ここから本文です

 神戸製鋼所の検査データ改ざん問題で、製品の品質を最終確認し、場合によっては出荷を差し止める権限を持つ品質保証担当者が自ら、検査データを改ざんしていた例があることがわかった。
**************************
もう、何をか言わんやだが、この会社は売り上げ1兆8千億、連結従業員37000人を抱える大企業で、テナントビルに十数人の社員を置き、「ベンチャー企業」などと称して正体不明のサービス業などをしているJASDAQ銘柄とはわけが違う。こうした「犯罪行為」を敢えてここまでやった以上、会社の信用は丸潰れ、主に海外の納入先から「得たり」とばかり巨額の賠償金を請求されるだろう。いずれ「ミタル」あたりに二束三文で身売りするハメになるかも知れない。日本の名だたる一流企業の破綻、連続不祥事を見ると、この国の産業が足元から崩れ始めたのではないかと危惧せざるを得ない。

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン