ここから本文です
  • 現在の地球は内戦・紛争の地が増えるばかりだ、冷戦時代のような安定感は無い、今の紛争地を見ても誰でもわかることは、何の幸福も齎さないことだ、一部の好戦好きな人種の自己満足に振り回されるだけ、一般人の子供や女性の生活はまるで悲惨そのもの、破壊するだけで新しい物は作らない、紛争地は何十年経っても経済的に安定せず、家庭の安定生活もない、兵器を使う戦いは不幸を齎すのみ、日本は幸いに紛争もなく60年を経た、この平和を何としても守らねばならない、日本の地が破壊されるようなことは絶対避けるべきだ、これは確たる防衛と抑止力が必要である、中東のように兵力に勝る国は容赦なく攻撃してくる、その気を野蛮国に起させない軍備が日本には必要である、平和と口だけで叫ぶ前にしっかりと準備がいる、金も掛かる、これが現実の世界である。

  • <<
  • 19 1
  • >>
  • 19(最新)

    Jack 2014年9月23日 10:11

    >>18

    おはようございます、nanoionnbannさん。

     今朝は爽やかぁっ!
     フィリピン、台湾、中国東南部、沖縄には申し訳ないみたい・。

    >実際のところ、複数核弾頭搭載のミサイルが我が国に向かってきたら・・・・どういう対処方があるのですか? あるいは、未知の大量破壊兵器を使用されたら・・・。<

    =充分な対処法は考えられるのですが、どの位実用に近付いているかは定かでは有りません。
     未発表の武器です。
     当然超極秘・・・・数種類考えられていて、トライはされています。
     それ等は当然、世界の数カ国で行われています。

     戦いに於いての最良の勝ち方を考えて下さい。
     そこに全ての鍵が有るのです。

     ICBMなんて、発射前に爆発してしまえば・・・・
     キチの人間が蒸発してしまえば・・・・

     対潜水艦防御・・・・これは探知方法がまだ確立されては居ませんからねぇ・。
     もちろん条件が合えば、正確に探知出来るのですが・・・・
     まだ深深海に潜られていたら、探知出来るとは云い兼ねます。

    >政府、自衛隊はどのような答えを用意してるのでしょう?

    =それぞれの都合に合わせた解釈をしている所が有ります。
     法を盾に取るか?・民族の存続を先にするか?
     それぞれのトライが見え隠れします。

     実験装置は大規模になりますからねぇっ!
     人工衛星での偵察が有りますから、地球上では、ある程度の何をしようとしているかは、偵察されてしまうと考えなければなりません・。
     カモフラージュが各国の取る実験方法の大きなモノです。
     一見、民生技術の開発でもあるかの如く・・・・

                          ジャック

  • >>15

    「攻撃こそ最大の防御なり」・・・いい言葉です。                                                               私はこの言葉が好きです。あらゆる闘いにおいて当てはまる言葉です。                                                      若いころ些かですが武道を学びました。この時実感したのですが、相手の出先を挫くのが、闘いにおいていかに有効であるか・・・。先に手を出すなという教えはありますが、実戦ではそんなこと言ってられません。                                                                           jackさんのご意見は十分に理解できますし、否定はしません。                                                        本音を言えば私も同じです。                                                                         ただ、日本はどこかの国みたいに人治国家ではありません。                                                           日本は法治国家です。我々は法、憲法を遵守せねばなりません。                                                         そうでなかったら野蛮人、未開人と言われても仕方ない。・・・という固い話はちょっと置いといて・・・・。                                                                               実際のところ、複数核弾頭搭載のミサイルが我が国に向かってきたら・・・・どういう対処方があるのですか? あるいは、未知の大量破壊兵器を使用されたら・・・。                                                    法、憲法を一切無視したと仮定して何か秘策があるのでしょうか?                                                        おっしゃる通り、国、民族の存亡がかかっていれば、法だの憲法だの言ってられません。                                              さりとて精神論だけでもどうにもなりません。                                                                 政府、自衛隊はどのような答えを用意してるのでしょう?

  • 民主党政権時代に、

    シナに漏れた日本国の自衛隊装備を、

    シナが分析した結果は、"" シナは、日本国に勝ち目無し ""

    日本が開発した新戦闘機は、可動エンジンでの方向転換に優れた世界最強の戦闘機 !

  • >>14

    >技術以前に「専守防衛」ですから。

    =一種の詭弁としかならないのですが、『攻撃こそ最大の防御なり。』があるのです。
     通常ではこれは確かに詭弁です。
     しかし、前ログのICBMでなくとも、仰る様な兵器も、未だ確認されていない兵器もあり得るのです。
     こう云う時代に、『敵に撃たれてから・・・・!』は、『自分が消滅してから・・・・』とも云えるのです。

     神仏に祈るだけで満足ですかぁ?

     『法が云々・・・・』の遥か先に現実が進んで行っています。
     我が民族の消滅より、大事な法って有るんですかぁ?
     わたしが責任者だったら、法を守るよりも我が民族を護る方に専念しますよっ!

     後でわたしが罰せられるとしてもです・。
     同じ想いの指揮官は居てくれると思っています。

     机上の空論を幾ら並べても無意味です。
     公言せず、心して事に当たってくれる事を期待しています。
     公言したら、部署から外される事になります。
     それが、我が国の法ですからぁ・・・・。
     公言されたら、法の適用をしない訳には行きませんものぉっ!

                          ジャック

  • >>13

    こんばんは、jackさん。                                                                         私個人の見解ですが、今の日本国の憲法では「奇襲」は不可能だと思っておりました。                                               相手が先に手を出さない限り、防衛的反撃も、安保発動もあり得ないことになってますよね。                                            ICBM・・・SLBMもそうだと思いますが、今のは複数核弾頭になってますよね。                                               F15やパトリオットでは、自国の領空に達した時点で数十(或は数百)に分散した弾頭を全て破壊するのは不可能でしょう。                                                                        発射前に破壊するしかないでしょう。                                                                     そのような軍事技術を持ってる国はそうしようとするでしょうが、日本は?                                                    技術以前に「専守防衛」ですから。                                                                      弾道核ミサイルが我が国に向かってきたら・・残念ですが念仏を唱えるしか打つ手はないのでは?                                                                                    我が国の最高指揮者でもどうにもできないと思いますが。                                                            法律、憲法を改正し「専守防衛」から国防のためには「先制攻撃」も可とするように変えるしかないのでは。                                                                                それが現実だと思います。

  • >>12

    こんばんは、nanoionbannさん。

    >誤解しないでください。

    =わたしも念の為と思ったものですからぁ・・・・
     今までの、nanoionbannさんのログを思い返してみても、『そう云う意味ではないかもなぁ・・・・?』とは思ったんですけどぉ・・・・

    >この専守防衛に奇襲攻撃はあり得るのでしょうか?

    =これが大問題なのですよぉっ!
     アチコチで書かせて貰っていますが、『ICBMは、最短20っ分以内!!』
     これが発射されてから、攻撃機を出しても間に合わないんですよぉっ!

     ですから、必要性をどう解釈するかだと思っています。
     誰が解釈するか?と云えば、我が国の最高指揮者です。

     靖国参拝をした事が、政教分離に反すると提訴した反日老婆がいるそうですねぇっ!
     この国の為に戦ったお御霊・・・・合祀されているのは靖国神社です。
     この国の最高指揮官が、このお御霊達をお参り出来なかったら、誰がこの国を護ろうと思いますかっ!
     多分また、通り名での提訴なのでしょう・。(確認無し・。)

     この国でも、通り名の使用を制限しなければ、この国自体の体勢が揺らぐだけです。
     通り名の許可を削除するのが手っ取り早いのですがねぇっ!

     国会議員に何人居るんでしょう?

     日本国籍を取って、日本名を正式にしている人もいますからね・・・・

     特亜のお陰で、この国は滅茶滅茶ですよぉっ!

                          ジャック

  • >>11

    今日は。jackさん。                                                                           レスをいただき恐縮です。                                                                          私がgengorozawa9に言ったのは文字どうりの意味ですよ。                                                          つまり、今更日本がまたアメリカのパールハーバーを奇襲攻撃なんて、あり得ない!・・・ということを言ったのです。                                                                           誤解しないでください。                                                                           戦略、戦術に奇襲があることくらいは、私でも知ってます。                                                           ただ私は軍事に関しては素人です。                                                                      そこで疑問に思うのは、今の日本は専守防衛が基本ですよね?                                                          この専守防衛に奇襲攻撃はあり得るのでしょうか?

  • >>8

    おはようございます、nanoionbanさん。みなさん。

    >真珠湾攻撃・・・??!!・・・どこの誰が同じことやりたいのだ?

    =必要が生じれば、遣りますよっ!
     戦略にタブーが有ってはならないのです。
     孫子曰く、兵は奇道なり・・・・
     敵の想わない処を想い、敵の想う処を外さなければならないのです。

     戦いは無いに越した事はありませんが、いざ戦いとなったら、すなわち勝たなければなりません。
     負けたらば、どんな正論も邪論となります・。

     勝ったらば、何処までの敵の正論を取り上げる事が出来るか?・これが国家としての器量となります。

     いざ戦い・・・・幾ら無い方が良いと云った所で、敵は生じるのです。
     それからの泥縄兵士で、マトモな応戦は出来ません。

     備えあれば憂い無しは、常日頃の兵の鍛錬を云っているのです。

                          ジャック

  • >>1

    大和2013さん。

    >平和と口だけで叫ぶ前にしっかりと準備がいる、金も掛かる、これが現実の世界である。<

    =仰る通りですよっ!
     話し合いで・・・・との、机上の空論だけでは、平和を得る事は出来ません。
     我が国には『文武両道』との優れた言葉が有るではないですかぁっ!

     この国は、武を否定している人が非常に増えました・。
     原因は、米国の完全な庇護・・・・
     これ以上無いだけの庇護が有って、この国の発展が有ったのです。

     にも拘らず、南方県の前知事の様な、『米軍出て行けぇっ!』・・・・
     南方県の人達の気持ちも理解した上で、我が国の生活向上が、世界史上でも類を見ないものである事も承知しなければなりません。

     その米国も、経済上お尻に火が付き掛かっているのです。
     これは、そろそろ護国を自前で出来る様にしなければならないでしょう?
     それが、責任のある独立国と云う事では無いでしょうか?

     軍備には多大な費用が掛かりますし、武器には習熟していなければなりませんし、用兵にも習熟は必要です。
     これは一朝一夕に出来る事ではないのです。

     政府の遣る事は、泥縄が非常に多い!

     国民は出来るだけ中道に立って、マスコミに多い左翼煽動には乗らない様にしなければなりません。
     朝日新聞は、従軍慰安婦の捏造記事を謝罪しましたが、
     全マスコミは、先の大戦へ国民を煽動した責任を、一切謝罪していないじゃぁないですかっ!

     それと、これはお願いですが、句読点の使い方をもう一度お考え下さい。
     ネットでは、一般的に句読点の使い方が滅茶苦茶です。
     これは日本文化の破壊に繋がり、日本語の伝達力を低下させる事になります。

     特亜工作員の、日本文化破壊工作(日本語破壊)には乗らないで下さい。

                          ジャック

  • >>7

    大バカ野郎かね、君は。                                                                           真珠湾攻撃・・・??!!・・・どこの誰が同じことやりたいのだ?                                                       君か?この糞バカ野郎!                                                                           いつまでアホ言ってるんだ?いつまでアホやってるんだ?                                                            時代を経てもまた同じことやりたいってか?                                                                  この屑三国人め。今の日本にはおまえのようなバカな奴は一人もいない。                                                     消えろ!

  • >>6

    華々しい 真珠湾攻撃

    時代を経てもまた同じことをやりたいのか。

    塀の中の懲りない面々

  • >家庭の安定生活もない、兵器を使う戦いは不幸を齎すのみ、日本は幸いに紛争もなく60年を経た、この平和を何としても守らねばならない日本の地が破壊されるようなことは絶対避けるべきだ、
    wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


    -資源自給率-

    「日本/中国 比較」

    石炭2%/105%、 原油0.3%/57%、天然ガス4%/106%、鉄鉱石0%/46%、アルミニウ0%/208%、食糧自給率39%/80%、コノマヌケどもに国防なんかできるのか?

  • >>1

    近い国、韓国も気をつけなくてはいけない。
    口朴はおねだり外交で、ローマ法王も利用するんだから
    恐ろしい!
    韓国及び韓国人とは親しくなっても良いことはない
    ゴルフなど、韓国人の賞金稼ぎは辞めるべきである
    やるなら、日章旗に礼をさせて、渡す。

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン