでは時間も掛かりますので、今回、わたしが御社にお訪ねしてご説明を伺いたく存じますので、お忙しいところまことに恐縮ではありますが、ご都合のよい日時、訪問先、電話番号、ご担当者のお名前などお知らせくだされば幸甚であります」

  •  体制側にとって、この「イスラム国」が昔は「中共」だった。私の手元に「北京週報」や、雑誌「人民中国」が北京から直送で届いた当初、これを知った両親の驚くまいことか。そのころ、わが家を訪ねてきた、あの有名な宗教団体の「青年部」の男から頭ごなしに「売国奴!!」と言われたのを今でも覚えている。わたしはもう十代の頃から札付きの「売国奴」だっだわけだが、いま、このアラブの新しい動きを理解しようとすれば、「テロリスト、売国奴」として警察庁の監視対象になるのである。日本国憲法などは糞くらえである。

  • 山谷えり子国家公安委員長は4日の衆院予算委員会で、過激組織「イスラム国」が後藤健二さんらを殺害したとみられる事件に関し、「(イスラム国)関係者と連絡を取っていると称する者や、インターネット上で支持を表明する者が国内に所在している」と述べ、警察庁で関連情報の収集・分析を進めていることを明らかにした。平沢勝栄氏(自民)への答弁。 (時事通信)******************************:

    この委員長の発言は、掛け値なし、安倍内閣が正真正銘のファシスト政権であると自ら暴露したも同然である。イスラム国の「関係者と連絡を取っている」また、「インターネット上で支持を表明する者」が日本国憲法の、そして、刑法の第何条に抵触するのか、ハッキリと教えてもらいたいものだ。

  • >>3993

     中国の腐敗官僚が〆て日本円換算40兆円ものカネを海外に持ち逃げとは俄かには信じがたいが、多分、事実なのだろう。それがいったい、全部で何人なのか知らぬが、賄賂は取り放題、公金は掠め放題という国の近未来に何が待ち受けているのか、言わずと知れている。1989年の天安門事件もそうした背景により、起こるべくして起こったに違いないが、中国共産党による一党独裁の弊害とともに、すべての中国人に、数千年に亘る官僚政治の抜きがたい遺伝子が濃厚に残り、連綿と伝えられているからではないだろうか。日本だって、民主主義は形ばかりだが、それでも、何百億という大金を抱えて外国に逃亡する政治家、官僚というのは聞いたことがない。すでに、無産階級文化大革命は全否定されたが、今後、公然、非公然の再評価の動きが出てくるような気がする。

  •  習近平も「太子党」だが、ほかのバカ息子とは違って確かに大人の風格がある。鄧小平以後の執権者には江沢民を始めろくな人物が現れなかった。彼ならなんとかやるだろう。

  • >>3991

    「4兆円のカネが持ち逃げされ…」ではなく、40兆円の誤りである。もちろん、頼りない商業メディアの報道だから、それが正確かどうかは判然としないが、40兆円とは恐るべき数字だ。阿片戦争以後の中国近代史を真面目に研究しようならば、多大な読書量が必要で、わたしも呆れるばかりの蔵書を持ってはいるが、そうであっても茫漠としたナマの中国を理解するのは不可能に近いだろう。

  •  中国では腐敗官僚が海外に逃亡し、すでに4兆円のカネが持ち逃げされていると。ここで「虎も蠅も叩く」習近平の意気込みが竜頭蛇尾に終われば、中国共産党の命脈もあと数年だろう。昔の台湾の新聞には定番の見出しだった「中共大動乱之兆」はハッキリと現れている。

  •  昨日、近くの郵便局でこんどのNTTの「収納手数料」につき、「自動引き落としの場合でも郵便局は受領人から手数料を徴収するのか」と確認の問い合わせをした。仕事の邪魔をしては悪いので終了時間ギリギリの閑散時に行ったのだが、「自動引き落としでも収納先から手数料を取る」という返答だった。だとすれば、私のように、金融機関に振り込み用紙を持参して支払いをするものには、NTTは50円の「収納手数料」を取り、自動引き落としの場合は取らないというのでは実に不公平ではないだろうか。請求書の発行手数料も同様で、自動引き落としの顧客にも毎月の請求書は郵送するのだから、これではまったく整合性がとれない。ただ、ネットのメールで請求書を受領することを承諾した顧客には何十円かの「割引」があるそうだが、郵便局から支払いをするものには100円の「発行手数料」取り、郵送で請求書を受け取る自動振り込みの顧客の「発行手数料」はタダなのだから、ネットの割引云々がその言い訳にならないのは明らかだろう。いちおう、手紙で問い合わせ、いずれは、わたしが直接に出向くことになるだろう。NTT官僚主義との長期戦である。

  •  先日、日曜日、ブックオフで会社の後輩だった人と偶然に出会った。まさに奇遇だが、部署が違っていたからそれほど親しくしていたわけではない。すぐ近くのファミレスに這入って昔話。当時、泣く子も黙ると言われた部長に話題が移った。「あの人は58歳で役職定年になりましてね。本人は役員になれるものと思っていたようですが…。いやぁ、ちょっと言いにくいですが、気の毒でしたね。孤立無援でした」

  • >>3986

     今日、NTTファイナンスから「回答書」が郵送されてきた。まず、入金確認が一週間(今回のは場合は10日)かかるのは、「郵便局での支払いはオンライン処理はされずに郵送で連絡があり、その後の手作業での処理のため時間がかかる」とのこと。
    「収納手数料50円」は、これまで「収納委託費として金融機関に支払っていた手数料を利用者に負担して貰うようになった」とのこと。
    これを踏まえ、さらに請求書の「発行手数料」を追加して再度、質問をすることにしました。しかし、「オンライン処理はされずに、郵送で連絡があり…」というのは本当なのだろうか。まさか、嘘ではあるまいと思うが、このオンライン万能の時代になぜそんなことをするのだろう。NTTがあらたに「収納手数料」の全額負担を求めるのなら、こちらも郵便局まで出かけて窓口で支払う「支払い手数料」を戴きたいくらいだね。とりあえず、月曜日に郵便局で「1月御請求分」の支払いをするが、「この料金はどのように処理されているのか。直接、NTTの電脳にオンラインで処理しているのではないのか」と聞いてみたい。窓口ではなく、奥に座っている局長に聞くほうがいいだろう。まぁ、いずれにせよ、このままでは引き下がらない。絶対に。

  •  2014年に全国の警察が把握した特殊詐欺の被害総額は559億4354万円に上り、前年より約70億円(14%)増えたことが29日、警察庁のまとめで分かった。5年連続で増加し、過去最悪を更新。
    ******************
     今日のニュースで「架空請求詐欺」の11人が警視庁に逮捕されたと。これなどは「詐欺」と気付かずにいる人も多いだろうから、実態は1000億に近いのではないか。その多くが暴力団に流れているのだろう。数年前、私の親戚も300万という大金を騙し取れた。まさに、「詐欺列島」だが、警察は人員を増員し専従班を作って捜査にあたるべきだ。

  •  すでに一人は殺されたが酷いことをするものだ。ただ、その日本人は「民間軍事会社」などという怪しげな「仕事」を企図していて、カラシニコフなどを構えた写真があるが、中東の危険地帯でそこまで首を突っ込んだからには自業自得と言われてもしかたがないだろう。

  •  請求書の封筒に【NTT東日本から「発行手数料等」に関するお知らせ】なる小紙片を同封して「…ご負担いだくことになりました」と書けば、それで万事上々というNTTの姿勢を顧客不在の官僚主義と批判したところで不穏当とは言えまい。「こちらの都合に従わなければ、今月から150円増しの料金だぞ」というわけだが、その150円の加算を避けるため、「口座振替」に変更する利用者はおおぜい出てくるだろう。もちろん、それが彼らの思惑なのだが、これは郵便局やコンビニから支払いをする利用者への体(てい)のいい脅迫と言ったら言い過ぎだろうか。

  •  これは電電公社の「伝統」なのだろう。そこにあるのは、利用者の立場、利便などはまったく眼中にない官僚主義そのものであって、顧客の支払いを「口座振替」にさせたいばかりに勝手気まま、問答無用の不当な料金を設定したのである。わたしは断じて偏執的なクレーマーではないから、これで一銭だって利益が得られるわけではないが、NTTなら相手に不足はない。

  •  この、「発行手数料」と言うのは、請求書を作成、郵送する手間のことだろうが「口座振替支払い」の場合でも、毎月の電話料などが違うのだから請求書は必ず送られてくるはず。なぜ、郵便局、コンビニなどで支払う場合にのみ、その手数料をとるのか。さらに不可解なのは「収納手数料」である。いったい、電脳に振り込まれた料金になぜ手数料が必要なのか。例えば、スーパーなどで買い物をしたとき、レジで現金の「収納手数料」なるものを取るだろうか。これを電話に出た担当者に申し上げたが満足な回答はなかった。そこで「それでは、あなたの上司に以上をすべて報告したうえ、文書で回答するよう必ず伝えてください」と述べ、その承諾を得て電話を切った。これが、今月、19日のことである。いま現在、回答の郵便物は未達。

  • >>3978

     【NTT東日本から「発行手数料」等に関するお知らせ】
     拝啓 平素よりNTT東日本をご利用いただき、誠にありがとうございます。平成27年1月のご請求分より、「フレッツ光」の毎月のご利用料金を「請求書」でお支払いのお客様におかれましては、「発行手数料「100円(税抜き)/月」、「収納手数料50円(税抜き)/月」をご負担いただくことになりました。お支払方法を「クレジット・カード支払い」または「口座振替支払い」へ変更の上、「@ビリング」をご契約いただきますと、発行手数料等はかかりませんので、この機会にお手続きをお願いいたします。  
    **************************************************
    わたしが電話で問い質したのはこの文面である。 いったい、これは何なんだ?! 「発行手数料、収納手数料」とは何ぞや??

  • >>3976

    言うまでもなく、郵便局での「振込み」は電脳で処理され、受領する側の電脳に瞬時に入金されるはずである。5日の振込みが14日になっても確認できないとなれば、そこに、何かしらの重大な欠陥があると言わざるをえない。NTTファイナンスのコンピュータシステムがそんないい加減なものであるとは思えないから、いったい、どうしてそんなことが起こりうるのか問い合わせたのだが、電話の相手は「処理に時間がかかる」と逃げの一手。もちろん、そうした責任回避は予想できたから、長年、保険業界で鍛えたプロの「会話」を駆使

  • <<
  • 4002 3977
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順