ここから本文です
  • 1

    *****

    今日はどうかな?

  • <<
  • 30224 30205
  • >>
  • 30224(最新)

    sag***** 2月20日 09:29

    わき立つ旭日旗 捏造を破った先の輝き

    わき立つ五輪 殻を破った先の輝き (朝日社説20日)
    >招請した指導者を支えつつ、ノウハウを吸収する。自ら海外にわたってコーチ経験を積む。競技団体としてそうした機会を意識的に増やし、あるいは制度を設け、指導者層を厚くすることに努めてもらいたい。

    ▲朝日的には日本がわきたつ&輝き、を許すのでせうか?それにしても

    ▲民主主義の旗手にして指導者朝日、自ら海外にわたって(特に中・半島)印象操作のノウハウを封印して言論の自由を指導する件。

    ▲実際は相手選手(国営シンクタンク員)と一緒になって安易に『歴史直視』を唱和する。

    ▲自分ができないことをひとさまに説教する。それが朝日新聞。

    ▲ところで平昌取材の朝日記者は社旗を分るように付けているのでせうか?

  • なるほど納得!ちんけな告白

    朝日新聞前社長が初告白 「W吉田誤報」の内幕
    https://www.msn.com/ja-jp/news/national/朝日新聞前社長が初告白-「w吉田誤報」の内幕/ar-BBJiCZM?ocid=spartandhp
    文春オンライン 木村 伊量 2018/02/19 07:00

    ▲社内事情&営業への影響…言い訳は見事なほどに羅列されているが肝心な『日本国への影響』なる視点がこれも見事なほどにゼロである。

    ▲近隣視点だけに前のめり。日本国視点を偏狭で片付けて勝手に高揚する。

    ▲それが小日本の大朝日新聞である。

  • 日本人の快挙?知らんぷりがピョンアン運転

    (2018年02月18日) 各紙社説
    毎日:藤井五段が永世7冠に勝利 将棋史の塗り替えが続く
    毎日:羽生選手が金、宇野選手が銀 心から快挙をたたえたい
    産経:羽生金メダル 感謝の心が育てた快挙だ
    東京:羽生・金 宇野・銀 幸せ運ぶ二つのメダル
    読売:羽生金・宇野銀 歴史に名を刻む五輪連覇だ

    ▲金メダルに舞い上がらず半島出身者記念碑をぶつける。さすが朝日である。

    ▲だが藤井君の件は朝日主催での快挙、それも知的快挙では?

  • 日本人を超息苦しくさせた朝日の説教

    追悼碑判決 安易な規制への警鐘だ(朝日社説18日)
    >(半島出身者追悼碑を)抗議や苦情の矢面に立たされる自治体の苦労は理解できる。だからといって行政が安易な規制に走ればどうなるか。社会は息苦しさを増し、色あせる。

    ▲ともあれ、息苦しいのはいけません。しかし、だからといって、

    ▲慰安婦捏造の件、いまでも日本人を超息苦しくさせている件。

    ▲どういう言論責任を朝日新聞は取るのでせうか。

    ▲GHQ指令で壊された各地忠霊塔復興を半島追悼碑と同じぐらいの情熱で主張するのでせうか?それにしても、

    ▲内面(うちずら)は最悪、外面(そとずら対中・半島)は最高。それが朝日新聞。

  • さんざ利用の昭恵夫人に砂をかける朝日

    KYな昭恵夫人のSNS 安倍首相の国会答弁に砂かける
    https://dot.asahi.com/wa/2018021300071.html

    ▲内容は、どうでもよいことだが、自分の教宣&印象操作活動のためにさんざご利用の昭恵夫人に砂をかけながら説教をする。

    ▲さすが目的のためには手段不問、どころか得意になる。

    ▲それが平壌運転紙である。

  • 政治空白 日本に望みドイツには終止符???

    岐路のドイツ 政治空白に終止符を(朝日社説13日)
    >見えない壁に立ち向かう。その闘いはドイツだけのものではない。差別や格差など、あらゆる分断をなくす努力が、地域を問わず求められている。

    ▲その通り。シビレル程に感動した!

    ▲だが”ドイツに学べ”&”それに比べて日本は”を同胞と連呼した言論責任の件。

    ▲それにしても、捏造・印象操作や、世界共通軍慰安婦の対日限定の火付け、うちなんちゅvsやまとんちゅ…

    ▲あらゆる分断を生み出す努力で勝手に高揚する新聞の説教。カムサハムニダ。

  • 朝鮮人元売春婦像の設立の共同正犯には
    国賊吉田、反日朝日、朝敵植村、売国瑞穂も
    含まれております!

    欺瞞と独善だらけの朝日新聞を検証しよう! 朝鮮人元売春婦像の設立の共同正犯には 国賊吉田、反日朝日、朝敵植村、売国瑞穂も 含まれております!

  • 知ってるくせに;”ムクゲノ花ガ咲キマシタ ”

    南北朝鮮対話 非核化の目標、堅持を(朝日社説11日)

    ▲安倍への説教をもうど忘れ?アリバイ作りで一ミリも動かすなと非核化を主張も結構だが、ノムヒョンさんの参謀であった無条件容北の文さんに非核の難題は無理。知ってるくせに。

    ▲できることは共有核ぐらい。知ってるくせに。

    ▲そして、誰よりも愉快犯小説↓を知ってるくせに。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/ムクゲノ花ガ咲キマシタ - Wikipedia

    ▲そういえば、自国の歴代首相・外相を脅かして愉快感に充分浸った慰安婦の件。

    ▲国際版では一ミリも動かさない・動かせない件。どうなっているのか?

  • ここはチョット立ち止まって考えようw

    (朝日社説10日)日韓の首脳 往来交流の歩を重ねよ
    >歴史問題などで応酬があろうとも、安保・経済・環境など幅広い分野での協調の意義を見失わない。そんな冷静さを両政府ともしっかり保ってほしい。

    ▲フツウに考えればその通りである。だがその『歴史問題』の火付け人が前のめりに説教をする。

    ▲フツウに考えれば、首脳が例外なく次の政権により犯罪人となる国との首脳外交の意味?

    ▲フツウに考えれば、こんな事を言うのはフツウの人ではない。それが朝日新聞。

  • 権限不明の妹に丸投げする朝日

    (朝日社説9日)金正恩氏の妹 訪韓を説得の機会に

    ▲平和・核・ミサイル…重要な案件を実権不明の妹さまに丸投げする。

    ▲しかも歴史直視自慢の朝日が話し合いの軸が現状を導いた6者協議。

    ▲”冷徹な国際関係”と説教してくださる朝日が、だれの都合とは言わないが突如前のめりで生暖かくなる。

    ▲それにしても、自国首相夫人への態度と真逆の対応も不自然感がない。 

    ▲軸足の分り易さは結構だが、せめてねつ造と説教はやめてくれませんか?

  • >>30213

    谷田邦一 朝日新聞専門記者(防衛問題担当)

    この人物、国民の税金で給料までもらって防衛大学に行って何を勉強しようと考えたのだろうか?
    日本国民の金で大学まで行かせてもらって、はなから防衛大の情報を外部に漏らすことが目的で潜入したのか。

    日本国民の税金をドロボーし、情報をスパイしながら漏洩し、それをめしの種にして金儲けする、朝日新聞の体質そのままの人物。

    罪をでっちあげ、罪を決め付け、罪をなすりつける悪徳刑事のような報道のやり方を繰り返し、マスゴミ独裁権力を笠に来て、日本人を罪に陥れる犯罪行為を繰り返す朝日新聞の記者たち。

    日本人よ、もっと怒れ!
    独裁マスゴミ権力ウソ捏造朝日新聞に対して、日本国民はもっともっと怒れ!

  • 大陸・半島からの侵略 日頃から備える意識を

    北陸の大雪 日頃から備える意識を(朝日社説8日)
    >最新の気象情報を確認し、積雪予報の場合は不要不急の外出を控える。やむを得ず車を運転する場合はチェーンを装着、牽引(けんいん)ロープを搭載するなど、日頃から準備をしておきたい。

    ▲自衛隊の作業に一言の言及もないが、確かに日頃からの備えは重要でその通り。

    ▲さて、自然災害でない方の災害の件。日頃からの備えどころか前のめりに誘引活動をしている新聞がある。(強制連行・大虐殺・基地反対)

    ▲おまけに、防大院卒の某紙の記者。日本の防衛政策そっちのけ、首相の演説に軍人勅諭との近似性を監視している。それが某紙である。

    ―――
    テーマ似ている? 安倍首相の訓示と軍人勅諭
    http://webronza.asahi.com/politics/articles/2017041300004.html?iref=com_rnavi_chumo_n
    安倍首相の防衛大卒業式訓示と軍人勅諭の理念
    語るべきは「文民統制の危うさ」だった
    谷田邦一 朝日新聞専門記者(防衛問題担当)

  • 慰安婦や大虐殺 これが被爆国への談話か

    核戦略と日本 これが被爆国の談話か(朝日社説7日付)

    ▲現実:日本は米核に守られている、ことになっている。

    ▲ことになっている、のだからその実行は米次第である。

    ▲そのトランプの核戦略を愚行と社説で決めつけた朝日新聞。

    ▲では具体的に朝日は日本国に何を提案したいのかは不明。

    ▲ご近所にも日本には何をしても構わない、それゆけどんどんが正義、の国がある。

    ▲勝手に高揚、国旗(日本)を踏んずける。なんともそっくりである。

    ▲その朝日の旭日社旗にクレームがこない。分り易す過ぎる、それが朝日である。

  • 都合により民意に反対の朝日新聞

    朝日社説(2018年02月06日)
    ○台湾海峡空路 対話を拒む狭量な中国 ⇒◎捏造の動機 対話を拒む狭量な朝日
    ○名護市長選 民意は一様ではない   ⇒◎思い通りだと 民意さまのお通りだ

    ▲市長選勝利宣言社説は没で負け惜しみの気持ちは分る。しかしながら、

    ▲トランプ(新核戦略)だと愚行と叫び、近平だと狭量程度で落着。差別過ぎないか?差別といえば、

    ▲日本の教科書では侵入・進出に火病。狭量な中国さまの尖閣侵入は無問題。

    ▲近隣さまへの超度量。それが朝日新聞。

  • >>30208

    無理やり罪をでっちあげ、他人に罪をなすりつけることに執着するウソ捏造朝日新聞。

    マスゴミは政権批判する役割を持った批評、傍観者だが、選挙で選ばれた政権を崩壊させる独裁首謀者にもなる。
    国民は、国防や経済など国民的議論を活発化させたいのだが、朝日新聞のような守旧派抵抗勢力が、次から次ぎへと罪をでっちあげ悪徳刑事のように犯人と決めつけ、国会の貴重な時間と議論の場をこれらのでっちあげ問題に浪費している。
    何故、国民にとって重要な問題について、国民の広範な議論を活発化させようとさせないのか?

    ウソ捏造朝日新聞社は、もはや報道犯罪者の集団と化している。
    広範な国民に対する反逆行為を繰り返すウソ捏造朝日新聞に対し、国民はもっと怒らなければならない。

  • 朝日報道ミス 正解を公表し再発ふせげ

    朝日社説4日付
    ○京大出題ミス 解答を公表し再発防げ⇒◎意図的ねつ造 事情を公表し再発防げ
    ×米国の核戦略 歴史に逆行する愚行 ⇒◎中・半島核&歴史戦 日本に対する愚行

    ▲超前のめりに米新核戦略批判の朝日新聞。

    ▲それにしても、日本に向けられた中国・半島の核ミサイル戦略に『愚行』と決めつけた記憶がない。

    ▲そもそも、『歴史』と日本安保と、どちらが大切か?

    ▲”あぜん”を通過して分り易す過ぎる。それが朝日新聞。

  • 慰安婦捏造 あぜんとする朝日の主張

    「安保法」訴訟 あぜんとする国の主張(朝日3日社説)

    ▲くだくだと得意とする神学論争をしかけて日本国を非難。

    ▲だが、日本をどう防衛するのかの視点が零。あぜんを通過し、流石の朝日である。

    ▲なお、昨日一社だけ線香に社説で前のめりで付け火した新聞がある。だがお仲間の線香に無言↓。

    ▲そういえば、k国軍のベトナム女性性奴隷化の件も無言。それが朝日である。

    茂木氏と線香 政治倫理はいずこへ (朝日社説2日)
    「線香」野党に飛び火 民進系“お家芸”再び 希望・玉木代表「出処進退」促したのに茂木氏と同様説明
    http://www.sankei.com/politics/news/180203/plt1802030006-n1.html

  • 拉致者切り捨て それが朝日の理念なのか

    在外被爆者 理念に背く切り捨てだ(朝日社説2日)
    >民法には賠償請求ができる期間を「不法行為から20年」とする規定がある。今回、国は在外被爆者を援護対象から除外したことが不法行為にあたり、被爆者が死亡した時点でその不法行為は終了したとし、「死後20年が過ぎている」と主張。判決はそれを受け入れた。 ずいぶん都合のいい解釈である。在外被爆者の援護が後手に回った過去の国の対応からして、単純に時間軸で線引きなどできないのは明らかだ。

    ▲そういう見解もありうる。しかし、だからといって、

    ▲”ずいぶん都合のいい解釈”で思い出したが小泉訪朝で拉致生存者全員死亡の報を受けて、”悲しんでばかりいては歴史は前に進まない”と半島さんにまことに都合の良い『線引き』をした朝日新聞。

    ▲近隣さまが関与すると、日本切り捨てお構いなし。それが朝日新聞。

  • 朝日社説から消えたコトバ 「ことの本質」

    朝日社説31日
    ×「森友」論戦 かわす政権、募る不信⇒◎捏造論戦 かわす朝日、募る不信
    ○仮想通貨 リスクの説明、徹底を⇒◎仮想報道 リスクの説明、徹底を

    ▲ひところ得意になって連呼していた「事の本質」を聞かなくなった。

    ▲「事の本質」上、加計はいつの間にか消えたのか?

    ▲加計がダメなら森友があるさ、の気持ちはわかるが、テレビ映像まで捏造した「安倍晋三記念小学校」の報道責任の件。どうするのか?

    ▲そもそも日本国にとり「もりかけ」は「事の本質」にはなりえない。

    ▲なりえない&ありえないことでも(含む例の強制連行)火付けのタネにする。

    ▲一部市民を除く、国民から『募る不信』。それが某紙の「事の本質」である。

  • 六韜もびっくり それが朝日新聞

    (朝日社説30日)河野外相訪中 機運つかみ首脳往来を
    >関係は一進一退だ。利害が対立しても、決定的な衝突を避けつつ、少しずつでも協力の幅を広げる外交努力を重ねる。その先にしか地域の平和と安定はないことを、日中の政治指導者は肝に銘じるべきである。

    ▲”一進一退の関係”、”冷徹な国際関係”と日ごろ愚民に説教してくださる朝日新聞。

    ▲愚民から見ると、その厳しい環境に「南京大虐殺」や「慰安婦」爆弾を投入する朝日新聞。さらにあらゆる防衛力強化に反対し、基地問題には前のめりになる。

    ▲おまけに、倒閣運動中の日本国首脳に期待する。どこに自慢する『知』があるのか?

    ▲『知』を誇る隣国の愚者。それが朝日新聞。

  • <<
  • 30224 30205
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
かんたん口座開設・販売手数料無料!! ヤフーグループのYJFX! 投資信託