ここから本文です
  • 1

     平和で豊かな日本の宝物”憲法第9条”を守らなければなりません。改正させてはいけません。  イラクでの悲惨な戦争、−ゲームではありません。何の罪もないイラク人が35,000人も殺されました。−−60年前の第2次大戦では310万人の日本国民が犠牲になりました。−お爺さんも、叔父さんも戦死した辛い思い出があります。 今こそ反対の声をあげないと・・・( )年後には、あなたも子供達も、イラクや朝鮮半島に行くことになるかも?。 戦争はイヤです。−もっと他に平和外交の手段はあるはずです。−−戦争を知らない政治家と役人達にはまかせられない!死ぬのは私達ですからーー。  今なら間に合うー守ろう!憲法9条が最後の砦だ。国民投票法案にも反対しましょう!−−あなたから10人にー10人から100人へ。
      アメリカの世界戦略のために憲法を変える必要はない。危険だー戦前に戻る可能性がある。

  • <<
  • 21430 21411
  • >>
  • >>21427

    >内容を他と区別できる様にする事、造語では文言が明確にならない。

    私は抽象画(ある意味造語)を見て、新しい意見考え方を発見することは多いです。

    >今迄、昔の話はしていないね、現在の話なのだが。

    アッ、ダメですね。今日は2ヶ月後に昔かも知れないし、100年後は昔です。歴史に学べば、時代は常に推移していますよ。

    >で「戦闘も正当防衛も止むを得ない行動で、権利とは言わない。」への答えになっていない。

    時代と状況によっては、「権利」です。

    >君は、何処の国の話をしているんだい、日本での話でないのかい。

    日本ですよ。特に天邪鬼でもないですがね^^

    >君が、政府の解釈を言ったんだよね、其れは、君の間違えた政府解釈と云っているんだが、政府は、君の様な主張はしていない。

    だから、今の憲法を読んで「自衛権による武力行使を認める」と言うのは特殊な解釈でしょ。「政府は、君の様な主張はしていない。」とキミが言いたくても、安倍晋三が「8割の憲法学者は自衛隊は憲法違反と言っている」と記者会見で言ってたじゃないか?

    
>「そう言う解釈が誤っている」と言うのなら、法的根拠を出したら如何かね。

    憲法解釈が間違っているのを、法的解釈で正すと言う事こそ、間違いですよ。憲法は法律を規制するもので、憲法を規制する法は存在しません。

    >政治は、立憲主義により成り立つのであって、憲法で国民の権利を、国が補償する義務が生じるが、君の、話では他力本願ですね。

    「憲法で国民の権利を、国が補償する義務が生じるが、」とのご意見ですが、憲法は国(立法府)を規制するもので、国民の権利を保証するもので、補償するものではないと思いますがね。〈変換ミスならOK〉

    >収監されたら犯罪者なのかい、君には一般的常識は通用しない様ですね。

    刑事訴訟法では収監だけでは有罪無罪の判断は出来ませんが、戦後処理裁判(東京裁判)において「収監」されていたと言う事は戦争犯罪当事者の疑いをかけられていた人物である事には間違いないでしょう。

  • >>21427

    誤字が有りましたので、訂正します。

    政治は、立憲主義により成り立つのであって、憲法で国民の権利を、国が<<補償>>する義務が生じるが、君の、話では他力本願ですね。

    誤 補償
    正 保障

  • >>21425

    >憶測じゃない、言葉通りですよ。

    じゃ~
    政府が主張した文言を出しなよ。期待して待っているよ(笑

    >広い意味で「戦わない」不戦の意図があるのです。「自衛」は戦闘行為の一部にすぎないのです。

    >そう言う解釈が誤っているのです。自衛行為には、国の「たたずまい」が必要なのです。他国が侵略したくない国に育っていることが、自衛の基本です。国権には関係ありません。

    「そう言う解釈が誤っている」と言うのなら、法的根拠を出したら如何かね。
    君の、話は政治姿勢の話で有って、憲法の話ではないですね。
    政治は、立憲主義により成り立つのであって、憲法で国民の権利を、国が補償する義務が生じるが、君の、話では他力本願ですね。

    >収監されてましたね。国民・戦友を裏切って米国に擦り寄った話を聞いています。彼の安保に対する姿勢は、米国の内通者以外の何ものでないですよ。

    収監されたら犯罪者なのかい、君には一般的常識は通用しない様ですね。
    君は、容疑者も冤罪者も犯罪者として扱う人の様ですね、仕方が無いですね、定義付も出来ない人だから。

    君の心情には、ある程度、共感が出来る所も有りますが、心情と法律論とは違います。
    この調子で話されるのでしたら、残念ながら興味は有りません。

    投稿を頂き、有難うございました。

  • >>21425

    >状態を伝える「言語」を定義づけする必要があるのですか?

    内容を他と区別できる様にする事、造語では文言が明確にならない。

    >民主主義(現代)だから言えるのですよ。正当防衛も認められない時代がありましたよ。

    今迄、昔の話はしていないね、現在の話なのだが。
    で「戦闘も正当防衛も止むを得ない行動で、権利とは言わない。」への答えになっていない。

    >また「定義」ですか?民族によって、政府によって違うでしょう。独りよがりの話でしょうか?

    いったい
    君は、何処の国の話をしているんだい、日本での話でないのかい。

    >私も詳細を説明する気はないですが、この国の憲法学者の8割が重要な判断をしています。素直に、政府が「常人には理解しがたいロジックで解釈している」ことは間違いないようですがね。
    >解釈云々の前に、所謂、言語道断「言語に述べるべき道が断たれる」の話です。あの憲法の文面で、当時の社会情勢で、再軍備を正当化する人などは存在しませんでしたよ。

    君が、政府の解釈を言ったんだよね、其れは、君の間違えた政府解釈と云っているんだが、政府は、君の様な主張はしていない。

    朝日での統計では6割強だった筈。

    続く

  • >>21424

    >造語では、定義が出来ない事くらいは、判るでしょう。

    状態を伝える「言語」を定義づけする必要があるのですか?

    >戦闘も正当防衛も止むを得ない行動で、権利とは言わない。

    民主主義(現代)だから言えるのですよ。正当防衛も認められない時代がありましたよ。

    >君は、政府の言う「必要最小限度」の定義を知らないだけですね。

    また「定義」ですか?民族によって、政府によって違うでしょう。独りよがりの話でしょうか?

    >憲法学者の違憲とする根拠は9条なんですがね、

    私も詳細を説明する気はないですが、この国の憲法学者の8割が重要な判断をしています。素直に、政府が「常人には理解しがたいロジックで解釈している」ことは間違いないようですがね。

    >君が政府の解釈を間違えた事に対して指摘したまでで、政府の解釈が正しいとは云っていないね。

    解釈云々の前に、所謂、言語道断「言語に述べるべき道が断たれる」の話です。あの憲法の文面で、当時の社会情勢で、再軍備を正当化する人などは存在しませんでしたよ。

    >君自身が、政府解釈を憶測で言ったのに過ぎないんだよ。

    憶測じゃない、言葉通りですよ。

    >憲法に自衛とは謳われていないんですよ。

    広い意味で「戦わない」不戦の意図があるのです。「自衛」は戦闘行為の一部にすぎないのです。

    >国権の発動には、自衛は含まれません。

    そう言う解釈が誤っているのです。自衛行為には、国の「たたずまい」が必要なのです。他国が侵略したくない国に育っていることが、自衛の基本です。国権には関係ありません。

    >岸信介は起訴されていないので、元A級戦犯でもA級戦犯でもないですね。

    収監されてましたね。国民・戦友を裏切って米国に擦り寄った話を聞いています。彼の安保に対する姿勢は、米国の内通者以外の何ものでないですよ。

  • >>21404

    岸信介は起訴されていないので、元A級戦犯でもA級戦犯でもないですね。

    思い込みは、間違えの元ですよ。
    君の投稿は、思い込みが強い様ですね。

    気を付けた方が良いです。

  • >>21393

    >メール届きました。一発目は不明なのですが、Wikiを読む限り、
    常岡滝雄によれば当時紅軍の北方機関長として北京に居た劉少奇が、青年共産党員や精華大学の学生らをけしかけ、宋哲元の部下の第二十九軍下級幹部を煽動して日本軍へ発砲させたものだそうです。

    何って書かれているのかWikiで、調べさせて頂きました。
    「1発目を撃った人物」の欄は、秦郁彦、安井三吉そして、常岡滝雄は、
    犯人は共産党説なる物を主張しているが、当時の第29軍は、蒋介石の率いる国民革命軍で解放軍とは違いますね。
    陰謀説とすると、何でも有ですよ。
    抑々が、
    物的証拠も有りませんし、状況証拠にも成りませんね、仮説の域を出ていません。 

    状況証拠でも良いのなら、私が送ったメールに日本の陰謀論と書けば良いって事に成りますね(書けば史実と異なってしまいます)。

    で、
    「Wikiを読む限り」と言うが、他にも色々と書かれていますよね。
    何故、常岡滝雄だけを出したのですか?

  • >>21391

    仕事が忙しいので、亀レスを許して下さい。


    >交戦権と戦闘権は意味が違います。防戦の際に威嚇のみで防戦しても「交戦」ですが、相手を倒す目的であれば「戦闘」ですね。造語でも良いでしょう。

    造語では、定義が出来ない事くらいは、判るでしょう。

    戦闘との言葉は在っても、戦闘権はない。
    元々、戦闘をする権利なんてないんですよ、正当防衛は在っても正当防衛権が無いのと同じですね、戦闘も正当防衛も止むを得ない行動で、権利とは言わない。

    >「最小限度のもの」では、曖昧です。戦闘能力の有無が問題になるでしょう。

    君は、政府の言う「必要最小限度」の定義を知らないだけですね。
    基本まで教える気は無いです、自身で調べた方が良い。(桃太郎の話で、鬼が島を知らない様なものです)

    >私はいくら考えても政府の言う「法的根拠」は認められません。多くの憲法学者も同じ解釈です。

    憲法学者の違憲とする根拠は9条なんですがね、「憲法前文と憲法13条」との言説は無いね。
    若しも在るのなら、出して欲しいですね。
    そして、
    政府の解釈が間違えだろうと関係ないよね、君が、政府(政治家)の主張とされる説明をしたんですよ。
    君が政府の解釈を間違えた事に対して指摘したまでで、政府の解釈が正しいとは云っていないね。
    君自身が、政府解釈を憶測で言ったのに過ぎないんだよ。

    >この答弁には<すり替え>があります。
    「自衛の措置」イコール「武力の行使」と同意に解釈しています。
    だから、政府解釈は誤っています。
    「武力行使しない自衛」こそ、【9条の真意】です。

    創作はしない様に。
    「武力行使しない自衛」9条の何処に自衛と謳われているんですか?
    抑々が
    憲法に自衛とは謳われていないんですよ。

    武力行使には、「国権の発動たる」との法律の留保が在ります。
    国権の発動には、自衛は含まれません。

  • >>21420

    >私も資本主義体制には問題があると思っています。

    資本主義は、自然のままの弱肉強食ですが、進化段階で社会主義の弱者保護思想が芽生えてきました。それの理想が搾取排除・平等主義の共産主義ですが、搾取排除・平等主義は「弱肉強食」とは共存しません。
    従って、搾取排除・平等主義になると所有する利権を失う人達の妨害、誹謗中傷にさらされます。また、自由を概念とする国家は規制を嫌います。
    蟻とキリギリスなんですよ。千兆円の負債を抱えていても、豊かさを求めるキリギリスと、計画経済、労働尊重の蟻とは馴染みませんが、将来を考えれば、選択肢は限られると思っています。

  • >>21417

    高説?とんでもないですが、日本は余りにも規格品の人が多くて、戸惑います。
    社会主義の思想は、現在ではメルケルさんです。彼女は東独生まれで、基本がしっかりしていますよ。

  • >>21415

    人口ピラミッドは一つの社会保障財源調達方法にすぎません。
    年金なども貯金方式に変えるとか、今流行のベーシックインカム方法など、スケールメリットを考慮しながら、考えれば良いと思ってます。

  • >>21414

    日本人の総人口の内訳ですが、当分は、少子高齢化社会に至りそうです。人口ミラミッドが正常のピラミッド構造に戻るまでに相当の歳月が流れそうですが、人口プラミッドを正常のピラミッドに戻す措置として、人工的に、政府の方で調整しようという動向もありそうですね。

  • >>21413

    >敵国は事前通告してもしなくとも攻めてきます。独立国である以上は仮想敵国を常日頃から想定しておくべきでしょうね。

    現代で、侵略行為って成立しないでしょう。例えば、日本の何を取りたいのでしょうか?トヨタでしょうかソニーでしょうか?

    >攻めてくれば最小限度は応戦しなければなりませんから、最低でも、専守防衛は譲れない戦略です。

    「専守防衛」って現実的じゃないですね。ディフェンスだけのチームってアメフトくらいのものでしょう。

    >環境に適した人口調整は200年計画で行えばいいと考えます。
    現代の諸悪の根源は、人口増加です。鹿などの野生動物には「適正個体数」を算定しています。人類は自らの叡智で今日の文明・文化を築きましたが、医療・環境の好条件で人口が産業革命以来、急激に増大しています。叡智ある動物として、人口調整を行う時期に来ていると思います。シェークスピアで創作ストーリーは終わり、工業品も必要なものも終わっています。レンブラントは写真に変わり、飛行機、自動車は余計な工業製品です。
    世界人口を45億人に調整できたなら、電気自動車・太陽電池発電・遠隔地には工業用原子力発電所などを整備します。
    日本と言う国で5000万人以下に制限すべきでしょう。(例:現フランス・英国がそれぞれ約5000万人です)
    居住都市と工業地域に分けて都市計画を立てる。

    ザックリ簡略に書いてみました。疑問点があればご質問下さい、

  • >>21412

    >「9条を守れ、」には賛成ですが、戦争容認派達は<防衛の正当化>を<武装化>に近づけて抗弁します。

    そうですよね。私は日本共産党の国防論については、全くの素人です。ご存知でしたら、ご教授、お願い申し上げます。他意があって、「しんぶん赤旗」をアップロードしたわけじゃないのです。政党新聞を発行し、且つ、インターネットで無料公開されているのは、「しんぶん赤旗」位しか思いつかなかったので、アップロードさせていただきました。

    >自衛・防衛イコール戦闘なのでしょうか?

    敵国は事前通告してもしなくとも攻めてきます。独立国である以上は仮想敵国を常日頃から想定しておくべきでしょうね。攻めてくれば最小限度は応戦しなければなりませんから、最低でも、専守防衛は譲れない戦略です。

    >環境問題、金融工学などの新しいセグメントに対応してこそ、現代大衆のリーダーと言えるのではないでしょうか?
    >日本共産党は、その役目を忘れ、前時代的土俵の上で相撲を取っているように見えます。言い換えれば、自民党と同じ土俵です。

    戦略を練るにしても多角的な方向性を加味して、戦略会議が開かれなければ、防衛ラインは破られてしまうでしょう。


    >>環境に適した人口調整は200年計画で行えばいいと考えます。


    ご名案でも?是非、お聞かせください。

  • >>21411

    ペガサスさんへ
    「9条を守れ、」には賛成ですが、戦争容認派達は<防衛の正当化>を<武装化>に近づけて抗弁します。
    自衛・防衛イコール戦闘なのでしょうか?
    女子が痴漢や不良から身を守るのに、格闘技をマスターしないとイケナイのでしょうか?
    毅然とした「人となり」なら、不良に絡まれたり、痴漢に遭ったりしません。
    国家もそうです、しっかりした歴史を持ち、揺るぎない歴史解釈、歴史観、社会観を持てば、国民1人1人が自立して社会が安全で住みよくなります。

    共産党の考え方は、間違っていないと思いますが、「労働者階級よ目覚めよ」の時代は終わり、環境問題、金融工学などの新しいセグメントに対応してこそ、現代大衆のリーダーと言えるのではないでしょうか?
    日本共産党は、その役目を忘れ、前時代的土俵の上で相撲を取っているように見えます。言い換えれば、自民党と同じ土俵です。

    防衛問題で言えば、9条の真意は崇高な目的の創設だと思います。つまり、「毅然とした国つくり」です。スジを通さないと憲法など意味ありません。立憲民主に期待したのですが、自衛隊容認でがっかりです。
    曖昧な日本の歴史を見直し、明治政府の恣意的歴史解釈を修正して、胸を張れる国家の歴史を(整理して)確定しましょう。
    経済成長による物質的裕福な社会ではなくて、地球の「身の丈」に合った人類の「適正個体数」による社会構成を実現させるべきだと考えています。
    もし、ご質問があれば、お問い合わせ下さい。差し当たっては、少子化対策に反対します。環境に適した人口調整は200年計画で行えばいいと考えます。刺激的すぎですか?

  • 「核なき世界」実現へ討議

    ローマ法王庁が国際会議

    【ローマ=伊藤寿庸】ローマ法王庁が主催する国際会議「核兵器のない世界と統合的軍縮への展望」が10日、バチカン市国の会議場で開会しました。2日間の日程で、ノーベル平和賞受賞者をはじめ、国際機関や国、市民社会、宗教界の代表や学者など300人近くが参加しています。日本の被爆者の代表として、和田征子(まさこ)氏(日本原水爆被害者団体協議会事務局次長)が出席しており、11日に被爆証言をする予定です。

     初日にあいさつした法王庁の「人間開発のための部署」のトゥルクソン長官は、トランプ米大統領がまさにアジアを訪問している時期の会議の開催となったのは「幸福な偶然の一致」だとしつつ、「今後数カ月、数年間の戦争と平和をめぐる決定は人類の将来に重大な結果をもたらす」と警告。7月の核兵器禁止条約採択、10月の「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のノーベル平和賞受賞に触れながら、核兵器のない世界の実現を訴えました。

     午前の開会セッションでは、法王庁のパロリン国務長官も発言。赤十字国際委員会の代表、ムハマド・ユヌス・グラミン銀行創設者(ノーベル平和賞受賞者)、中満泉国連軍縮問題担当上級代表などがそれぞれ、核兵器と人道的側面、貧困克服、国際外交との関連について報告しました。

     ** 戦争はイヤです! 「核なき世界」実現へ討議  ローマ法王庁が国際会議  【ローマ=伊藤寿庸】ローマ法王庁が主催する国際

  • <<
  • 21430 21411
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン