ここから本文です
  • 1

    *****

    天皇制は廃止するべきだ

    天皇制は廃止するべきだ なぜなら 天皇自身もいろいろ干渉されてかわいそうだし。宮内庁なんて金の無駄だし。そんなに皇室ばかりに興味を持たずに アイドル タレントとかに夢中になっているほうが賢いと思いますよ。皇居は土地の無駄だ。国民公園にしてください

  • <<
  • 41548 41529
  • >>
  • 41548(最新)

    kik***** 4月6日 22:27

    >>41547

    >イラク戦争は正当と考える人が多い。

    まるで逆。メディアの洗脳情報をまともに信じるこまったチャンみたいな薄ら脳だけ。英国の独立調査委員会がイラク戦争を詳細に検証して、「明らかに間違った戦争」と結論を出している。

    国連安保理事会による軍事措置の決議がなされていないのにも関わらず、小泉がブッシュの背中を押して始まったイラク戦争。

    国連憲章にしるされた加盟国の武力行使は侵略が発生したときの自衛反撃に限られ、また他国の内政に干渉してはならないという世界の平和秩序の原則と民族自決の原則を根底からくつがえす重大な戦争犯罪である。

    アメリカの自衛権の根拠とした大量破壊兵器もなく、アルカイダとの関係もなかった。

    ブッシュ大統領がどんな屁理屈を言おうが、世界の平和秩序のために決して許されない侵略戦争である。

    これでも見て少しは勉強しろ。
    https://www.youtube.com/watch?v=euRWkM2cDLw

    追加. イラクのクエート侵攻では、その前にクエートの横暴があったことを忘れてはいけない。

  • >>41546

    > フセインの独裁的統治は国家の安定のためであり、フセイン亡き後の今日の惨状をみれば、フセインの統治努力に頭が下がる思いだ。
    > イラク戦争はアメリカの明らかな侵略戦争。

    私も貴方も報道等によってしか事実を知りえない。
    当時、確かクエートであったと思うが、フセインが侵略し非道の限りを尽くしたと連日報道されて居った。
    そして戦況が悪化すると、己の主張を通す為に剣を抜き国民は一人残らず最後まで戦うと言う本人の映像が流れた。
    まるで原爆投下さるまでの我が国と同じ状況だと驚いた。
    国際情勢に反する身勝手な独裁振りは今の北朝鮮にも通じ、国民を皆犠牲にする。
    だから、考え方はそれぞれで批判もあるが、イラク戦争は正当と考える人が多い。

  • >>41545

    カダフィのことを勉強しても何の進歩のない愚民。

    フセインも、ユダヤ金融資本の手先となったメディアによって独裁者に仕立てられたカダフィと同じだと解からないこまったチャン。

    イラクは、欧州によって勝手に直線的な国境線が引かれてできた、考え方の違う民族が集合したモザイク国家。フセインの独裁的統治は国家の安定のためであり、フセイン亡き後の今日の惨状をみれば、フセインの統治努力に頭が下がる思いだ。

    >フセインの非人道的大罪は処刑されて当然と多くの人は賛同している。

    イラク戦争はアメリカの明らかな侵略戦争。ブッシュ、ブレアに加え、ブッシュの背中を押した小泉も戦争犯罪者だ。日本も片棒を担いだ共犯だよ、軽々しいことは言うべきではない。

  • >>41543

    一見愛国心の塊のようであるが、偏した思い込みは再び国民を不幸にするだけである。
    フセインを抹殺したのは、大量兵器の誤認があつたかもしれないが、それまでのフセインの非人道的大罪は処刑されて当然と多くの人は賛同している。

  • >>41542

    > 歴史的にないことを机上の理想で語ろうなんていうのは馬鹿のすることです。
    中共に対して、国際的に阻止することができたのか?

    同じ過ちを繰り返さない事を歴史に学ぶと言う。
    学ばなければ何度でも同じ過ちを重ねる。
    其れが歴史なら、余計に同じ過ちを犯さないようにするのが賢者である。
    そういう前向きな考えを馬鹿呼ばわりしていては、人類に進歩は無い。
    中共に限らず個別の国の過ちを国際的に阻止する方法を模索しなければ、争いや軍備競争のような非人道的行為はいつまでも続き、平和な世界は実現しない。

    > どこが基本的に同じなんですか

    基本的に同じと言ったのは、今も昔とそんなに変わっていない現状を言ったので、これからもっと前向きに考えなければならないという事。

  • >>41540

    >非現実的な考えの者が居るから

    薄ら脳は勉強もしないで腐れ教師の言うことを盲目的に信じる。哀れの極み。

    国際法に違反してつくられた日本国憲法に加え、自分たちに都合の悪いことを隠ぺいするために、とんでもない戦争犯罪である7000冊以上もの焚書を行い、GHQの犬だけを残してまともな日本人を公職追放した。大学に残った左巻き腐れ教師はGHQの愚民化政策の手先となって学生を洗脳した。教え子も自分かわいさで腐れ教師に従ったの。薄ら脳達は毒をまともにくらって、悲劇の始まり。

    ここにきてやっとGHQ図書が開封され、当時の日本人の知識人の見解や戦地の兵隊の手記などを読むことができるようになった。世界一軍規が厳しかった日本軍のことや、欧米列強のアジア侵略の苛烈さのなかで、日本の困難な状況が客観的に分析されている。幸いなことに最後の大日本帝国海軍将校生徒であった中松義郎が生き証人として、終戦当時の状況を教えてくれている。歴史上最も偉大な科学者の5人に選ばれている人だ。直接お会いして話をしたことがあるが、89歳にして頭脳の衰えを知らず、飛びぬけた誠実さの人で、彼の著書「日本は負けたのではない」に嘘はなく事実の羅列である。「無傷の七百万の日本兵」のことはここに書かれている。

    民主主義にもいろいろある、北朝鮮だって民主主義共和国である。単純な民主主義国家ではない日本は立憲君主国で。君主が国家の柱なのだ、戦争で君主の首が切られれば国家は崩壊する。「事がれあば国民は身を投げ出し朕の為に尽くすべし」は立憲君主国として当然のこと。英国でも戦争になれば女王の首を守るために国民は命をささげる。

    だいたいあなたが信奉しているような単純な民主主義は危険なのだ。ヒットラーを生み出しのも民主主義。アメリカの民主主義もトクビルが予言したとおり怪物となった。大統領統領直轄のプロジェクトとして、膨大な資金と人材が投入されたマンハッタン計画。何十万人の罪のない女子供を一瞬のうちに大量虐殺することができる極悪非道の戦争犯罪兵器の開発を民主主義が平然と許し。大量破壊兵器を持っていると嘘をでっち上げ、侵略戦争を仕掛けフセインを抹殺し、罪のない何十万人の婦女子が虫けらのように殺された。世界でもトップクラスの善政で多くの国民から慕われていたリビアのカダフィをユダヤ金融資本の手先となったメディアによって独裁者に仕立てあげ抹殺。

    これでも見て少しは勉強しろ
    多くの国民から慕われていたリビアのカダフィ
    http://bossanovaday.hamazo.tv/e4223198.html
    カダフィに歓喜する国民
    https://www.youtube.com/watch?v=aggieI4YAVw
    欧米の悪魔の手先となったメディアによって独裁者に仕立てられた。
    https://www.youtube.com/watch?v=w4lx1fwftIQ

  • >>41539

    > すべて平和裏に互いの国の妥協点を見つけ解決するのが政治力である。
    軍事力を背景に自国の言い分だけを通そうとする国は、国際的に阻止するよう各国は団結しなければならない。

    歴史的にないことを机上の理想で語ろうなんていうのは馬鹿のすることです。
    中共に対して、国際的に阻止することができたのか?

    > 今の国連のように特定の国に拒否権を与えるような不公平な制度は早急に改めなければならない。
    過去の忌まわしい出来事と、これからの事を一緒にしたようだが、基本的には同じであり、何事も話し合いにより平和に解決するよう努めなければならない。

    もともと国連などというのは、戦後体制を維持すべくできた組織で、その証左が「拒否権」です。
    早急に改まるなんていうのは、夢ですね。戦後70年もたってそのままなんですよ。
    あなたが忌まわしいというなら、今までの人類の歴史自体が忌まわしいわけだ。
    どこが基本的に同じなんですか。今も忌まわしいんでしょ。あんたの言って「拒否権」も。

  • 政治は話し合うこと。
    話し合いに商売人が資金提供して、話し合いで自分に有利にしている。
    政治と経済は政教分離と同じくらい分けないといけない。
    金のために不道徳な仕事をしなくてはいけないというのは精神と経済に当たり、これも政教分離と同じく分けなくてはいけない。
    政治と経済と精神=文化(宗教含む)を分立させて統合しないといけない。
    国民統合とはこういう事だと思う。
    天皇が統合の象徴というのはカテゴリーの肥大化だと思う。

  • >>41538

    > アメリカの原爆投下がなく、本土決戦をしていれば無傷の七百万の日本兵と1000万以上義勇兵がいた日本が勝利したことは間違いない。

    そういう非現実的な考えの者が居るから、原爆投下しざるを得なかったのだろう。
    そもそも真珠湾奇襲作戦などが誤りの始まり。
    国力も兵力も格段の差がある米国に、いくら奇を衒っても勝てる訳が無い。
    東京が空襲された時点で、国民の事を思えば敗北宣言するのが当然。
    さすれば人類史上最悪の原爆投下は避けられた。
    なのに竹槍等で国民総動員で戦うなどと、突拍子も無い事を国民に強いたのは理解出来ない。
    敗戦後の米国の我が国に対する処理も、他の国にでは考えられないくらい人道的であったように思う。
    そんな米国が我が国を戦争しざるを得ないくらいに追い込む筈が無いと思う。

    > だいたい明治憲法は万機公論に決すべしで初めから民主主義。

    「事がれあば国民は身を投げ出し朕の為に尽くすべし」の明治憲法のどこが民主主義か、全て国民は朕の隷属下に置かれているような扱い。
    民主主義とは主権は国民が有するもので、民主主義の意味も分かっていないようだ。

  • >>41537

    > 戦わざるを得ない戦があったということを知らない。
    戦ったから今があるわけで、戦わなかったら四分五裂、勝手に休戦ラインやら国境なんかがこの列島にできているのではないかと想像する。

    争いには全てそれぞれの言い分がある。
    あなたは戦争を美化しているだけで、今が在るのはその功績とでも言って居るようだ。
    その代償として、どれだけ多くの人が国の内外を問わず犠牲になり、無くなったり悲惨な目に遭ったか考えていないようだ。
    すべて平和裏に互いの国の妥協点を見つけ解決するのが政治力である。
    軍事力を背景に自国の言い分だけを通そうとする国は、国際的に阻止するよう各国は団結しなければならない。
    今の国連のように特定の国に拒否権を与えるような不公平な制度は早急に改めなければならない。
    過去の忌まわしい出来事と、これからの事を一緒にしたようだが、基本的には同じであり、何事も話し合いにより平和に解決するよう努めなければならない。

  • >>41535

    日本の自衛のための大東亜戦争は大義のある戦争であり、堂々と勇敢に戦った日本軍は高く評価されるべきだ。戦争が始まったら、戦死者でるのは当たり前。

    敗戦ではなく、終戦が正しい。アメリカの原爆投下がなく、本土決戦をしていれば無傷の七百万の日本兵と1000万以上義勇兵がいた日本が勝利したことは間違いない。外務省に巣くったコミンテルンの日本人スパイがとんでもない終戦処理をしたが日本の不幸。

    当時アメリカは、多くの男性パイロットが戦死し女性パイロットを養成し始め、多くの戦艦が沈没してコンクリートで戦艦を作り始めていた。遠路はるばる日本まできて勝てるわけがない。

    お互いの言い分が譲歩できなければ、戦いで勝負するしかない。ただし戦いにも非戦闘員を攻撃してはならないなどのルールがある。

    原爆投下は相撲で勝負をつけることにした場合。まわしに隠し持ったナイフを取り出して相手が土俵を出ざるを得なかったのを、勝ったと言っているようなものだ。

    日本が独立を回復した時、即座に占領基本法である日本国憲法の無効宣言をして明治憲法を復活させていれば。今日と比べようもない繁栄と、犯罪が極端に少なく、笑顔があふれる礼儀正しい豊かな日本社会が出来上がっていただろう。

    だいたい明治憲法は万機公論に決すべしで初めから民主主義。ただし、道徳のリーダーである天皇が、民主主義が衆愚政治に陥らないように歯止めとして存在する理想的な民主主義。

    回りの国が悪意のあることを言うのは、昔からの常。正義をもって対処すればよいだけ。

    日本の最大の課題は、国内にいるGHQの愚民化政策の罠にまんまと嵌ったあなたみたいな愚民を一日も早く一掃することだ。

  • >>41536

    > 天皇万歳の元に戦争を起こし、敗戦したの動かせない事実である。

    君の浅い知識で言い放てるのがおかしい。
    戦わざるを得ない戦があったということを知らない。
    戦ったから今があるわけで、戦わなかったら四分五裂、勝手に休戦ラインやら国境なんかがこの列島にできているのではないかと想像する。

    その残火は今も残っているわけで、そんななかであなたのように戦勝国の言い訳を歴史として認識しているのは全く滑稽である。

  • >>41534

    > 大戦前、神格化が戦争を引き起こしたというのは、あなたの嘘ですね。

    天皇の存在を美化し敬うのは個人の自由。
    天皇の意思か、利用されただけなのかは定かではない。
    天皇万歳の元に戦争を起こし、敗戦したの動かせない事実である。

  • >>41533

    > 日本が立ち上がらなければ、アジアはいまだに欧米の植民地のままで、アジア人は家畜並みの境遇が続いていただろう。

    そんな功績のある我が国が敗戦後は侵略国とて裁かれ、多くの人が罰せられた。
    そして救ってくれたのは直接の相手国である米国で、その監督の下に曲りなりにも民主主義国になり、今日のような平和と繁栄を迎えている。
    しかし、いまでも中国や韓国は侵略国としての償いを求めており、ロシアも北方領土を奪ったままである。
    そして皮肉にもあなたが敵視する米国の軍事力に依り、中国やロシア・北朝鮮の脅威から護られて居る。
    あなたは現実を全く顧みず、天皇のみを神格化しやたらと有難がり敬っている。
    皇族と言われる人達の中でも、見識ある方はさぞかし迷惑しているだろう。

  • >>41518

    存在していたから、時の武将など権力者が長い平和を築け、ときに戦争があっても大量の市民が殺戮の憂き目に会わなかった。
    諸外国の内戦・権力闘争の歴史をみれば分かるはずだ。
    存在そのものが、功績なのだということが、日本の知恵なはずだ。

    大戦前、神格化が戦争を引き起こしたというのは、あなたの嘘ですね。
    この10年、多くのあの戦争に関する研究成果が出てきているなかで、以前として中共のやったプロパガンダ、東京裁判史観に染まったままでコメントするとすれば、それは無知の成せるワザと言うべきだろう。

  • >>41532

    >天皇の功績は聞いたことが無い。

    何を訳のわからないことを言うのでしょうか。
    日本は、徳治主義の国であり、徳を備えた天皇が常に道徳のリーダーとして存在していた。天皇家が神界に連なるとされるが故に不動のリーダーとして国民は疑わなかった。だから、憲法17条の承詔必謹として、天皇の詔には誰もが従わなければならいとされたのである。武家政権時代では武家の頭領を征夷大将軍に任じ国家の統治を許した。明治天皇は五箇條御誓文を出し、内外の専門家から絶賛を浴びた明治憲法をつくらせた.国家のリーダーの仕事は重責で、天皇は立派な仕事をしてきた。

    >太平洋戦争等を引き起こし、外国にまで侵略

    アメリカの意図する愚民化がまんまと成功している。プロバガンダをそのまま信じ込む薄ら脳。大東亜戦争はマッカーサーや専門家が認めているとおり、日本の自衛のための戦争であったのは明らか。日本が立ち上がらなければ、アジアはいまだに欧米の植民地のままで、アジア人は家畜並みの境遇が続いていただろう。

  • >>41531

    大昔の話はともかく、戦国時代の前から天皇の功績は聞いたことが無い。
    織田信長以前に公家が政治を取り戻そうと画策した記録が在るくらいで、明治までは武家に食わしてもらっていただけ。
    明治になり幕府に替わるものとして政府が奉ってきたが、神格化が災いして太平洋戦争等を引き起こし、外国にまで侵略を重ね、原爆により終焉するまで数えきれない犠牲者を国の内外に出してしまった。
    敗戦後民主主義国になったが、平和に治める必要性から国民の象徴として天皇を位置付け今日に至っているが、民主主義も定着するにつれ、遅まきながらその功罪や必要性を見直さなければならない時期である。

  • >>41530

    一万年以上にもわたる極端に殺人が少なかった共生の原理の縄文文化を土台にして続いてできた天皇の国、日本。縄文に文字がないわけがない。古代文字がより便利な漢字に変わっただけ。古代文字の記録がベースだと思われる日本書紀の神武東征の記載は明らかに真実であり。GHQの日本弱体化計画に追随した歴史家やメディアはいまだに神武東征はなかったと嘘を垂れ流している。戦後の日本は単なるアメリカの属国になり下がり、堕落と金儲け追求だけの誇りも何もない国になってしまった。あなたのような軽薄な人間が出てくるのはアメリカの意図するところで大喜びだろう。

    孔子の徳治主義、プラトンの哲人政治の理想が現実のものとなったのが、神武天皇以来、戦前の日本の国体で世界無比である。来日したアインシュタインが絶賛した理由である。

    戦後の偏向教育の先入観はすべて捨て、神武東征から2000年以上も続いてきた誇り高い日本の歴史を謙虚に見つめなおせば、天皇の重要性、日本人の精神の柱であることが理解できるだろう。

  • >>41522

    > 私はリベラルだが、我が祖国日本には誇れるものは自然と皇室とりわけ現天皇陛下、皇后陛下
    だと思っています、もし天皇制がなくなったら安倍ちゃんがNO1だよ考えたくもない、ちょ
    っと前は野田だよ

    とてもリベラルとは思えない価値観である。
    現天皇陛下も皇后も国民に尽くした具体例を聞いたことが無い。
    自分達の在り方とか、皇室財産にに付いて国民の為になるには如何すべきとか真剣に考えていないようだ。
    今までは宛がわれた行事を粛々とこなしているだけで、人間性は感じられない。
    政治のトップは国民が選んだ議員に依って決められるから、見識のある議員を選ぶのが国民の責務。
    変な首相を擁立するのも国民の怠慢や愚かさである。
    皇室は世襲制で人格とか能力は度外視して自動的に決まるから、特別な功労が無い限り評価は出来ない。

  • >>41525

    戦前の日本は犯罪が極端に少なく、女性が夜道を一人で歩いても安全なほど治安が良い国だった。外国からの旅行者は、わざと机の上に現金を置いて外出しても大丈夫だと報告している。

    仁徳天皇は「政事は民を本としなければならない。その民が富んでいるのだから、朕も富んだことになるのだ」とし、堀江の開削をして河内の水はけを良くし、広大な平らな農地を作るために出た残土を積み上げ巨大な古墳を作り上げた、民のかまどから煙が少ないのを見て税を免除し、宮殿の壊れた屋根も直さず。民と苦しみを共にする君民共治が伝統。戦前は、天皇も公務員も質素を旨としていた。

    戦後民主主義では、国会が開かれるたびに、新たな法律、公務員の仕事がつくられ、怖いものしらずの公務員天国の度合いは増すばかり。庶民に対する規制も増すばかり、庶民の所得も反比例に細るばかり。人心が乱れ、子供のいじめ、犯罪はふえるばかり。

    戦後民主主義は議員、公務員、政治家を動かせる大金持ちのためにある制度だ。
    庶民が心に平安を持って、豊かに暮らすためには大日本帝国憲法を復活し天皇に頼る以外に道はないだろう。

  • <<
  • 41548 41529
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア