ここから本文です
  • 1

    *****

    死刑はするべきか?廃止するべきか?

    死刑についてのご意見をお待ちしています。

  • <<
  • 25402 25383
  • >>
  • シラフで死刑しろっていうやついたら、挙手! 

    もしいたら、死刑フェチだなww

  • >>25400

     そやしな、君が理解してる範囲の(ちんけな)“フーコー”を説明してくれ。

     君、ひょっとして、“フーコー”なるものを知らんのとちゃうか(笑)

  • >>25399

    お前さんは、偉そうに死刑制度を論じてるのだろ?
    だったらフーコーの監獄の誕生ぐらい読めよ、それで理解してから
    中国の様な国が良いか、欧米の様な先進国が良いか、考えれば?

    死刑を廃止したフランスもドイツもアメリカの多くの州もお前より賢いと思うぞ

  • >>25398

     そやしな、君が理解してる範囲の(ちんけな)“フーコー”を説明してくれ。

  • フーコーも解らない人間がどんなに死刑を論じても無意味だし無駄

    フーコーが解らない人間は一生何故先進国が死刑を廃止・凍結したのかその理由を理解出来ない
    それが教養の差

  • >>25396

     君、ド素人以下やね(笑)
     刑事と民事の区別もできないのか????

  • >>25395

    >>> > 人に傷害を与えら同じ傷害を負うべきはいいね。
    >>>いいとは思わない。
    >> じゃー窃盗犯が盗んだ金を使ってしまっても弁償する必要はないの?
    だったら全国の盗人は君をターゲットにするよ。
    狙うほどの財産は古ーいただ同然のパソコンくらいしかないと思うけどね。
    >君、素人以下やね(笑)
    刑事と民事の区別もできないのか???

     『人に傷害を与えら同じ傷害を負うべきはいいね』は私で君は『いいとは思わない』と言っているから私は『 じゃー窃盗犯が盗んだ金を使ってしまっても弁償する必要はないの?』と言っている。
     『人に傷害を与えら同じ傷害を負うべきはいいね』は窃盗なら『盗んだ金と同じ金額を被害者に渡すはいいね』になりますし、『人に傷害を与えら同じ傷害を負うべきはいいね』に対して『いいとは思わない』と言う君は『窃盗なら盗んだ金額と同じ金額を払うのは「いいとは思わない」になる』から私は「君の名前と住所と財産を公開すればー!」と言ってます。

  • >>25394

    >  もう返すなよ!こっちは返さない無視。

     君、「自分とは違う意見を受けると簡単に心が折れて、すぐに逃げ出してしまう輩」の典型やね(笑)
     これ↓には、よう答えんのやね。行ってよし//

    >  君が肯定した『私の事を厚顔というのは君の単なる個人的考え』と同じ趣旨の事で『
    > 世間に向けての保守アピール』は私の個人的考えであって君に心当たりがあるないの話ではない。

     それくらい言うのは、君の勝手で根拠のないトンチンカンな評価の対象となった、私のささやかな権利やと思うけど。

    >  それは君にも言える事。
    >  自分とは違う主張を理解しようとする意欲と理解できる能力の欠如かとね。

     君、状況を理解しようとする意欲と理解できる能力も欠如してるようやね。
     君のは“主張”と違って“個人的な選り好み”なんやろ。そんなもん、理解しようとする意欲も湧かんし、理解できる能力なんか誰も持たんし(笑)

    >  君が本当にその本を読んでいるのであれば『君に理解しようとする意欲と理解できる能力があるのであれば』のそれを自分自身にも置き変えましょう。

     「…科学としての法律学が発言しうるのは、どの価値体系を選択すべきかではなくて、つぎのことについてである。」(『科学としての法律学』(川島武宜)P.65)
     この続きも知りたいか??

    > > > 人に傷害を与えら同じ傷害を負うべきはいいね。
    > >いいとは思わない。
    >  じゃー窃盗犯が盗んだ金を使ってしまっても弁償する必要はないの?
    >  だったら全国の盗人は君をターゲットにするよ。
    >  狙うほどの財産は古ーいただ同然のパソコンくらいしかないと思うけどね。

     君、素人以下やね(笑)
     刑事と民事の区別もできないのか???

  • >>25389

    >  しつこっ。
    どうでもええことにしか、コメントでけんのか。「御里が知れる」ってやつやね(笑)

     「私を厚顔というのは君の単なる個人的考えで終わり」とこで終わりと一井いる私の投稿に『そやから、「肯定」って言うてるやん』と言うから私は『「私minの事を厚顔というのは君bsdの単なる個人的考え」でお終い』と言っている。
     お終いと言っているのにしつこく投稿を繰り返すのはどうでもええことにしか、コメントでけんのか。「御里が知れる」ってやつやね(笑)
     もう返すなよ!こっちは返さない無視。

  • 結局
    運送は語れても
    運輸は語れず
    共産主義は語れても
    民主主義は語れない
    かもしれません

  • そういえば
    確認について
    ふれたので
    掲示しておきます

    必ずしも確認が
    取れるわけでは
    ありませんが
    公益事業に含まれる
    運輸において
    時間指定を伴う業務は
    雇用創出を
    目的としているのであって
    所得の増加や拡大を
    目的とはしていないから
    残業代未払いなどの
    問題が出るならば
    運送業界は
    依頼者だけではなく
    行政からも
    確認を取らなければ
    死刑状態になる
    かもしれません


    追伸
    運送業界は
    仮にライバル会社が
    あったとしても
    共産主義原理になる
    勝負や競争をせず
    時間に間に合わせる事で
    協力しなければ
    公益事業として成立しない
    かもしれません

  • >>25387

    こんばんわ、早速本題です。これだけまともな死刑の存廃に関するコメントを過去頂いた事はありませんでした。今日は仕事疲れ、お答えするには私の頭の中で整理が必要ですので、これまた熟読してからお返事させて頂きます。気長によろしくお願いいたします。

  • >>25388

     しつこっ。
     どうでもええことにしか、コメントでけんのか。「御里が知れる」ってやつやね(笑)

  • >>私を厚顔というのは君の単なる個人的考えで終わり。
    >そやから、「肯定」って言うてるやん。

    私の「私の事を厚顔というのは君の単なる個人的考え。」に君が『肯定。』と言うから
    私は「私を厚顔というのは君の単なる個人的考えで終わり」と言うてるやん!
     何を開き直っているいるのかわからんね。
     「私minの事を厚顔というのは君bsdの単なる個人的考え」でお終い。

  • >>25386

     返信ありがとうございます。
     自分とは違う意見を受けると簡単に心が折れて、すぐに逃げ出してしまう輩が多い中、テーマから外れず追究を続ける姿勢には敬意を表します。

     私の「死刑」に関する考え方をもう少し言っておきます。
     「死刑」は近代においては、社会が自らの構成要素を完全に消滅させるという意味で、自己矛盾的な、否定されるべき行為である。しかし、それは、いわば緩やかな原則のようなもので、それぞれの社会に独自に存在する、「死刑」を肯定する又は否定する文化的、歴史的、政策的等々の要素によって、「死刑」の存続又は廃止が決定されることになる。例えば、前者は「死んでお詫び」という言葉に表れる日本的メンタリティを、後者には旧約聖書が内面化された欧米の死生観を挙げることができる。
     つまり、「死刑」の存続・廃止は時空を超えて絶対的に断罪されるようなものではなく、それぞれの社会が、その時、その場所で適切に判断しながらコントロールしていくものであると考える。
     そうであれば、「死刑」を肯定する意見も否定する意見も共に、無知や感情的で根拠のあやふやな思いを基にしたり、被害者の個人的な事情から論じ始めるのは無益・危険だと思わざるを得ないのである。

    > 以下、私の考えです。
    > 冷静沈着に準備して考える時間も十分ありながら計画的に第一線を超えた犯行を行い、さらに証拠隠滅を図った犯罪者を例とすれば、この犯罪者を税金を使って生き永らえさせる社会的必要があるのか考えてしまう。

     疑問。これだけでは安易に過ぎないか。現代で重視されている刑罰の特別予防的作用については、どのように考えているのか?

    > 日本では、これでもまず一人であれば死刑にはならないわけでして、日本で死刑が確定する事件は、相当な残虐性がある件ばかりで、どこかの国の様に簡単に死刑となるのとは大違い。
    > 世界的に死刑廃止傾向があるのは知っていますが、それのみで日本でも廃止をというには理由にならないと思うし、

     同感。世界の傾向に合わせて死刑廃止を唱えるというのは、単なる思考停止としか言いようがない。

    > 仮に復讐の意味を取り払っても、人間社会のおきてといいますか?
    > 第一線を超えた犯罪者の扱いは特別にならざるおえないと考えています。

     疑問。“第一線を超えた犯罪者”(殺人犯など?)の扱いが“特別”にならざるを得ない理由は何か?

    > 死刑は究極の怖さがあるでしょうが、それでも被害者の無念さを補えないが,死には死でという厳しさも社会にとっては時として必要と思っている。

     疑問。“死には死でという厳しさ”が“社会にとっては時として必要”とする理由は何か?

    > 又、えん罪は別物です。えん罪があるから死刑廃止という考えはまた別物で、これを混同するとややこしくなります。昔の死刑囚にはえん罪は相当あったような気がして仕方がないですが、(近年の科学的な捜査でもあるかもしれないが、現行犯もあるわけで)

     「えん罪」の可能性を理由とする死刑廃止論は、卑怯でトンチンカンに思える。
    1) 「えん罪」の防止を徹底するのではなく、それとは無関係な刑罰論を巻き込み、そこに逃げ込んでいる。
    2) 「えん罪」は懲役や罰金を対象とする犯罪にも起こり得る。死刑対象の犯罪に限らない。
    3) 「えん罪」で死刑が執行されると取り返しがつかないと言うが、懲役刑でも同様である。
    4) 「えん罪」の可能性を理由とするのであれば、本人も認め証拠も完璧、誰が見ても間違いないものであれば死刑としない理由がない。制度を廃止するまでの必要がない。

  • >>25380

    おはようございます。今朝は頭はよく回っているつもりで、お返事させていただきます。

    >やはり、「死刑は制度としての刑罰であり、一般化された被害者の復讐心に対する作用も機能の一つであるが、「自ら又は自分の娘さんなどが運悪く残虐な殺され方をしたとき」といった、被害者の個人的な事情から論じ始めるのは、全然、筋が違う、と言っている。」の言説は維持したい。
    --------
    あなた様のお考えは承知しました。私には、やはり理解できない次元の何かのお考えがありそうで、それが私の究極の質問であっても、それ自体が死刑存続であるという理由とはならないという事ですね。

    最初に書き込みましたように、「私の質問に.それでも死刑ではないとした答えを頂いた場合、私はノックアウトされる」が現実になってしまった。
     (決してあなた様が死刑廃止派でもないのは理解できますが)

    以下、私の考えです。
    冷静沈着に準備して考える時間も十分ありながら計画的に第一線を超えた犯行をこない、さらに証拠隠滅を図った
    った犯罪者を例とすれば、この犯罪者を税金を使って生き永らえさせる社会的必要があるのか考えてしまう。
    日本では、これでもまず一人であれば死刑にはならないわけでして、日本で死刑が確定する事件は、相当な残虐性がある件ばかりで、どこかの国の様に簡単に死刑となるのとは大違い。
    世界的に死刑廃止傾向があるのは知っていますが、それのみで日本でも廃止をというには理由にならないと思うし、
    仮に復讐の意味を取り払っても、人間社会のおきてといいますか?
    第一線を超えた犯罪者の扱いは特別にならざるおえないと考えています。
    死刑は究極の怖さがあるでしょうが、それでも被害者の無念さを補えないが,死には死でという厳しさも社会にとっては時として必要と思っている。
    又、えん罪は別物です。えん罪があるから死刑廃止という考えはまた別物で、これを混同するとややこしくなります。昔の死刑囚にはえん罪は相当あったような気がして仕方がないですが、(近年の科学的な捜査でもあるかもしれないが、現行犯もあるわけで)

  • >>25384

    >  私を厚顔というのは君の単なる個人的考えで終わり。

     そやから、「肯定」って言うてるやん。

    >  君が肯定した『私の事を厚顔というのは君の単なる個人的考え』と同じ趣旨の事で『
    > 世間に向けての保守アピール』は私の個人的考えであって君に心当たりがあるないの話ではない。

     それくらい言うのは、君の勝手で根拠のないトンチンカンな評価の対象となった、私のささやかな権利やと思うけど。

    >  それは君にも言える事。
    >  自分とは違う主張を理解しようとする意欲と理解できる能力の欠如かとね。

     君、状況を理解しようとする意欲と理解できる能力も欠如してるようやね。
     君のは“主張”と違って“個人的な選り好み”なんやろ。そんなもん、理解しようとする意欲も湧かんし、理解できる能力なんか誰も持たんし(笑)

    >  君が本当にその本を読んでいるのであれば『君に理解しようとする意欲と理解できる能力があるのであれば』のそれを自分自身にも置き変えましょう。

     「…科学としての法律学が発言しうるのは、どの価値体系を選択すべきかではなくて、つぎのことについてである。」(『科学としての法律学』(川島武宜)P.65)
     この続きも知りたいか??

    > > > 人に傷害を与えら同じ傷害を負うべきはいいね。
    > >いいとは思わない。
    >  じゃー窃盗犯が盗んだ金を使ってしまっても弁償する必要はないの?
    >  だったら全国の盗人は君をターゲットにするよ。
    >  狙うほどの財産は古ーいただ同然のパソコンくらいしかないと思うけどね。

     君、素人以下やね(笑)
     刑事と民事の区別もできないのか???

  • >>25382

    > > 私の事を厚顔というのは君の単なる個人的考え。
    >  肯定。

     私を厚顔というのは君の単なる個人的考えで終わり。

    > >  君の暫定的云々についてもっとはっきり言えば「世間に向けての保守アピール」と私は個人的な君への評価。
    >  「世間に向けての保守アピール」というのは、全然、心当たりがないなぁ。

     君が肯定した『私の事を厚顔というのは君の単なる個人的考え』と同じ趣旨の事で『
    世間に向けての保守アピール』は私の個人的考えであって君に心当たりがあるないの話ではない。


    > >  あくまでも私の個人的評価。
    > というより、理解しようとする意欲と理解できる能力の欠如かと。

     それは君にも言える事。
     自分とは違う主張を理解しようとする意欲と理解できる能力の欠如かとね。

    > > >  「賛成、反対も所詮は個人的な選り好みと言」うような奴は、「議論」の意味を理解してない輩と思われ。
    >>君の暫定的賛成も個人的な選り好みだよ。
    > 例えば、古い本だが「科学としての法律学」に参考になることが書いてある。君に理解しようとする意欲と理解できる能力があるのであれば、紹介するが。

     君が本当にその本を読んでいるのであれば『君に理解しようとする意欲と理解できる能力があるのであれば』のそれを自分自身にも置き変えましょう。

    > > 人に傷害を与えら同じ傷害を負うべきはいいね。
    >いいとは思わない。

     じゃー窃盗犯が盗んだ金を使ってしまっても弁償する必要はないの?
     だったら全国の盗人は君をターゲットにするよ。
     狙うほどの財産は古ーいただ同然のパソコンくらいしかないと思うけどね。

  • >>25380

    返事遅れてすまない。
    ちょっと頭が回らない。熟読して必ずお返事いたします。
    気長にお待ちくだされ。

  • <<
  • 25402 25383
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ