ここから本文です

>>7212

水の場合は4度で最も重くなるが、海水の場合は冷えると重くなる一方で零下2度以下で氷になってやっと軽くなるのだそうである。(どうも昨日「水は4度で密度が最低になる」などと書いたらしい。体積と密度を間違えたのか、最高と最低を間違えたのか、どちらかだと思うが、どうも箱のようなものを考えていたから前の方の勘違いだと思う。)
http://polaris.nipr.ac.jp/~academy/science/kaihyo/kaihyo02.html

だから温まれば常に膨張するのだが、極地の海は温暖化で氷が解けて冷える。そうすると、極地では逆に体積が縮む。

昔、縄文海退というのがあって、この時は温暖化で氷が解けたため海の水が重くなり、海底が耐えきれずにへこんだのだそうだ。世の中はそういうことも起きるので、何が起こるか完全には予想できない。


温暖化で海面が上昇するなんていっているが、あれは海洋の上の部分は海温が上がって膨張するが、下の部分は逆に海温が上がると収縮するのではないか。真水なら4度で密度が最低だが、海水の場合はどうなのか。深海の温度は1~2度で一定、塩分濃度は若干上がるらしい。