ここから本文です
  • 現在の景気回復は、企業努力であり政策の影響は多くないと思う。
    20年ほど前、円高が進み倒産や、工場閉鎖など多く発生した事を覚えてますか?
    この時に企業は海外投資と言う形で、円相場に影響されない体質改善を行った。
    海外へ投資して、現地生産現地販売を進める事により、現在は円相場に大きな影響を受ける事なく安定した利益を生み出す体質になった。これが株価の上昇につながっている。
    但し、利益はさらに海外投資に向けられ国内投資は上昇しない。
    このことから国民全体には景気回復感が無いのではないかと思う。
    小池さんが、企業内留保資金に目を付けたのはすばらしいと思う。
    小池さんも課税などを考えてる。課税などと言っていたけど、短い準備期間では仕方がない。
    私は、課税では無く、留保資金を国内投資に向けさせる政策が必要だと思う。
    例えば、雇用を生む新投資には、課税しないなど、国内投資をあおる政策が必要と思う。

  • <<
  • 4 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン