ここから本文です
  • <<
  • 30 2
  • >>
  • >>29

    >要するに日本の場合、消費税はずっと税金で食うてる奴らの懐を潤しとっただけ

    全く持って真実。それ以上にこの国の場合は、今や1000兆円を軽く超える今の先進諸国ダントツ、史上空前の財政赤字は将来の国民負担が確実だが、その膨大な借金行政の恩恵受けまくりとわが世の春を送り放題し放題の筆頭与力が、与野党問わずほとんど全ての国会議員、さらに地方議員や首長だって言うんだから恐れ入る。結局財政が破綻的状況になるまで劇的な変化など起こらない。特に自公と民主維新に関しては、全く持って同類項は括弧でくくれ状態。今年の国政選挙などは、既得権益絶対死守。仲良しグループ間のお笑い選挙以外の何物でもないよなあ。

  • 日本の消費税というのが、そもそも諸外国とは違って買い物したらどんな物にもその税が付加されとるから、よくよく考えたらおかしなこれは話やで。ヨーロッパから仕事で日本に来た人とかで、なんでコンサートのチケットに消費税がかかるねんとか、首傾げる人らもおるわ。要するに日本の場合、消費税はずっと税金で食うてる奴らの懐を潤しとっただけですがな。これは日本における消費税の発案者共はとんでもない下劣な助平根性の持ち主らですわ。この際、搾取できる量が増えるから、なんでもかんでも御都合主義で消費税かけたれてなもんや。そら、ぎょうざん税金とられても政府が国民にそれを還元してサポートしとるんやったら、問題ないんやけど、今までそれを真面目にしてこんかったわけやからなあ。今さら政府を信用せいとかぬかしても無理やで。日本は海外にも資産がぎょうさんあんねやから、そこらへん実直に現状の数字を精査してやね、国民から金ばっかり巻き上げんと、そっちから現金化したらどうやの。

  • ◆米国並み累進課税なら税収16兆円増加(2012年投稿)

    政権与党にいながら財務省とアメリカにノーと言った亀井静香氏をもっと高く評価すべき マスゴミはユダ金の手先なので大きく取り上げることはないが

    ★富裕層から徴税しても公務員が無駄に食いつぶすのでこのままでは税制改革しても意味はあまりなさそうだが

     中流潰しの格差社会をやっている米国より酷い日本の金持ち優遇税制は異常 内需縮小で税収減 小泉政権の5年間で国の借金400兆円増加 今や税収の全額が公務員と特殊法人人件費 ギリシャのように破綻確実

    ◆累進課税強化を訴えたのは国民新党だけ(2010年)

    ★所得税負担を米国並にすれば税収増なんと16兆円 他党は経済の基本もわからぬボンクラぞろい

     米国より酷い日本の金持ち優遇税制の実態 国民の多くが被害者 特権に甘んじるマスゴミは在日とグルなので報道されない 国民新党の国防力強化、TPP反対、円高阻止、内需重視、累進課税復活、在日外国人参政権反対などの諸政策が報道されず国民の目から隠蔽されているのもそのため


    税金の集め方と税金の使い方、日米比較

    投稿者:iidesudamedesu

    日本国民の多くは洗脳され政治詐欺の被害者です

    国民よ目をさませ、洗脳されているのです

    ◆日本国民は、政治家もエコノミストもマスコミも全てが洗脳されている、先入観から目をさませ

    「税の集め方と使い方日米比較」のデータ全てで言えるのです

    日本は米国より可成り貧乏人に厳しく金持ちに優しいのです、財務省や文科省を含む全てのデータで言えるのです

    ※逆のデータがあったら教えて頂きたい

    ★所得税負担が米国と同じなら16兆円税収増

    ※16兆円増の根拠 
    個人所得課税負担率をアメリカと同じ12.0%(日本7.6%なので4.4%増)にすれば単純計算で16兆円税収増になる
    (2008年の国民所得384兆円なので384×4.4%=16.8兆円となる)

    課税最低限以下には現金を支給している、それも課税最低限は日本より高い、それでもです
    従って消費税増より個人所得課税増が先ではないのか

    トップ > 政治 > 政界と政治活動 > 政党、団体 > 国民新党 > 累進課税を元に戻して世直し

  • >>1

    既得権を持っている官僚と国会議員、地方議員が経団連や地方公務員の団体等や、既得権に群がるグローバルな企業が存在する限り、現在のシステムはなくなりはしない。
    高齢者といっても社会保障制度以前の世代は、年金加入25年以下で満額さらに物価上昇分も上乗せして現在まで年金受給。
    しかもその世代の多くは、太平洋戦争で盲目的に国策に協力した人々。
    戦後は変わり身早く、自由をはき違えて責任をとることもせずに、懐を肥やすことばかり。
    国会議員や元大臣、総理大臣経験者さえいる。
    アホくさいのは、せっせと税金を払い(一人前の納税者、扶養控除と全く縁のない納税者)高い社会保険料を払ってきた人々。間違えても3号被保険者ではない。
    抜本的な制度改革と、議員の削減、国会議員選出制度、選挙法の改革がなされなければ愚策は今後も日本丸沈没まで続く。若者よ暢気にしている場合じゃないと思うけどなあ。

  • 税金は増える一方ですが
    何にそんなに使うのですか?
    道路工事ですか
    廃棄物処理ですか
    そんなにかかるなら
    そんなもの、つくらなきゃいいでしょうに
    なぜ、お荷物を増やすの?
    おかしいよ

  • 税金でゴミ処理をするのはないのですか?
    いつから有料になったのですか
    税金の使い道は、道路工事で、目いっぱいですか?

  • 知ってますよね!
    消費税を取りながら納税せず懐にいれてる事業者がいることを
    それを認めてる日本の消費税制度は間違いであることを
    消費税が国民から一番楽に税が取りやすいということを
    社会福祉充実の為の増税であることが嘘であることを
    etc



  • 国の経済は、国民の数に合わせて、柔軟に、縮小、拡大したらいい
    それだけのことじゃん

    働く人が減るのだから、仕方がないだろうに

    何を、焦って、少子化モンダイとか、高齢化社会とか、問題にしてるんだろう

    そんなこと、とっくの昔から、わかっていることだろうに



    アア、アホラシヤアホラシヤ

  • >>12

    >流れとしては、今回の一連の増税が、逆に構造改革を促すって流れになりそうな気がします。

    正にその通り。貴殿が再三指摘している経済成長は確かに最優先事項。しかし、歳出の蛇口を締める。すなわち膨れ上がる財政赤字で事実上甘い汁を吸っている層に大メスを入れなければならない。これをやらない限り根本的な解決はできない。と言ってももう手遅れですが・・・。もう日銀が事実上の国債引き受けなんてことを堂々とやっているんだから、財政状況はもうそう遠くない将来に長期金利の急上昇と言う形で破綻的状況となる。

    まあ上記のことは、分かっている人には分かっている周知の事実。しかし一般大衆の愚民化政策と言うかそういう事実を知らせないで増税や保険年金負担ばかり押し付ける政策は着々と進行中。

    最近思うのは朝の朝ズバとか、時刻が変更となったテレビタックルなどで、世代間や官民の格差問題を取り上げなくなってきている。朝ズバなどは完全にバラエティだ。で、愚民と言ったらちょっと語弊がありますが、非正規などの低所得者層には、精神論が浮上。もう少し働いて所得を増やそうなんてほざくアホもいるんだな。
    今回の渡辺みんなの党の件もこれは狙われているなあと言う気もしますがね。ああいうことをやっているのは果たして渡辺氏だけなのかな?まあこの辺で・・・。


  • 国民が貯蓄の好きな性質があって
    財布のひもを緩めないから
    国が、その代わりに無駄使いをしているのです

    勝手の、国民の財布から、お金を抜き取る方法を
    日々他国と連携して、研究開発しているのが
    シンクタンクでしょうね

    悪いことにも、頭の良さは使えるのは
    こまったちゃんね

  • >>8

    >実はHFを主体とする海外勢はこの国の財政状況を冷酷に判断している。国債(特に短期だな)の保有比率を見ていると彼らの思考法が分かる。なんせ彼らは日銀の金融政策は国債引き受けそのものと見てますからねえ。だから、この国の財政に激震が走るのはそう遠くない将来かもしれませんよ。

    考えてみるとオイシイ既得権益者が多いって云うのが、逆にこの国の借金体質、借金を拡大させている訳で、真剣に国の借金を無くす気ならば、やっぱりここらへんにメスを入れなければ駄目な訳で、

    増税しても税収が増えないとなれば、借金が減らないとなれば、成長出来ないとなれば、もうこれはこの国の構造改革、つまり既得権益者の切込みをしなければ海外の投資家や世界の目を納得させることが出来ない訳で、

    流れとしては、今回の一連の増税が、逆に構造改革を促すって流れになりそうな気がします。

  • 福島第一原発は「アンダーコントロール」と言い、下手な英語でもウソをつくのです。


  • 税金を集めて
    また、箱モノをいっぱい作るんでしょう
    先は見えています
    日本にどんどん農地がへり
    住宅や商店が増えていく
    でも、その住宅も人が入らず
    お店もシャッタ街になる運命
    つくりたいだけでしょ
    一度

  • 中小企業が決められた納税をすれば、消費税は必要ないらしい。
    つまり、屋台のラーメン店や、バーテンだけのショットバー、スナック、商店や町工場の納税は殆どが自己申告で税を逃れられる。
    国民総背番号制の様なシステムが必要です。

    結論。役人が怠慢なのです。マルサの一人あたりの徴収額が1000万円とか?経費を引けば赤字です。

  • >>6

    >既得権益で守られた人達だって、本当は景気動向って他人事ではないのですけどね。日本丸という運命共同体の船に乗っている以上は。 (既得権益に守られた人達が見ている世界(安定的に見える)というのは、実は虚像ということ)

    実はHFを主体とする海外勢はこの国の財政状況を冷酷に判断している。国債(特に短期だな)の保有比率を見ていると彼らの思考法が分かる。なんせ彼らは日銀の金融政策は国債引き受けそのものと見てますからねえ。だから、この国の財政に激震が走るのはそう遠くない将来かもしれませんよ。

  • >>6

    >大多数の国民(9割以上)は、景気の影響をもろに受けて浮いたり沈んだりする立場にありますが、既得権益で守られた人達は、全くそれらに関係なく一定水準の生活が出来ますからね。

    そうだなあ。現実は家族も含めれば大体国民の約3割(4割近いか)が既得権に守られている層と言えるなあ。よく財政赤字で大変という表現をする方がいるが、逆に考えれば1000兆円に達しようとするその赤字が増える過程で、既得権益で守られた人達が一定水準以上の生活を維持できて笑いが止まらないんだよなあ。それこそ貴殿が指摘するところの国民がこれを理解していれば、正に消費税増税の前にやることがあるだろうの大合唱だ。
    それと別トピで味方正義さんが指摘しているが特別会計に群がって甘い汁を吸っている方も仰山おるからなあ。

  • >>5

    >だから国民という言い方がおかしいんだよなあ。多くの大企業の従業員の給料は現実に増えている。公務員給与も実質アップしている。家族も含めれば1000万人は突破するだろう。その点ではそういう国民に対してはアベノミクスはちゃんと公約を果たしていると言える。彼らは間違いなく国民だからね。やはり彼らが国民ではないとちゃんと定義しないと駄目だなあ。

    確かに、この国には2つの全く別の世界に住む国民が居て、彼ら両者の見ている世界は全く違いますね。

    大多数の国民(9割以上)は、景気の影響をもろに受けて浮いたり沈んだりする立場にありますが、既得権益で守られた人達は、全くそれらに関係なく一定水準の生活が出来ますからね。

    自分もその9割に属する人間だし、経済人の端くれとして景気の動向には敏感なので、つい、既得権益に守られた人達のことを考慮に入れないで「国民」という言葉を使ってしまいますけど、

    この国の改革が進まないのも、この既得権益に守られた「国民」が相当数居るということも影響がある訳ですからね。

    とはいえ、既得権益で守られた人達だって、本当は景気動向って他人事ではないのですけどね。日本丸という運命共同体の船に乗っている以上は。
    (既得権益に守られた人達が見ている世界(安定的に見える)というのは、実は虚像ということ)

    というか、景気動向に左右されない状況というのが本来はあってはいけないはずなのに、それが許されているということが問題な訳で、彼らはある意味生物進化の法則で考えれば、それだけ鈍感になってしまう、劣化してしまうということでもあるし。

    で、この国全体としては、劣化が進み、淘汰されるべくして淘汰され、滅びべくして滅びの道を歩んでいるという訳なのですけど。
    歴史的必然というか、進化(劣化)の法則の必然というか。

  • >>4

    >だから、消費税収を増やすためには、というか消費を増やす(で企業が潤う)ためには、国民の財布を豊かにして、消費を促す、金払いを良くする環境を作らなければ、結局はダメだって話になる。 考えてみると結構分かりやすい構図でもあるのだけど、意外と気付かないものだね。

    だから国民という言い方がおかしいんだよなあ。多くの大企業の従業員の給料は現実に増えている。公務員給与も実質アップしている。家族も含めれば1000万人は突破するだろう。その点ではそういう国民に対してはアベノミクスはちゃんと公約を果たしていると言える。彼らは間違いなく国民だからね。やはり彼らが国民ではないとちゃんと定義しないと駄目だなあ。

    『国民は苦しんでいる』こういう言い方をしている限り多くの一般庶民は気が付かない。膨れ上がる財政赤字や消費税アップで大笑いの国民が仰山おると言うことを。全く大手マスコミは上手い言い方を考え付いたもんだ。

  • その分確実に経済衰退する。これは誰でも理解できる算数の分かりやすい話でもある。

    生活費に相当の余裕がなければ、収入が変わらなければ、増えなければ、毎月の生活費、出費額を増やすことは出来ない。

    つまり、毎月の出費にまわせるお金には限りがあるということ。これは困窮者程、その傾向が強く(今の消費不況の日本においては、資産があろうがなかろうが、金持ちだろうが、ワーキングプアだろうが関係なく、困窮者は相当数存在する)なので必然的に、毎月の支払額の上限が決まっていて、それを超える消費はしないので、何とかやりくりをしてセーブしようとする(習慣的な消費者行動というのもあるし)。

    それって、消費者としてはより賢くなり、やりくり上手になるということでもあり、見方によっては進化とも云えるだろうけど。

    だが、それで困るのは、それらの商品を作り、販売する各企業。だって、それって消費税が増税された分、売り上げが減るという話だし、しかも自分達の売上自体の消費税の支払額も増えるのだから、ダブルパンチでダメージを受けるから。

    いや、実は多くの国民が、その各企業に勤めていたり、仕事を貰っていたりで、直接間接に影響を受けているので、雇用減少とか賃金ダウンで(雇用が減ることで賃金相場が下がるので)トリプルパンチでダメージの連鎖、循環が起こる。乗数的に拡大して。(俗にデフレとか云われる流れ)

    かくして、国民の大多数の収入が増えないで消費増税をした場合は、かなり高い確率で消費が落ち込んで税収が減ることになる。

    だから、消費税収を増やすためには、というか消費を増やす(で企業が潤う)ためには、国民の財布を豊かにして、消費を促す、金払いを良くする環境を作らなければ、結局はダメだって話になる。

    考えてみると結構分かりやすい構図でもあるのだけど、意外と気付かないものだね。

  • >>1

    消費税上げたらGDPが下がり税収が減るんですよwww 

    財務省の省益のため国民が犠牲になった・・・ もう終わった話。

    株で儲けているし、どうでもいいや。

  • <<
  • 30 2
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン