ここから本文です
  • 簡単に説明すると国債を大量に発行しそれを国民ではなく
    日銀が買い取る。2012年に日銀の保有国債70兆円が2016年には
    400兆円に迫ろうとしています。3年で日銀の借金が300兆円増えたということです。
    日銀が年間100兆円もの借金をして市場に円を大量に放出し円の価値を下げた。
    それが円安の原因です。円安になれば輸出企業の利益があがる。
    一ドル75円を120円まで円安誘導したのです。
    当然、連動して株価も上がる。たったそれだけのことです。
    恐ろしいのは国の借金は1100兆円ではなく日銀が3年で300兆円もの
    借金を増やしたということを隠していること。真の国の借金は1500兆円にまで
    膨れ上がっているのです。
    それがアベノミクスなのです。
    アベノミクスの継続とは家庭でいうなら
    稼ぎ頭がカードローンを組み続けているようなもの
    そして今月はこんなにもお金があるからたくさん贅沢をしよう
    と言っておるのと同じなのです。
    なにもしらない家族はやがて返済地獄に突入します。
    それがアベノミクスの結末となるでしょう。

  • <<
  • 12 1
  • >>
  • 最新のコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>9

    おう、たまたま掲示板をのぞいたら、相変わらず基本的なことが
    全く分からないで、面白い投稿を繰り返している奴がいるなあ。^^;

    >日銀の借金は回り回っていずれ国民が払う。 そういうことだよ
    つまり立派な国民の借金です。 もっと勉強してください。

    日銀の借金は国民が払う? 日銀が通貨発行権を持っているってこと
    知っている?

    それによう、日銀の借金というより国債保有は、あくまで市場に
    出回っている国債、即ち既発債を購入しているだけだって。
    ちなみに日銀の国債保有額について触れているが、ここ10年の
    国が発行する新規国債の毎年の額って知っているかね?

    あのなあ、政府が無茶苦茶国債を発行しまくりそれを日銀が
    直接買いまくって、それで日銀の国債保有が急増している
    って言うんなら。大変なことだがなあ。

    それとよう、国の借金というのはあくまで国の借金。
    そりゃ何も起こらなければ、国債を国内勢で消化している限りは
    たしかに国民に返済義務がある。しかしだ、必ずそうなるとも
    限らない。例えば、日本近海に眠るメタンハイドレードが革新的な
    技術革新により極めて低コストで入手できるなんてことになれば、
    話は全く変わってくるんだぜ。

    まあでも、日銀の国債保有はさておき、この国や地方の借金の
    額については、とんでもない額になっていることだけは事実だがなあ。

    おっと、これくらいにしておくか。

  • >>3

    東電の賠償を国民が背負っています
    それと同じで最後には国民が払うのです
    マイナス金利の意味わかってますか?
    最後にはすべて国民が背負うのです

    まったく幼稚ですね

  • >>3

    日銀の借金は回り回っていずれ国民が払う
    そういうことだよ
    つまり立派な国民の借金です
    もっと勉強してください


  • 嘘が苦手な日銀総裁は憂鬱、元気な安倍首相

    (波聞風問)異次元緩和 黒田日銀がはまった罠 原真人

    2016年7月5日05時00分

     日本銀行の先月中旬の記者会見で黒田東彦総裁の表情がさえなかった。いつもの笑顔が消え、疲れからか何度も目をしばたたかせた。報道カメラのフラッシュで目が開けられない。ほんの数十秒ほどのことだ。だが、苦しい総裁の胸の内をのぞいた気がした。

     3年前に華々しく始まった異次元緩和が窮まっている。市場への資金投入量を2倍にし、2年で2%の物価上昇を達成する目標を掲げていた。

     ところが3年過ぎても物価上昇率はゼロか、ややマイナス。お金の量は2倍どころか3倍の400兆円を突破。2年の期限は次々延長され5年に。黒田氏の任期中に達成できるかさえ怪しくなった。

     この現状を第2次大戦時の旧日本軍になぞらえ、「ついにインパール作戦に踏み込んだ」と指摘する声を複数の経済専門家から聞いた。1944年3月、敗色濃厚になっていた軍が起死回生を狙ってインド東部で仕掛けた大規模作戦だ。投入兵力10万人のうち3万人が戦死。他の多くの兵も病気や戦傷で倒れた。

     当時、大本営は国威発揚のため楽観的な見通しばかり発表し、作戦の失敗を国民に明らかにしなかった。いまの日銀もまた目標実現や緩和効果について根拠に乏しい楽観的な大本営発表を続けている。

     黒田氏は異次元緩和が直面している厳しい現実を正直に語っていない。日銀の国債買い支えが安倍政権の財政規律を失わせ、消費増税の延期や過剰な財政出動を生む土壌になっていることにも口をつぐんでいる。

     一度戦争に踏み込んだら、敗戦濃厚でも突き進むしかない――。かつて日本軍が陥った罠(わな)に、黒田日銀もはまってしまったのではないか。


  • 集団的自衛権がもたらした7人の戦死。

    バングラデシュ・ダッカで7人の日本人が殺された。犯人は高学歴の裕福な育ち青年であった。
    自国を助けに来ている日本人をどうして殺したのか。
    専門家の意見は、バングラデシュの政権が国民に自由化や豊かさをもたらす政策を進めている。      それに協力する者が敵として映るのだという。
    犯人たちの意識はイスラム主義に挑む十字軍として日本を見いているという。
    その動機は、日本はイスラム原理主義と戦う側に協力すると安倍政権がハッキリ発言したことに動機がある。

    つまり、IS及び犯人側は十字軍と戦争をしているのであり、日本側は集団的自衛権のもとに参戦して来たと映っている。

    この戦争をもたらした責任は欧米にあって、日本は何の関係もなかった。
    特に英国、フランスでイスラム国を勝手に分断してしまったことにある。
    今更日本がこの戦争に首を突っ込なくてよいのであった。
    それに欧米から強い要請もないのにである。

    二次大戦で敗北した原因は、強い敵国アメリカがいたことである。
    それは、日本の精神的支柱を天皇は現人神でイエス・キリストの上位にあると説いたことにある。
    これは、キリスト教への反逆であるからキリスト教国家は束になったのである。

    安倍政権の仮想敵国は中国であるが、人口は日本の10倍、経済力でも3倍でさらに大きくなるだろう。
    中国と戦争することは相手が10人いるリングの中にはいるようなものである。
    アメリカと中国の勢力争いには、アメリカは日本を利用するが戦争になれば、かつて共に日本と戦った仲間中国を選ぶだろう。

    中国通の人は、高度に発展した上海、厦門を破壊される戦争などする気もなく、習近平がハッキリとしないといっているという。
    中国はアヘン戦争で右往左往している間に支配されてしまった海洋だけである。
    冷静になって対応することが肝要であろう。

    アメリカのポチ化した安倍政権、日本利用法を持っているアメリカにとって最も都合のよい政権である。

    日本会議が安倍政権の政策を担っていることも忘れたくない。

  • >>1

    >簡単に説明すると国債を大量に発行しそれを国民ではなく日銀が買い取る。

    最初から違います。日銀が買っているのは既発債です。
    国が新規国債を大量発行して日銀が引き受けていれば、今の日本は
    大混乱に陥っている。まあそれも時間の問題か。

    なんかよう総じて説明が稚拙だな。

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン