ここから本文です
  • 1

    昔むかし僕が小5の冬、風変わりなテレビ番組に気が付いた。
    アニメかと思いきや、落第生のイタズラっ娘が実写に変身し、アイデア満載の洒落たオープニング。この明るい宇宙人のお姉さんはミュージカルまでこなし、住み込みお手伝いとして大活躍。
    ケンちゃんシリーズに似た雰囲気を感じつつ、それだけではない不思議な小怪獣が居た。それまで可愛い怪獣?1だったピグモンを軽く越えてしまった。
    回を重ねるに連れて圧倒的なほどノリに乗ってきて、特に蟻の国へ行く話と魔法のピンポン玉の話が、子ども心には印象的だった。
    これが生涯最愛となる番組との出会いだった。シナリオとビデオを全79話揃えた今でも、テレビドラマ史上の最高傑作と信じている。

  • <<
  • 1817 1788
  • >>
  • 1817(最新)

    籾山 幸士 6月24日 22:18

    >>1810

    記念展→記念祭
    ★No.1807No.1810既報;
    『コメットさん』生誕50周年記念祭 (C)国際放映株式会社
    http://textream.yahoo.co.jp/message/1835576/6ebdema4bb0bbra4nbdibea1va53a5aa5ca5ha45a4sa1w/1/1807
    http://textream.yahoo.co.jp/message/1835576/6ebdema4bb0bbra4nbdibea1va53a5aa5ca5ha45a4sa1w/1/1810
    なぜ記念「展」→記念「祭」に改名したのか?
    来場されたら、わかります。

    ★告知サイトご覧のとおり、10年前の40周年を超える展示内容。
    http://www.geocities.jp/comet19671968/geobook.html
    例えば、#78『いつか通った雪の街』クリスマスカード小道具は以前も展示しましたが、
    あの「おたずね者」「賞金$1000!」貼紙小道具なんて僕自身、今回初めて見ました。
    きっと最大最高そして最後の大イベントになりましょう。

    残り1ヵ月を切り、準備作業にホント多忙な毎日(もちろん公私とも)。
    Facebookに裏話を書いていますので、興味のある方は御覧ください。

    ★豪華ゲスト「スタッフ代表×出演者代表50年ぶり対面」が最高企画。
    その他にも、
    「コメットさん定食(会場近隣の飲食店が検討中)」
    「コメットさんオープニング衣装コスプレ(頑張れ)」
    「漫才:タケシ・コウジ(台本いつできるねん)」
    「腹話術漫才:ベータン兄弟&サンダーコング(多分これ無理)」
    などなど訳のわからない関西パワー珍企画の数々…
    どこまで実現するか、まるで昭和の伊丹某劇場ではないか。

    ★ネット上や風の噂で、何故か僕は恐れられたり、それ以前に今回イベントをウソだと思われたり?
    「本当のことばかり言っていると嘘だと思われる」のは幼少時からですね。
    別に恐れられることは何もしてないんだけどなぁ。
    既に参加予約済の方、ぜひ弁護してくださいな。

    その他「マニアがコワイ」「ファンとは言えない」と低姿勢の方。
    例えば「ベータンに会いたい」でも全然OKですよ(マガリさんが喜びます)。
    どうぞ、お気軽に予約申請くださいませ。
    皆様、放映開始50周年の来月、神戸でお会いしましょう。

    ★おまけ
    No1811~1816連続で投稿削除されて欠番です。
    どなたか存じませんが、残念ですね。
    おそらくtextream規約に違反したのでしょう。
    僕自身も何度か削除されて、傾向と対策がわかってきました。
    コツをつかみ問題個所を改訂して再挑戦ください。

    九重佑三子の初代「コメットさん」 記念展→記念祭 ★No.1807No.1810既報; 『コメットさん』生誕50周年記念祭

  • 文字のおばけが出たぞ
    ★No.1808のmeca_beetanさん、開催中「持永只仁 展」情報ありがとうございました。
    http://www.momat.go.jp/fc/exhibition/mochinaga/#section1-2
    僕は『ピノキオの冒険』原題 the NEW adventures of Pinocchio(1960~61)が気になります。
    http://textream.yahoo.co.jp/message/1835576/6ebdema4bb0bbra4nbdibea1va53a5aa5ca5ha45a4sa1w/1/1449
    ベータンの原点、ネス湖出身Loch Ness Monsterネッシー人形の写真はありませんでした?
    眞賀里さん証言によると、ティータイムにテーブル上に出現し「Tea! Tea!」と叫ぶタータンチェック柄の小怪獣で、紅茶カップを持つ手があるそうです。
    いつか動画を観たいなぁ(せめて写真だけでも)。

    ★それから、No.1807でお知らせした『コメットさん』生誕50周年記念展。
    既報のとおり、メイン告知サイトこちら↓
    http://www.geocities.jp/comet19671968/geobook.html
    しかし文字化けする方もあるようです(難なく表示できる方も多数あり)。

    そこで、我がFacebookタイムラインで同等の情報を書いたのがコレ。
    http://www.facebook.com/photo.php?fbid=1897928850421350&set=a.1489508484596724.1073741828.100006127601630&type=3&theater
    今のところ以上2つが告知サイトで、常に最新情報です(時々チェックしてくださいね)。

    いずれ告知内容が固まったら、この掲示板にも書こうとは思っていますが、まだ修正部分あり。
    何故この掲示板で告知しないのか?
    「この掲示板は投稿後の修正が効かない」からです(上記2つは修正可)。

    参加人数が今まだ読めず、把握する意味でも予約をお願いしています
    (人数が設営形態やスケジュール案に影響しますので)。
    整理番号のある方は確実に入場できます。
    整理番号の無い方が突然来られても、どうなるかわかりません(入場お断りする可能性あり)。
    例えば満員満席の場合に当日(予約せず)突然来られた方は入場お断りせざるを得ないでしょう。
    勿論たくさん来てほしいのですが…。

    ☆お願い☆
    ・予約申請メールくださる方の中には、告知サイトを読んでいないと思われる方が時々おられます。
    そのため何度も確認メールやりとりしたり、お互い困ります。
    必要事項・注意事項など、熟読の上で申請ください。

    ・携帯電話から予約申請メールいただくのは良いとして、こちらが返信すると何度送信してもエラーという方。
    おそらくパソコンメールを受信拒否設定しているのでしょうが、こちらとしてはどうしようもありません。
    返信メール受信できるように設定の上で申請ください。

    ★追伸
    大阪花之呼♂さんの花之子時代のイラスト。
    掲載許可いただいたので今回添付します。

    九重佑三子の初代「コメットさん」 文字のおばけが出たぞ ★No.1808のmeca_beetanさん、開催中「持永只仁 展」情報ありが

  • 本日、東京国立近代美術館フィルムセンター 展示室にて開催中の「持永只仁 展」を観てきました。
    「マッド・モンスター・パーティー」に関する展示の中でスチール写真が4枚あり、その中の1枚が(後の)サンダー・コングでした。
    (・・・と、とりあえず至極簡単なご報告のみ・・・)

  • >>1452

    『コメットさん』生誕50周年記念展 7月開催のお知らせ
    ★経緯と企画意図★
    テレビドラマ史上の最高傑作『コメットさん』は、1967年7月3日~翌68年12月30日の毎週月曜日19時30分~20時に、TBS系全国32局ネットで全79話が放映されました。

    10周年は、1978年8月3日にTBS系『モーニングジャンボ奥さま8時半です』で、九重佑三子さん×蔵忠芳さん×河島明人さん×西崎緑さんの同窓会がありました。
    20周年は、1987年8月26日に『コメットさん』関係者取材が始まり、数年がかりのコメットさん全面特集本『β星より愛をこめて』が自費出版されました。
    30周年は、1997年9月23日にCS局キッズステーション特番『九重佑三子のコメットさん3時間スペシャル』で、橋本洋二プロデューサー×佐々木守さんの対談がありました。
    40周年は、2007年7月6~8日にロケ地ウェルサンピア東京で『コメットさん』生誕40周年記念展が開催され、初日の山際永三監督や最終日の九重佑三子さんを初め関係者が多数来場されました。

    50周年は、今年2017年7月に放映開始50周年記念月を迎えるにあたって、最大最高おそらく最後の記念イベントを開催します(入場無料)。
    イベント翌日の秘密試写会(入場無料)と共に、予約方法など詳細内容は下記サイト告知を御覧ください。
    http://www.geocities.jp/comet19671968/geobook.html
    10年前と同じ東京では二番煎じで、僕自身も無理ですし、各方面検討調整した結果、
    (1970年代に再放送が日本一多く『コメットさん』50歳代ファンの本場)関西で、今夏7月開催。
    国際放映はじめ関係者の方々、ご理解ご賛同いただいた皆様に、感謝の意を表します。

    上記サイト告知は、最新情報を逐次更新しますので、時々ご確認ください。
    表示できない方、下記トップ画面からゲストブックへジャンプしても表示できませんでしょうか?
    http://www.geocities.jp/comet19671968/
    我が友人連中に試し見てもらった回答こちら。
    「safariでは文字化けしますが、googleなどブラウザを変えると表示できますから、恐らくwebサイトのエンコードの問題でしょう」
    「iPadやiPhoneの人はsafariを使わずgoogle chrome、puffinなど経由して見るのが良いと思います」
    「私のXperiaZ4はOKでした」

    皆様の表示可否結果、その他ご意見ご感想ご提案など、どうぞ投稿ください。

    ★追伸1
    添付画像は今回イベント用の新作イラスト(如何でしょう?)。
    前期後期まぜこぜなのはワザとですが、ベータン弟は本来のチェック柄が見つかりません。
    拙著『β星より愛をこめて』イラスト担当の大阪花之子改め大阪花之呼さんに約30年ぶりに描いてもらいました。
    お仕事ご多忙の中を腐れ縁どうもありがとう。

    ★追伸2
    お気づきかとは思いますが、No.1806訂正。
    「タッチ」岩崎宏美→良美
    ひろりん、よしりん、ゴメン。

    九重佑三子の初代「コメットさん」 『コメットさん』生誕50周年記念展 7月開催のお知らせ ★経緯と企画意図★ テレビドラマ史上の最高傑

  • >>1803

    歌え!昭和のベストテン スーパーアイドル春の祭典
    ★No.1803~1805のGIN*****さん、初めまして。
    …と思ったら、15年以上前『コメットさん』掲示板を主宰されていたジェネさんですね。
    その節は大変お世話になりました。
    お久しぶり&特番情報等ありがとうございます。

    No.1805の写真は、#64『ガイコツ砦の決斗』北裡商店街「ブラザーミシン福島営業所」前。
    http://www.f-kitaura.com/photo.html
    僕の所蔵する#64香月組スケジュールによると、1968年8月24日(土)午前中ロケ撮影です。
    現存するブラザーショップ福島に以前打診しましたが「何もわからないため対応できません」。

    ★BS日テレ15日放映『歌え!昭和のベストテン スーパーアイドル春の祭典』
    おかげさまで僕も何とか観ることができ以下、簡単に報告します。
    アダルトチームとヤングチームが対決する形式で…

    <1回戦 コメットさん対決>
    「キラキラ星あげる」大場久美子
    「コメットさん」九重佑三子

    <2回戦 列島が熱狂対決>
    「稲妻パラダイス」堀ちえみ
    「学園天国」フィンガー5晃

    <3回戦 ツッパリ対決>
    「男の勲章」嶋大輔
    「想い出ぼろぼろ」内藤やす子

    <アイドル女戦国史1>
    「ひとりじゃないの(天地真理)」山地まり&中村麻里子
    「瀬戸の花嫁(小柳ルミ子)」森口博子

    <4回戦 スターも憧れ対決>
    「春ラ!ラ!ラ!」石野真子
    「逢いたくて逢いたくて」園まり

    <5回戦 永遠の名曲対決>
    「まちぶせ」石川ひとみ
    「他人の関係」金井克子

    <6回戦 国民的“みんなの歌”対決>
    「タッチ」岩崎宏美
    「山口さんちのツトム君」斉藤こず恵

    <アイドル女戦国史2>
    「DISIRE-情熱-(中森明菜)」岩佐美咲
    「SWEET MEMORIES(松田聖子)」篠崎愛

    <7回戦 さわやか青春対決>
    「夏色のナンシー」<早見優>
    「新聞少年」<山田太郎>

    九重さん裏話は、当時の事務所社長ミュージカル好き+メイド志望の九重さん→コメットさん、
    そして後期主題歌『コメットさん』熱唱。

    僕の感想ですが…
    九重さんは自然に滲み出る三枚目のコミカル味が良いですね。
    しかし、貴重な話に広がりが出せていない構成・司会が、う~む。
    例えば大場さん以外に、初代『コメットさん』見てた? と訊かないのが欠点。
    観てない方がおかしい世代(石野真子さん、岩崎良美さん、石川ひとみさん)が居るのに。

    ★No.1795~No.1802のHYさん、世田谷区内ロケ地レポートありがとうございます。
    今世紀は皆ホント忙しいですね。
    20世紀は皆もっと余裕があったのですが、インターネット情報化時代は便利な反面、余裕が無くなった気がします。
    ロケ地めぐりは、好意的な方も居れば、そうでない方も当然居るので、その辺うまくやってくださいね。

    九重佑三子の初代「コメットさん」 歌え!昭和のベストテン スーパーアイドル春の祭典 ★No.1803~1805のGIN*****さん、

  • この写真について詳細をご存じの方いらっしゃったら教えてください、宜しくお願い致します。

    九重佑三子の初代「コメットさん」 この写真について詳細をご存じの方いらっしゃったら教えてください、宜しくお願い致します。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • ★ 大蔵通りと岡本、味の民芸について、大蔵通りも一応は見慣れているので意識していませんでしたが、岡本で直角に曲がるということがわかりました(しかも狭い!)。今まで、直進する方向がてっきり大蔵通りかと思っていました。そういえば、今よくよく考えれば、直進方向にはバス停がない!どの回は忘れましたが、背景でバス(恐らく東急バスだと思います)が曲がるシーンがありましたが、そういうことだったのか。勉強になりました。序に、大蔵通りの坂の下直ぐバス停前に『かつ久』(ブログあり)というとんかつ屋を発見しましたが、おいしいです。先般も美術館退館後東名超えて行ってしまいました。もち豚という特殊な豚でもちもちしていておいしいです。河越邸跡、富士見坂、百窓跡見学の後ぜひ行かれるといいと思います。ランチがお得です。しかし、よくよく考えると、東名開設前は大蔵通りはどうなっていたのでしょうか。第4話で、コメットさんがNHK技研前で酒屋の人(土肥尚弘さん)に武と浩二がどうのこうのと言われて前へ走っていきますが、通りがない様に見えますが(少しまがっていたのか?)、なかなかネット上も通りの沿革等がないので悩んでいます(今度航空写真を使おうとは思いますが)。それと、酒屋=土肥尚弘さん、この人『おれは男だ!』で、小林弘二の家を塀の上から見ていたところ、源之助おじいちゃん(笠智衆さん)に竹刀でたたかれた腕に打撲をしてしまう鎌倉署刑事の役をやっていたので驚きました(コメットさんの方が4年前ですが)。DVDみていろいろな俳優さんがここに出ていたなんて見ると面白いです。
     味の民芸、これも籾山さんが訪れた、国際放映の関係者の方と会ったということで、前かあら知っていましたが、前は通るが意識していませんでした。それで籾山さんに刺激を受けて、去年3回行って、先般も世田谷美術館訪問時に友人と昼食とりました。うどんがおいしいといいますが、味が落ちたという人もブログ、食べログ等でありました。しかし、私は十分おいしいと思います。お昼の松華堂弁当が、いろいろおかずがあって量も適度でコスパもよくおすすめです。去年は初訪問の時、店員のおばさんが九重さんもたまに来るようなことを言っていました。また、そちらへ行った時には寄りたいと思います。とりあえずこの位で。                         HY

  • 最後です。すいません。
     味の民芸、これも籾山さんが訪れた、国際放映の関係者の方と会ったということで、前から知っていましたが、前は通るが意識していませんでした。それで籾山さんに刺激を受けて、去年3回行って、先般も世田谷美術館訪問時に友人と昼食とりました。うどんがおいしいといいますが、味が落ちたという人もブログ、食べログ等でありました。しかし、私は十分おいしいと思います。お昼の松華堂弁当が、いろいろおかずがあって量も適度でコスパもよくおすすめです。去年は初訪問の時、店員のおばさんが九重さんもたまに来るようなことを言っていました。また、そちらへ行った時には寄りたいと思います。とりあえずこの位で。                                HY

  • 先般、世田谷美術館に気が付けば10年以上ぶりに行きましたが、その折2年ぶりにわざわざ見に行きホッとしました(いずれは壊されてしまうとは思いますが)。個人的に言って昔なつかしい、その手のアパートはかつて世田谷区じゅうあったので、感無量です。環八反対側の方向は、横断歩道の点で時間がなかったのでいけませんでした(尤も無意識何十回も通ってはおりますが)、今度は意識して通りたいと思います。なんと魔法で環八を封鎖してしまうシーン、白バイが来ますが、方向的に言って北から南下しているので成城警察署交通課所属の白バイかと思います(しかし、小田急南側の風景はしらなかったので参考になりました、北側の方はおぼろげに覚えていますが)。

  • ★ 第6話 『地球人のわからんちん』の最後に見えるアパート東荘、頑張ってます。今から37年前と32年前郵便配達のバイトであそらへんをくまなく配りましたが、恐らく東荘も配っていたと思います。今思うと、コメットさん時代にすでにあったということはそれ以前に建てられたということで、ネットでふざけ半分に調べたら、何と昭和35年(1960年)完成、いやー、恐れ入りました。自分の生まれる以前です。まあ、時の流れで相当老朽化してはいますが、住んでいる方も、入居者募集もありました。

  • HYです。何か?投稿がうまくできないので、分割して投稿します。
    ★ 第1話 『星から来たお手伝い』最後に出てくるお店、お店の近くに用がありまして、序に前を通るのですが、肉屋、八百屋は廃業してしまったとおもいますが、たこを丸丸1匹サービスする魚屋(魚み、祖師谷南商店街HPあり)は健在です。日曜日もやっているので、一度刺身でも買って食べたいとおもいましたが果たせず。今月中には買ってみようとおもいます。

  • しかしながら、今、時間が空いてるときに、コメットさんに関しては、アトランダムに、しつこく場所を見て、籾山さんのロケ地情報、akochiさんの『昔のドラマのロケ地を探そう!』、『世田谷今昔物語』、グーグル等の地図、国土地理院の昔の航空写真を参考に、折を見て短時間ですが電撃訪問をしています。この手の活動は、ロケ地がどの様な場所だったのか、世田谷区民として世田谷区の他の場所を知る=地理の勉強、適度な運動(自転車)と脳トレ!知人の臨床心理士も言っていますが健康にもいいことだということで、できればもっとやりたいのですが、まあ、制約があって難しいのが残念です。で、まわった感想を書いてみます。

  • コメットさんロケ地巡りについて!

    籾山さん!
     HYです。まずは、お誕生日おめでとうございます。私目、毎日、公私に忙しいので、家にある昔のドラマ&映画のDVD(コメットさんも含めて)やらBD等まともに見ている暇がありません。無念です。

  • >>1788

    ★皆様こんにちは。
    3名様「籾山さん」「籾山様」連発で返信しない訳にいきません(今頃失礼)。
    21日は九重佑三子さんの誕生日でしたね。

    ★初登場No.1791のHYさん、初めまして。
    再放送記録とロケ地リストは、我がサイトをご覧くださったのですね。
    http://www.geocities.jp/comet19671968/
    ミス指摘や不備追加情報ございましたら大歓迎です(特に当時世田谷区内在住だった方)。
    さんぺいさん、宮崎あおい輝彦さんも、何卒よろしく。

    ★No.1788のkaz*****ハヤシさん、No.1792留守番ありがとうございます。
    山際監督、お元気でしたか?
    興味深い裏話どうもありがとうございます。
    僕の知らない部分もありますよ。
    知ってる範囲で以下、お節介な補足。

    #19『うそはだめ!!』健太役の阿部尚之くんが当初予定の河越浩二役です(当時の議事項目録にも名が残っています)。
    でも、河島明人くんの方が確かに良いですよね。

    #1~46河越家ロケ地の方には手紙を出して返事を頂きましたが、現在は新しい家が建っていますね。
    #49~79石原家ロケ地の方とはメル友なのですが、久々メールしてみようかな。
    K氏「当時の間取図を描いてみます」って中々凄いでしょ。
    両家とも当時の世帯主は既に亡くなっているのが、ちょっと残念。

    #63『妖怪の森』古い木製橋のあった場所には4年前に山際監督とロケ地旅行しました。
    http://textream.yahoo.co.jp/message/1835576/6ebdema4bb0bbra4nbdibea1va53a5aa5ca5ha45a4sa1w/1/1244

    #1『星から来たお手伝い』校庭の花壇部分は今は無き等々力バラ園ですね。
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1240280497

    #49~79後期ママ役・坂本スミ子さん絶賛を、おスミさん携帯あてメール伝言しときました。

    武くんの女装は#75『わんぱく受験生』ですね。
    その場面で故蔵忠芳さんが台本に無いアドリブをした記憶証言を山際監督に伝えたら、監督使用台本に追記メモしてありました。

    吉田次昭くんは#37『ちびっこ戦争』でワルだけど頭は良くカッコいいヤマト役でしたね。
    今も竹内事務所所属かな?

    林寛子さんには一昨年、山際監督証言について訊いたのですが、以下のとおり。
    http://textream.yahoo.co.jp/message/1835576/6ebdema4bb0bbra4nbdibea1va53a5aa5ca5ha45a4sa1w/1/1606
    「カンコちゃんとミドリちゃん」う~ん、どちらもFacebook友達ですからね~。
    達筆な手紙をくださった緑さんにしとこうかな。
    僕の血液型はカンコさんと同じなのですが。

    ★おまけ情報1
    昨年末発売メキシコ版DVD『Senorita Cometa』第2巻、昨日入手。
    日本版ビデオやDVDと共に歴代商品の写真を添付しておきます(反射光ゴメン)。
    メキシコ版は、第1巻(#1~19)第2巻(#20~39)第3巻(#40~59)第4巻(#60~79)。
    メキシコ在住L氏のご協力に感謝します。

    ★おまけ情報2
    新発売DVD『特撮の匠』第1巻(原作・脚本・監督・プロデューサー編)に、一二三トリオこと
    故市川森一さん(2004.2.20)、橋本洋二さん(2013.10.6)、山際永三さん(2004.6.14)が出演されています。、
    もちろん『コメットさん』の話もあります。
    お薦めすると宣伝とみなされ投稿削除されるので、とりあえず情報。

    ★おまけ情報3
    #51『ふしぎなふしぎな笹舟』#55『出たぞ!チビッコ・ギャング』など脚本の故宮内婦貴子さん、その御遺族と初交流中。
    昨夜も電話を頂きました。
    僕の昔出した手紙も、生前入院中の宮内さんご本人にご覧いただけていたそうです。
    宮内さんシナリオ本『桜散る日に』は『コメットさん』の記述もあります。

    九重佑三子の初代「コメットさん」 ★皆様こんにちは。 3名様「籾山さん」「籾山様」連発で返信しない訳にいきません(今頃失礼)。 21日

  • HYさん、こんにちは^^
    籾山さんより少しお若い方なんですね。私は籾山さんより、ほんの少~し^^お姉さんのハヤシと申します。
    コメットさんファンの方と出会えるこのホームページは、私に取って安らぎの場所ともいえます。
    お好きだったコメットさんのお話など、聞かせてくださいね。
    サンペイサン、宮崎さんも、どうぞよろしくお願いします。

    ところで、今日は籾山さんのお誕生日ですよね。☆
    おめでとうございます。ますますのご活躍、お祈りしております。

  • 籾山様
     初めまして、HYと申します。籾山様より若い若造ですが、見ていた記憶があります。尤も幼稚園でしたので記憶があいまいでした。その後再放送で見た方が記憶にありましたが、いつ見たのかも忘れ、その再放送の時期までもHPに乗せていただき、特定ができました(DVDも買ってしまいました)。
     現在、両親の介護等で遠出も海外旅行もままならず、世田谷区ロケ地巡りに特化しており、世田谷から離れたところにおりますが、長らく住んでいたので感無量です。バカにしていた橋が、藤見橋とか不動橋とか由緒ある橋であった等(橋に対して恐れ入りましたと言ってしまいました)世田谷区再発見に利用させていただいております。今後ともよろしくお願いいたします。

  • >>1787

    籾山様
    宮崎あおい輝彦です。
    御多忙で大変ですね。

    私は、電気屋ではないですが、コメットさんのブレーカーのシーンは覚えていました。

    コメットさん 昭和の古き良き時代ですね。

  • 籾山さん、こんにちは。お久しぶりです。

    日曜日、新宿で、山際監督にお目にかかり、お話をさせて頂きました。とても楽しい時間でした!
    山際監督とは6年ぶりでしたが、相変わらず、すらりとした立ち姿の気品にあふれた素敵な紳士でした。
    監督のお話を思い出して、コメットさんに関して、幾つか書いてみます。
    もう籾山さんはご存知のことばかりだと思いますが、ごめんなさいね。

    配役では、「あっちゃん」の武君はすぐ決まったけれど、浩二君役がなかなか決まらなかったそうです。
    結局、山際監督が、浩二君役の河島明人くんを見つけ出されたようです。マッチをすらせてみたりして・・。
    過保護に育っている子ではだめだと考えておられたようです。
    靏ひろみさんもそうですが、一重瞼 の子役がお気に入りだったようです。複雑な感情や内面をあらわすのに、
    ぱっちりした目の子より、寂しげな一重瞼のほうが適していると思っておられたようです。

    武君一家の住む豪邸は、国際放映の近くにある家で、毎日、撮影に押しかけて、住んでいる人たちにはさぞご迷惑だったろうに、
    快く貸して下さっていたとのことです。

    「妖怪の森」で、武君が古い橋の隙間に落ちそうになり、顔だけ出してぶら下がっているシーンは、下から大人が
    お尻を支えていたそうです。武君のお尻、重かったでしょうね。

    第一話、武君が教室から紙飛行機を飛ばしたとき、薔薇の庭まで飛び、コメットさんの顔が花の合間に見えるシーンがありましたね。
    あの薔薇は、学校の校庭にあったものではなく、別のバラ園で撮影したものだそうです。

    坂本スミコさんのお母さんのとぼけた味わいを、高く評価していらっしゃいました。

    武君の女装姿、覚えている人もいるでしょう。監督にも忘れられない面白いさだったようです。(笑)

    吉田次昭君を「秀才の顔をした子だったね。」といわれました。ほんとにそうでしたね!役の上でも。
    今、彼はどうしているのかしら。
    林寛子さんのお祖父さんは、有名な役者だったそうですね。皆さん,かんこちゃんとみどりちゃんの
    どちらのファンでしたか。

    また思い出したら書きますね。
    コメットさんを愛した昔の子どもの代表として、監督に感謝の気持ちを込めてバラの花 束をお渡ししてきました。

    監督との出会いを作ってくださった籾山さんに、心からお礼申し上げます。

  • <<
  • 1817 1788
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア