ここから本文です
  • 1

    *****

     江田幹事長は、故橋本竜太郎政策秘書、すなわち、大蔵大臣の時に、バブル

    発生に際して、無知無能を、さらけ出した政策ブレーン。日銀が、金利低め誘導で、

    円高ドル安阻止の名目で、日本国内の金融市場をジャブジャブにしたが、これを

    批判することもなく、バブル発生を黙認した、最も重大な責任ある立場のひと。

    日銀の元総裁・三重野が、バブル崩壊のため、これでもかと金融引き締めを

    行ったときに、デフレ経済への落ち込みを、黙認して批判もしていない。

    当時は、自民党は、これ以上企業を、犠牲にしないでほしいと、三重野総裁

    更迭まで唱える議員が出ていた。なぜ、デフレ進行を黙認したのか。さらに

    なぜデフレにつながるバブルと言う、超インフレを黙認したのか。

     もともとインフレターゲット論じゃだったからではないのか?

     再びバブルを引き起こして、日本国経済の破綻をもたらそうと言うのが、

    政策の裏の意味だ。帰結はそういうことにつながっている。成長などとんでもない。

    政策は頓挫する。最大の理由が、生産・供給面の是正処置が、ないままで、

    インフレ政策が行われるから、バブルが起きるだけなのだ。

     では、何が必須の条件か、地方における経済特区の設定である。経済特区で、

    新たな産業の起爆財が必須であって、お金はジャブジャブになっているから、

    今後においては、地方の活性化が必要なのだ。金融機関の貸し出しは、低下

    一方ではないか。こういうじょうきょうから、民主党は郵政会社の四分割を

    早急に、是正して、資金を地方に回すことだ。日銀の新たな資金供給も活用

    すべきだ。

  • <<
  • 177 153
  • >>
  • この投稿は、当局により間もなく削除されます!!!


    最初から開き直るまでもなく、 削除希望です!



       あまりにもリアルで真実すぎます!


         だから視聴にに、多くの方が耐えられません!!


    歴史の真実などまったく何の意味もありません!!


         誰しも、心地よい、気分を良くしてくれるものだけを、

    歴史的真実として認め、


           そして、それだけしか受け入れることありえません!!!


    いったい、だれが、不愉快な真実を歴史的事実として受け入れることが


              できましょうか・・・・


    下は、日常的に韓国軍により虐殺された南ヴェトナムの人たちです!!

    みんなの党はバブルを引起したいのか この投稿は、当局により間もなく削除されます!!!   最初から開き直るまでもなく、 削除希望です!

  • 2011年5月の韓国中央日報にて、

    1901年4月頃にソウル市内で電信柱の修理すると題して、古い写真と記事が掲載されている。
    何気なく見れば昔の光景で済む話だがこの記事の言わんとしているのは日韓併合後に、日本によって、ありとあらゆるインフラが整備され、人口が倍増した事実をなんとしても闇に葬りたいと韓国のメディアが併合前に、韓国にインフラが存在し且つ、文化的な生活をしていたと言いたいのだ。

    記事には、
    「当時景福宮(キョンボックン)北門の神武門(シンムムン)通りの横には洋式時計塔があり、女性が別に治療を受けた病院もあった。
    いまでは消えてしまった姿が110年前のソウルを訪れたある西洋人のカメラに記録された」
    「大韓帝国時代のソウルを確認でき歴史的史料として価値が高い」とある。

     しかし、1901年4月と称する写真には、なんと鯉のぼりが、写っているのである。
    これの意味するのは、明らかに、この写真は日本統治の影響が濃い時代と証明している。
    電柱に登っている人間とその下で何か作業を行う人間と群集の服装の違いにも注目だ。
    明らかに、電柱修理を行っている人間は日本人である。

    そもそも日本が併合した1910年以前の韓国には、病院はおろか銀行、整備された道路も鉄道も無かったのである。
    識字率は2割以下、ハングルすら読めない故に、日本が教育を行い識字率を引き上げインフラ、経済基盤を全て日本が建設したものである。

    これは、台湾でも同様の事であり、日本政府は本土の資金援助無しでも統治地域で自立し経済活動出来る様にするがの方策であった為、欧米の植民地とまったく異なる統治を行った。しかしその事実を受容れられない半島人達はあの手この手で、偽の証拠を持ってきて歴史捏造に奔走する。

    韓国は国、民間が一緒に捏造を行いそれを脳内で真実と思い込んで、他人に押し付ける異常な国である。

    写真中央やや左より、遠くにこいのぼりが確かに見えますネ! ↓

    みんなの党はバブルを引起したいのか 2011年5月の韓国中央日報にて、  1901年4月頃にソウル市内で電信柱の修理すると題して、古い写

  • ◆日本政府が外国人留学生(7割が中国人)にばらまいている返還義務のない奨学金

    経済的理由で、大学進学を断念せざるを得ない日本人が多くなっている。借金をしながら学費を捻出している日本人も多くなっていると思われる。

    日本人の学生を対象にした奨学金は、利息がつく場合も、無利息の場合も、返還義務のあるものである。一方、外国人留学生に対して、支払われる奨学金は、くれてやるものであり、返還義務のないお金である。

    その留学生の多くが、研究員や大学職員として日本にのこり、また、日本の最先端企業に就職する。

     世界最先端の技術を研究する大学や企業に入り込んだ中国人の方が怖い。最先端技術が奪われれば、日本経済が致命的ダメージを負う可能性がある。

    「大学や企業に入り込んだ中国人」というが、日本政府が奨学金をばらまいてわざわざ招き入れているのだ。

    外国人留学生に対して、国費留学生の場合、大学院で月額17万円、学部生で月額13万4千円、私費留学生の場合、大学院で月額7万円、学部生で月額5万円の返還義務のない奨学金が支給されている。留学生10万人のうち7万人は中国人である。政府は今後留学生を30万人に増やす予定だという。

    東京工業大学は、急速に進む円高によって留学生の生活が苦しくなっているとして、私費で学んでいる留学生およそ400人に対して、1人当たり5万円を支給して生活を支援することを決めた。

    東京外国語大学も経済状況が深刻な留学生30人に対して、1人10万円の奨学金を支給することを決めている。

    1000万人の移民受け入れ構想といい、なぜわざわざ災いを招き入れるのだろうか。中国や韓国以外にも国はいっぱいある。

    みんなの党はバブルを引起したいのか ◆日本政府が外国人留学生(7割が中国人)にばらまいている返還義務のない奨学金  経済的理由で、大学進


  • おいおい、八億もの金を個人的な借金だと?
    一体何に使うために八億を借りたのかな???
    何か担保でも差し出したのかな?

    猪瀬前知事と同じパターンかもしれない。
    何も表ざたにならなければネコババする心算だったかな?

    最近は自民党べったりで胡散臭い政治家に見えたが益々
    悪臭が漂ってくる。みんなの党は俺一人の党に勘違いして
    「そして誰もいなくなった」状態も近いかもしれない。

    次はだれが泥船から逃げ出すかな?!

  • 知らないでは済まされないかも




    各界に広がる在日民による侵蝕




    半島勢力を日本国内へと誘導する。この流れの背景には、あの公明党らが制定に躍起になった「個人情報保護法」がある。この個人情報保護法の制定により、企業の採用活動には暗幕が降ろされることになった。出自や宗教、思想信条など、それらの事項を採用判断に取り込めなくなったのである。

    これが事実と思われたのがみのもんたの朝ズバ!の同番組での韓流ブームの特集に対し毎日新聞の記者のコメント
    http://www.youtube.com/watch?v=IDfEUKhCXps

    鈴木琢磨氏「・・・人間として上手ーくやればですね、北朝鮮に風穴を開ける、ひとつの大きな人間として育ってくれるかも知れないんですね。
    実際に、メディアにも朝鮮学校卒業生はたくさんいるんですよ。もう、ええ。

    そういう現実をもっとですね、、大阪には在日の人、たくさんいます。そこの首長であるあのー、橋下さんはもっと在日社会をリアルに知って欲しいんですね。
    情報収集というのも含めて」

    みの氏「なるほど・・・」
    (毎日新聞編集委員 鈴木琢磨氏のコメント)

    毎日新聞の在日枠による不正入社の在日記者が佐賀県知事にしがみつく
    http://www.youtube.com/watch?v=UPdOTjuA5aw


    この次の段階に来るものは何か。同じく、公明党、売国議員らが推し進める韓国の前例をもとに起草した悪法・人権擁護法案である。次の記事をご覧いただきたい。
    http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n116316

     マスコミへの脅迫や嫌がされ、在日のパチンコ、ロッテ、サラ金などのスポンサーの圧力、朝鮮系カルト創価学会のNHK,民放支配による恐ろしい情報操作、これだけの在日、韓国、北朝鮮が捏造した歴史がテレビでも新聞でも学校の教科書でも普通に掲載されるという恐ろしい朝鮮人の邪悪な権力です。

    在日の強制連行説の嘘 創氏改名を強要され名前を奪われた嘘 外国人参政権の違憲性と危険性 
    http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n110182

    北朝鮮のスパイ活動をする朝鮮総連、政治家と警察官僚のパチンコ利権
    http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n110633

    行政に嫌がらせ、脅迫して奪い取った在日特権
    http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n110554

    戦後の在日の悪行の数々
    http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n118670

     在日のスポンサーの圧力と朝鮮総連の脅迫、嫌がらせにより上記の事実はほとんど報道されません。

     在日枠が事実だと実感させ、唖然したのは去年の夕食中午後7時半頃、NHKはEテレのバラエティで「自己主張できない日本の草食系男子はもてず、自己主張できる中国、韓国人の肉食系男子が持てる」と言う日本人を侮辱するバラエティ番組。もう在日朝鮮人による違法行為によりNHKが乗っ取られている!

    みんなの党はバブルを引起したいのか 知らないでは済まされないかも     各界に広がる在日民による侵蝕      半島勢力を日本国内へと

  • 「過酷な労働をさせられた」






               「食料もろくに与えられずに」






                    それって、北朝鮮のこと??






    国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産への各国の推薦枠は年に1件です。

    9月17日、2015年のユネスコの世界文化遺産登録を目指す日本の推薦候補は、「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」(産業遺産)に正式決定しました。

    菅官房長官は記者会見で、産業遺産に東日本大震災の被災地・ 岩手県釜石市 の「橋野鉄鉱山」が含まれることに触れ、「最優先課題である復興支援にも大きく貢献する」と述べました。


    >太平洋戦争中に日本に強制徴用された朝鮮半島出身者が労働を強いられた長崎・端島炭坑(通称:軍艦島)や長崎造船所も含まれている

    >「隣国の痛みが残る施設を世界文化遺産に推薦することは、遺産登録の原則と精神にふさわしくない」との立場を伝え、世界文化遺産への推薦を撤回するよう求めた


    韓国外務省は17日、日本政府が推薦を決めた産業遺産について、「植民地時代に朝鮮半島から強制徴用された者が働かされた暗い歴史がある」と反対を表明しました。

    「人類の普遍的な価値を擁するものという世界遺産の精神にそぐわない場所だ」
    韓国政府が去年から数回にわたって日本側に憂慮を伝えていました。

    「植民地時代に朝鮮半島から強制徴用された者が働かされた暗い歴史がある」などとして、推薦に反対する意向を正式に日本側に伝えました。


    韓国は、「朝鮮半島から強制徴用された者が働かされた暗い歴史がある」と反対していますが、真実は自らの意思で朝鮮から日本へ出稼ぎにきた労働者です。

    1910年に「日韓併合条約」(韓国併合ニ関スル条約)を締結しました。

    貧しさを極める朝鮮から、豊かな日本に渡ってくる朝鮮人が激増しました。

    昭和2年に日本内地に住んでいた朝鮮人は約16万5千で、昭和13年には約79万9千人に達しました。

    昭和14年に日本内地に住んでいた朝鮮人は約100万人で、昭和20年には約200万人に増加しました。

    増加した100万人のうち、70万人は自分から職を求めてきた個別渡航者と、日本で生まれた者です。

    残りの30万人も、工鉱業・土木事業などの募集に応じた者です。


    1939年に「国民徴用令」(徴用方式)は日本内地で実施され、日本国民は徴用に応じる義務がありましたが、朝鮮人は免除されていました。

    日本内地にいる朝鮮人に国民徴用令の適用を実施したのは、1944年9月から大東亜戦争終結の1945年8月までです。

    また、朝鮮への国民徴用令の適用はさしひかえ、1944年9月に朝鮮で徴用が行なわれましたが、翌年3月までのわずか7ヶ月だけでした。

    当時の朝鮮人は日本国民ですから、日本国民と、当時は日本国民だった台湾人と同じように徴用に応じる義務がありました。


    韓国人は「食料もろくに与えられずに過酷な労働をさせられた」などといいますが、これも事実ではありません。

    実際には、食糧難の時代にもかかわらず、 朝鮮人労働者には多くの食料が与えられていました。

    長野の松代大本営の建設現場でも、朝鮮人労働者への食料配給は1日あたり白米7合と、麦と、とうもろこしも配給されていたことが判明しています。

    これまで壕周辺に1か所あったとされていた慰安所は3か所もあり、4~5人の朝鮮人慰安婦がこれらの施設を回っていたことも判明しています。

    みんなの党はバブルを引起したいのか 「過酷な労働をさせられた」                  「食料もろくに与えられずに」

  • 戦争被害国の人々の感情を踏みにじった!!





               必ずしもそうと言えますか??





    中国外務省の秦剛報道官は談話を発表し、「安倍総理大臣は中国の反対を顧みず第2次世界大戦のA級戦犯が合祀されている靖国神社への参拝を強行した。中国政府は日本の指導者が中国やアジアの戦争被害国の人々の感情を踏みにじったことに強く抗議し、厳しく非難する」と述べました。


    しかし、これは必ずしも正しくありません!!


    以下を読まれれば、それがすぐわかります。


    大東亜戦争の前まで、アジア諸国は、欧米列強の植民地支配を受けていた。

    大東亜戦争で日本が英米蘭などと戦い、ようやくアジア諸国は欧米列強の植民地支配から脱することができた。

    したがって、日本国首相の靖国神社参拝が「中国やアジアの戦争被害国の人々の感情を踏みにじった」という支・那政府の主張は有り得ない。
    ━━━━━━━━━━
    【インドネシア】
    モハメッド・ナチール 元首相
    アジアの希望は植民地体制の粉砕でした。
    大東亜戦争は私たちアジア人の戦争を日本が代表して敢行したものです。

    【ビルマ(ミャンマー)】
    バ・モウ初代首相 
    歴史的に見るならば、日本ほどアジアを白人支配から離脱させることに貢献した国はない。
    真実のビルマの独立宣言は1948年の1月4日ではなく、1943年8月1日に行われたのであって、真のビルマ解放者はアトリー率いる労働党政府ではなく、東条大将と大日本帝国政府であった。

    (バ・モウ初代首相の独立宣言より)
    「…ビルマ人はアジアを結合せしめアジアを救う指導者を待望しつつありしが遂にこれを大日本帝国に発見せり。…ビルマ人はこのビルマに対する最大の貢献に対する日本への感謝を永久に記録せんことを希望するものなり…」

    テインセイン大統領
    (2012年1月、野党の安倍晋三議員がネピドーを訪れ、テインセイン大統領と会談した際に、)
    アウンサン将軍をはじめ、独立の英雄たちは日本軍から教えを受けた。
    大戦後、現地に残って独立義勇軍に合流した日本兵もいた。
    そして、今日のミャンマーがある。

    【タイ】
    ククリット・プラモード 元首相
    日本のおかげで、アジアの諸国は全て独立した。
    日本というお母さんは、難産して母体をそこなったが、生まれた子供はすくすくと育っている。
    今日、東南アジア諸国民が、アメリカやイギリスと対等に話ができるのは、一体誰のおかげであるのか。
    それは『身を殺して仁をなした』日本というお母さんがあったためである。
    12月8日は、我々にこの重大な思想を示してくれたお母さんが、一身を賭して重大決意された日である。
    さらに8月15日は、我々の大切なお母さんが、病の床に伏した日である。
    我々はこの2つの日を忘れてはならない。

    【マレーシア】
    ラジャー・ダト・ノンチック元上院議員
    私たちは、マレー半島を進撃してゆく日本軍に歓呼の声をあげました。
    敗れて逃げてゆく英軍を見た時に今まで感じたことのない興奮を覚えました。
    しかもマレーシアを占領した日本軍は日本の植民地としないで将来のそれぞれの国の独立と発展の為に、それぞれの民族の国語を普及させ青少年の教育をおこなってくれたのです。

    【インド】
    ラグ・クリシュナン元大統領
    インドは当時、イギリスの不沈戦艦を沈めるなどということは想像もできなかった。
    それを我々と同じ東洋人である日本が見事に撃沈もした。
    驚きもしたが、この快挙によって東洋人でもやれるという気持ちが起きた。


    靖国神社を参拝されるタイのプミポン国王ご夫妻  ↓ 

    みんなの党はバブルを引起したいのか 戦争被害国の人々の感情を踏みにじった!!                  必ずしもそうと言えますか

  • 総人口900万で、100万人の政治団体!! 






                 開化のためには大同団結して






                         かの国と組まなければ!!







    日韓合邦は李容九(イ・ヨング)らの一進会とよばれる政治結社が提唱していました。一進会は東学党の流れを汲んでいます。東学党は1894年の東学党の乱で知られていると思います。

     1824年、没落した両班(貴族)の家に生まれた崔済愚が、万人平等、人間尊重を説き、貧しかった農民の間に浸透していきました。しかし李朝政府は1864年に民衆を惑わす邪道として彼を処刑します。

    しかし、二世教祖は隠れて教えの拡大を行い、三世教祖たちは首都で初代教祖の無実と布教の自由を訴えたため、李朝政府は弾圧に乗り出し、1894年に東学党の乱と呼ばれる武力闘争になっています。

    そして日清戦争勃発。

     日清戦争によって清国の敗北を見た東学の指導者たちは日本へ行って朝鮮開化党の志士たちと会合を重ね、清国やロシアと組むのではなく、日本と組まなければ朝鮮開化の道はないと理解し、「進歩会」と名を変え、大同団結して「一進会」を結成し100万余を号するようになりました。(当時の朝鮮の人口は900万余)

     日露戦争のとき、一進会の指導者李容九(イ・ヨング)は日本が勝利しなければならないとの確信から日本支援に踏み切り、全力をあげて鉄道建設を支援し、京城から以北の鉄道建設に協力した一進会は15万人といわれ、日本の物資を搬送した会員は10万人以上と言われています。これは一進会の強制でも日本軍の強制でも何でもなく、自弁です。

     1905年日韓保護条約の方針が発表されると一進会は「李朝政府の外交権を日本に委任せよ」と大規模デモを行い、伊藤博文が朝鮮統監として赴任してきた日には南大門に「歓迎」の巨大な幕が張り出されます。

     ハーグ密使事件で高宗が退位し、韓国軍は皇宮護衛を残して解散すると京城で市街戦が始まり、各地で反日暴動が起こります。反日暴徒は日本軍とだけ戦ったのではありません。一進会とも戦ったのです。

     一進会は売国者ではありません。日韓合邦が韓国滅亡から逃れる唯一の道であったことを知っていたのです。

    下は、当時の大韓帝国軍 ↓

    みんなの党はバブルを引起したいのか 総人口900万で、100万人の政治団体!!                     開化のためには大

  • 経歴詐称??



       

         嘘の上塗り??





            嘘も百回つけば真実になるのだああーーー!!!





    アメリカやASEANが指摘しているように、韓国は、北朝鮮と同じ「言論統制(control of speech)」をして国民を洗脳している国家ですから、韓国人は自分の常識を疑いません。他の西側諸国は民間の歴史教科書が何百もあり、それぞれの学校で採用していますが、韓国には歴史教科書が、国定のものが一つしかありません。


    韓国が言論弾圧をしなければならない理由。

    実は一番、韓国が日本の歴史教科書に対し、執拗に、竹島よりも、改悪を求める箇所は、何だと思われますか???


    ”もともと朝鮮は独立国だった” ”それを日帝が植民地にした”=朝鮮併合 と韓国+北朝鮮は主張し、教科書にも記述しています。ここに韓国側の根本的な歴史の捏造が在ると思います。

    韓国人はソウル西郊に在る”独立門”は日帝からの独立を記念して 建てられたものだと思っている様ですが、史実は、清国から独立し、大韓帝国になった事を祝して建てられた物であり、この独立を実現させたのは当時の日本です。

    現在の韓国は 国の成立ちの定義の根本から、実は捏造してしまいました。 自国が李朝成立時以前から中国の属国であった事実を認めたくないために、 上述した”もともと朝鮮は独立国”を主張し続けています。

    ここに日韓の歴史問題のずべての原因が有るのではないか? 言ってみれば、韓国は自国の”経歴詐称”をしてしまったのです。 一度嘘をついたために、次から次えと嘘の上塗りをしている。

    日韓の様々な歴史問題に対し、この一点を韓国に突きつけることによって、 韓国側の主張は全て崩壊すると思います。このような確固とした歴史的事実に対する韓国・北朝鮮政府のご都合主義の捏造についてはいくらなんでも反日左翼の日本人連中でも フォローしきれないと思いますが。どうでしょう。

    朝鮮が中国の属国であったことを認めず、韓国が併合される前の李氏朝鮮事大をまるで「東洋の理想国家」と美化し、その平和な朝鮮を「日本が侵略」し、近代化の道を閉ざした」と捏造している限り、歴史認識で分かり合えることは永遠にないと思います。

    これが、独立門!
    2本の柱跡は、迎恩門のもの ↓

    みんなの党はバブルを引起したいのか 経歴詐称??              嘘の上塗り??              嘘も百回つけば真実

  • ロシア(ソ連)が労働力を必要とした!!





              よって、日本への帰国を認めない!!





                   北朝鮮との関係!!





                       韓国とロシアとの問題!!






                          だけど、強そうなやつには文句言えねえ――!!






    韓国人は、南樺太(サハリン)残留韓国人問題でも数々の歴史を捏造し、個人賠償請求権を主張しています。

    2012年11月、韓国の国家記録院は大東亜戦争直後に南樺太の恵須取町で、「日本軍による韓国人虐殺」の記録を追跡調査した結果、証言を確保したと明らかにしました。


    サハリン在住の韓国人らは、「1945年8月20日に叔父と叔父の弟が日本軍に殴り殺された」などと証言をしました。

    すでに1945年8月20日には、日本軍は恵須取町から撤退していたようです。


    昭和20年
    8月9日  ソ連「日ソ中立不可侵条約」一方的破棄により日本不法侵略開始
    8月15日 終戦
    8月16日 ソ連軍塔路上陸、日本軍は民間人の撤退援護の為にこれを迎撃
    8月17日 日本軍は上恵須取に後退
    8月18日 恵須取方面の日本軍はソ連軍と停戦協議するが決裂
    8月20日 交戦を回避するため日本軍は白雲峡に撤退

    仮に日本軍が恵須取町に残っていたとしても、ロシアによる不法侵略から日本国民を守りながら撤退をしていたのです。

    このような状況で、日本軍には朝鮮人を虐殺する時間的余裕もなければ、虐殺する理由もありません。

    サハリンの韓国人らの証言に信憑性はなく、ロシア軍による朝鮮人虐殺か、日本人の残した財産を奪い合った朝鮮人同士が殺し合ったのです。

    韓国政府は、戦後、南樺太に居住していた韓国人が約4万3千人だったことを考慮すると、樺太に強制連行された韓国人は最大3万人に達すると主張しています。

    反日勢力は、
    「日本が強制連行で4万3千人を無理やりサハリンに連れて行き、過酷な労働につかせた。だから日本の責任で帰国させねばならない」「日本人だけがさっさと引き揚げ、朝鮮半島出身者だけを置き去りにした」
    などと主張しています。

    民主党の仙谷由人は2010年7月7日、日韓請求権協定で消滅した個人請求権について、「法律的に正当性があると言って、それだけでいいのか、物事が済むのかという話だ」と発言しました。

    そして、「政治的判断で個人補償を行うべきだ」との考えを示唆しました。


    しかし、サハリン強制連行4万3千人という、韓国政府・反日勢力の主張は事実ではありません。

    当時の韓国は「反共」であり、ソ連と国交を持たなかったために、サハリン残留韓国人の帰国は事実上不可能でした。

    サハリンに居住していた韓国人4万3千人は、戦後にロシア(ソ連)や北朝鮮から派遣労働者として、サハリンに渡った約2万人の朝鮮族を加えた人数です。

    戦後に、北朝鮮などから渡った労働者が含まれているのですから、日本から強制動員された韓国人3~4万人も韓国による捏造です。

    ■結論

    サハリン朝鮮人強制連行4万3千人はウソ!

    ・自由意志の朝鮮人従事者約2万人
    ・戦後に従事した朝鮮族約2万人
    ・朝鮮での徴用は1944年9月から翌年3月までのわずか7ヶ月、この時期に樺太徴用は不可能に近い(徴用は国民の義務)

    そもそも、サハリン残留韓国人問題は、ロシア(ソ連)が労働力を必要とした方針や北朝鮮との関係など、韓国とロシアとの問題で、日本に関係はありません。

    今も残るえすとる駅の標識  ↓

    みんなの党はバブルを引起したいのか ロシア(ソ連)が労働力を必要とした!!                よって、日本への帰国を認めない

  • 圧力をかけろ!!




     

         どうせ、田舎自治体なんてひとたまりもないだろう!!






               内政干渉??







                  そんなこと知るけえーー!!






    【重要】『「新しい歴史教科書」採択しないで』 韓国市民グループ、今治市教委に要望

     愛媛県今治市では扶桑社発行の「新しい歴史教科書」っを採用していますが、今年に予定されている教科書採択に合わせて韓国人団体が今治市教育委員会に「新しい歴史教科書」の不採択を要望しました。

     この韓国人団体は、韓国が教える歴史教育を真に受けて本気で「武力で強制併合された!」とか「日帝が全てを奪いつくし朝鮮半島は悲惨を極める状態だった!」なんて信じているのか、もしくは日本への併合後の政策で朝鮮半島がどれだけ発展したかを知りつつもイチャモンつけてきているのか。

     どちらにせよ教育は国家の重要事項。教科書採択に外国人の意図が入り込むことなど許されません。この韓国人団体はこのような内政干渉にあたる要望は即刻取り下げるべきだし、今治市教育委員会は影響されてはいけません。

     おそらく裏ではこのような団体による教科書採択への圧力が強烈にかけられていることでしょう。戦後の自虐史観や中国朝鮮の捏造の歴史から一刻も早く脱却するためにも、前回の教科書採択で扶桑社の「新しい歴史教科書」を採択した今治市教育委員会に今回も期待します。

     ささやかですが、今治市教育委員会に圧力に屈せぬよう激励のメールを送信しました。愛媛県民の皆様、それ以外の方も今治市教委員会を応援してください!

    今治市役所 教育委員会 教育委員会事務局 総務課
     〒794-8511 愛媛県今治市別宮町一丁目4-1
     TEL(0898)36-1611(直通)  FAX(0898)25-1700
     Eメール kyouikus@imabari-city.jp

    今年中に予定されている中学校教科書の採択を前に、扶桑社発行の「新しい歴史教科書」を使っている今治市教委に対し、韓国の市民グループ「アジアの平和と歴史教育連帯」の梁美康(やんみがん)・共同運営委員長が市教委を訪れ、「新しい歴史教科書」を続けて採択しないよう、要望した。
     同グループは、韓国の64市民団体で構成。「韓国を強制で併合したことも正当化し、アジアとの真の友人関係をはぐくむことに反する」と主張している。
    http://mainichi.jp/area/ehime/news/20110406ddlk38040658000c.html

    こいつが、韓国の市民グループ「アジアの平和と歴史教育連帯」の崔国際部長 ↓

    みんなの党はバブルを引起したいのか 圧力をかけろ!!             どうせ、田舎自治体なんてひとたまりもないだろう!!

  • 土地収奪だ!!          




    言語収奪だ!!





                   史実はもういい!!





            問題は、“植民地史観“か”民族史観“かである!!




                大事なのは、史実ではなく史観に基づく歴史認識だ!!!



    統監府は、1909年(明治42年)に戸籍制度を朝鮮に導入し、李氏朝鮮時代から人間とは見なされず姓を持つことを許可しなかった肉屋のような民にも姓を自称させました。李氏朝鮮時代は戸籍に身分を記載していたのですが、統監府はこれを削除しました。このため身分が平等になり、肉屋の子供たちも学校に通うことができるようになったのであります。身分解放に反発する両班は激しい抗議デモを行いましたが、政府によって鎮圧されました。

    朝鮮総督府は1910年(明治43年)から1919年(大正8年)の間に土地調査事業に基づき測量を行ない、土地の所有権を確定しました。この際に申告された土地は、境界問題が発生しないかぎり地主の申告通りに所有権が認められました。

    申告がなされなかった土地や、国有地と認定された土地(所有権が判明しない山林)は、国有化され入会権を認める方法が採られました。これには、最貧層の火田民対策も含まれています。そのほか隠田などの所有者不明の土地、旧朝鮮王朝の土地などは、最終的に朝鮮総督府に接収され、朝鮮の農民に安値で払い下げられ、一部は東洋拓殖や日本人農業者にも払い下げられました。

    ソウル大学教授李栄薫によると朝鮮総督府に接収された土地は全体の10%ほどとしています。山本有造によれば総督府が最終的に接収した農地は全耕作地の3.26%であると。この大規模な土地調査事業は戦後おこなわれた精密測量による地籍調査のようなものではなく、あくまで権利関係を確定させるためのものでしたが、多くの境界問題や入会権問題を生み、現代に続く逆恨み的「日帝による土地収奪」論を招いています。

    総督府による測量および登記制度の導入を機に朝鮮では不動産の売買が法的に安定し、前近代的でゆるやかな土地所有を否定された旧来の零細自作農民が小作農に零落し、小作料高騰から大量に離村した者もいますが、一方で李王朝時代の朝鮮は農地が荒廃しており、民衆は官吏や両班、高利貸によって責めたてられて収奪されていたため、日本が朝鮮の農地で水防工事や水利工事、金融組合や水利組合もつくったことで、朝鮮農民は安い金利で融資を受けることができるようになり、多大な利益を得るようになった朝鮮人も現れ、これらの新興資本家の多くは総督府と良好な関係を保ち発展しました。

    日本統治下においては、日本内地に準じた学校教育制度が整備されました。初代統監に就任した伊藤博文は、学校建設を改革の最優先課題としました。小学校も統合直前には100校程度だったのが、1943年(昭和18年)には4271校にまで増加したのであります。この学校建設に、日本政府は、膨大な国家予算=日本国民の血税を、朝鮮半島に注ぎ込んだのであります。

    1911年(明治44年)、朝鮮総督府は第一次教育令を公布し、朝鮮語を必修科目としてハングルを学ぶことになり、朝鮮人の識字率は1910年(明治43年)の10%から1936年(昭和11年)には65%に、飛躍的に上昇しました。学校教育における教授言語が日本語であったことをもって、「言葉を奪った」という評価がなされることがありますが、これに対しては、朝鮮語が科目として導入されたこと、朝鮮語による文化活動が許容されていたことをもって、言葉が奪われたとはいえないという反論もあります。

    また、ハングルは併合以前は漢字と比べて劣等文字として軽蔑されており、あまり普及していなかったというのも事実であります。今日、朝鮮半島は、北も南も、漢字をほとんど追放し、ハングル文字が溢れかえっています。これは、実に、日本の教育の成果である、と言っても過言ではないかと。

    独立後の韓国の歴史学者は、大日本帝国による統治を正当化する日本側の歴史研究を「植民地史観」と呼び、これを強く批判することから出発しました。「植民地史観」に対抗して登場したのは民族史観であり、その後の歴史研究の柱となったのであります。また、韓国国内で韓国併合を肯定的に評価するなど、「民族史観」と矛盾する内容を発言すると、親日派として痛烈な批判をしばしば受け、社会的制裁を受ける事例もしょっちゅうあります。

    そうした韓国の言論の状況について、国際新聞編集者協会は韓国を「言論弾圧国」として批判しており、2002年にはロシア、ベネズエラ、スリランカ、ジンバブエとともに「言論監視対象国」に指定したのであります。この事実を、ほとんどの日本人が知りません。

    みんなの党はバブルを引起したいのか 土地収奪だ!!               言語収奪だ!!                     

  • 関西の慰安婦問題組織の代表は、反国家団体メンバー??





             といっても、それは韓国の反国家団体!!





    日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワークは、日本軍の慰安婦問題を解決するためとして結成された団体。日本政府に謝罪を要求する運動を行っている。
    • 2008年 - 結成

    共同代表は
    • 方清子(パンチョンジャ) - 在日韓国民主女性会大阪本部事務局長、軍事基地と女性ネットワーク運営委員

    • 西村寿美子 - 軍事基地と女性ネットワーク運営委員

    • 奥田和弘 - 聖和大学名誉教授、前社民党京都府連合幹事長、前日本キリスト教教育学会会長

    • 田中ひろみ - 劇団水曜日、朝鮮学校を支える宝塚市民の会

    • 韓国挺身隊問題対策協議会と共同で、慰安婦を定期的に招待し講演などを行っている。

    • 慰安婦であった金福童を招いて2012年9月23日に抗議集会を行った。この際に在日特権を許さない市民の会とのあいだでトラブルが発生した。その後、在日特権を許さない市民の会側の被害届により、共同代表宅数軒に大阪府警察公安三課(過激派担当)による家宅捜索が行われた。

    • 共同代表の一人方清子は、韓国政府が北朝鮮に内通する反国家団体と認定した在日韓国民主統一連合の下部組織、在日韓国民主女性会のメンバーでもある。そのため、韓国籍を持つ在日韓国人であるにも関わらず、韓国への入国を禁止されている。

    • 元慰安婦の金福童(87)と吉元玉(84)は、橋下徹大阪市長の慰安婦強制連行はなかったとの発言に抗議するため、同ネットワークを通じて面会を要請し、2013年5月24日午前11時から市役所で面会する予定になっていた。ところが、直前の当日の朝になって急に、慰安婦側から面会を拒否した。元慰安婦側は「橋下氏の発言に傷つき、会いたくなくなった」とし、「謝罪パフォーマンスを拒否する。市長に会う価値も理由もない」とするメッセージを公表した。

    • 市役所には取材のため海外の報道機関も多数駆けつけていた。市側は、関係機関との調整や、通訳の用意、会場の準備などを進めていたが、面会のわずか3時間前のドタキャンに戸惑いや不快感が広がった。支援団体側は、「面会の準備を進めていた市職員の手間や気持ちは、それが業務なのだから考えなくていいと思う」と話した。

    • 支援団体は記者会見で、「市長は慰安婦に跪いて謝るという謝罪パフォーマンス、一過性のマスコミ操作を準備している」と批判したが、その情報源は、文書のコメントでは「日本の記者」、会見では「韓国メディア」としている。違いについて質問されると「発表内容はそれぞれで準備したので分からない」としている。

    • 記者会見で、方清子「日本軍『慰安婦』問題・関西ネットワーク」共同代表は、「橋下市長が仮に面会で謝罪したとしても、本心からではないのは明らかだ」と主張した。同行してきた尹美香(ユンミヒャン)「韓国挺身隊問題対策協議会」共同代表は「橋下市長が発言を変えると期待していた」としている。

    これがいわくつきの女、方清子 ↓

    みんなの党はバブルを引起したいのか 関西の慰安婦問題組織の代表は、反国家団体メンバー??               といっても、それは

  • 文句あっかああーー??






                  われわれは、戦勝国民なんだぞおおーー!!






    ソウルからノボセヨ!!







                 のぼせ上がりは、もう毎日です!!






    2013年07月04日11:30
    「日本は領土を中韓に割譲する事で国際社会の信頼を勝ち取れ」 韓国人が九州地方の割譲を公然と要求
    4拍手
    1:蚯蚓φ ★:2013/07/03(水) 22:22:48.86 ID:???



    ▲イ・ハンス国際部記者

    日本が隣国の信頼を得る方法が三種類ある。これを通じて日本は'戦犯国'の汚名を脱いで今後の東アジア秩序を主導する道徳的名分と政治的地位を固めることができる。

    最も強力な方法は現在の日本領土の一部を戦争犯罪の代価として過去に被害を受けた国家に割譲すると宣言することだ。話にもならないというだろうが、同じ敗戦国家のドイツはそのようにした。ドイツは敗戦後、東部オーデル川とナイセ川を基準とするオーデル・ナイセ線は東側地域の領土11万平方キロを被害国ポーランドに割譲した。日本の九州・四国・沖縄を合わせたより2倍以上大きな土地だ。

    九州の面積の70%に該当するアルザス・ローレン地方は全てフランス領土になった。同地域の住民の大部分はドイツ語系のアルザス語を使うが戦後、今までフランス人として生きている。

    こういう事実は日本政府もよく知っている。日本外務省国際情報局長だった孫崎亨、防衛大教授は著書「日本の領土紛争」で「アルザス・ローレンを九州に変えて話せば、日本国籍として生きてきた九州の人々が中国人や韓国人に国籍が変わって日本語の代わりに中国語や韓国語を使うことになっただろう」と言った。

    彼は「第二次大戦後、領土相当部分を喪失したドイツは新しい進路を探した。ヨーロッパ聨合という組織の中心になることを選択し、今日、ドイツはヨーロッパ聨合で最も影響力が大きな国になった。その影響力は国土を越える」と言った。日本もドイツの道に従えば、国土を越えて東アジア共同体の中心国家に背伸びすることができる。

    あえて土地を渡さなくても良い方法がある。毎年8月15日、同じ象徴的な日に被害国国民に繰り返し謝罪することだ。ドイツは今もそのようにしている。万一、日本の総理以上の責任者が日帝虐殺現場の韓国の堤岩里(チェアムリ)、中国南京などを訪れて許しを請うならば被害国民の'沈殿物'は一時に雪が解けるように無くなるだろう。

    ウイリー・ブラント、ドイツ総理ひとりが1970年ポーランド、ワルシャワを訪れてナチ犠牲者慰霊塔の前でひざまずき謝罪することによって残りのドイツ国民は堂々と立ち上がることができた。

    もっとやさしい方法もある。ただ静かにしているだけでもかまわない。「侵略の定義は決まっていない」とか「慰安婦強制動員の証拠はない」とかする妄言を日常的に行わず、A級戦犯が合祀された靖国神社に参拝しないだけでも被害国の国民は日本と未来を話す準備ができている。

    ソース:朝鮮日報(韓国語) [記者の見解]日本が'正常国家'なろうとするなら
    http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2013/07/02/2013070203302.html

    みんなの党はバブルを引起したいのか 文句あっかああーー??                     われわれは、戦勝国民なんだぞおおーー

  • 触れてはならない理由があるのかああーー??






          これは民族差別ではなく、犯罪者差別だああーー!!





    朝鮮半島を朝鮮を近代化させて、恩あるはずの我ら先人の日本人を集団で襲って、強姦強盗不動産窃盗と悪の限りを尽したのを皆忘れてしまったのか。
    多くの日本人は、朝鮮人に襲われ、無念にも命を落とし、帰れなかった人は数知れない。
    このことを誰も伝えようとしないが、事実は決して消える物ではない。

    朝鮮人の日本人に対する犯罪は、触れては成らない理由があるのか不思議な日本人達だ。


    朝鮮人はやりたい放題で、駅前の一等地は朝鮮人に襲撃され占領された。
    もちろん、そこに住んでいた日本人女性は容赦なく強姦され追放されたのです。

    当然、日本人は朝鮮人を強く憎むようになった。
    そのため、在日朝鮮人は日本名を名乗るようになった。
    朝鮮名を名乗ることは自分が犯罪者だと宣言しているようなものだったからだ。

    その後、朝鮮人達は共産主義者と組み、マスコミを使って歴史の捏造を始めた。
    「強制連行されて来た」
    「土地を奪われて仕方なく来た」等など。

    そして強姦・殺人犯罪を謝罪するどころか、土地を占拠し続けながら、
    「俺たちは何も悪いことをしていないのに差別される」
    「不当な差別を受けている」などと宣伝し始めた。
    朝鮮進駐軍」を知らない若い世代の日本人たちは在日に対して、罪悪感を持つようになった。

    そして在日たちは日本人から奪い取った一等地で商売を始めた。
    それがパチンコである。
    今でもパチ/ンコ業/界の8割が在日が経営者である。
    パチンコ業界は今や30兆円産業と言われている。
    なんとあの日本が誇る自動車産業より上なのだ。

    だが自動車産業とは違いこのパチ/ンコ業界は、日本が誇るどころか日本が恥ずべき業界なのだ。
    なぜならパチンコ業界は経営者の脱税と、北朝鮮への不正送金・犯罪の温床など日本人にとって極めて不利益になる事ばかりをしている。

    日本の政治家や警察にもパチンコの金が流れている。
    だから「パチンコ・パチスロはギャンブルではない娯楽だ。」
    などという、馬鹿げた論理がまかり通っているのだ。

    しかし祖母や曾祖母が朝鮮人に強姦された場所で、今の奴らはパチンコやスロットを打つとは・・・・・。
    これは「日本人」以前に「人間」として恥ずべき行為ではないのか?

    在日朝鮮人が経営するパチンコ屋が駅前に多いのではなくて、パチンコ関係の会社の経営者は在日朝鮮人が殆どです。
    そしてその他の風俗店、焼肉屋などにも多いです。

    なぜ強制的に連れて来られたと騙っている彼らが、差別が酷かったと騙りながらも、今のように駅前で莫大な富を生み出す違法な賭博場を開けるまでになったのでしょうか…。

    当時、自分達を三国人と称して、自分達には治外法権が認められていると勘違いし、日本の闇市を席巻していたのは朝鮮半島出身者達でした。
    彼らは「在日朝鮮人連盟」という自治団体を結成し、その組織の力をバックにやりたい事をやりまくりました。

    警察署でさえ武器を手に持ち押し入って、留置所から仲間を連れ出すことさえやってのけました。悲しい事にこの勢力に対抗できるのはヤクザしかいませんでした。

    この事を、今のマスコミも教科書も伝えませんが、こんな酷い話を載せる事を編集者は怖がります。それが元で憎悪が広がりかねませんから。
    そしてマスコミも教科書もこの事を書けないのは、常に朝鮮系の圧力団体(朝鮮総聯や韓国民潭)や政治的な圧力団体からの圧力があるからです。

    教科書などはいつも圧力団体の抗議にさらされていますね。
    こういった事実を書くと、必ず「それは民族差別である」という方が居られます。

    しかし、在った事を書けば差別で、見て見ぬ振りをすれば差別ではないのでしょうか?
    これは民族差別ではなく、犯罪者差別です。

    日本人には民族という概念は薄く、犯罪者を嫌う、という感覚が有ると思います。
    むしろ民族、民族と口やかましいのは外国人であったりします。


    こんなバカでかいスパナがあるのか?? ↓

    みんなの党はバブルを引起したいのか 触れてはならない理由があるのかああーー??             これは民族差別ではなく、犯罪者差

  • 土地収奪だ!!          




    言語収奪だ!!





                   史実はもういい!!





            問題は、“植民地史観“か”民族史観“かである!!




                大事なのは、史実ではなく史観に基づく歴史認識だ!!!



    統監府は、1909年(明治42年)に戸籍制度を朝鮮に導入し、李氏朝鮮時代から人間とは見なされず姓を持つことを許可しなかった肉屋のような民にも姓を自称させました。李氏朝鮮時代は戸籍に身分を記載していたのですが、統監府はこれを削除しました。このため身分が平等になり、肉屋の子供たちも学校に通うことができるようになったのであります。身分解放に反発する両班は激しい抗議デモを行いましたが、政府によって鎮圧されました。

    朝鮮総督府は1910年(明治43年)から1919年(大正8年)の間に土地調査事業に基づき測量を行ない、土地の所有権を確定しました。この際に申告された土地は、境界問題が発生しないかぎり地主の申告通りに所有権が認められました。

    申告がなされなかった土地や、国有地と認定された土地(所有権が判明しない山林)は、国有化され入会権を認める方法が採られました。これには、最貧層の火田民対策も含まれています。そのほか隠田などの所有者不明の土地、旧朝鮮王朝の土地などは、最終的に朝鮮総督府に接収され、朝鮮の農民に安値で払い下げられ、一部は東洋拓殖や日本人農業者にも払い下げられました。

    ソウル大学教授李栄薫によると朝鮮総督府に接収された土地は全体の10%ほどとしています。山本有造によれば総督府が最終的に接収した農地は全耕作地の3.26%であると。この大規模な土地調査事業は戦後おこなわれた精密測量による地籍調査のようなものではなく、あくまで権利関係を確定させるためのものでしたが、多くの境界問題や入会権問題を生み、現代に続く逆恨み的「日帝による土地収奪」論を招いています。

    総督府による測量および登記制度の導入を機に朝鮮では不動産の売買が法的に安定し、前近代的でゆるやかな土地所有を否定された旧来の零細自作農民が小作農に零落し、小作料高騰から大量に離村した者もいますが、一方で李王朝時代の朝鮮は農地が荒廃しており、民衆は官吏や両班、高利貸によって責めたてられて収奪されていたため、日本が朝鮮の農地で水防工事や水利工事、金融組合や水利組合もつくったことで、朝鮮農民は安い金利で融資を受けることができるようになり、多大な利益を得るようになった朝鮮人も現れ、これらの新興資本家の多くは総督府と良好な関係を保ち発展しました。

    日本統治下においては、日本内地に準じた学校教育制度が整備されました。初代統監に就任した伊藤博文は、学校建設を改革の最優先課題としました。小学校も統合直前には100校程度だったのが、1943年(昭和18年)には4271校にまで増加したのであります。この学校建設に、日本政府は、膨大な国家予算=日本国民の血税を、朝鮮半島に注ぎ込んだのであります。

    1911年(明治44年)、朝鮮総督府は第一次教育令を公布し、朝鮮語を必修科目としてハングルを学ぶことになり、朝鮮人の識字率は1910年(明治43年)の10%から1936年(昭和11年)には65%に、飛躍的に上昇しました。学校教育における教授言語が日本語であったことをもって、「言葉を奪った」という評価がなされることがありますが、これに対しては、朝鮮語が科目として導入されたこと、朝鮮語による文化活動が許容されていたことをもって、言葉が奪われたとはいえないという反論もあります。

    また、ハングルは併合以前は漢字と比べて劣等文字として軽蔑されており、あまり普及していなかったというのも事実であります。今日、朝鮮半島は、北も南も、漢字をほとんど追放し、ハングル文字が溢れかえっています。これは、実に、日本の教育の成果である、と言っても過言ではないかと。

    独立後の韓国の歴史学者は、大日本帝国による統治を正当化する日本側の歴史研究を「植民地史観」と呼び、これを強く批判することから出発しました。「植民地史観」に対抗して登場したのは民族史観であり、その後の歴史研究の柱となったのであります。また、韓国国内で韓国併合を肯定的に評価するなど、「民族史観」と矛盾する内容を発言すると、親日派として痛烈な批判をしばしば受け、社会的制裁を受ける事例もしょっちゅうあります。

    そうした韓国の言論の状況について、国際新聞編集者協会は韓国を「言論弾圧国」として批判しており、2002年にはロシア、ベネズエラ、スリランカ、ジンバブエとともに「言論監視対象国」に指定したのであります。この事実を、ほとんどの日本人が知りません。

  • 歴史認識の鎖国化を嘆く!!





               チンイルパ=親日派のレッテルを貼られても・・・





                         なおも、史実を弁ず!!





    1990年代から2000年代にかけて、「民族史観」を誇張が多いとして批判したり、「民族史観」とは異なる見解が韓国内からも提示されるようになっています。

    金完燮(キム・ワンソプ、1963年 - )韓国人評論家・作家・教育家・言論人。光州生まれ。サレジオ高校-ソウル大学中退。光州事件の市民軍に参加した、熱烈な韓国民主化運動の闘士。韓国が民主化されて後、オーストラリアに移住するが、そこで劇的に対日観が変わった!!!

    金完燮は、当時の朝鮮は腐敗した李朝の統治により混乱の極みにあった非常に貧しい国であり、日本が野望を持って進出するような富も文化もなかった、としています。彼によれば近代日本の歩みは列強、特に当時極東へ進出しつつあったロシアとの長きにわたる戦いであり、日清戦争から日露戦争そして韓国併合に至る一連の出来事は全て日本の独立を守るための行為であった、と。

    当初日本は、福沢諭吉の門下生の金・玉均を始めとする日本で文明に触れた朝鮮人を通して、朝鮮が清から独立し近代国家となって日本にとっての同盟国となることを望んでいた。しかしながら朝鮮人自身の手で朝鮮を改革しようとする試みは頓挫し、福沢諭吉が脱亜論を著したように方針を転換。日本自らの手で清、そしてロシアから朝鮮半島を守り、朝鮮を近代化する道を選んだ、と。

    その後日本は朝鮮を「日本化」することによって教養ある日本人を増大させることによる国力の増加を目指し、積極的にインフラへ投資した。朝鮮が自分たちで独立を保ち、近代化を成し遂げることが出来れば併合されることもなかったであろうし、日本によるこれらの植民地政策がなければ近代化することもなかったであろう、として韓国における歴史教育を批判しています。

    これらの言動・著作から彼は親日派とされ、苛烈な弾圧を受け、ほぼ、社会的に抹殺状態であります。

  • <<
  • 177 153
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン