ここから本文です
  • 大砲ロケット 地上外力加速による人工衛星の打ち上げ法開発の薦め

    アイデアの骨子。 海中から10m程度頭を突き出した、全長100m以上の超大型大砲から、人工衛星を自己推進機能のある小型のロケットとともに打ち出す方法である。

    利点。
    1.自分の燃料を運ぶために、自分の燃料の大部分、9割以上 を消費してしまうという、従来のロケットのとんでもない欠陥を大きく是正できる。一回の打ち上げ、約100億、世界中では毎日のように打ち上げているから、それが10分の1、100分の1になるなら、経済的にも有利で、日本に利益をもたらす商売にもなる。

    2.海中に浮かべるため、どんな大きくても、重量はゼロに出来、向きの移動も簡単、発射時の反動も自動的に吸収できる。ちなみにナチスが大陸からイギリスを攻撃した大砲は砲身37m、玉重量300kgと聞いている.。300kgなら通信衛星にもなる。

    3.海中にあるため、水圧がかかり、大砲砲身の壁厚ははるかに薄くても大丈夫。瞬時の力に対しては、水はコンクリート同様の反発力を有し、しかも根元の方ほど、大きくなるから極めて有効。
    戦艦大和の主砲の側壁は35cm厚もあった。こんなものもはるかに簡素なものとして出来るであろう。

    4.省略

    5.従来の大砲は秒速2km程度であるが、この大砲ならばもっといけると思う。人工衛星には秒速7.8km必要であるが、高速爆薬の爆風は秒速10kmを超えているので、ロケット形式にしなくても人工衛星に出来る可能性もある。とにかく実験してみること。費用は格安。予備実験なら1億もかからない。3兆円も宇宙ステーションにつぎ込んでいるのだから、そこから少しわけてもらえばよい。

    問題点とその解決法。
    最大のものは発射時の何万Gというような衝撃に人工衛星の精密機器が耐えられるかということである。しかしこれはすべての空隙を液体で満たし、それを凍結してしまうという方法で解決できると思う。真空管を使うような部品だと難しいが現在のIC部品なら十分可能である。問題になる時間は100分の1秒というような短時間の耐性だけである。発射と同時にロケット燃料は点火され、その熱によって、最低限、軌道をコントロールする部分だけが、10秒程度の時間の間に機能を開始出来ればよいのである。それ以外のすべての部分の凍結解除には十分な時間的余裕がある。真空管では無理と書いたが、その一部に小さな穴をあけ、中も液体で満たせば、これも原則的に可能。宇宙ではもともと真空なのである。凍結液体は水に限らない。ドライアイスでもかまないということでこれらは実験が決めてくれる。人工衛星の設計も、この打ち上げ方式に適したものに、変えることは言うまでもない。

    追記1
    十分な速さを得るためには,砲身の長さを大きくするだけでなく、最後の手段として、根元の火薬を入れる部分をとっくり状に膨らませるというアイデアがある。これだと砲身を出るまで、加速力が衰えない。もちろん十分な強度でその部分を造る。

    追記2
    この実験は早急に行うべき。たとえ人工衛星打ち上げが結果的に無理であったとしても構わない。その理由。極秘。

  • <<
  • 85 64
  • >>
  • 85(最新)

    増渕 8月4日 20:17

    難しい話ではない。周りの地面を何回かの予備打ち上げで固めてしまい、それから薄い筒体を入れればよい。青函トンネルでは70気圧ぐらいでトンネルの数倍の大きさのところに、セメントを入れているが、この場合それでも不十分。そんなことをせず、単にへこんだところに粘土でも補強に入れていくだけだ。人間が入れる1m以上ならば簡単にできることだ。今のロケット技術は、大昔の方法を延長してきただけ。もっと簡単な方法があり、それを発展させれば、今のものはほぼ完全に消えてしまうだろう。これで打ち上げ費用を下げないと、原子力宇宙船の方も造りずらい。現在の宇宙ステーションみたいなのは完全に税金の無駄使い。

  • >>83

    >大砲ロケットとは大地にあけた穴を砲身とすれば、・・

    独創すぎて、ついていけませんね。

    https://www.youtube.com/watch?v=lumBhk0eTbw

  • 大砲ロケットとは大地にあけた穴を砲身とすれば、安価で強力なものがいくらでも造れる。衝撃加速度には氷結によってクリアーする。 この2つのアイデアで物は宇宙にいくらでも送れるということです。大気中の高速通過は細長い形にすればよく、火薬の量は下部を膨らませればいくらでも多く入れられる。氷結前に油に浸し、薄膜を造る。これが追加のアイデアです。実験はごく簡単。ただし、危険物を使うから、きちんとした手続きが必要。今のロケットは99%不必要ということです。

  • >>81

    >大砲ロケットと原子力宇宙線の2つのアイデアはネイチアーに送ったのに没にされた。

    、驚き、凄い勇気ですね!


    >共同で書き直してまた出すという案はどうですか。

    小心者の小生としては遠慮ですね。

    >大砲ロケットのことについても、何らかの計算式がほしい。

    よく読んでませんが、要するにロケットの後方へ大砲を打ち出して
    その反動を推力にするのかな・・
    大砲の砲弾の噴射速度はマッハM=2=0・68km/s程度らしい。
    つまりロケットの噴射燃料として砲弾を採用したことになります。

    噴射燃料で分類すると
     噴射燃料=砲弾   ・・ 大砲 ロケット → 爆薬の化学エネルギー  M≒2
     噴射燃料=燃焼ガス ・・ 通常 ロケット → 液体燃料の化学エネルギー M≒10
     噴射燃料=核融合ガス・・ 原子力ロケット → 核燃料の原子核エネルギー M≒3000?
     噴射燃料=イオンガス・・ イオンロケット → 電池の 電気エネルギー M<10^9
    噴射燃料=強力光線 ・・ 光子 ロケット → 光源の 光エネルギー M=10^9
    という感じ。

    太陽光を薄い軽量反射板で反射しながら推進する太陽光ヨットなどの特殊なタイプ
    もある。

      式としては  Ma=F で質量Mが一定ではなくて
      M=M(t)=M0ーμtと減少していく場合  d/dt・(MV)=μU を解けばOK
      です。  V=dX/dt:ロケット速度

  • 返答に感謝。この計算は放射しか熱発散できない宇宙で熱に変わってしまったものを、宇宙船が溶けて損傷しないために、どのくらい宇宙に捨てられるか、またそれも同時にどのくらい推進力として使えるかと見積もるのに重要なものです。NO64で回答をもらっているが、同じ計算だと思う。約20kwと出る。これだと1000平米のパラボナ(表面は細かいハチの巣構造)で2万kwの出力を捨てられ、かつ推進力としても役立つから、この宇宙線は十分可能という結論に達する。大砲ロケットと原子力宇宙線の2つのアイデアはネイチアーに送ったのに没にされた。出来るだけ難しそうに書いた数式を入れないと、彼らはアホだからだめらしい。cqfはその点、得意だから共同で書き直してまた出すという案はどうですか。大砲ロケットのことについても、何らかの計算式がほしい。

  • >>62

    >放射エネルギーはどのくらいですか。何もない宇宙で500度C、1平方メートルの薄い金属板から出ていくものは何ワットぐらいでしょうか。板は内部から加熱され、温度は下がらないとする。 知恵袋に出しているが、まだ答えがもらえない。

    ステファン・ボルツマンの温度Tの4乗法則で行けそうです。
    温度T,放射率αの物体の表面1m^2から1秒間に放射される放射エネルギーwは
         w=α・σT^4 [J/m2・s]
           0<α≦1 , σ=5.67×10^(-8)
    です。
    αは物質固有の定数で、α=1は黒体の場合です。面倒なのでα=1でやっちゃう・・
    例えば裸の人体や地球や太陽表面から1秒間に放出される量が求まります。
    ケルビンはこれより核融合無しの場合の太陽の寿命が約数千万年程度だと結論した。
    もちろん事実に反するので大問題となりました。

  • ガモフが唱えた昔のビッグバンの絵と今の不格好なインフレーションの絵との違いは、風船を膨らませるとき、最初は息張っても全然膨らまないが、ゴムの張力が一気に敗れ、急に膨れだし、それからは楽に空気を送り込めるようになり、徐々に膨張していくという、力学的ものが計算できるようになったというふうに理解した。宇宙がドーナツ(トーラス型)をしているという説もあるようだが、それなら回転してきた遠くの銀河の光の見え方は、例えば方向によって違う。一番見えやすいのは、折るように輪切りにした方向で、これなら距離が短いから、すぐに見えそうだ。水平方向だと距離がありすぎる。その間ではかなり複雑。見つけ方は天球の対局する2方向にだけ、極端に銀河が集まっているはずだ。しかしこれなら、すでに発見されているはずだ。だから私はトーラス型とは思えない。、

  • アンドロメダの天球における反対側に、アンドロメダを反対から見たような、小さな島宇宙が見えないか。まずその辺から調べよう。ダメもとで構わない。4次元の球体の半径が解れば、面白いのだが。

  • 下の問題は解決した。単なる光学の問題で、像を結ぶには2点を考えるということで、遠くの銀河の中心とその端の方からくる光はほぼ平行。ところが近くのものの2点からくる光は全然並行でなくなる。これでは像は結べない。説明不十分だが、本質的でないのでこれだけでいいだろう。自分の銀河では分解能が全然悪くなって、見えないということだ。光は来るが像にはならない。

  • 自分の銀河はあらゆる方向でみられるはずだということから混乱してきた。垂直方向なら平たく、横方向なら横から。だがあらゆる方向というのが変だ。仮定が間違っていたのか。全方向に出ていった光は1周してきて焦点を結ぶ。これは数学の極限みたいなことで、別に矛盾ではないのかもしれない。兎に角混乱してきた。

  • 宇宙4次元球体論
    cafea氏のユニヴァーサルフロンチアのところにも書いたのだが、面白いのでここにも書く。
    ビッグバンにおいては我々の宇宙は、膨らむ風船の表面のようになる。それならば遠くの銀河は一回りしてきた自分の銀河である可能性がある。2周、3周ということもありうる。ドップラー効果は当然観測される。2周するときはさらに膨張も移動もするだろうから、像は重ならない。遠くの銀河の配置は、天球の反対側の銀河の配置と大きな相関関係があるはずだ。コンピューターでこれを見つけたら、超大発見。懸命に見ている銀河が自分の銀河だったら、笑い話だ。こうなると今言っている宇宙の物質の量もあてにならない。
    遠くの銀河の位置ベクトルを全部逆転し、そこに銀河がある確率が、異常に高ければ、この説は正しいことになる。それから詳しく調べればよい。逆から見れば渦の向きも逆転する。何度も回っているようだと、膨張に連れて周期も伸びる。新たな観測はいらない。今ある位置データだけで発見できるので誰か調べてもらいたい。もしかすると、すでに人類は全部の銀河を見ており、それが何倍にもなって観測されているのかもしれない。

  • せっかく書いた論文?をネイチャーに送ったのに落とされた。まあどう見ても素人が書いた作文なので、そんなものは品格が落ちるから乗せられないということは解る。しかし問題はその内容である。coffee break のようなコーナーでも造って、アマチュアからの大胆な提案、ぐらいの配慮をしても出すべきだ。ネイチャーも見る目がない。あほだ。宇宙には今の1/100の費用で物が送れる、太陽系など簡単に旅行出来ると言っているのに、火星に水があるとかないとかの論文のほうが重要だと思っているのだから、どうしようもない。難しそうな数式をいっぱい入れないと、ダメというのは考え方がおかしい。過去の発明のほとんどは、直感から始まっている。

  • 自分の燃料を持ち上げるために自分の燃料の95%を使っているとすると、外力加速では、最高1/20にしかならないが、大きな本体の入れ物、3段式なら3つのロケットエンジン、全部使い捨てなのではないか。これらを含めて、打ち上げ費用は1/100になると言っている。つくばでロケットエンジン実物を見たことがあるが、あれを数分使っただけで、廃棄物にしてしまう。なんという無駄、罪なことをしていることか。こんなバカなことは即刻辞めるべきである。違う方法が提案されているのだから。

  • 爆薬の加速ではその温度で決まる分子運動の速さよりも速くすることは出来ないのではないか? 私も初めのころは高速爆薬のスピードが秒速11kmというのでその辺が限界かなと思っていた。しかしこれは間違い。例えば下の方の火薬の爆発で、上の方の火薬が爆発前に秒速10kmになってしまい、それから爆発すると考えれば、速度は足し算で上がる。一度に爆発したとしても、砲身内のガスをいくつもの系に分けて考えると、上の方の系はまだ膨張する前に下から押されて、秒速10kmになっていて、その後膨張すると考えればよい。温度も相対的な側面がある。秒速30kmの氷の彗星も、地球から見れば数千度。ぶつかってみればすぐわかる。

  • 50年前の青函トンネル工事の記録だ。こんなのを見ていると、大砲ロケットの発射穴も直径3m、長さ500mぐらいに大きくしても、まだおもちゃのようなものだ。上方修正したい。山の上でなくとも出来るだろう。周りをいくらでも強靭にできる。
    https://www.youtube.com/watch?v=K1vwTo3_ze4

  • 大砲ロケットが可能な根源的理由。原子がつぶれないのは電磁気力。これは重力の10の43乗倍も強い。だからこれを利用すれば、いくらでも重力など振り切れる。
    誰か穴の直径、深さ、使用する火薬量、ロケット重量の関係をきれいにまとめて発表してくれ。火薬は穴の下の方を広げればいくらでも入るし、一瞬で燃焼すると仮定して差し支えない。穴は壊れないように作れるから心配しなくてよい。学会誌にでも発表してくれれば、私の言っていることも、信用が付く。実験すればすぐ解ることなのだが、原子力宇宙船と同様、素人がやると、危険物取り締まり法で捕まってしまう。

  • 対流、熱伝導も使える蒸発などと異なり、表面積をどのように工夫してあげても、後方に出る粒子の量は変わらないような気がする。外観1平米、1000度の板は表面が平らでも、どのように凹凸を造ろうが明るさが変わるとは思えないからである。だから凹凸を工夫するのは連鎖反応を起こさせるためと考える。1枚平板では純度100%のプルトニュームなら3cm?ぐらいの厚さが必要かもしれないが、これを1mm以下の板にして、お互い離すが、そこを30回以上通り抜ければ、臨界は起こるというわけだ。宇宙は真空だから、間には邪魔する何もないからこれが出来る。
    理想的には中央の原子炉部分がなくなり、単なる蛇腹(アコーデオン)のようにした燃料板だけを配置したものだけで造れれば最高だ。燃料密度の変化により、全面が同じように発熱、光ることが目標だ。
    粒子が表面から出るとしても、内部で1000回もぶつかり、熱中性子のようになってから出てきたのでは、推進力としてはほとんど役立たない。別の表面でウラン235に当たって、そこから高速なものが出てくることを願うだけだ。
    ウランの中で、中性子、1っ回ぶつかるまでの平均飛行距離約1mm、止まるまで1000回以上ぶつかる。アルファ線、紙1枚でも止められてしまう、分裂粒子、アルファー線より10倍以上重いからその10倍ぐらい進める、ベータ線、皮膚1cmぐらい奥まで入る、ガンマー線、ウラン、鉛など3cm厚でもまだ無理。これにはあまり期待しない。これらの事情により、いかに薄い表面で反応を起こさせるのが重要かが解る。

  • 荷電粒子であるアルファ線や分裂粒子は1㎜厚の燃料板からでも、大部分は外に出られない。そこでジルコニュームや劣化ウランの薄板の、表面にだけ薄層として設けるという方法が考えられる。アルミ箔並みなら、0.03mm程度、メッキ、塗料並みならもっと薄い。問題はそれで臨界はどうしてとるのかということだ。
    速度がものすごく上がると、空間物質との衝突が問題になってくる。横に大きく広げるというのも考え物だ。細長いのならいくら長くてもいいのだが。

  • これだと放射による冷却は十分可能で、表面を酸化などにより、黒くし、パラボナの後ろ側に断熱材を張ると、熱エネルギーも十分に推進力として使えるという、好結果になった。

  • 下記の質問にやっと答えがもらえた。知恵袋のmolecular氏に感謝。
    黒体放射としてプランクの放射則から単純計算すると約20KWになりますが、一般に放射率は材質に大きく依存し、一般に金属の赤外線の放射率はかなり低くなります。従って、きれいな金属板だと上記の値の1/10以下になることが多いです。一方、表面が酸化した金属だと上記の値の8割から9割以上になることもあります。

    放射率
    http://www.japansensor.co.jp/products/thermo/more-about
    http://www.jp.omega.com/techref/pdf/table-total-IR-emissivity.pdf

  • <<
  • 85 64
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン