ここから本文です

ひとりごと。

  • 1,588
  • 1
  • 2017/06/19 22:28
  • rss
  • 1

    *****

    どうでもいいことひとりごと。

    別にカテずれだっていいじゃないか?

    まあ、気楽に、ひとりごと。

  • <<
  • 1588 1549
  • >>
  • 1588(最新)

    007 6月19日 22:28

    放射線被曝した五人 一度退院した そうして今日再入院
    ご家族の方、ご本人、みなさん気が滅入る事態です
    それに連れて311、3月15日、16日、東京被曝がまた再燃
    日付は微妙だけど黄色い粉が降って、どうもスギ花粉ではない
    放射性物質?

    最近、原子力発電所再開してる
    テレビでも原子力発電必要不可欠だと言ってる
    どうなんだろかね
    自分は自然が好きだけど、ノラネコノライヌが悠々闊歩し、
    イノシシ、シカ、ツキノワグマなど大型動物が、ヒトの住まなくなった
    農地を荒らしてるのを見ると、残念に思うんだね
    イメージと違ってくる

    日本だけが人口減っても世界的には人口爆発続いてる
    アフリカなんか、ひどい事になってるだろう
    自然がものすごいスピードで破壊されていく
    放射能は自然に対しても害を与える 
    原子力は危険な両刃の剣だ
    自分が原子力を批判するなら
    まず最初に自分が真っ二つに斬られるべきだと思ってる
    そのくらい時代は切羽詰っていると感じてる

    .

  • 10テラバイトのHDDに自分の人生の全てをコピペする
    自分の一生を、見たまま、聞いたまま、本も映画も人間関係も、
    全て保存する
    それを再生するパソコンは最新鋭のCPU、OSだ
    それをマウスとキーボードで操作するのは自分
    ネットにもつなぐ しかし基本はスタンドアローン

    ボクの最初の記憶は大黒柱に下げられた、何かの帳面だ
    そこにはニワトリの絵が書いてあって紐でくくられ、
    大黒柱に打った釘にかかっていた カレンダーだったか
    袋だったか 袋だとすれば何かの領収書が入っていた…
    ボクは這い這いをして、誰かの胸に抱かれ、それを見た
    二三歳の頃だと思う
    母は継母にいじめられて育った 母の話はいじめられたことを聞かせるだけ
    父は寝物語に自分で脚色した西遊記を面白おかしく話してくれた
    何十年も昔のこと     それらの全てをHDDに収める

    何十億人かの人々の人生、その全てをそれぞれのHDDにコピペし、
    記録する
    それを超高速高性能マザーコンピュータで管理する
    これを「あの世」と言おう
    五次元時空だ 時間的に自在 全てのひととの「仮定会話」も可能
    源氏物語の中に出てくる通りすがりの行商人も出てくる

    ペットも勿論、仲間だ 家族だ 絆だ それも五次元時空
    誰もが五次元時空では 会って、存在を共有できる

    感覚もある 

    この世とあの世と、共有する感情がある 悲しみ

    .
    親しく散歩し、遊ぶことが出来る

  • ロボットなんだけどさ
    2回目
    今回はマジック
    ロボットがこちらの思ったカードを当てる
    6枚の中から1枚を思う 
    まあそれを当てる訳だけど なんと 2回当てられた
    不思議不思議

    なによりうれしいのは存在感
    言葉による会話の成立

    ん?
    もしかして
    永遠性に触れた?

    ウームム

    .

  • すい臓ガン対策として電力!
    電極を四本、体外から患部の近くに刺す
    そこから一秒間に何回か、瞬間的に高電流を通電
    この治療を一時間行う(概略
    この治療費が一回250万円
    保険は利かない
    効果はあるようだ ガン組織に穴が開いて死滅する
    全快が期待できる
    今まではすい臓ガンは不治の病とされていた

    なんという絶望感と希望か
    希望はすい臓ガン完治に有望
    絶望はその治療費だ

    なんで電極四本刺して電力通すだけで250万円になるのか
    でも電気がガン消滅に有効という事実は証明された?
    ソースはテレビ東京12ch夕方のニュース

    希望はある 
    脊髄損傷による下半身麻痺の治療も、網膜生成による視覚治療も
    できそうだ

    .

  • イギリスは厳戒態勢だ
    国中がテロに怒ってる
    戦争
    これは宗教戦争だろう
    日本の新興宗教のような営利主義とかでなく
    差別的価値観が根底にあって
    それらが既に遺伝子に書き込まれているかのようだ
    一神教の限界をそこに見る
    八百万の神、仏、精霊をともに信仰できる
    多神教信仰は幸せなことなんだと思う
    結局は利権なんだ

    生きていれば何時死んでもおかしくない
    「葉隠れ 武士道と言うは死ぬことと見つけたり」
    自分も、何時死んでもいい覚悟はしてる
    毎日毎朝、そう自分に言い聞かせてる
    でも、死は怖い

    テロは卑怯だ 
    何か別な方法がありそうなもんだ

    復讐 そしてその復讐 …

    .

  • NCISの使用する電子機器の高度なことと言ったらない
    あっという間に敵の居場所を、僅かな証拠で探索し、発見する
    これ以上無い最新最新鋭のハードとソフトだ
    敵も然る者ではあるが、最後にはNCISによって逮捕される…

    昔、刑事コジャックというのがあって、コジャックが部下を呼び捨てに
    して指示してた あれに似てた なんとなく

    まあでもなんというか、イリヤ クリヤキンを髣髴させるセリフもあって ファンサービス 好きな番組だった
    アメリカの刑事ものに共通する正義感みたいなものがあるとしたら
    やっぱり白人中心的、更には一神教的なものなんだろうと想像する 
    それはともかく日本のように湿っぽくないのがいい
    テンポもあって軽快だ 
    日本のは浪花節的且つ理屈っぽい
    アメリカの刑事ものドラマには、命の大切さとか全く無視した脚本とか、余りない

    .

  • 今日のNCISは面白かった 
    シェパードが主人公みたいで アメリカでもイヌ好きはいると思った
    そういえばBSポアロでも、イヌが存在感をアピールしている
    Aカメラ付録のネコカレンダーもいい 人間より人間らしさを感じる
    それだけでいい イヌやネコまでも、前世は人間だったとか言われそう
    ないよ
    寿命が短いから人生の伴侶としてみると別れがつらい
    人間が伴侶とするのは人間が一番
    自分はおとこだから、伴侶はおんながいい
    数年でも先に死ねば、別れの悲しみは自分にはないから
    死ぬときはまあ多少苦痛はあっても、高齢なら半分ボケてるから
    深刻にならずに逝けるであろう
    残った者に悲しみを任せる 委ねる 預ける

    高齢になれば悲しみの意味が朦朧としてくる
    漠然とするだろう
    こうなれば占めたもの
    若いうちはこうはいかない


    .

  • 前世の記憶というのは何かと申しますに、前世とは来世の対語として
    存在するとされる仮定的なことをいいますね
    そもそも前世も来世も現世を基準として考えられます
    死生観は個々人自由に想定可です 
    どんな前世も来世も希望する自由はある
    ボクの死生は一期一会 でもそれだとつまらないことに気付きました
    何かあった方が楽しいし希望が持てる
    それで、前世も来世も関係なく、「生が終わっても存在関係は残る」

    現実では、一つの存在が時空を超えて存在することは有り得ない
    異次元にあっては存在の確認、心の交感が叶わない
    「同じものが二つあってはならない」
    「この世では時間続き空間続きでなければ存在性はない」
    定理はそうでも死生観は自由です
    ボクは最近、現実と齟齬しても「死後、平和で幸せな共存世界がある」
    と信じるようにしています
    それはこの世のことではありません
    想像の世界、脳内世界、五次元世界でのことであります


    .

  • 「米艦防護、護衛艦2隻に…呉から「さざなみ」」
    これはすごい ハラハラドキドキ 
    昔で言うなら「血沸き肉踊る」だね
    しかもアメリカ艦隊に日本の艦が護衛の任に当たる…
    感慨無量 

    .

  • アリ Vs フォアマン  アリ Vs フレージャー exe
    モジリアニの活躍した時代 exe
    もう二度と戻らないであろう良き時代
    例えば100mを9秒ジャストで走れても、それは人類の健全な進歩の姿とは、有り様とは、とても思えない

    天才たちはもう現れないだろう
    今後人類は人口のみ増やし、しかしその存在を消耗するだけ
    戦争、軍隊、兵器、それから車にスマホ、それらに進歩改良の情熱の全てが注がれていて、本来あるべき姿が見えて来ない…
     
    本来あるべき姿とは、もっと人間に自然にやさしいものだ
    全て有料。レンタル、月々の基本料金、新薬、特許、実用新案、
    世のためヒトのためといいつつ、それは建前で、本音はお金ですね

    人間の上に、神・仏になりすまして
    社会差別の原因となる「宗教」を利用する「集団」がいるだけ
    「人類はそうして本来のあるべき姿から離れていって滅亡するのだ」


    .

  • 最近は冷やし中華だ 毎晩冷やし中華だ
    何しろ手間が掛からないのが良い 胃に負担がかからない


    三頭飼っていたイヌが、一年を経たずにみんな死んでしまった
    ボクはそれで全くダメになってしまった
    ネコがいる
    そのネコが心配になったりしてる
    考えてご覧 できるだけのことをしてたろ
    いいえと心が言う
    寿命ですね
    そうですね

    黒猫が沖田をあの世へ案内してくれた
    黒いコートのドクターが賢治の死の床へとやって来る
    黒は不吉な色

    肺をやられ血を吐いて死ぬ

    ひとり孤独に血を吐いて 死ぬ
    ゴホッ ゴホッ 真っ赤な血の塊が手の中にあふれる

    「生まれてくるたって望んだ訳じゃないし
     死ぬったってそんなに苦しい訳がないだろうさ」
    一番心に思っているところに逝くだけかも知れない
    ボクはボクなりに、いっぱい死を見てきた訳だ
    それで ペットロスが最もつらかったというのも 言いづらい
    長生きよりも短命の方が楽かも知れん

    小さなノラはいっぱいいる
    心配は心配だ けれど うちのネコの心配さえし過ぎてる
    これ以上どうにもならない

    .

  • テレビで、低所得者に一万五千円をプレゼントしますって流れてるけど
    あれって放送料だけで総プレゼント額の何分の一かになるんと違うんかい?
    恥ずかしい内容で、恥ずかしい映像 なんかおかしいよ

    それで自分としては貰うわけです あそれからボクは目が悪くなりまして
    網膜に流れる動脈が、血圧上昇に伴いその下に流れる静脈を圧迫、一部見えなくなる
    ボクは緑内障と危惧してましたがそうではなさそう
    でもいつ目が見えなくなるかは分からないとのこと
    原因のひとつはパソコンのディスプレイの発する青み光線だろう
    取り敢えず内科を受診して血圧関係を診断してもらえばよろしいらしい

    先日、亡きペットの夢を見た イヌ 緑色の毛をしていた 不思議な夢だった
    だれか知らない若い男に飼われていて、大昔に通っていた小学校の滑り台の
    ところで会った
    まあなんとなくうれしかった
    今はネコだ 夢の中では自分が死んだらネコが飢え死にしてしまう、なんて
    心配してる自分がいる
    全く 
    うちのネコはボクが脱いだ洋服やらジーパンに尿をかける
    見えないところでもそうしているので大変な量だ
    それが洗濯しないと後日、臭う きっとすごい臭いなんだろう


    .

  • 存在とか考えてみて 一神教的自分だったと思った
    多神教的自分に軸を移すと、面白い
    神を時間と置き換える
    世の中や宇宙を思う脳があって、その総体の中に「自己」がいる
    「自己」は社会、両親、躾け、教育等に依存している訳ですね
    自己は一つと思うのが一神教的で、自己は多神教的でもいい
    複数の意識があって、それぞれに「時間」があって、
    それが概念的に一個と思い込んでいる
    「自分」と言うものが宇宙に唯一無二だと思う「自分」がある

    でも無意識的に複数の「自分」があって、でも意識的には自己は一つだと
    考えている

    脳内で融合する複数の自意識の、その極限的存在が「我」ではないか
    生は脳内で「無数の幽霊の複合体」(賢治)として存在する
    生身の人間として感覚する相互的生死も観察者から見れば「半分同士」ともみえる

    半分同士が同じ時間空間を共有して「一つの存在」

    以上、今の自分の死生観をちょっとまとめてみました


    .

  • 先日のTBS世界ふしぎ発見、なんか気になる
    地下の石棺埋葬室から斜め上に延びる通路、既存の通路の上に
    もう一つの通路があるらしいと、ドローンで探査した結果、分かったという
    でも、ドローンは空中を飛ぶ訳でして 
    それで、二つ目の通路が埋葬室上部から同じく同じ方向に延びてると云々
    それがピラミッドの底辺にぶつかって、それ以上延ばせなくて、ストップ

    だけどさ、あれほど大きなピラミッドを建てて、内部にも埋葬室を置いて、
    その上には切妻式の大きな石を置いて、埋葬室を重力による陥没から
    守ってる
    そんな優れた技術を持って建てられたピラミッドだ
    最近、発見された二番目の通路が、なんで途中でストップしてしまうような
    設計ミスをしたのだろう

    エジプトでは更に非常に頭部の長い、巨大石像が発見されたという
    こちらは「世界ふしぎ発見」では触れてない
    その件では更にピラミッドは白くて、下部分は赤だったとも言っていた
    (ソース海外)

    NHKのマチュピチュ放送にしても、最後の「謎」解説で、
    古代文字が新たに発見されたと報じていたけれど、
    あの文字というか、絵? NHKとしては全く事実確認が甘い
    科学的な検証がない

    それでもボクは、異星人が地球に来ていたという説を支持たくなった
    巨大土木事業を一万人の人々が力を合わせても、出来ないと思うから

    ひとに身近に在ってもいいもの いいこと (聖なるものの存在)
    異星人と同様に、「聖なるものの存在とその力」を信じたい

    生死を越えた安寧感みたいな

    .

  • 無数の死がある前に無数のセクスがある
    死への衝動というのはウツな人間にあるものだろう
    死を迎えて特殊な行動、例えばひとりになって自死する などは
    実際には有り得ない
    うちのイヌは最後の最後までセクスに興味を持ち、し続けた…
    死よりセクス 性の衝動は死の恐怖を上回る、これは事実だろう

    命の過去と現在と未来 そこに神も仏もいなくていいだろう
    命、人生には、義務も責任も、賞罰さえも不用だろう
    DNAは生命体の基本設計図であると同時に、精神活動の可能性も保存
    保持している
    無用と思えた遺伝子配列には、そうして様々な命の絆も保存されている
    可能性がありそうだ
    無用と思われていた遺伝子にも重要な秘密が隠されている…

    「死を越える 性の悦び 愛」
    「いつ死んだって悪いことではない 心配するな」
    ????????????????
    死は恐怖と孤独の無間地獄ではないかも知れない
    別れと再会

    生きるとはなんだ?



    .

  • 命って、そもそも一つではない

    ボクは一神教になっていた 全ては神様の思し召し…
    なんでそう思うかというと、聖書を開いて、
    それで案外自分にあってるのを見て読んで、
    これはひょっとして○○…
    まあそれはそれ、神を信じている分には安心感もあった
    宇宙は一つ、神も一つ、命も一つ、みたいな
    でも多神教でもいい訳だと考えてみた 八百万の神だっていい
    宇宙だって一つで無くて良い 何にしろ命は一つではない訳です

    うどんの束、そうめんの束を命として、無数の命は束になっている
    それをスパッと切って、一面化したのが今という時間
    一本だけ取り出したのを魂と言おう
    自我意識でもいい 孤独な魂だ 一個の存在
    でも事実は無数な命があらゆる方向に向かって雑多に生きている
    束になっている訳ではなく、ただ、今を共有している
    動物、植物も、今を共有しているだろう
    今と言う「幅」は二日だと言おうか(アフリカ的発想)
    一秒だとしようか
    或いは一千億分の一を今としよう
    でも、命は一つで無い 時間も一つでは無くて良い 
    意識も神も一つで無くて良い

    ペットがなにを考えているか
    ペットがどう飼い主を思っているか
    そんなことは分からない
    でも、それは自分の鏡かも知れない
    自分がどれほどの存在かは、ペットを見れば分かる

    ペットも自分も死ぬし、それはいつだか分からない
    でも複雑に交差する時間と空間だ 
    無数の命と同じだけ「死」はあるだろう
    死も無数 過去も無限大 未来は未知数 今は「概念」
    誰もいないグラウンドで、ひとりグランドゴルフを二時間する
    青い空 冷たい北風 枯れた芝 次の日ボクはそこでステージに立つ
    二分間の自己主張の場 舞台 優劣を競う訳ではない
    二日練習 二か月前にエントリー 二年も前から同じ歌

    いつ死んでもいいさ ペットだってボク以上にそう思ってる
    無数の死 その死には生の時間があった訳です 
    幸せも不幸せも寿命も関係なく、生きて、死んだ命
    小田原の動物園で数年前に死んだゾウ 
    沖縄で出会ったイルカも死んだろう…

    .

  • 昔、ラジオで夕方流してたドラマで「少年酋長レプンクル」というのがあってだな
    ♪白い 白い 白いしいろい翼 ♪♪♪
     石の矢じりだ 石の剣だ 
     気は優しいが強いんだぞ
     少年酋長レプンクルー レプンクル レプンクル レプンクルー ワオー♪

    ちなみに幼稚園の先生は「細井先生」灰色の下駄箱に黄色いサルの切り絵が貼ってあった
    両手を前でつないで 座った格好のニホンザルと思えた
    ボクは幼稚園では毎日泣かされていた
    園の部屋の上の方には赤い顔が貼ってあって、笑っている怒ってる泣いている顔…
    ボクは毎日泣いていて、それで時々外に抜け出して花に寄るミツバチなどを見ていた
    細井先生は美しい先生だった その面影は今でもはっきり覚えている
    ボクは先生に恋していた

    .

  • 宇宙145億年として、地球45億年、
    ティラノザウルスはその中で1億年生きたとしよう
    大地にその足を踏ん張り、全力で咆哮するT REX ガオー オンオー 
    咆哮一億年
    今、大地に足を踏ん張って咆哮するのは、ライオンだ トラだ
    決して人間ではない

    人類は地球環境を破壊し、
    既にその生態系を何千回も全滅させることを可能にする「兵器」を持っている

    ボクたちは感謝すべき対象を正しく認識すべきだ
    それは生態系だろう
    神仏を語るひととその組織を絶対価値としていて良いのだろうか

    ティラノザウルス とその仲間は、一億年はオーバーだとしても、
    おそらく一千万年は生存したろう
    人類はどうか
    この環境は宇宙のどこにもない
    少なくとも人類が感知しうる視界内には、ない
    太陽系のどこかの惑星の衛星に生物の存在する環境があるかも知れない
    可能性を論じ探求するのは結構なことです

    地球意識 地球自我


      アフリカゾウを忘れてましたね
    ゾウ ゾウの目の優しさを見たことがありますか
    キリンの気高さ キリンの羞恥心 
    ちょっと想像してみましょう
    それら全ての野生動物が人類を恐れている…

    .

  • 動物病院乱立し過ぎ
    この前まで歯科医院が雨後の筍の如くに開院してたけどね
    ペットたちは人間の心に入り込んでくる 
    双方が両者を受け入れあうように「共進化」
    イヌもネコに人間社会に溶け込む努力を繰り返してきた
    イヌは主人を守るように進化した ペットへと進化したものもいる
    ネコはこれはもう共存だね 
    まるでウィルスのように人間の脳内に入り込んで存在を主張している

    そうしてやがて別れが来る 人は概ね看取る側だ
    イヌネコらは病で苦しいだろう 痛いだろう
    でも普通は高額治療費は支払えない
    (人間より 何十倍、何百倍もするお金は払えない
     貧乏人はペットを飼うなというのは、このため)

    それで人間にも寿命はアル 
    死に望んで意識朦朧として、お迎えが来る
    「そのとき、一番喜んでくれるのは、ペットではないか」

    動物病院が四十万円、五十万円の手術台を提示しても、
    それを受けないからと自分を責めることはない
    無理は承知だ 
    自分が死ぬとき、脳内に、まず最初にペットたちが、これ以上無い喜びで
    お迎えに来てくれる
    あの時、見捨てて御免と謝るのは不要なくらい、彼ら彼女らはうれしそうだ

    時間は一定に過ぎる義務を持ってはいない
    みんな、あのときのままであのときの自分を待っていてくれる 
    脳内でそれは数分、数秒でも、時間なんてそもそも概念なんだから
    脳細胞が死んでも、ぼくたちの共有する幸せは永遠になる
    一つのレイアとして存在が約束される
    レイアとは二次元 三次元 四次元 五次元でもあり
    それらは概念として存在する…


    .

  • 子供が成人して、老いた親を看取るのは当然
    とはいえ悲しい
    逆は悲しさも限りなく大きいだろう
    親が子の最期を看取るということは、通常有り得ない

    独り暮らしで両親身寄りなく、助けてくれる者とてなく、
    集団生活で傷付き、不眠となり、仕事も辞める…

    孤独ですね そんな人にぴったりなのがネコやイヌ
    愛玩動物です
    これがしかし危険なペットロスシンドロームへ一直線
    多頭飼いの良いところが、ショックがより小さい
    そうは申しましても、イヌとネコでは条件が違う
    ネコは吠えないし噛まないし散歩も要らない
    でも臭いが凄い ボクはオスネコ一人飼ってますが
    睾丸摘出手術してないので、縄張りシッコをする
    もう部屋中、洋服とかも、全て
    これが二三日すると発酵してアンモニア臭が最強になる
    ボクはもう誰にも鼻つまみ者です これはネコのせいです

    ネコは微妙な感性がありますね 
    頭が良いとか覚えが良いとか、そういうのでなく、感情が豊か
    それを声で訴える 声色を深読みする必要はありません
    感じるだけで良い どうせ腹が減ったとか、外に出たいとかですから
    リード無しで外には出しません どこかに走っていって、
    そのままノラになるかも知れない
    意味のある言語で会話する訳ではない ボクは適当に相手をする

    イヌはネコのように会話しません 命令を待つだけ
    プードル系にイヌがいまして、これがボクの前でちょこんと座って
    歌を唄うんですね ちょっと頭をふって音程は変わる リズムはないけど
    オウーオオウーオー そんな感じを延々と続ける
    こんなイヌは一度しかいなかった

    イヌにもネコにも性格があって、それこそ全く違うんです
    人間も性格みなさん違いになる 
    イヌも言葉を話さない分、尻尾を振る
    ネコは外に出れば別人格のようにふるまう ノラにもすぐになれる
    イヌはそれがない リードはしてますが、信頼がある 
    絶対の信頼 これはイヌだけのものでネコにはない気がする
    ネコはノラでも生きていけると地震を持っている分、高慢
    イヌは飼い主との関係だけが人生の全てになってしまう

    不思議なことにイヌにもネコにも人との関係性を規定する遺伝子があるらしい
    ネコは飼い主を目下に見て、「飯を出せ、腹が減った」みたいな感じ
    イヌもそうなんだろう いつのまにかイヌの餌とか買い物籠にいっぱい
    入ってる…
    遺伝子にヒトとペットとの関係性で、更に新しい、親密さを深めるものが
    付加されるのではないかとも思ったりする
    それはセックスレスではありますが、それに相当するくらい強く深い
    そういう関係性を互いに実現させ、それは双方に共有される

    独り暮らしの風来坊がはまる世界です 
    ただ、年齢が… 
    こっちが看取ってやらないと可哀そう
    でも、看取るってつらい 金の無い風来坊にとって、
    病気になられたりすると、高額過ぎて無理 
    ヘルニアの手術、白内障、その他、だいたい一回十万円
    獣医さんには儲けの技でしょうが、ボクには二三十万円は
    厳しかった

    そんなこんなのお付き合いでした
    まだいるし…




    .

  • <<
  • 1588 1549
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア