ここから本文です

「Yahoo!意識調査」によれば、現在、「希望の党に期待する」が、98329票・22.8%、「期待しない」が386887票・72.2%となっている(6日締め切り)。一方、「立憲民主党に期待する」が75981票・43.4%。「期待しない」が92852・53.1%である(12日締め切り)。その推移を注視してきたが、「希望の党」に始めの勢いはなく、7割を越す不支持ではすでに「逆風状態」で「単独過半数」などはありえない。注目すべきは「立憲民主党」で、このまま行けば賛否が拮抗する可能性が出てきた。この「Yahoo!意識調査」はその大半が保守的ないわゆる「ネット住民」の「意識」なのだが、これを勘案しても「希望の党」の不人気ぶりと「立憲民主党」の健闘が目立っている。この党が、共産党の組織票を別にして、国民の間にはけっして少数派ではない「護憲リベラル」票の唯一の受け皿として意外な大量得票も十分にに考えられる。

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン