ここから本文です
  • 1

    *****

    毎日のアホバカ自衛官犯罪報告「犯行詳報」

    体育会系単細胞犯罪

    男子で高卒落ちこぼれ犯罪集団自衛官

    天皇陛下バンザイ

    日の丸ヤクザ

    靖国神社A級戦犯英霊に敬礼

  • <<
  • 3278 3258
  • >>
  • 3278(最新)

    tep***** 7月20日 19:29

    7月17日に那覇空港で陸上自衛隊のE2C早期警戒機がパンクして動けなくなり、滑走路が閉鎖されたトラブルに関して、丸茂吉成航空幕僚長が発言した。

     丸茂航空幕長は20日の記者会見で、トラブルの原因について「制動系統の不具合であったという風に認識している」と述べた。

     空自によると、E2Cには着陸時に航空機を減速させるため、エンジンの推力の向きを逆にする装置が搭載されている。丸茂航空幕長は会見でこの制動装置が正常に作動せず、ブレーキなどで対応している中でタイヤがパンクしたとの見方を示した。空自は原因の調査を続けている。

  • 海自教官を逮捕 柏署、ひき逃げ容疑で
    7/19(木) 10:10配信

     千葉県警柏署は18日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで自称柏市藤ケ谷、海上自衛隊第3術科学校教官の2等海尉、菅野靖弘容疑者(53)を逮捕し、地検松戸支部へ送検したと発表した。

     逮捕・送検容疑は17日午前8時50分ごろ、自宅近くの市道で乗用車を運転し、停止していた女性会社員(49)=同市=の軽ワンボックス車に追突。女性に首のねんざなどのけがを負わせたまま逃げた疑い。

     同署によると、菅野容疑者は事故後、女性に「携帯電話を取りに行く」と告げ、車を置いたまま現場を立ち去った。

    数十分後に現場へ戻り、検証中だった同署員が事情を聴いていた。

     菅野容疑者は容疑を認め「相手の車をよく見ていなかった。
    足がかゆかった」などと供述している。

     第3術科学校は同市の海自下総航空群司令部内の組織で、菅野容疑者は幹部自衛官として部下に航空機の整備方法を指導していた。
    事故当時は休暇中だったという。

     同校校長の伊藤秀人海将補は「隊員が交通事故を起こし逮捕されたことは誠に遺憾。
    厳正に対応する」とコメントした。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00010008-chibatopi-l12

  • 海上自衛隊舞鶴地方総監部は18日、他人のキャリーバッグを盗んだとして、22歳と21歳の男性海士長2人と30代の男性3等海曹を、それぞれ停職10日の懲戒処分にしたと発表した。

     総監部によると、3人は経理や調理などを教える第4術科学校(舞鶴市)の学生だった昨年12月、校内の倉庫にあった他学生の空のキャリーバッグ3個を盗んだ。3人は「使っていないバッグだと思った」と話しているという。

  • 17日午後5時40分ごろ、那覇市の那覇空港に着陸した航空自衛隊那覇基地所属の早期警戒機E2Cが動けなくなり、滑走路が閉鎖された。航空各社によると、那覇空港に向かう便が行き先を変更するなど影響が出た。機体はけん引され、空港は午後7時20分ごろ運用を再開した。乗員5人にけがはない。

     同基地によると、主脚の左側と前輪タイヤがパンクしたとの情報があり、状況や原因を調べている。

     国土交通省那覇空港事務所によると、午後8時の時点で欠航や遅れ、行き先変更など、計46便に影響が出た。〔共同〕

  • 陸上自衛隊新発田駐屯地は17日、第30普通科連隊の1等陸士の男性(19)が18歳未満の女性にわいせつな画像や動画を送信させるなどしたとして、停職10日の懲戒処分にしたと発表した。

     同駐屯地広報室によると、昨年4~12月ごろ、携帯電話のアプリを通じて知り合った18歳未満の女性2人にわいせつな画像や動画を送信させ、自分の携帯電話に保存。また、同年12月9日、県内で18歳未満の女性1人とみだらな行為をしたとしている。いずれも女性側との金銭のやりとりはなかったという。

     同連隊長の佐藤孝洋1等陸佐は「隊員個人の特性に応じた指導を実施し、再発防止に努めたい」とコメントした。

  • 日本豪雨で災害派遣された自衛隊員27人が、17日までに熱中症やその疑いがあると診断された。隊員らは安全のため分厚い生地の長袖で活動するのが原則。蒸すような暑さが続き、重症者はいないが、あせもや発疹など皮膚の疾患で受診する隊員は100人以上に及んでいる。

     防衛省によると、自衛隊は1府7県から派遣要請を受け、後方支援を含めて3万人規模で活動している。うち、近隣の駐屯地などの医務室や救護所を受診したのは9~16日に約360人。革靴を水にぬらして活動を続け、水虫を発症する隊員も多いという。

     隊員らは長袖長ズボンの作業服姿が原則。皮膚を露出させると突起物でけがをしたり、日焼けが重症化してやけどを負ったりする危険があるためだ。今回は給水や入浴支援では腕まくりや半袖での活動が認められる一方、土砂やがれきの撤去は長袖、ヘルメット、手袋を着用する場合が多い。砂ぼこりを吸い込まないよう防塵(ぼうじん)のマスク、ゴーグルをつけることもある。

     休憩や水分・塩分をこまめに取ることや、水にぬらして首にまくネッククーラーなどで対策を取っているという。

     防衛省幹部は「派遣の長期化を見据えて、部隊の交代などを進めていく必要がある」としている。(古城博隆)

  • 陸上自衛隊北部方面航空野整備隊(札幌市)は17日、後輩隊員4人の尻に熱したアイロンを当て、やけどを負わせたとして、同隊に所属する20代の男性3等陸曹を停職15日の懲戒処分にした。

     北部方面航空隊によると、3曹は昨年7月10日、戦闘服にアイロンをかけている最中、アイロンを4人の尻に直接当てて全治10日から2週間のやけどを負わせた。「悪ふざけだった」と話しているという。隊員らのズボンを下ろすなどした別の男性3曹も停職10日とした。

     後輩隊員の1人が、部隊に被害を申告した。航空野整備隊長の広木優1等陸佐は「隊員の指導を徹底する」としている。(共同)

  • 被災地支援の自衛隊車両が車と衝突 家族4人けが 東広島
    2018年7月15日 22時35分豪雨 生活・支援

    15日午後、広島県東広島市の県道で、豪雨の被災地の支援活動を行っていた自衛隊の車両が、一般の軽自動車とぶつかる事故があり、軽自動車に乗っていた家族4人が病院に搬送されました。警察によりますと、いずれも軽傷とみられています。
    警察などによりますと、15日午後5時すぎ、東広島市西条町郷曽の県道で、豪雨の被災地の支援活動のため鹿児島から派遣されていた自衛隊の車両が、軽自動車とぶつかる事故がありました。

    この事故で、軽自動車に乗っていた夫婦と子ども2人の合わせて4人が首や胸をうつなどし、病院に搬送されました。

    警察によりますと、いずれも軽傷とみられるということです。

    自衛隊の車両には隊員2人が乗っていましたが、いずれもけがはありませんでした。

    警察によりますと、右折しようとした自衛隊の車両が直進していた軽自動車とぶつかったということで、詳しい事故の原因などについて調べています。

    現場の東広島市西条町は今回の豪雨で土砂崩れなどが発生し、各地から自衛隊などが派遣され支援活動を行っていました。

  • 三重県警津南署は14日、住居侵入の疑いで、航空自衛隊笠取山分屯基地所属の1等空曹上岡健悟容疑者(49=津市久居新町)を逮捕した。

     逮捕容疑は昨年6月4日未明、津市久居野村町の男性会社役員(45)の自宅敷地内に侵入した疑い。女性用の下着を盗む目的だったとみられる。

     同署によると、鍵のない門から敷地内に入り、1階ベランダ付近を物色する男の姿が防犯カメラに写っていた。警察官が今月13日夜、市内で上岡容疑者に職務質問。男と似ていたため任意同行し、事情を聴くと関与を認めたとしている。

     笠取山分屯基地司令の宮本裕徳1等空佐は「逮捕されたことは誠に遺憾で、厳正に対処する」とのコメントを出した。(共同)

  • 陸上自衛隊相馬原駐屯地(群馬県榛東村)は13日、後輩隊員の指導中に暴力を振るったとして、第12通信隊の男性3等陸曹(29)を停職2日の懲戒処分にした。また、暴力を把握しながら、報告を怠った40代の男性3等陸尉を減給30分の1(1カ月)にした。

     駐屯地によると、陸曹は昨年8月末、任期満了を控えた隊員の進路指導中、勉強不足を理由に、用紙を挟む紙製の板で左まぶた付近を殴って軽傷を負わせた。

     陸尉は翌日、2人から事情を聴いたが、上司に告げなかった。今年1月の定期調査で発覚した。

     第12通信隊長の高橋嘉章2等陸佐は「教育指導を徹底し再発防止に努める」とのコメントを出した。

  • 印刷用画面を開く
     熊本北合志署は12日、インターネット掲示板で、知人女性になりすましてみだらな書き込みをしたとして、名誉毀損(きそん)の疑いで、埼玉県志木市中宗岡4丁目、陸上自衛隊朝霞駐屯地(東京都練馬区など)の自衛官の男(39)を逮捕した。投稿は認めているが、書き込みでは女性を特定できないなどと供述しているという。

     逮捕容疑は5月4日午後11時50分ごろ、熊本市の会社員の女性(37)になりすまし、掲示板に性的サービスに誘うような投稿をした疑い。

     署によると、書き込みを読んだ同市内の30代男性が女性宅近くを徘徊(はいかい)していたため、女性が110番した。署員が男性に事情を聴き、発覚した。

  • サウナで男性刺殺、元自衛官76歳男を逮捕

    鹿児島県鹿屋市の健康増進センターで59歳の男性が刃物で刺され殺害された事件で、
    警察は施設を利用していた元自衛官の76歳の男を殺人の疑いで逮捕した。
    男は容疑を否認しているという。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15001886/

  • 同僚を暴行 自衛官候補生を懲戒処分
    (山梨県)

     陸上自衛隊北富士駐屯地で、同僚の隊員に暴行し、大けがを負わせたとして、自衛官候補生が10日付で停職16日の懲戒処分を受けた。
    懲戒処分を受けたのは、第一特科連隊の20代の自衛官候補生。
     北富士駐屯地によると、この自衛官候補生は今年5月25日、宿舎で同僚の自衛官候補生と口論の末、投げ飛ばしたり顔をけるなどして全治2カ月の大けがを負わせた疑い。

     駐屯地は処分を検討した結果、10日付で、停職16日の懲戒処分を決めた。
    処分を受け自衛官候補生は依願退職する。
    また警務隊は自衛官候補生を近く傷害の疑いで書類送検する方針。
    [ 7/10 18:14 山梨放送
    http://www.news24.jp/nnn/news88813386.html

  • 女性のスカート内にスマホ、自衛官を書類送検 大阪府警
    7/9(月) 18:58配信

     女性のスカート内にスマートフォンを差し入れたとして、大阪府警浪速署は9日、府迷惑防止条例違反(卑わいな行為の禁止)の容疑で、陸上自衛隊3等陸曹の男(34)を書類送検した。

    容疑を認め、「業務多忙で眠れない日が続き、ストレスがたまっていた」と供述しているという。

     同署によると、男は「60~70人を盗撮した」とも説明。私物パソコンには数十件の盗撮動画が保存されていたという。

     書類送検容疑は、6月10日午後0時50分ごろ、大阪市浪速区内の商業施設で、若い女性のスカート内に、背後からスマホのカメラを録画状態にして差し込んだとしている。

     同署によると、男は信太山駐屯地(同府和泉市)に所属。
    犯行当時は休暇中で酒に酔っていた。目撃した施設の店員が同署に通報していた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00000554-san-soci

  •  栃木県警は9日、スマートフォン向けゲーム「モンスターストライク」のデータを改ざんし、ゲームを有利に進める「チート行為」をしたとして、改ざんを代行した栃木県の会社員の男(36)と依頼した宮城県の自衛隊員の男(46)を私電磁的記録不正作出・同供用の疑いで書類送検した。

     書類送検容疑は、昨年4月下旬、自宅のパソコンを使ってデータを不正に書き換え、ゲームをクリアした情報を運営会社のサーバーに送信した疑い。

     県警によると、会社員の男は2015年秋ごろから、オークションサイトでチート行為の代行を出品し、1回当たり1500円程度で請け負っていた。「合計で200万円くらい稼いだ。アニメのグッズを買う金に充てた」と話している。〔共同

  • 女性を畑に連れ込み乱暴したとして、愛知県警は9日、いずれも会社員で名古屋市守山区瀬古東3、吉村勇祐容疑者(22)と同県春日井市高山町2、吉岡友喜容疑者(22)を強制性交の疑いで逮捕した。

     両容疑者は幼なじみで、女性と面識はなかった。同様の行為に数十件関与したとほのめかしており、2人の顔写真を公開して裏付け捜査を進める。県警によると、吉村容疑者は3月に陸上自衛隊を除隊したばかりだった。

     逮捕容疑は5月29日夜、同県小牧市の歩道を自転車で走行していた当時20歳の女性を無理やり畑に連れ込み、顔を押さえ付け「うるさくしたら、いつでも殺せるから」などと脅し乱暴した疑い。

     現場付近で2人の乗用車がそれぞれ目撃されたことなどから、関与が浮上した。車で移動しながら乱暴する対象を探していたとみて、県警が詳しい経緯や動機を調べている。〔共同〕

  • 無断欠勤の幹部自衛官を懲戒処分 /愛媛
    毎日新聞 2018年7月3日 地方版


     陸上自衛隊松山駐屯地は2日、正当な理由なく3日間無断欠勤したとして、業務隊の50代の男性幹部自衛官を同日付で停職3日の懲戒処分にしたと発表した。
    同駐屯地によると、幹部自衛官は1月23日、午前8時15分の始業時刻に出勤せず、連絡が取れないため、同駐屯地が松山南署に捜索願を提出。
    同25日に県内の路上を1人で歩いているところを警察官が保護した。
    「業務がうまくいかず、思い悩んでいた」と話しているという。
    https://mainichi.jp/articles/20180703/ddl/k38/040/531000c

  • 海上自衛隊大湊地方総監部(青森県むつ市)は4日、護衛艦まきなみ内で女性隊員3人にセクハラを繰り返したとして、同艦の男性3等海曹(33)を懲戒免職処分にした。同艦の男性海士長(22)も停職2日とした。

     総監部によると、3等海曹は2017年9月~今年3月、無理やりキスしたり体を触ったりするなどのわいせつ行為を繰り返した。「欲望を抑えきれなかった」と話している。被害者が上司に相談し発覚した。海士長は2月、艦内で女性隊員を指導中に胸を触った。

     艦長の大日方孝行2等海佐は「服務指導を徹底し、再発防止を図る」とのコメントを出した。

  • 強制わいせつ容疑で自衛官逮捕

    ことし3月、函館市内のビジネスホテルで10代の女性の体を無理やり触ったなどとして航空自衛隊八雲分屯基地の28歳の自衛官が強制わいせつの疑いで警察に逮捕されました。
    逮捕されたのは道南の八雲町にある航空自衛隊北部航空方面隊の八雲分屯基地の3等空曹、増田大三郎容疑者(28)です。
    警察によりますと、増田3等空曹はことし3月18日の午前4時すぎ函館市内のビジネスホテルで10代の女性の体を無理やり触ったなどとして強制わいせつの疑いが持たれています。
    警察は女性からの被害届けを受け捜査した結果、容疑が固まったとして25日逮捕しました。
    調べに対し増田3等空曹は容疑を認めているということで警察は事件の詳しいいきさつを調べています。
    航空自衛隊八雲分屯基地によりますと、増田3等空曹は事件を起こしたとされる3月18日は休みだったということです。
    八雲分屯基地の有野隆之司令は「警察の捜査に全面的に協力し事実関係を確認した上で厳正に対処したい」というコメントを出しました

  • 生後3カ月の次男の首を絞めたとして、傷害の罪に問われた元陸上自衛隊松戸駐屯地(松戸市)の3等陸曹の被告の男(30)に千葉地裁(朝倉静香裁判官)は2日、懲役1年、保護観察付き執行猶予4年(求刑懲役1年)の判決を言い渡した。

     朝倉裁判官は判決理由で「犯行態様は生命の危機に伴う誠に危険なもので、相当悪質。子を寝かしつけて妻から評価されたいため、同じ行為を複数回繰り返した」と指摘。一方で「素直に認め反省している」とした。

     判決によると、4月13日午後7時50分ごろ、当時の自宅で次男の首を両手で絞めて失神させ、頸部(けいぶ)皮下出血の傷害を負わせた。地裁は被害者の特定を避ける決定に伴い、被害者や男の名前を伏せて審理を行った。

    2018年7月3日 05:00
    千葉日報
    http://www.chibanippo.co.jp/news/national/511825

  • <<
  • 3278 3258
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ