ここから本文です
  • 大砲ロケット 地上外力加速による人工衛星の打ち上げ法開発の薦め

    アイデアの骨子。 海中から10m程度頭を突き出した、全長100m以上の超大型大砲から、人工衛星を自己推進機能のある小型のロケットとともに打ち出す方法である。

    利点。
    1.自分の燃料を運ぶために、自分の燃料の大部分、9割以上 を消費してしまうという、従来のロケットのとんでもない欠陥を大きく是正できる。一回の打ち上げ、約100億、世界中では毎日のように打ち上げているから、それが10分の1、100分の1になるなら、経済的にも有利で、日本に利益をもたらす商売にもなる。

    2.海中に浮かべるため、どんな大きくても、重量はゼロに出来、向きの移動も簡単、発射時の反動も自動的に吸収できる。ちなみにナチスが大陸からイギリスを攻撃した大砲は砲身37m、玉重量300kgと聞いている.。300kgなら通信衛星にもなる。

    3.海中にあるため、水圧がかかり、大砲砲身の壁厚ははるかに薄くても大丈夫。瞬時の力に対しては、水はコンクリート同様の反発力を有し、しかも根元の方ほど、大きくなるから極めて有効。
    戦艦大和の主砲の側壁は35cm厚もあった。こんなものもはるかに簡素なものとして出来るであろう。

    4.省略

    5.従来の大砲は秒速2km程度であるが、この大砲ならばもっといけると思う。人工衛星には秒速7.8km必要であるが、高速爆薬の爆風は秒速10kmを超えているので、ロケット形式にしなくても人工衛星に出来る可能性もある。とにかく実験してみること。費用は格安。予備実験なら1億もかからない。3兆円も宇宙ステーションにつぎ込んでいるのだから、そこから少しわけてもらえばよい。

    問題点とその解決法。
    最大のものは発射時の何万Gというような衝撃に人工衛星の精密機器が耐えられるかということである。しかしこれはすべての空隙を液体で満たし、それを凍結してしまうという方法で解決できると思う。真空管を使うような部品だと難しいが現在のIC部品なら十分可能である。問題になる時間は100分の1秒というような短時間の耐性だけである。発射と同時にロケット燃料は点火され、その熱によって、最低限、軌道をコントロールする部分だけが、10秒程度の時間の間に機能を開始出来ればよいのである。それ以外のすべての部分の凍結解除には十分な時間的余裕がある。真空管では無理と書いたが、その一部に小さな穴をあけ、中も液体で満たせば、これも原則的に可能。宇宙ではもともと真空なのである。凍結液体は水に限らない。ドライアイスでもかまないということでこれらは実験が決めてくれる。人工衛星の設計も、この打ち上げ方式に適したものに、変えることは言うまでもない。

    追記1
    十分な速さを得るためには,砲身の長さを大きくするだけでなく、最後の手段として、根元の火薬を入れる部分をとっくり状に膨らませるというアイデアがある。これだと砲身を出るまで、加速力が衰えない。もちろん十分な強度でその部分を造る。

    追記2
    この実験は早急に行うべき。たとえ人工衛星打ち上げが結果的に無理であったとしても構わない。その理由。極秘。

  • <<
  • 56 33
  • >>
  • 56(最新)

    増渕 6月27日 08:40

    ホーキングらが提唱した、レーザー照射のスターショット計画など、それこそ吹き飛んでしまった。日本のイカロス(太陽光で帆で動く)よりはるかに小さい1mの帆で1g切手サイズの通信機を送るという情けない計画だ。原子力宇宙船なら、無人なら10Gで加速することもでき、1か月で光速の何割まで十分に加速できるはずだ。

  • 100トンもある豪華宇宙船を1Gの加速で動かすのに必要な動力は、知恵袋のtong氏が光速に近くなった時も含めて計算してくれた。兎に角、普通速度の世界では4800kwだ。10トンのものなら480kw、原子力ならわけないだろう。

  • 中性子の数を化学反応のアボガドロ数と比較して、悲観的になったが、それは取り消し。なぜなら、それならば原子炉自体が化学反応に比較して、反応数が小さすぎて、物にならないだろうと言っていることと同じになるからである。宇宙船の場合でも、地上の原子炉と同じように、臨界を使って、必要なエネルギーを得られるところまで、反応数を上げていく。たがこの水準は原発と比べればはるかに下の方でよい。イオンプラズマジェットの場合は、量的なものが問題になって、効率はいいが弱すぎて地上では使えないというのとは異なる。

  • 進行方向にくるものを抑えるには、劣化ウランの数cmの層でいいだろう。これも原子炉の下、およびその付近だけで、あとは周囲に行くにしたがって薄くし,最外部では1mm程度の薄板にしてよい。重量を少なくするため、周辺部では中性子の効果は諦め、アルファー線、分裂核、電子だけの効果を狙うことにする。これらは薄い層でも簡単に止められる。中性子はウランの中では、1㎜ぐらいで核に衝突し、2cmの層を出てくる頃は、運動エネルギーは少なく、それは前方に漏れても気にしない。235を含まない、劣化ウランを使うのは、安いとだけでなく、厚い層で反応を起こされたら、溶けてしまうからである。
    今の原子炉は燃料が剣山のような配置になっているので、そのまま使ってもよい。粒子は上下に出やすくなっている。

  • この進行方向をそろえる形というのを、一般化すると例えば燃料は途中まで穴を掘った練炭、ハチの巣、兼山のようなものでもよいということになる。核燃料はいずれもこのような形にしただけで、ひとりでに動き出すエンジンとなる。これは不思議なことでもない。ロケットでも下が開いているからガスの出る方向がそろい、進むということと基本的に同じだ。

  • パラボナの中心にある原子炉の高さの倍ぐらい高い(幅のある)リング帯状の薄い燃料板(1mm)サークルで原子炉を囲む。さらに2mぐらい外側に、さらに2mぐらい外側にという風に数十リング状の薄い燃料板の壁を造る。外側に行くほど壁の高さは高くする。これでどうなるかというと、発生した中性子は物質から飛び出し、そのうちほぼ真後ろの方向のものは、列の間よりそのまま永久に後方に飛び出し、残りは再び、燃料板に入り、そこでまた当たれば核反応を起こし、ランダムな方向に中性子を吐き出す。あとはこの繰り返し。大部分は1mmぐらいのものでは通過してしまうが、これが重なるから反応度が確保出来るというわけである。我ながらグッドアイデアだ。これならいけるだろう。もともと原子力は力は十分すぎるほどで、それが一方向に行かず、大部分が燃料内部で熱になってしまっていただけである。いかにしてそれをそろえて一方向に偏らせるか、それが重要ということである。

  • 地中原子炉をやった時の友達と電話で話したが、地上発射は無理になってきた。量的問題。アボガドロ数は10の23乗。原子炉の中性子は10乗程度。前に中性子のスピードはロケットガスの1000倍、エネルギー的には100万倍と書いたが、勘違いでスピードは1万倍、エネルギーは1億倍。8乗、断面積で100倍、これで10乗。あと3乗どうする?
    宇宙ではこれでも十分なのだが、何とか1Gぐらいの加速に出来ないか。

  • 水による原子炉だと、圧力により、壁厚を大きくしなければならず、中性子が出にくくなる。ここはナトリューム炉のほうがいいだろう。 もんじゅで諦めたものが、ここに役に立つ。宇宙では別にナトリュームだから危険ということもない。

  • パラボなの中央に造る原子炉だが、水でやるとしても、薄型で少しつぶした饅頭のような形にする。上からは出やすく、横からは水で減速され熱中性子のようになって出ていけば、ぶつかる先にあるパラボナの周辺部にある薄板燃料に当たって、再度核分裂を引き起こしやすくなるからである。

  • 原子力宇宙船 Ver 1.1
    燃料板を四角に造るにしても、50mもの大きさになると、平面構造は弱い。そこで パラボナボアンテナのように、周りを立ち上げる。こうすると後方というよりも横の方に飛び出し、加速にあまり役立たないものをとらえ、もう一度反応しなおさせるという効果も出てくる。
    この原子炉が普通のものと大きく異なるのは、反応は出来るだけ表面で行い、粒子を外に飛び出させようということにある。そこで考えたのだが、パラボナの中央に、小さな水冷原子炉を設けることである。もちろん臨界は全体との関係で起こるが、ここだけ特に反応が強く起き、したがって極端に発熱する。ほかの大面積の部分は、放射冷却だけだが、ここだけは水冷にする。当然ここからは多数の中性子が発散され、他の部分の反応を進めることが出来る。この水冷熱は、宇宙船全体の暖房に使う。もちろんそれで発電もできる。これならば、大面積の燃料板は1枚で済むだろう。

  • 推進力のメインとなるものは、たぶん中性子。次に分裂生成物、アルファー線。燃料板は薄く、大きく造ることが肝心。厚いと臨界達成には有利だが、表面に出てくるまでに速度が落ちる。水中でやるわけでないので、溶けないまでの発熱密度にすること、この3つの兼ね合いで、1Gぐらいまでの力を出せるかどうかだ。有利な点は後ろから放射するもののスピードが最高ガス噴射ロケットの1000倍以上、エネルギー的には100万倍、噴射穴の面積がこれまた100倍以上ということだ。原子核分裂による発熱は、普通に考えればとんでもなく大きいが、ナノmの範囲でそれがごくとびとびに起こるので、加減さえすれば全体が溶けることはない。冷却は放射熱だけ。
    宇宙線による連鎖分裂の励起だけで、臨界よりかなり低いところで、出来るかもしれないという可能性もある。
    とにかく実験室内で初期実験することから始めよう。

  • ヴァージョンUPに向けての新アイデア。
    大型のものはいったん発射したら、二度と地上には戻らないので、地上汚染というほどのものでもないので、地上からの発射を考えることにした。出力は1万KWもない原子炉であるし、始動と同時に宇宙に行ってしまい、無人島などに発射基地を造ればいいだろう。これら大型のものは、宇宙船として完成品として打ち上げる訳でなく、宇宙あるいは月面基地で、ほぼ連結という簡単な形で組み立てられる構造にする。人だけは地上に戻らなければならないので、これは超小型のもので行い、火星や月面などにも降りるのにも使う。地上発射の時は燃料円盤間に余分に入れてある吸収物質を周りに引っ張り出す。これは工事中、準備中の放射能を出来るだけ低くするため。
    燃料円盤は円盤である必要はなく、もっと造りやすい正方形にする。数十mの大きさの燃料版は1mぐらいに近づければ、連鎖反応を上げるのに、中性子漏れから見て密着したのと大差ない。この間に入れる中性子吸収板は、日よけブラインドと同じ構造にする。出力最大にするときは、垂直にするだけでなく、周りに引き集めてしまう。燃料板の枚数は、臨界させるのに難しいが2枚で出来ればそれがベストだが3枚以上になってもよい。この部分の構造材はジルコニューム使用。
    放射線を後方へ放出する面は何の覆いもない。反対側もガンマ線を無視するので、厚さは薄くて良い。ウラン238の層を設け、それで反射させるとともに、プルトニュームの製造をするのが一番良い。

    大きな円盤がそのまま垂直に登っていくので、空気抵抗により、発射時は人の歩く速さ程度、1万mあたりで、自転車並み、それ以上より速度を上げていく。

    映画で見るような円盤の形も、人が乗る部分が中央の上側に小さくまとまって、ガンマー線からの保護壁で守られるようになっていれば有効かもしれない。内側にもう一枚上下できる燃料板部分があれば可能で、あの形なら、着いた惑星の大気の中を、どの方向にも横に簡単に動ける。こうゆうわけだから静止している空飛ぶ円盤の真下で見上げていれば、下面全部からの強力な放射線を浴び、たちまちやられる。万が一、本物の円盤に出会った場合の話だ。何の推進力も持っていそうに見えない空飛ぶ円盤が静かに空中に浮かぶので空想のものと思っていたが、現実に人間が造れることが解ってきた。

  • 惑星間走行原子力宇宙船。Ver1.0。空飛ぶ円盤のようにすると、遮蔽壁のために大重量になって損。そこで宇宙船本体は細長い筒状にし、後ろ側にだけ遮蔽壁をつける。本体からは100mぐらいの心棒を後ろに伸ばし、そこに直径50mぐらいの円形燃料板を3つほど取り付ける。各燃料板の間には、炭素など中性子吸収板を配置、それは運転時はスライドさせ、横に飛び出させる。一番後ろのものは6つの3角形にして、花弁のように開閉できるようにする。この部分で方向制御。3つの燃料板は、前後にスライドでき、間隔を変えられる。これで走行時の出力微調整。
    1Gで加速すると3日で秒速2400km(今のものは秒速15km程度)、道程の半分は加速、残りは減速に使えば、常時重力は地球にいると同じ。速さがあるので火星なども近接時に直線ルートで行け、1週間ぐらいで往復できるのではないか。月などは日帰り?

  • 空飛ぶ円盤を発明した!!! 地上からの浮上は難しいかもしれないが、それは放射能の影響もあり、やるべきでもないからいいとして、宇宙に出れば光速近くまで加速できる。構造は円盤の下側全部が、100%近い高濃度のウラン235あるいはプルトニュームの薄板が貼ってあるだけ。その内側は中性子吸収断面積が、極端に大きいホウ素の層があり、その内側はコンクリートあるいはなんでもいいが、ガンマー線が客室に届かないだけの厚さの物質の層があればよい。たったこれだけの単純な構造が原子力エンジンになり得る。見た感じは空飛ぶ円盤そのものだろう。太陽系内ぐらいだったら、簡単に旅行できる。光子ロケットなど問題ではない。ガンマー線の部分は光子であるが、アルファ線、ベータ線、中性子線、分裂生成物などすべてが推進力となる。すぐに造って太陽系を旅行しよう。

  • 火星などに行くのには今のロケットでは日にちがかかりすぎる。核分裂原子力ロケットを提案する。構造は極めて簡単。今の原子炉を後ろにつけ,後方部だけ解放型にすればいい。臨界の手前でも、核分裂はかなりの量が起こり、そこから出てくる粒子は秒速1万キロというものがざらだ。この反動力だけで今のものとは比較にならない速度が得られる。何か問題がありますか?溶けちゃう?溶けないところで行う。宇宙空間で放射能を後ろ側だけに出すというだけだ。溶けるまでは高温にしない。前の方向に来た粒子が絶縁壁を押して進むというわけだ。

  • 大砲ロケットはやる前から、成功が約束されている、極めてまれなエポックメイキングな技術である。ナチがイギリスを海を越えて攻撃した大砲が37m、玉の重さが300kg。地中砲身は数百m、強度はいくらでも簡単に上げられる。地中核実験でも解るように、大地は原爆の力さえ押さえらる。火薬の力など、どんなに大きくても大丈夫だ。その力は、一方向に集められ、かなり細長くした物体を、宇宙にまで楽に送り込める。軌道修正など、宇宙に出てからゆっくりやればいいことだ。
    JAXAやNASAがやらないなら、民間で先走り、主だった周辺特許を押さえてしまい、あとで高く売りつけてやってもいいだろう。どこか名乗り出てほしい。お金もわずかしかかからない。

  • 強度からいって、大型のものは陸でないと無理かもしれないが、海でも先に実験する。穴を掘る必要がなく、簡単にできるが、筒が反動であまり大きく沈まないよう、底面には大きな板、必要なら途中にもいくつかのバッファ板を取り付けて、水の抵抗を大きくする。

  • 大砲ロケットになれば、地球の回転などにたよる必要もなくなり、種子島の基地も、房総に引越ししたほうが良い。ずーと便利だろう。
    火星にいくときも、資材と燃料が格安に上げるれるから、計画がはるかに簡単になる。

  • 発射直前には穴の全面に油の油膜をつける。油に浸した布でくるんだおもりを、吊り下げるだけで出来る。これで接触抵抗はほとんど消える。

  • コンクリート道路にたたきつけたスピードを時速108kmとし、瞬間に引っ込んだ道路面が3㎜とすると、その時の減速加速度は15万Gになる。まあ悪くとも数万Gということだ。

  • <<
  • 56 33
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア