ここから本文です

賦課方式の公的年金

  • 33,772
  • 2
  • 2017/10/19 17:53
  • rss
  • 1

    *****

    誰が考えても少子高齢化社会での今の年金制度では、無理だと思いませんか?
    あなたの意見を伺います。

  • <<
  • 33772 33753
  • >>
  • 33772(最新)

    tama_hatugenyou 10月19日 17:53

    >>33771

    あんまり変なことかけないのだろうけど。



    政党もマスコミも、東京ばかり。
    税制が、都会優遇だよね。
    そして、年寄り優先。

    地方の年寄りでない人は、誰に一票すべきだろうか?



    若者に税を使おうというけど、
    どこから金出すの?

    福祉系税の40兆円、何割か若者に使えばね(笑)。
    そういう言い方は誰もしない。マスコミ含め。



    一票格差も、欧米では当たり前なのに。
    シンガポールみたいに東京独立していいよ。
    そのほうが地方は助かる。

    さて、バルセロナは独立するのだろうか?



    基本的に税の使い方が都会優先、老人優先。
    まあ、組織はすべて、東京集中。
    無所属を育てよう。

  • >>33770

    tama さん

    幸い、私は、殆ど医者にかからず、毎日1万歩を歩いて健康維持に努めています。

    有り難いことです。

  • >>33769

    mituさん、



    まあいろいろ書いたけど、
    現実今、困るのは、
    少しかゆいのと、右目が見にくい。
    ただ、加齢黄斑変性も、片目がカバーしてくれる。
    芥川は自殺したそうだが、
    僕は、したたかに、生きそう。

    まあ、痛みなど直接困れば、
    薬は利用したい。



    久しぶりに血圧測ったら、144-90、
    とっても健康なのだ。
    数年ぶりにこの数値を見た。
    まあ、夏場だし、うれしい。
    酒が進みそう(笑)。



    正しいかどうかは別にして、
    有名な近藤さん。
    癌もどきで手術しすぎ(笑)。
    癌なら、すでに転移している。

    どこまで本当かわからないが、
    この言葉、、、好き。

  • >>33766

    tama さん
    >僕自身、血圧高くっても薬は飲みません。
    >本当に血圧高いと死ぬのか実体験中(笑)。

    色々不具合なお体状態で大変ですね。
    降圧剤は、避けた方が良いみたいですよ。
    私は低血圧ですが、家内の母親が高血圧でした。
    でも99歳まで生きました。
    薬を飲んでいたかどうか知りません。

    >今の医療、特に日本の医療、
    >金儲けばかりで、
    >幸せな老後を考えていない。

    数年前に、レントゲンで見てもらった時に、
    結核か肺癌か?と云われたことがありました。

    その頃、週刊誌で、元国立癌センター総長の
    垣添えさんという方のインタービュー記事
    「人はいつか死ぬものを」を読んでいましたので、
    担当のお医者さんに、結核なら、伝染しますから
    治療しますが、癌ならもういいです、ほっときます。
    と云ったことがあります。
    垣添え先生のご意見は、大体tamaさんと同じです。

    お医者さんの中にもこういうしっかりしたご意見
    の方はおられます。

  • >>33764

    >卵一つといっても、20円から200円迄あります。値段の高い高級卵の消費が増えれば、
    >ゴミの量は増えないで、経済成長しますね。

    それこそが望ましい経済成長だと思います。

    日本に貧乏人が増えれば増えるほど、国民は国産品を買わずに、価格の安い新興国製品を買うことになるでしょう。
    「一億総中流」。
    そんな社会が、また来ることを望みます。

  • >>33764

    >でも社会はそういう人が活動することで、活生化して行くのですね。

    そのとおりでしょうね。
    しかし、人には少なからず欲がありますから心配は無用のように思います。
    人それぞれ、それなりの欲を出して経済活動を支えていくでしょう。
    欲は必要です無ければ人は進歩しません。
    しかし、強欲はいけません。

    今のような強欲者が闊歩する社会では、やがて日本の経済を破壊しかねません。
    欲も程々にしておかないと。


    >どんどん経済成長した結果、今の様に物が溢れてくると、経済成長する為に物を沢山作ると
    >ゴミが増える一方ですが、経済成長というのは、お金で換算された物サービスの生産総量が
    >年々増えることですね。

    そうかもしれません。
    しかし、需要を超えた生産総量が増えれば、ゴミだけが増えて、経済成長の妨げになる可能性もあるようです。
    「大男、総身に知恵が回りかね。」。
    儲けようと設備を大きくして行き過ぎた結果が、必要以上の生産性の向上で無駄をつくりだし、今の日本の経済の足を引っ張っているように感じます。

    規制緩和の成れの果てかも?

  • >>33756

    mituさん



    > 私の周りの老人まず90%は、「貴方の言われる 、あほな老人です」

    僕自身、血圧高くっても薬は飲みません。
    本当に血圧高いと死ぬのか実体験中(笑)。

    突発性難聴で、耳鳴りしても、慣れるだけ。
    芥川の歯車である、閃輝暗点もあるが、結構慣れる。
    メニエール病もたまにあるが、これも慣れ。
    加齢黄斑変性は、一度眼科に行ったけど、
    加齢と言われたので、あきらめた。
    皮膚系も、かゆみはあるが、
    医者に行ったらステロイドで、
    長期で見たら、ひどくなりそう。
    肩こりや右手のしびれなど、いろいろあるが、
    まあ、老化。

    今の医療、特に日本の医療、
    金儲けばかりで、
    幸せな老後を考えていない。

    まあ僕が早死にしたら笑ってください。

    少なくとも僕の周りは、理解してくれています。
    血圧の薬、やめつつある人います。
    股関節の手術もやめた人がいます。
    インプラントもやめた人がいます。
    老衰は医学では直せません。
    変に薬飲むと先でますますひどくなります。



    僕の周りにあほな老人は少ないですよ。
    きっと、去っていく人も多いのでしょう。
    でも、家族含め、飲み友達は多い。

  • 普通に金持ってる奴から税収するでいいだろ
    財政出動でお金を細部までいきわたらせ
    お金が集まったところからまた回収
    一時的に増えた老人の介護業を
    一時的に増やせばいいだけ
    なぜその発想が無い?

  • >>33762

    unzen さん
    >ネズミ講の資本主義は、ネズミが多くならなければ親方は儲かりません。

    その通りです。
    私は、かれこれ30年くらい前から、 何故経済成長しなれないけないのか? 疑問に思い経済講演会等で
    良く講師に質問したものですが、納得する御返事を頂いたことはありませんでした。

    貴方のお考えは正にそれを言い当てていますね。
    私流に理解したのは、 「金儲けをしたくて堪らな人が困るからだ」 というものです。
    つまり、貴方の言う「親方」が困るのです。

    どんどん経済成長した結果、今の様に物が溢れてくると、経済成長する為に物を沢山作ると
    ゴミが増える一方ですが、経済成長というのは、お金で換算された物サービスの生産総量が
    年々増えることですね。

    ですから、卵一つといっても、20円から200円迄あります。値段の高い高級卵の消費が増えれば、
    ゴミの量は増えないで、経済成長しますね。

    その方向で行かないと、ゴミの増大なしに、お金儲けがしたくて堪らない人を満足させられません。

    「そんなに豊かにならなくても、もう今のままでいいや」、という人が増えてくれば、儲けの種は少なくなります。
    金儲けしたい人は困るわけです。 
    でも社会はそういう人が活動することで、活生化して行くのですね。

    今の若い人達は、どういう選択をされるのでしょう?

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>33758

    >人口は、貧困社会の方が増えるのですよ。 貧乏人の子沢山。豊になれば人口は減少します、それで良いのでは?

    そうでしょうか?
    子供が多い家族は、生活費が多額になるので、貧困生活をしなくてはならなくなるのではありませんか?
    他方、子供が少なければ、基本的な生活費が少なくて済みます。
    よって、子供の少ない家庭は裕福な生活が出来る。

    しかし、ネズミ講の資本主義は、ネズミが多くならなければ親方は儲かりません。

  • >>33752

    >年金にしても、医療にしても労働者世代から費用を吸い取っての自転車操業

    年金制度については、年齢に関係なく国民全員から徴収する税制度の移行すべきでしょうね。
    年金受給者にも元気で働いている人がいます。
    そのような人は、結構な高給を手にしているようですね。
    それに対し、若くても働けない人もいます。
    そのような人も、国民年金と言う基礎年金、月額16000円強の掛け金を払わなくてはなりません。
    これまでにも段階的に引き上がってきましたから、今後も月額支払い額はどんどん増えていくでしょうね。
    払うことが出来ない人は、老齢者になっても年金をもらうことが出来ないので、生活保護のお世話になる事になるでしょう。
    このような年金制度は破たんして当然ですね。

    年金の財源を、今のように若者だけに負担させるのではなく、年齢に関係なく国民全員で、収入と消費に応じた負担をしてもらいましょう。
    若者だけを食い物にして、年金暮らしを謳歌する高齢者をつくるような、ネズミ講的な年金制度には反対します。

  • >>33759

    つづき

    >殆どの裕福な年金受給者は、資産の増加に励んでおられ、もうこれ以上の消費は望まれません。
    >満ち足りているのです。
    満ち足りた人の年金を減らして、子育てに回すことが、日本経済の危機につながるのかわかりません。
    反対に経済は、良い方向(今は日銀による強制的経済政策での見かけの景気)へと向かうのではないでしょうか。
    赤字国債は、いくらでも発行できるものではありません。その為に消費税率を上げられたらたまりません。

    途上国の貧乏人の子沢山を言っておられましたが、貧富の差が著しい国では、貧しきものから金を奪う手段としての
    国策なのだと思います。日本もそうなることを望んでおられるのでしょうか

    欧米の終末期の考え方を知らなかったと言っておられましたが、「勉強してみてください」
    は、何をどういう風に勉強するのかわかりません。私は諸外国との比較の中での日本の無駄と思われる部分を
    書いたつもりののですが

  • mit さん
    あなたの返信が矛盾に満ちていて理解不能です。

    >今の我が国社会では、そう願っても叶えてくれずに、多額の医療費を貴方につぎ込むでしょうね
    これは患者の意思に反した医療行為、それこそ虐待なのです
    腎臓透析の話がありましたが、車の例えで言えば、50年前に60万ぐらいのファミリーカーが現在は300万
    装備が良くなったりして価格はデフレ時代でも下がりませんでした。
    腎臓透析の機械も、より便利(小型化して常に装着して患者負担を減らすなど)なものを開発するでしょうが
    価格を下げる方向には行くことは無いでしょう。それは、個人負担がないから下げても企業に意味がないからです。
    多少の個人負担があれば、同じ性能の機械なら安い方へ流れます。これが経済原理ではないでしょうか
    そしたら、企業も安価で性能の良い腎臓透析機器を開発するでしょう。

    つづく

  • 星屑の王子 さん 続きです。

    >子育て世代は、大学の仕送りまで考えたらほとんどかすかすの状態です。もう少し余裕があれば、子供に旅行や
    >いろいろな体験をさせてやりたいと願っているのではないでしょうか。
    >もっと言えば、子育てに公的支援が充実してたら子供はもう少し欲しいと考える人も少なくはないはずです。
    子育て支子援には賛成です。 老人関連の予算を回すのではなく、赤字国債発行で、大幅な支援に注ぎ込むとよいでしょう。

    >人口減少に歯止めがかかり、いろいろな体験をしてきた子供が増えれば、より多くの発想力が身に付き
    >国力の発展に貢献できるのではと思っています。
    子育て支援に金を注ぎ込めば、「若い人達の生活は楽になる」ことは間違いありませんし、それで良いと思います。
    然し、あなたの希望された様になるとは限りません。 反対に堕落する可能性もあるでしょう。
    私は子育ては厳しくあるべきだと考えています。 甘やかしては駄目でしょう。
    人口は、貧困社会の方が増えるのですよ。 貧乏人の子沢山。豊になれば人口は減少します、それで良いのでは?

    >「なぜ、欧米には寝たきり老人はいないのか?」
    > その理由は、高齢あるいは、がんなどで終末期を迎えたら、口から食べられなくなるのは当たり前で、胃ろうや点滴などの
    >人工栄養で延命を図ることは非倫理的であると、国民みんなが認識しているからでした。
    >逆に、そんなことをするのは老人虐待という考え方さえあるそうです
    そう言われていますね。 
    私は、そんなことは知りませんでしたが、私の両親は、此処に紹介されりる「欧米式」で看取りました。
    父は90歳、母は、認知症で16年間、自宅介護しましたが、何れも、自宅で老衰死です。
    家族の労力は大変ですが、子供達が健康であれば、やれないことはありません。

  • >>33755

    星屑の王子 さん

    >少し極端に走った言い方でしたが、その方向に日本は変わっていってもらいたいという願いを込めての意見でした
    50歳位ですか! 私の息子が51歳です。 彼は、「政治には美学がない、とほざき、投票には一度も行っていません。
    その代り、貴方の様な 「願い」 はしません。「今のままで良いではないか」 と, ほざいています。

    >もし私が年金生活者になって多額の医療費がかかるような病気になったら素直に治療せずに死なせてくださいというつもりです。
    今の我が国社会では、そう願っても叶えてくれずに、多額の医療費を貴方につぎ込むでしょうね。
    多額医療費の一つ「腎臓透析患者」には、1人年間600万円の医療費が掛り、その利用者は、約30万人です。
    この、人達に掛かる医療費が、年間2兆円位、今はそうですが、希望は、この治療費を画期的に安くする技術開発でしょう。
    もっと前向きに、問題解決に希望を托すべきでは?

    >mituさんが500万円の年金を使い切っているならそこそこの経済効果はあるでしょうが、現実の
    >裕福な年金受給者たちは、預貯金に回しているのが一般的ではないでしょうか
    その通りです。殆どの裕福な年金受給者は、資産の増加に励んでおられ、もうこれ以上の消費は望まれません。
    満ち足りているのです。 私のような行動に出ている人は例外中の例外です。

    後別投稿に続きます。

  • >>33754

    tama さん
    >勉強はmituさんがすべきと思いますね。
    御忠告有難うございます。

    >大恐慌にならないように政治を動かせばいいだけで、
    >老人有権者が多くなったための弊害です。
    大恐慌を避けるがように政治は動いているから、あのリーマンショックも何とか乗り切れのでしょう。
    「老人有権者に配慮しなければ選挙に勝てない」 という環境を、どうやって改善すべきか?

    >弊害は、選挙権はく奪など、よい政治をすべき。
    「選挙権はく奪」  なんてことが可能「意志力を失った者」の選挙権剥から始めるべきでしょう。

    >あほな老人は、反対するでしょうが、
    >子ら孫らをかわいいと思う人は、
    >わかってくれると思う。

    圧倒的多数の老人は、「あほな老人」 でしょう。 貴方も老人の域に入いられましたが、貴方の様な
    賢い老人が回りにどれだけ居られますか?
    私の周りの老人まず90%は、「貴方の言われる 、あほな老人です」

  • tamaさんありがとうございます

    少し極端に走った言い方でしたが、その方向に日本は変わっていってもらいたいという願いを込めての意見でした

    私は50歳ぐらいの人間ですが、私が年金を受け取る年になった時に私の言ったような国になってもかまいません
    もし私が年金生活者になって多額の医療費がかかるような病気になったら素直に治療せずに死なせてくださいというつもりです。

    mituさんが500万円の年金を使い切っているならそこそこの経済効果はあるでしょうが、現実の
    裕福な年金受給者たちは、預貯金に回しているのが一般的ではないでしょうか

    子育て世代は、大学の仕送りまで考えたらほとんどかすかすの状態です。もう少し余裕があれば、子供に旅行や
    いろいろな体験をさせてやりたいと願っているのではないでしょうか。
    もっと言えば、子育てに公的支援が充実してたら子供はもう少し欲しいと考える人も少なくはないはずです。

    人口減少に歯止めがかかり、いろいろな体験をしてきた子供が増えれば、より多くの発想力が身に付き
    国力の発展に貢献できるのではと思っています。

    貴重な国家予算を、無理やり生かすことに使うことが無駄に思えてなりません。
    この様な国は、日本だけのように聞いています。

    「なぜ、欧米には寝たきり老人はいないのか?」
     
     その理由は、高齢あるいは、がんなどで終末期を迎えたら、口から食べられなくなるのは当たり前で、胃ろうや点滴などの人工栄養で延命を図ることは非倫理的であると、国民みんなが認識しているからでした。逆に、そんなことをするのは老人虐待という考え方さえあるそうです。

    80歳を過ぎて考えを変えることなどできないのは理解できます。上から目線で話をするのも仕方のないことなのかもしれません。

    ただ老人に回るお金を現役子育て世代に少しづつ回していかないと将来がないのです。

  • >>33753

    星屑の王子 さん

    とっても賛同。

    まあ、日本は、会社負担とか、変な理由つけて取っている。
    しかも、使い方は老人用(笑)。
    欧米では、次の世代をしっかり考えていると思う。



    mituさん、

    >しかし、そんなことすれば日本経済は大縮小して、大変なデフレになり失業者が溢れたでしょうね。
    > 1929年の世界大不況の教訓を基に、色々対策を講じているから、まあ、このところ世界の先進国では、
    > 何とか大恐慌を免れてきたのではないでしょうか?
    > 少し勉強してみてください。

    勉強はmituさんがすべきと思いますね。
    大恐慌にならないように政治を動かせばいいだけで、
    老人有権者が多くなったための弊害です。

    弊害は、選挙権はく奪など、よい政治をすべき。

    あほな老人は、反対するでしょうが、
    子ら孫らをかわいいと思う人は、
    わかってくれると思う。

    あほな老人が減ることを祈る。

  • >>33752

    星屑の王子 さん

    色々書かれましたね。
    私は、今、満86歳、家内は89歳、二人で年間500万円の年金を、もう20年もの間支給されてきました。
    軽く1億円を超した訳です。

    今の超低金利ですと、成り立たない額ですが、20年以上も前なら、郵便貯金の年利が8%もありましたし、
    その前は、年利10%が当たり前だった時がありました。

    そういう時代ならば、積立金(年金掛け金)を複利で回せば結構成り立っていたのです。
    超低金利になったら、それに合わせて、支給年金額を減らせば良かったのです。

    それをしないから、おかしなことになっているのでは?

    計算上では、現支給額の40%位になるかな? 我々の場合で、年間200万円位でしょうか?

    切り詰めれば生活できない額ではないですよ。

    しかし、そんなことすれば日本経済は大縮小して、大変なデフレになり失業者が溢れたでしょうね。

    1929年の世界大不況の教訓を基に、色々対策を講じているから、まあ、このところ世界の先進国では、
    何とか大恐慌を免れてきたのではないでしょうか?

    少し勉強してみてください。

  • <<
  • 33772 33753
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン