ここから本文です
  • <<
  • 14 1
  • >>
  • 残念でした。

    参院同日選挙だったら、選挙費も半分で任期の半分以上は経過していたから
    実質ペイできたのに・・・

    もう少し早く知事が辞めていたら

  • >>12

    残念ながら都議会の自民党、公明党は百条委員会設置に反対する予定らしい。
    もし、事実なら都民をバカにしている。
    森(元総理)が舛添氏に「頑張って」と言っていた。もう奴らが関わるオリンピックは
    やめて欲しい気持ちです(別問題との指摘は理解しているけど)。

  • すでに海外出張で3.5億使っていたなんてあきれた、それで足りないもっと出せと怒っていたとは、任期中に7.8億使うつもりだった! それで朝鮮学校、朝鮮系銀行の公的負担(なんども一兆円ずつ負担しているのに報道されない)など 朝鮮人のための政治をする、憎い日本人の税金は、いくら使ってもよい 
     
     なんせ韓国には、反日教育のためこんな狂った宗教がある 日本人は悪魔だから殺してあげなさい 殺すことで魂を救ってあげるのですと  現に小学生をハンマーで殴り殺してつかまると 何で日本人を殺して罰を受けるんだとほざく朝鮮人 こんな反日教育を日本の税金で 拡大しようとする都知事 

           朝鮮人を政治から排除しなければならない

  • 韓国人だから、韓国人のため政治をする、日本国内での韓国人で日本植民地化、日本解体闇法案を可決されていることを知ってますか 一億近くつかっておきながら、海外出張費が少ないもっとだせと、職員を脅していたのを知っていますか 全世界を豪遊するには、2,3億必要だからだせ!だって で会見では、職員が手配した旅行だから文句をつけるのも悪いからしかたなく 豪遊したですって、ほんと韓国人は嘘ばっかり 息を吐くように真っ赤なウソを平気でつく

  • 舛添さんは税金を自由に私的に使える立場になりたくて一生懸命勉強して政治家を目指した人。 役人は楽な仕事して将来の安定が欲しくて勉強ちょっとだけ頑張った人。 どちらも利益を追求するのではなく、予算を使い切ることだけ考える人。 日本の将来は泥舟。 貯蓄と個人年金で個々の将来ビジョンを描くしかない。

  • 都議会議員123人中 ”舛添辞任すべき”はたったの22人

    「『あさチャン!』では都議会の123人の議員全員にアンケート調査を行いました」120人から回答(自民、公明党は一括回答)があった。舛添知事が説明責任を果たしたと思うかという質問には、「思う」と答えた都議はゼロで、「思わない」は41人、「その他」が79人だった。「知事は辞職すべきと思うか」という質問には「思う」が22人、「思わない」12人、「その他」86人だった

  • まっ、桝添都知事はもう反省する必要はない
    反省という言葉は続投の道を意味している

    彼は当然辞職すべきだし
    辞職する態度が都民にとっての申し開きだ
    桝添よ
    まちがっても今の職にしがみ付こうとするさもしい魂胆は捨てろ !

  • 舛添都知事 辞職のXデーは6月1日で参院選とのW選挙も

    週刊文春が2013年と2014年の正月、舛添氏が政治資金で家族旅行をしていた疑惑を報じると、野党都議からは「辞職に値する」(旧東京維新の会・柳ヶ瀬裕文氏)との声が上がり、味方のはずの都議会自民党からも“待ってました”とばかりに「都知事はもう持たない。辞任は時間の問題」と舛添降ろしの動きが始まった。

    今回の疑惑をきっかけに、一気に舛添を降ろそうという機運が高まってきた。知事辞任を見越して早くも後任候補選びに動いているグループもある

     都連側が想定している舛添氏辞職のXデーは都議会の定例会が開会する6月1日という。いまや四面楚歌の舛添氏は都議会で与野党から疑惑を追及されるのは確実な情勢だけに、「どうせ議会は乗り切れない。だから、その前に辞職を迫り、開会日に議決する」。地方自治法では知事の辞任は30日前までに議長に申し出なければならないが、議会が同意すれば即日辞任も可能だ。

    「6月1日辞職説」にはもっと重要な政治戦略が含まれている。参院選と東京都知事選のW選挙である。

     公選法では知事が辞任した場合、「50日以内」に選挙を行なわなければならない。直近2回の都知事選挙は、それぞれ石原慎太郎氏の辞任の46日後と猪瀬直樹氏の辞任の47日後に実施された。6月1日に舛添氏の辞任が都議会で同意されれば、参院選投票日とされる7月10日に合わせて出直し都知事選を実施できる。

    ※週刊ポスト2016年5月27日号

  • 舛添氏会見「納得できない」98%/緊急アンケート

    日刊スポーツは、舛添都知事の釈明会見を、テレビやインターネットの動画、速報などで見た読者、ユーザーに緊急アンケートを行った。2131件の回答が寄せられ、「説明に納得できた」との回答はわずか48件(2・3%)。「納得できない」は2083件(97・7%)に上った。

    「一連の仕組みが悪かった、会計責任者が勘違いしたと責任転嫁している」「ただの家族旅行を選挙対策会議の場にしただなんて。ご自分の子どもたちにも笑われますよ」「号泣県議のウソを思い出した。上手なウソをつきなさい」「家族旅行をしていてほんの数時間会議をしたことにすると、全額公費ですか」。「政治的機微にかかわる」として会議出席者の人数さえ明かさない舛添氏の説明は全く説得力を持たなかった。

    ファーストクラスやスイートルームの利用についても「理解できる」はわずか162件(7・6%)、「理解できない」が1969件(92・4%)。「ファーストクラスでしっかり休養をとらないと仕事ができないほど、体が悪いのなら、辞職して別荘でゆっくり静養なさい」「マクドナルドのクーポンの人が、人のお金だと湯水のように使う。開いた口がふさがりません」…。「たかり」と答えた人もいた。

    この結果、進退を問う「辞任すべきか」という質問には「辞任すべき」が1998件(93・8%)と圧倒的だった。「辞任すべきでない」は133件(6・2%)。舛添氏が「史上最高の大会にしたい」と意欲を見せた東京五輪についても「東京五輪まで知事を続ける資格がある」は66件(3・1%)、「ない」が2065件(96・9%)。

    舛添氏は会見で「あとは有権者、都民の皆さんの判断にお任せしたい。ただ、都民の声をどういうふうに測るのか」と話した。 しかし、知事-。少なくとも日刊スポーツのアンケートでは9割以上が説明責任を果たしておらず、辞任に値するとしている。

  • 額縁専門店に178万円=自宅賃借料、月44万円計上―舛添知事団体
    舛添要一東京都知事が代表を務める政党支部など3団体は、額縁専門店に3年間で計178万円を計上するなど美術関連の支出先が目立つ。また、ファミリー企業に毎月40万円以上が賃借料名目などで支払われており、結果的に政治資金が舛添氏側へ「還流」した形となっている。

    3団体は、新党改革比例区第4支部(解散)、資金管理団体の「グローバルネットワーク研究会」(同)と「泰山会」。いずれも所在地は都内にある舛添氏の自宅住所が記載されている。 各団体の政治資金収支報告書によると、2012~14年の支出先で最も件数が多かったのは東京都新宿区にある画材・額縁専門店。38件で計178万4154円に上る。舛添氏は13日の記者会見で、外国要人への贈答用などと説明したが、支出の目的は「額」と記載された2件を除き、備品や消耗品などだった。このほか各地の画廊などにも資料代として複数の支出を計上していた。

    飲食店への支出は、自宅や神奈川県湯河原町の別荘に近い店が10件で、全体の半数以上を占める。私的な支出と認めた5件を含め、いずれも「飲食代」と記載する一方、横浜・中華街の中華料理店など2件は「意見交換の経費」と記されていた。3団体からは毎月計44万2500円が家賃や事務所賃借料として舛添氏のファミリー企業「舛添政治経済研究所」に支払われていた。同社は自宅内にあり、党支部から約28万円のハウスクリーニング代が支出されたこともあった。 

    ※底なしの税金私物化 はげ落ちた舛添都知事

並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!