ここから本文です

宮原知子選手のトピ

  • 1,362
  • 0
  • 2018/12/18 23:07
  • rss
  • 1

    *****

    応援しましょう。


    宮原さんの名前、「知子」は、「さとこ」と読みます。

  • <<
  • 1362 1343
  • >>
  • 1362(最新)

    aki***** 12月18日 23:07

    >>1361

     そうですね。男子は人気ありませんでしたからね。
     こんなにフィギュアが、特に男子の人気が出るとは思ってもいませんでした。
     やはり、羽生くんが大きいのかな、
     町田くんも人気が出たし、宇野くんも・・・。
     次が、どうなんだろう? 

     花束を投げ入れるのは、城田さんが提案したとどこかで・・・。城田さんの失脚で、ボックスになったのかな、
     

    >高橋、織田選手を抑えて1位になった選手。

     誰でしょうね。
     調べれば、分るかな、
     小さい頃、高橋くんに10戦10勝したという人の記事を読みました。この子は、金銭的な理由で止めたそうです。
     浅田さんが勝手にライバル視していた森永くんも、まもなく止めた。無良くんや町田くんよりも成績が良かったのに・・・。


    >ジャンプの5Gが抜けてましたね。多分3回転。ノービスのころジャンプの得意だった選手、体を痛めていることも多いです。激しいスポーツなんですから、メンテも充実させてほしいですね。

     ということは、4回転だと、7Gかな?
     クワドアクセルだと、8G? 戦闘機のパイロットなみ、
     これに羽生くん挑戦するの・・・凄いね。
     
     太田さんの怪我は、このGによって齎されたのでしょうね。
     ジュニアの頃は、体が柔らかいので、怪我をし難いと濱田コーチは言っていた。
     しかし、関節の可動域が大きいため、Gが大きいフィギュアでは、怪我の原因になった。
     他の大抵のスポーツであれば、体が柔らかければ、怪我をし難いのでしょうけど、
     フィギュアは、そうは行かない。怪我の原因になったりする。
     本当に、難しいと言うか、厄介なというか・・・、

     羽生くんのこの度の捻挫も、Gと深いかかわりがある筈なので、危険度は非常に高いスポーツと思います。

  • >>1360

    優秀な成績を残したスケーターには、競争する相手がいるんですね。二人とも同じような環境で。すばらしい。
    その頃私はフィギュア男子はあまり見ていなくて、全日本も、男子シングルは関係者中心だった。当日でも取れていたんじゃないかな。なぜか織田君、高橋君同時にいなかったような気がします。
    女子シングル、男子フリーは男子の最終滑走から混み始めるんです。その後が女子なので効率的。リンクに花束等投げ入れるの禁止で、選手のボックスにプレゼントを入れるようになっていた。
    私も当時、高橋、織田選手ぐらいしか覚えてないわ。ジュニアの頃、彼ら以上に優秀な選手がいたそうです。高橋、織田選手を抑えて1位になった選手。

    ジャンプの5Gが抜けてましたね。多分3回転。ノービスのころジャンプの得意だった選手、体を痛めていることも多いです。激しいスポーツなんですから、メンテも充実させてほしいですね。

  • >>1359

     本人はどう思っていたか分かりませんが、周囲の人はライバルと思っていたでしょうね。
     二人は、いわゆる一流大学生スケーターというだけでなく、結構フィギュアの成績も良かった。全日本、9位、10位、辺りかな、
     神崎くんは、現役最後のシーズンは、4位でした。次のシーズンは、GPSの出場が可能だったようです。
     学業重視の選手で、最後のシーズン以外は、一日一時間くらいの練習量で、受験の頃は殆ど練習していなかったそうです。仮に、フィギュア重視であれば、高橋くんや織田くんに匹敵、或いはそれ以上の成績を残したのかも知れません。

     二人が、被ってジャッジをしない理由を考えたのですが、たぶん、試合を主催する府県レベルのスケート連盟の違いからかな、


    >年末にかけて忙しくなっているんで、時間を見つけて書いていきますね。

     宜しくお願い致します。

  • >>1358

    梅谷君、わかりません。神崎君のライバルだったんですね。
    あの時代に条件の悪いリンクで、ここまでの成果を見せるなんて大したものです。年末にかけて忙しくなっているんで、時間を見つけて書いていきますね。

  • >>1357

    >きっとサントリーの研究所にいるんですね。

     そのようですね。
     しかし、なんでCMに出てくるの? ・・・って、感じ、
     
     現在のフィギュアとの関わりは、おもに近畿とか、西日本でテクニカルスペシャリスト、アシスタントテクニカルスペシャリストを務めています。全日本も時折やっているようです。
     なぜか、同年代のもう一人のインテリスケーター、梅谷くん(阪大)と被ってジャッジをやることがない。

  • >>1351

    神崎君、思い出した。文武両道の男の子でした。京都大学卒業してました。きっとサントリーの研究所にいるんですね。
    当時の新聞記事に文武両道のスケーター、と載っていました。娘と片方でもすごいのに、と言ってました。
    娘もう覚えてないかも。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • そうですね、私も結弦くんが瀕死に近い状態でも、かなりのレベルで仕上げてくるのでびっくりしてます。
    今回のGPFフリーも、よくぞここまで(最後の2つのジャンプのみ乱れただけ)と思いました。だからスポーツをした事もない人にとっては、特例で世界選手権狙っている、全日本避けている等ごちゃごちゃ言われるんでしょう。
    氷はコンクリートのように固い、ジャンプの時体重の5倍の重力がかかってくる危険なスポーツです。
    女子選手も筋肉がすごく付いてますよね。

    キレる女懲りない男ー男と女の脳科学(黒川伊保子著)読んでいるんですけど、男女の感覚差がわかりやすく書かれていて面白いです。女性は感情に揺り動かされるので、状況によってムラが出てくる。会社が男性中心で動いているのはある意味都合がよく(理性で割り切るから)、どんな状況でも一定のレベルで仕上げないと製品として成り立たない。
    そこから考えると、体調が最悪の状態でも一定のレベルに仕上げてくるのは彼だからこそ。女性ならそこまで無理をしないと思います。

    基礎の習得では同じようなレッスンを受けるけど、オリンピックレベルになるとそれぞれ違う、その人だけの仕上げをしないと難しいんでしょうね。エッジの溝の深さとかどのぐらい磨くと調子がいいとか、デリケートになってくると聞きました。孤独な闘いなんでしょうね。精神的にもきついと思う。

    紀平さん、幼稚園の頃の片手の横転はすごい。初めて見た。浜田先生のレッスンを受けるため家を売ったんですよね。
    あのぐらいの運動神経見せられたら、納得です。

  • >>1353

     訂正

    >細田さんは、濱田組の中でも、別次元なように感じてします。

    紀平さんは、濱田組の中でも、別次元なように感じてします。

  • >>1352

     勝手に想像するのですけど、
     羽生くんが怪我をして、まだ十分癒えていないのでは、と思えるようなときに、完璧とも言える演技が出来るのは、このノートによるものでは、と思うのです。感覚を忘れないようにすることが出来るのでは、
     どうしても、感覚による記憶では、休んでたら、狂ってしまうような、
     そうは言っても、羽生くんのノートを見て、宇野くんが役立てることが出来るかどうかは、別問題のように思います。

     宮原さんも、テレビで、パーとか、シューとか、言ってたから、娘さんと同じようなのかな?
     まあ、実際にやっている人でないと分からない感覚なのでしょうから・・・。

     近くにいて分ることと、離れて分ることが有りますからね。
     私が、何を書いたのか、記憶にありません(笑)。なんだか、すぐに忘れるけど、
     理屈っぽく書いたことは、確かです。
     
     確かに、浅田姉妹のような滑りをする選手は少ないですよね。
     真凜ちゃんや宮原さんも、幾分そういう傾向があるのかな、
     紀平さんは、たくましい系。


    >3Aを跳べる選手が身近にいると、それが当たり前になってマネをする選手が増えて、他の選手もできるようになるそうです。

     細田さんの3Aは、そうなのかな?
     細田さんは、濱田組の中でも、別次元なように感じてします。
     幼稚園の頃の映像がよく流れますが、あんなことが出来る女の子なんて、どれだけいるのでしょうね。
     あの映像に映っている他の女の子も皆凄いように思えるのですけどね。
     前にも書いたような気がするけど、そんな紀平さんが、小学校の頃は、山下艶子コーチに師事し、スケーティングを確りと学んだことがベースにあるからこそ、3Aで、GOEがあれだけ出すことが出来るように思います。当然、濱田コーチの指導力によるものが大きいのではありますけど・・・。まさに、理想を歩んでいるように思える。

  • >>1351

    羽生選手は練習した後、ノートに詳しく書き込んでいましたね。図解入りで「このタイミングでジャンプ。こうすると成功する。4回転にする時、足をこのタイミングで踏み切って、このタイミングで着地」みたいなことをびっしりと書いていたようです。TVでやっていました。
    男性は理詰めで考えるんだな、と改めて思いました。娘は感覚的で(例えば)「ここで空気を抱き込むように」「この音はエッジを使ったジャンプ。この音はブレード全体」自分が習った時の感覚で選手を見てしまうんでしょうね。
    私も現役時代の織田、高橋選手の演技は成年なのでピンと来ていませんでした。今になってようやくわかる感じ。どっぷりと漬かっている時はいるときは意外と近視眼で、少し客観的に見た方がわかりやすいのかもしれません。
    akiさんの言っている事、私にはかなり新鮮でしたよ。こんな見方もあるのかって、よかったです。

    浅田姉妹も、山田満知子コーチにとっては異質だったようです。たくましいタイプが多い中、上品で優雅な滑り方をする。浜田コーチも紀平さんの才能を伸ばしたように、浜田組にいい影響があればいいのにね。3Aを跳べる選手が身近にいると、それが当たり前になってマネをする選手が増えて、他の選手もできるようになるそうです。今後が楽しみですね。

  • >>1350

     正直言って、録画したものをコマ送りにして観ないと、私には分かりません。
     流石にオリンピックの時は、コマ送りまでして観ましたけど・・・。
     経験者でしたら、どのような時にどのような、音がするのか分かるのでしょうね。
     音で分かるなんて、思ってもいませんでした。
     あ、そういえば、神崎くんの3Aは、音で分かりましたね(笑)。
     あ、そういえば、GPFのテレビ放送の時、たしかサントリーのコマーシャルに出ていましたね。
     何の話だか・・・って、思われましたか、
     元濱田組だった男子選手で、なんだか知らないけど、テレビコマーシャルに出ていた。

     お客さんには、分ってみている人もいますし、私のように、そうでない人も当然。
     でも、細かい技術面を除けば、良い演技だったと思います。
     そうですね。濱田コーチを見ていれば、判断付きますね。
     ただ、濱田コーチも、だんだんアクションが小さく、大人しくなってきてます。

     いままで、紀平さんのような強い選手が、濱田組に居なかったので、少し戸惑っています。

  • >>1349

    ルッツ、フリップが回転不足とループがはっきりしない判定だったんですね。
    何となくわかるような気がします。トーのジャンプ(ギザギザの部分で跳ぶ)が続いた後にループ、ここで引っかかってしまったんですね。私の動体視力では判別不能です。
    もし審査員が私ぐらいの年齢なら、微妙な採点をされた可能性もあったりして。スローで要所要所を見たんですが、最初の3S、3Lz+3Tは勢いに乗ってよかったと思います。2A + 3Tも降りていたと思う。3連続ジャンプのループはスローでもわかりませんでした。単独のルッツが回転不足と言われたらそんなような感じもするけど、確定できません。
    スケート場では娘、音も聞き分けて判断しているようです。これも若くないと聞こえない音もあるようで。私は限界かな。知子ちゃんの動画ちゃんの、やたらと歓声が入っていたけど、声を出した人、判別できてないなという感じがしました。いい悪いの強弱がなく同じようにく発声していたので。コーチがリアクションした部分が大体いい演技です。

  • >>1347

     なんだか、努力して、ジャンプの改善をしても、
     改善するスピード以上に厳しくなっているような感じがします。
     綺麗に高く飛べる人にとっては、関係ない事ですけど、

     プロコトルを見ると、
     3Lz<+3T GOEの減点無し、3Lz<<、3F<+2T+2Lo!となっていますね。
     演技そのものは、他の選手よりも良いと思うのですけどね。ルールだから仕方ない。

     紀平さんは、言うまでもなく良い選手ですけど、
     ザギトワさんにしてみれば、ルールの変更に不満があるでしょうね。ジャンプを全て後半にが出来なくなった、
     どうも私は、負けた選手の方に、気が取られるようです。

     本当に女子も、凄いですね。
     まあ、日本とロシアだけ・・・、韓国も、少しずつ凄くなってきている。
     ただ、日本のジュニアは、ちょっと、って感じ、
     JGPFには、日本選手は出場していない。ロシア5人、韓国1人。
     日本では、当分紀平さんの時代が続くということでしょうか、
     心技体共に紀平さんは充実していて、申し分ない選手に見えます。
     まあ、全日本の結果次第で、これからの日本女子の将来が見えてきそうです。


    >ここのカキコは12月いっぱいという事ですが、全日本もぎりぎり間に合います。できるだけ自分が持っているささやかなものでも絞り出して、締めくくりたいと思います。

     私には、絞り出すものがないので、誤魔化し、誤魔化し書いていきます。
     フィギュアのことなど、なんにも分かってないですからね。

  • >>1345

     宮原さんの事ですから、大丈夫だろうとは思いますが・・・、
     まあ、ジャンプを改善したと言っても、これまでも、何度も取り組み、二歩前進、一歩後退と言った感じで、少しずつ良くはなってきているという状態だったので、これまで通り、あきらめないで努力するだろうと思います。

  • TVで全選手の演技見ました。知子ちゃん、最初の3S、3Lz+3Tはかなりきれい。中盤のLz,Fジャンプが難ありかな?
    ここで減点されたのかもしれませんね。私はなんですが、やはり区別が付きにくかった。特に後半1.1倍の得点になる場面だったので。でもakiさんの添付されている動画スローで見たら、区別付いてました。
    低いジャンプは印象が悪いんでしょうか。まさか最下位になる演技とは思えませんでした。そりゃ自信なくしますよね。
    紀平さん、最初の3Aが大減点、すぐ次の3Aはどんなふうにと思っていたら3A+2T(2A+3Tでなく)できれいに降りてました。メンタル強いですね。彼女の強みだと思います。インタビュー聞いていたら
    「最後だから思い切って3Aを跳んだ」みたいな事を言ってました。ここで自信をつけたのか、次々とジャンプを決めていい結果に繋がりました。勝負運の強い選手、坂本選手と同じようなものを感じます。

    ザギトワ選手もすごかったです。後半に3Lz+3Loきれいに決めました。織田君の解説でも言っていたんですがLoは次のジャンプにつなげるのが難しい、でも彼女は難なく後半でも繋げてました。
    すごい選手ばかり選ばれているようです。ロシア、日本選手のみのGPFでしたが、女子の試合がここまで進化するとは思いませんでした。女子フィギュアは今後も楽しみになってきますね。
    ここのカキコは12月いっぱいという事ですが、全日本もぎりぎり間に合います。できるだけ自分が持っているささやかなものでも絞り出して、締めくくりたいと思います。

  • さすがにGPF、レベルが高すぎたと思います。まだ動画で宮原選手、紀平選手しか見ていないので今夜のTVをじっくり見てみますが。宮原選手の演技で気になったことは、FとLzが私には区別しにくかった。
    他の選手ははっきりわかる跳び方なんですが、回転スピードが速いのとジャンプが低い。これが今回裏目に出たんでしょうか?GOEが伸びませんでした。

    国別対抗観戦は難しいですね。関西配属になればいいんだけど、4月半ばは研修中の可能性が高い。本社で缶詰状態と思います。ただ4月末から5月にかけて10連休なんで(だから他の日は余計に休みにくい)実家に帰るようです。

  • >>1343

    宮原さんの演技と結果しか見ていないのですが…
    会場の歓声と裏腹に辛い結果ですね。
    メンタルが本当に心配です。
    これまでの様に奮い立たせる事が
    出来るでしょうか。

  • >>1337

    GPF
    FS終わって、
    宮原さん、結局、6位。
    紀平さんの優勝は、嬉しいけど、
    ちょっと、宮原さんの6位は・・・・・・・。
    精神的にどうなんだろうと、心配です。

  • <<
  • 1362 1343
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!