ここから本文です
  • <<
  • 2 1
  • >>
  • すこし動いただけで息切れがし、呼吸が困難になる喫煙者に起こる病気はCOPDと言います。以前は肺気腫と言っていました。
    タバコの煙によって肺が破壊される病気で喫煙者は、遅かれ早かれ、必ず掛かります。
    一度破壊された肺は元に戻ることは無いので、治療方法はありません。この病気は次第に進行し、呼吸が困難になるので、苦しんで死んで行きます。この苦しむ時間が長いので患者も周りの親族も辛いです。

    桂歌丸さんがこのCOPDになり今では車いす生活で酸素ボンベが手放せなく成りました。高座に上がるのも一人では上がれず、人手を借りないと上がれないそうです。

    タバコを吸っていれば必ず掛かる病気なので、タバコを吸ってる人は出来るだけ早くタバコを止めないといけません。

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン