ここから本文です
  • 1

    問題の韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領の竹島訪問や天皇陛下への謝罪要求発言により、日韓関係が悪化する中、天皇陛下が訪韓について言及したと、光文社の女性週刊誌・女性自身が19日に報じた。韓国メディアが相次いでこれを取り上げた。

     同誌によると、両陛下が4日、御所で外務省の鶴岡公二総合外交政策局長からご進講を受けられた際、天皇陛下が「いつか私たちが、かの地を訪れることができるようになればよいのですが。これからも日本と韓国が友好な関係を保てるよう願っています」と述べられたという。さらに、「政府が望むなら、もちろん訪韓したい」「両国の友好のためなら現地で謝罪を述べることも、やぶさかではない」と述べられたと、ある国会議員が明かしたと伝えた。
    この議員は誰か?わかる人いませんか?

  • <<
  • 45 23
  • >>
  • イ・ヨンフン教授『大韓民国物語』から慰安婦問題解説の要約

    韓国軍の慰安婦制度

      少々驚くかも知れないが、韓国戦争の当時の我が国にも軍による管理売春があった。ソウル、チュンチョン、ウォンジュ、カンヌン、ソクチョなどに慰安部隊を設置。1952年、ソウルの3ヶ所とカンヌンの1ヶ所では、収容された慰安婦は全部で89人で、その年に慰安所を利用した兵士の総数は20万4000余人、慰安婦1人1日当たり平均6人。

     チュンチョンのソヤン川の川辺にはいろいろなテントが立てられ、兵士たちが列を作って順番を待った。日本軍兵士たちの列と違うところは無かった。

     陸軍本部による慰安部隊設置理由の説明。日本軍の考えとほぼ同じ。

    「表面化した理由だけをもって簡単に国家施策に逆行する矛盾した活動であると断言するならば別だが、実質的には、士気の高揚はもちろん、戦争事実に伴い避けることのできない弊害を未然に防止できるだけでなく、長期間あてのない戦闘によって後方との行き来が無くなることによる異性に対する同情から惹起される生理作用に基づく性格の変化などから憂鬱症その他の支障を招来することを防止するために、この特殊慰安隊を設置することとなった。」(陸軍本部軍事監室『後方戦史(人事編)』1956年)

    光文社女性自身 天皇訪韓デマ記事 イ・ヨンフン教授『大韓民国物語』から慰安婦問題解説の要約   韓国軍の慰安婦制度     少々驚くか

  • 一大センセイションを巻き起こし





         問合せの電話や志願者との応対でほかの仕事は全然手がつけられぬ





    志願兵制度導入前から朝鮮人の志願が殺到

     『朝鮮人に対する徴兵制について、戦後の朝日新聞は、嫌がる朝鮮人を無理やり徴兵したように報じている。だが、当時の「朝日新聞・朝鮮版」を読み込むと、その実態はかなり異なる。

    徴兵制導入以前から多数の朝鮮人が兵士に志願するという下地があり、日本人と同様の「愛国心」が発露していた様子が窺える。』

    朝鮮半島で「志願兵制度」が導入されたのは1938年のことで、「徴兵制」が実施されたのは1944年からです。 志願兵制度が導入されるまで、朝鮮人が旧日本軍に入隊する術は、陸軍幼年学校か陸軍士官学校に進むしかなかった。

    1937年に日支事変(日中戦争)が勃発した。山西省の戦いで一個大隊(約1000人)の指揮を執って中国軍をせん滅した大殊勲により、朝鮮半島出身軍人で初めて金鵄勲章(きんしくんしょう)功三級を授けられた金錫源大隊長(少佐)は、1915年に陸軍士官学校(27期)を卒業している。

     日支事変の遠因となった、1937年7月29日の「通州事件」(北京近くの通州で日本人・朝鮮人居留民二百数十名が中国兵に惨殺された)により、朝鮮人の中国への怒りが頂点に達していたこともあり、朝鮮半島では志願兵がまだなかったにもかかわらず、志願が殺到していた。



    『志願兵申出で百五名に達す 沸る半島同胞の熱血』

    「暴戻支・那を討つべしと朝鮮同胞の義憤の血はいやが上にも沸ぎり、朝鮮憲兵司令部の調査によれば七日現在志願兵を申出たものの数は京畿道の二十五名を筆頭に全鮮で百五名に達している」(『大阪朝日・南鮮版』1937年9月8日付。)

     このような世情を反映して、1937年に東京府4区選出の朴春琴衆議院議員は、「朝鮮人志願兵制度」を請願した。

     実際に志願兵制度が公布されたのは、1938年1月23日だったが、それを如何に朝鮮人が待ち焦がれていたかが報じられている。

    『反響呼ぶ志願兵制度 忽ち志願者殺到 応接に転手古舞いの憲兵さん 微笑ましい朗景展開』

    「朝鮮人志願兵制度実施が発表されるや半島同胞の間に一大センセイションを巻き起こし、十六日夜から十七日にかけて熱誠溢れる志願者がどつと繰出し京城憲兵隊、京城憲兵分隊、龍山憲兵分隊の受付は問合せの電話や志願者との応対でほかの仕事は全然手がつけられぬ有様だ(略)」(『大阪朝日・南鮮版』1938年1月18日付。

    光文社女性自身 天皇訪韓デマ記事 一大センセイションを巻き起こし           問合せの電話や志願者との応対でほかの仕事は全然手

  • 「研究者は事実が生命だ。


    事実と異なる話をするならば、学問をやめなければならない」




    “正しい歴史認識”のためには、



           事実と異なる話をしなければならない時もあるのだ!!!



                史実は、歴史家にまかせておけばよい!!



             政治家は、歴史認識が問題なのだ!!



                史実と歴史認識は、違ってもいいのだ!!!




    安秉直(アン・ビョンジク、1936年6月28日 - )は韓国の経済史学者。ソウル大学名誉教授。1987年に李大根と落星台経済研究所を創設したことでも知られている。ニューライト財団の創立者。慶尚南道咸安出身。

    • 1990年代、ソウル大学民主化のための教授協議会の初代・第2代会長に就任。
    • 2006年、ニューライト財団を創立、初代理事長就任。
    • 2007年-2008年5月、ハンナラ党汝矣島研究所の理事長。

    • 中村哲・堀和生ら日本の経済学者とともに「韓国の経済発展に関する歴史的研究」というプロジェクトで朝鮮経済史の共同研究を行い、その成果を発表している。この研究の結果から、日本植民地統治下において、日本資本の主導下で資本主義化が展開し、朝鮮人もこの展開に比較的積極的に適応していき、資本家・労働者に一定の成長が見られたとしている。この主張から、たびたび韓国では植民地支配を肯定する植民地近代化論者、チンイルパ=親日派だと批判されている。

    • かつて、慰安婦について韓国挺身隊問題対策協議会と共同で調査した。この調査で強制によると認定した慰安婦が金学順と文玉珠である。この調査について後に韓国の新聞のインタビューで「問題は強制動員だ。強制動員されたという一部の慰安婦経験者の証言はあるが、韓日とも客観的資料は一つもない」「3年活動してからやめた理由は、彼ら(挺身隊対策協)の目的が慰安婦の本質を把握して今日の悲惨な慰安婦現象を防止することではなく、日本とケンカすることだったからだ」とコメントし、韓国内で波紋を広げた。

    • 「研究者は事実が生命だ。事実と異なる話をするならば、学問をやめなければならない」と述べている。

    これは、現代韓国における至言です!!

    正義の人、安秉直(アン・ビョンジク、1936年6月28日 - )ソウル大学名誉教授 
    真実を言ったがために、激しい暴行を受ける ↓

    光文社女性自身 天皇訪韓デマ記事 「研究者は事実が生命だ。   事実と異なる話をするならば、学問をやめなければならない」     &l

  • ハニートラップ

    民主党 筒井信隆 元農林水産副大臣

    秘書 宋華栄 中国人

    外国人登録証を不正に更新したとして、警視庁公安部に出頭要請された在日中国大使館の1等書記官(45)が、農産物の対中輸出促進事業に関与し、事業を主導する筒井信隆農林水産副大臣と接触していたことが2012年5月30日、農水省関係者への取材で分かった。


    ★民主幹部、“醜聞写真”隠しか 外国人女性と密着… 安倍政権が関心

    民主党政権時代、同党幹部と外国人女性の親密交際を示す資料や写真などが所在不明になっていたとして、官邸周辺や公安当局が強い関心を示している。

    女性は工作員の可能性も疑われるほか幹部周辺による不可解な行動も把握されているという。

    しかしなぜ、証拠資料は消えてしまったのか安倍晋三政権は暗部に迫るのか

    政府関係者によると、所在不明の資料とは民主党幹部と外国人女性との交際状況について記されたデータや写真など。金銭に絡む資料も含まれる。写真には密着している様子まで写っており、既婚者でもある幹部の表情は緩んでいたという。

    外国人女性の祖国は、日本に敵対的言動を続けているうえ、日本国内に多数の工作員を送り込んでいるとされる。公安当局としては、国家の危機管理上、この交際を放置できなかったようだ。

    自民党政権時代は、公安当局で資料を厳重に保管し、限られた関係者が存在を確認していた。3年3カ月の民主党政権が終わり関係者が改めて確認しようとしたところなぜか所在不明になっていたという。

    前出の関係者は「外国人女性は工作員の可能性もある。それだけに、この問題は深刻だ」といい、こう続けた。

    「幹部周辺が1年ほど前、数週間にわたって、政府施設で深夜まで作業をしていたことが記録されている。公安当局は幹部周辺を以前からひそかにマークしていたうえ深夜に及ぶ作業を『怪しい』とみて行動確認もしていた。

    この時、何らかの操作があったとみている。当局では、資料が所在不明となった背景について、慎重に調べている」と語る。

    公安当局では、危機管理の一環として与野党幹部や高級官僚に近づく人物の情報を収集し、資料にしてまとめている。
    こうした中には他国に握られた場合国家としての弱みになりかねない資料もある

    日本の政治家に接近し、不可解な関係が取り沙汰された外国の関係者については、過去にも何度か報じられてきた。

    鹿野道彦元農水相(民主党)らにはスパイ活動の疑いが持たれた中国大使館の元1等書記官が接触していた。

    菅直人首相(民主党)の資金管理団体は、北朝鮮による日本人拉致事件の容疑者親族の関連団体に多額の政治献金をしていたことが発覚している。

    光文社女性自身 天皇訪韓デマ記事 ハニートラップ  民主党 筒井信隆 元農林水産副大臣   秘書 宋華栄 中国人   外国人登録証を不

  • 屈服しない限り、いつまでも逃亡者でいるしかない!!





    「ガリレオの宗教裁判」と同じだ!!





                      どんな知識人も良心のままに発言できない!!





     2004年3月に韓国では「日本強占下の親日反民族行為真相究明に関する特別法案」が国会を通過しました。ソウル大学教授の李榮薫(イ・ヨンフン)氏はテレビ討論会に出席しました。氏はこの法律が多くの間違った事実認識に基づいているのみならず、歴史学が追求すべき正しい方法による過去史の清算ではなく、批判と自由を拘束する違憲的要素があることに懸念を持っていました。

     李教授は60年も経過し、場合によっては100年も過去のことを政治的に清算することの不当さ、既に物故している自らを弁護する能力のない彼ら(親日派)をグルーピングして責任を擦り付けることの不当さ、慰安婦の話の事実誤認を主張しました。

     ところが、李教授に待っていたのは激しい弾圧でした。実際には言ってもいない発言を派手に報道され、イデオロギー団体から糾弾され、国立大学の教授職を辞さなければならない、といわれました。

    抗議の電話が鳴り止まず、罵詈雑言が書き込まれた電子メールが頻繁に押し寄せ、研究室のドアに卵を投げつけられ、遂に李教授は屈し、ナヌムの家(従軍慰安婦の合宿所)に行かされ「真意が間違って伝わった。軍隊慰安婦は反人類的な犯罪行為だ」と本意でない謝罪をさせられました。

    ジャーナリストの金完燮(キム・ワンソプ)氏はこの事態について「どんな知識人も歴史問題は良心のままに発言できない」という教訓を与えたとして、「ガリレオの宗教裁判」と同じだと述べています。金完燮氏は屈服することなく良心のまま発言していますが、家族を外国に逃避させています。氏は「屈服しない限り、いつまでも逃亡者でいるしかない」と言っています。

     韓国では「親日」は売国奴の意味です。前出の金完燮氏は『親日派のための弁明』という本を出して韓国の捏造歴史に触れ、青少年有害図書に指定され、逮捕されました。

     拓殖大学国際学部教授の呉善花さんは『「日帝」だけで歴史は語れない』、『攘夷の韓国 開国の日本』(山本七平賞受賞)などを書き、論説の一部において、韓国併合を全否定しないこと、日本の自虐史観の改善等への言及があったことから、親日派とされ、済州島在住の母の葬儀で母国に帰郷しようとしたところ、韓国当局から入国禁止措置が取られました。

     「竹の森遠く」というヨーコ物語は日系米国人作家が終戦時に体験した朝鮮半島北部の羅南からソウル、釜山を経て日本へ帰国する際、また帰国後の、悲惨な状況を描きましたが、韓国では出版後、販売禁止。

     これらは韓国の話で「韓国はひどいなあ」と思うかもしれませんが、日本も五十歩百歩なのです。前述のヨーコ物語は日本では出版されていません。訳了直後に出版翻訳権契約解除の申し入れがあったといいます。

    記憶の新しいところでは三年前の元航空自衛隊の田母神氏の8月6日の講演があります。広島市長から圧力が入りました。明らかに異論を排除する言論弾圧です。

     沖縄でも小林よしのり氏の講演に協力した人は職場で出世を断念するよう言われたり、プロジェクトに居れなくなり弾圧されました。小林氏と知らずに観光案内をした女性ガイドは小林氏だと気づくと「自分が案内したことを書かないでくれ」と言ってきたといいます。日本もまだまだ言論弾圧はあるのです。

    自称元慰安婦たちの前で一時間近く土下座させられるソウル大学教授の
    李榮薫(イ・ヨンフン)氏  ↓

    光文社女性自身 天皇訪韓デマ記事 屈服しない限り、いつまでも逃亡者でいるしかない!!      「ガリレオの宗教裁判」と同じだ!!

  • ≪≪裏付け調査や確認作業は一切せず≫≫



     また、聞き取り調査対象の元慰安婦の人選にも疑義が残る。調査には、日本での “慰安婦賠償訴訟” を起こした “原告5人” が含まれていたが、訴状と聞き取り調査での証言は必ずしも一致せず二転三転している。

     日本側の聞き取り調査に先立ち、韓国の安秉直(アン・ビョンジク)ソウル大教授(当時)が中心となって平成4年(1992年)に行った元慰安婦への聞き取り調査では、連絡可能な “40人” 余に5~6回面会した結果、 『証言者が意図的に事実を歪曲(わいきょく)していると思われるケース』 (安秉直氏)があったため、採用したのは “19人” だった。

     政府の聞き取り調査は、韓国側の調査で不採用となった元慰安婦も複数対象としている可能性が高いが、政府は裏付け調査や確認作業は一切行っていない。

     談話作成に関わった事務方トップの石原信雄(いしはら のぶお)元官房副長官は産経新聞の取材に対し、 『私は報告書は見ておらず、担当官の報告を聞いて判断したが、談話の大前提である証言内容がずさんで真実性、信憑性(しんぴょうせい)を疑わせるとなると大変な問題だ。人選したのは韓国側であり、信頼関係が揺らいでくる』 と語った。

     ■ 河野談話 平成5年(1993年)8月4日、宮沢喜一(みやざわ きいち)内閣の河野洋平(こうの ようへい)官房長官が元慰安婦に心からの “おわびと反省” の気持ちを表明した談話。慰安婦の募集に関し、強制連行の存在を示す政府資料が国内外で一切見つかっていないにもかかわらず、 『官憲等が直接これに加担したこともあった』 『募集、移送、管理等も、甘言、強圧による等、総じて本人たちの意思に反して行われた』 などと “強制性” を認定した。閣議決定はされていない。

    日本はもっと払うニダ うふふふふ・・・ ↓

    光文社女性自身 天皇訪韓デマ記事 ≪≪裏付け調査や確認作業は一切せず≫≫     また、聞き取り調査対象の元慰安婦の人選にも疑義が残る

  • 新大久保コリアタウンにある無料のタウン情報誌。韓国で人身売買された韓国人が日本に連れて来られて行方不明になり探してほしいとの広告。これが日本での犯罪の温床にもなっているのです。

    光文社女性自身 天皇訪韓デマ記事 新大久保コリアタウンにある無料のタウン情報誌。韓国で人身売買された韓国人が日本に連れて来られて行方不

  • 身辺に気をつけてください!!






    「抗議」という名の「暴力」!!






       かくして、気に入らない人間の発言を






    テレビ界から追放することができた!!





    日本が暴力に屈した日



    朝銀をめぐって最初のトラブルが起きたのは1967(昭和42)年のことである。東京在住の総聯商工人で、のちに暴力団員に殺された具次龍氏の脱税容疑で、国税当局は氏の取引先である朝銀の前身、同和信用組合(台東区上野)に資料の提出をもとめた。

    同和信組はこれを拒否した。国税局は強制捜査をおこなうことにした。ところが同和信組はシャッターをおろし捜査を実力で阻止した。国税局は機動隊をともなって、バーナーでシャッターを焼き切り、強制捜査を実施した。

    これを契機に総聯は、全国の総聯系在日朝鮮人多住地域の税務署に「抗議行動」をかけた。各地の税務署で業務妨害が発生した。このとき日本政府は、国家公務員たる税務署員にたいする公務執行妨害でこれを取り締まろうとしなかった。国税局と具次龍氏との脱税に関する和解は1976(昭和51)年に成立した。

    その後、先に紹介した国税庁と朝鮮商工会との税金に関する「合意」なるものが交わされた。すなわち社会党の故高沢寅男衆議院議員の部屋で、氏を仲介者として国税庁と朝鮮商工会幹部の話し合いがおこなわれたのである。
    「現代コリア研究所」はそのときの出席者の名簿をもっている。

    この具次龍氏の事件以来、総聯は気に入らないことが起きると行政官庁やマスメディアなどに「抗議」という名の「暴力」を公然とふるうようになった。

    私は1967年の「抗議行動」を、第二次世界大戦後、日本が総聯の暴力に屈した恥ずべき日と記録している。ここに紹介したような事例は、いまにいたるまで、あちこちでみられる。

    1985(昭和60)年12月、関東国税局は東京都北区在住の総聯商工人を脱税容疑で強制捜査した。すると、関東国税局にはもっとも多い日で1日600名の「抗議」が来た。少ないときで100名である。

    国税局の業務は麻痺状態に陥った。局内では「上はなにをしているのか。仕事にならない」という声がでた。警視庁からは「年末の忙しいときに国税はなにをやっているのか」という不満の声が聞かれたという。

    国税局ぱかりではない。大韓航空機を爆破した金賢姫が、ソウルで初めて記者会見したとき、私はテレビ朝日の夕方の番組に解説者として出演した。キャスターから「金賢姫は北の人間ですか」と問われたので「間違いないものと思う」と私は答えた。

    その直後からフロアがざわつきはじめた。放送が終わってフロアにおりると責任者が飛んできて「先生、大丈夫ですか」という。
    「なにがですか」
    「先生の発言にたいして抗議の電話が殺到して、局の電話線がパンクしそうです」

    まもなく私はフジテレビに出演して同様のことを話した。そのときは総聯の抗議団がテレビ局に来たという。

    まだある。当時私は、日本テレビにもよく出演していた。あるとき日本テレビの記者が総聯へ取材をしにいくと「あんな男(つまり私のこと)を使っていると総聯に出入り禁止にする」といわれたという。私はそのことを記者から直接聞いた。

    あのころは私が出演する番組には抗議の電話を集中してかけていたようだ。テレビ局は解説者のいっていることの可否ではなく、抗議に対応する煩わしさから、私のようなコメンテーターを敬遠することになる。かくして総聯は気に入らない人間の発言をテレビ界から追放することができた。

    私は公安当局者をはじめいろいろな人から「身辺に気をつけてください」といわれた。これは日本人が総聯の直接間接の「暴力」をいかに怖がっているかの証拠である。

    だが、総聯を支持する在日朝鮮人はいまや赤ん坊も含めて十万人しかいない。日本人の人口は一億二千万だ。いつまでも総聯を怖がっていれば、「暴力」をちらつかせることによって、十万人が一億二千万人の言論を支配できるということになる。これは日本にとってきわめて深刻な問題ではないか。

    「日本外交はなぜ朝鮮半島に弱いのか」 佐藤勝巳 2002年 草思社より

    孤高の気鋭ジャーナリスト佐藤勝巳氏 ↓

    光文社女性自身 天皇訪韓デマ記事 身辺に気をつけてください!!        「抗議」という名の「暴力」!!           かく

  • 朝鮮民族は日韓併合に反対していたの


                      だろうか?




    実は朝鮮民族の多くは日韓併合に


    賛成し、 それを推進していた。



    「現在の朝鮮民族の力量をもってすれば、とても独立国家としての

    体面をもつことはできない。亡国は必死である。

    亡国を救う道は併合しかない。 そして併合相手は日本しかない。

    欧米人は朝鮮民族を犬か豚のように思っているが、日本は違う。

    日本は日本流の道徳を振り回して小言を言うのは気に入らないが、

    これは朝鮮民族を同類視しているからである。 そして、

     日本人は朝鮮民族を導き、世界人類の文明に参加させてくれる

    唯一の適任者である。それ以外に我が朝鮮民族が豚の境涯から

    脱して、人間としての幸福が受けられる道はない。

     日韓併合が問題になるのは、変な話だ。我輩の併合観は

    欧米人の朝鮮民族観を基に考察したのだ。」


       朝鮮全権大使 李成玉 「李完用侯の心事と日韓和合」


    朝鮮民族は、朝鮮語を忘れてしまわなければならない。

    朝鮮民族が日本語でものを考えたときこそ、朝鮮民族が最も

    幸福になった時である。学校で朝鮮語を教える必要は全くない。

    朝鮮民族を不幸にしようとするならば、朝鮮語を永続させて、朝鮮的な

    低級な文化を与え、それ以上の発達を阻止することである。



                     玄永燮 「朝鮮人の進むべき道」


    私は今となってはこうした信念をもつにいたった。すなわち、朝鮮民族は

    朝鮮民族であることを忘れなければならないと。

    血と肉と骨がすっかり日本人になってしまわなければならないと。

    この中に真に朝鮮民族の永生の唯一の道があるのだと。

    したがつて朝鮮人文人ないし文化人の心的新体制の目的は第一に
    自己を日本人化し、第二に朝鮮民族すべてを日本人化することに

    全力をささげ、第三に日本文化を昂揚し、世界に発揚する文化戦線の

    兵士になることである。

    朝鮮文化の将来はここにある。このために朝鮮民族は民族感情と伝統の

    発展的解消を断行すべきである。

    「心的新体制と朝鮮文化の進路」   韓国の作家 李光洙


    日本は日清戦争を通じて韓国を独立させ、日露戦争でロシアに

    食われかけていた韓国を救ってくれた。

     それでも韓国はこれをありがたく思うどころか、あの国にくっつき、

    この国にくっつきし、結局は外交権を奪われることになったが、これは

    我々が自ら招いたことである。

     丁未条約を締結することになったのも、やはりハーグ事件を

    おこした我々に責任がある。 伊藤博文公が韓国国民を見守ってくれ、

    太子を導いて我々韓国のためにご苦労されたことは忘れられない。

     にもかかわらずハルピンの事件がおきてしまった以上、今後

    いかなる危険が到来するのかわからない。

     これもまた韓国人自らそうしてしまったのである。(中略)

     それゆえ劣等国民として保護されるよりは、いっそ日本と合邦し

    大帝国をつくって世界の1等国民として日本人とまったくおなじ待遇を
     
    うけながら暮らしてみよう。

                   「韓日合邦を要求する声明書」
      
                  1909年 12月4日  一進会

    下は、朝鮮の人たちから日本政府に寄せられた韓日合邦を熱望・要望する
    電報の数々。  ↓

    光文社女性自身 天皇訪韓デマ記事 朝鮮民族は日韓併合に反対していたの                     だろうか?      実

  • 初めて独立を失った





             両班の娘までキーセンにされた





    【韓国の嘘を暴く!!】「日本は韓国の独立を奪っていない」


    韓国は、1910年の日韓併合以来、初めて独立を失い、
    日本の植民地となり、以降、併合期間の36年、
    残虐な支配を受けた、と歴史を捏造しています。

    まず、初めて独立を失ったという意見が嘘だというのは、
    朝鮮半島は歴史上、紀元前3世紀頃の衛氏朝鮮の時から、
    中国の属国でした。

    韓国が初めて独立出来たのは、
    日清戦争で日本が勝利し、清朝に朝鮮独立を認めさせた時です。

    韓国人が言う「日本により独立を失った」というのは、
    全くの出鱈目であり、日韓併合も、
    中国、ロシアからの支配を恐れた韓国側からの要請でなったものです。

    韓国人は、閔妃による腐敗した政治、
    1882年に起きた閔一族に不満を持つ大院君などのクーデター、
    壬午事変から目を背け、歴史を歪曲し、自国史を捏造しています。

    韓国人は、その後の袁世凱による韓国支配、
    袁世凱の支配により、両班の娘までキーセンにされたりした史実、
    金・玉均や朴泳孝が立ち上がり、クーデターを起こし、
    内乱の結果、韓国国民が、
    日韓併合への道を望んだ史実から目を背けず、正視すべきです。

    日本の福澤諭吉氏などは、中国、韓国の腐敗を見て、
    もはや両国の近代化は無理だと判断し、脱亜論を説いた事実からも、
    日韓併合を望んでいませんでした。


    近代中国の代表的な啓蒙思想家、梁啓超も、
    「朝鮮亡国の原因は日本ではなく、朝鮮人自身によるものである」
    と分析しています。


    韓国内で盛んにおこなわれる“ひと寄せ劇場”
    日本はこんなに残虐だったという、子供だましにもならない
    こけおどしショ―。  ↓

    光文社女性自身 天皇訪韓デマ記事 初めて独立を失った               両班の娘までキーセンにされた      【韓国の嘘を

  • 李登輝先生の「靖国論」

    当時の軍隊の中では、
    「死んだら靖国で会おうな」と普通に会話していた。
    台湾出身であろうが、朝鮮出身であろうが、
    同じ日本の兵士として御国のために命を捧げ、
    死んだら靖国神社で会おうというのが、
    私たちの日常の感覚だった。


    戦死したら当然 靖国神社に祀られるはずだったのだ。
    それが裏切られるとはつゆほども疑わなかった。
    一種の安心感の源だったのだ。

    先ほども述べたように人様々だから、
    今となってはそんなことも思い出したくない人が
    いても不思議ではない。
    だが私はそうだったのだ。
    だから今なぜ「靖国神社問題」が起きているのか、
    私には理解できない。
    日本人はまた中国共産党の謀略に引っかかっているのではないか。

    国のために戦い死んだ兵士、指導者を悼み、
    参拝するのがなぜ悪いのか。
    彼らが取った手段や判断に批判があっても良い。
    すべてを正当化するわけではない。
    批判は批判としてあるべきだろう。

    しかしいま 我々が生きている国を守ろうと
    命を捧げてくれた人に対して、
    感謝の気持ちを 抱くことのどこが悪いのだろうう。

    昭和20年ルソン島で戦死した兄、李登欽も靖国神社に祀られている。
    私はそれが今でも兄とつながる支えだ。


    李登輝元台湾総統

    靖国神社を参拝される李登輝先生 ↓

    光文社女性自身 天皇訪韓デマ記事 李登輝先生の「靖国論」    当時の軍隊の中では、 「死んだら靖国で会おうな」と普通に会話していた。

  •  “差別を許さない!”






                 この錦の御旗のもと







                        荒れ狂う言論圧殺テロリズム!!






    2004年3月に韓国では「日本強占下の親日反民族行為真相究明に関する特別法案」が国会を通過しました。ソウル大学教授の李榮薫(イ・ヨンフン)氏はテレビ討論会に出席しました。

    氏はこの法律が多くの間違った事実認識に基づいているのみならず、歴史学が追求すべき正しい方法による過去史の清算ではなく、批判と自由を拘束する違憲的要素があることに懸念を持っていました。

     李教授は60年も経過し、場合によっては100年も過去のことを政治的に清算することの不当さ、既に物故している自らを弁護する能力のない彼ら(親日派)をグルーピングして責任を擦り付けることの不当さ、慰安婦の話の事実誤認を主張しました。

     ところが、李教授に待っていたのは激しい弾圧でした。実際には言ってもいない発言を派手に報道され、イデオロギー団体から糾弾され、国立大学の教授職を辞さなければならないといわれました。抗議の電話が鳴り止まず、罵詈雑言が書き込まれた電子メールが頻繁に押し寄せ、研究室のドアに卵を投げつけられ・・・

     韓国では「親日」は売国奴の意味です。ジャーナリストの金完燮(キム・ワンソプ)氏は『親日派のための弁明』という本を出して韓国の捏造歴史に触れ、青少年有害図書に指定され、逮捕されました。

     拓殖大学国際学部教授の呉善花さんは『「日帝」だけで歴史は語れない』、『攘夷の韓国 開国の日本』(山本七平賞受賞)などを書き、論説の一部において、韓国併合を全否定しないこと、日本の自虐史観の改善等への言及があったことから、親日派とされ、済州島在住の母の葬儀で母国に帰郷しようとしたところ、韓国当局から入国禁止措置が取られました。

     「竹の森遠く」というヨーコ物語は日系米国人作家が終戦時に体験した朝鮮半島北部の羅南からソウル、釜山を経て日本へ帰国する際、また帰国後の、悲惨な状況を描きましたが、韓国では出版後、販売禁止。

    なぜなら、韓国・朝鮮人による日本人に対する見るに堪えない、聞くに堪えない、暴行、略奪、強姦のおぞましい巨大な話の塊だったからです。

     これらは韓国の話で「韓国はひどいなあ」と思うかもしれませんが、日本も五十歩百歩なのです。前述のヨーコ物語は日本では出版されていません。訳了直後に出版翻訳権契約解除の申し入れがあったといいます。在日及び在日支援者らのとどまるところを知らない、激越な言論圧殺行為のためです。“反差別“という錦の御旗を掲げた、
    言論弾圧テロリズムです。

    記憶の新しいところでは昨年の元航空自衛隊の田母神氏の8月6日の講演があります。広島市長から圧力が入りました。明らかに異論を排除する言論弾圧です。

     沖縄でも小林よしのり氏の講演に協力した人は職場で出世を断念するよう言われたり、プロジェクトに居れなくなり弾圧されました。小林氏と知らずに観光案内をした女性ガイドは小林氏だと気づくと「自分が案内したことを書かないでくれ」と言ってきたといいます。日本もまだまだ言論弾圧はあるのです。

    光文社女性自身 天皇訪韓デマ記事  “差別を許さない!”                    この錦の御旗の

  • 振り込め詐欺なんてみみっちいすぎるよ!!






           お年寄りの個人を対象にするなんて






                   詐欺師の風上にも置けない!!






                      一つの国を相手にするぐらいでないとダメよ!!







    日本から補償金」3万人だます 韓国の団体幹部ら摘発

     【ソウル=黒田勝弘】ソウル市警察当局はこのほど、日本統治時代の戦時動員被害者に対し、日本政府などから補償金を受け取ってやるといって弁護士費用などの名目で会費15億ウォン(約1億2千万円)をだまし取っていた団体幹部など39人を、詐欺の疑いで摘発したと発表した。被害者は3万人に上る。

     摘発されたのは「太平洋戦争犠牲者遺族会」「民間請求権訴訟団」など対日要求や反日集会・デモを展開してきた団体。古くからの活動家で日本でも知られる梁順任・遺族会会長(67)にも容疑が向けられており、対日補償要求運動にブレーキがかかりそうだ。

     発表によると、梁会長らは遺族会や訴訟団など各種団体を組織して会員を募集。その際「動員犠牲者でなくても当時を生きた者なら誰でも補償を受け取れる」などと嘘を言った例もあり、会員を集めると手当を支払っていたという。

    警察発表では、梁会長らはソウルでの日韓親善サッカーの試合のスタンドに約500人の会員を動員し、日本政府に謝罪と補償を要求する横断幕を掲げる“偽装活動”をしてきたとしている。
    2011.5.9 09:43 産経新聞


    反日詐欺で摘発されたのは、日本軍従軍慰安婦を捏造した「朝日新聞の植村隆」記者の義母で、太平洋戦争犠牲者遺族会の会長だった「梁順任」でした。


    こいつが朝日新聞の植村隆記者の義母、梁順任 ↓

    光文社女性自身 天皇訪韓デマ記事 振り込め詐欺なんてみみっちいすぎるよ!!              お年寄りの個人を対象にするなんて

  • 「●●は日本から出て行け!」
    「●●は強姦魔だ!」
    「●●は殺人集団だ!」
    「●●の特権を許すな!」
    「●●は日本人に謝罪しろ!」

    この「●●」に「アメリカ兵」と入れれば『表現の自由』になり、
    「韓国人or朝鮮人」と入れれば『ヘイトスピーチ』になります。

    以上、京都地裁判決より。

    おぞましいまでの、反日画像の数々 ↓

    光文社女性自身 天皇訪韓デマ記事 「●●は日本から出て行け!」  「●●は強姦魔だ!」  「●●は殺人集団だ!」  「●●の特権を許す

  • これほどまでに熱狂するとは・・・




              これほどまでに熱烈に支持するとは・・・




    今日、韓国と北朝鮮は、太平洋戦争の被害者と称して、日本に対して謝罪と賠償を求めている。しかし、当時の朝鮮人は、太平洋戦争を熱烈に支持し、侵略戦争の被害者というよりもむしろ加害者としての役割を果たしていた。

    韓国の歴史教科書は、朝鮮人(以下、韓国人を含めた朝鮮民族という意味でこの言葉を使う)が日中戦争や太平洋戦争に従軍したにもかかわらず、それを、もっぱら被害者の視点から描いている。

    わが民族は戦争に必要な食糧と各種物資を収奪され、わが国の青年は志願兵という名目で、また徴兵制と徴用令によって日本、中国、サハリン、東南アジアなどに強制動員され、命を失い、女性まで挺身隊という名で強引に連行され日本軍の慰安婦として犠牲になった。
    [新版 韓国の歴史―国定韓国高等学校歴史教科書, p.397]

    しかしながら、当時の朝鮮人たちは、必ずしも、強制されて受動的に従軍したわけではなかった。1938年に陸軍特別志願兵制ができて以来、朝鮮人は日本軍に志願兵として参加することができたのだが、その応募者は、日中戦争の進展とともに、採用数以上に伸び、倍率は、太平洋戦争が始まった年には、45倍に達した。

    しかも、「血書を書いての従軍志願者が何百という数に上り、中にはその希望が達せられないので自殺した青年まで現れ」[名越二荒之助:日韓2000年の真実, p.435]たというのだから、相当熱心な志願者がいたということである。朴クネ大統領のお父さん朴正煕元大統領も、血書志願書を書きました。

  • これぞ、忍法、“くノ一”!!




                  盗まれた国家機密は、数知れず!!






    哀れ!、ハメられた小沢の末路は・・・



              


    金 淑賢(キム・スクヒョン、김숙현、1972年 - )は、東北大学准教授。小沢一郎の元国際担当秘書。

    韓国ソウル特別市生まれ。大元外国語高等学校(ko:대원외국어고등학교)、韓国外国語大学日本語科・同大学院卒業後、1998年に日本に留学し、2000年に20倍の倍率を勝ち抜き自由党 (日本 1998-2003)小沢一郎の秘書に抜擢された。その後、秘書を退任し、2008年5月、東北大学大学院法学研究科准教授に就任する。

    • 小沢一郎の秘書時代は、主に国際情勢業務を担当しており、日本政界に従事するという関係から、駐日韓国大使館とも随時政局などについて情報交換を行っている。金は政権奪取を実現するまで小沢を補佐していくとしており、小沢の日韓関係に対する認識にも大きな影響を与えていることを明らかにしている。

    • 第21回参議院議員通常選挙での民主党躍進に関連して、韓国要人との会談に加え選挙期間中は全国を駆け回り選挙支援に乗り出すなど「全天候型秘書」ぶりを発揮、活躍が報じられる。

    • 日本政府による竹島領有権主張については衆議院選挙へ向けて政権の強いリーダーシップを発生させ、支持率低下を防ぐためのものであるなどの分析を韓国メディア聯合ニュースに寄稿している。


    • 在日韓国人の参政権問題については、韓国政府に日本への働きかけを強めるよう度々提言している。

    光文社女性自身 天皇訪韓デマ記事 これぞ、忍法、“くノ一”!!                   盗まれた国

  • ハミングヘッズという会社をご存知ですか???



      資本金3.8億円のコンピュータセキュリティ対策ソフトウェアの会社です。



    民主党、北朝鮮、似非同和、企業恐喝屋を結びつけるネットワーク会社です!!



              そして、キャノン電子までもが・・・



      深く追求するとあなた、明日東京湾にコンクリート詰めで沈められますよ!!



    株式会社エス・ビー・ビーとは、日本に存在した出版社の一つ。別名、SBB出版会。株式会社SBBとも表記。SBBとはStrategic Business Beautyの略である。旧社名は本邦書籍。東京都北区に自社ビルを持ち、同じフロアで「社団法人国際労働運動研究協会」(国際労研)と同居していた。

    「政治経済研究会」(東京都中央区)、「政治・経済研究会」(東京都千代田区)、「経済研究会」(静岡県静岡市)、「北方領土問題審議会」(北海道根室市)、「同和文献保存会」(東京都大田区)などの関連団体を通じ、えせ同和書籍のほか、えせ北方領土返還運動書籍をも販売。約3年間で約30億円を荒稼ぎしていた。

    なお、ビルで同居していた「社団法人国際労働運動研究協会」についても外国人研修生の受け入れに関して不正行為が指摘されている。

    朝鮮新報によると、エス・ビー・ビー社長の大江尚之(当時)らは2001年4月、北朝鮮を訪れた際に親善勲章を授与されたという。2001年10月25日、大江尚之らは東京の朝鮮総聯を訪れ、『全真相 朝鮮民主主義人民共和国』(エス・ビー・ビー編、政治経済研究会発行、2001年、3万9000円)の特製本を金正日総書記に贈っている。

    民主党の山下八洲夫参議院議員が代表を務める政治団体「政治経済研究会」の名前を借りて、領土問題や公安を扱った高額書籍を脅しまがいの手法で販売し、山下のもとには1億3000万円が振り込まれたとされる。2005年までの7年間、エス・ビー・ビー社(当時社長、柿原邦人)から山下には印税名目で毎年150万円から2500万円前後が支払われ、主にここから研究会の人件費や事務所家賃、民主党サポーター会費やパーティ券代などが支払われた。

    また、同社から刊行された書籍の1冊には、同社の社外監査役である吉永祐介元検事総長が推薦文を寄せていた。「同和文献保存会」に関しては、小さなビルの同じフロアに「日朝友好資料センター」「日本朝鮮学術教育交流協会」「朝鮮の自主的平和統一支持日本委員会」「日本朝鮮農業農民友好交流協会」「日本金正日花愛好会」「日本教職員チュチェ思想研究会連絡協議会」と同居していたことが確認されている。

    社長の柿原邦人(当時)と専務の伊藤賢(当時)が、政治・経済研究会や同和文献保存会を名乗り「うちの若い衆を行かせようか」などと脅して企業などに1冊5万円から6万円の書籍を売りつける行為を繰り返し、2010年に恐喝で逮捕され、2011年に岡山地裁で懲役5年の実刑判決を受けた。2012年、破産。

    ハミングヘッズ はエス・ビー・ビーの元社長大江尚之の会社。山下はこの会社の取締役に名を連ねる。
    コンピュータセキュリティ対策ソフトウェア開発の会社。
    当初はキヤノン電子が販売していたものの、現在ではハミングヘッズに移行。
    キヤノン電子はいまでもハミングヘッズの大株主で、ハミングヘッズをバックアップしている。



    何か、文句あっか!!

    光文社女性自身 天皇訪韓デマ記事 ハミングヘッズという会社をご存知ですか???      資本金3.8億円のコンピュータセキュリティ対

  • お前は、自分の国の字が読めないのか??






          なぜジャパニーズでないのか??







             なぜジャパニーズにならないのか??






                私はジャパニーズです!!





           何かあったら、とにかく日本大使館に逃げ込め!!





    フランスの田舎町で滞在中の出来事。ちょっと油断したすきにカバンを盗まれてしまった。中にはパスポートが入っている。お金や品物はどうにかなるが、パスポートだけはどうしようもない。こういう場合はパリの在仏韓国大使館に行くことになるが、パリまで遠いし、また行っても韓国語を知らないのでチンプンカンプンだろうからと、警察の盗難証明書とともに英語で事情を説明した文書を郵送で大使館に送った。しばらくして大使館から返事が来た。


     何とその手紙には漢字が全くないハングルばかりで書かれてある。彼女は一瞬目の前が暗くなった。それを見たフランスの友人たちがどうしたのかと心配してくれて、事情を説明すると、「お前はコリアンなのに自分の国の字が読めないのか。なぜジャパニーズでないのか。なぜジャパニーズにならないのか。」と問われて答えに窮した次第。


     結局は韓国語と英語のできる韓国人(在日ではなく本国生まれの韓国人、当然日本語はできない)を探しだして、翻訳してもらって事なきを得た。彼女は英語ができるので通訳は一人ですんだのであるが、英語も韓国語もできないのが大部分の在日の場合は通訳が二人必要で、訳を重ねることになる。


     自分の国の大使館とコミュニケーションするのに通訳が必要だということは、考えてみればおかしな話である。


     行く先々の国で、自分は日本で生まれ育った在日コリアンで、国籍は韓国だが韓国語は全く分からない、韓国のことは何も知らない、と言ってもなかなか理解してくれない。韓国に行ったことのある人に出会うと、韓国について次々と聞いてくる。特に88年のソウル五輪以降は急に多くなった。


    しかし韓国の歴史・文化・地理・政治経済状況等を聞かれてもさっぱり分からない。日本なら答えられる。


    、「お前はコリアンなのに自分の国の字が読めないのか。なぜジャパニーズでないのか。なぜジャパニーズにならないのか。」と問われて答えに窮した次第。
    自分の国の大使館とコミュニケーションするのに通訳が必要だということは、考えてみればおかしな話である。


    しかし韓国の歴史・文化・地理・政治経済状況等を聞かれてもさっぱり分からない。日本なら答えられる。
    ついに彼女はパスポートを見せる時以外は、「私はジャパニーズです。」と言うようになった。


    1989年の天安門事件の際、北京大学に留学していた北朝鮮国籍の在日朝鮮人が日本人の学友とともに日本大使館に避難した、という事実がある。この人は日本では一貫して朝鮮学校に通って民族教育を十分受けてきたが、それでも大事件に遭遇すると本国である北朝鮮大使館ではなく、日本大使館に保護を求める行動をとった。つまりは本国が北朝鮮であることは頭の中での理解でしかなかった、ということになろう。

    韓国外交部より

    光文社女性自身 天皇訪韓デマ記事 お前は、自分の国の字が読めないのか??             なぜジャパニーズでないのか??

  • 何ゆえに、創作工房と化したのか???





           日夜繰り返される歪曲、捏造の協奏曲!!





             歴史は、作曲・編曲の繰り返しでしかない!!





    「戦前(昭和14年)に日本内地に住んでいた朝鮮人は約100万人で、終戦直前には約200万人となった。増加した100万人のうち70万人は自分から進んで内地に職を求めてきた個別渡航者と、その間の出生によるものである。

    残りの30万人は大部分鉱工業、土木事業の募集に応じてきた者で、戦時中の国民徴用令によるものはごく少数である。(中略)

    終戦後、昭和20年8月から翌年3月まで、希望者が政府の配給、個別引き上げで合計140万人が帰還したほか、北朝鮮へは昭和21年3月、連合国の指令に基づく北朝鮮引き上げ計画で350人が帰還するなど、終戦時までに在日していた者のうち75%が帰還している。(中略)

    現在、登録されている在日朝鮮人は総数61万人で、関係各省で来日の事情を調査した結果、
    戦時中に徴用労働者としてきた者は245人に過ぎず、現在日本に居住している者は、犯罪者を除き、自由意志によって残留した者である。」

    1959年7月13日朝日新聞

    在日は「強制連行」ではない。by朝日新聞(!)


    今と言ってる事が全然違いますね。

  • 朴クネ現韓国大統領は、果たして、下の写真をみて発狂するか??




    朴正煕元韓国大統領。
    日本名 高木正雄


    血書志願書を提出し、帝国軍人への道を!!


    • 1917年11月14日 生誕
    • 1932年 大邱師範学校入学
    • 1936年 最初の結婚
    • 1937年3月 大邱師範学校を70人中69位卒業
    • 1940年4月 満州国軍軍官学校に240人中15位入学
    • 1942年 満州国軍軍官予科を首席卒業
    • 1942年 日本陸軍士官学校に編入(57期相当)
    • 1944年 日本陸軍士官学校3位卒業。満州国軍歩兵第8師団に配属 
    • 1945年8月 満州国軍中尉で終戦を迎える

    光文社女性自身 天皇訪韓デマ記事 朴クネ現韓国大統領は、果たして、下の写真をみて発狂するか??     朴正煕元韓国大統領。 日本名 

  • <<
  • 45 23
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!