ここから本文です
  • 1

    *「生命体」とは【生命現象(⇔物理現象)を担っている実体】であり、現象の実体は「もっとも小さい物」の集合の結果として「在る」との認識が大切です。
    (⇔「もっとも小さい物」=「電気」=「普遍的物質」⇔「万物の根源」)

    *【この世界には秩序がある】

    *【「普遍的事実」と事実から、真実を学ぶ】
         
    *【同一のことがらについて『真理は一つ』】

    *「膜」の階層状態・状態の変化・素原子(=電気)の存在状態・性質について!

    *二次的に誕生した「生命体」について!

  • <<
  • 492 472
  • >>
  • 最新のコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>475

    僭越ながら、

    私達、地球上に生きる者は
    全て
    ある種の

    DNAのベクターに過ぎない
    と思うのだが

    社会とは個体の集まり、の総称であり


    >*《人間と呼ばれる個体は、「1つの社会である。」》

    蟻の例え
    しごく分かりやすく、ありがとうございます。


    DNAは勝手です
    あらゆる、細胞をも作り出しますよ。
    環境に応じて

  • >>488

    竹内大先生の好みはああいうのですか。

    竹内大先生のかつての発言からして、STAPなんか意地でも認めないと思ってたんだけどな。大先生も若い女には弱かったんか

  • >>487

    >【STAP現象が生じる理由!】
    1.個体を統合する生命体が存在する!

    1.上記、生命体は物であり、物理的刺激により、生き残るため、その物の状態を変化させている。その結果として、その生命体が初期化の状態を得、STAP細胞となるのです。

    *しかし、STAP細胞には多段階の初期化があり、STAP幹細胞になり得るSTAP細胞を得ることは、なかなか難しいようです。

    *小保方氏へ

    *STAP現象があることは、「膜」理論・中心小体論から理解することが出来ます。

    *当面は、先ず、ゆっくりと休養し、貴方を理解する、よき環境の”場”を探してください。そして、その後、STAP細胞の再現をなしてください。

    ”心より”応援しております。

  • 1.個体を統合する生命体が存在する!

    1.上記、生命体は物であり、物理的刺激により、生き残るため、その物の状態を変化させている。その結果として、その生命体が初期化の状態を得、STAP細胞となるのです。

    *しかし、STAP細胞には多段階の初期化があり、STAP幹細胞になり得るSTAP細胞を得ることは、なかなか難しいようです。

  • >「1つの細胞も社会である。」を分かり、そして、「細胞を統合しているのは最初から在ったcentrioleである。」を学び、更に、「生命体である我々は、centrioleの内に存在し、全体を統合している。」との認識が大切です。

    >*上記と[統合体である生命体には、「生き残る」という目的がある。]とを分かり、統合体である生命体は、「細胞の内的状態」・「細胞の外的状態」に対応し、その細胞自体を変化させている。

    >*STAP細胞と呼ばれる細胞は、上記の結果としてある細胞です。

    > *細胞は独立した生き物であり、「生物は外的条件に適応している。」を忘れないことが大切です。

    >*理研の野依理事長・日本分子生物学会の大隅理事長、共に両者は、上記生物学の基本を理解できていないようです。

    *大切なことは、「STAP現象は、事実である。」を分かり、小保方氏を正しく評価することです。

    *今回の騒動で、最も悪いのは野依であり、野依が、未熟者故、間違った思い込みをし、事実を事実として認めることができなかったからである。

    *未熟者の野依に言っても無駄である故、今やらなければいけないことは、文部科学省の大臣が正しい判断をなし、未熟者の野依に、今回の責任を取らせることである!

  • >「1つの細胞も社会である。」を分かり、そして、「細胞を統合しているのは最初から在ったcentrioleである。」を学び、更に、「生命体である我々は、centrioleの内に存在し、全体を統合している。」との認識が大切です。

    >*上記と[統合体である生命体には、「生き残る」という目的がある。]とを分かり、統合体である生命体は、「細胞の内的状態」・「細胞の外的状態」に対応し、その細胞自体を変化させている。

    >*STAP細胞と呼ばれる細胞は、上記の結果としてある細胞です。

    > *細胞は独立した生き物であり、「生物は外的条件に適応している。」を忘れないことが大切です。

    >*理研の野依理事長・日本分子生物学会の大隅理事長、共に両者は、上記生物学の基本を理解できていないようです。

    *大切なことは、「STAP現象は、事実である。」を分かり、小保方氏を正しく評価することです。

    *今回の騒動で、最も悪いのは野依であり、野依が、未熟者故、間違った思い込みをし、事実を事実として認めることができなかったからである。

    *未熟者の野依に言っても無駄である故、今やらなければいけないことは、文部科学省の大臣が正しい判断をなし、未熟者の野依に、今回の責任を取らせることである!

  • >>483

    >「1つの細胞も社会である。」を分かり、そして、「細胞を統合しているのは最初から在ったcentrioleである。」を学び、更に、「生命体である我々は、centrioleの内に存在し、全体を統合している。」との認識が大切です。

    >*上記と[統合体である生命体には、「生き残る」という目的がある。]とを分かり、統合体である生命体は、「細胞の内的状態」・「細胞の外的状態」に対応し、その細胞自体を変化させている。

    >*STAP細胞と呼ばれる細胞は、上記の結果としてある細胞です。

    *細胞は独立した生き物であり、「生物は外的条件に適応している。」を忘れないことが大切です。

    *理研の野依理事長・日本分子生物学会の大隅理事長、共に両者は、上記生物学の基本を理解できていないようです。

  • >「1つの細胞も社会である。」を分かり、そして、「細胞を統合しているのは最初から在ったcentrioleである。」を学び、更に、「生命体である我々は、centrioleの内に存在し、全体を統合している。」との認識が大切です。

    *上記と[統合体である生命体には、「生き残る」という目的がある。]とを分かり、統合体である生命体は、「細胞の内的状態」・「細胞の外的状態」に対応し、その細胞自体を変化させている。

    *STAP細胞と呼ばれる細胞は、上記の結果としてある細胞です。

  • >>481


    一人で社会である! ⇔ 群体 

    *下記を分かり、個体と呼ばれる人間は、《一人で社会である。》との認識が大切です。

    *”生命体”自体は、”「膜」の階層状態”の状態であり、この状態変化がなされ、結果として、”進化”がなされている。⇔ 「始原生命体は、電気だけから構成されている。」

    *個体である人間は、多くの細胞からなり、この1つ1つの細胞の中に中心小体が在る。この中心小体の内に居るのが「私」であり、且つ、全体を統合する中心小体(=私)が居る。

    *上記を分かり、人間と呼ばれている個体は「多私である。」を分かることが大切です。

    *そして、《「他の自分」に支えられ、私が在る。》を分かることが大切です。


    *蟻の巣の蟻達も1つの社会を形成しており、蜂の巣の蜂達も1つの社会を形成している。又、猿の群れも1つの社会を形成しており、ライオンの群れも1つの社会を形成している。・・・

    *上記から”社会”に共通する特徴は、下記である。
    1「社会は、生命体の集合体である。」
    2「統合体・構成体共に全体で1つとして”生きる”との目的を持つ。」⇔(1は全体の為に、全体は1の為に。)
    3「社会には必ず統合体(リーダー)が存在する。」⇔(統合体のいない社会は崩壊する。)
    4「社会を構成する個体は、それぞれ部分ごと・階層ごとにおける役割を担っている。」⇔(規律・法・秩序)
    5「構成体である生命体は独立して存在している。」⇔(個の存続なしに、全体の存続はない。全体の存続なしに、個の存続はない。)

    *上記から、《「社会」とは、[「全体で1つ」として生きる。]との目的・意志を共有する生命体の集合体である。》故、《人間と呼ばれる個体は、「1つの社会である。」》との認識が大切です。

    *《人間と呼ばれる個体は、「1つの社会である。」》

    *個体は1個の受精卵として誕生し、この受精卵である1個の細胞は独立した生き物である。この細胞が自分であり、この自分が複製をなし2個の自分になった。そして4個の自分になり、・・・結果として、60兆個の自分からなる「人間と呼ばれる個体」が形成された。細胞は独立した生き物であり、それぞれの自分は、それぞれの場所ごとにおける役割を認識し、その上位の階層である「人間と呼ばれる個体」の為に仕事をなしている。そして、目の奥、即ち、脳のある部分に居る1つの細胞の内に居る自分がその個体を代表する統合体となっている。

    *上記から、すべての人間は社会の統合体であり、故に、学ぶ、学ばないにかかわらず、あらゆる人間は、社会が「どのようにあるべきか?」を知っている。

    *上記を分かり、次に、「1つの細胞も社会である。」を分かり、そして、「細胞を統合しているのは最初から在ったcentrioleである。」を学び、更に、「生命体である我々は、centrioleの内に存在し、全体を統合している。」との認識が大切です。

    *以上から、「地球上のあらゆる生き物が、開発の結果としての社会形態である。」を分かり、centrioleの内に存在し生き続けている社会の構成単位である生命体の意志とその方向性・バランスが社会開発(⇔生命体の進化)にとって重要と思われる。

  • >>480

    一人で社会である! ⇔ 群体 

    *下記を分かり、個体と呼ばれる人間は、《一人で社会である。》との認識が大切です。

    *”生命体”自体は、”「膜」の階層状態”の状態であり、この状態変化がなされ、結果として、”進化”がなされている。⇔ 「始原生命体は、電気だけから構成されている。」

    *個体である人間は、多くの細胞からなり、この1つ1つの細胞の中に中心小体が在る。この中心小体の内に居るのが「私」であり、且つ、全体を統合する中心小体(=私)が居る。

    *上記を分かり、人間と呼ばれている個体は「多私である。」を分かることが大切です。

    *そして、《「他の自分」に支えられ、私が在る。》を分かることが大切です。


    *蟻の巣の蟻達も1つの社会を形成しており、蜂の巣の蜂達も1つの社会を形成している。又、猿の群れも1つの社会を形成しており、ライオンの群れも1つの社会を形成している。・・・

    *上記から”社会”に共通する特徴は、下記である。
    1「社会は、生命体の集合体である。」
    2「統合体・構成体共に全体で1つとして”生きる”との目的を持つ。」⇔(1は全体の為に、全体は1の為に。)
    3「社会には必ず統合体(リーダー)が存在する。」⇔(統合体のいない社会は崩壊する。)
    4「社会を構成する個体は、それぞれ部分ごと・階層ごとにおける役割を担っている。」⇔(規律・法・秩序)
    5「構成体である生命体は独立して存在している。」⇔(個の存続なしに、全体の存続はない。全体の存続なしに、個の存続はない。)

    *上記から、《「社会」とは、[「全体で1つ」として生きる。]との目的・意志を共有する生命体の集合体である。》故、《人間と呼ばれる個体は、「1つの社会である。」》との認識が大切です。

    *《人間と呼ばれる個体は、「1つの社会である。」》

    *個体は1個の受精卵として誕生し、この受精卵である1個の細胞は独立した生き物である。この細胞が自分であり、この自分が複製をなし2個の自分になった。そして4個の自分になり、・・・結果として、60兆個の自分からなる「人間と呼ばれる個体」が形成された。細胞は独立した生き物であり、それぞれの自分は、それぞれの場所ごとにおける役割を認識し、その上位の階層である「人間と呼ばれる個体」の為に仕事をなしている。そして、目の奥、即ち、脳のある部分に居る1つの細胞の内に居る自分がその個体を代表する統合体となっている。

    *上記から、すべての人間は社会の統合体であり、故に、学ぶ、学ばないにかかわらず、あらゆる人間は、社会が「どのようにあるべきか?」を知っている。

    *上記を分かり、次に、「1つの細胞も社会である。」を分かり、そして、「細胞を統合しているのは最初から在ったcentrioleである。」を学び、更に、「生命体である我々は、centrioleの内に存在し、全体を統合している。」との認識が大切です。

    *以上から、「地球上のあらゆる生き物が、開発の結果としての社会形態である。」を分かり、centrioleの内に存在し生き続けている社会の構成単位である生命体の意志とその方向性・バランスが社会開発(⇔生命体の進化)にとって重要と思われる。

  • >>479

    一人で社会である! ⇔ 群体 

    *下記を分かり、個体と呼ばれる人間は、《一人で社会である。》との認識が大切です。

    *”生命体”自体は、”「膜」の階層状態”の状態であり、この状態変化がなされ、結果として、”進化”がなされている。

    *個体である人間は、多くの細胞からなり、この1つ1つの細胞の中に中心小体が在る。この中心小体の内に居るのが「私」であり、且つ、全体を統合する中心小体(=私)が居る。

    *上記を分かり、人間と呼ばれている個体は「多私である。」を分かることが大切です。

    *そして、《「他の自分」に支えられ、私が在る。》を分かることが大切です。


    *蟻の巣の蟻達も1つの社会を形成しており、蜂の巣の蜂達も1つの社会を形成している。又、猿の群れも1つの社会を形成しており、ライオンの群れも1つの社会を形成している。・・・

    *上記から”社会”に共通する特徴は、下記である。
    1「社会は、生命体の集合体である。」
    2「統合体・構成体共に全体で1つとして”生きる”との目的を持つ。」⇔(1は全体の為に、全体は1の為に。)
    3「社会には必ず統合体(リーダー)が存在する。」⇔(統合体のいない社会は崩壊する。)
    4「社会を構成する個体は、それぞれ部分ごと・階層ごとにおける役割を担っている。」⇔(規律・法・秩序)
    5「構成体である生命体は独立して存在している。」⇔(個の存続なしに、全体の存続はない。全体の存続なしに、個の存続はない。)

    *上記から、《「社会」とは、[「全体で1つ」として生きる。]との目的・意志を共有する生命体の集合体である。》故、《人間と呼ばれる個体は、「1つの社会である。」》との認識が大切です。

    *《人間と呼ばれる個体は、「1つの社会である。」》

    *個体は1個の受精卵として誕生し、この受精卵である1個の細胞は独立した生き物である。この細胞が自分であり、この自分が複製をなし2個の自分になった。そして4個の自分になり、・・・結果として、60兆個の自分からなる「人間と呼ばれる個体」が形成された。細胞は独立した生き物であり、それぞれの自分は、それぞれの場所ごとにおける役割を認識し、その上位の階層である「人間と呼ばれる個体」の為に仕事をなしている。そして、目の奥、即ち、脳のある部分に居る1つの細胞の内に居る自分がその個体を代表する統合体となっている。

    *上記から、すべての人間は社会の統合体であり、故に、学ぶ、学ばないにかかわらず、あらゆる人間は、社会が「どのようにあるべきか?」を知っている。

    *上記を分かり、次に、「1つの細胞も社会である。」を分かり、そして、「細胞を統合しているのは最初から在ったcentrioleである。」を学び、更に、「生命体である我々は、centrioleの内に存在し、全体を統合している。」との認識が大切です。

    *以上から、「地球上のあらゆる生き物が、開発の結果としての社会形態である。」を分かり、centrioleの内に存在し生き続けている社会の構成単位である生命体の意志とその方向性・バランスが社会開発(⇔生命体の進化)にとって重要と思われる。

  • 一人で社会である! ⇔ 群体 

    *下記を分かり、個体と呼ばれる人間は、《一人で社会である。》との認識が大切です。

    *”生命体”自体は、”「膜」の階層状態”の状態であり、この状態変化がなされ、結果として、”進化”がなされている。

    *個体である人間は、多くの細胞からなり、この1つ1つの細胞の中に中心小体が在る。この中心小体の内に居るのが「私」であり、且つ、全体を統合する中心小体(=私)が居る。

    *上記を分かり、人間と呼ばれている個体は「多私である。」を分かることが大切です。

    *そして、《「他の自分」に支えられ、私が在る。》を分かることが大切です。


    *蟻の巣の蟻達も1つの社会を形成しており、蜂の巣の蜂達も1つの社会を形成している。又、猿の群れも1つの社会を形成しており、ライオンの群れも1つの社会を形成している。・・・

    *上記から”社会”に共通する特徴は、下記である。
    1「社会は、生命体の集合体である。」
    2「統合体・構成体共に全体で1つとして”生きる”との目的を持つ。」⇔(1は全体の為に、全体は1の為に。)
    3「社会には必ず統合体(リーダー)が存在する。」⇔(統合体のいない社会は崩壊する。)
    4「社会を構成する個体は、それぞれ部分ごと・階層ごとにおける役割を担っている。」⇔(規律・法・秩序)
    5「構成体である生命体は独立して存在している。」⇔(個の存続なしに、全体の存続はない。全体の存続なしに、個の存続はない。)

    *上記から、《「社会」とは、[「全体で1つ」として生きる。]との目的・意志を共有する生命体の集合体である。》故、《人間と呼ばれる個体は、「1つの社会である。」》との認識が大切です。

    *《人間と呼ばれる個体は、「1つの社会である。」》

    *個体は1個の受精卵として誕生し、この受精卵である1個の細胞は独立した生き物である。この細胞が自分であり、この自分が複製をなし2個の自分になった。そして4個の自分になり、・・・結果として、60兆個の自分からなる「人間と呼ばれる個体」が形成された。細胞は独立した生き物であり、それぞれの自分は、それぞれの場所ごとにおける役割を認識し、その上位の階層である「人間と呼ばれる個体」の為に仕事をなしている。そして、目の奥、即ち、脳のある部分に居る1つの細胞の内に居る自分がその個体を代表する統合体となっている。

    *上記から、すべての人間は社会の統合体であり、故に、学ぶ、学ばないにかかわらず、あらゆる人間は、社会が「どのようにあるべきか?」を知っている。

    *上記を分かり、次に、「1つの細胞も社会である。」を分かり、そして、「細胞を統合しているのは最初から在ったcentrioleである。」を学び、更に、「生命体である我々は、centrioleの内に存在し、全体を統合している。」との認識が大切です。

    *以上から、「地球上のあらゆる生き物が、開発の結果としての社会形態である。」を分かり、centrioleの内に存在し生き続けている社会の構成単位である生命体の意志とその方向性・バランスが社会開発(⇔生命体の進化)にとって重要と思われる。

  • 一人で社会である! ⇔ 群体 

    *下記を分かり、個体と呼ばれる人間は、《一人で社会である。》との認識が大切です。

    *”生命体”自体は、”「膜」の階層状態”の状態であり、この状態変化がなされ、結果として、”進化”がなされている。

    *個体である人間は、多くの細胞からなり、この1つ1つの細胞の中に中心小体が在る。この中心小体の内に居るのが「私」であり、且つ、全体を統合する中心小体(=私)が居る。

    *上記を分かり、人間と呼ばれている個体は「多私である。」を分かることが大切です。

    *そして、《「他の自分」に支えられ、私が在る。》を分かることが大切です。


    *蟻の巣の蟻達も1つの社会を形成しており、蜂の巣の蜂達も1つの社会を形成している。又、猿の群れも1つの社会を形成しており、ライオンの群れも1つの社会を形成している。・・・

    *上記から”社会”に共通する特徴は、下記である。
    1「社会は、生命体の集合体である。」
    2「統合体・構成体共に全体で1つとして”生きる”との目的を持つ。」⇔(1は全体の為に、全体は1の為に。)
    3「社会には必ず統合体(リーダー)が存在する。」⇔(統合体のいない社会は崩壊する。)
    4「社会を構成する個体は、それぞれ部分ごと・階層ごとにおける役割を担っている。」⇔(規律・法・秩序)
    5「構成体である生命体は独立して存在している。」⇔(個の存続なしに、全体の存続はない。全体の存続なしに、個の存続はない。)

    *上記から、《「社会」とは、[「全体で1つ」として生きる。]との目的・意志を共有する生命体の集合体である。》故、《人間と呼ばれる個体は、「1つの社会である。」》との認識が大切です。

    *《人間と呼ばれる個体は、「1つの社会である。」》

    *個体は1個の受精卵として誕生し、この受精卵である1個の細胞は独立した生き物である。この細胞が自分であり、この自分が複製をなし2個の自分になった。そして4個の自分になり、・・・結果として、60兆個の自分からなる「人間と呼ばれる個体」が形成された。細胞は独立した生き物であり、それぞれの自分は、それぞれの場所ごとにおける役割を認識し、その上位の階層である「人間と呼ばれる個体」の為に仕事をなしている。そして、目の奥、即ち、脳のある部分に居る1つの細胞の内に居る自分がその個体を代表する統合体となっている。

    *上記から、すべての人間は社会の統合体であり、故に、学ぶ、学ばないにかかわらず、あらゆる人間は、社会が「どのようにあるべきか?」を知っている。

    *上記を分かり、次に、「1つの細胞も社会である。」を分かり、そして、「細胞を統合しているのは最初から在ったcentrioleである。」を学び、更に、「生命体である我々は、centrioleの内に存在し、全体を統合している。」との認識が大切です。

    *以上から、「地球上のあらゆる生き物が、開発の結果としての社会形態である。」を分かり、centrioleの内に存在し生き続けている社会の構成単位である生命体の意志とその方向性・バランスが社会開発(⇔生命体の進化)にとって重要と思われる。

  • 一人で社会である! ⇔ 群体 

    *下記を分かり、個体と呼ばれる人間は、《一人で社会である。》との認識が大切です。

    *”生命体”自体は、”「膜」の階層状態”の状態であり、この状態変化がなされ、結果として、”進化”がなされている。

    *個体である人間は、多くの細胞からなり、この1つ1つの細胞の中に中心小体が在る。この中心小体の内に居るのが「私」であり、且つ、全体を統合する中心小体(=私)が居る。

    *上記を分かり、人間と呼ばれている個体は「多私である。」を分かることが大切です。

    *そして、《「他の自分」に支えられ、私が在る。》を分かることが大切です。


    *蟻の巣の蟻達も1つの社会を形成しており、蜂の巣の蜂達も1つの社会を形成している。又、猿の群れも1つの社会を形成しており、ライオンの群れも1つの社会を形成している。・・・

    *上記から”社会”に共通する特徴は、下記である。
    1「社会は、生命体の集合体である。」
    2「統合体・構成体共に全体で1つとして”生きる”との目的を持つ。」⇔(1は全体の為に、全体は1の為に。)
    3「社会には必ず統合体(リーダー)が存在する。」⇔(統合体のいない社会は崩壊する。)
    4「社会を構成する個体は、それぞれ部分ごと・階層ごとにおける役割を担っている。」⇔(規律・法・秩序)
    5「構成体である生命体は独立して存在している。」⇔(個の存続なしに、全体の存続はない。全体の存続なしに、個の存続はない。)

    *上記から、《「社会」とは、[「全体で1つ」として生きる。]との目的・意志を共有する生命体の集合体である。》故、《人間と呼ばれる個体は、「1つの社会である。」》との認識が大切です。

    *《人間と呼ばれる個体は、「1つの社会である。」》

    *個体は1個の受精卵として誕生し、この受精卵である1個の細胞は独立した生き物である。この細胞が自分であり、この自分が複製をなし2個の自分になった。そして4個の自分になり、・・・結果として、60兆個の自分からなる「人間と呼ばれる個体」が形成された。細胞は独立した生き物であり、それぞれの自分は、それぞれの場所ごとにおける役割を認識し、その上位の階層である「人間と呼ばれる個体」の為に仕事をなしている。そして、目の奥、即ち、脳のある部分に居る1つの細胞の内に居る自分がその個体を代表する統合体となっている。

    *上記から、すべての人間は社会の統合体であり、故に、学ぶ、学ばないにかかわらず、あらゆる人間は、社会が「どのようにあるべきか?」を知っている。

    *上記を分かり、次に、「1つの細胞も社会である。」を分かり、そして、「細胞を統合しているのは最初から在ったcentrioleである。」を学び、更に、「生命体である我々は、centrioleの内に存在し、全体を統合している。」との認識が大切です。

    *以上から、「地球上のあらゆる生き物が、開発の結果としての社会形態である。」を分かり、centrioleの内に存在し生き続けている社会の構成単位である生命体の意志とその方向性・バランスが社会開発(⇔生命体の進化)にとって重要と思われる。

  • 一人で社会である! ⇔ 群体 

    *下記を分かり、個体と呼ばれる人間は、《一人で社会である。》との認識が大切です。

    *”生命体”自体は、”「膜」の階層状態”の状態であり、この状態変化がなされ、結果として、”進化”がなされている。

    *個体である人間は、多くの細胞からなり、この1つ1つの細胞の中に中心小体が在る。この中心小体の内に居るのが「私」であり、且つ、全体を統合する中心小体(=私)が居る。

    *上記を分かり、人間と呼ばれている個体は「多私である。」を分かることが大切です。

    *そして、《「他の自分」に支えられ、私が在る。》を分かることが大切です。


    *蟻の巣の蟻達も1つの社会を形成しており、蜂の巣の蜂達も1つの社会を形成している。又、猿の群れも1つの社会を形成しており、ライオンの群れも1つの社会を形成している。・・・

    *上記から”社会”に共通する特徴は、下記である。
    1「社会は、生命体の集合体である。」
    2「統合体・構成体共に全体で1つとして”生きる”との目的を持つ。」⇔(1は全体の為に、全体は1の為に。)
    3「社会には必ず統合体(リーダー)が存在する。」⇔(統合体のいない社会は崩壊する。)
    4「社会を構成する個体は、それぞれ部分ごと・階層ごとにおける役割を担っている。」⇔(規律・法・秩序)
    5「構成体である生命体は独立して存在している。」⇔(個の存続なしに、全体の存続はない。全体の存続なしに、個の存続はない。)

    *上記から、《「社会」とは、[「全体で1つ」として生きる。]との目的・意志を共有する生命体の集合体である。》故、《人間と呼ばれる個体は、「1つの社会である。」》との認識が大切です。

    *《人間と呼ばれる個体は、「1つの社会である。」》

    *個体は1個の受精卵として誕生し、この受精卵である1個の細胞は独立した生き物である。この細胞が自分であり、この自分が複製をなし2個の自分になった。そして4個の自分になり、・・・結果として、60兆個の自分からなる「人間と呼ばれる個体」が形成された。細胞は独立した生き物であり、それぞれの自分は、それぞれの場所ごとにおける役割を認識し、その上位の階層である「人間と呼ばれる個体」の為に仕事をなしている。そして、目の奥、即ち、脳のある部分に居る1つの細胞の内に居る自分がその個体を代表する統合体となっている。

    *上記から、すべての人間は社会の統合体であり、故に、学ぶ、学ばないにかかわらず、あらゆる人間は、社会が「どのようにあるべきか?」を知っている。

    *上記を分かり、次に、「1つの細胞も社会である。」を分かり、そして、「細胞を統合しているのは最初から在ったcentrioleである。」を学び、更に、「生命体である我々は、centrioleの内に存在し、全体を統合している。」との認識が大切です。

    *以上から、「地球上のあらゆる生き物が、開発の結果としての社会形態である。」を分かり、centrioleの内に存在し生き続けている社会の構成単位である生命体の意志とその方向性・バランスが社会開発(⇔生命体の進化)にとって重要と思われる。

  • 一人で社会である! ⇔ 群体 

    *下記を分かり、個体と呼ばれる人間は、《一人で社会である。》との認識が大切です。

    *”生命体”自体は、”「膜」の階層状態”の状態であり、この状態変化がなされ、結果として、”進化”がなされている。

    *個体である人間は、多くの細胞からなり、この1つ1つの細胞の中に中心小体が在る。この中心小体の内に居るのが「私」であり、且つ、全体を統合する中心小体(=私)が居る。

    *上記を分かり、人間と呼ばれている個体は「多私である。」を分かることが大切です。

    *そして、《「他の自分」に支えられ、私が在る。》を分かることが大切です。


    *蟻の巣の蟻達も1つの社会を形成しており、蜂の巣の蜂達も1つの社会を形成している。又、猿の群れも1つの社会を形成しており、ライオンの群れも1つの社会を形成している。・・・

    *上記から”社会”に共通する特徴は、下記である。
    1「社会は、生命体の集合体である。」
    2「統合体・構成体共に全体で1つとして”生きる”との目的を持つ。」⇔(1は全体の為に、全体は1の為に。)
    3「社会には必ず統合体(リーダー)が存在する。」⇔(統合体のいない社会は崩壊する。)
    4「社会を構成する個体は、それぞれ部分ごと・階層ごとにおける役割を担っている。」⇔(規律・法・秩序)
    5「構成体である生命体は独立して存在している。」⇔(個の存続なしに、全体の存続はない。全体の存続なしに、個の存続はない。)

    *上記から、《「社会」とは、[「全体で1つ」として生きる。]との目的・意志を共有する生命体の集合体である。》故、《人間と呼ばれる個体は、「1つの社会である。」》との認識が大切です。

    *《人間と呼ばれる個体は、「1つの社会である。」》

    *個体は1個の受精卵として誕生し、この受精卵である1個の細胞は独立した生き物である。この細胞が自分であり、この自分が複製をなし2個の自分になった。そして4個の自分になり、・・・結果として、60兆個の自分からなる「人間と呼ばれる個体」が形成された。細胞は独立した生き物であり、それぞれの自分は、それぞれの場所ごとにおける役割を認識し、その上位の階層である「人間と呼ばれる個体」の為に仕事をなしている。そして、目の奥、即ち、脳のある部分に居る1つの細胞の内に居る自分がその個体を代表する統合体となっている。

    *上記から、すべての人間は社会の統合体であり、故に、学ぶ、学ばないにかかわらず、あらゆる人間は、社会が「どのようにあるべきか?」を知っている。

    *上記を分かり、次に、「1つの細胞も社会である。」を分かり、そして、「細胞を統合しているのは最初から在ったcentrioleである。」を学び、更に、「生命体である我々は、centrioleの内に存在し、全体を統合している。」との認識が大切です。

    *以上から、「地球上のあらゆる生き物が、開発の結果としての社会形態である。」を分かり、centrioleの内に存在し生き続けている社会の構成単位である生命体の意志とその方向性・バランスが社会開発(⇔生命体の進化)にとって重要と思われる。

  • 一人で社会である! ⇔ 群体 

    *下記を分かり、個体と呼ばれる人間は、《一人で社会である。》との認識が大切です。

    *”生命体”自体は、”「膜」の階層状態”の状態であり、この状態変化がなされ、結果として、”進化”がなされている。

    *個体である人間は、多くの細胞からなり、この1つ1つの細胞の中に中心小体が在る。この中心小体の内に居るのが「私」であり、且つ、全体を統合する中心小体(=私)が居る。

    *上記を分かり、人間と呼ばれている個体は「多私である。」を分かることが大切です。

    *そして、《「他の自分」に支えられ、私が在る。》を分かることが大切です。


    *蟻の巣の蟻達も1つの社会を形成しており、蜂の巣の蜂達も1つの社会を形成している。又、猿の群れも1つの社会を形成しており、ライオンの群れも1つの社会を形成している。・・・

    *上記から”社会”に共通する特徴は、下記である。
    1「社会は、生命体の集合体である。」
    2「統合体・構成体共に全体で1つとして”生きる”との目的を持つ。」⇔(1は全体の為に、全体は1の為に。)
    3「社会には必ず統合体(リーダー)が存在する。」⇔(統合体のいない社会は崩壊する。)
    4「社会を構成する個体は、それぞれ部分ごと・階層ごとにおける役割を担っている。」⇔(規律・法・秩序)
    5「構成体である生命体は独立して存在している。」⇔(個の存続なしに、全体の存続はない。全体の存続なしに、個の存続はない。)

    *上記から、《「社会」とは、[「全体で1つ」として生きる。]との目的・意志を共有する生命体の集合体である。》故、《人間と呼ばれる個体は、「1つの社会である。」》との認識が大切です。

    *《人間と呼ばれる個体は、「1つの社会である。」》

    *個体は1個の受精卵として誕生し、この受精卵である1個の細胞は独立した生き物である。この細胞が自分であり、この自分が複製をなし2個の自分になった。そして4個の自分になり、・・・結果として、60兆個の自分からなる「人間と呼ばれる個体」が形成された。細胞は独立した生き物であり、それぞれの自分は、それぞれの場所ごとにおける役割を認識し、その上位の階層である「人間と呼ばれる個体」の為に仕事をなしている。そして、目の奥、即ち、脳のある部分に居る1つの細胞の内に居る自分がその個体を代表する統合体となっている。

    *上記から、すべての人間は社会の統合体であり、故に、学ぶ、学ばないにかかわらず、あらゆる人間は、社会が「どのようにあるべきか?」を知っている。

    *上記を分かり、次に、「1つの細胞も社会である。」を分かり、そして、「細胞を統合しているのは最初から在ったcentrioleである。」を学び、更に、「生命体である我々は、centrioleの内に存在し、全体を統合している。」との認識が大切です。

    *以上から、「地球上のあらゆる生き物が、開発の結果としての社会形態である。」を分かり、centrioleの内に存在し生き続けている社会の構成単位である生命体の意志とその方向性・バランスが社会開発(⇔生命体の進化)にとって重要と思われる。

  • 一人で社会である! ⇔ 群体 

    *下記を分かり、個体と呼ばれる人間は、《一人で社会である。》との認識が大切です。

    *”生命体”自体は、”「膜」の階層状態”の状態であり、この状態変化がなされ、結果として、”進化”がなされている。

    *個体である人間は、多くの細胞からなり、この1つ1つの細胞の中に中心小体が在る。この中心小体の内に居るのが「私」であり、且つ、全体を統合する中心小体(=私)が居る。

    *上記を分かり、人間と呼ばれている個体は「多私である。」を分かることが大切です。

    *そして、《「他の自分」に支えられ、私が在る。》を分かることが大切です。


    *蟻の巣の蟻達も1つの社会を形成しており、蜂の巣の蜂達も1つの社会を形成している。又、猿の群れも1つの社会を形成しており、ライオンの群れも1つの社会を形成している。・・・

    *上記から”社会”に共通する特徴は、下記である。
    1「社会は、生命体の集合体である。」
    2「統合体・構成体共に全体で1つとして”生きる”との目的を持つ。」⇔(1は全体の為に、全体は1の為に。)
    3「社会には必ず統合体(リーダー)が存在する。」⇔(統合体のいない社会は崩壊する。)
    4「社会を構成する個体は、それぞれ部分ごと・階層ごとにおける役割を担っている。」⇔(規律・法・秩序)
    5「構成体である生命体は独立して存在している。」⇔(個の存続なしに、全体の存続はない。全体の存続なしに、個の存続はない。)

    *上記から、《「社会」とは、[「全体で1つ」として生きる。]との目的・意志を共有する生命体の集合体である。》故、《人間と呼ばれる個体は、「1つの社会である。」》との認識が大切です。

    *《人間と呼ばれる個体は、「1つの社会である。」》

    *個体は1個の受精卵として誕生し、この受精卵である1個の細胞は独立した生き物である。この細胞が自分であり、この自分が複製をなし2個の自分になった。そして4個の自分になり、・・・結果として、60兆個の自分からなる「人間と呼ばれる個体」が形成された。細胞は独立した生き物であり、それぞれの自分は、それぞれの場所ごとにおける役割を認識し、その上位の階層である「人間と呼ばれる個体」の為に仕事をなしている。そして、目の奥、即ち、脳のある部分に居る1つの細胞の内に居る自分がその個体を代表する統合体となっている。

    *上記から、すべての人間は社会の統合体であり、故に、学ぶ、学ばないにかかわらず、あらゆる人間は、社会が「どのようにあるべきか?」を知っている。

    *上記を分かり、次に、「1つの細胞も社会である。」を分かり、そして、「細胞を統合しているのは最初から在ったcentrioleである。」を学び、更に、「生命体である我々は、centrioleの内に存在し、全体を統合している。」との認識が大切です。

    *以上から、「地球上のあらゆる生き物が、開発の結果としての社会形態である。」を分かり、centrioleの内に存在し生き続けている社会の構成単位である生命体の意志とその方向性・バランスが社会開発(⇔生命体の進化)にとって重要と思われる。

  • 一人で社会である! ⇔ 群体 

    *下記を分かり、個体と呼ばれる人間は、《一人で社会である。》との認識が大切です。

    *”生命体”自体は、”「膜」の階層状態”の状態であり、この状態変化がなされ、結果として、”進化”がなされている。

    *個体である人間は、多くの細胞からなり、この1つ1つの細胞の中に中心小体が在る。この中心小体の内に居るのが「私」であり、且つ、全体を統合する中心小体(=私)が居る。

    *上記を分かり、人間と呼ばれている個体は「多私である。」を分かることが大切です。

    *そして、《「他の自分」に支えられ、私が在る。》を分かることが大切です。


    *蟻の巣の蟻達も1つの社会を形成しており、蜂の巣の蜂達も1つの社会を形成している。又、猿の群れも1つの社会を形成しており、ライオンの群れも1つの社会を形成している。・・・

    *上記から”社会”に共通する特徴は、下記である。
    1「社会は、生命体の集合体である。」
    2「統合体・構成体共に全体で1つとして”生きる”との目的を持つ。」⇔(1は全体の為に、全体は1の為に。)
    3「社会には必ず統合体(リーダー)が存在する。」⇔(統合体のいない社会は崩壊する。)
    4「社会を構成する個体は、それぞれ部分ごと・階層ごとにおける役割を担っている。」⇔(規律・法・秩序)
    5「構成体である生命体は独立して存在している。」⇔(個の存続なしに、全体の存続はない。全体の存続なしに、個の存続はない。)

    *上記から、《「社会」とは、[「全体で1つ」として生きる。]との目的・意志を共有する生命体の集合体である。》故、《人間と呼ばれる個体は、「1つの社会である。」》との認識が大切です。

    *《人間と呼ばれる個体は、「1つの社会である。」》

    *個体は1個の受精卵として誕生し、この受精卵である1個の細胞は独立した生き物である。この細胞が自分であり、この自分が複製をなし2個の自分になった。そして4個の自分になり、・・・結果として、60兆個の自分からなる「人間と呼ばれる個体」が形成された。細胞は独立した生き物であり、それぞれの自分は、それぞれの場所ごとにおける役割を認識し、その上位の階層である「人間と呼ばれる個体」の為に仕事をなしている。そして、目の奥、即ち、脳のある部分に居る1つの細胞の内に居る自分がその個体を代表する統合体となっている。

    *上記から、すべての人間は社会の統合体であり、故に、学ぶ、学ばないにかかわらず、あらゆる人間は、社会が「どのようにあるべきか?」を知っている。

    *上記を分かり、次に、「1つの細胞も社会である。」を分かり、そして、「細胞を統合しているのは最初から在ったcentrioleである。」を学び、更に、「生命体である我々は、centrioleの内に存在し、全体を統合している。」との認識が大切です。

    *以上から、「地球上のあらゆる生き物が、開発の結果としての社会形態である。」を分かり、centrioleの内に存在し生き続けている社会の構成単位である生命体の意志とその方向性・バランスが社会開発(⇔生命体の進化)にとって重要と思われる。

  • <<
  • 492 472
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順