ここから本文です
  • 安保法案、徴兵令いろいろ言われていますがそんなものは無意味です、
    新しい法律を作ろう、法を改正しようとかそんなものはなんの解決にもなりません
    一番の解決法は人は死ぬべきということです、
    犯罪、殺人を起こしたものは死刑や処罰し、戦争になったときに兵として戦地に行くことは嫌だという、
    そうして平和に人生を過ごしてドンドン人は増えていく、
    その結果がどうなるかわかりますか?政治家がよく言う未来の子供の為とはどこまでの事をいっているのでしょうか?孫?それとも孫の孫位のことでしょうか?
    今の世界には根本的な問題があるのです。
    人類は生物が生きていくために必要な争いを捨て、痛みを捨て、憎しみすらも強制的に捨てさせて自分達だけが生き残ろうと考えているだけの存在です、遥か昔、徳川が天下泰平を果たし平和で安全な世界を作った時から人類は滅びの道を歩んで行ったんです
    植物を虫が食い虫を動物が食い動物を人間が食いそして人間が死ぬとき土へ返して植物が生える
    この自然の摂理に必要な犠牲を人間はこの頃から捨て始めました、

    簡潔に説明しましょう

    このままでは人類は滅びます、いえもっとひどいことになるかもしれません。

    滅ぶといったのは地球の問題です、争いを拒み数が増えた人間はほかの生物を絶滅させ、その生物が住んでいた森や土地を壊し、地球を壊す毒を作る工場などをふやしていきました、これにより地球の生命はほとんど失われもはや壊滅状態なのです、このペースで人間が増えていくとそれだけ必要な面積も増えていきますので恐らく200年後…もっと前かもしれません、人間は住む場所、食べるもの、全てが足りなくなり絶滅します。そしてそれが起こる直前にあるのが人類の罪の精算、地球が枯渇し食料が無くなった人類はついに人類同士で奪い合いをはじめます、争いをこばみ続けた分の苦しみが一度に来るのです。これが滅亡へと繋がります。

    そしてもう一つ、もっと酷いことというのは更なる破壊です、
    今アメリカが国際的に火星移住計画などを進めています…、これはバカンスなどで火星に行けるようになる娯楽のようなものだと説明されていますがそれは違います、これが成功してしまうとどうなるかわかるでしょうか?、そう人類は自分たちの星では飽き足らず他の星をも破壊し資源を奪い始めるのです。
    そして火星がダメになると次の星という風に地球ではなく宇宙規模の破壊を始めるのです。

    事の重大さを人類は理解していないのです、唯一ここまでの予測ができているのは北朝鮮でしょう、
    あの国はさんざん馬鹿にされていますがさきほどいった地球が滅亡する寸前になったときに必要なのはほかの国を圧倒する兵器です、これを用意している北朝鮮はこの時人類を支配できるでしょう。

    事実も理解して本当の未来を考えられる人こそ変えなければいけないのです、この世界を、
    今生まれてくる子供達は人は殺してはいけない、傷つけてはいけないと洗脳されていきます、
    考えてみてください、人を殺してはいけない理由が説明出来るでしょうか?
    尊いから?その分人間以外の生命を絶滅させているのに?説明はできないはずです、このようなことを戦争が終わったばかりの世代の人は倫理的にとか戦争は人がいっぱい死ぬからダメとか少し先の未来、今の事しか考えられていないんです。

    ですがこういう考えを持った人間が世界を変えようと動いたところで一人ではただ捕まって犯罪者になるだけなのが今の現状です、根本を変えないと世界はよくなりません。私は同じような思考をしている方を探しています

  • <<
  • 9 1
  • >>
  • >>5

    戦争や争いに向けたい理由は滅亡を防ぐためです、戦国時代では国内その後は世界へと戦争を繰り広げてきた人類は殺され破壊されながらもその分復興出産、回復されてきたのです、そしてその遺体は生命サイクルにのり植物虫魚動物菌などの繁殖に大いに貢献し地球の循環に携わりました地球上で殺し合った分地球に恩恵を返す、これにより地球が生命の住める星であったのですが前の投稿で言ったとおりげんざい溜めすぎた人間の破壊の部分がドンドン大きくなって回復するすべがなくなるほど大きな破壊が起きてしまいます、そうなる前に回復がまだ間に合う内に争いを起こし地球の生命サイクルを戻すことが重要です。人は死ぬべきという事についてですがイキナリですがげんざい人間の死体の土葬はほとんどされません、大半が火葬で有害な煙に変わります、遺体には肉体、筋肉や脂肪、鉄分、カルシウムなどほかの生物のまさに恩恵ともいえるものが備わっています、それを有害なものに変え地球に恩を返さない、そして自分たちは数々の生物を滅ぼし※種族を根絶させる意味
    森林を破壊し※領土拡大の為、グーグルアースなどで過去50年の地球の緑の量を見比べると愕然すると思います、
    地球を滅ぼしています、これは地球の今後の存在を考えると人間は減るべきだということです。

  • >>5

    意図は平和の為です、このままだと世界自体が滅びの方向に向かうということは理解していただけたと考えて話をさせていただきます、滅びの理由を上げるとして
    ①地球自体の資源や領土と人口の数の比率が合わなくなる問題「資源不足、増えすぎた人口に対する領土の拡大化による自然破壊」など
    ②①により起こる戦争、資源不足や領土が足りなくなる問題「今一番深刻化されているものが水不足の問題、これは公害や水害水質汚染、そして自然破壊による根本的な水源の減少、により安全だったり飲める水が地球から減ってしまう問題です、こうなったときどうするか、我慢するいうのが一番でしょうね、ですがそれで死者が出るレベルに達したとき起こるものが戦争です、それにより戦争への体制がなっていない国日本などはただの標的にされてしまう」
    ③殺し合いが集結、どこかの国が主権を握るときに始まる独裁問題「この時勝った勢力が世界の主権を握ります、そして平和を目指すと思われますがそれは違います、これまでの戦争とは違い地球自体の資源が足りなくなった状況では負けた国を救済する余地などはありません、奴隷化が始まります(この時点で日本は奴隷国家)」
    ④独裁制により弱国を滅ぼし主権を握る世界がこの世を収めます(もはや日本は滅亡しているでしょう兵力もなく領土も乏しい国は生きていける可能性は低すぎる※ましてや戦争に対する体制すらほとんどない)
    ⑤世界滅亡(争いでてにいれた資源も尽き資源を復活させようと努力するがそれまでに人間が生み出した有害な毒や戦争の傷跡、絶滅させすぎた生物、植物もほとんど無いまさに万事休す)※宇宙技術が開発され数少ない限られた人間はほかの星で住めるかもしれませんが地球は滅亡します

    これにより滅亡しますそして私がこれを防ぐために起こすべきだと思うことを次の文で説明致します

  • >>6

    返信が遅れてすみません、まず人を殺してはいけない理由が同じように自分が殺される事を覚悟しなければならないという事とおっしゃっていますが、それは人を殺してはいけない理由ではなく、人を殺さない理由ですよね?自分が殺されたくないから人を殺さない、つまり世界ではなく自分の為の話をしているのですよね、その言い方ですとあなたは人を殺すことに対する反論はないが、人を殺すことで自分が被害にあう事が悩ましいという意見に聞こえるのですが、あっているでしょうか?そして思いやり、慈悲とおっしゃっていますがそれはつまり殺すことでその人が死んでしまう、人生が絶たれてしまう事に対する悲しみという意味ですか?もちろん感じます、ですがそれはその場での感情論でしかありません、なぜなら現在人間がしていることで将来の人間がそれ以上の苦しみを被ることになるのですから、俗に言う今1人殺すのか後で10人ころすのか、という物です。そして僕はできるだけ周りの人間を守りたいです、今後孫の世代かもしれませんが必ず戦争は起こるのです、そのときに主権を握るものは兵器を持った国、日本など奴隷国家になってしまうでしょう、そうなれば日本という国が滅ぼされることになるんです。今犠牲を払って最小限に留めるのか後で大いなる犠牲を払うかということです、あなたのおっしゃっているのはただの感情論なんです世界の事を考えて人が殺されてはいけない、殺してはいけない理由をのべていません、たとえば家族を人質にとられた人が家族を救うためにやむなく犯人を殺す、などをしても現在の法律では裁かれ一生その経歴に傷が付きます、自分の息子、娘が拉致された挙句とてつもない屈辱を与えられて殺されてもその親は復讐することは認められないのです、これでも人は殺してはいけないと言えますか?自分のことではなく世界の事を考えて人を殺してはいけない理由を説明してください。

  • >>3

    すいませんが言いたいことが伝わっていないようです、重要なのは死ぬ方法、争うという行為をするべきだと行っているのですそこら辺の人を殺しまくればいいと言っているのではなくて世界自体を戦争や争いをする方向に進めたほうがいいという話です、それと戦争をすると人口が増えるというのは違うとおもいます、事実人口も1945年に太平洋戦争が終わった頃から現代に向かって人口は増える一方ですよ、出生率が多かった昔で勘違いされがちですが人口は今のほうが増加率が上がっていっているのですよ、そして老化が進む理由としては僕は人間の生存本能が働いているものと予測しています、たくさん人が死んでいた昔はそれだけ危機的な状況に生存本能が働きたくさんの人間が生まれてきた、ですが今は逆に増えすぎたことによって男性の積極性が欠ける、既婚者が減るなどどれも人間の感情的問題ですよね?昔のような7人6人家族がいないのもそういう理由だと考えています。そして私の意見はこの考えを広げることであるのに率先してしんでは何も伝えられないと思うのです、他に反論がありましたらよろしくお願いします

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン