ここから本文です

>>7297

なるほど、燃料電池について知識ある一般人はほとんどいませんね。

と、すると電事連、電通、マスコミの妨害工作も当然あり得る。
つまり巨額の銭力で政治力による民心操作など簡単だ。

いーですか、人間は性悪な動物だ。
人間ほど凶悪、悪辣、狡猾な動物はいませんね。
オウム事件を再検証してみると、その本性がよーーく解るでしょう。
世紀の大悪人、松本チズオなるゲテモノ怪物の正体こそ、真の人間本性の一面であるのです。
私のように単純、純粋、善人は希少価値の凡人だ。
わはは

ところで、abcさんに質問だけどね、それ程燃料電池が優れモノであるならば、民間発電所、或いは東電自体でも燃料発電所を別途稼働しているのではありませんか?

  • >>7298

    知人に太陽光発電に一億円投資し、20年毎月約200万円の売電収入を得ている資産家がいる。
    単純に考えれば、原発よりずっと健全な電力だと考えるが、我が家の電気代で知人の利益分を負担することになってる、それも終身雇用負担の電気代だ。
    これでは、どうも不公平だぜ、これじゃー死んでも死にきれないな。

    どーもボンビーな民百姓は、時代を問わず生かさず殺さずの生涯だな。

  • >>7298

    >ところで、abcさんに質問だけどね、それ程燃料電池が優れモノであるならば、民間発電所、或いは東電自体でも燃料発電所を別途稼働しているのではありませんか?

    なるほど、よい質問です。20年ほど前に、中部電力では、溶融炭酸塩燃料電池を本気で研究していました。でもね、ほぼ完成したころに、ぷっつりと情報を遮断してしまいました。
    理由は簡単です。燃料電池が、電力会社の命取りになると気付いたからです。なぜか、これも理由は簡単です。
    燃料電池は、完全な分散電源になるからです。電力会社という巨大なネットワークがいらないのです。ガスボンベ1本で、どこででもいくらでも発電できるのです。バカでかい発電所も、巨大な送電線網もいりません。勿論巨大な企業もいりません。その結果、巨大な独占事業が失われるのです。それが燃料電池です。
    だから、文献もなく、研究者も、起業家も排除してしまったのです。信じられないでしょうが、