ここから本文です
  • 北朝鮮の「電磁パルス攻撃」は脅威か?米専門家の懐疑論
    9/9(土) 11:00配信 現代ビジネス

    北朝鮮の「電磁パルス攻撃」は脅威か?米専門家の懐疑論恐怖をあおるばかりだが…
     北朝鮮が2017年9月3日、6回目の核実験を行った。欧米の軍事専門家らの間では、原子爆弾よりも
    威力の大きい水素爆弾だったとの懸念が広がった。

     北朝鮮国営の朝鮮中央通信は、3日の核実験実施の発表前に、金正恩が大陸間弾道ミサイル(ICBM)の
    弾頭部に搭載できる水爆を視察した様子を伝えている。その際に同通信社は、「強力なEMP攻撃もできる」
    と報じ、これがさらなる懸念を生んでいる。EMPとは、上空で核爆発などを起こすことで発生する電磁
    パルス(EMP)のことで、そのエネルギーが地上のインフラや電子機器などを麻痺させる可能性があると
    されている。

     この核実験を機に、日本でも北朝鮮によるEMP攻撃に関心が集まるようになった。ただ、この
    EMP攻撃を扱った報道のほとんどが恐怖を煽るばかりで、なかにはまったくリアリティが感じられな
    いものもある。

     日本でもこのEMP攻撃の研究にすでに税金が投入されている。防衛省は軍事技術の取得を目指す
    「防衛技術戦略」の一環として、2018年度軍事費の概算要求でEMP攻撃の研究費として14億円を計上。
    またEMPからの防御についても研究は始まっており、ある防衛省関係者は、「防衛省はすでに電
    磁パルスからシステムを防護する技術を開発するべく研究を行っていますが、目処がつくのに早く
    ともまだ5年はかかる」と言う。

     一方で、米国では電磁パルス攻撃に懐疑的な見方も少なくない。特に防衛関係者の間でそれは
    顕著だ。私は以前、米空軍の研究者との雑談の中で、「核兵器による電磁パルス攻撃の効果につい
    ては様々な議論がある。ただ議会で対策を促すような動きはあるけれど、基本的に差し迫った懸念
    だとみなされていないのではないか」と聞いたことがある。

     もちろん軍事技術の研究は必要だろうが、日本ではEMPの脅威論が一人歩きしているように感じ
    る。そこで、電磁パルス攻撃が1960年代から研究対象になっている米国で、EMP攻撃についてど
    のような「懐疑論」が出ているかを紹介・検証してみたい。

    【投稿者のコメント】
    たかが太陽フレア―ごときでGPSが狂う。EMPはそんな生易しいエネルギーではない事は誰でも
    判ります。北に成層圏で核を撃たせない事につきます。

  • <<
  • 12 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン