ここから本文です
  • 1

    昔むかし僕が小5の冬、風変わりなテレビ番組に気が付いた。
    アニメかと思いきや、落第生のイタズラっ娘が実写に変身し、アイデア満載の洒落たオープニング。この明るい宇宙人のお姉さんはミュージカルまでこなし、住み込みお手伝いとして大活躍。
    ケンちゃんシリーズに似た雰囲気を感じつつ、それだけではない不思議な小怪獣が居た。それまで可愛い怪獣?1だったピグモンを軽く越えてしまった。
    回を重ねるに連れて圧倒的なほどノリに乗ってきて、特に蟻の国へ行く話と魔法のピンポン玉の話が、子ども心には印象的だった。
    これが生涯最愛となる番組との出会いだった。シナリオとビデオを全79話揃えた今でも、テレビドラマ史上の最高傑作と信じている。

  • <<
  • 1889 1866
  • >>
  • 1889(最新)

    籾山 幸士 9月22日 00:04

    >>1449

    2017.(7.22神戸+9.9東京)レポート
    ★メキシコ大地震で被災された方々にお見舞い申し上げます。

    今夏7月22日(土)コメットさん生誕50周年記念祭@神戸から2ヵ月経ちました。
    ついつい反省点ばかりが自分自身に残っていたのですが、
    イベント当日のICレコーダー8時間ノンストップ録音を今やっと聴き直したら…
    …本当に「メチャクチャ凄い」やん(←今ごろ何言うてんねん)。
    参加者の声「伝説の神イベント」「一生忘れない思い出」「素晴らしいなんてもんじゃなかった」etc
    掛け値なしに実際そやね。

    ☆主催メンバー自己紹介(他にも多数ボランティアどうもありがとう)
    ☆前期主題歌ピアノ生演奏に乗って、メイン監督・山際永三さんご登場!
    ☆山際監督の講演会~質疑応答(途中で九重さん控室到着のため司会不在すみませんでした)
    ☆後期主題歌ピアノ生演奏に乗って、主役・九重佑三子さんご登場!!(裏話:九重さん生歌の予定は事情あり断念)
    ☆No.1836No.1838参照の賞状ケーキ贈呈で、全員合唱♪Happy Birthday!!
    ☆浩二役・河島明人さんご登場(あと武役・故蔵忠芳さんが居ればなぁ)奇跡のトリプルゲスト!!!
    ☆ビデオレター上映の形で星の校長の声・八木光生さんオープニング台詞再現とメッセージ「五重丸」
    ☆山際演出をお願いして当時以来、九重コメットさんがベータンを呼ぶ呪文「チンチロパッパ」
    ☆呼ばれたベータン実物人形が復元マジックバトンを贈呈(人形係はコスプレ偽コメットさん)
    ☆三者対談~質疑応答(裏話が広がり過ぎて爆笑の連続)最終回#79吉原台本版メッセージ九重さん朗読も
    ☆記念写真撮影(その前に帰った方も居て全員でないのが残念)
    ☆サイン会(CD持参者「色紙でないと逆に監督らにサインお願いし辛い」色紙OK)
    ☆最後の質疑応答(九重「こらぁ、アンタたち」再現ほか)~締め
    以上、怒涛の展開、しかし自然な流れで、結構それなりに司会も交通整理、頑張ってるがな。

    もし東京開催でも「ウソでしょ」っちゅう濃い内容を神戸で…
    いや東京でこんなの企画する馬鹿おらんから神戸開催しかあり得ない。
    確かに段取り予定どおり行かない反省はあるのですが(例えば「生歌断念」理由わかります?)、
    それでもボランティアみんな何とかベストを尽くしているし、トータルで観て空前絶後の物凄さ。
    ゲストはじめ番組関係者様、マガリ事務所様、国際放映様、ブラザー工業様ほか皆々様に改めて感謝。

    ネット上「コメットさん 50周年」で検索するとmixiやTwitterなど当日レポートがヒットしますので御覧ください。
    その他、我がFacebookで表話裏話、写真、動画などUPしていますので、FB友達ご申請どうぞ。
    当トピックも年内この話だけでも盛り上がれましょう(イベント不参加者も是非ご遠慮なく投稿ください)。

    ★さて、そういうわけで、今ごろ東京挨拶回り。
    今月8日(金)浩二くん役・河島明人さんに会った翌日、9日(土)。
    星の校長の声・八木光生さん宅へ、主催メンバーなど計4名で伺いました。

    某駅で2年半ぶりに『名探偵コナン』『ケロロ軍曹』の松園公監督に再会。
    松園監督は、今夏コメットさん生誕50周年記念祭の八木光生さんメッセージ撮影・ビデオレター編集ご担当。
    お礼の製造中止カール「最後のカレー味」予想以上に喜んでいただけて良かった。
    ベータン声優2代目・千々松幸子さんメッセージがイベントに間に合わず残念
    (初代ベータン声優・朝井ゆかりさんは連絡先不明のまま)。

    松園監督以外は皆、八木さんに「初めまして」。
    僕も今まで手紙や電話ばかりで、直接お会いするのは初めてです。
    八木さんにはカールでなく兵庫県加古川銘菓「鹿児のもち」
    (後日「おみやげの鹿児のもち、美味ですね。うまいぞ!!」と礼状ハガキ)。

    ビデオレターをご覧になるトリプルゲストご表情の記念祭動画、
    ビデオレター撮影風景動画など再生(前者をご覧になる八木さん写真を今回添付)。
    さすがプロ声優、コメットさんへ「五重丸」などアドリブで、お見事。
    八木さんは、ゲスト3名もベータンも、ちゃんと覚えておられました。
    前期→後期で、校長デザインが替わったことは覚えておられましたが、採点○×式→通信簿式(5点満点)は忘れておられました。
    星の校長先生復活カラーイラスト(芝山努さん直筆描き下ろし)を持った八木さんを写真撮影。

    八木さんは『コメットさん』本放送を娘さんとよく御覧になっていたそうで、
    最終回のとき娘さんから「バトンがほしい」とねだられた、とか。

    国際放映アフレコスタジオで校長場面だけ別録りが多かった『コメットさん』よりも、
    アニメ『レインボー戦隊ロビン』の方が声優仲間だらけという点では印象に残る模様。
    あ、作品の出来という意味では互角ですよ。
    http://8540.teacup.com/sensei/bbs/
    生まれたのは奈良県八木町だけど、兵庫県姫路が懐かしき青春の故郷という八木さん(現「県立姫路西高校」卒業生)。
    網干火薬工場に動員、姫路城の北にあった家が空襲で一晩で丸焼けになった話などなど。
    何やかや話も盛り上がって、とても楽しかった。
    八木さん、松園さん、どうもありがとうございました。

    ★9日その後は食事後解散し、H君と東京国立近代美術館フィルムセンターへ。
    No.1808meca_beetanさん、No.1884さんぺいさんも行かれた展覧会「人形アニメーション作家持永只仁」。

    何よりベータンの原点である「The adventure of Pinocchio」ネッシー人形が見たかったのですが、完成作品や人形の展示なく残念。
    持永さんの娘さんによりますと、絵コンテや台本はあるそうなので、今後に期待(写真ないのかなぁ)。
    ティータイムにテーブルに出現して「Tea!Tea!」と叫び、ティーカップを持つ手がある小怪獣ネッシー。
    その初登場シーンが想像がつくので、何も見なくても絵が浮かびますね。

    『コメットさん』関係以外の展示は見事なのですが、それを書くと脱線かつ長文になるので割愛。
    ちなみに眞賀里文子さんは開催期間中、何度も来られているそうで、流石。
    9日レポートは以上です。

    ★当トピの皆様へ(補足等)
    ☆No.1884のさんぺいさんが仰るとおり『コメットさん』白黒時代#1~19は力作揃いですね。
    その後カラー第1作#20で力を使い切ったのか、前期#21~48はどんどん疲弊というかダレ気味というか。
    勿論そのままでは終わらず、後期#49~79で盛り返し、<12月の傑作群>物凄いレベルで完結するのですが。
    何しろ全79話で、18人も脚本家が居ますから、出来不出来の差はかなりあります。
    『コメットさん』動画サイト、なんで第24話が検索トップなんでしょうね?
    第24話って出来そんなに良くないし、あれだけ見た人は詐欺シーンがわからず「ベータンってロボットなんだ」と思うやん。

    ☆No.1874No.1875のi_kanebonさん、その女優「清水京子」さんですね。
    『悪魔くん』#8は、1966年11月24日、
    『コメットさん』#17は、1967年10月23日、
    『ジャイアントロボ』#25は、1968年3月25日放映です。

    ☆No.1887No.1888のHYさん、酔って書かれたことは確かによくわかります。
    「魚美」北隣は、
    1970年住宅地図によると「八百満」、
    1988年住宅地図によると「高善」「江戸一すし」。
    確かに現在は消防団倉庫ですが、過去の資料も国会図書館や都立図書館でご確認ください。
    #1斜向い朝日新聞大蔵販売所との位置関係から考えても、八百満は魚美北隣で間違いないと思います。
    いつか呑みましょう。

    ☆京都府のIさんから頂いた情報。
    #16から最終話まで活躍した子役、ピッピこと「西村なるみ」ちゃんはその後、
    芸名もそのままで、2度ばかり『特別機動捜査隊』に出演したそうです。
    今どうしておられるのかな?

    九重佑三子の初代「コメットさん」 2017.(7.22神戸+9.9東京)レポート ★メキシコ大地震で被災された方々にお見舞い申し上げま

  • 樅山さん!
     これで寝ますが、アッちゃんのネガあるんですか!ウキペディアによると無いということで失望しまいしたが、驚きました。どこに貸しているのでしょうか?
     後、思ったんですが、アッちゃん作者岡部冬彦さんも芸大(旧美校系)、芦野さんも芸大(音系)、芸大の同窓で芦野さん起用の関係があったのでしょうか。ふと思ったことですが、御教授ねがいます。

  • 籾山さん!
    酔っているので、すいません。今日、国際放映に来られたんですか!お会いしたかったです。今日19時過ぎに魚みに行って来ました。籾山さんは今日、魚みは行かれましたか?面白い話を聞きましたが、藤井青果店等の件に関して矛盾が生じております(やはり、道の角度と交通量)。魚みの主人=金ちゃんという、有名な方なのですが聞いてみましたが、魚見北側には交番があって有名な駐在がたそうで、店屋はありません。現在は消防団の物置。そこで、八百屋等の営業は可能性的に狭い!無理と思います。ただ、昔は斜め前に肉屋、南下すると八百屋があったと聞きましたので第1回は個人的には正しいと思います。唯、すいません!魚みオーナー姉弟だそうですが、撮影時は記憶がないそうです。

  • >>1242

    2017.9.8PM東京レポート
    ★今週ベネチア映画祭グランプリを獲った『シェイプ・オブ・ウォーター』のギレルモ・デル・トロ監督は既報のとおり九重『コメットさん』大ファン。
    http://textream.yahoo.co.jp/message/1835576/6ebdema4bb0bbra4nbdibea1va53a5aa5ca5ha45a4sa1w/1/1242
    同じく大ファンの、
    アルフォンソ・キュアロン監督作品『最も危険な愛し方』と、
    アレハンドロ・モンテヴェルデ監督作品『リトルボーイ小さなボクと戦争』
    DVD正規商品(なんたって両作品とも武&浩二が登場)を、浩二役の河島明人さんに先週ワタシはワタシに行きました。

    娘さんにもお会いしたり、1歳半のお孫さんも居るんだって。
    4人のパパママ役で唯一人ご健在の「坂本スミ子」さんに僕が電話して、代わった河島さんが留守電メッセージ。
    河島「本放送当時もらったベータン非売品人形が昔の家にあるかも」と現在捜索中です。

    1968年12月『コメットさん』クランクアップ後に原宿で行われたという盛大な打ち上げパーティー(故「吉原幸栄」さん証言)。
    山際永三監督も九重佑三子さんも今夏忘れておられましたが、これは今もある中国料理レストラン「南国酒家でやった記憶がある」と河島さん証言。
    当時の南国酒家原宿本店の写真を添付しまっさかい、番組関係者の皆さん、どないでっしゃろ?

    河島さん、話しているうち、1978年のTBSテレビ出演(武&浩二が最後に会った時)も思い出されました。
    1978年8月3日(木)TBS「モーニングジャンボ奥さま8時半です」四つの窓なるコーナーで
    当時妊娠中の九重佑三子さん+蔵忠芳さん*河島明人さん*西崎緑さんが再会!
    …録画とは言いません、当時ご覧になった方おられませんでしょうか?

    僕「4時に国際放映へ行きます」
    河島「(『ジャンケン・ケンちゃん』以来)47年ぶりに行きたいなぁ」
    色々あって「またの機会に」なってしまいましたが、来年かな?

    ★さて国際放映では、今夏50周年イベント@神戸の報告や反省その他色々なんやかんや。
    『アッちゃん』ネガはあるそうですが、今フィルム貸出していないそうな
    (昭和時代は新東宝作品を色々借りたなぁ、懐かしき伊丹グリーン劇場オールナイト大会)。

    今夏参加された鈴木さんと世田谷通り~祖師谷南商店街~祖師谷北商店街を歩いてロケ地めぐり。
    HYさんNo.1878~1881ご推測はドンピシャ正しいようです。
    話題の「藤井青果店」や「大蔵書店」「砧電気」は健在ですが、
    「大江戸寿司」「スミ商会」など既に無く、
    「やぶ久」「青柳」もいつの間にか閉店し、
    逆に今まで昼間いつも閉まっていた「東華飯店」夜間営業らしく初めて入って名物ロースライスの夕食。

    とりあえず東京レポート初日分でした。
    お会いした皆様、どうもありがとうございました。
    つづく。

    九重佑三子の初代「コメットさん」 2017.9.8PM東京レポート ★今週ベネチア映画祭グランプリを獲った『シェイプ・オブ・ウォーター

  • >>1808

    meca_beetanさんからご案内のあった持永只仁展を先週観に行ってきました!すごい人がいたんですね!代表作のひとつ「ルドルフ赤鼻のトナカイ」は10年程前に子どもとDVDで観ていたのですが、そんなに昔に作った作品とは思いもよりませんでした。コメットさんアプローチでは、①サンダーコングはスチル写真のみの登場、②籾山さんご関心のベータンの原型の手掛かりは見つからず、でしたが、人形や絵コンテ、映像(ビデオ)等々大変興味深かったです。
    「中国の動画界を育て、若きティム・バートンも魅了した、日本の人形アニメーションの祖」というキャッチコピーに偽りなしです!
    金曜日に書き込みしましたのは、開催が9/10までで、残すところこの週末のみだったので…お時間があれば是非!
    >>1873
    HYさんはじめ、昔の他番組の話で盛り上がっていますが、前述の通り、「アッちゃん」は未見、その他番組もモノクロものはほとんど記憶に残っていません(記憶に残っているのは「ウルトラQ」位)。再放送もいろいろやっていたと思うのですが…「コメットさん」すら前半は観た記憶なくDVDが初めてでした。(いざ観てみると楽しくて楽しくて。今ではモノクロコメットさんの話のほうが好きな話多いかもしれません。)その後、東京では快獣ブースカが放送されたりして、モノクロ番組は個人的にブームです。i_kanebonさん、私「悪魔くん」水木先生メモリアル版DVD買いましたよ。おどろおどろしくてほのぼのという不思議な世界にびっくりです!個人的には情報屋が気になりました。魔人ブウだったとは…です。そういう意味では「アッちゃん」今観たいですね。

    添付 サンダーコングのスチル写真

    九重佑三子の初代「コメットさん」 meca_beetanさんからご案内のあった持永只仁展を先週観に行ってきました!すごい人がいたんです

  • ごめんなさい。今のは428号から砧南商店街方向へ向かっての画像です。右が藤井青果店。鰻屋は地図でしまします。うまくできなくて。

    九重佑三子の初代「コメットさん」 ごめんなさい。今のは428号から砧南商店街方向へ向かっての画像です。右が藤井青果店。鰻屋は地図でしま

  • ①かわしげの住所:東京都世田谷区砧6-25-2
    ②藤井青果店の住所:砧6丁目25-4
    しかし、道が曲がっているので違うのかな?

    九重佑三子の初代「コメットさん」 ①かわしげの住所:東京都世田谷区砧6-25-2 ②藤井青果店の住所:砧6丁目25-4 しかし、道が曲

  • また、八百屋との掛け合いの後に立て続けに自動車が手前に来るので交通量がある程度あったかと思います。そうすると、その先直ぐにぶつかった所があって、都道428号を南下かまたは北上するのには一直線だし、世田谷通りにでるのに都合がいいのかなと思います(車が今でもそこそこ多かったと思います)。鰻屋前はマンションですが、ひょっとしたら以前は個人住宅があったのではないかと思います。しかし、何回か通りましたが、車が428号方面へ行くのに出会わなかったので、この推論はあてはならない気もします。ただ、写真・動画で逆方向に進むと住宅がある様にも思うので、あと道路の幅ですね(狭いです)。映像だと広い。後に、拡張すれば広くなるはずですが、道路の縮小ありえないとも思うので、うーん。もう少し拡大の写真があればと思い、ストリートヴューができますが、場所的手がかり無理でした。自分の郵便配達の記憶も全くありません。最後に八百屋で引っかかる点がありまして、鰻屋の直ぐ先番違いに八百屋あります。藤井青果店側に斜め北西に商店街に向かう道があるので、いずれにせよ強引な推論ですいません。それと、鰻屋の夫婦が年配で廃業したという話がネットで見つけました。これもすいませんが、80過ぎて廃業したと仮定したらうな重だったかもということもないとは言えません。因みに砧ではなく祖師谷の鰻鐵ですか商店街HPを見ると創業20年ということで、コメットさんの時期には存在しなかったと思います。兎も角、長々となってすいません。馬鹿な推論で。やはり魚美で刺身を買ったときにでも聞いてみます。

  • ★籾山さん!
     HYです。★No.1857の写真「う」は、ひょっとして“祖師谷うな重”?
    山際監督使用台本#16『ぼくたちの家を作った』八百屋シーンに「祖師谷うな重の前」とメモ書きがあります。
     まず、拡張解釈ですいません。“祖師谷うな重”、これはうなぎ屋を意味することは考えられませんか?国際放映の北側の都道428号と国際放映正門へ行く何とい道かしりませんが、ぶつかった所(地図参照)を向かって左に行くとすぐに鰻屋がありますが、閉店している模様です。何回か通ったんですが名前が『かわしげ』これを通称・短縮形で、祖師谷のかわしげ(元は川重とおきかえます)。それが、国際放映の社員が昼飯とかに使っていて短縮形で通称うな重(うなぎ屋のかわしげでこの方がいい安い)となったということはどうでしょうか。強引な推論かもしれませんが、魚見の上にあったとすると、40年代の地図を見ると、左側も店があります(進行方向祖師谷大蔵駅)。この写真拡大してみても、塀あるように見えて、商店街なら人もいません。だからそこじゃないのではないかと思います。

  • それで、【コメットさん】、【チャオ!トッポ・ジージョ】(トッポ・ジージョもいろいろあるので混乱しますが)【魔法使いサリー】と抱き合わで見ていた可能性もあります。【チャオ!トッポ・ジージョ】、【コメットさん】が常識的な選択、そうするとサリーは見ていないことになり混乱します。当時うちはTVに関してNHK中心でしたが(8時以降は絶対的)、親が母が方祖父母と同居してTVが2台あって、当時食卓は一緒でした。制約はありますが、チャネル2番組を見ることは可能でした。また、ここも記憶があやふやですが、サリーとコメットさんのインパクトが強いですから。怪獣王子は見ていないと断言していいと思います。その後、どこかで見ましたが、ウルトラ特撮よりはどうもしっくりいきません。又、何十年ぶりに見てはみたいのですが、結論として子供の番組が再放送を含めいっぱいあったということで、その点では、良い時代に生まれたと思います。
     八百屋はいろいろ調べていますが、DEPと前の通り、車が結構通るのと反対側、動画を止めてみたのですが、商店街の雰囲気がない人の往来がないというので祖師谷大蔵北ではないと思います。当時、おぼろげな記憶、中学校以上の記憶、地図での確認等でも狭い道でしたが両側に商店がひしめいています(現在も)。南も同様です。ただ、南先は住宅地になりますので、微妙です。
     ロケ地でより近いところを選ぶとしたら、当時、駅から離れた街中の一区画に
    も食料品店等が何件か集まった商店街がありましたからその手のところではないかと思います。ただ、どこも今は時代の流れで壊滅して久しいです。
     一つヒントがあるので、後で調べてみます。宜しくお願いいたします。

  • >>1857
     籾山さん。手元に【ザ・テレビ欄1954-1974】というのがありまして、記憶の整合性・上書・確実性を見ておりますが、細かいので疲れます。
     で、4月1週と10月1週のが載っていますが(当時の番組の改変は今以上に固定的であったと思われるのそうしているのでしょうか)、1967年10月9日(月)をみると、
     日テレ(4)17時【アッちゃん】再放送・18時【丸出ダメ夫】、
    TBS(6)19時【チャオ!トッポ・ジージョ】・19時30分【コメットさん】同19時代、
     フジ(8)19時【ヤダモン】・19時30分【怪獣王子】、
    NET(10)カラー【魔法使いサリー】となっております。【】
     頭がこんがらがってきますが、【アッちゃん】は全シリーズ終了、どの【アッちゃん】か欄ではわかりません。【丸出ダメ夫】は、正直言って面白かったのですが、全く覚えていませんが、1つだけ記憶違いなければ、数字に0が煙突からどんどん出て行くシーンが面白かった。それと、十朱久雄さんの親父!ペペちゃんが後でやっていたのは驚きましたが、ここで見ていたかとおもいます。元も、その後再放送も1回か2回あったと思いますが、フィルムがないのでどうにもなりません。同時間、ローンレンジャー、ポパイ再放送、宇宙エース再放送、忍者部隊月光再、ローンレンジャーもどこかで見たような気もしますが、印象なし。 ポパイは再放送が山とやっているので、どのポパイかこんがらがって、宇宙エースも見た記憶にありますが、印象的には【丸出ダメ夫】には及びません。ここでは見ていない思います。月光もアクションが凄いと思いましたが。だからそこで見ていた【アッちゃん】再放送と【丸出ダメ夫】を抱き合わせ見ていたと思います。

  • ★HYさん
    こんにちは、ラルーさんのこと色々教えていただきありがとうございます。今度是非行ってみてください。私もカレーは気になっていたので、次回は是非頂こうと思っています(^^)

    ★籾山さん
    相変わらずコメットさんを片っ端から観ていますが、第17話 「強敵、現わる!!」を観ていたら、この女性、なんと悪魔くん第8話の「水妖怪」と、ジャイアントロボ第25話「宇宙吸血鬼」では悪役で出ていました(笑)。こちらの方がコメットさんより先?ロボの時とコメットさんは同時ぐらいなのかな?画像投稿しますね。

    九重佑三子の初代「コメットさん」 ★HYさん こんにちは、ラルーさんのこと色々教えていただきありがとうございます。今度是非行ってみてく

  • >>1857

    『アッちゃん』と『コメットさん』
    ★酷暑から残暑、そして秋めいてきましたね。
    No.1856以降、東京ご在住3名様に留守番お任せしているうち、はや9月。
    先々月のコメットさん生誕50周年記念祭、参加者も不参加者も、ご投稿どうぞよろしく。

    ラルーさんから頂いた#50『アリの国探険旅行』撮影風景写真(野口元夫さんも写ってる)40周年でも50周年でも展示しました。
    僕は10年前の40周年記念展の記録映像を今ごろ見て、築地米三郎さん、芦野宏さん、吉原幸栄さんら故人の姿に感無量。

    ★最近話題の『アッちゃん』は、
    主演・蔵忠芳さん、
    プロデューサー・梅村幹比古さん、
    監督・中川信夫さん、出口十三夫さん、
    脚本・柳沢類寿さん、松田暢子さん、
    …と『コメットさん』共通スタッフ(故人ばかりですが)。
    アッちゃんママ役の「高千穂ひづる」さんは、コメットさん当初予定「河越竜子」ママ役でした(当時の議事項目録より)。
    ゲスト出演も共通する方が多いですね。
    蔵さんは『コメットさん』撮影中も皆から“アッちゃん”と呼ばれていました。

    『アッちゃん』ネガフィルムが無いか、近々国際放映へ行くので訊いておきます。
    酒豆忌あたりで中川監督作品として上映してくれないかなぁ。
    『アッちゃん』『丸出だめ夫(これは東映)』柳沢脚本作品を見たいのは僕だけ?

    僕は『続アッちゃん』本放送期間中に生まれました。
    『アッちゃん』確か再放送で見て、でも特撮物ほどインパクトが無いですね。
    昭和40年代に見た白黒ドラマは『ウルトラQ』『悪魔くん』『快獣ブースカ』等が印象的。
    僕の一番古い記憶は2歳1ヵ月と思ってたら、1歳誕生日が最古(10歳頃に一度思い出したおかげ)。

    小田急線直上の橋を渡る蔵さん場面は『コメットさん』なら#7ですが、ソメ子ちゃんは居ても大人は居ません。
    #6環八通りローラースケート背景の「東荘」まだありますか(凄い)。
    ケーキ屋ケンちゃんの店「ニシキヤ」では、国際放映カメラマンの秋元茂さんインタビューを2年前しました。
    http://textream.yahoo.co.jp/message/1835576/6ebdema4bb0bbra4nbdibea1va53a5aa5ca5ha45a4sa1w/1/1590

    ★No.1857の写真「う」は、ひょっとして“祖師谷うな重”?
    山際監督使用台本#16『ぼくたちの家を作った』八百屋シーンに「祖師谷うな重の前」とメモ書きがあります
    (#21『正義の味方は辛い』八百屋と明らかに同じ店←画面奥に「DPE」同一看板)。
    この八百屋は#1ラスト八百満とは別の店だと思っていましたが、もし同じなら魚美の北隣となり、一挙解決するのですが…
    世田谷区在住だった方、ご記憶ございませんでしょうか?
    #21八百屋の写真を参考に添付しておきます。

    九重佑三子の初代「コメットさん」 『アッちゃん』と『コメットさん』 ★酷暑から残暑、そして秋めいてきましたね。 No.1856以降、東

  • 続き
     しつこくてすいません。
     30年以上も前はネットもなく俳優個人にプロフィールもよくわかりませんよね。単に寿司屋というくらいで、寧ろ、母親が、事件記者というコメットさん以前の番組で有名だったということで、寿司屋のあの人ということで、そっちで認識していました。後で日本橋の吉野寿司の3代社長だったとは。吉野寿司ということは50話見て知ったんですが、20代のころ何回か行きましたが野口さんの店とはつゆ知らず(野口さんいなかった)、でもおいしかった記憶はあり、現在も、お高く留まって値段だけ高くて大したことがない店が多くありますが、ここは王道を行く店で地域や日本橋勤務の勤め人に今も親しまれています。今、なかなかいけませんが、これを刺激に再訪してみたいと思います。現在は、息子さん(多分自分の親の世代かと思いますが)が健在で、お孫さんが社長兼調理人ということで、お孫さんの履歴読むと1967年生まれ、おじいさんがコメットさんに3回出演した年に生まれたということで、コメットさんしっているかなと思いました。1シーンですが1906年生まれということで、50歳過ぎていたと思いますが、貫禄あります。うちの祖父よりちょっと年上かな。ただ、思うに、自分がその年を上回る年齢になって比較すると栄養の問題等もあるかもしれませんが、相当老けています。しかし貫禄がばっちりです。野口さん寿司の専門書買ってしまいました。
     話をラルーに戻しますが、ケーキの他にお母さんの作るカレーライスがうまいとか、カレーが好きなのでぜひ賞味したいとおもいます。息子さんが入れるコーヒーも千歳船橋堀口コーヒー仕込みのうまいコーヒーということで、親子2代の味楽しみたいと思います。
     どうも情報ありがとうございます。今後とも宜しく御教授の程を。

  • >>1853
    i_k*****さん
     HYです。ご挨拶遅れてすいません。貴重な情報ありがとうございます。ラルーには今度電撃訪問してみます。
     その回の映像、自宅にDVDあるのですが、めんどくさいのでデーリーモーションので確認しました。店屋の後ろは既に幹線道路で車がバンバン走っていますが(懐かしいトヨエース等軽トラ・自動車)、コメットさん見るとどうも先入観で、世田谷通りをイメージしてしまうのも困りものです。
     ラルーを調べると、地域のケーキ屋、駒澤といえばということで地元民にとっては有名な店なんですね。かつては京王、小田急、東急沿線沿いの駅には地元民に親しまれている洋菓子やあったんですが、店主の高齢化や跡継問題で廃業。今はほとんどないのでは?コメットさん関係では祖師谷大蔵のニシキヤが有名です(尤もここも、安売りの城南電機があったころに行ったのが最後で20年位入っていません。今度絶対入る決意です。ここは【ケーキ屋けんちゃんの店】だったとか、それも後で知ったのですが)。兎も角そういう店がなくなるのは時の流れとは言え残念です。
     で、50話【アリの国探検旅行】見てみました。おっと思ったのは、ケーキ屋の主人、昔時代劇などで、どこかで見たなと思いよくよく見れば、野口元夫さんでは、寿司屋の主人がケーキ屋かよ!いや、悪役等(良い役もやる)で知っていました。役者のほかに寿司屋もやっているということは知っていました。
     30年以上前かと思いますが、ドラマではなくNHKで江戸前寿司の解説の番組を見た記憶がありますが、野口さんのその他のドラマの記憶はごちゃごちゃして【アッちゃん】同様判別つきませんが、超有名だった方ですね(【レインボーマン】の首相の役も!全然覚えていません。驚きました)。俳優と寿司屋の2足の草鞋ということですが、単に実家が寿司屋であるので寿司屋を経営して、俳優をやっているのかと思っていましたが、江戸っ子であの有名な日本橋吉野寿司のオーナー兼調理人でもあったということでぶったまげました!単なる経営者ではなく自らも俳優家業の傍ら寿司を握る調理人、しかも寿司の歴史研究家で、東京の寿司屋組合の役員をもなさっていたとは!

  • 続き
     で、ソメ子父がタコ社長か!これも驚きましたが、ぜひ見てみたいのですが。タコ社長太宰さん、この人も大好きで、コメットさんには5話【数字ムシャムシャ漢字はパクリ】の学習塾の先生、子供を網で捕縛してマイクロバスに乗せて強制的に塾に連行する。今みると人権蹂躙なんですが、見てて面白いし笑いがとまりませんし。椅子が魔法で勝手に教室か逃げてしまうシーン、大変面白です。兎も角、ゲストの大人の役柄の俳優も懐かしい人ばっかりで、記憶がないので見るだけで楽しいです。
     最後に、この方はコメットさんには出ていませんが、ロケ現場の先を直進すると京王線の千歳烏山から仙川よりの踏切にぶつかります。途中に山口崇さんの自宅があります。もう80過ぎているかと思いますが、何度か見かけましたが、ここも物心ついてからずーとあります。
     この何年来、投稿も何もやってなくて、眼をやられてからは投稿方法も忘れて困っています。ここの投稿は最大何字までなのかよくわかりません。またハイパーリンクで参照する方法も忘れて困っています。どなた御教授願えればと思います。
     序に、【アッちゃん】、手元に【ザ・テレビ欄 1954-1974】があり記憶を精査していますが、字が細かくて虫眼鏡で見てますが、気が狂いそうですが、【新アッちゃん】だとすると、夜9時で、当時幼稚園児が9時まで起きて見ていたのか疑問に思うようになりました。そうすると【続アッちゃん】ならば7時開始で、そっちかもしれません。兎も角混乱するのも疲れますが考えることで脳の刺激になります。

  • >>1858
    さんぺいさん。
    HYです。あっちゃんとソメ子の写真、他にありますか?これだけではよくわかりませんが、上1の方、門と側の形状でその家と違う感じがします。下の写真も後ろは緩やかな坂になっているような気がするので、河鹿邸の近くではないと思われます。もっとも、3シリーズの内、コメットさん同様、主人公の家がすべて同じ家を借りて撮っていたとは限りませんし公的な資料もありませんので何とも言えません。このシーンが初めて(最初の【アッちゃん】)なのか、2番目なのか、3番目なのかも判別つかないので謎です。何分、コメットさんの様にマスターフィルムが現存しないそうです。今後発掘されるかもしれませんが。しかし、天下のNHKの大河やお化け番組【天下御免】等も、フィルムを上書きでマスター版もないとは驚きでしたが、民放の場合、国際放映や東宝等、映画会社とタイアップ撮っていたのでマスター版があるので、何か事情はあるとは思いますが、同じ国際放映で【コメット】さんがあって、【アッちゃん】がないのは残念です。
     ソメ子をやっている松井八知栄さん、かわいいですね。丁度自分にいれば姉の世代かと思いますが、コメットさんでは、7話の【ワンちゃんバンザイ!】で共演していますね。それにしても、【ワンちゃんバンザイ!】を見てでぶったまげたのは松井さん!河童の三平のねーちゃんだったのか!コメットさんは楽しい番組ですが、三平は幼児にとって怖かった、トラウマでした。今度じっくり見ようかと思っていますが、こういうところに昔のドラマや俳優を調べると面白さがあります。因みに松井さん、その後成城大学卒業後プロボーラーで御活躍とか。これも驚きましたね。お孫さんもいるようで。

  •  パークサイド上祖師谷とクレストNの間のパークサイドの道路を挟んだすぐ前の庭付きの家です。さんぺいさん、説明が下手ですいません。

    九重佑三子の初代「コメットさん」  パークサイド上祖師谷とクレストNの間のパークサイドの道路を挟んだすぐ前の庭付きの家です。さんぺいさ

  • すいません。続きです。 
     ベータンは知っていて、面白いので覚えていたのですが、怪獣ではなく、魔法使いコメットさんの家来で妖精の1種、しかもミルクと牛の形だったので、いつの間に最初はベータンとして認識したが、長い間再放送もみなかったので、記憶の変容によりベーコンという名前で認識し続けていました。そして改めてベータンと認識することになりました(今後は絶対わすれません)。ところで、あっちゃんの件ですが、先日、せんべいやにせんべいを買いに行きました。そこの主人が中学の上級生に当たる人で、籾山さんよりは若いのですが、あっちゃんの撮影現場の話をしたら、そこて言っていたので、やはり自分の記憶が正しかったことを再確認しました。でも、そんなこと話す人はいないといわれてお互いニタニタしましたが、ずばり場所を言いますと
     世田谷区上祖師谷1丁目18番地で区立上祖師谷保育園の先の十字路の京王線へ向かって左側そばです。すいません号はわかりませんが地図で見てください(確かその家も取り壊されて30年以上経ちます)。これだけは信用できる筋から裏付が取れたので、断言します!
     それと、昨日は建設途中の環八でローラースケートをした後ろに見えた家、あずま荘(アパート)を見に行ってきましたが、健在でした(がんばってます)。昔郵便配達で中にはいったかもしれませんが、築57年(昭和35年建築)ということで、重要文化財にでもしてあげたい建物です。うれしかったです。また、続き書きます。すいません。おやすみなさい。

  • <<
  • 1889 1866
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン