ここから本文です

情報戦

  • 185
  • 1
  • 2017/11/20 06:56
  • rss
  • 情報戦(含むプロバガンダ)には 上策・下策・論外があると思う

    上策(相手に利益を与える事が目標)
    情報戦を仕掛ける側にも、仕掛けられる側にも利益が産まれる
    (相手国に利益を与える事で結果的に我らも利益を得る)
    アメリカが敗戦後の日本に仕掛けた戦後教育が典型的な成功例
    (皇国思想からの解放→もし、皇国妄想・天皇崇拝が温存されたら30年後に全面核戦争でリターンマッチ?)
    国際結婚で敵国の男児を嫁の尻に敷いてしまうなんてのも将来的には効果的
    (国際世論を動かして鎖国的な婚姻規制を撤廃させる等→ 立場上、戦争出来ない者が激増する
    嫁の生活費は敵国男児の負担なので予算ゼロ・将来的に架け橋たるハーフやクオーターも激増)

    下策(相手に不利益を与えるのが目的)
    仕掛けられる側が一方的に損をするように策略を巡らす(大抵の馬鹿はこれをやらかす)
    まあ、仕掛ける側は下策(相手国に一方的な損害を与える)を試みるケースでも
    結果的に論外(自分も相手も破滅的に大損・下手をすれば壊滅)に堕する事がある(歴史が証明済み)

    論外
    仕掛ける側も、仕掛けられる側も双方が大損(下手をすれば壊滅)する
    相手が憎いと思うあまりに、講和や仲直りのチャンスを自らダメにするなど
    下策の典型例としては「対華21ケ条要求」なんかが典型例
    (無意味に相手の面子を潰して大喜びした挙句の国家壊滅)
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BE%E8%8F%AF21%E3%82%AB%E6%9D%A1%E8%A6%81%E6%B1%82
    (日本だけが一方的に得をして中国だけが損をするように要求を突きつけたら抗日意識が激化して
    大日本帝国が滅びる原因を作り・・・
    自分だけが得をするつもりだったんだろうが→自滅の引き金を自分が引いたな)

    如何であろう???

    他国(多民族)が如何にダメな国(民族)であるかを血相変えて喚く事は上策・下策・論外?
    自国(自民族)が如何に優れた国(民族)であるかを血相変えて喚く事は上策・下策・論外?

    締め切られた部屋は澱む
    流れる事を忘れた川は腐り果てる
    同質(粒ぞろい)の人材で構築された組織は自壊する

  • <<
  • 185 163
  • >>
  • <<
  • 185 163
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン