ここから本文です
  • 1

    *****

    W Matsu                    松浦輪也

    [内容]
     三菱重工はH−?Aロケットの第2段エンジン用に、燃焼室への燃料供給に電動モータを使用したロケットエンジンを開発するらしい。 そして、このエンジンの電力の供給源として発電衛星「SOLAR BIRD」の実証衛星を使用するらしい。
     これにより、推進剤を供給するためのポンプを駆動するガスが不要になるため、構造が簡単になるのはもちろんのこと、高い比推力が得られるようになるようです。


    [注釈]
     三菱電機のホームページ
        http://www.mitsubishielectric.co.jp/society/space/index.html
    で「太陽光発電衛星システム SOLAR BIRD」を見たとき、H−?Aロケットの第2段エンジンにこのロケットエンジンを作ったら面白いのではないだろうかと思っいました。
     構造としては、液体水素や液体酸素で冷却されることで軸を浮遊させる軸受けを使用することで高い回転数
    を得ることが出来るモータで液体水素と液体酸素のポンプを駆動することができ、しかも漏れによる爆発が無くなることや、「太陽光発電衛星システム SOLAR BIRD」から電力の供給を常に受けることができるのでバッテリーが不要になるためロケットが軽くなるなどの長所がある反面、高出力のモータの開発などの課題も多いです。
     しかしこれが実現されたら電力受給用アンテナのついたロケットが宇宙を飛ぶことは勿論のこと、飛行機にも応用されて無公害の飛行機が飛び交うことになるでしょう。
     以上、わややがお届けしました。

     というわけで『Spacecraft Server 宇宙機の情報』のトピックでお馴染みの、「Yeah!めっちゃ書き込む」松浦輪也こと わやや と申します。
     『Spacecraft Server 宇宙機の情報』のトピックでは、「[受信]」の項目に事実をあげて、それに対する感想や批評を「[注釈]」の項目に書き込むという規約にしていたので、内容が真面目すぎて書きづらいのか、他の人はほとんど書き込んでいないようなので、「実際には開発する予定がないがこういうロケットや衛星を開発したら面白いのではないだろうか?」ということを書き込んでいただけたらと思い本トピックを作成いたしました。
     書き込みのお約束としては、上の例のように「[内容]」と「[注釈]」とに分けてくだれば、それ以外は自由です。
     それでは皆様の書き込みを わややっ、待ってますぅ。

  • <<
  • 847 826
  • >>
  • 847(最新)

    末裏悪弥 1月18日 16:25

    >>846

    だから、PTAのオバサン方は、こういった情報が広がるのを恐れて圧力をかけ、2018年1月28日をもって「株式」「FX、為替」カテゴリを残し、textreamのそのほかのカテゴリを終了することになったのでしょう。
    何といっても、PTAはペンタゴンとて逆らえない無敵の団体。
    何はともあれ、このカテゴリが無くなるのがとても残念でなりませんが、PTAには逆らって、「PTA」の文字が書かれた大陸間弾道弾(ICBM)を撃ち込まれるよりはマシですから、諦めるしかありませんが・・・。

  • [新]朝日新聞の2019年1月18日(金) 12:42配信の記事
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000042-asahi-soci
    によりますと、

    2019年1月18日午前10時20分ごろ、
    鹿児島県肝付町南方にある宇宙航空研究開発機構(JAXA)の「内之浦宇宙空間観測所付近で、山火事が起きている」
    と大隅肝属地区消防組合に通報があった。
    通報の約30分前、同観測所から固体燃料ロケット「イプシロン」が打ち上げられており、
    JAXA広報部は火災を把握した上で「打ち上げにともなうものとみて情報収集中」としている。
    組合によると、火は間もなく鎮火し、けが人は出ていない。
    同組合によれば、ロケット発射場周辺の森林の一部が焼けたという。

    とのことです。


    [評]この火災は、日本が独自でロケットを打ち上げることを快く思わない米国が、自国の工作員を使い、イプシロンロケット打ち上げに伴う火災に見せかけて火をつけたものとみて間違いないでしょう。
    なぜならば米国は何でも世界一でありたい国であり、属国としか見ていない日本が独自でロケットを打ち上げ続けることを快く思わないからです。
    しかも、イプシロンロケットは固体ロケットで、1.5トン以上のペイロードを打ち上げられることからわかる通り、容易に大陸間弾道弾(ICBM)に転用できるからです。
    日本が、そんなロケットを当たり前のように打ち上げられることは、日本独自の大陸間弾道弾(ICBM)打ち上げ技術を保有し、その技術を土産に中国と手を組もうものなら、米国の対アジア戦略が根底から崩れてしまうからです。
    だから、米国は工作員を使ってイプシロンロケット打ち上げ場付近の森林に山火事を起こして、イプシロンロケット打ち上げに伴う火災に見せかけ、日本のロケット打ち上げがいかにも危険なように見せかけて、日本に独自のロケット打ち上げから撤退させようと、今回のような破壊工作をしたのです。
    しかし、これを機会にイプシロンロケットは、これを保有する宇宙科学研究所共々、PTAに移管されることが確定されることになるでしょう。
    そして、移管されたが最後、イプシロンロケットやSS-520ロケットは「PTA」の文字が書かれた大陸間弾道弾(ICBM)に転用され、PTAに逆らう者に容赦なく核攻撃が行われるのだ。

  • >>821

    >textreamは2018年12月末日をもって「株式」「FX、為替」カテゴリを残し、
    >そのほかのカテゴリを終了する予定です。

    このカテゴリが無くなるのは、もしかしてPTAのオバサン方がこの書き込みを見て何らかの圧力をかけたのだろうか?
    何といってもPTAはペンタゴンとて逆らえない無敵の団体ですから。
    何はともあれ、このカテゴリが無くなるのがとても残念でなりません。
    でも、PTAには逆らえませんから諦めるしかありませんが・・・。

  • [新]国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の平成30年9月23日のプレスリリース
    http://www.jaxa.jp/press/2018/09/20180923_h2bf7_j.html

    H-IIBロケット7号機による
    宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機(HTV7)の
    打上げ結果について
    によりますと、

    三菱重工業株式会社及び国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、種子島宇宙センターから平成30年9月23日2時52分27秒(日本標準時)に、宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機(HTV7)を搭載したH-IIBロケット7号機(H-IIB・F7)を打ち上げました。
    ロケットは計画どおり飛行し、打上げから約14分59秒後に「こうのとり」7号機を正常に分離したことを確認しました。

    とのことです。


    [評]先ずはH-IIBロケット7号機(H-IIB・F7)による宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機(HTV7)の打ち上げ成功、おめでとうございます。
    これからも、米国による打ち上げ失敗工作に万全の注意を払って、打ち上げ成功の記録を更新し続けてください。

  • [新]三菱重工業株式会社及び国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の
    平成30年9月20日のH-IIBロケット7号機による宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機(HTV7)の打上げ延期について
    http://www.jaxa.jp/press/2018/09/20180920_h2bf7_j.html
    によりますと、平成30年9月22日に予定していましたが、打上げ前日から当日の天候悪化が予想されるため、宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機(HTV7)を搭載したH-IIBロケット7号機(H-IIB・F7)の打上げを平成30年9月23日(日)の2時52分頃(日本標準時)に変更されました。


    [評] 天候悪化にも関わらず無理して打ち上げを行い、失敗するよりも万全を期した機体の確認作業を行い、無事打ち上げに成功してほしいです。
    なお、米国による打ち上げ失敗工作には、くれぐれも気を付けてください。
    それでは、平成30年9月23日(日)のH-IIBロケット7号機による宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機(HTV7)の打上げ成功を祈っております。

  • >>841

    [新] 菱重工業株式会社及び国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)によれば
    http://www.jaxa.jp/press/2018/09/20180915_h2bf7_j.html
    種子島宇宙センターから宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機(HTV7)を搭載した
    H-IIB ロケット7号機(H-IIB・F7)の打上げを平成30年9月15日に予定しておりましたが、
    ロケットの推進系統に確認を必要とする事象が生じたため、本日の打上げを中止したとのことです。


    [評] この打ち上げ中止の原因となった、ロケットの推進系統に確認を必要とする事象は
    米国の工作員が宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機(HTV7)を搭載した
    H-IIB ロケット7号機(H-IIB・F7)の打上げを失敗させるために工作を行ったものとみて
    間違いないでしょう。
    なぜならば、日本が宇宙ステーション補給機「こうのとり」の打ち上げに成功したならば、
    日本独自の大気圏再突入技術が確立し日本独自の有人宇宙船が実現されるため、
    日本が米国の言いなりにならなくなり、
    これを外交のカードにして中華人民共和国や朝鮮民主主義人民共和国と結託し、
    米国にとって大きな脅威となるからです。
    よって、米国は宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機(HTV7)を搭載した
    H-IIB ロケット7号機(H-IIB・F7)の打ち上げ失敗をありとあらゆる方法を使って
    工作してくることでしょう。
    何はともあれ、こういった米国による打ち上げ失敗工作を排除して、
    H-IIB ロケット7号機(H-IIB・F7)による宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機(HTV7)の
    打ち上げ成功を実現していただくことを願っております。

  • [新] 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構の
    宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機(HTV7)を搭載したH-IIBロケット7号機(H-IIB・F7)の打上げ日時が
    平成30年9月15日(土)、5時59分14秒(日本標準時)となりました。
    http://www.jaxa.jp/press/2018/09/20180913_h2bf7_j.html


    [評]日本独自の有人宇宙船打ち上げ技術の蓄積を快く思わない米国が、この成功を黙って見ている筈がありません。
    そこで、米国は宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機(HTV7)を搭載したH-IIBロケット7号機(H-IIB・F7)の打上げに失敗するようありとあらゆる方法を使って工作してくることでしょう。
    何はともあれ、こういった米国による打ち上げ失敗工作を排除して、宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機(HTV7)を搭載したH-IIBロケット7号機(H-IIB・F7)の打上げ成功を実現していただくことを願っております。

  • >>839

    この話見たけど、菊地と吉川が助けてくれなかったら鬼塚英吉は教師生命絶たれてましたね。

  • >>835

    >この『GTO』のアニメの画像は、
    >
    >GTO Lesson6 「失業確定? 抗議殺到、あいつをクビにしろ!!」
    >
    >の話ですね。

    この話、現在↓で配信中デス!! 視るべし、視るべし。
    https://gyao.yahoo.co.jp/player/00548/v12251/v1000000000000004272/?auto=1&rep=2

  • >>833

    青少年の健全育成に悪影響を与えるからダメだと騒いだり、
    ペットボトルロケットまで危険だからダメだと騒いで、何でも禁止する
    頭が固いとしか言いようのないPTAのオバサン方に比べたら、
    青少年の性欲の処理をして、性犯罪防止に貢献している
    熟女AV女優のオバサン方のほうが桁違いに立派だと思います。

  • >>835

    >なお、『GTO』のアニメは毎週金曜日に
    >
    >GYAO!
    >
    >で配信中ですので、ぜひ御覧ください。

    『GTO』のアニメの「Yahoo!」の「GYAO!」での配信は

    https://streaming.yahoo.co.jp/p/y/00548/v12248/?source=external.ad.store.critpc

    をご覧ください。
    なお、「視聴する」と赤色の枠付きで書いているものは無料で見れますよ(笑)

  • >>833

    『GTO』のアニメのリンクアドレスを貼ったためか?
    返信がなぜか削除されていたのでもう一度投稿させていただきます。
    この『GTO』のアニメの画像は、

    GTO Lesson6 「失業確定? 抗議殺到、あいつをクビにしろ!!」

    の話ですね。
    14年前の申年に、私の弟の娘の姪っ子への年賀状にこれと同じ画像を貼って送ったら
    私の弟が、我が家と縁を切ってきたことを思い出してしまいました。
    そんな姪っ子も今や女子大生。
    しかも、クラッシック音楽のオーケストラの一員で楽器を演奏をするインテリ娘。
    たとえ弟が我が家と縁を切ろうとも、この姪っ子は可愛いもので我が家に来たら
    まるで、親元へ里帰りした自分の娘のように
    「おかえり」
    と、お迎えしてしまいます。
    なお、『GTO』のアニメは毎週金曜日に

    GYAO!

    で配信中ですので、ぜひ御覧ください。

  • >>832

    >PTAのオバサン方を怒らせると、とっても怖いですヨ。
    >何といってもPTAは、ペンタゴンに命令を出せるアメリカ大統領も逆らえない無敵の団体ですからネ。

    いえ、GTOならPTAに逆らえます。
    ↓がそのGTOがPTA会長のヲバサンと対決した画像の一部です。

    SpaceDevReServer ~宇宙開発の裏情報 >PTAのオバサン方を怒らせると、とっても怖いですヨ。 >何といってもPTAは、ペンタゴ

  • >>829

    PTAは、せんせいとりょうしさんの会合であり、文部科学省の外郭団体ではありません。
    ましてや、文部科学省の宇宙科学研究所のロケットの打ち上げや運用の管轄は一切行っておりません。
    なので、この投稿を

    日本PTA全国協議会
    http://nippon-pta.or.jp

    に知らせておきました。
    よって、この「日本PTA会長」さんと
    https://textream.yahoo.co.jp/message/1835557/spacedevreservera1a1a1a1a7ch3abhafa4nna2bepjs/1/821
    を投稿した末裏悪弥さんはPTAの総会にかけられて
    社会から抹殺されるでしょう?
    PTAのオバサン方を怒らせると、とっても怖いですヨ。
    何といってもPTAは、ペンタゴンに命令を出せるアメリカ大統領も逆らえない無敵の団体ですからネ。
    そういうわけで、日本PTA会長さん、末裏悪弥さん、
    PTAの総会に呼び出されるまで首を洗って待っていてください。

  • >>830

    SS-520 サイズのロケットなら
    1000tクラスの民間船に少し手を加えるだけで、このサイズの船から打ち上げられそうだ。
    コンテナ船なら偽装して
    そこから軽くとも 500kg クラスの核弾頭をアメリカ本土にお見舞いできるだろう。
    打ち上げ船の建造費も安くなるし、これらの船が大量建造されて
    核ミサイルに転用した SS-520 の飽和攻撃を受けると
    反撃しようがないでしょう?

  • >>829

    恐るべし、日本PTA全国協議会。
    こういった、M-Vやイプシロンロケットを改造したミサイルと違って、
    日本のどこからでも複数のロケットを打ち上げる手段を手に入れたPTAのオバサン方は
    ペンタゴンとて逆らえない無敵の団体といっても過言ではないでしょう。

  • おーほっほっほっほっ!
    バレてしまってはしかたがないざぁます。
    イプシロンロケットはもちろんのこと、SS-520ロケットも我々文部科学省の外郭団体である日本PTAが管轄するざぁますっ!
    もちろん、お察しのとおりこのロケットを運搬車に乗せて日本全国どこからでも打ち上げ可能にするするざぁますっ!
    なぜならPTAは、小学校から高校まではもちろんのこと、大学にまであり、
    PTA会費という豊富な資金があるざぁますから、そのお金で運用できるざぁますからねっ!!
    だから、SS-520ロケットやその運搬車にもPTAの文字を付けるざぁますっ!
    そして、このロケットを核ミサイルに転用して運搬車と共に全国に配備して
    『クレヨンしんちゃん』を報道するテレビ朝日のような青少年の健全育成に悪影響を与える業者共に
    「PTA」と書いた核ミサイルを飽和攻撃でお見舞いするざぁますっ!
    文句あるざぁますかっ!?
    文句ある奴は核攻撃するざぁますっ!
    そう、あなたがおっしゃるとおり、ペンタゴンとて逆らえない日本PTAは無敵ざぁますっ!!

    SpaceDevReServer ~宇宙開発の裏情報 おーほっほっほっほっ! バレてしまってはしかたがないざぁます。  イプシロンロケットはもちろんのこと

  • [新] 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)のプレスリリース
    http://www.jaxa.jp/press/2018/02/20180203_ss-520-5_j.html
    によりますと、

    国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、
    平成30(2018)年2月3日(土)14時03分00秒(日本標準時)に、
    SS-520 5号機による超小型衛星打上げの実証実験を内之浦宇宙空間観測所において実施し
    実験実施後約7分30秒に超小型衛星TRICOM-1R(トリコム・ワンアール)を分離、
    軌道投入に成功しました。

    とのことです。


    [評] SS-520 5号機による超小型衛星打上げの実証実験成功の裏には
    日本PTA全国協議会が全面協力をしたらしいです。
    日本PTA全国協議会が、この実証実験に協力したのは
    SS-520 を基に開発した超小型衛星打ち上げ用ロケットを
    PTAの管轄下に置き、このロケットを運搬車に乗せて日本全国どこからでも打ち上げ可能にすると共に
    各自治体のPTAにつき、一台のロケットと運搬車を提供することで、一度に大量の監視衛星を打ち上げ
    常にポルノ業者を監視するようです。
    もちろん、ロケットや運搬車に 「 PTA 」 のロゴが描かれるのは云うまでもありません。
    また小型で安い価格で打ち上げられることから、
    超小型核弾頭を装備したミサイルに転用して、ポルノ業者を始めとする青少年健全育成に有害な団体に
    核攻撃をすることが予想できるであろう。
    M-Vやイプシロンロケットを改造したミサイルと違って、
    日本のどこからでも複数のロケットを打ち上げる手段を手に入れたPTAのオバサン方は
    ペンタゴンとて逆らえない無敵の団体といっても過言ではないでしょう。

  • >>826

    H-IIAロケット37号機(高度化仕様)による気候変動観測衛星「しきさい」(GCOM-C)および超低高度衛星技術試験機「つばめ」(SLATS)の打ち上げは、無事に成功しましたね。

  • [新] 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構の
    H-IIAロケット37号機(高度化仕様)による気候変動観測衛星「しきさい」(GCOM-C)および超低高度衛星技術試験機「つばめ」(SLATS)の打上げ時刻及び打上げ時間帯について
    www.jaxa.jp/press/2017/12/20171221_h2af37_j.html
    によりますと、気候変動観測衛星「しきさい」(GCOM-C)および超低高度衛星技術試験機「つばめ」(SLATS)が、平成29年12月23日(土)の 10時26分22秒(日本標準時)に種子島宇宙センターより打ち上げられることになりました。


    [評] 気候変動観測衛星「しきさい」(GCOM-C)はともかく、超低高度衛星技術試験機「つばめ」(SLATS)の打ち上げが成功すると、日本独自の低高度偵察衛星の実現が夢でなくなります。
    しかし、米国がこのようなことを黙って見ている筈がありません。
    なぜならば、超低高度衛星技術試験機「つばめ」(SLATS)の打ち上げに成功したならば、日本独自の低高度偵察衛星が実現され、日本が米国の言いなりにならないようになるばかりか、この衛星を外交のカードにして中華人民共和国や朝鮮民主主義人民共和国と結託すれば、米国に大きな脅威となるからです。


    よって、米国は平成29年12月23日(土) の H-IIAロケット37号機(高度化仕様)による気候変動観測衛星「しきさい」(GCOM-C)および超低高度衛星技術試験機「つばめ」(SLATS) の打ち上げ失敗をありとあらゆる方法を使って工作してくることでしょう。
    何はともあれ、こういった米国による打ち上げ失敗工作を排除して、平成29年12月23日(土) の H-IIAロケット37号機(高度化仕様)による気候変動観測衛星「しきさい」(GCOM-C)および超低高度衛星技術試験機「つばめ」(SLATS)の打ち上げ成功を実現していただくことを願っております。

  • <<
  • 847 826
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順