ここから本文です
  • 人事院は、育児休業を取った国家公務員のボーナス(期末・勤勉手当)について、
    1カ月以内の取得なら減額しないことを決め、規則を改正し、今夏のボーナスから適用する。

    人事評価を踏まえた勤勉手当は、15日以下で5%、1カ月以下で10%減額されていた。
    人事院によると、ボーナス減額のため育休取得をためらう職員がいるとの意見が各省から出ていたという。在職期間ごとに支給される期末手当の1カ月以下の育休取得による減額は2011年冬に廃止された。

    膨れ上がる日本の借金で国民は増税を強いられる一方で公務員の厚遇ぶりにはあきれる

    公務員の税金私物化が止まらない

  • <<
  • 11 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!