ここから本文です
現在位置:
  • こんばんは。
    ヤフーブログで【怪異現象ラボ】というブログを運営している
    心霊ラボと申します。

    皆さまから集めた恐怖体験・不思議体験をブログに掲載させて
    いただいております。

    皆さまにも一度くらいは
    「これって不思議じゃない?」というお話があると思うんです。
    夏ですしね、そういう体験談を教えていただけませんか?
    もちろん、ブログでも紹介させていただきたいです☆

    肝試しに行ったら怖い体験をした!とか、
    普段からよく見ているよ!とか、
    よくわからんが不思議な体験した~ などなど
    体験談を募集します☆

  • <<
  • 23 2
  • >>
  • 23(最新)

    nez***** 9月7日 02:49


     女性を美しく見せるハイヒール。しかし、あの地面を叩くコツコツという音が、私には恐怖なのです。
     そうなってしまったのには理由があります。
     ──今から十年ほど前のことです。私は仙台支店に転勤になりました。
     水曜日でした。午後十時ごろ。
     会社が用意してくれたマンションで暮らし始めた最初の夜。近くに、よさそうなスナックを見付け、いつもより深酒をして帰って来ました。
     マンションの前で、赤いワンピース姿の、十歳くらいの女の子が立っているのが見えました。
     こんな時間に、どうしたんだろう……?
     そのとき、コツコツという音を耳にしました。ハイヒールの音でした。向こうから清楚なスーツ姿の女性が歩いて来るのが見えました。女の子が彼女の手を取り、二人は仲良くマンションに入って行きました。
     きっと母親の帰りを待っていたのでしょう。見ていて微笑ましい光景でした。
     二人の後から、私も階段を上がり始めました。私の部屋は二階。
     が、
     ポケットから鍵を出し、次に前を向いたとき──親子は、いなくなっていました。本当に一瞬のことでした。
     飲み過ぎたらしい……。
     不思議ではありましたが、そのときはそう思いました。部屋に入ると深酒のせいで、私は着替えも済まさないで眠ってしまいました。


     仕事を終えるのが午後八時。十五分ほど電車に揺られ、スナックに寄ってからマンションに帰るという一週間でした。
     その日も飲みに行き、何かのきっかけで、(母子家庭が増えている──確か、そんな話題のときでした)あの親子のことを話しました。すると、近くのテーブルにいた客が、
    「ひょっとして、赤いワンピースの……?」
    「え?」

  • 「あの親子はね、」彼は続けました。「二年前、あのマンションで亡くなったんですよ──」
     少女が不慮の事故で亡くなっていました。帰宅して娘の死体を発見した母親は、その二日後に自殺したということです。
    「何人もの人が、あの親子の霊を見ています。それは、母親が遅くまで残業していた水曜日だけ。母親のいない、その水曜日に、女の子は亡くなりました」
     私が見たのも水曜でした。そして、一週間後の今日も──。
     そういうことなら、あの二人を見たくはありません。飲むのをやめマンションに帰りました。
     風呂を済ませて布団に入りました。
     しかし、どの部屋だろう……親子が住んでいたのは……?
     マンションは五階建。全部で二十戸。
     そのとき、外の階段をコツコツと上がって来るハイヒールの音が──
     はっとして時計を見ました。
     十時──。
     と、
     ぴたっと音が止まりました。
     私の……部屋の前だ……。
     その瞬間に悟りました。
     ここだ……この部屋だ……。
     入って来た──
     気配で分かったのです。
     恐怖に耐えられなくなって頭から布団を。
     すぐ傍にいる──。
     ですが、布団の中で息を殺していたせいで、酸欠状態になってしまいました。
     たまらなくなって布団から顔を出すと、そこには──


     大声を上げて気を失ったのを憶えています。
     気が付いたときには朝になっていました。
     ハイヒールの、あのコツコツという音を聞くと、今でも私は……。
     考えてみれば可哀想な親子なのですが、あの夜、部屋で見てしまった二人の姿を思い出すと……

  • 保育園の頃でした。
    近くの神社で友達と遊んでいたら見てしまいました。
    社務所の壁に入って行く巫女さんを!
    スゥーっと・・・
                        飛雄馬

  • 19投稿の物です。

    書ききれなかったのでこんな事は、有るのかと思う出来事がありました。
    auのガラケーにメールが入っていて名前がこんな人登録してないよって思った名前で奏衣さんと言う人からで「あなたは」と言う文だけでした。
    それからルームでスカイプを友人と楽しんでいたらうめき声がするという事で調べたらやはり自分の部屋からで私は、気にしませんでしたが。
    嫁から電話があったので出ると何時に帰るの?と言われ答える間もなく。嫁がうめき声がすごいすると言われ怖くなりました。
    携帯をよく見ると嫁の登録の名前があのメールの人になっていました。嫁が気持ちわるがると思いいっていませんでしたが。嫁に確認してメール送った?と聞いてもおくってないよと携帯を見せて貰いましたが送ってない。
    そんな事から何かあったのか嫁がお酒を凄い呑むようになり離婚し。
    私は、あのルームのある会社から辞めて
    今では、再婚して子供もいます。
    本当に、不思議体験でした。別れた嫁がどうなったか怖くて調べたり聞いたりもしないです。
    あのルームは、なんかあると今でも思います。
    あれから約3年経ちますがあの部屋は、人が住んでないようです。
    1階が居酒屋がある所で人通りが凄い有るのにあの部屋だけ決まらないそうです。
    霊感がある方は、まず近寄れないそうです。あれからライブチャットの会社も、あの一件から縮小の一歩をたどっています。
    今でも、思い出す。サウナみたいな湿気が凄い部屋でただ重いなと気になる部屋
    そんな体験をしたからこそ幽霊と言うよりも
    非現実的過ぎて受け止められません。
    分かった方がいたら建物は、伏せて下さいね。
    今でも、昔の嫁に何かついてしまったのかと本当に思う時があります。

  • 私がライブチャットの管理人だった時の事で不思議な体験をしました。
    池袋西口でやっていたのですが設備が整った所は、無かったので以前ライブチャットで使っていた部屋を借りました。家賃は、大手洋服ショップの近くで8万円安いので会社が即答で借りるとなりました。
    かんりなので映像チェックしてると隣の部屋から物音がしたので確認すると誰もいない…。
    霊感がある人は、絶対に入り口から入りません。
    私は、幽霊など信じない派だったので女の子の話を冗談か何か合わないのかなと思い。聞き流して普段の管理人生活を続けていたのです。
    利用者が少なくグループ店がいっぱいという事もあり。1人の女の子が部屋を使ったのですが。
    翌日からまったく出勤せず、グループ店からは何かあったのかとどやされました。本人に電話した所、熱が引かないのでしばらく休みます。と言われ会社に報告しました。次の日話したい事があると言われ近くのパイが美味しい店で話す事に
    本人が言うには、あの部屋にいるのは、化物みたいなのがいて家の窓を叩くんですと言われまたまたオーバーな奴と思い聞くだけ聞いて帰りました。翌日社長の友達がルームを見てみたいと言い出したので見せたらやはり入らない…。
    話を聞いてビックリしたのは、チャットレディスの人とまったく同じ事を聞いた時にぞっとしました。その他にも、私は無頓着なのでルームに泊まっていた時に夜3部屋の内の真ん中で寝ていた部屋の扉前の廊下を走るのです。開けても誰もいないのでビルだしよくあるかと思い。さっくり寝ようと思って寝たら深夜異様に喉が渇いて虚ろに起きると誰かが部屋の扉を開けて来ているが脚の感覚で分かりました。そんな事でも夢を見たのだろうと思っていた自分が居たのですが。会社でお祓いをすると決まった朝一本の連絡が入って会社の人がみんな青ざめたのです。それは、古くから居る霊で複合体らしく頭から手や足が生えているそうでお祓い出来ないと言う電話でした。今でも、不思議でちょぴり怖いですが。霊視が出来る人が言うには、そういうのに滅法強い人間と言われましたがあの体験は、まさかと今でも思います。
    まだ借り手が決まらない部屋あの湿気が凄い部屋の前の借主に話を聞いたら体調不良でみんな売上が上がらず撤退したそうです。やはり、何かある部屋には、何かいるのでしょうね。

  • >>15

    返信が遅くなってしまい、申しわけありません。

    偶然にしては不思議なほど「3」が続いていますね。

    でも、「3」という数字は縁起のいいものとよく言われますね。
    陰陽道でも「1」の次にいい数字だったはずです。
    日本では偶数は不吉な数字といいますが、逆に奇数は縁起の
    いい数字として喜ばれていますよ。

    おばあ様はとてもいい方だったのでしょうね。

  • 皆さんからいただいた体験談を順番に掲載していますので、
    今しばらくお待ちくださいね。

    よろしければヤフーブログの「怪異現象ラボ」というブログに
    お越しいただければ、記事を確認していただける日が来ると
    思います。お嫌でなければせひ!!!

  • 是非、ブログに載せてください!、まだ、3年前の深夜の着物を着た女の子の話しもあります!この話しは~僕の高校の同級生がデリバリーヘルス経営しているのでドライバーのアルバイトをしていた時の話しですが~お客様の所に案内した女性を福岡市内の某所の高級マンションに迎えに行ってくれと携帯に連絡が入りました!、そして、女性と合流し、女性の待機場所に向かう道のりで1ヶ所嫌な場所があります。、福岡市東区の場所で他のドライバーの間でも嫌な噂な場所なのですが~そこの場所は街灯も暗く、信号の灯りだけが明るい場所で~その信号で停車すると~薄暗い光だけのマンションなのですが~玄関の出入り口に着物を着た女の子が立ち、こちらをジッーと見つめていて、マンションの自動ドアが開いたり、閉まったり!、明らかにその女の子は足がありません!、後部座席のデリ嬢も見てあの子足が無いと怖がり目を伏せていました。、僕は慣れているので怖くは無いのですが、その女の子が何かを言いたいように見えました。、その場所は~戦時中、空襲で大勢亡くなった場所です。

  • >>9

    こちらも引き続き、ありがとうございます☆

    亡くなったからから連絡が来たという話は、たまにききますね。
    何か言いたかったり、会いたかったり…。
    ご友人は貴方に会いたかったのですね。

    他にもありましたら、ぜひ聞かせてください♪

  • >>8

    こんばんは。
    すみません。本業が忙しく、この掲示板も放置していました。

    貴方さまは【見える】方なんですね。素晴らしい。

    それにしてもとても怖い体験談ですね。
    今日、夜中に目を覚ましたくないと本気で思いました。
    目を開けた時に、人がいたら嫌だな~。

    投稿してくださり、ありがとうございます☆
    私のブログに掲載させていただいても大丈夫ですか?

  • 霊感が強いと苦労しますが~まだまだ体験談はありますよ~この話も僕が若い時の体験談!高校卒業して~車の免許を取り、友人とお互いに峠の走りにはまりまして~ある雨の日に誘われたのですが僕は雨の日のドリフトは苦手でしたし~ガソリンがないのでその日の誘いは断りました。、でも友人は峠に走りに行き~スリップしてガードレイルを突き破り!、15m下の崖へまさかさまに落ちた挙句、車が炎上して18歳の若さで亡くなりました。、僕が事故の連絡を受けたのは~次の日の朝8時でした。、友達と通夜にお線香をあげに行こうと話しが決まり、亡くなった友人の母さんと色々話、帰宅しました。、その日の夜、遅くまで起きていると~夜中1時過ぎに電話がなりましたが~夜中に掛けてくる奴は非常識だと思い無視して留守番電話のメッセ~ジの録音が開始しました。、そのメッセージを黙って聞いてみると!亡くなった友人の声で~熱いよ~助けて~と録音されました!、それから~日が経ち、仕事が忙しくて忘れていたら~ある日の夜、自宅で寝ていると~金縛りに合い体が動かないので恐る恐る目を開けてみると~亡くなった友人が僕の布団の上で立っていました。、ちょうどその日は49日!亡くなった友達は僕に有難うと一言だけ言って消えました。、友人は淋しかったのかも知れないと思い、次の日に手を合わせに行きました。、この友人は18歳と言う若さでこの世を去りました。、僕も有難うと言いたい!

  • 怖い話!、実体験の話ですが~僕は霊感があり、10年前の体験ですが~僕がまだ若い頃、調理師の修行で江戸前の寿司の勉強の為に東京「某有名店」で住込みで働く事になり~その寿司屋の寮に入寮することになりました。、その寮は古いアパートで6畳で台所、トイレは共同、しかも、そのアパートの近寄ると何故か空気が重たくて、嫌な感じが漂う暗い建物!、でも、明日から仕事なので入居し「友達と」明日の仕事が楽しみだね~とか、頑張ろうと話をしていました。、夜になり晩御飯を食べ、銭湯に風呂も入り終わり、お互い自分の部屋に入りました。、疲れていたのか10時に眠りつきました!、だが、体が重くなり目を開けると自分の目の前に知らない女性が僕を見ていました。、その女性は目を充血していて、髪は長く微笑んでいました!、まだ、体も動きません!、目をつぶり、暫く我慢しているとスッーと体が軽くなったので目を開けると~周りに誰もいなかったので安心していると僕の友達の部屋から悲鳴が聞こえてきました。、1時間位たったでしょうか~友達が僕の部屋に駆け込んできました!、友達がお前の部屋にも女性が現れなかったかと聞いてきたので~赤い目の女性だろ~て言うと顔を真青にして頷きました。、その時、時計を見ると~深夜2時でした!、お互い怖くなり~2人で寝ることにしたのですが~案の定、又寝付こうとした時の事、2人共体が重くなり~目を開けると~先程の女性が現れ、部屋の中をぐるぐる回っていました。、2人共眠れず夜が明けるまで怖い思いをしました。、そのアパートは僕たちが住む2年前に一人暮らしの女性が自殺したアパートでした。、ちなみにその女性は当時22歳だったそうです。、「大家さんに聞きました」!首を包丁で切り自殺していたそうです。

  • >>6

    うわうわうわ…それは、全部繋がっている話じゃないですか!

    お仲間が欲しかったということでしょうか。
    ご無事でなによりです。

    箱根は確かに、なんとなく不気味な雰囲気がありますよね。
    今後もお気を付けくださいね。

  • >>5

    その後ノロノロ走行のバイクに追いつき〜追い抜いた瞬間奇声を発したのです
    男のくせに、びっくりさせやがって、
    その先のカーブでブレーキがの効きがキーキーする?
    それは直ぐ正常になったが、
    先のカーブで花が添えてありました。

  • >>4

    ほう、それは不思議な体験ですね。
    山道はやっぱり怖いな~。
    その後、何事もなく無事に峠を越えられたのですか?

  • >>3

    3回有ります。
    1回目は14年前の6月にバイクで走行中、急に雨になり、
    安全走行に切り替えた4分後後ろからもう一台のバイクのライトが迫ってきた、
    しかし一定の距離を保ちしばらくしてそのライトが上に上がって行きそのまま
    消えてしまったのです。

    未だに謎の一つですが
    仮説を立てると、そこで亡くなったライダーか?

  • >>2

    こんばんは! 早速の投稿ありがとうございます。
    どんな怪奇現象に遭われたのか、詳細を書いていただくことはできますか?

  • 何回か行ってますが、それは夜間起こりました
    バイクで夜間走行はやばいです。

    お気を付けて下さい。

  • <<
  • 23 2
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン