ここから本文です

>>14752

200年後に廃棄物処理が出来るのは、ただの妄想。

平成4年ごろには完成するはずだったガラス固化はいまだに完成できない。

廃棄物処理も原子力村の作文だ、妄想は科学ではない。
..

  • >>14753

    >200年後に廃棄物処理が出来るのは、ただの妄想。
    >平成4年ごろには完成するはずだったガラス固化はいまだに完成できない。
    >廃棄物処理も原子力村の作文だ、妄想は科学ではない。



    核廃棄物処理は妄想だというおたくの主張自体が妄想ではない
    という論拠のご提示をお願いします。

    それがなければ、一介の匿名投稿者にすぎない
    お宅様の主張に、どうやって説得力を見出せばいいんですか?

    ノーベル賞受賞者を何人も輩出した京都大学でも
    消滅処理は研究されている。

    http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/shiroya-lb/ads.htm
    > 加速器駆動未臨界炉(ADSR : Accelerator Driven
    >Subcritical Reactor)とは、世界的に研究開発されている
    >次世代の原子炉です。
    >     :
    >このように加速器駆動未臨界炉は燃料の増殖や核変換処理、
    >エネルギーの増幅まで実現すれば、革新的なエネルギー
    >システムとして魅力的なものであります。しかし現在のところ、
    >加速器駆動未臨界炉と呼ばれる原子炉は存在せず、基礎的な
    >研究が行われている段階です。

    単なる妄想を、天下の京都大学が巨費の予算を投じて研究
    するはずがない。