ここから本文です
  • 1

    *****

    応援しましょう。


    宮原さんの名前、「知子」は、「さとこ」と読みます。

  • <<
  • 995 976
  • >>
  • 995(最新)

    aki***** 1月7日 10:33

     どうすれば、宮原さんの得点を上げることが出来るのだろうかと思う。
     行き詰っているように思うけど、・・・本当にそうなのだろうか、
     最大のネックは、ジャンプでのGOEに期待できないこと、
     理由は、ジャンプの高さが低いこと、
     これから、高いジャンプを飛ぶようになることは、無理。・・・・というのは、本当だろうか、
      
     アクセルは、高さを脚力で稼いでいる割合が高いように、私には見えるので、難しいように思うけど、
     他は、スピードの割合が高いように思える。
     宮原さんのスピードは決して、遅くはない。
     それと、宮原さんは、小さいので軽い。
     この二つを考慮に入れると、何処かにエネルギーロスがあるように思う。
     このエネルギーロスがどこに、どのようにあるのかを知ることが出来れば、
     高いジャンプも可能なのではないだろうか、

     このように考えると、フィギュアの人の中からだけで、対策を立てるための人材を探すのではなく、その他の分野、例えば、物理学。・・・・ここまで飛躍するとどうかとも思うけど、その中間あたりのことを研究している人達もいるのではないでしょうかね。
     体操辺りに・・・???。サッカー辺りに・・・???
     運動と物理、エネルギー・・・・この辺りの専門家に、色々な角度からビデオを撮って、スローモー再生して、見てもらう。
     当然、どのような角度から、ビデオを撮るべきかの指導も、指導を受ける。


     まあ、こんなことをやって、スポーツ、フィギュアの専門家を加えて、対策を練る。

     なんとかならぬものですかね。
     宮原さんの努力することが出来る才能に期待します。
     ・・・・どうだろう。
     なんて、勝手に思う。

  • >>993

     たぶん、私も同じころにフィギュアに興味を持ち始めたのだろうと思います。
     ただ、私は、観るだけですが、

     採点方法を決めるのは、ISUなので、
     ただ、旧採点法だと、日本独特の採点方法もあったかも知れませんね。分かりませんが、

     ジャッジには、フィギュアの経験がない人も含まれているという話を聞いたことがあります。今もかどうか分かりませんが、・・・・芸術性を評価するためとか、
     旧採点法だと、芸術点といって、どういう基準で採点されたのか分からないのがありましたね。
     芸術となると、色々な見方があるので・・・・採点といっても、適切な採点というのは、不可能といえるでしょう。表現となると、曲想をどう表現できているか、となるとある程度の目安ができるので、難しいけど、可能かな、

    >例のスケート連盟で問題を起こした人はアイスダンス出身

     この人に関しての評価は分かれるのかな、
     野辺山合宿を提案したとか、いろいろ功績はあるようですね。全日本ノービスもかな、
     重要ではないけど、試合の時、花束やぬいぐるみを投げ入れるのも・・・・とか、他にも色々あったような、


     小2位で始めないと・・・というのは、そうなのでしょうね。
     ある程度の成績の選手に、7才から始めたという人は多いけど、8才からとなると急に減るような、
     有名なところでは、安藤さんくらいかな、 

     フィギュアを本格的に習うのは、本当に大変なことのように思います。
     娘とために引っ越したなんて、普通ですものね。・・・・内心よくやるよ!! です。

    >小学生でほぼ将来有望かどうか決まります。その時リンク内に仲良しがいるか、練習に没頭できる環境かは重要です。

     そうでしょうね。

     安藤さんと浅田さんでは、3才の差がありますものね。いくら安藤さんの方が、習うのは遅いと言っても、小学生の3才の差は大きいですものね。
     ブロック大会のFSを観ていると、一組には、○○コーチの選手が3人とか、二組には、✖✖コーチの選手が、3人とか、同じコーチの指導を受けている選手は、大体同じくらいの成績になることが、多いという印象があります。

  • >>992

    バイエルは分かり易い説明ですね。長所としては修正する項目がクリア、練習時に要点を絞りやすい、があげられますね。今の選手は新採点世代、私も新採点になってからしかわかってないかも。
    10年前までは、採点基準をフィギュア経験のない人(例のスケート連盟で問題を起こした人はアイスダンス出身)が決めていたのではないかと思われるぐらい、いい加減な基準ができては修正の繰り返しで、選手はかなり翻弄されました。小学生でもできるスパイラルが高得点の時もありました。
    フィギュアは遅くとも小学2年生ぐらいに始めていないと、それ以降では難しいでしょう。
    小学生が、フィギュア一筋の生活をするのは難しいですよ。毎日にようにリンクに通って勉強する時間、TVを見る時間も取れません。もちろん主人はほっからかし。帰宅は深夜、日付が変わる頃です。

    小学生でほぼ将来有望かどうか決まります。その時リンク内に仲良しがいるか、練習に没頭できる環境かは重要です。
    真央ちゃんのライバルが美姫ちゃんと言われてますが、小学生の頃はほぼ同い年、兄弟姉妹が一緒、という条件に左右されますね。まだ幼い子供ですもん。実力が同じぐらいの子といる方が落ち着くみたいです。
    知子ちゃんは木原万莉子ちゃん。真央ちゃんには舞ちゃん。
    真央ちゃんは幼少の頃かなり恥ずかしがり屋で、お姉ちゃんの姿が見えないと泣き顔になっていました。お姉ちゃんにくっついて真似して上達していきました。舞さんがいなかったら、ここまで成長していなかったでしょう。
    私のところも二人姉妹ですが、妹が小学一年生、父兄の前でピアノの演奏をしないといけなくなった時泣き顔でした。
    「大丈夫、お姉ちゃんは前後ろ、右左、たくさんの人が見ているところで一人っきりでで滑っているよ。慣れたら大丈夫。○○ちゃんは前にしか人がいないから、怖くないよ」
    いくら親や友達が言っても効果なかったのに、姉の一言でふっきれたみたいでした。小さい時は、メンタル面のケアも重要になってきます。

  • >>991

     そうですね。
     現在の採点方法から生まれる演技は、ピアノにおけるバイエルのようなものだろうと思っています。
     イワユル新採点法になって、当初はイロイロと異論がありました。が、選手の世代が替ってみると、急激に技術レベルが上がって来ました。今後も、続くと思います。
     エレメンツごとに、細かく採点されるます。このために、どこをどのように修正すればイイのかが分かり易く、練習時の目標が作りやすくなるからでしょう。試合を観る側にとっては、どのプログラムも、同じようなものばかりになる欠点もありますが、
     プロのジャンプミスは、名ピアニストのミスタッチのようなものでしょう。
     名ピアニストのミスタッチを、そこが味があって、イイなんて評価したりも、


    >Loについて。選手がジャンプの練習をするとき、回転軸を安定させるためにLoの練習をするんですよ。左回転の選手の場合ですと右足でジャンプして右足で降りる、唯一のジャンプですから、体軸をしっかりさせるようです。スランプの時にしている選手もいましたね。

     このようなことは、何らかの形でフィギュアにかかわっている人でないと分からないことのように思います。
     有難う御座いました。

  • >>989

    年末の忙しいときに書いたので、誤解を受ける書き方で。採点方式の事です。能力的に劣っているとは全然思っていません。プロになると芸術が優先されて、回転不足のジャンプが見受けられます。それでもほとんどの人はわからないんだから。動体視力がしっかりしていないと難しいですね。高齢社会と言われる日本では、ますます難しいような。
    音楽に比べてフィギュアスケートの歴史は浅いです。今は過渡期で試行錯誤している段階かもしれません。

    Loについて。選手がジャンプの練習をするとき、回転軸を安定させるためにLoの練習をするんですよ。
    左回転の選手の場合ですと右足でジャンプして右足で降りる、唯一のジャンプですから、体軸をしっかりさせるようです。スランプの時にしている選手もいましたね。

  • >>988

    >スケート教室ではジャンプはできません。貸し切りでないと危ないので禁止されています。

     そうでしょうね。危ないですからね。


    >宇野君は小学生というより幼児という感じでした。

     この頃には、宇野くんのHPが出来てましたね。
     こんなの作って、大成しなかったら・・・なんて思っていたけど、見事ですよね。
     結局、大成する人は、小さい時から、高い目標を持っている人のように思えます。


    >2年目は有望新人に選ばれたのが、親友の木原万莉子ちゃんで大泣きしていたと聞きました。

     2年目とは、ノービスB二年目ということですか? 木原さんのことになると、急に興味を示す(笑)。


    >浅田真央ちゃんが決して一人で習っていたのでは、今のようにならなかったように(お姉さんの影響も大きい)知子ちゃんも木原さんがいないと、こんなに伸びなかったでしょう。

     浅田さんの場合、お姉さんだけでなく、安藤さんもいましたね。
     宮原さんのライバルは、木原さん・・・・そう思うだけで・・・・切ない。

     いずれにしても、ライバルは大切ですよね。
     現在の濱田コーチの忙しさを思うと・・・・他のコーチなら、特定の選手以外は、結構切り捨てているように感じるけど、今のところそんな印象は受けない。応援のし甲斐があります。

     
    >木原さんの引退は残念です。

     本人も、色々考えてのことと思います。
     家庭の事情のあるでしょうし、
     でも、よく分からないのですが、本人が引退といっているのですかね?
     全日本は、これが最後、国体で最後・・・・このようなことは言っているけど、
     まあ、引退なのでしょう。
     私は、ファンなので・・・・。この後よい人生が待っていることを、祈るだけです。

  • >>988

    >フィギュアだけ後れを取っているのでは、芸術といえないでしょう。

     う~ん、フィギュアの人が音楽の人と比べると、能力的に劣っているとは思いません。
     しかし、いくつか理由があると思います。
     一つは、競技としてやっているけど、あまり芸術に興味がない人も結構いるのでは・・・・、
     もう一つは、氷の上を滑るだけでも、結構難しい。芸術といえるような、滑りをするためには、一つ一つのエレメンツを十分に熟せない限り不可能でしょう。それが可能な選手がどれ程いるのかということです。
     音楽においても、コンクールで優勝するためには、音楽性も当然のことながら、技術も優れていないと、無理でしょう。そういうレベルまで、技術力を持つ選手は少ないことではないでしょうか、
     それと、指導者の問題もあります。芸術とは何かを理解していない指導者の下では難しいでしょうね。例えば、佐藤コーチは、「私は、芸術などと言っても、何のことやら・・・」こんな意味のことを、本人が言っていますからね。山田コーチが分かってないことは、知られていますよね。まあ、知られた人で、分かっていると言えるのは、濱田コーチくらいですかね。まあ、この辺りが、濱田組を応援する理由ですね。
     高橋くん、織田くんは、優れていたと思います。この点に関しいては、まだまだ、現在の日本の男子選手では、追い付いていない。


    >背の低い彼女に合った独自の表現ですばらしいと思うのに、減点となるのでは納得できません。

     減点というより、加点が少ないでしょう。
     本当は、曲の表現に合わせたジャンプの高さ、回転スピードが自由に熟せるということなのでしょうけど・・・・そんなことは、現在のどの選手にも無理ですよね。結局、現在は、高く飛べる選手の方を、高く評価することになっているのでしょう。
     背の高さで言えば、伊藤みどりさん(145㎝)の方が、宮原さん(151㎝)より低かった。けど、みどりさんは、高いジャンプを飛んでいた。理由にはならないような、


     私も、フィギュアに興味を出したころ、いろいろルールについて調べてみたのですが、毎年かわるので、現在のルールは、分かっていないと思います。シングルループって、1Loのことのように・・・。で、ネットで検索すると、学習方法にそんなのがあるようです。・・・・よく分かりません(笑)。

  • >>987

    いつもすごくいい意見、ありがとうございます。
    芸術点についてもやもやしていた事、うまく表現できなかったんですが、今のフィギュアの理想が、機械的な採点、それなら機械に演技させると最高のものができるというのでしょうか?がすごく納得できました。
    そうですよね、音楽の世界でも表現力が重視されます。それは演奏家各自の独特の表現、解釈が入ります。決して一律ではありません。それなのにフィギュアだけ後れを取っているのでは、芸術といえないでしょう。
    娘は、知子ちゃんの低いジャンプ、高速回転がいい、と言ってます。背の低い彼女に合った独自の表現ですばらしいと思うのに、減点となるのでは納得できません。

    フィギュアの世界にいたのは10年ぐらい前の話です。だから気付かないで古い話もしていると思うのですが。採点方式は毎年変わります。私達がシーケンスと言っていたものは、シングルループというように表現が変わったようです。
    当時からスケート事情が悪くて、習うなら毎日来てください、お遊びでしたい人はスケート教室の方で十分です。
    リンクはもう飽和状態なので、選手として上達したい覚悟のある人だけ教えます、という感じでした。
    スケート教室ではジャンプはできません。貸し切りでないと危ないので禁止されています。
    一応スレスレレベルで野辺山には行きました。その時のスケートの先生が、時々TVに登場しているようで「○○先生」と言っていました。宇野君は小学生というより幼児という感じでした。今彼を見る目は親の目線です。
    知子ちゃんは最初最年少で行き、安藤美姫ちゃんにレッスンしてもらったようです。
    2年目は有望新人に選ばれたのが、親友の木原万莉子ちゃんで大泣きしていたと聞きました。ノービスで優勝するのは知子ちゃんだったのにもかかわらず。あのころの二人はいいライバルで友達でした。実力も拮抗していました。
    浅田真央ちゃんが決して一人で習っていたのでは、今のようにならなかったように(お姉さんの影響も大きい)知子ちゃんも木原さんがいないと、こんなに伸びなかったでしょう。木原さんの引退は残念です。

  • >>983

     お子さんが、フィギュアをやっておられたのですか、
     野辺山に行かれたということは、結構本格的にされていたのですね。
     私なんて、運動音痴もイイとこで・・・、


     映像では、どのくらい傾いたジャンプなのか、方向によって見え方が違うので、よく分かりません。
     しかし、実際の試合を観ると、色々なジャンプがあることが分かります。角度も当然イロイロ。
     垂直に近いジャンプは、GOEが付き難いような、
     まあ、着地の時の流れが上手く行かないような感じですね。

     宮原さんの場合は、ジャンプ力が不足している選手。これは間違いないでしょうね。
     これを補うのが、軸が小さく回転スピードが速いこと、
     

    >野辺山の記憶なんですが、真央ちゃんは短距離もかなり速かった。4年生で7秒台だったように思います。一方知子ちゃんはグループの中では中ぐらいだったように思います。8秒台?一般の人と比べるとかなりのものですが。

     この記述を見て、やはり、宮原さんは、コーチの言う通り、運動の才能は相当劣っていたのだろうと想像します。
     幾ら運動音痴であっても、障害があれば別ですが、この年齢であれば、一年も頑張れば、平均位の能力にはなります。これは私の経験からです。
     宮原さんは、一年前には(小3)、京フェスに出場していて、将来を期待されているイメージだった。
     望結ちゃんが、小4くらいの頃、腹筋一日300回とか・・・フィギュアの基礎体力って、想像以上のように思う。
     50m8秒台?・・・女子・・ねぇ、
     まあ、この年齢だと、男女関係ないような? この頃は、宇野くんより、宮原さんの方が、ジャンプなんか成功率は高かったような、
     コーチは、宮原さんは、運動音痴なんて言うけど、言う程でもなかったのでは、という人も多いけど、
     左利きを、右利きの回転に変更したこともあるでしょうけど、フィギュアの始める前は、そうとうの運動音痴だったように思える。


     話は、982に戻るけど、
     1000文字超えるので、書けなかったので一言。
     ミーシャ・ジーくんは、芸術性を重視する選手でしたが、ソチの次のシーズンは、芸術性より得点を取る為の演技をした結果、急に世界選手権の成績が上がりましたね。木原さんも、表現を無視すれば、10位以内くらいには成れなのかな、なんてね。
     この辺り、やはり配点方法には、疑問を感じます。

  • >>982

     樋口さん、22日に怪我をしたと言ってましたが、どの程度だったのでしょうね。
     FSの成績も思わしくなかったので、気になります。
     四大陸にも選ばれていないことから、この辺りが影響したのかな? と思っています。
     世界選手権までには、間に合うということなのだろうと思います。本当のことは知りませんが、

     フィギュアの環境の良し悪しの基準が分かりませんが、
     関西が、練習環境がイイとは、思いません。たしかに、現在は良い選手が多いことは、確かですが・・・それが先行に影響するとは思えません。逆の可能性なら有ると思いますけどね。どうみても、JGPSに選ばれるだけの成績を上げていなかった竹野さんが、選ばれたことが数年前にありましたね。九州からは、いなかったことが原因のようでした。


     芸術点に関しては、私も同じような思いがあります。
     PCSが芸術点・・・なんて言う人もいますが、SSと連動している限り、どのような理屈を並べようと、公正なものにはならないですからね。まあ、ヴォーカル入りも可になったことから、改善される傾向にはあるようには思います。
     表現力などは、アマの間は、重視する必要がない。プロになってからでよい。音楽の世界では、そうなっている・・・なんてモットモラシイ意見もあります。しかし、それなら、機械による演奏が音楽コンクールの理想になりますが、そんな演奏であれば、評価の対象から外れる。音楽においても、コンクールであっても、表現力は十分に評価されています。プロになってからは、個性とか、解釈とかがどうか、それが視聴者の好みに合うかどうかです。
     真凛ちゃん、望結ちゃん、木原さんなどが、不利になっている代表でしょう。
     まあ、真凛ちゃんの場合は、妹に負けたくないって思いがそうさせているのでしょう。
     ここぞという試合以外は、表現においても、結構手抜きがみられますね。
     
     誰もが、真凛ちゃん程度の表現力があって欲しいものです。
     まあ、全体に表現力も上がっていることも確かですが、
     いずれ、SSと連動したPCSの採点がなくなるのだろうと、期待しています。
     それでも、不満は残るでしょうけど、
     主観で採点する部分は必要でしょう。


    >ましてバンクーバーの時のように、誰かさんが基準というのでは本末転倒でしょう。

     このようなことは、これが最後であって欲しいですね。

  • >>980

     ソツコワさんのP.B.は、216点位ですので、220点を越えるのには疑問を持つのは当然のことでしょうけど、
     オリンピックということで、急成長してきているようですし、オリンピックは点が甘い傾向があるように思っているので、「220点を越えそうですし」となったのです。

     なんでザギトワさんの誕生日に疑問を持たれたのですか? ・・・分かりません。

     
    >ロシア勢、出てくるんかな~?

     わかりませんね~ぇ、
     それ以前に、オリンピックがあるかどうかも・・・・、
     誰一人言わないけど、選ばれた選手は、ひやひや、ドキドキ・・・でしょうね。

  • >>979

     まじめな宮原さんですから、リハビリ中であっても、当然できる範囲の練習はしているでしょうから・・・・いろいろ細かい点での改善が見られるのでしょうね。

     浅田さんには、こだわりがないので・・・・、

     ジャンプの高さは・・・・難しいですね。
     PCSを上げる点でも、さらなるスピードは大切でしょうし、
     スピードが上がれば、ジャンプの高さにも影響して来るとは思います。
     いずれにせよ、諦めないことが大切なことと思います。

  • 確かにスケートは、氷と垂直に近いジャンプをすると転倒のミスが少ないです。浅田真央ちゃんがあんなに3Aを成功させたのは、垂直に近いジャンプが彼女にとって跳びやすいものだったからです。
    殆どの選手が10°ほど傾いています。娘も現役の時、写真撮影して分析していたら10°以上傾いていました。定位置でジャンプするのとは違い、氷の上を勢いよく滑りながらジャンプすると、どうしても足が先に出てしまって胴体が傾いてしまうんです。伊藤みどりさんもそんな状態で3Aを成功させました。
    私は彼女の演技は、小さな独楽に例えると分かり易いと思います。ジャンプは低く高速度の回転、体が傾いて時も転倒する確率は低く、ミスの少ない演技を披露します。
    野辺山の記憶なんですが、真央ちゃんは短距離もかなり速かった。4年生で7秒台だったように思います。一方知子ちゃんはグループの中では中ぐらいだったように思います。8秒台?一般の人と比べるとかなりのものですが。

  • オリンピック坂本さんが選ばれたのは、いろいろな面で動揺があったでしょうね。樋口新葉さんの方が実績をこつこつ積み重ねてきたのに、全日本で好成績を残した坂本さんが代表になった。ある程度フィギュアのわかる人は、樋口さんだろうなと予測していたようです。
    これには、フィギュアをする環境も考慮されたような気がするんです。今は関西ですね。

    私はスケートの採点方式にも不満があります。一般の人には採点方法が分かりにくく不正の温床になりやすいということで、細かい基準が設けられました。これにはジャンプの低い知子ちゃんに不利な、ジャンプの高さという項目も入っています。芸術的にすばらしければ高得点、ではわかる人が少ないですから。
    点数の入りやすい課題をこなしたうえで、芸術点という難しい事に挑戦されている選手の皆様は大変だと思います。
    ましてバンクーバーの時のように、誰かさんが基準というのでは本末転倒でしょう。

  • >>977

    >宮原選手、オリンピック出場おめでとうございます。

     有難う御座います。

     濱田コーチの涙は、初めて見ました。
     幼い時から努力に努力を重ねて来た宮原さんを指導してきて、そうでなくても、宮原さんに対する思いは一入であると思いますが、さらに怪我をし、幼い時から夢を見ていたオリンピックはだめかと思っていた。それを努力によって勝ち取ったのですから・・・涙になったのでしょう。


    >コーチはフィギュアのコーチング以外でも手を抜くこと無く信頼関係を築きました。

     そうですね。
     太田さんの頃から見てきて、そういうコーチであると感じています。

     オリンピックでは、シッカリと練習の成果を示してくれると思います。


    >また、この全日本で木原選手の引退を知りました。

     このことについては、色々な思いがあります。
     H31年の春京都のリンクが完成なのかな??
     十余年の歳月を経ての、待望のリンクなのですが、
     このリンク建設にあったって、京都府に何度も要望書を出していたであろうとは、誰もが想像できることでしょう。この運動をしている濱田コーチ以下を、いよいよ本気にさせたのが、木原さんが、練習するリンクを失ったことでしょう。進学したい大学にも進学できない・・・これが京都府を動かす力になったに違いない。あとに続く白岩さんのこともありますし、・・・・まだまだ続くでしょうから、

     ただ、31年の春では、木原さんには間に合いませんよね。
     よく分からないのですが、木原さんは、現在二年生(回生)になっていますよね。
     二年間休学との事なのに、レポート提出とかで、大丈夫なのかな?
     仮にそうならば、大学卒業までに、あと二年。うちリンクがないのが一年。これでは最後になるでしょうね。
     まあ、全日本には出れなくても、同志社のFSⅭで、活躍しても良いようにも思いますが、如何なのでしょう?


    >次のステージ、すばらしいものでありますように。

     スポーツ健康学部なので・・・・まさに木原さんのフィギュア人生を思わせますね。
     頑張って欲しいです。 


     それはさておき、
     これで、関西大学の思惑は、大外れになりましたね。
     宮原さんだって、医学部へ編入なんて・・・ね。京都のリンクは、宮原さんの家に近く、宮原さんの為のリンクだなんて噂も、あるくらいです。
     阿漕なことを考えるからですよ!!

  • >>975

    >ロシアだけで、メドベージェワさん、ザキトワさん、ソツコワさんの三人が、220点を越えそうですし

    ソツコワさんはそうでもないでしょう。
    ザキトワさんってホントに5月生まれ?誕生日の改竄くらい、ロシアなら平気でやっちゃうだろう。
    ロシア勢、出てくるんかな~?

  • 12/25。アイスショーを何気なく見てたのですが、宮原さんの演技はやはり綺麗に見えるようになってますね。解説の荒川さんも、『故障リハビリ中の変化』だと言ってましたね。
    私は何気なく「今期は何となく、宮原さん綺麗に見えるなぁ」と感じていたんですが、今日見て変化点がハッキリしました。
    以前の宮原さんは、ヒザの角度、ヒジの角度に癖があり、演技中のシルエットが綺麗に見えませんでした。今はそれがありません。以前より手足が長く見えます。
    宮原さんが代表に上がってきたとき、当時の浅田さんを得点で抜き去ることには不満を感じた人が多かったようです。私もその一人でした。
    今になって、ようやく高得点が取れて得点安定性も凄いだけでなく、得点並みの美しさを備えるようになるとはね・・・・・。
    今では日本の女王としての風格を感じます。
    ま、ジャンプの高さにもう少し余裕が出れば完璧ですね。回転不足も減るだろうし。
    スタミナはどうなんだろう? 後半にジャンプを固めても息切れしないだろうか? 失敗しなければ5点以上は上乗せ可能ですからね。

  • >>976

     そうですね。
     
     ・・・・というか、
     韓国民上げて、宮原さんを応援すべきでしょう。
     金妍児が、バンクーバーで金。凱旋のアイスショーに出演したのは、宮原さんですからね。他にも濱田組から少々いましたけどね。他は無し、
     まあ、チェファ・キムさんを韓国代表にしてもらったお礼なのでしょうけど、
     まあ、そんなことにはならないのが、韓国。

  • 宮原選手、オリンピック出場おめでとうございます。
    困難を努力で乗り越えた瞬間、大きなガッツポーズと濱田コーチの涙。
    彼女の並々ならぬ努力あってのことですが
    コーチはフィギュアのコーチング以外でも手を抜くこと無く
    信頼関係を築きました。
    夢の舞台で悔いの無い演技を披露して欲しいと思います。
    また、この全日本で木原選手の引退を知りました。
    本当に素敵なロミオとジュリエットでした。
    病気でおわれたフィギュアでしたが
    次のステージ、すばらしいものでありますように。

  • >>975

    五輪はまぁ・・ロシアの表彰台独占阻止、表彰台の一角を取ることを世界中が望んでるんじゃないかな? 宮原さんとオズモンドさんは、日本以外からも応援されるでしょう。

    ロシアの演技はむしろ好きなので、反ロシアってわけではないですが、スポーツにおいては独占を許さないことが重要ですからね。

  • <<
  • 995 976
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
かんたん口座開設・販売手数料無料!! ヤフーグループのYJFX! 投資信託