ここから本文です
  • 1

    *****

    何であんなに態度がでかいの?

  • <<
  • 190 162
  • >>
  • 進次郎は小池知事に対して「衆院選に出てこい。」と発言している。お前のレベルで小池先輩に対して意見をいうのは100年早い。調子にのるなよ進次郎。

  • >>183

    戦争は 人間を畜生以下にする。

    即ち殺人=戦争=人殺し合い。 に道徳はあり得ない。


  • あなたは、本当に、真実を直視する勇気を、お持ちですか??




    「誰に対しても償う必要はない。あれは戦争だった」




    暴かれた英雄たち!!



                  どす黒い血で汚された闇の歴史のページを垣間見る



    ベトナム戦争が終わり、南北ベトナムが統一して既に四半世紀が通ぎた。そして韓国ではここ数年、あの戦争をめぐり長らくタブーとされてきた過去について、かつてない議論が進められている。その過去とは、ベトナム戦争に参戦した韓国軍によるベトナム民間人の虐殺問題だ。

    最初にタブーを破ったのは、韓国のハンギョレ新聞社が発行する週刊誌『ハンギョレ21』だった。同誌は99年、韓国軍がベトナム戦当時に起こした虐殺事件について記事を掲載したのだ(5月6日号)。

    以下、その部分を略して引用すると「大部分が女性や老人、子供たちである住民を一か所に集め、機関銃を乱射。子供の頭を割ったり首をはね、脚を切ったりして火に放り込む。女性を強姦してから殺害。妊産婦の腹を、胎児が破れ出るまで軍靴で踏み潰す。トンネルに追い詰めた村人を毒ガスで殺す等々」だ。

    日本の戦争責任を追及してきた韓国の人々にとって、自国軍も虐殺をしていたのだという告発は、苦いものであったに違いない。

    タブーであった虐殺事件についてのこれらの報道に対し、韓国国内では激しい反撃が起きた。同年6月27日には、ベトナム戦に従軍した退役軍人ら2000人余りがハンギョレ新聞社に乱入しコンピュータなどを破壊した。彼らは、国のために闘った戦友を冒涜されたと激しく抗議したのだ。

    ベトナム戦争当時、韓国軍総司令官だった蔡命新は、先の『ニューズウィーク』でのインタビューで「誰に対しても償う必要はない。あれは戦争だった」と明言している。

    小泉進次郎さんって  あなたは、本当に、真実を直視する勇気を、お持ちですか??      「誰に対しても償う必要はない。

  • こんな馬鹿馬鹿しいスレッドがあった事に驚きです、小泉進次郎は知ってますが、謙虚で努力家です、純一郎を嫌いで息子だからそのように思っている人がほとんどです、態度がデカイと思う根拠は何かな

  • ◆史実を世界に発信する会

    史実を世界に発信する会(代表=加瀬英明氏、外交評論家)。
    同会は、欧米諸国で流布されている反日プロパガンダに英文で反駁するため、近現代史に関する有用な日本語文献を英訳し、これをWeb上で無料で公開することを目的に五年前に発足。

    ①1951年5月3日、最高責任者であったマッカーサー元帥は、上院軍事外交委員会において、「彼らが戦争に飛び込んで行った動機は、大部分が安全保障の必要性に迫られてのことだった」と証言、日本の真珠湾攻撃は正当な「自衛権」の行使であることを認めた。

    ②経済封鎖は戦争行為であることはパリ不戦条約作成者の一人であるケロッグ国務長官が上院軍事外交委員会で明確に認めていた(何と真珠湾攻撃の丁度13年前の12月7日)。

    ③陸海軍合同委員会でまとめた日本本土爆撃計画JB355が大統領に提出されたのは、真珠湾攻撃の5か月前の7月18日。ルーズベルトはこの日本攻撃計画にOKのサインを7月23日にしている。

    代表委員:加瀬英明
    委員:茂木弘道(兼事務局長)、兵頭二十八、高道周吾、西大路達樹、藤田裕行、佐藤忠士、藤井厳喜、菊地正
    監事:黒木悟

    ◆「真珠湾攻撃」の5か月前 米が日本爆撃計画 「大統領も承認」/ABCテレビ

    ★米・ABCテレビが「米の責任」論評

    【ニューヨーク二十二日=藤本直道】米ABCテレビは二十二日夜の報道番組「20/20」で、日本軍の真珠湾攻撃の五か月も前にフランクリン・ルーズベルト米大統領は、中国本土から日本への長距離爆撃計画を承認していたと伝え、同大統領は日本を意図的に開戦へ追い込んだと論評した。真珠湾五十周年を前に日本の奇襲を改めて強調する報道が多い中で、米国の開戦責任を米国側からまじめに論じたものとして異色の番組。

    米政府は日本の弾薬工場や重要な産業施設を爆撃するため、長距離爆撃機六十六機を供与するほか、数百万ドルにのぼる経費や兵員も負担することを承認していたが、これは当時の米国の中立法に反するという。

    日本への先向爆撃計画「JB-355」を承認したルーズベルト大続領のサイン入り文書。「1941年7月23日。了解―ただし、軍事使節団方式を採るか、アタッシェ方式を採るかについては再検討されたし。FDR」
    『「幻」の日本爆撃計画』(アラン・アームストロング著、塩谷紘訳)(日本経済新聞社)↓

    小泉進次郎さんって ◆史実を世界に発信する会   史実を世界に発信する会(代表=加瀬英明氏、外交評論家)。  同会は、欧

  • 守るべきもの、誇るべきものを持たぬ民族は不幸ですね!


    在日韓国朝鮮人移民は朝鮮半島にある母国のために働くべきでは?


    私はもともと「移民は母国で暮らすのが一番幸せでは?」と考えている
    のですが、以下のような主張を公言する連中を見るたびに「だったら今
    すぐ母国に帰りなさいよ!」と言いたくなります。 あなたはどう思い
    ますか?  
      
      
    辛淑玉 @shinsugok ・
    民主党細野さんが言う、「朝鮮半島有事」のとき、在日はどうなるのかなぁ。
    きっと敵国人として、韓国籍でも、朝鮮でも、日本国籍を取得したものでも、
    一山いくらなんだろうなぁ。この社会で殺されない保証が見えない。有事に
    対するリアリティがいかに、政治家にないのかがよくわかるわ。
     
      
          
       
    「朝鮮半島有事」のときって、在日韓国朝鮮人にとっては、まさに「祖国
    が戦争状態になる」ことですよね。ところがこの人物の発言からは「韓国
    を守りたい」とか「北朝鮮の力になりたい」とかではなく、「この社会
    (日本)で殺されない保証が見えない」という自己の安全しか出てきませ
    ん。これが在日韓国朝鮮人の標準的な思考とすれば、本当に恥ずかしい連
    中ですね。


    人間はどこの土地でも生きられるとしても、やはりその場所が、先祖たち
    が切り開き開拓し、長く暮らしてきた場所を引き続き守っていきたいとい
    う思いは強いと思うんです。

    ですから、日本人の多くは「わが命」よりも、他者や国土を守ることを優
    先するのではないでしょうか?人は必ず死にます。ならばその人生をどう
    生きるかという思いが日本人の心の中に常にあると思うんです。

    もし「日本有事」の際には、ほとんどの日本国民は戦うと私は思っています。
      
       
        
    在日韓国朝鮮人移民の母国は朝鮮半島にあります。彼らをこれ以上日本に寄
    生させておくことは、彼らの精神を今以上に卑しくさせてしまわないでしょ
    うか? 私は彼らを朝鮮半島に返すべきだと思っています。朝鮮人の「母国」
    は朝鮮半島にあるのですから・・・。

    こういう人物が在日社会を代表しているとしたら・・・異常ですね。辛淑玉 ↓
    こういう寄生虫のような生活が在日の精神を破壊する。

    小泉進次郎さんって 守るべきもの、誇るべきものを持たぬ民族は不幸ですね!     在日韓国朝鮮人移民は朝鮮半島にある母国

  • 「在日朝鮮人の大半は戦時中に日本政府がおこなった強制連行の結果」とする主張があるが、1959年に日本政府が発表し、2010年にも再確認された資料によれば、当時の在日朝鮮人総数61万人のうち徴用労務者はたった245人で、日本に居住している者は「犯罪者を除き、自由意思によって残留したものである」としている。

    また、2005年の日韓基本条約関係文書公開に伴う韓国政府に対する補償申請者は、2006年3月の時点で総受理数21万件のうち在日韓国人からは39人に留まっている。

    1965年12月18日、韓国政府は在日韓国人の苦労の原因は本国政府の責任となる他ありませんので、これからは最大限に生活を保護し、朝鮮総連に加担したものも本国政府保護下に戻ることを希望し、分別なく故国をすてて日本に密入国しようとしたものについても韓国民として是非を問わないとすることを表明している。

    民団統計によると、日本国籍を取得した韓国・朝鮮人の2009年3月末までの累計は296,168人となっている。
    (Wikipedia)

    ☆終戦直後の1945年8月24日、朝鮮人帰還者を乗せ釜山港へと向かった浮島丸が、連合国軍司令部の航行禁止命令により、舞鶴港への入港中、触雷・沈没して乗員約5000名のうち約550人が死亡する浮島丸事件などの事故があった。

    朝鮮人の引揚に関しては、GHQと日本政府は引揚希望者を全員帰国させる方針であり、船便による具体的な送出人数に関してもGHQが指示を出している。また、日本国内(内地)の輸送に関しても具体的な指示が出ている。

    その後、在日韓国・朝鮮人は戦勝国民でも敗戦国民でもない「第三国人」としてみなされるようになった。

    GHQの計画に従い、大部分の人々が終戦後故郷へ帰る選択肢はあったものの、約4分の1が戦後も日本に定住するに至ったことは、後に日本人と在日韓国・朝鮮人双方から「棄民政策」として批判された。従って本国に帰らなかった在日は、すべて本人の意思により日本に住みついた者である。

    小泉進次郎さんって 「在日朝鮮人の大半は戦時中に日本政府がおこなった強制連行の結果」とする主張があるが、1959年に日本

  • ウソの歴史が利権を生む!!






              なぜならば、被害者はビジネスの対象になるから!!






          在日であるという身分を、自分の人生に活用することが大流行!!





    戦後、朝鮮人、台湾人はGHQにより三国人と位置づけされ、それぞれ内地から朝鮮半島、台湾へ戻す政策がとられましたが、内地に居残った朝鮮人がいました。

    彼らの中から「朝鮮進駐軍」と称して横暴の限りを尽くす集団が現れました。「直江津駅リンチ殺人事件」が代表的なもので、闇米のブローカーの朝鮮人2,3人が窓を叩き割って列車に乗り込もうとしたところ、日本人乗客に阻止され、やむを得ずデッキにぶらさがって次の駅に到着したのち、進入を防いだ先ほどの日本人を鉄パイプやスコップで滅多打ちにして撲殺した事件があります。

    警察の記録によるとこの当時在日朝鮮人によって起された事件は、昭和20年に182件、昭和21年に5,336件、昭和22年に5,681件となっています。

     昭和26年(1951年)に人類学者の泉靖一氏が東京都民を対象に行った「異民族」に対する態度調査によると、朝鮮人はもっとも好感度の低い集団とされ、「不潔」「文化が低い」「ずるい」「経済的にためにならぬ」「日本をばかにする」「日本のためにならぬ」「日本をうらんでいる」「みにくい」「腹黒い」「無礼」といった否定のオンパレードでした。朝鮮人といえば無法者集団という印象を日本人が持っていたわけです。

    ところが現在はその朝鮮人が「被害者」のイメージになっています。私が子供のころも「差別があった」「”朝鮮人”と言ってはならない」と教えられました。なぜこのようなことになっているのでしょう。

    首都大学東京教授の鄭大均(てい たいきん/チョン・ テギュン)氏は以下のように推察しています。

    「60年代に半ばに刊行された一冊の本に触れるだけにしたい。朴慶植著『朝鮮人強制連行の記録』(未来社、1965年)がそれである。
     <中略>
     
    この本は刊行されるや、あるタイプの日本人たちには啓示を与える書となったようである。日本国の加害者性侵略者性というアイデンティティを重視するタイプの日本人がそれで、以後自分の生活地である故郷に朝鮮人強制連行の痕跡をたどろうとする活動が全国的に展開され、多くの刊行物が出版されている」

    氏はそれでもこの頃は関心を寄せる人間は少人数だったといい、状況が変わったのは80年代だと述べています。

    「80年代は、日韓の間に教科書問題という外交問題が生じた時期であるとともに、在日コリアンにたいする指紋押捺制度がマスメディアに取り上げられた時期であり、またソウルオリンピックの開催を機に、韓国ブームが引き起こされた時期である。

    80年代は、戦後の日本において、韓国や在日のテーマが大手のテレビや新聞・雑誌で話題になったはじめての機会であり、その解説者の役割を担ったのはコリア学の専門家たちであるが、その多くは被害者論的在日論を自明のものとする人々であった。

    在日一世の大部分は、自発的に当時の内地である日本に渡航してきた人々であり、また日本に居残ることを選択した人々である。だから、戦時期の朝鮮人に対する労務動員を『強制連行』と表現し、それを在日コリアンに結びつけて語るような議論はおかしいのだが、そのことを指摘する在日もいなかった。日本国の加害性と在日の被害性をワンセットで考える思考は、80年代の韓国ブームの置き土産として人々の心や身体に残されたのである」

    どうやらメディアに乗って知識人らが金脈をつかんだようです。被害者ビジネスとでもいいましょうか。在日一世の中には戸惑った人もいたかもしれませんね。鄭氏は在日のネガティブなイメージは改善されたが、在日であるという身分を自分の人生に流用しようとするコリアンが出てくる危険性もあると指摘しています。かわいそうな被害者として特権を持てば自立できなくなるでしょう。

    ウソの歴史で利権を得る輩は後を絶ちませんね。

    小泉進次郎さんって ウソの歴史が利権を生む!!                  なぜならば、被害者はビジネスの対象にな

  • 東京・武蔵野市・偏向教師事件の続報!


    勇気ある告発者を守るためには


    偏向教師の公表しかない!





    2014-10-11







    「日本は犯罪国家」と教え込む偏向教師の目的は


    いったい何ですか?


     生徒、保護者、日本国民が勇気を持って


    「偏向教育はいや!」と叫ぼう!


    武蔵野市偏向教師によるトンデモ白地図事件」です。
     この数字が何か分かりますか?

           1年 2年 3年
     第一中 102 111 118
     第二中 110 104 102
     第三中  94 111  94
     第四中 100 140 150
     第五中  95  60  75
     第六中  73  68  90

    (平成26年5月1日時点の東京都武蔵野市の公立中学校の生徒在籍数))http://www.city.musashino.lg.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/004/160/260501.pdf

      武蔵野市の公立中学校の50歳代の社会科教員が、
    日本ではありえない視点の白地図を授業で使用したこと
    が問題になっていることはもう皆様もご存知ですよね。
     実際、「産経新聞」では記事になっていますが、朝日
    新聞や毎日新聞では記事になったのでしょうか? 産経
    新聞の記事によると、  

       
    武蔵野市教育委員会などによると、プリントは2年生
    全員100人超に復習用として配布された。男性教諭が
    個人的に購入したコピーが認められている問題集をプリ
    ントしたもので、市教委の聞き取り調査に対し、男性教
    諭は「十分に中身を確認しないで、うっかり使ってしま
    った」などと釈明しているという。

    となっています。「2年生全員100人超」という表現に、
    産経記者の思いやりがうかがえますね。ww あなたは
    分かりましたか? 実はもうネット上には「問題の学校
    は○中」という指摘がすでにあります。

    ただ、「確定的な証拠」はまだありません。 こういう
    「学校の問題発覚」は受験生を持つ保護者にとっては
    「公にしたくない」という心理がどうしても働いてしま
    います。

    私は保護者の方や生徒たちの気持ちは十分理解できます
    が、結局、そういう思いが、「偏向教師のデタラメ授業」
    を放置することにつながってきたと思うんですね。

    日本にとってこういう「中国・韓国視点の教師」の存在
    を許すことの方が、大きな損失になると私は考えています。

    こういう場合、教育委員会や学校は「問題のプリンの回収」
    ということをおこなうのですが、そのことによって、「ツィ
    ッター投稿者」が特定される可能性があります。もしそう
    なると、今回の勇気ある中学生は、この問題教師からどの
    ような報復を受けるかわかりません。

    中の保護者や生徒さんは団結して、この偏向教師と戦うべ
    きです。市教委や都教委への苦情は保護者や生徒さんがお
    こなうのが最も効果的なんです。

    こんな偏向教師を許しておいてはいけません。 と同時に
    都下の教職員の皆様にも訴えたい。東京都の全ての公立学
    校の教職員の氏名と教科が網羅された「東京都公立学校教
    職員録」という分厚い住所録が学校には必ず一冊ずつ配布
    されていると思います。

    心ある教職員の方は、武蔵野市立○○中学校のページを開
    いて社会科の教師の名前を見つけて公開してください。

    偏向教師は「人の目があると偏向教育ができない」のです。 
    あなたの勇気が、中国・韓国視点の教師による偏向教育か
    ら日本の青少年を守るのです。

    これって「どこから見た日本」なんでしょうね? ペキン? 
    ソウル?

    小泉進次郎さんって 東京・武蔵野市・偏向教師事件の続報!    勇気ある告発者を守るためには   偏向教師の公表しかない

  • 在日韓国人女性が日本脱出を宣言! 


    在日韓国朝鮮人は反日せずには生きてはいけない!







    がんばれ、アジここさん!


       あなたの願いを日本人全員が応援しますよ!


    「在日韓国人のアジここ」さんの主張に共感を覚えることが多い
    んですよ。 「10月21日付けのツイッターでの発言」なんて最
    高ですね!

    アジここさんいわく!

    ”日本人がこれ以上ヘイトスピーチを繰り返すなら、私は在日を
    全員引き連れて日本を出ていってやる!”

    こういう立派な主張ができる韓国人が在日社会をリードして・・・
    さっさと在日全員を引き連れて日本から出て行ってほしいです。
    在日韓国朝鮮人なんて、「日本に密入国&日本に文句を言いながら
    寄生」ですもん。こんなに「招かれざる客」はありません。 在日
    は客じゃないけどね!

    さらに
    ” 誤解の無いように言っておきたいのですが、
     私が言いたかったのは、

     「このままでは日本人と在日が共存できなくなる可能性がある」
     という事です。

     ヘイトスピーチが過激化する事によって、
     日本人と在日が共存できなくなり、

     どのような事態に発展するかも分かりません。

     必ずしも日本を出ていける人ばかりではなく、
     日本で深刻な人権侵害が起こっている事を憂いています。”

    しかりごもっとも!
    このご意見はご立派です!

    そして
    ”日本人特権は知らんぷりですか…

     日本人にとって都合の良い制度が整えられたこの国・・・
     「在日特権」を声高に叫ぶくせに、「日本人特権」については口をつぐむ偏った人たち・・・
     
     このままでは、日本が日本人によって操られてしまう・・・”

    皆さん!!
    やっとわかりましたね・・・
    最後の部分・・・
    ”このままでは、日本が日本人によって操られてしまう・・・”

    日本が日本人にによって繰られるのはごくあたり前ですよね!
    日本国憲法ににも主権在民(主権在国民)と明記されてい
    ますもの・・・

    ところが在日にとっては、日本は日本人だけのものではないの
    ですって・・・
    主権在民の在民とは在日(在日・・人)を指すという解釈なの
    です・・・って。
    いやいや驚きました。

    では、韓国が韓国人だけで繰られるのはいいのか??と、問うと、
    ”そんなことは当たり前ではないか!おめーバカじゃねえかあー・・
    韓国は韓国人のものに決まっているだろーーー!内政干渉は絶対に
    させない”という答えが返ってきました。

    はい!
    恐れ入りました・・・

    小泉進次郎さんって 在日韓国人女性が日本脱出を宣言!      在日韓国朝鮮人は反日せずには生きてはいけない!

  • テキサス親父、グレンデール市議会に




    「慰安婦像は日本人の名誉を毀損している。




    侮辱している」




    マラーノ氏一流の弁舌や論理展開に議会も沈黙




    2014年10月26日

    「テキサス親父」こと、米評論家のトニー・マラーノ氏が、
    慰安婦の像や碑の設置を続ける韓国系団体に、米国の市議
    会で反撃を始めた。

    慰安婦像などの設置を「日本バッシング(叩き)ではない」
    とする米側の主張を逆手に取り、米軍相手の慰安婦「ヤンコ
    ンジュ(洋公主=米軍慰安婦)」の像設置を要求したのだ。
    マラーノ氏一流の弁舌や論理展開に、米市議会も沈黙するし
    かなかったようだ。  

    「日本人の名誉を毀損(きそん)している。侮辱している」

    マラーノ氏は21日(日本時間22日)、カリフォルニア州
    グレンデール市の市議会でこう言い切った。

    これは事前に届け出れば、誰でも市議会で意見を述べること
    ができるパブリックコメント制度を利用したもの。市民以外
    でも参加でき、これまで韓国系団体が日本バッシングに悪用
    してきた制度だ。

    マラーノ氏はまず、「あなたたちの(慰安婦像を設置した)
    目的は尊い」と、皮肉たっぷりで市議らを持ち上げて、こう
    続けた。

    「最近、韓国で新しい慰安婦グループが『韓国政府に1950
    年から92年の間、強制的に慰安婦にさせられた』と言ってい
    る。これはグレンデール市としては、日本や日本の人々に対し
    て、自分たちが一貫性があることを表明するチャンスだ」

    新しい慰安婦グループとは、朝鮮戦争の休戦後、在韓米軍基
    地近くの売春街で米兵相手の売春をしていた「ヤンコンジュ」
    「基地村女性」と呼ばれた韓国人女性だ。

    このうち122人が今年6月、「韓国政府の厳しい管理下に
    置かれて、人権を侵害された」として、朴槿恵(パク・クネ)
    大統領率いる韓国政府に国家賠償訴訟を起こしている。

    マラーノ氏は続けた。

    「貴市は、今ある慰安婦像が『日本や日本人を差別したり、
    侮辱する目的で設置されたわけではない』と証明すべきだ。

    そのためには、新しい慰安婦グループ(=米軍慰安婦)のた
    めの像を設置したらどうか。現在の像の隣に、大理石の記念
    碑などを設置することを勧める」

    http://news.livedoor.com/article/detail/9395058/

    http://hosyusokuhou.jp/

    小泉進次郎さんって テキサス親父、グレンデール市議会に       「慰安婦像は日本人の名誉を毀損している。

  • 「通常の審査基準」ではこういう数字は起こりえません!




         ではなぜ起こり得るのでしょうか??




           住民監査請求をすれば答えはすぐ出ます!!




    およそ外国人生活保護の75%は在日韓国朝鮮人が占めており、その実人数は「6万人」と言われ、日本政府と地方自治体で年間1800億円を在日韓国朝鮮人のために負担しています。 

    2013年時点では日本国内における「特別永住資格者」の人数は37万3000人で、その99%が在日韓国朝鮮人で占められており、この37万人に在日韓国朝鮮人の一般永住者12万人を加えた数字59万人が、いわゆる「在日韓国朝鮮人の実数」になります。 ただし、この数字には日本に既に帰化した者やニューカマーと呼ばれる韓国人は含まれていません。


     この数字をもとに「在日韓国朝鮮人の生活保護受給率」を計算して見ましょう。 ①の場合 6万人÷特別永住者37万人=16%  ②の場合 6万人÷59万人=10%になります。 

    日本全体の生活保護受給率はわずか「1・5%」ですから、いかに在日韓国朝鮮人の生活保護受給率が異常に高いかは一目瞭然ですね。 これは「通常の審査基準」ではこういう数字は起こりえません。

     在日韓国朝鮮人の内訳も少し見ておきましょう。在日韓国人とは韓国籍の朝鮮人のことですが、在日朝鮮人は「無国籍である朝鮮籍」と「北朝鮮国籍」の2種類があります。韓国系民団関係者の証言によると、朝鮮総連に所属している在日朝鮮人は5万人だと言います。

    おそらく「非韓国籍」の人数もこの程度だと思いますが、これはあくまでも推計値です。民団に所属している韓国人は35万人だそうです。合計すると40万人ですから特別永住資格者の数とほぼ近い数字にはなります。

     ここからは「韓国国籍の在日韓国人」のみについて書きます。韓国の憲法(大韓民国憲法)には以下のような条文があります。

    第2条    国家は法律が定めるところによって在外国民を保護する義務を負う。

    第34条   身体障碍者及び疾病、老齢その他の事由で生活能力のない国民は法律が定めるところにより国家の保護を受ける。


     在日韓国人は、韓国国民ですから、韓国人としての権利を有しています。すでに在日韓国人には「韓国での参政権」が与えられています。にもかかわらず、在日が日本での参政権を求めるのは異常ですね。

    「外国人参政権」と呼ばれるもの実態は、在日韓国人への日本での参政権であることを私たち日本国民はしっかりと認識すべきです。在日韓国人は韓国の国民です。外国人参政権に賛成している連中は、日本人としての国家意識が欠けているようです。民主、公明、共産、社民。 日本人のための政党ではありませんね。

    小泉進次郎さんって 「通常の審査基準」ではこういう数字は起こりえません!           ではなぜ起こり得るのでしょ

  • 在日兵役該当者は6万4000名!




    韓国政府は在日をあきらめない!




    いよいよ韓国での在日兵役が本格化




    知らぬ間に着々と進行していた在日韓国人の韓国国民明確化政策!

    韓国政府は在日韓国人が「納税と兵役の義務」を果たすことを求めている


     入隊を志願する国外永住権者などの2004年からの累積人数は、11年に1000人を突破し、今年2月末現在では1794人となっている。こうした状況が続けば、年内にも2000人を突破するものとみられている。陸軍関係者は「今月19日にも忠南論山陸軍訓練所に30人の国外永住権者らが追加で入所する予定」と明らかにした。

     韓国の兵役法上、国外永住権者は満37歳になる年の12月まで入隊を延期できる。この年齢を超えると、兵役が免除される。故意に体を傷つけたり賄賂を使ったりして兵役を逃れようとする国民もいる中で、国外永住権者らはなぜ自ら入隊を希望するのか。(朝鮮日報) http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/06/07/2014060700759.html


    1994年以降生まれ(現在20歳)の在日韓国人男子には、すでに「条件付強制徴集」が始まっていますからね。そのうち、在日韓国人の中でも「兵役に行こう!」がブームになるはずです。

     「2012年総務省統計」によると、日本国内に居住している兵役対象になる在日韓国人男子は

      20~24歳  13692人

     25-29歳  19045人

     30-34歳  20726人

     35-39歳  22595人(*兵役対象年齢は37歳まで)

     ですから、38・39歳を除外すれば、約6万4000人の「兵役該当者」が在日韓国人男子の中にいることがわかります。その中で「兵役参加100人」というのは、やはり「やる気が感じられない」ですね!

    この数字を見て気づくことは、「20~24歳 13692人」がいきなり減っていることです。これは、在日韓国人は基本「韓国国籍者」なんですが、夫婦どちらか(普通は女性側)が日本に帰化している場合、実質上は在日韓国人同士の結婚でも「子供は日本国籍が取れる」からでしょう。

     実際、「反日ゴリゴリなのに子供には日本国籍を取らせたい」という在日韓国人が増えています。もちろん、彼らは「韓国での兵役」をもう何年も前から見越しているんですね。「日本国籍の反日元韓国人」というのは、日本人からすれば不快なことではあります。

    でも、在日韓国人からすれば「日本への帰化は運転免許証みたいなもの」ですし、「子供を日本国籍にする」ことは、韓国からの兵役逃れもできますから、これはこれで「賢い選択」なんでしょうね。(両親ともが韓国籍の場合は子供を日本国籍にはできませんし、2012年から韓国籍男子は韓国での兵役が終わらない限り、日本への帰化はできなくなりました)

    韓国での兵役訓練 ↓

    小泉進次郎さんって 在日兵役該当者は6万4000名!     韓国政府は在日をあきらめない!     いよいよ韓国での在

  • ”われわれがどうこう言う話ではありません”





         はあああ???





            それって、どこの国の人が言っているのおおお???





    産経新聞が舛添の韓国訪問弁明記者会見での興味深い質疑を報道しています。質問者は「やまと新聞」論説委員長の土屋敬之氏。

     土屋氏 「韓国訪問について、いくつか。特にヘイトスピーチの問題で、知事は厳しく対応するとおっしゃっていますが、具体的に法令がないわけで、どれがヘイトスピーチかを誰が判断するかというのは非常に難しい問題。

    人権週間を利用して、ヘイトスピーチについての批判といいますか、こういうのはよくないんだということを宣伝するとおっしゃっていますが、どういう基準で考えていらっしゃるのか。

    2番目に、そもそも論ですが、韓国の反日運動というのがありまして、例えば今上天皇や昭和天皇の張りぼてを作って侮辱する、肖像画を踏みつける、国旗を国会議員が踏みつける。デモでも、「キ・ルジャッ・プ」ということをやっている。日本に核爆・弾を落とすと、こういうことがかなりある。これがまず反韓国感情の源と言っても過言ではない。知事は東京都民の90%が韓国が好きだとおっしゃっていましたが」

     舛添 「それは間違っているから。間違ってますよ、それは。正確な情報で言ってください」

     土屋氏 「いや、ちょっと聞いてください。だから、それは違うんだとおっしゃっていますが、東京都庁に寄せられた1万件ぐらいの都民の声は、ほとんどが知事の行動を批判したり、韓国の対日姿勢を批判したりするものと聞いています。知事にお聞きしたいのですが、天皇陛下や国旗が侮辱されていることについてどう思われるのか、これがヘイトスピーチじゃないかと。

    国旗について関連質問ですが、知事は2010年の新党結成の記者会見で、机の上にあった国旗を「邪魔なんでしょうね、これ」と言って動かしています。知事は国旗についてどうお考えか。まずヘイトスピーチの問題、それから天皇陛下や国旗が侮辱されていることについてどう思われるか、それから国旗についての知事の考え方、これについて、ご見解を」

     舛添 「まず最初は、大変よい問題提起だと思うのは、表現の自由がありますから、なかなか難しいのです。やっぱり憲法は基本的人権、表現の自由ということ。ただ一方で公共の福祉ということがあります。

    いま、あなたが出されたように、よその国が反日運動し、われわれを、ジャッ・プという言葉で呼ぶということに対しては極めて不快で、快く思いません。

    どの国の国民も同じことをやられると不快だと思いますから、たとえばこういうことについて野放しにしてよいのだろうかと。

    韓国は韓国のやることですから、われわれがどうこう言う話ではありません。これは韓国が法律でやればよい。

     (産経新聞)http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140801/lcl14080122530002-n11.htm
      
    舛添東京都知事は、「天皇陛下や国旗が侮辱されていることについてどう思われるのか」という記者の質問に「韓国は韓国のやることですから、われわれがどうこう言う話ではありません。」と返答しています。 問題はここにあるんですね。
          
    韓国、北朝鮮、中国では国家によって「反日教育」が実施されています。そのことの影響が、国家レベルのヘイトスピーチや日本での犯罪という形に反映されていることに私たち日本国民はもっと気づくべきです。

    「反日教育と民族犯罪の関係性」は明らかであり、そのことに対して、少なくとも地方自治体の治安責任者の一人である都知事が、「韓国は韓国のやることですから、われわれがどうこう言う話ではありません。」では済まされないはずです。

    国家間の関係でも「言うべきことは言う」というスタンスは守るべきです。舛添は記者からの、「今上天皇や昭和天皇の張りぼてを作って侮辱する、肖像画を踏みつける、国旗を国会議員が踏みつける」韓国に対しての答弁をたくみにごまかしていますが、親皇室であろうと反皇室であろうと、日本の皇室は日本国憲法で保証された立場です。

    日本への侮辱を規制さえしない韓国をなぜ日本はウェルカムする必要があるの? ↓

    小泉進次郎さんって ”われわれがどうこう言う話ではありません”           はあああ??

  • <<
  • 190 162
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン