ここから本文です
  • 豊洲新市場に移転した後の築地市場を通る道路・環状2号線の関連工事を、“都議会のドン”内田茂都議(77)の献金企業が複数受注していることがわかった。

     環状2号線は、晴海の選手村から新国立競技場を結び、2020年東京五輪のメインストリートとなる予定で、“オリンピック道路”とも言われる。内田氏の地元・千代田区神田から江東区有明まで約14キロの道路だが、約5キロの虎ノ門-豊洲間は長く未開通だった。しかし、東京五輪招致を目指す中、東京都の整備計画を都議会自民党が支援し、虎ノ門-豊洲間の着工が決まった。一昨年には虎ノ門-新橋間が開通し、残るのは新橋-豊洲間の約3.4キロとなった。ただ、この区間は、築地市場の敷地内を通る予定で、移転を急ぐ大きな理由になっている。都庁幹部が解説する。

    「内田氏率いる都議会自民党としては、是が非でも2020年の五輪開催までに開通させたい。すでに工事カレンダーはギリギリで、『移転予定日の11月7日は譲れない』と言っていました。虎ノ門-豊洲間の総事業費は約4000億円にのぼり、単純計算で1キロ800億円の超高額道路です。待機児童対策を含む東京都の保育関連予算が年間約970億円ですから、その金額の大きさがわかるでしょう」

     内田氏の側近で知られる高島直樹都議も、2014年2月の豊洲市場建設起工式に際して、<環状2号線の完成なくして6年後のオリンピック・パラリンピックの道路アクセスが完成しません。その意味では大きな前進と言えます>(高島氏ホームページより)と述べ、築地移転、環状2号線工事を高く評価していた。

     週刊文春は、環状2号線関連工事の受注状況を調査し、8月25日発売号で詳報している。

     複数の献金企業が受注していることについて、内田氏は事務所を通じて「政治資金は広く薄く様々な方から浄財を頂き政治活動をしているところであり、その収支は政治資金収支報告書で報告していますのでそちらでご確認ください」とし、寄附が工事の見返りである事実はないと回答した。

     小池百合子東京都知事は、リオ五輪から帰国後に、予定通り11月7日に築地市場を移転するのか、判断するとしており、決断が注目される。

  • <<
  • 13 1
  • >>
  • 就任あいさつの際、総務会長しか対応しなかった都議会自民党では、高木啓幹事長以下30人近い議員が並び、小池氏を迎えた。「緊張する中でも、皆さんに鍛えていただいた」と述べた小池氏に、高木氏は代表質問で触れた保護猫の写真までプレゼント。ただ、「ドン」内田茂氏は最後まで姿を見せなかった。

  • 猪瀬元都知事が語る「豊洲問題」「五輪」「都議会のドン」

    猪瀬さんは、東京都に暗躍する闇=“ドン”内田茂都議会議員(77)の存在が、豊洲、オリンピック問題につながっていると語る。

    「“ドン”については、僕が今回の都知事選公示日直前にツイッターでその闇の存在を明らかにしたことで大きな反響を呼びました。知事時代、“ドン”のことをいくらメディアに説明しても『誰ですか?』『たかが都議会議員でしょ?』という感じでした。ところが今回、“ドン”のいじめで自殺した樺山卓司都議(’11年7月1日、享年63)の遺書を公開したことが大きなインパクトとなり、みんながその名を知るようになった。これまで闇の中にいた“ドン”の存在が有名になったことだけでもすごいことなんです」

     そもそも内田都議が、なぜ東京都で絶大な力を持つことができたのか。

    「都知事はいわば“大統領”なのですが、都議会を支配する“もう1人の大統領”がいるという状況なんです。議会で与野党が入り乱れていればそうはなりませんが、いまは野党を含めて完全に一元支配されている。たとえば、条例案や予算は議会が承認しなければ通らない。その議会を10年以上にわたって牛耳っているのが“ドン”なのです。その影響力は絶大。“もう1人の大統領”ですから」

     豊洲新市場とともに、東京五輪の競技会場建設を巡る問題でも、“ドン”の影が見え隠れしている。『週刊文春』(8月4日号)の報道によると、現在、建設中止を含めた抜本的な見直しが提言されている3施設のうち、2つの競技会場(有明アリーナ、オリンピックアクアティクスセンター)の工事を落札した共同企業体(JV)の中に、“ドン”が監査役を務める電気整備会社が含まれていることが判明したのだ。さらにその後、豊洲新市場の電気工事も受注していることがわかった。

  • 五輪高額施設 ドン監査役企業参加

    有明アリーナとアクアティクスセンターを落札したJVには、小池百合子知事が選挙戦で「都議会のドン」と称した内田茂都議(自民)が監査役を務める「東光電気工事」が参加している。都連の前執行部は7月の知事選で小池氏の推薦を認めず、元総務相の増田寛也氏を擁立。小池氏はその意思決定の過程を「ブラックボックス」と表現し、内田氏について「都議会のドン」と批判していた。

    ※議員の利権ズブズブ癒着

  • ドン内田が悪いじゃない!都民がバカだと思いませんか?自分たちは何もしないでも裕福な生活ができる環境がある。地方から見れば都民はバカばっかりだよ!反論待ってます!

  • “都議会のドン” 五輪施設受注企業に娘婿を就職させていた

    “都議会のドン”といわれる内田茂都議(77)が役員を務める電気設備会社に、娘婿の就職を依頼していたことがわかった。

     この会社は、内田氏の地元・千代田区に本社を置く東光電気工事。内田氏は落選中だった2010年から同社の監査役に就任。内田氏の所得等報告書、元役員の証言を総合すると毎年数百万円の役員報酬を受けているとみられる。

  • 都議が役員を務める会社が都の仕事を受注―兼職はどこまで許されるのか

     自民党都連幹事長を辞任し内田茂都議(77)が民間企業の監査役に就任していたとして、議員の兼職禁止に違反しているのではないかと指摘する声があります。内田氏は、落選中の2010年から自身の選挙区(千代田区)に本社がある東光電気工事の監査役に就任し、所得報告書等を総合すると毎年数百万円の役員報酬を受けていると報じられています。

     東光電気工事を中心とするJV(ジョイントベンチャー)は2013年12月、豊洲新市場の管理施設棟の電気工事を約37億9000万円で落札したほか、東京五輪に関しても、新築される3つの恒久的施設のうち、大手建設会社とのJVで今年1月、バレーボール会場の「有明アリーナ」(落札額360億2880万円)、水泳の「オリンピックアクアティクスセンター」(469億8000万円)の施設工事を落札しました。有明アリーナの競争入札では、競争相手よりも入札価格が高かったにもかかわらず、施工計画などの技術点で上回り、落札に成功しています。

  • 自民党議員の石原、その他自民党議員はみっともない、何がドンだ!ヤクザと同じだよ。恥ずかしさもなくよくやってるよ。自民党のレベルの低さが解ってきましたよ。

  • 2020年開通する環状2号線は内田の地元から豊洲まで。その道路工事を献金企業、後援者が受注している。

    都議会ドン内田茂と
    4000億円「五輪道路」

    ▼「お世話になっている」200万円献金した業界団体
    ▼内田が役員の企業は14億円で都議会議事堂も落札
    ▼ドン娘婿は政治資金で大学院学費130万円を支出
    ▼小池側近 若狭議員は本誌に「築地移転は延期すべき」

  • 自民都連の“ドン”内田茂前幹事長パーティーで「ドン、ドンがんばって」と礼賛 石原伸晃氏は「大きい顔して出てきづらい」

    自民党東京都連の“ドン”といわれる内田茂前都連幹事長の政治資金パーティーが24日夜、東京都内のホテルで開かれた。菅義偉官房長官や自民党の二階俊博幹事長、細田博之総務会長ら政府・与党幹部を含む国会議員約15人が出席し、内田氏を礼賛。都議からは「地方議会の宝」との発言も出た。一方、都知事選で争った小池百合子知事の名前は出ず、深い溝が浮き彫りになった。

     パーティーはマスコミをシャットアウトして開かれた。複数の出席者によると、菅氏は総務相時代に「当時、実力者といわれる内田先生のところに恐る恐るお願いにいった」と“陳情”した過去を披露。予想に反して快く要望が受け入れられたとして「心底、政治家として尊敬をしている」と持ち上げた。

     前都連会長の石原伸晃経済再生担当相は、知事選の敗北を踏まえ「大きい顔してここには出てきづらい」と前置きした上で、「2020年東京五輪を成功させるためには、もうひと働きも、ふた働きもやってもらわないと、なかなか成功しない。今日はそんな陳情も兼ねてきた」と話した。

     国会議員では、ほかにも丸川珠代五輪相、萩生田光一官房副長官、石破茂前地方創生担当相、下村博文幹事長代行、片山さつき参院議員らが駆け付けた。
    小池氏が対決姿勢を示している自民党都議らからも内田氏への賛辞が相次いだ。

     川井重勇都議会議長は「われわれにとって、内田先生は東京都の宝、東京都の財産だ。リーダーは間違いなく内田先生だ」と述べ、自民党都議は「内田先生のおかげで地方自治がレベルアップした。内田先生は都政の宝であり、都議会の宝であり、全国地方自治の宝であると信じて疑わない」と語った。
     公明党都議も「二元代表制における都政の中で、都議会の存在感を高めるために、内田氏の指導をお願いしたい」と述べ、暗に小池氏を牽制した。

     都知事選関連で「都連のドン」として週刊誌に盛んに取り上げられた内田氏だが、支援団体関係者はこれを逆手にとって「週刊誌報道はあるが、これからもドンドン、分かりますか? ドン、ドンがんばっていただきたい」と乾杯の音頭を取った。

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン