ここから本文です
  • たとえば「科学技術的な世界は純粋すぎる学問で変化しないので理学研究の最先端では現実は変わらないで済む」とする『科学技術信仰』があったとして、その詭弁をどう排除したらいいのだろうか・・。

    一つの試みとして、

    1)純粋な学問は人間社会の成因一人一人の大脳回路に多大な影響を与え得る

    2)大脳回路が変化すれば端的には感覚が甚大に変化し得る

    3)経験的には味気無さはニュートン力学とユークリッド平面認識による可能性が高い

    4)たとえばアインシュタイン認識に切り替えることによって感覚は多彩に美的に変化する

    5)間違った純粋な学問を振興し続けることによって人生は狂うかもしれない

    6)純粋な学問は人生のすべてを劇的に変化させる魔法のような存在である

    7)ゆえに素粒子標準模型を信仰し続けることは多大な損害を被る恐れがあるので

    ええ、ですから【ユニバーサルフロンティア理論】に切り替える認識を強くお勧め致しますw)

  • <<
  • 20 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順