ここから本文です
  • 1

    この2,3年は何故か温暖化問題の影が薄くなってきたように
    感じます。

    しかし地球温暖化は着実に進行しています。

       http://www.ijis.iarc.uaf.edu/jp/seaice/extent.htm

    ここでは地球温暖化問題の政治・経済・社会・宗教・・・的な側面
    は除外して、科学・技術的側面から皆で考え検討していければと思
    っています。

    トピ主の私はものぐさですから、トピの保守も流れに任せます。

  • <<
  • 5888 5868
  • >>
  • 5888(最新)

    cqf***** 10月19日 02:57

    >>5887

    >だからね、そういう問題ではないの。平均気温が下がるなどと言うことは全く意味のないこと。そのために、成層圏にチリを撒くなど狂気の沙汰、つまり論理的ではない。 
    成層圏にチリを撒くと表現しましたが、成層圏に非常に薄いもやのようなベール
    をかけるというイメージです。 チリというが直径が0.64μm程度の細菌より  も小さい微粒子です。 そしてベールの濃度は地球平均気温を睨めながらゆっくり  と上げていく訳です。 高熱の患者にの様子を見ながら徐々に解熱剤を処方してい くようなものです。


    >ピナツボ火山の噴火でまき散らされたチリが、世界的気象変動を起こした。      
    世界的気象変動は地球温暖化や寒冷化が無くとも起こる確率(揺らぎ)現象です。     

    >今同じことが起きると事態はもっと遙かに深刻になる。海水温が上がって、気温が下がるから気象変動が起きる。とんでもない台風が生まれ、歴史上に経験したことのない豪雨が繰り返され、取り返しの付かない寒冷化が起きてしまう。それが今、日々経験している事実だよ。                                
    例の北極海の水温上昇で低気圧が発生して高緯度地帯に高気圧が生じて寒冷化・・   などの話は何度も聞かされて耳にタコができました。               

    >つまり世界の平均気温などと言う概念が既に意味がない。そこに問題の本質がある。気付きなさい。 

    これを気象庁環境部の玄関前で訴えてみて下さい。 小生は近くのカフェでビールを飲みながら拝見しています。

  • >>5886

    だからね、そういう問題ではないの。平均気温が下がるなどと言うことは全く意味のないこと。そのために、成層圏にチリを撒くなど狂気の沙汰、つまり論理的ではない。例えば、浅間山の大噴火でまき散らされてチリが成層圏に達して、天明の飢饉が起きた。ピナツボ火山の噴火でまき散らされたチリが、世界的気象変動を起こした。
    今同じことが起きると事態はもっと遙かに深刻になる。海水温が上がって、気温が下がるから気象変動が起きる。とんでもない台風が生まれ、歴史上に経験したことのない豪雨が繰り返され、取り返しの付かない寒冷化が起きてしまう。それが今、日々経験している事実だよ。
    つまり世界の平均気温などと言う概念が既に意味がない。そこに問題の本質がある。気付きなさい。

  • >>5884

    >昨今の雨も寒波も、温暖化によって気温が下がったから起きている。

    また独自のストーリーですね。 

    地球の各地の気象は例え人類がいなくても変動=自然変動します。
    その各地の自然変動なるものは概ねガウス統計を示すでしょう。

    しかしこのトピでは日本だけの気象を問題にしてはいません、「世界中の平均気温」を
    考察の対象にしています。 何度も何度も言うように「世界中の平均気温」です。
    正確には「地球全体の地表面の全平均気温」です。

    通常は 温暖化なる用語は「世界中の平均気温の上昇」の意味で使用されています。

  • >>5883

    >ノーベル賞もいただく予定でいます。

    ↑これジョンブル流ジョーク。


    あと訂正       爆弾 → 砲弾
               砲弾に充填する粉末粒子の直径は約入射太陽光の波長と同程度
               の6000Å=0.6μm程度である。 これはミー散乱のため。

    あとこの粉末粒子の成層圏下層から地表に落下するまでの平均滞空時間
    の計算は理論家の食欲をそそるテーマです。

  • >>5883

    お止めなさい。そんなことをすれば大災害が起きる。昨今の雨も寒波も、温暖化によって気温が下がったから起きている。ノーベル賞どころか、世紀の大悪人になるだけだ。

  • このトピで検討の結果、温暖化問題の具体的な解決方法を見つけた
    こと、が成果です。

    それは
     「地球放射の赤外線と同程度(ミクロンオーダー)の火山灰の
      ような粉末爆弾を世界の各地からレールガン高射砲で下層
      成層圏に打ち込む」
    です。
    なおレールガン用の電源は太陽電池パネルから供給され、システム
    全体は全自動であるのは言うまでもありません。

    ピナツボ大噴火で地球の平均気温が低下しました。

    次の目標は温室効果ガスによる平均気温上昇を理論的に求める
    ことです。 大雑把には求められたので後に詰めてから投稿す
    る予定です。   ノーベル賞もいただく予定でいます。

    https://www.youtube.com/watch?v=tEaqO8Moe6c&list=RDtEaqO8Moe6c

  • >>5879

    >地球は有限だなんて考えなくていい。土地は有限でも高層ビルを
    >建てたり地下を開発したりいくらでも住環境の開発は可能だ。


    地球儀を手にとって見てると、本当に人間って、今のところ地球の表面の
    ごくごく薄いところだけにへばりついて生きてるだけなんだなーって思う。

    地球は有限だっていう議論を聞いてると、そいつは地球の体積を
    計算することが出来ないやつなんだなーということを考える。
    多分そいつらは球の体積の計算が出来ない文型だ。

    まー要するに、人類の未来に希望を持てない人間が、世紀末思想で
    いろいろ暗い話をしているということなんだろうな。

    本当は地球の大きさ(体積)って、すげーでかいんだけどな。

  • 灰色の議論に群がっているこのトピの皆さんにも、昔は↓のような青春時代があったんだろうな・・

    https://www.youtube.com/watch?v=1aXtD3cxsHk

  • >>5878

    >地球環境の保護よりも人類の繁栄のほうが優先なのだ。

    自然環境を守って生活していた縄文人やインディアンはその後
    どうなったかを考えたらいい。自然環境を改造しまくった弥生人や
    アメリカ人に征服されてしまったということ。
    民族が繁栄するためなら地球環境もどしどし改造すればいいのだ。
    歴史は繁栄した民族のものになる。
    地球は有限だなんて考えなくていい。土地は有限でも高層ビルを
    建てたり地下を開発したりいくらでも住環境の開発は可能だ。
    海だってそのうち養殖いけすで大量に養殖すればいくらでも魚を
    食えるっていうこと。天然魚の心配なんかする必要全くなし。
    餌はメタノール酵母で無尽蔵に生産可能。天然ものに頼る必要なし。

    日本は広い太平洋に面しているのだから、今後太平洋上に海上都市を
    構築していったりするんだろうな。

    ただ核戦争だけは怖いから、その心配はしないとね。

  • >>5877



    >そう、そう、いかなる状況にあっても、ご先祖様に感謝しなくては、、、
    >たとえ、アホーなご先祖さまでも、
    > 現在の、地球のじんるいの大半は、、、60%以上は衣食住に事欠き、実質戦乱のさなかにあり、これといった、文明らしきものすらも、、もてないきょうぐ~にありますわね。
    >もっと、現実をみつめろ~っていいたいわね、

    ご賛同頂き恐縮の至り。

    だいたい暑いのは嫌だとかうまい米が食いたいとか、そんなくだらない理由で
    地球温暖化対策を推進されてはたまらん。

    世の中にはたとえひもじい思いをしてもたくさん子供を育てている
    家族もあるわけで、、、

    白くま君がどうなろうとサンゴがどうなろうとしったこっちゃない。
    大事なのは人間様だってこと。そのためにCO2をばかばかださないと
    いけないんだとしたら、それはそれでしょうがないでしょ?ってこと。
    地球環境の保護よりも人類の繁栄のほうが優先なのだ。

    人間を沢山養えれば、なかには頭のいいやつも確率的に出てくるわけで、
    そういうやつらが人類の牽引役を担ってくれるのだ。
    文明の進歩の速度は人類の脳みその総重量に比例するに違いないのだ。
    早く人類の文明を進めて、核戦争が起こる前に早く宇宙へ進出するべきと、、、

    だいたい、地球が温暖化して降水量が増加したら植物の生育にはプラス
    なんだから、地球の食糧生産はプラスになるに決まってるジャン?
    こういうしごく簡単な理屈がわからんやつらはいったいどういう脳みそに
    なってるのか、頭の中をいっぺんのぞいて見てみたいもんじゃ。

    ホーキンズさんは地球が金星みたいになるって言ったらしいけど、
    あれ本当にもうろくした感じだね。そんなんになるはずがない。

  • >>5876

    agunesusazannka

    takkejan ちゃん、正論よ!

    >>5875
    だいたい今の途上国が 、co2のことを先進国の責任にすることからへんてこりんだ。先進国の技術革新のおかげで地球人口が72億人にもふえたんでしょ、ってこ>先送りは当面は良いのですけど、未来人たちに悪いなという気はしますよねw
    >>先送りは当面は良いのですけど、未来人たちに悪いなという気はしますよねw

    全然しない。
    そもそも人間というものは、生まれた時がゼロなのだ。過去に遡って先祖の批判をするやつは人間ではない。単なるばかやろうだってこと。おまえがいま豊かな生活をおくれるのは、先人たちがいろいろ発明してくれたおかげだろうがってこと。先人を批判するんだったら、おまえが全部発明しろ、っていえばいいのだ。と。、、、、、、、、。
    ---------------------------------------------------------

    そう、そう、いかなる状況にあっても、ご先祖様に感謝しなくては、、、
    たとえ、アホーなご先祖さまでも、
    現在の、地球のじんるいの大半は、、、60%以上は衣食住に事欠き、実質戦乱のさなかにあり、これといった、文明らしきものすらも、、もてないきょうぐ~にありますわね。
    もっと、現実をみつめろ~っていいたいわね、

    agunesusazannka

    ---------------------------------------------------------------

  • >>5875

    だいたい今の途上国が 、co2のことを先進国の責任にすることからへんてこりんだ。先進国の技術革新のおかげで地球人口が72億人にもふえたんでしょ、ってこと。おまえらがいまめしをくえてるのは先進国の文明の利器のおかげだろうがといいたいわけですよ。筋をきちんと通して考えられないやつは人間ではない。

  • >先送りは当面は良いのですけど、未来人たちに悪いなという気はしますよねw

    全然しない。
    そもそも人間というものは、生まれた時がゼロなのだ。過去に遡って先祖の批判をするやつは人間ではない。単なるばかやろうだってこと。おまえがいま豊かな生活をおくれるのは、先人たちがいろいろ発明してくれたおかげだろうがってこと。先人を批判するんだったら、おまえが全部発明しろ、っていえばいいのだ。

  • >>5873

    なんか「核の冬」という言葉が思わせぶりなのですけど、50年代から70年代にかけての平均気温の落ち込みが、まさか水爆実験に原因があったとは思いませんがねえー、とにかく寒冷化騒ぎがあったわけでねー、その後の温暖化騒ぎだから実感としても強烈だったのは当たり前ですよねー、その時の異常が大気汚染によるものだという意見がありますけど、まー、こまごまとさまざまの要因で変動しているわけですけど、今回ばかりは太陽活動の停滞化から雲が増えての寒冷化に向かう直前ではないかという例の観測ですねー、ま、それを確認できたのが今年ではないかと思います!

    先送りは当面は良いのですけど、未来人たちに悪いなという気はしますよねw

  • 2017年の北極海海氷は、最大レベルは最低だったが、夏の最小レベルでは2010年代平均より上をクリアーしており、これは次年度以降についての何らのサインとなっていることを匂わせていますねー、ひょっとして寒冷化に向かう予兆なのかもしれません!

    h ttps://ads.nipr.ac.jp/vishop.ver1/ja/vishop-extent.html
    このグラフでは2010年代平均が示されておりませんがw

    ただ、世界平均気温からすれば、まだまだ右上がり基調の上のちょっとした変化に過ぎません!

    h ttp://www.data.jma.go.jp/cpdinfo/temp/aug_wld.html

  • >>5871

    ピナツボなどの火山噴火の例によっても、エアロゾルは、地球寒冷化の原因物質であることが確認されています。黄砂も同じことですね。

  • 日本列島の海水温、気温上昇の原因について、実地探査も含め明確な結論に至りました。
    先にも記しましたが、五月連休中の諏訪湖SAからの驚くべき光景が、この結論のダメ押し点でもあるんですよ。
    大陸からの黄砂粉塵により諏訪湖の湖面が霞んで見えなかった事です。また、冬季の透明な青空が九州では常に霞んでいた点ですね。更に沿岸の海岸や島々には、スチロールの白いゴミなどが周囲を埋め尽くしていることです。
    つまり、原因は中国大陸やアジア諸国数十億人の膨大な環境汚染が主原因です。

    ●海洋への微細な個体浮遊物質や化学物質が、汚染と共に海水温を上昇させている。
    ●黄砂、PM、エアロゾルなどの大気汚染が常に日本列島に気象異変を惹起している。

    これが、最終結論です。

  • >>5867

    >今一つ分からないのは、海表面温度の上昇についてですが、仮にエルニーニョなどの海流の影響から海表面水温上昇としても、せいぜい5m程度までの温度上昇である筈ですね、

    これね、海水温がどんな風に上昇するかを考えると解ります。
    海水温を上げるのは、太陽光線です。大気の温度が上がって、相対湿度が下がることで雲が減ります。その結果太陽光の入射量が増えて海水温が上がるのですが、この時に太陽光によって加熱されるのは海表面だけではありません。太陽光は200mくらいの深海まで届きますから、その太陽光の届く範囲全体の海水温が上がると考えるべきです。だから、温暖化が始まる前の海域では、表面温度だけしか上がらなかったものが、昨今の海域ではもっと深いところまで温度が高くなっているために、攪拌されても海水温が下がりにくくなっているのです。5mくらいというのは過去の常識です。

    >急激な海水温上昇とすれば、陸地は海洋などとは比較にならない程の異変がある事となりますよ。
    例えば、陸地の奥地であるモンゴル、ウイグル地区などは熱波で気温70℃の大旱魃などで世界ニュースとなる。
    例え局地的気候変動にしても理屈に合いませんね。

    これもね、日本でも、屋根瓦の温度は、70度くらいに上がっていますよ。それでも気温が70℃にならないのは、地上に十分な水分があって、大気中にも水分がたっぷりあるからです。それが、モンゴル、ウイグル地域などでは
    砂漠で、大気中の水分も極めて少ないために、大気温度が70度までも上がってしまうのです。温暖化によって大気中の水分が増えれば、もっと気温は下がります。水蒸気によって大気の熱容量が増えるからです。それがね、顕熱だけ考えていては駄目だという理由でもあるのです。

  • >>5867

    https://www.youtube.com/watch?v=u7YxZC4pFIg


    この動画を見て貰いたい。

    日本列島周辺の海や異常気象の原因について。
    中国大陸からの大気汚染エアロゾルから気温上昇、異常海洋汚染から海水温上昇ではないか?

  • >>5863


    >魚介類の激減価格高騰は、日本人の未来に深刻なエネルギー不足を招来することとなる。
    >石油不足同様蛋白源の不足は、基本的栄養源のエネルギー不足として、活力活気に
    >影響するからだ。
    > 肉食こそ短足胴長の日本人の健康には悪影響を及ぼすのだ。魚食こそ長命の源で
    >あるのだ。

    魚もそのうちに、牛や豚や鶏のように養殖が主流になるから大丈夫。
    天然の牛や豚や鶏が絶滅したってニュースにもならないでしょ?
    メタノールで育つメタノール酵母菌もそのうちに食えるようになる。
    食い物にわがままな人間から先に滅亡していくということ。

  • <<
  • 5888 5868
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順